あなたは今、恋愛を楽しんでいますか?

もし彼氏がいるのなら、付き合ってどれくらいたつのでしょう?

ところで、彼氏のことをあなたは好きですか?

彼氏なのに好きかどうかを聞くのはちょっとおかしいかもしれませんね。

しかし、人の恋愛に対する感覚はそれぞれで、付き合っていても別にそこまで熱心では無い、何となく付き合っている、相手が告白してきたし、別に嫌じゃないので付き合っているという場合もあるでしょう。

さまざまな恋愛の形があって良いと思いますが、今回はその中でも「彼氏のことが大好き!」「今別れたばかりなのに、もう会いたい」という、彼氏が大好きなあなたに、彼氏に会いたい時に会いたいとスマートに言える方法をお伝えしましょう。

素直に会いたいと言えない…

あなたは、彼氏に会いたいなと思った時に会いたいと素直に言えていますか?

もし言えていないのなら、なぜ素直に会いたいと言えないんでしょう?

いろいろな理由があると思いますが、考えられる理由のひとつとして、「重たいと思われたくない」というのがあるのではないですか?

「女性の方から会いたいって言うなんて、はしたない」とか「会いたい会いたいと言って、重たいと思われるのが嫌」「嫌われたくない」というような気持ちが邪魔をしているのではないでしょうか。

確かに男性にとって、重苦しい女性は迷惑です。

しかし、あなたが彼氏を大好きなように、彼もあなたのことを愛してくれているはずです。

だから、あなたが会いたいと思っているのと同じように、彼もあなたに会いたいなと思ってくれているのです。

では、どんなふうに伝えれば、スマートに気持ちを言えて、恋愛が長続きするのでしょうか?

彼氏に会いたい気持ちを重くないように伝える方法

彼氏に、会いたいと思ったらとにもかくにも、伝えなくてはダメです。

相手も超能力者ではないのですから、会いたいという気持ちを素直に伝えなければ、会いたくないのかな?と誤解されてしまい、そのまま関係が消滅してしまうこともあります。

特に、彼氏がもともと連絡をまめにしてくる方では無い、出不精であると言う場合はあなたが彼氏につたえなければ発展するのは難しいと思います。

また、自分の方が圧倒的に彼を好きだ、自分が告白して付き合うことになったと言う場合も、相手の気持ちが完全に自分に向いている自信がなければ、熱心さが伝わらないので、結局上手くいかないケースが多いです。

かといって、連絡を取りすぎるのもよくないですし、しつこいと思われてしまうとアウト。

そのあたりのさじ加減が重要になって来ます。

恋愛に対して駆け引きが得意な人は、このような状況ではどすべきか当たり前のようにわかっていると思いますが、駆け引きなんて無理というような人には、さまざまなテクニックを駆使して彼氏のハートをがっちりつかむ必要がありますね。

1. メールの頻度は少なく

一昔前には、メールなんてものは存在しませんでした。

もちろん携帯電話もスマートフォンもありません。

連絡方法はもっぱら自宅への電話か手紙でした。

彼氏が一人暮らしをしているのであればまだしも、家族と住んでいる場合はなかなか連絡できずもどかしい思いをしていた女性はたくさんいました。

しかし、このご時世、LINEやメールという手軽なツールが発達し、なんでもすぐに連絡を取り合うことができるようになりました。

しかし、これもメリットとデメリットがあります。

手軽すぎる通信手段は、やりすぎてしまうことがあるのです。

メールで会いたいという気持ちを伝えることは良いのですが、頻度が問題です。

1日に何回も何回も「会いたい」と相手に送信すれば、それはちょっと異常です。

普通はこちらが会いたいとメールすれば、「いつにする?」と具体的に返事が来るはずです。

もし断られた場合は何らかの事情があるので、それを無視して会いたいと送り続けるのはご法度です。

2. 文面は長文にしない

女性もそうですが、男性も長文を読むのは苦手です。

あなたがいくら彼氏に思いのたけを伝えたいと思って長々メールを送ったところで、ほとんど読み流されてしまうだけです。

会いたいという文章は、簡潔にさりげなくが基本です。

相手にとって、あなたが気持ちを伝えるのに「会いたい」の一言でわかりますし、十分なのではないでしょうか?これ、自分に置き換えてみてください。

もし彼氏が、長文で長々とあなたへの思いを熱心に語ってきたり、1日に何回も何回も「会いたい」とメールを送ってきたら引きませんか?

もし、「そんな風にこまめに連絡をくれて嬉しい」とか「私の思いを長文で語ってくれて嬉しい」と思っているようであれば、もしかしたらそう思っているのは自分だけで相手がそうとは限らないということを理解しましょう。

3. さりげなく気を遣った文章にする

男性にとって、女性のさりげない優しさや気づかいは、とてもありがたく感じるものですし嬉しくも思います。

例えばしばらく彼氏に会えてなくても、そこは自分の気持ちや思いのたけをつらつらと述べるのはぐっと我慢して、自分の近況よりも相手を気づかう文面で攻めてみましょう。

たとえば「暑くなってきたけど、体調大丈夫?」とか「仕事忙しそうだけど、無理しないでね」と言う具合です。

ポイントは、自分自身を前面に押し出すのではなく、さりげなくアピールすることで、あなたの存在を相手に思い出させることです。

男性は、自分の友達や趣味の時間も大切にします。

時には彼女より優先することもあります。

それは、彼女について飽きたとか、嫌いになったのではなく、どちらも大切にするという気持ちがあるからなのです。

そこを責めてしまうと逆効果です。

あくまでもさりげなく自分の存在をアピールすることで、「彼女のこと最近構ってやれなくて悪いな」という気持ちにさせるのが良いでしょう。

4. 「寂しいけど頑張る」 と言う

これはちょっと難しいテクニックですね。

「寂しいけど頑張る」とそのままメールしてしまうと、どこか恩着せがましく聞こえてしまうこともあります。

ですので、場合によってはこの文言のメールは送らない方が良いかもしれません。

会えなくて寂しいというのは伝えても良いかもしれませんが、頑張ると言ってしまうと相手に依存している感も覚えますし、男性側も「自分に会いたいためだけに頑張る」なんて言われてもなーと嫌煙されてしまうことも考えられます。

「なかなか忙しくて会えないけど、お互い頑張ろうね」というように、一緒に頑張ろうという雰囲気のメールに持って行った方が良いのではないでしょうか?

5. 「声が聴きたいな」と言う

男性によっては、電話が苦手だと言う人もいます。

また、話は実際に会って顔を見てしたいという人も少なくありません。

そういう人からすれば、この言葉も重く聞こえてしまいます。

付き合い始めの時に、彼氏はどういうタイプなのか確かめておくと良いかもしれませんね。

また、付き合っていくうちに、もともとそっけないメールを返すのか、自分からはメールして来ないとか、LINEの場合は既読スルーが多いなど、彼氏の特徴がわかってくるでしょう。

最初は不安かもしれませんが、長く付き合っていきたいと思っているなら、まずは相手の特徴を把握しておくことが大切です。

そうすることで、相手にも的確な態度が取れますし自分もやたらと傷つかずに済みます。

ただし、滅多に電話しない彼女が、ここぞと言う時に彼氏に「なんだか声が聞きたくなっちゃって」と電話するのは結構効果的です。

6. 「手をつなぎたいな」と言う

メールや電話でいきなり「あなたとてをつなぎたい」なんて言うと、相手も何事かと思って警戒します。

ですので、例えば付き合い始めて間もない状況で、最初のデートの時になかなか手がつなげなかった、何もしなかったという場合に、その日のデートへのお礼メールとして「今日はありがとう。

楽しかった。

次会った時は、手を繋いで歩きたいな」というようなメールをすると、相手もきゅんとしてくれるかもしれません。

手をつなぐと言うことは、実際に彼氏に会わなければできないことですから、手を繋ぎたいということは、会いたいということになるのかもしれませんが、やはりいきなり手を繋ぎたいんだけどなんていうメールは避けた方が無難です。

「次のデートのときに」とか「次会った時に」という一言を添えて「手を繋ぎたい」と可愛くおねだりしてみてはいかがでしょうか?

7. 体調や近況を心配するメールを送る

先程も申し上げましたが、自分のことばかりをメールすると、相手はうんざりしてしまいます。

あなたも、もし彼氏が自分のことばっかりメールしてきたり、自分の近況や愚痴ばかりをこぼしてきたら、さすがに嫌になると思います。

ですので、ここは自分のことはさておき、まずは相手を気づかうような言葉を送りましょう。

相手の体調を心配する文言や、仕事はどうかを聞く、彼氏の家族について様子を聞くメールなど、彼氏が主役であるようにもっていくと彼氏は嫌な気持ちにはなりません。

むしろ「そっちこそどう?」と聞いてくれるかもしれません。

そのような会話の展開になったら「じゃ会って話さない?」とスムーズにメールできるのではないでしょうか?

8. 「会って元気が欲しいな」と言う

とにかく、重たくなるのだけは避けたいですよね。

ですので、あまり会いたいという気持ちを前面に押し出すことは避けた方が良いでしょう。

ですので、単に「会いたい」というだけでなく、会って何をしたいのか、会うことで彼氏にどういうメリットがもたらされるのかを知らせるのがポイントです。

例えば、「あなたに会うと元気がでるから、会いたい」とか「最近凹んでいるから、会って勇気づけてほしい」というように可愛く甘えてみるのもいいでしょう。

また、「最近ちょっと嫌なことがあって、ストレス発散したいんだけど、美味しいお店を見つけたから一緒に行かない?」と食事に誘ってみるのも良いかもしれません。

嫌いな人と食事をすることほど嫌なことはありません。

「大好きなあなたと食事することで元気になりたい」とアピールしてみてはいかがでしょうか?

男性が煙たがる女性のタイプとは

彼氏に会いたいアピールをする方法をいくつかお伝えしてきましたが、では、男性が煙たいなと思う女性ってどんなタイプなのでしょう?

あなたと彼氏は当然血の繋がりはありません。

全く違う家庭・違う環境で育ってきた他人ですから、価値観ももちろん違います。

また、男性が女性に対して煙たいと思う特徴と、女性が男性に対して鬱陶しいと思う感情もそれぞれ違います。

つまり、あなたが「こういう女性は別に煙たいとは思われないだろう」と思っている女性像があったとしても、彼氏が同じように思うとは限らないのです。

男性が女性に対して煙たいと思ってしまう感覚は、育ってきた環境に依存されます。

わりと早くから自立して、親もさほど子供を構わない・甘やかさないで育てた家庭で育った彼氏は、なんでも自分でできるタイプの人である場合が多いため、できるだけ構われない方が過ごしやすいというように、個人個人で思いが違います。

1. 重すぎる女性

恋愛において、上手くいかない場合の理由として男性が女性に対して「重い」と思ってしまったことが挙げられます。

先程もちらっと申し上げましたが、基本的に構われたくない男性は、女性のちょっとした気づかいさえ重たいと感じてしまう傾向があります。

その女性が男性にとって重いか重くないかを判断する基準はもちろん個人差がありますが、特徴としては、母性本能が強い女性、男性を子供扱いもしくは年下の弟のように扱う女性が多いでしょう。

しかし、だいたいにおいて女性は男性に対して「重い」ものです。

好き度が増すほど、重たくなってしまうのが一般的ですし、好きになりすぎて周りが見えなくなってしまうこともあります。

自分より気持ちが強すぎると面倒くさい

例えば、女性の方から告白して付き合いが始まるケースによくみられる事例です。

男性側に女性に対して特別な感情がなく、告白された時に特に好きな人やパートナーもいないので、付き合ってみようかなというような感じで恋愛がスタートした場合、当然二人の気持ちの間には差があります。

男性側は、好きと言ってくれて悪い気はしないので、まぁ良いかというように軽い感じで付き合いを始めたとしても、女性側は長年思っていた気持ちが成就したのですから、当然女性の方がより男性を好きであることが多いです。

こうなると、男性としては女性の好きという気持ちを受け止める器を、そもそも持っていなかったことになりますので、結果的に女性に対して「重たいな」と思ってしまうのです。

【彼氏へ会いたい気持ちのぶつけ方はは、こちらの記事もチェック!】