CoCoSiA(ココシア)

会いたいけど重いと思われたくない。忙しい彼氏にわがままだと思われずに伝える方法

あなたは今、恋愛を楽しんでいますか?

もし彼氏がいるのなら、付き合ってどれくらいたつのでしょう?

ところで、彼氏のことをあなたは好きですか?

彼氏なのに好きかどうかを聞くのはちょっとおかしいかもしれませんね。

しかし、人の恋愛に対する感覚はそれぞれで、付き合っていても別にそこまで熱心では無い、何となく付き合っている、相手が告白してきたし、別に嫌じゃないので付き合っているという場合もあるでしょう。

さまざまな恋愛の形があって良いと思いますが、今回はその中でも「彼氏のことが大好き!」「今別れたばかりなのに、もう会いたい」という、彼氏が大好きなあなたに、彼氏に会いたい時に会いたいとスマートに言える方法をお伝えしましょう。

素直に会いたいと言えない…

あなたは、彼氏に会いたいなと思った時に会いたいと素直に言えていますか?

もし言えていないのなら、なぜ素直に会いたいと言えないんでしょう?

いろいろな理由があると思いますが、考えられる理由のひとつとして、「重たいと思われたくない」というのがあるのではないですか?

「女性の方から会いたいって言うなんて、はしたない」とか「会いたい会いたいと言って、重たいと思われるのが嫌」「嫌われたくない」というような気持ちが邪魔をしているのではないでしょうか。

確かに男性にとって、重苦しい女性は迷惑です。

しかし、あなたが彼氏を大好きなように、彼もあなたのことを愛してくれているはずです。

だから、あなたが会いたいと思っているのと同じように、彼もあなたに会いたいなと思ってくれているのです。

では、どんなふうに伝えれば、スマートに気持ちを言えて、恋愛が長続きするのでしょうか?

彼氏に会いたい気持ちを重くないように伝える方法

彼氏に、会いたいと思ったらとにもかくにも、伝えなくてはダメです。

相手も超能力者ではないのですから、会いたいという気持ちを素直に伝えなければ、会いたくないのかな?と誤解されてしまい、そのまま関係が消滅してしまうこともあります。

特に、彼氏がもともと連絡をまめにしてくる方では無い、出不精であると言う場合はあなたが彼氏につたえなければ発展するのは難しいと思います。

また、自分の方が圧倒的に彼を好きだ、自分が告白して付き合うことになったと言う場合も、相手の気持ちが完全に自分に向いている自信がなければ、熱心さが伝わらないので、結局上手くいかないケースが多いです。

かといって、連絡を取りすぎるのもよくないですし、しつこいと思われてしまうとアウト。

そのあたりのさじ加減が重要になって来ます。

恋愛に対して駆け引きが得意な人は、このような状況ではどすべきか当たり前のようにわかっていると思いますが、駆け引きなんて無理というような人には、さまざまなテクニックを駆使して彼氏のハートをがっちりつかむ必要がありますね。

1. メールの頻度は少なく

一昔前には、メールなんてものは存在しませんでした。

もちろん携帯電話もスマートフォンもありません。

連絡方法はもっぱら自宅への電話か手紙でした。

彼氏が一人暮らしをしているのであればまだしも、家族と住んでいる場合はなかなか連絡できずもどかしい思いをしていた女性はたくさんいました。

しかし、このご時世、LINEやメールという手軽なツールが発達し、なんでもすぐに連絡を取り合うことができるようになりました。

しかし、これもメリットとデメリットがあります。

手軽すぎる通信手段は、やりすぎてしまうことがあるのです。

メールで会いたいという気持ちを伝えることは良いのですが、頻度が問題です。

1日に何回も何回も「会いたい」と相手に送信すれば、それはちょっと異常です。

普通はこちらが会いたいとメールすれば、「いつにする?」と具体的に返事が来るはずです。

もし断られた場合は何らかの事情があるので、それを無視して会いたいと送り続けるのはご法度です。

2. 文面は長文にしない

女性もそうですが、男性も長文を読むのは苦手です。

あなたがいくら彼氏に思いのたけを伝えたいと思って長々メールを送ったところで、ほとんど読み流されてしまうだけです。

会いたいという文章は、簡潔にさりげなくが基本です。

相手にとって、あなたが気持ちを伝えるのに「会いたい」の一言でわかりますし、十分なのではないでしょうか?これ、自分に置き換えてみてください。

もし彼氏が、長文で長々とあなたへの思いを熱心に語ってきたり、1日に何回も何回も「会いたい」とメールを送ってきたら引きませんか?

もし、「そんな風にこまめに連絡をくれて嬉しい」とか「私の思いを長文で語ってくれて嬉しい」と思っているようであれば、もしかしたらそう思っているのは自分だけで相手がそうとは限らないということを理解しましょう。

3. さりげなく気を遣った文章にする

男性にとって、女性のさりげない優しさや気づかいは、とてもありがたく感じるものですし嬉しくも思います。

例えばしばらく彼氏に会えてなくても、そこは自分の気持ちや思いのたけをつらつらと述べるのはぐっと我慢して、自分の近況よりも相手を気づかう文面で攻めてみましょう。