「人徳があるね」なんて言われるような人になりたいものですよね…。

人徳がある人とは、ざっくりいうと“人柄が良い人”ということになります。

つまり、他人から人徳があると言われるということは、“徳があるほどの良い人柄”だと思われているということなんですよね。

筆者は、大人になって特に、人徳があるような人になりたい。

そんな人でありたいと思うようになりました。

だけど人徳とは程遠い…。

「人徳だね」なんて言われるようなシチュエーションになったこともありません。

その代わり、身近に人徳があると感じさせる人はいて、そういった人に対して「人徳だよね」なんて言ったことはあります。

その場合、人徳のある人は大抵「いやいや…周囲の人のお蔭だよ」なんて謙遜したりするんですよね。

ですのでさらに、尊敬の念を抱いてしまうのです。

️人徳がある人の特徴15個

徳があるほど素晴らしい人柄の持ち主である、人徳がある人。

筆者にとって人徳がある人は、謙虚でいて芯があるといったイメージの人です。

そんな人になるには、鍛錬が必要なんだろうなとも思いますが…実際人徳がある人は、もともと備わっている性質であることが多かったりもしますよね。

だけど、人徳がある人を深く知り、学ぶことで誰でも人徳がある人になれるんじゃないかとも思うのです。

という訳で今回は、人徳がある人について深く学んでみたいと思います。

まずは『人徳がある人の特徴』から、人徳がある人とはどんな人なのか、人徳があると思われるような人になるには、どんな人を目指すべきなのかを考えていきましょう。

因みに…筆者は昔、人徳の“徳”は、お得の“得”をイメージしていました。

ですので単純に、人柄によって得をする人を、人徳がある人だと思っていたんですよね。

もちろん、徳には“得”の意味も含まれているので、これも間違いと言うことではないんですよね。

だけど、徳の意味はそれだけじゃないんです。

人徳に“徳”という漢字が当てられているのには、もっと深い意味があるからなんですよね。

辞書的な意味で言うと、人徳に使われる徳の意味は“精神的徳性を磨いたことによってその身に得た、すぐれた品性”とあります。

徳という漢字にはその他に“恩恵・神仏の加護”、“富・財産”、“生まれ持った能力や天性”などの意味もあります。

徳という漢字一文字に、とても哲学的な意味合いがあるのです。

ですので人徳がある人を言い表すのにも、“良い人柄”という簡単な一言では説明が不十分。

人徳がある人には、やはり“人徳”という言葉が一番、その人の人となりを表わす言葉なのです。

さて、そんな一言では表現しようのない人徳がある人。

その特徴を、ひとつひとつ見ていくこととしましょう。

人から好かれている


人徳がある人はまず、“人から好かれている”人です。

人徳があるということは、優れた品性の持ち主でもありますから、男女問わず人に好かれる人柄なんですよね。

人が人を判断するとき、品性もひとつの判断基準になっていると思います。

第一印象で品がないと感じれば嫌煙されがちだし、人付き合いを始めるうえでは、ある一定の品があることが求められると思います。

もちろん、付き合っていく中で品がないと感じとって、だんだん距離を置いていったりすることもあるでしょう。

ことろが、その品があればあるほど、人はその人に惹きつけられていきます。

つまり、品があるほど好かれるということです。

人徳がある人は、その品性も非常に優れた人です。

品性とは、道徳的価値観を基準にした、その人のもつ性質のこと。

ですから、人徳がある人のその高い品性に、人は安心感も抱くのではないでしょうか。

そしてその安心感は、人の警戒心を解くことにもなります。

警戒心が解かれることによって人との距離は縮まり、お互いに穏やかな付き合いが出来るようになるんですよね。

このように、人に愛され、さらに人を愛することが出来るのが、人徳がある人なのです。

【好かれる人の特徴については、こちらの記事もチェック!】

信頼されている

“信頼されている”というのも、人徳がある人の特徴です。

ただ単に、嫌われることが少なくて、人から好かれているということではないんですよね。

その人柄によって、信頼されてもいるんです。

信頼とは、信じて頼りにすること。

人が人を信じ、さらに頼る場合…信じることが出来る人物であることが、大前提としてありますよね。

その上で、頼っても大丈夫だと思えるだけの人間性がないと、人に信頼されることはありません。

懐の深さがあったり、どんなことにも動じない精神力があったり。

また、人を導いてくれるだけの決断力があることも、必要になってくると思います。

そうでなければ、人はその人を頼れませんよね。

つまり人徳がある人は、頼りにされるだけの人間性を、兼ね備えているということです。

“信頼”には、似た言葉で“信用”もありますよね。

信用も、人が人と付き合う上では大切で、世の中は信用によって成り立っているとも言えます。

だけど、信用は最低限必要なものであって、信用がある人だからといって、その人を頼ろうとは思いませんよね。

似ているようで全くの別次元。

信用される人物であることは、人付き合いをする上では、当たり前に求められる人間性です。

私たちは、その人間性を磨いてさらに、頼られる大人を目指さなければなりません。

だけど頼りにされるまでになるには、それまでに積み上げてきた経験や知識、精神的鍛錬があってのこと。

そう簡単に、頼りにされるだけの域には行きつけないのです。

ですので人徳がある人は、そういった域に達した人と言うことも出来ますよね。

その積み上げて来たものがにじみ出てきてこそ、信頼される人にもなれるのです。

人望がある


人徳がある人が、信頼される人であるならば、当然“人望がある”ことも特徴として挙げられますね。

人望とは、信頼できる人として多くの人に慕われること。

また、他人から信頼や尊敬、期待を寄せられることです。

よく「人望を集める」「人望が厚い」などの言い回しで使われていますよね。

つまり人望があるということは、それだけ多くの人に慕われ、頼りにされている人物だということなんです。

人徳がある人に、人望を集めるという特徴があるのは、やはりその人徳ゆえ。

それだけ信頼性の高い人だと思われていて、さらにその人間性から尊敬され、期待されているのです。

しかも、多くの人に!
誰か一人から信頼を得たり、尊敬されているだけでは、人望があるとは言いません。

また、ただ人気があったり、注目を集めているということだけでは、人望がある人とはならないのです。

多くの人が、同じようにその人を信頼し、尊敬の念を持つような人間性がないと、人望がある人には成り得ないのです。

人望を集めるような人は、崇拝に近い感情を抱かれるような人物。

人徳がある人だからこそ、人望もあるのです。

正しい判断ができる

人徳がある人には、“正しい判断ができる”という特徴もあります。

これは、信頼されたり、人望があるという特徴の、裏付けともなる要素と言えるのではないでしょうか。

人徳がある人に正しい判断が出来るのも、その道徳的価値の高さや、積み重ねてきた経験や知識があるからこそ。

また、判断を下すだけの勇気や決断力が無いと、ここぞという時に正しい判断は出来ないものです。

人徳がある人は、それだけの人格者であると言うことなんですよね。

そして、その正しい判断が、人の信頼を集め、尊敬を集めるのです。

人徳がある人は、生まれながらにもったその人柄もさることながら、生まれてからこれまでの鍛錬によるものも大きいのでしょう。

生まれ持った性質が優れていたとしても、それを活かすかどうかは本人次第だと思います。

生まれてきたことの使命を理解し、人間性を磨いてきたからこそ、人徳がある人にもなれるのでしょう。

思いやりがある

正しい判断ができ、人望を集めるだけの人間性がある人徳がある人。

つまりは、リーダー性やカリスマ性がある人とも言えますよね。

ただ、リーダー性やカリスマ性があっても、人徳があるとは限らないのではないか。

と、筆者は思います。

人を統率していく力、そして人を惹きつける力があるという点では、人徳がある人の特徴とも同じです。

でも、リーダー性やカリスマ性があっても、品性と言う点では、独特な性質である人もいますよね。

また、恩恵と言う意味での徳を受けられるかどうかも、その人のタイプによって違うように思います。

リーダー性やカリスマ性がある人も、素晴らしい人間性の持ち主ではあります。

でも、イコール人徳がある人にはならない。

人徳がある人は、もっと精神性に卓越した人なんだと思います。

人徳がある人が、どうしてそうなれるのか…。

リーダー性やカリスマ性がある人との違いは、“思いやりがある”という特徴に表れていると思います。

もちろん、リーダー性やカリスマ性がある人にも、思いやりがある人もいます。

だけどそういった人はきっと、人望を集め、人徳がある人だと言われるような人でしょう。

つまり、人徳がある人は、単に人から慕われ、注目を浴びるだけの存在ではなく、自分に向けられた思いを同じくらい、周囲の人に返せる人なんですよね。

それが、人徳がある人の思いやり。

人との関係性は、思いやり合うことで良好に築かれるということを、感覚的に分かっているのでしょう。

このように、思い上がることなく、驕ることの無いその人柄が尚、人を惹きつけてやまないのだと思います。

【思いやりについては、こちらの記事もチェック!】

人のために行動できる

人徳がある人には“人のために行動できる”という特徴もあります。

この辺りは、人徳がある人の精神性の高さをよく表わしていますよね。

相手を思いやることが出来るということは、相手の気持ちを察したり、相手の立場に立って物事を考えることが出来るということです。

多くの人は、まずは自分が第一。

自分の思いを通したいし叶えたいものです。

もちろん人徳がある人にだって、自分の夢や希望があると思います。

でもだからこそ、相手の心を思いやることが出来る人徳がある人は、人の気持ちに寄り添った時、その人の強い思いを感じ取ることが出来るのだと思います。

人が抱える思いを自分に置き換えた時、それがその人にとってどれだけ大事なことかが痛いほど感じられる…。

そうなれば、その人のために行動せずにはいられません。

人徳がある人は、人の心に深く寄り添えるからこそ、自分の心も動かされる。

それが、行動となって表れるのです。

それはきっと、自分を犠牲にするというようなものでも無いと思います。

人のために行動することは、結局は自分のため。

自分を理解し、自分を大切に出来るからこそ、人徳がある人にもなれるのではないでしょうか。

自分を客観視できる

今お話したように、“自分を客観視できる”というのも人徳がある人の特徴なんですよね。

つまり、自分をよく理解しているということです。

自分がどんな立場にいるか、自分にはどんな気質があるか。

生まれ持ったものは何で、やるべきことは何か…。

常に自分を客観視しているからこそ、人間性も磨かれていくんですよね。

それに、自分を客観視できるということは、周囲の事もよく見えているということです。

広い世界の中から見た自分。

それが分かっていると、人への思いやりも沸いてくる。

人への感謝も沸いてくるでしょう。

人徳がある人は、自分を客観視することで、世の中の道理までもを、感覚的に捉えているのです。

それが、品性の高さにも繋がるし、人から好かれる要素ともなっているんですよね。

自分を客観視するのって、案外難しいものです。

どうしたって、自分の価値観の中で自分を捉えてしまいがちです。

人徳がある人がそれを出来るのは、持って生まれた素質もあると思いますが、やはり鍛錬の賜物なのだと思います。

人の気持ちを考えられる

人徳がある人の、思いやりのあるところや、人のために行動出来るという特徴の中でもお話しましたが、“人の気持ちを考えられる”という特徴を持つのも、人徳がある人です。

人への思いやりも、人のための行動も、人の気持ちを考えられなければ出来ませんよね。

人徳がある人は、人へ気持ちを向けることができ、人の気持ちを考えることが自然とできるようになっている。

そんな人だと思います。

優れた統率力のあるリーダーや、優れた才能を持つカリスマ性のある人は、その人の持つ能力に人が集まり、付いていきますよね。

ですので、人との気持ちのキャッチボールをしなくとも、自分の思いひとつでぐいぐいと周囲の人を引き込み、引っ張っていくことも出来ます。

ただその場合、人との関係性を重要視していないので、何か問題が起きた時や、その能力に陰りが見えた時に、人は離れていってしまいますよ。

全てのリーダーやカリスマ性がある人がそうだとは言いませんが、そういったタイプの人も多いと思います。

つまり自己中心的なタイプの人だと、一見人に慕われているように見えても、それはその人間性というより能力に人が集まっているだけに過ぎなかったりします。

筆者の知り合いにも、時には人を集めるのですが、気付くと周りから人が去っていってしまう人がいます。

その人はリーダー性のある人で、勢いに乗っている時はどんどん人が集まってくるのです。

だけど何かにつまづくと、人はさーっと居なくなってしまうのです。

しかも、それを何度も繰り返すんですよね…。

つまりその人は、自分に原因があることに気付いていないのです。

毎回、「手のひら返された」とか「裏切られた」と言うのです。

でも実際は、自分を客観視出来ておらず、付いて来てくれた人の気持ちを考えていないのはその人なんですよね。

筆者も出会ったころはその人が、人徳がある人の様にも見えていました。

でも到底、人徳があるような人ではありませんでした。

何度も裏切られ、手のひら返されたのはこっちのほうで、それに気付いていないのが残念でならないのです。

一方で人徳がある人は、リーダー性やカリスマ性もあり、人の気持ちも考えることが出来るんです。

それは、その人を慕ってくる人にとって、とても嬉しいことですよね。

気持ちを思いやり合うことが出来るのですから、信頼性も高まるでしょう。

そうやって築かれた絆は、何があっても壊れることは無いと思います。

人の気持ちを考えられるということは、信頼を生み、人に喜びをも与えます。

人徳がある人はそうして、人徳がある人と呼ばれるのです。

人の幸せを喜べる

人の気持ちを考えられる人徳がある人には、もちろん“人の幸せを喜べる”という特徴もあります。

人は時に、他人の幸せに妬みや嫉妬感情を抱きます。

それは何故かと言うと、その人と自分を比較するからですよね。

自分の状況がその人のような幸せな状況じゃなかったり、また、その人との日ごろからの関係性が悪い場合も、恨みや妬みの感情が沸いて来てしまうでしょう。

人徳がある人が、人の幸せを素直に喜べるのは、やはり人の気持ちを考えられるからですよね。

また、常日頃から人への思いやりの気持ちを持っているので、その人の立場に立って気持ちを感じることができ、まるで自分のことのように一緒に喜べるのです。

そこに、自分と相手との比較なんて全くありません。

人の幸せは自分にとっても幸せなこと。

そんな感覚を持っているのが、人徳がある人だと言えるんですよね。

穏やかで落ち着いている

そして人徳がある人が、人の幸せを素直に喜ぶことが出来るのは、“穏やかで落ち着いている”という特徴があるからでしょう。

人の立場に立って気持ちを考えたり、人の幸せを一緒に喜ぶには、まず自分が平常心でいなければなりません。

いくら人間性が素晴らしい人でも、自分が苦しい状況に置かれていたり、深い悩みを抱えていたら、他人のことを考える余裕はありません。

そんな状態で相手の幸せを喜んでいたとしても、それは無理をしているということになってしまいます。

つまり、自分を犠牲にしているということなんですよね。

自己犠牲の精神が持て囃されることもあり、それも確かに素晴らしいことですが、誰かの犠牲の上に成り立つ幸せを、本当の幸せとして受け取れる人は少ないと思います。

有りがたいとは思っても、同時に誰かを犠牲にしているという、罪悪感まで受け取ってしまいます。

人徳がある人と言うのは、相手にそんな重荷を背負わせることはないでしょう。

それは、人徳がある人に、いつも穏やかで落ち着いていられる精神性があるからです。

だからこそ、周囲の人は人徳がある人の気持ちを素直に受け取ることが出来るし、安心して心を委ねることが出来るのです。

前向きな姿勢

また、人徳がある人は、いつも“前向きな姿勢”だったりもします。

きっと、時には悩むことだってあるし、苦しむことだってあるでしょう。

だけど、そんなところをあまり見せないですよね。

いつも前向きな姿勢でいる人と一緒にいると、周囲の人は安心していられます。

後ろ向きだったり悩みがちだったりすれば、周囲の人は心配するし、頼りにすることが出来ません。

人徳がある人は自分を客観的に見られる人ですから、自分の態度によって、周囲の人にどんな影響を与えるかも分かっているのでしょう。

だから、自分が前向きな姿勢でいることで、周囲の人の指標となっているのです。

それに何より、前向きな人は見ていて清々しい印象を与えますよね!周囲の人はその姿に、勇気をもらったり、学ばせてもらったり出来るんです。

だから人徳がある人は慕われ、好かれる人柄になれるのだと思います。

責任感がある

人徳がある人には、“責任感がある”という特徴もあります。

だからこそ慕われ、信頼されるんですよね。

大人になれば自然と芽生えてくる責任感。

だけどその強さは、人によってまちまちです。

年齢が上がればどんどん強くなっていくと言うものでもなく、若くても責任感が強い人もいれば、歳をとっても責任を負えない人が居ます。

人徳がある人の場合、生まれ持った精神性もあり、その精神性を磨いてきたこれまでの積み重ねがあってこそ、責任感がある人にもなったのだと思います。

また、自分を客観視できるということもまた、責任感の強さに関係していると言えるでしょう。

自分を客観的に見ていれば、社会的な自分の立場、自分の置かれた状況を把握することが出来ます。

そうすると、自分が負うべき責任は何なのかも分かるんですよね。

そしてもちろん、その責任を果たすことが出来るかどうかは、その人の人間性によって違ってきます。

自分が責任を負わなければならないと分かっていても、その状況から逃れようとする人もいるのです。

責任というのは、人にとって大きなプレッシャーでもあります。

そのプレシャーに耐えうる精神力と、請け負うだけの強さが無ければ出来ないことです。

そんな強さを兼ね備えているのが、人徳がある人なんですよね。

悪口を言わない

人徳がある人は“悪口を言わない”というのも特徴です。

悪口を言わないように我慢しているというよりは、そういった負の感情が沸かないと言ったほうがいいのかもしれませんね。

たとえ悪口が思い浮かんだとしても、人徳がある人は相手の気持ちを考えることが出来るので、嫌な気持ちにさせてしまうようなことは言わないのでしょう。

本人を目の前にしてでも、陰で言うにしても、悪口は気持ちのいいものではありません。

それを聞く側の気持ちになってみれば、分かることです。

それに自分を客観視できる人徳がある人は、広い視野を持っているということでもあり、誰かひとりに対する負の感情に、振り回されることもないのでしょう。

悪口を言う時、ほとんどの場合は自分の価値観で人を判断しているものです。

自分の世界の中に嫌な気持ちを持ち込んだ相手だけにスポットがあたり、神聖な世界を荒らしに来た、とてつもなく悪い奴。

なんて思っていたりもするのです。

もちろん、自分の感情をかき乱されるのですから、その相手は自分にとって悪い人。

悪口も言いたくなります。

だけど人徳がある人は、もっと広い視野で物事を判断しているし、自分に沸いてくる感情は何なのかと、冷静に客観視出来たりもする。

ですので、感情に任せて悪口を言ってしまうようなことも無く、悪口を言うことで周囲に与える影響の方を気に欠けることが出来るのです。

もちろん筆者も、人徳がある人のようには出来ません。

そんな出来た人間じゃないし、自分に怒りの感情が沸けば、感情のままに怒ったりもします。

やらないように心がけているのは、陰で悪口を言わないようにするだけで…これが、今の筆者のレベル。

ですので人徳がある人は、とても精神的鍛練を積んでいる人だと言うことが出来ますよね。

悟りの境地に達しているような…そんな人なんだと思います。

比較をしない

人の幸せを喜べるという特徴の所でもお話しましたが、人徳がある人には“比較をしない”という特徴があります。

人と自分、誰かと誰か…など、比較をして何かを判断するようなことがないのです。

だから、悪口も浮かんでこなければ、妬みや嫉妬も生まれない…。

人に対する負の感情のほとんどは、比較によって生まれてくるものなんですよね。

人徳がある人は、物事をもっと広い視野で見ているし、世の中も宇宙から見ているような感覚なのでしょう。

一方比較は、もっと狭い世界の中で行われています。

自分と相手の1対1だったり、同じグループに属する輪の中…例えば同じ社内や学校内など、身近な世界で比較をしているのです。

私たちは比較され、優劣をつけられる中で育ってきてもいるので、比較してしまうのも当然と言えば当然です。

だけど人徳のある人は、広い広い視野で世界を見て、小さな世界で行う比較がいかに無駄なことかに、どこかで気づいたのでしょう。

そして比較という、無駄に人を苦しめる場所から、まず自分を解放したのだと思います。

そして、自分も他人も、広い世の中に生きる同じ存在であるという感覚に至っているのです。

だから、比較しないんですよね。

そういった比較をしない人徳がある人は、他人の良い所に目を向けることが出来るでしょう。

比較して人を判断するのではなく、その人個人のもつ人間性、そして広い視野で見た時のその人の存在を認めているのです。

だから、人徳がある人には人が付いてくるんですよね。

人徳がある人の傍にいれば、自分を認めてもらえる。

それは喜びであり、希望の光でもあると思います。

人徳のある人に認めてもらうことで救われた…そんな人も多いのかもしれませんね。

理解力がある

そして“理解力がある”のも人徳がある人の特徴です。

人徳がある人は、その人柄が良いだけではなく、尊敬され頼られる存在ですから、理解力もあるのです。

そうじゃなきゃ、人徳がある人までにはならないですよね。

理解力も案外難しいもので、勉強が出来ると言う頭の良さがあるだけでは、その能力があるとは言えないんです。

理解とは、物事の道理や筋道を悟ること。

また、人の気持ちや立場がよく分かることです。

つまり理解力にも、広い視野が必要であり、人を知るということも必要なのです。

人徳がある人は、理解力に優れているので、人の言葉だけじゃなく状況、そして感情なども踏まえて物事を理解していると言えます。

全てを伝えなくても、また、相手が伝え下手でも、人の気持ちや望み、言わんとすることを悟ることが出来るんですよね。

例えば仕事の場合、相手が顧客だとすれば、その顧客の求めているものを瞬時に理解することで、顧客からの信頼を得ることにその能力は発揮されます。

また、社内では、何かトラブルがあった時に言い訳をしてくる部下がいたとしても、その言葉だけじゃなく広い視野でその問題を理解し、正しい判断を下すことが出来るはずです。

人徳がある人はその理解力で、誠実に、正確に物事を捉えることが出来るのです。

注意ができる

人徳がある人には、“注意ができる”という特徴もあります。

これも理解力があるという特徴の中でもお話した通り、正確に物事を捉え、正しい判断を下すことが出来るからと言えますよね。

また、人徳がある人の誠実さが、人への注意ができる人柄にも繋がっているのでしょう。

人への注意って、とても気を遣うものです。

その注意が間違った指摘であってはならないし、注意の仕方によっては相手の反発を生むだけで、注意の意味も無くなってしまいます。

注意は、その人のためを思ってする指導であって、そこには凛とした姿勢も必要。

また、感情を混ぜることなく正確で、誠実な注意でなければなりません。

人は注意をする時、感情を混ぜてしまいがちです。

特に、怒りの感情を乗せて注意をしてしまうことが多いですよね。

そうすると相手は、ただ萎縮してしまったり、注意の内容よりも、怖いという印象だけになってしまうんです。

人の気持ちを考えることができ、広い視野で客観的に物事を判断することが出来る人徳がある人は、相手に響く注意が出来るのです。

それは本当に相手のためを思った注意であることが伝わっているからなのでしょう。

それに、もともとその人徳により得ている信頼や尊敬の念があるので、相手も素直に注意を受け取ってくれるのです。