自立とは、何を意味する言葉でしょうか。

デジタル大辞泉によると、1 他の従属から離れて独り立ちすること、他からの支配や助力を受けずに存在すること。

「精神的に自立する」 2 支えるものがなく、そのものだけで立っていること。

 とあります。

2は自立式の「ー装置」といったような物理的やモノの状態を指すことが多いのでしょう。

一般的に自立した人とは、1の状態を指すとみてよさそうです。

また障害者の自立や自立支援医療といった使い方もよく出てきます。

昨今の日本では、自立を達成していない大人が多いと社会問題になっています。

ニートや引きこもり、またそれに起因した犯罪などのニュースは、途切れるようには見えません。

一見普通に生活している人の中に隠れていることも多く、とてもやっかいです。

個々の問題であるとともに社会全体の問題でもあるのでしょう。

つまり自立していない人の自立を促すことは、社会の改革または安定への動きにながっています。

️自立している人の22個の特徴

あなたは、他からの支配や助力を受けていませんか?それらとは無関係に生きていると胸をはっていえますか?社会から自立した人として認められていますか?これから項目を立てて見ていくことで、自分が本当に自立した人間かどうか確認していくことにしましょう。

人を頼らない


人を頼らないとは一体どういうことなのでしょうか?かつて筆者の同僚に、深く考えさせられる人がいました。

以下紹介します。

彼は常日ごろ自分は自立して暮らしている、親からの援助は受けていないと広言していました。

あるとき中国・上海で、筆者と彼との2人でお客さんを接待する機会がありました。

夜も更け食事は後半に入り、雑談がメインとなったころです。

彼の携帯が鳴り、失礼しますと席を外しました。

よくある場面ではありますが、その後30分以上経っても帰ってきません。

心配になって探しにいくと、レストランの外へ出て電話を続けています。

とても真剣な表情だったので声はかけませんでした。

結局もどってきたのはほぼ1時間も経った後でした。

その間筆者が一人で場を取り持たなければなりませんでした。

あとで聞いたところ、何と日本の父親からの電話ということでした。

普通なら、「今お客さんと一緒だからあとで。」とすぐに電話を切るところです。

それをせずに、お客さんをほっぽらかして、1時間近く父親と電話しているとは一体どういう神経でしょうか。

にわかには信じられませんでした。

父子ともに親離れ、子離れができていない相互依存関係にあるのは明らかでしょう。

彼らの常識は世間のそれとは大きく違っていました。

彼のいう親から独立しているという言葉の意味は、金銭面ではということに限られていたのです。

精神的にはまったく独立できていなかったため、ことさら自立しているという幻想を強調していたのかもしれません。

自分の力でなんとかする

これに対して、金銭面でこそ父親に依存したものの、しっかり自立できていた人もいます。

例えばアマゾンドットコムの創業者、ジェフ・べゾスはその好例です。

彼はアマゾンの創業資金を父親に用立てもらいました。

そのときのことを、「父は私の事業計画の将来性を認めて投資をしたのではない。私が息子だから出してくれたのだ。」と父親の愛とその資金に依存した創業だったことを認めています。

しかしこれは、ベンチャー投資ファンドから借り入れたか、父親から借り入れたかの違いにすぎません。

これを持ってジェフ・べゾスが父親から自立していなかった、とは誰も考えはしないでしょう。

自分の力でなんとかしようという自立心は、今も燃え続けているようです。

その成果は恐ろしいばかりに上がりました。

2017年7月末にはべゾスがマイクロソフトのビル・ゲイツを抜き、世界一の富豪になったと伝えられました。

しっかり稼ぎがある

自立して生活をするためには、まず現金収入の確保が欠かせません。

それには定職について安定収入があることが前提になります。

それにプラス安易に借金をしていないことも必要です。

まず普通のサラリーマンとしての常識的な金銭感覚を身に付けておきましょう。

お金があったらあっただけ使う、行き当たりばったりのスタイルは、自立への障害でしかありません。

例えばアルバイトを掛け持ちしながら、夢を追うという状態は、どちらも中途半端に終わるのが常です。

真に自立しているとはいえないように思いますがどうでしょうか。

生活に問題がない

自立するためには、生活上何ら問題を抱えていないことがそのベースになります。

例えば一人暮らしをしても、生活に破たんを見せていないことです。

実際に一人暮らしをうまく切り盛りしている人ならまず問題はないと思います。

そうでない人は、現状をチェックしてみることが必要になります。

問題が明らかになれば、一つ一つ解決を目指していきましょう。

インスタントラーメンと柿の種ばかり食べている人なら、栄養の偏りという問題の所在は明らかです。

そして生活上の問題とは、みな解決可能なことばかりです。

何かに依存しない

自立した生活を送っている人は、何ものにも依存をしてしていません。

先に挙げた筆者の同僚のように、経済的には自立していても、精神的な依存は激しい、というケースは特別に注意が必要です。

本人には依存している自覚がまったくないからです。

彼の場合、結婚をして子供が生まれても、何ら変わりませんでした。

依存の対象も父親のままで、やはり変わることはありませんでした。

こうした場合における周囲との認識ギャップは、大変に大きなものがあります。

アドバイスをすることも難しい状態です。

余計なお世話と言われればそれまでだからです。

彼は結局離婚することになりました。

子どもの親権を争い、裁判を起こして敗訴しました。

人生の大事ばかり続きましたが、自分の意志でコントロールしているようには感じられませんでした。

どこまでも父親の影が付きまとっているとしか思えませんでした。

1人で行動をする

自立した生活を送るには、何事も一人で決断し、行動できていることが前提です。

これが不十分な場合には、すぐ周囲に流されてしまうことでしょう。

自分の意志でやっているつもりでも、実はそうではないことばかりになっている可能性が高いのではないでしょうか。

話は少し変わりますが、あるときテレビで健康関連の番組見ていたところ、自立という言葉を違う視点で使っていました。

自立して動けるイコール健康寿命という表現をしていたのです。

なるほどこれは1人で行動するということの、究極の解釈になるのかも知れません。

言葉の意味を再度考えさせてくれました。

責任感がある

自立した人間とは、自分の行動に責任を取ることが、その裏付けとなっています。

何事も人のせいにしない責任感あふれる人と言い換えてもよいでしょう。

ところが最近、日本の組織の中では、バランスの取れた人をあまり見かけないようです。

組織への帰順を拒否する、または過度に組織に依存する、のどちらかの傾向が強いように思われてなりません。

いずれの場合でも責任の取り方について深く考えることはなく、避けようとするタイプです。

バランスにはしっかり注意を向けておきましょう。

ただしそればかりでは、風見鶏と思われてしまいます。

それ以上の存在、責任感の強い、誰からも信頼される人間を目指しましょう。

感情をコントロールできる

感情をむき出しにする人は、とても自立した大人とは呼べません。

結局はこども扱いされ、軽んじるらることになってしまいます。

誰からも敬遠され、重要視されることはあり得ません。

マザコン男などはその典型といってよいでしょう。

感情とは出し入れ自由というわけにはいきません。

これは誰にとっても同じです。

しかし意志の力を用いて、コントロールすることはできるようになります。

ただしそのためには、目的意識をもって、修行(我慢)を重ねる必要があります。

とても一朝一夕に達成できることではありません。

感謝の気持ちを持つ

自立した人は、自立してるがゆえに、さまざまな人に支えられて生きていることを、よく理解できています。

そして折に触れ、感謝の気持ちを表すことも忘れません。

それを表現することの重要性もまたよく理解しています。

感謝の気持ちは持つだけでは十分とはいえません。

機会をとらえて表すようにしましょう。

この呼吸は男女の関係にも当てはまるものです。

パートナーの扱いとも共通するものがあります。

流されない

自立している人は、周囲の勢いやブームに流されしまうことはありません。

そのために最も大切なことは、NOと言える勇気を持っていることです。

曖昧な表現をせず、何事もはっきりと意思表示をしましょう。

それによってまず、他人依存体質の人を遠ざけてしまいましょう。

同じような人たちと群れてばかりいると、確実に流されてしまいます。

そして自分の意に反することもやらざるを得なくなっていきます。

さらにそれが習性のなってしまうと、いつまでも自立できなくなってしまいます。

人の好い性格は、この場合には長所とは言えません。

家事ができる

自立して生きている人は、最低限の家事は自分でやっているはずです。

ただし食事は別かもしれません。

筆者が中国に駐在していたときのことです。

同業他社の20代の女性駐在員と面識ができました。

独身で一人暮らしをしていました。

その彼女の話を聞いて驚きました。

何と彼女はフライパンはおろか、鍋すら持っていないというのです。

インスタントラーメンすら自分では作らないそうです。

すべて外食かまたはコンビニ食で済ませているということでした。

こう聞くと毎晩飲み歩いている豪放な女傑の姿を、思い浮かべるかも知れません。

しかし彼女は細身で、まったく普通にしか見えない女性でした。

直接聞いたわけではありませんが、食事を省いていたのは、それ以外の部分をしっかりコントロールするためだったのではないでしょうか。

このように何もかも自分の手でしようとしない、という対処法も有効なのかも知れません。

自分の世界がある

自立した人には、確固とした自分の世界がありまず。

そこでは必ず好きなことを持っています。

語るべき趣味を持っています。

また社会に対する自分の意見もしっかり持っています。

他人からの問いかけがあれば、はっきりした反応を返してきます。

語るべき話はいくらでもあり、ネタに困るようなことはありません。

他人の方から意見を聞きたいと思う人になっています。

これはしっかりした自分の世界を持っているという裏付けがあることに依っています。

しかもその世界は、他人を寄せ付けない特殊なものではありません。

普通に理解できる常識的な範囲を保っています。

ポジティブ

自立して生きている人は、下を向いていません。

ポジティブシンキングです。

いつも新しいことにチャレンジをしたがっています。

そのことは、波のように周囲に伝わってきます。

ネタ探しがうまく、想像力にも富んでいます。

それはその人を個性豊かにすることにより、大きな魅力を形成しています。

魅力的な人間と評価されるようになれば、他人の方から寄ってくるようになります。

またそれこそ人に依存することのない自立した人間の証明にもなっています。

自分で選択できる

自立した人は、何事も自分で決断ができる人です。

「我、事において後悔せず。」は理想的でしょう。

たとえ選択を間違えたとしても、自己責任として飲み込み、人や社会のせいにはしないことが大切です。

そのようなスタンスで経験を積んで行きましょう。

だんだんと正しい選択ができるようになっていきます。

少なくとも的外れな選択は減少するはずです。

ちなみにお隣りの中国人は、事業で失敗しても後悔も反省もしません。

失敗は“風水”のせいにして乗り切ります。

この考え方の唯一にして最大の長所は、精神的な落ち込みが少ないという点です。

いくらでも再チャレンジが可能です。

また銀行以外には失敗の“前科”もまったく問題にされません。

失敗に悩んでいるとき限っては、参考に取り入れたい考え方だと思います。

スキルを持っている

自立した人には、スキルがあります。

それは何もプロフェッショナル級のスキル、例えば国家資格のようなものだけに限りません。

独自色のある表現力や発信力などを通じ、他人に働きかける力も大事なスキルの一つです。

自分の持っているスキルは定期的に点検しておきましょう。

使わないでいると錆びついてしまう可能性もあります。

そして自分の個性を埋没させてしまうことにつながり、生活がつまらないものになってしまいます。

努力ができる

努力できることも才能のうち、といわれることがあります。

「自分は天才ではない、人の何倍も努力したからこそ今がある。」これは時代を作ったスポーツの第一人者たちが好んで使う言葉です。

確かにそうなのでしょう。

彼らには自分で独自の努力を重ねてきた自負があるでしょう。

努力の大切さはトップレベルのアスリートも一般人であっても何ら変わりありません。

自立できていない人は、自立に向けた努力を継続しましょう。

すぐに根をあげない

誰にとっても、しつこい人は願い下げでしょう。

しかし人として自立して生きるためには粘り強さも必要です。

商売で成功する人は、さらにその上の厚かましさまで備えています。

簡単に根をあげるようなやわな人間はほとんどいません。

このような暑苦しいオヤジたちにも参考になる点は、多々あります。

折を見て観察するとよいでしょう。

またお隣りの中国人をみていると、人生とは交渉の連続、と割り切っています。

一度うまくいかなかったくらいで、あきらめることは絶対にありません。

次の交渉で再びチャンスを狙うのです。

筆者の四半世紀にわたる中国ビジネスでの経験をもってしても、彼の地では、簡単に根をあげるような人は見たたことがありません。

商売人とばかり会っているからそう思うのだろう、という日本人もいますが、決してそうではありません。

高齢者や専業主婦も含め、実にしぶとい人たちばかりです。

時間を有効活用できる

自立した人は、余暇の使い方にすぐれているものです。

疲労を回復するための時間、趣味に没頭する時間、デートの時間など、それぞれ意味付けがしっかりできています。

もちろん仕事においてもまったく同じです。

優先順位をはっきりさせた上で、完璧を目指し仕事に臨んでいきます。

これこそ有能なビジネスマンのイメージにピッタリと重なるものです。

クヨクヨ悩まない

自立した人は、気分転換に長けています。

失敗をいつまでも引きずる人が、一流の仕事師になることはまずあり得ません。

勝負師と言われ、勝負の世界で結果を残している人たちも同様です。

クヨクヨ悩まず、日中に何かあったとしても、夕食後にはきれいさっぱり忘れているのが理想です。

ただし経験したことはしっかり脳にインプットして蓄積しておきましょう。

いつの日にか財産になっているはずです。

反省なくして進歩はあり得ません。

キッパリ断れる

会社や組織に入って何年か経験を積み重ねていくと、やがて権限が与えられ、それを行使できるようになります。

すると社内外のいろいろな人が集まってくるようになります。

そしてだんだん気分が高揚してきます。

偉くなったように錯覚してしまうのです。

そこでは、はっきりした意思表示のできることがポイントになります。

誰にでもいい顔をしようとして、いつまでもグズグズと引き延ばしていると、まずろくなことは起こりません。

優柔不断の烙印をおされ、信用を失ってしまいます。

せっかく手に入れた権限まで失ってしまうかもしれません。

ここで重要なことは、必要のない提案や勧誘をキッパリと断る勇気を持つことです。

これは次の段階へと進むためには必須の条件です。

上手にストレス発散できる

自立して生きている人は気分転換の手段を持っています。

それも一つだけではありません。

職場や家族とは全く違った人間関係を伴うグループであることが普通です。

それらを上手に使い、ストレスを発散するばかりか、新たな刺激を注入し、リフレッシュして帰ってきます。

自立した人は、生活に幅と奥行きを持って使い分けができているものです。

公私にわたって他人に依存している様子は見受けられません。

常に自分が主体となって行動しています。

慌てない

すでに自立できている人は、他人に動揺を見せるようなことはありません。

落ち着いているということに加え、他人に依存する心がもともと少ないからです。

そのため人を落ち着かせる役割に回っていることの方が多いものです。

よくありがちなトラブルに直面しても、いちいち慌てることはありません。

周囲からもきっと大事な相談のできる人という評価を得ているはずです。

️自立している人はしっかり者

自立している生きている人には、性格に安定感があり、周囲の人には安心感をもたらせてくれます。

世間ではしっかり者と評されます。

他の従属を離れて自分の言葉を用い、その内容にはしっかり責任を負うことができています。

️自立ってどういう状態?

自立とは、どういう状態を指すのでしょうか。

最初に挙げたデジタル辞書の記載の通り、他の従属から離れて独り立ちすること、他からの支配や助力を受けずに存在することです。

さらにこれまでの検討から、精神的にも経済的にも独立していて、他の自立した人と対等な存在であることを付け加えておく必要がありそうです。

自立の意味

ここで自立することの意味を、もう一度おさらいし、問い直してみることにしましょう。

経済的な自立

経済的な自立ばかりあせることはありません。

かえってそのことのゆえに完全に自立した、と思い違いをすることもあるからです。

そうはいってもいずれは自立しなければなりません。

そのための準備は常にしておきましょう。

まず定職に就くことがその前提です。

現代社会においては、働き方にもバリエーションが拡がっています。

どんなスタイルを選んでも構いませんが、基本はしっかり取り組める定職を持っていることです。

精神的な自立

自立とは、精神的な独立こそが重要であることがわかりました。

人に依存していたまたは支配を受けていた部分を捨て去ること。

それこそすべての出発点です。

そこに立つことができて、初めて自分の夢に取りかかることができます。

大人としての自立

精神的に独立し、独立の生計を営むようになれば、大人としての自立は完成です。

ここまでくれば教育の本来持つべき役割は完遂されたことになります。

さらに結婚して、両親のことを自分たちと同じようなユニットの一つ、先輩ユニットとして見ることがでるようになれば、言うことはもう何もありません。

互いに甘えや依存することのない、素晴らしい関係となることでしょう。

️自立した大人になりましょう

自立した大人になるためには、夢を持つことが大切です。

その実現を目指す過程で、必ず自立せざるを得なくなるからです。

自立した人間でなければ、誰からも相手にされないからです。

また人の役に立つとはどういうことか、十分に学べるはずです。

そして自分の存在価値、社会での居場所も見つかるはずです。

甘えや他人依存を排し、今すぐにでも自立した大人を目指し、行動を開始しましょう。