CoCoSiA(ココシア)

柔軟な人になるために気を付けたい9個のこと

人間には色々なタイプの人がいます。

何事も明るく考える事が出来る人も入れば、ネガティブになってしまう人もいます。

それと同じ様に、他人にも自分にも厳しく行動する人も居れば多くの事に対して柔軟に対応する事が出来る人も居るでしょう。

柔軟に対応すると言う事は、決して甘い対応をすると言う事ではありません。

人生の中には多くの出来事が起こります。

その中には、理屈では説明する事が出来ないような事もあるでしょう。

そればかりではなく、イレギュラーと呼ばれる事もありいつものやり方が通用しない事もあります。

そんな時に、いかに柔軟に物事を進めることが出来るかどうかが大事なポイントになってくるのです。

柔軟に対応する事が出来るかどうかは、その人自身の人生の経験値によっても大きく異なってくるでしょう。

若いうちはまだまだ上手く切り抜けることが出来ない事もあります。

しかし、少しづつ経験を積んで行く事によって、自分の力を付けて行く事が出来るようになるでしょう。

とはいえ、ただやみくもに過ごしていても柔軟な人になる事は出来ません。

きちんと目的をもって行動する事によって目的を果たす事が出来るようになるでしょう。

そこで今回は、柔軟な氷魚になる為に気を付けたいポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

今まであまり意識していなかった事も多くあると思いますので、自分自身の行動に気を付けながら動いてみてはいかがでしょうか。

柔軟な人になるために気を付けたい9個のこと

「柔軟な人」と言われてもイメージが湧かない人も居るかもしれません。

柔軟な人とは、様々な視点から物事を考え行動する事が出来る人の事を指します。

どんなに優秀な人であったとしても、指示された事しか出来ない人は多くいます。

そういった人々の場合、イレギュラーな出来事が起きた際にきちんと対応する事が出来ない場合もあります。

人生には色々な事が起こります。

思った通りに事が運ばないという事だってあるでしょう。

その際に、いかにきちんと対応する事が出来るかどうかによってその人の人間的スキルを垣間見る事が出来ます。

ただ頭のいい人より、実践する力を持っている人の方がよっぽど今後の生活に役立つとは思いませんか?

後からあたふたする事のないように、しっかりと考えて行動する事が大事なのではないでしょうか。

1. 選択肢をたくさん用意する

いつ何度きでも、人生には何が起こるか分りません。

その為、私たちは常に何が起きても良いように準備をしておく必要があるのです。

どんなに素晴らしい計画も、少しの失敗で全てがダメになってしまうような脆いものであっては意味がありません。

どんな事態が起きたとしても、それを実行する事が出来るような方法を見つけておく必要があるでしょう。

その為、何事も多くの選択肢を用意しておく事が必要です。

選択肢をいくつも想像し、用意しておけば何か不測の事態が起きてしまったとしても慌てる事無く行動する事が出来るでしょう。

何も考えずに、いざその立場になってしまうとどうしたら良いのか迷ってしまう事もある事でしょう。

ですが、先に色々な事をシュミレーションしておく事によって、焦る事無く冷静に判断する事が出来るのです。

普段であれば、何の問題もなく解決する事が出来るような出来事出会ったとしても焦ってしまうと色々と上手く行動する事が出来ない場合もあることでしょう。

そうならない為にも、もしもの事を想像して行動しておく事はとても大切な事だと言えるでしょう。

この考え方は、どんなことに対してもあてはめて考える事が出来ます。

仕事や学校・育児・家事などありとあらゆる事に選択肢を与え、ゆとりのある生活を目指してみてはいかがでしょうか。

2. 視野を広く持つ

これは、先ほども説明させて頂いた選択肢を多く持つと言う事と似た類の方法です。

この出来事の解決方法はこれ!と決めて行動してしまうと、その出来事が上手く行かなかった場合どうしたら良いか分らなくなってしまう事もあるでしょう。

焦ってしまう余り、余計な失敗をしたり被害を広げてしまう恐れもあるのです。

その為にも、固定観念に囚われる事無く多くの選択肢を持つ為に広い視野が必要とされて居るのです。

広い選択肢がある事によって、物事が起こる前からその予兆を察知する事が出来るようになるかもしれません。

今行っている方法より、更に良い方法を探す事が出来る可能性もありとても効率的に物事を考える事が出来る事でしょう。

視野を広げるためには、多くの知識を入れる事が大変重要なポイントです。

知識が無い状態で見ても何も気が付く事が出来なかったような出来事であったとしても、知識を得てみる事によって気が付く事が出来る事が多くあるのです。