まず初めに質問です。

あなたは「歩きスマホ」をしたことがありますか?もしかして、この記事を読んでくださっているこの瞬間にも歩きスマホをしているのではありませんか?

もしも、今この瞬間に歩きスマホを行なっているのであれば、いったんスマホを見るのをやめてどこかに止まってから記事を読み進めてください。

画面が小くて、軽くて、どこにでもいつも一緒なスマホはとっても便利ですが、街中でよく見かける”歩きスマホ”には、とっても大きな危険が潜んでいるのです。

歩きスマホをする時に気を付けるべき7つのこと

歩きスマホには、多くの危険が伴うということや健康への被害をご理解いただいたことでしょう。

しかし、1分1秒たりともムダにできないような生活を送っている方もいることでしょう。

そのような人々など、どうしてもやむをえない状況で歩きスマホをやめることが出来ないことがいるかもしれません。

歩きスマホは、罰金制度にしてもいいという意見が出ているくらいに反社会的な行動として捉えられ始めているので、出来ればスグにやめていただきたいです。

しかし、そうもいかない場合は、歩きスマホで引き起こされる事故を避けるようにコントロールしていかなければなりません。

では、やむをえずに歩きスマホをしなければならなくなったときにどのようなことに注意をしたら良いのでしょうか?視野が狭くなっているということを念頭に置き、7つご紹介します。

1. 道路付近ではイヤホンを使わない

歩きスマホは、視野がとても狭められてしまいますね。

スマホ画面に集中しているとき、画面周りのモノや人は見ることが出来ないかもしれません。

しかし、音で少しは何かが近づいているかを察知することが出来ますよね。

今、自分に電車が近づいてきている音、ホームのアナウンス、車やバイクが近寄ってきているエンジンの音など、聴覚である程度は分かるはずです。

しかし、イヤホンやヘッドフォンをしているとそのような重要なサインに気が付かない可能性もあるのです。

最近のイヤホン等は技術が進み、電車の走る音や雑踏の音をかきけす”ノイズキャンセリング機能”というものがついているものも出てきています。

その機能を使うと、電車の中のアナウンスでさえ聞こえない状態になります。

こうもしてしまうと車やバイクが近づいている音さえも聞き取ることが出来ません。

ですから
、危ないと思われる道路やホーム上ではイヤホンの使用は控えましょう。

また、どうしても使用しなければならない時には片方の耳だけに付けるようし、外の音が聞こえる状態にしておきましょう。

2. 音量を大きくしない

また、どうしてもイヤホンをしなくてはならないといには、片耳イヤホンにするだけでなく、その音量を小さくしましょう。

音量が大きくなれば、必然的に外界の音が聞こえにくくなりますね。

そうすると、あなたに危険が近づいていても察知することが出来ず、事故になりかねません。

ですから、外の音が確実に聞こえるくらいの音量にし、音楽や音声を楽しむようにしましょう。

また、歩きスマホで誰かとぶつかったり、交通事故が起こる事件の他に、女性を狙った強姦やレイプ事件などがあります。

夜道にイヤホンをしてスマホを見ていると、周りにどのような人がいるのか察知できませんね。

そのようなスキのある瞬間を後ろから狙ってくるのが強姦魔なのです。

また、バッグのひったくりにも狙われますので、やはりイヤホンをしながら歩くのはおすすめできません。

3. 目線を下に落とさない

歩きスマホをしていると、スマホを見るために下を見ますね。

しかし、このように下を見ることで前方に何があるのかを察知することが不可能になります。

ですから、歩きスマホをするときには、スマホを前方方向に、顔とほぼ水平になるくらいの角度でもち、画面を見るようにしましょう。

そうすれば、下を見るときよりも前方を見ることが可能になりますよね。

危険を察知しやすくなるわけです。

4. 集中力が必要な作業をしない

ある研究結果から、人はスマホで集中する作業をしているほどにスマホ画面に集中してみるようになり、外界の危険物に察知できにくくなるということが分かっています。

たしかに、何かに集中すると、集中しないときに比べると周りのモノや人が見えにくくなります。

そうすると、音までも察知することが難しくなり、事故になりかねません。

ですから、集中しなければならないものや作業は、歩きスマホで確認するのではなく、立ち止まって行ないましょう。

重要な作業を歩きながら行なうと、よからぬミスをしてしまうかもしれないですしね。

5. 絶対に人にぶつからないようにする

歩きスマホで1番多いのが、人とぶつかったり電柱とぶつかったりすることでした。

また、これは歩きスマホをしない人からもとても迷惑がられていることの一つです。

ですから、歩きスマホをするときには「絶対に人にぶつからない」と誓うくらいの気持ちでいましょう。

あなたはぶつかってもなんとも思わないかもしれませんが、ぶつかった相手は大切な人に渡すためのケーキを持っていたかもしれません。

それがグシャグシャになってしまっては怒りどころでは済みませんよね。

また、歩きスマホで人とぶつかり、持っているスマホが遠くまで飛ばされて画面が割れてしまったという友人がいます。

それは、スマホを片手に歩いていた方に否がありますよね。

自分の損害に大きく繋がるので、絶対に人とぶつからないように、じっと画面を見るのではなく、ときどき画面から目を離し、顔をあげて周りを確認するようにしましょうね。

6. 文字の入力は必ず立ち止まってする

スマホでは、色々な文字の入力の仕方がありますね。

片手で入力できる方もいれば、両方の手を使ってキーボードのように入力する方もいます。

どちらにせよ、文字を打つときというのは、何を打つのかと色々と思考をめぐらしている状態ですよね。

そのような状態には、周りが目に入っていると思いつつもかなりの集中状態におり、危険を察知しにくい状態になっています。

そのため、文字を入力している最中に何かにぶつかってしまい、誤送信…なんてことにもなりかねません。

ですから、文字入力という大切な作業は、必ず立ち止まって行なうようにしましょう。

7. 音声入力を利用する

最近のスマホでは、音声で入力できる機能が備えられています。

これは、盲目の方にもとても便利な機能なのです。

これを使って、あなたも文字入力をして見ませんか?盲目の方は、声を発したとしてもどのように入力されているか確認出来ない方もいます。

ですから、その精度はとても高いものになっています。

LINEやGoogleでも音声入力ができるようになっていますよね。

音声でサクッと入力して、文字を確認するくらいにすれば、そんなに多くの間を画面を見ている必要は無くなります。

最新の技術を賢く使いましょう!

歩きスマホはとっても危険!

スマホが普及し始めてから、街中を少し歩いたり、繁華街や駅を少し歩いただけでもスマホを見ながら歩いている人を多く見かけることが出来ます。

電車に腰掛けて、前の座席を見ると座っている全ての人がスマホを見ている、なんていう光景も珍しくは無くなってきました。

また、スマホは多くの人が身につけているものでもあり、誰もが操作できるものですね。

ですから、老若男女問わず多くの方が持ち運びをしています。

歩きスマホといっても、SNSやメールでコミュニケーションを図っている人だけでなく、動画を観ている人、音楽をチョイスしている人、WEBサイトを閲覧している人…などその用途は多岐に渡ります。

しかし、どのような目的であっても歩きスマホをすることで何らかの危険に面しているということには、変わりはありません。

歩きスマホをしてもスマホの画面が小さいから、危険性は低いと考えている方もいますね。

その考え方こそ、危険です。

そのように考えていた人がどれだけ命を落としたり、誰かを犠牲にしてしまってるか…。

とある調査では、スマホを使っている人の視野というのは、普通に歩いているときよりも約20分の1まで縮小されているのです。

また、目の前に何かモノがあると認識できるのは、その対象物から1.5mくらいまで近くに行った時なのです。

もしも、あなたがとても視野が広いのが自慢の方かもしれません。

しかし、どのような人でも歩きスマホをしていると脳は、スマホの画面に集中するようになっていることも研究結果で明らかになっています。

向かってくるものが、本当にスグそこまでに近づかなければ分からないのですから、目の前に電柱があることも自転車が横から接近していることも、電車のホームと路線のギリギリの場所が近くにあってもなかなか認識することが出来ないのです。

そうするとどうなるでしょうか?その対象物に衝突したり、ホーム下に落ちてしまうことがありますね。

また、その対象物があまり危険なものでなければ幸いですが、もしかしたら列車が来る寸前にホームに落ちてしまうかもしれません。

バイクや自転車と衝突してしまうかもしれないのです。

歩きスマホでは、動画を見ていたり、音楽を聴きながらやっている方も多いですよね。

そうすると、普通の歩きスマホのときより、視覚と聴覚を社団されることになります。

ただの歩きスマホであれば
視覚はスマホに奪われていても、音で何か危険を察知することが出来ますよね。

しかし、ノイズキャンル機能付きのイヤホンや大きなヘッドホンで、大きな音で音楽や音を聴いていたら、その危険をしらせる音に気づくことさえもできません。

そのため、バイクや電車などの普通なら絶対にぶつかることがないだろうというものにまで、接触する事故がおきてしまっているのです。

あなたは、歩きスマホや歩きスマホ&音楽で安全と認識しているかもしれません。

しかし、その考えこそが危なく、事故にあなたを近づける可能性があるのです。

あなたの命はスマホよりも軽いものなのでしょうか?

歩きスマホに関する数字データ

歩きスマホの危険性を知ったところで何か根拠がなければ信用することができませんよね。

たまにテレビニュースやWEBのニュースで歩きスマホが原因で事故が起きたことを目にしたことがあっても、それだけしか起きていないと思っている方もいるでしょう。

しかし、それらのニュースであなたが目にしたことがある事故というのは、氷山の一角でしかありません。

歩きスマホに関する統計データを見て、その危険性を確認しておきましょう。

1. 歩きスマホをしたことがある人

とある研究結果では、歩きスマホをしたことがある人というのは、20代以上のスマホ利用者で約70%となりました。

特に20代の歩きスマホが目立ちました。

10人に7人が歩きスマホをしたことがあるのです。

これは、20代以上の歩きスマホ経験者の統計データですが、世の中には小学生からスマホを持っている子どもも珍しくはありません。

また、友達との連絡が活発化しやすい中学生・高校生などの10代半ばの年齢層が歩きスマホをよくしているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。

7割ちかく歩きスマホを経験したことがあると答えた方こと、歩きスマホ経験者の氷山の一角に過ぎないはずです。

もっと歩きスマホをしている人がいると考えても良いでしょう。

2. 歩きスマホをして危険な思いをしたことがある人

では、実際に歩きスマホをしてなんらかの危険な思いをしたことがある人はどれくらいいるのでしょうか。

調査結果によると、約20%にものぼったそうです。

これらの人たちは、人やものにぶつかったり、転んだりしたことがある方です。

スマホ経験者が7割いるのに対してケガなどをしたことがあるのは2割だと少ないと考える方もいますよね。

ここで注意しておきたいのは、この調査結果はインターネット調査なので正確な数字が出ているとははっきりとは言えません。

もっと多く、危険にさらされたことのある人がいると考えておいた方がいいです。

3. 歩きスマホによる事故数

歩きスマホで危険な思いをしただけではなく、事故にまで発展したことがあるのは約152件です。

特に20代~40代が多く、軽いケガをしただけの軽症からカラダが動かなくなってしまうなどの重症である方までいます。

重症になる例は、152件のうち4件ですが、危篤状態にまで陥ってしまった方は1人いるんです。

また、死亡事故も発生しています。

「歩きスマホをしてたら、ぶつかるだけの軽い怪我ならやってもいいじゃん~」なんて軽く考えてはいけません。

あなたは、ぶつかるだけで軽症で済むかもしれません。