人間には色々なタイプの人がいます。

何事も明るく考える事が出来る人も入れば、ネガティブになってしまう人もいます。

それと同じ様に、他人にも自分にも厳しく行動する人も居れば多くの事に対して柔軟に対応する事が出来る人も居るでしょう。

柔軟に対応すると言う事は、決して甘い対応をすると言う事ではありません。

人生の中には多くの出来事が起こります。

その中には、理屈では説明する事が出来ないような事もあるでしょう。

そればかりではなく、イレギュラーと呼ばれる事もありいつものやり方が通用しない事もあります。

そんな時に、いかに柔軟に物事を進めることが出来るかどうかが大事なポイントになってくるのです。

柔軟に対応する事が出来るかどうかは、その人自身の人生の経験値によっても大きく異なってくるでしょう。

若いうちはまだまだ上手く切り抜けることが出来ない事もあります。

しかし、少しづつ経験を積んで行く事によって、自分の力を付けて行く事が出来るようになるでしょう。

とはいえ、ただやみくもに過ごしていても柔軟な人になる事は出来ません。

きちんと目的をもって行動する事によって目的を果たす事が出来るようになるでしょう。

そこで今回は、柔軟な氷魚になる為に気を付けたいポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

今まであまり意識していなかった事も多くあると思いますので、自分自身の行動に気を付けながら動いてみてはいかがでしょうか。

柔軟な人になるために気を付けたい9個のこと

「柔軟な人」と言われてもイメージが湧かない人も居るかもしれません。

柔軟な人とは、様々な視点から物事を考え行動する事が出来る人の事を指します。

どんなに優秀な人であったとしても、指示された事しか出来ない人は多くいます。

そういった人々の場合、イレギュラーな出来事が起きた際にきちんと対応する事が出来ない場合もあります。

人生には色々な事が起こります。

思った通りに事が運ばないという事だってあるでしょう。

その際に、いかにきちんと対応する事が出来るかどうかによってその人の人間的スキルを垣間見る事が出来ます。

ただ頭のいい人より、実践する力を持っている人の方がよっぽど今後の生活に役立つとは思いませんか?

後からあたふたする事のないように、しっかりと考えて行動する事が大事なのではないでしょうか。

1. 選択肢をたくさん用意する

いつ何度きでも、人生には何が起こるか分りません。

その為、私たちは常に何が起きても良いように準備をしておく必要があるのです。

どんなに素晴らしい計画も、少しの失敗で全てがダメになってしまうような脆いものであっては意味がありません。

どんな事態が起きたとしても、それを実行する事が出来るような方法を見つけておく必要があるでしょう。

その為、何事も多くの選択肢を用意しておく事が必要です。

選択肢をいくつも想像し、用意しておけば何か不測の事態が起きてしまったとしても慌てる事無く行動する事が出来るでしょう。

何も考えずに、いざその立場になってしまうとどうしたら良いのか迷ってしまう事もある事でしょう。

ですが、先に色々な事をシュミレーションしておく事によって、焦る事無く冷静に判断する事が出来るのです。

普段であれば、何の問題もなく解決する事が出来るような出来事出会ったとしても焦ってしまうと色々と上手く行動する事が出来ない場合もあることでしょう。

そうならない為にも、もしもの事を想像して行動しておく事はとても大切な事だと言えるでしょう。

この考え方は、どんなことに対してもあてはめて考える事が出来ます。

仕事や学校・育児・家事などありとあらゆる事に選択肢を与え、ゆとりのある生活を目指してみてはいかがでしょうか。

2. 視野を広く持つ

これは、先ほども説明させて頂いた選択肢を多く持つと言う事と似た類の方法です。

この出来事の解決方法はこれ!と決めて行動してしまうと、その出来事が上手く行かなかった場合どうしたら良いか分らなくなってしまう事もあるでしょう。

焦ってしまう余り、余計な失敗をしたり被害を広げてしまう恐れもあるのです。

その為にも、固定観念に囚われる事無く多くの選択肢を持つ為に広い視野が必要とされて居るのです。

広い選択肢がある事によって、物事が起こる前からその予兆を察知する事が出来るようになるかもしれません。

今行っている方法より、更に良い方法を探す事が出来る可能性もありとても効率的に物事を考える事が出来る事でしょう。

視野を広げるためには、多くの知識を入れる事が大変重要なポイントです。

知識が無い状態で見ても何も気が付く事が出来なかったような出来事であったとしても、知識を得てみる事によって気が付く事が出来る事が多くあるのです。

それは、視野を広げた人にしか見る事が出来ない世界であり、誰もが簡単に見る事が出来る世界では無いのです。

物事を深く考えず、自分の固定観念の中だけで物事を考えて生きる生活は楽かもしれません。

ですが、そんな日々を過ごしていたとしてもそこに成長する要素はありません。

人間として成長したいと考えているのであれば、多くの事を身に付け行動する事をおすすめします。

そうした考え方を持つ事によって、自然と柔軟性のある人間になる事が出来るのでは無いでしょうか。

3. 誰とでも分け隔てなく接する

日本は元々島国です。

その為、他国の人が移民としてやってくる可能性も他国に比べれば少なくこの国に住んでいる殆どが日本人という環境で暮らしてきました。

その為、差別などの考え方が他国に比べると余り浸透していない部分があります。

私たちが何気なく使っている言葉の中にも、差別に取られてしまう可能性のある言葉はいくつもあります。

その為、私たちは自分たちの習慣だけで物事を考えるのではなく多くの文化を受け入れる環境を作って行かなければなりません。

それは例え、日本人同士であったとしても同じ事が言えるでしょう。

日本人は、どうしても皆一緒が好きな国民性です。

その為、そこからはみ出す人の事を嫌煙する傾向があります。

学校・会社・ママ友・パートなどなど。

その世界が狭ければ狭い程その環境から浮いている人の中が他の人から距離を置かれたり、仲間外れにされるというケースは良くある事です。

直接的に攻撃をしない女性の方がその傾向は強く、より陰湿な物になる事も多々あります。

ですが、人間は違って当たり前です。

違っているからこそ、お互いが良い所を補いあう事が出来るのでしょう。

その事に気が付く事が出来ないようであれば、いつまでも幼稚な考え方のままで成長が止まってしまいます。

多くの人と関り、自分には無い考え方を得る事は今後の生活の中にも大変役に立ちます。

多くの選択肢を持つ事が出来るようになるので、柔軟な考え方を持つ人にも更に近づく事が出来るのでは無いでしょうか。

その為にも、誰とでも分け隔てなく関わる事は大事な事だと言えるでしょう。

4. いつもにこやかでいる

笑う角には福来るという言葉があります。

その言葉が示すように、笑顔で居る人の周りには自然と笑顔の人が集まってきます。

常にイライラしていたり、怒った顔をしている人には誰も近づきたいとは思いません。

他人と上手く交流して行きたいと思うのであれば、相手にもそう思って貰う事が出来るように笑顔で居る事を心がけましょう。

いつもにこやかで居る事は、決して楽な事ではありません。

ストレスを感じて、怒りが爆発しそうになる事もあるかもしれません。

ですが、そういった気持ちがあったとしてもそれをいかに押さえ行動する事が出来るかどうかが大事なポイントなのです。

柔軟な人間は、怒りに任せて冷静さの足りない行動を取る事がありません。

自分の行動を冷静に判断して、どうすれば最善の方法を取る事が出来るかどうかを考える事が出来るのです。

心を落ち着かせる為にも、笑顔で居る事は大事な事でしょう。

笑顔は、何も心の底から作る必要はありません。

作り笑顔だって構わないのです。

作り笑顔にさえ、免疫を上げる効果があると言われており、人間にとって良い効果を得ることが出来る事が科学的にも証明されて居るのです。

心身ともにいい結果を出す事が分って居るので、意識的に笑顔を維持する生活を送ってみてはいかがでしょうか。

5. マイナスの言葉を発しない

言葉には魔力があります。

その為、良くない言葉を使用しているといつの間にか自分の心にまでその言葉が浸透してきてしまうのです。

つい、自分の事を卑下したり他の人の悪口を言ってしまう事もあるかもしれません。

ですが、そんな事を日常的に繰り返して居るとその考え方が心の中に染み込んでしまい、考えがマイナス方向にばかり行ってしまうようになるでしょう。

それは決して良い事とは言えず、注意する必要があります。

人の心は、醜いん部分も多くもっています。

その為、いつでも心穏やかに過ごす事は出来ないかもしれません。

ですが、自分の考えを意識する事でコントロールする事が出来る事もあるかもしれません。

ついついマイナスな事を口に出してしまう人は、まずはそれをしないように心がけて行きましょう。

例え心の中で思ってしまったとしても声に出して話をしない限り、自分の耳に届く事はありません。

その為、言葉の魔力にさほど引っ張られずに行動する事が出来るかもしれません。

マイナスな発言は、本人だけでは無く他の人も嫌な気分にさせる可能性が大いにあります自分では楽しく話をしているつもりであったとしても、聞いている周りの人は嫌な気持ちになっている事もあるかもしれません。

そんな事を繰り返して入れば、気が付いた時には周りから人が居なくなってしまっているということだってあるかもしれないのです。

そうなってしまわない為にも、極力マイナスな言葉は発しない様にしましょう。

6. 時間に余裕を持つ

人は、忙しくなるとついイライラしてしまう物です。

そのイライラが大きくなる事によってストレスを感じ、周りの人に当ってしまうなど迷惑をかけてしまう事があるかもしれません。

更には、冷静になって考えればスムーズに出来る事にも関わらず、イライラしているせいで上手く物事を解決する事が出来ないような事もあるかもしれないのです。

その為、イライラしない為にも時間に余裕をもって神行動する事をおすすめします。

時間の感覚は人によって違います。

期限がある物に対しても「まだ、あと一日ある」と考える人も入れば「もう後1日しかない」と考える人も居る事でしょう。

その為、何か物事を進める際も他人が自分と同じ感覚で過ごしているとは限らないので注意が必要です。

遅刻癖のある人などは、いつまで経っても早めに行動する事が出来ません。

それは、もはや性格的な部分も大きく関わっている事もあり急に治す事は出来ないかもしれません。

ですが、その部分が解決しないとイライラとした時間を減らす事も出来ず柔軟性の高い人になる事は出来ません。

自分の計画性の無さによって、自分に被害が出てしまっているのであればそれは自業自得です。

ですが、それによって他の人が巻き込まれてしまっている場合は自業自得ではすみません。

他人にも迷惑をかけてしまっている場合は、更に自分の気持ちを引き締めて行動する事を忘れてはいけないのです。

7. 常に冷静でいる

人生には色々な事が起こります。

その中には、自分が全く予想していなかったような出来事が起こる場合もあるでしょう。

人と関わる事によって、その可能性は更に大きな物となり、私たちを悩ませることもあるかもしれません。

本来であれば、不足の事態に対して戸惑ったり焦ったりしてしまう事は人間としての当たり前の反応と言えるかもしれません。

ですが、そんな時でも冷静で居る事が出来るかどうかによって、柔軟な人間になる事が出来るかどうかが変わってきます。

常に冷静で居るためには、それだけ多くの事を考えて予測しておく必要があります。

ある程度頭の中で考えていた出来事であれば、それが不測の事態として発生してしまった場合でもさほど焦る事無く過ごす事が出来るのです。

冷静さ保つ事が出来ると言う事は、それだけ多くの事を想像しておく力があるという事なのです。

人間には感情があります。

時に、どうしようもなく悲しい時もあれば怒りに震える時もあるでしょう。

その感情を全て消せとは言いません。

しかし、感情に流されてしまってはいけないのです。

自分の気持ちを大事にする事も大事な事ですが、感情的に行動したとしても良い事はありません。

冷静さを失っていると、まともな判断をする事が出来ないので事態を悪化させてしまう可能性もあるからです。

そうなってしまわない為にも、自分自身でも冷静さを意識して過ごす事が重要です。

8. 曖昧な答え方をしない

日本人は基本的に自分の意見をハッキリと言いませ。

その為、どうしてもグレーな言い方をしてしまうのです。

その方が相手を傷つけることも無く、自分も傷つく可能性が低いと言う事なのでしょう。

ですが、余りにも曖昧な言い方を繰り返して居ると結局トラブルに発展してしまう可能性も少なく無いのです。

自分の考え方をハッキリと主張しない事によって、相手に良いように使われてしまう可能性もあります。

どんな相手に対しても、自分の気持ちをしっかりと伝える事は大事な事であり本音で話をする事が出来るからこそ、相手ともきちんと分かり合う事が出来ると言うものなのです。

曖昧な返事をしていれば、必ずしもトラブルをさけることが出来ると言う事ではありません。

むしろそのせいで起きなくても言いトラブルを起こしてしまう可能性だってあるのです。

そうなってしまわない為にも、日頃から自分の意見をきちんと話す事が出来る人間になりましょう。