自分では頑張っているつもりなのに、職場ではいつも怒鳴られてばかり…。

自分にはこの職業は合わないんだろうか?そんな風に思い悩んでいませんか?

しかも何度か職場を変えたけど、結果はいつも同じ。

もしそうならADHDを疑ってみてもいいかもしれません。

ではもしADHDという障害を持っていたら、やっぱり普通に働くのは難しいのでしょうか?

そんなことはありません!今回はADHDを抱える人たちに向いた職業について考えてみましょう。

必ず自分にあった職業が見つかるはずです。

ADHDって何?

まずはADHDを理解することから始めなければいけませんね。

ADHDとは別名を注意欠陥多動性障害という発育障害のことで、集中力がない、落ち着きがない、忍耐力がない。

と社会生活に馴染みにくいのが特徴です。

発育障害というと子供を想像するのですが、子供の頃からずっと大人までずっと抱えている気質で、子供の頃には気付かないままになんとなく生き辛さを感じながら成長し、仕事をするようになってから気付く場合もあります。

とにかく周囲からはいい加減な人と見られやすく、本人も自信を失いがちになってしまうのが問題です。

ADHD(注意力欠陥多動性障害)の意味


更に詳しくADHDについて見ていきましょう。

ADHDは多動性、衝動性、不注意の3つの要素が見られる先天性の障害のことです。

多動性とはとにかくじっとしていられないという状態。

集中力や落ち着きなく、子供の場合は授業中にじっと座っていられずに教室から出て行ってしまうこともあります。

大人の場合は貧乏ゆすり、そわそわしているなど落ち着きのなさが目立ちます。

衝動性とは今やりたい、と思ったことをやらずにはいられない忍耐力のなさです。

人が話をしているのに自分が話したい時には平気で割り込んできたり、欲しいものがあると駄々をこねたりすることがあります。

大人の場合は何でもかんでもよく考えずに発言してしまったり、つい衝動買いしてしまうなどの困った行動として現れます。

不注意とはそのまま注意力のなさです。

勉強でうっかりミスばかりしたり、すぐになくしものをしたり、小さな子供の場合は興味のあるものに惹きつけられて車が走ってくるのに気付かず目的のものに向って道路に飛び出してしまうなど危険な場合もあります。

また、好きなことにばかり没頭してやるべきことをするための切り替えが下手というのも特徴。

大人の場合も物忘れや無くしものが目立ち、時間の使い方や管理が極端に下手な一面があります。

ADHDはその症状の特徴から落ち着きがなく、いい加減でだらしがないと誤解されやすい面があります。

職場ではミスが目立ったり、仕事の優先順位をつけるのが下手で要領が悪かったりするため、人から呆れられたり、怒鳴られたりと言った辛い目に遭うことも多いのです。

ADHDだからといって心配しないで!!

ADHDの詳しい説明を読んで、自分はADHDだから平穏な社会生活を送るのは難しいな、ちゃんと社会人として職に就けるのかな?と不安になった方もいるかもしれませんね。

でも心配はいりません。

ADHDの特性を活かせる職業はたくさんあります。

むしろその特性を活かすことで同僚よりも優秀な結果を出せる可能性だってあるのです。

みなさんよくご存知の有名人の中にもADHDと診断された方や疑いのある方が沢山います。

例えば黒柳徹子さん、スティーブ・ジョブズさん、SEKAINOOWARI深瀬さん、書道家武田双雲さんなどが実際にそうであったと告白している方たちです。

どなたもとても才能を活かし、活躍されている方たちばかりですよね。

ADHDにおすすめの職業はこんなにも!21選


さて、早速、ADHDの特性を活かせるオススメの職業をご紹介していきたいと思います。

まずはその前に、ADHDの仕事に行かせる特徴について考えていきましょう。

仕事に活かせるADHDの特徴

ADHDデメリットと言われる多動や集中力なさは裏を返せば最大のメリットになる場合があるんですよ。

例えば
・多動は行動力があり、エネルギッシュ。

・衝動性は感受性が強く様々な事に対して敏感に察することができる。

・集中力のなさは、想像力に長けているということ。

・注意力がなく話を聞かない一面は独創性があると捉えられます。

・飽きっぽい所は次から次へと新規追求出来る、情報収集力に長けている。

どうでしょうか?
こうして見てみるととても素晴らしい才能を持っていると言えますよね。

ADHDの特性を持つ人たちにはコツコツと積み上げていくような仕事や、細かい気配りや神経を使うような仕事、人と常にコミュニケーションをとっていく必要のある仕事は不向きですが、突発性のある仕事や創造性のある仕事には向いていそうです。

自分にあった職業を選べば、弱点を最大の武器にすることも出来そうですよね!

それでは早速、具体的な職業を見ていきましょう。

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは服や服飾小物などをデザインする職業です。

素材の選定から服の完成まで全てを一人でこなすわけではありませんが、司令塔であることには変わりありませんから、デザイン力やセンス力が問われる職です。

求められるスキルとしてはまずは情報収集能力。

時代の流行を作るのはファッションデザイナーです。

そのためには時代の流れや最新の情報を収集し、一歩先を見越していなければいけません。

他にはテーマやターゲット、どのように売り出すかなどの企画力、当然のことですがデッサン力と人を惹きつけるデザイン力は必須ですね。

それにチームで動くことになるのでコミュミケーション能力も必要になりますね。

ADHDの人は着眼点が人と少しズレていることがあり、驚くようなことを考えつくことがあります。

ですから普通では思いつかないような流行を作り出すこともできるかもしれませんし、流行を作り出す仕事とあって、仕事自体が変化を求められる仕事です。

それにとことんデザインを追求できる、好きなことに没頭できる点も向いている職業だと思います。

フラワーデザイナー

結婚式場やパーティー、イベント会場を彩る華やかな花のディスプレイ。

フラワーデザイナーは花を使ったディスプレイなどの室内装飾をデザインしセッティングする職業です。

お客様の雰囲気や会場の雰囲気に合わせ、オリジナリティのあるデザインをする力が求められます。

生き物を扱う仕事ですから、イベントの前日の夜間にセッティング作業を行う場合が多く、ハードな一面もありますが、自分のデザインしたディスプレイが実際に目の前に立体化していくのはとてもワクワクする作業ですよね。

デザインの仕事は感性がものを言いますから、独創性も活かせます。

サウンドプログラマー

例えばゲームには登場人物の声、効果音、BGM、ボタンクリック音など、色んな音がデジタル化されて入っていますよね?

様々な音をPCに打ち込んでいってデジタル化し、ゲームやCMソング等に流れてくる様なデジタルサウンドを創り出していくのがサウンドプログラマーの仕事です。

一日中パソコンに向かっているような根気のいる仕事なので、一見ADHDの特徴を持っている人には向いていないように思いますが、例えばシューティングゲームの場合、遠くにいる敵の音量は落とし、近くにいる敵の音量は上げる、左から敵が近づき突然発砲してきた場合は左のスピーカーだけを使用するなどプログラマーが考え、臨場感を創り上げていきます。

それはつまりADHDの創造力や独創性を活かせるということです。

より臨場感のあるゲームの世界を作ろうと思えば、想像力を働かせてその世界にのめり込むことになりますよね。

例え根気のいる作業であったとしても、ADHDの人は好きな事であれば驚くような集中力を発揮できます。

これは「過集中」と呼ばれる症状で、好きなことには時間も食べるのも忘れてその世界に没頭してしまう、そんな一面をADHDの人は持っているんです。

動物園飼育スタッフ

動物相手の仕事も向いている仕事と言えます。

飽きっぽく、忘れっぽいADHDの私に動物の世話ができるの?と不安に思う人もいるようですが、専門家によると全くそう言ったことはないそうですよ。

むしろADHDの人が動物と過ごすことは色々とプラス面があるようです。

例えばADHDの人は社会に馴染むことが難しく「いい加減な人」と誤解されて排除されがちです。

そんな経験の多いADHDの人は「自分はダメな人間なんだ」と自己肯定感を失っていく場合があります。

しかし動物なら人間の様に決めつけたり、勝手に評価をしたりしませんからADHDの人は安心して接する事ができるのです。

それがストレス解消にもつながります。

また他にも、動物に合わせた生活を送ることで生活が規則正しくなるなどのメリットがあります。

芸能マネージャー

芸能マネージャーというとスケジュール管理や出演交渉、担当芸能人のお世話などのイメージが強いですよね。

仕事内容を見ただけではどこがADHDに向いてるの?むしろ向いていないんじゃ…と思うことでしょう。

実は芸能マネージャーにも色々あるのです。

芸能人を担当する現場マネージャーからステップアップするとチーフマネージャーになります。

このチーフマネージャーの仕事はタレントをどうやって売り込むか、方向性はどうするかを考えたり、ドラマのタイアップ企画にも携わることもあります。

つまりアイディア勝負。

ここが ADHDの特性が活かせる部分の一つです。

情報収集力に優れ、独創性のあるADHDの人なら誰も思いつかないような戦略を思いつくこともあるかもしれません。

サーファー

自然を相手にするスポーツは人とのコミュニケーションを苦手とするADHDの人には向いた職業だと言えます。

しかも波は様々に変化し、毎回違う体感を味わう事ができます。

時には予想外のことが起こる場合もあり、一歩間違えれば大怪我をしたり、命を落としかねない様なリスキーな所もADHDの人が好む部分です。

ADHDの人は予測不可能な事、刺激のある事が大好き。

ですから自分の命すらもどうなるかわからない状態にドキドキ、ワクワクし、興奮してしまう様な部分があるのかもしれませんね。

レーシングエンジニア

レーシングエンジニアの仕事はF1やGTなどのカーレースに使用するレーシングカーをデザインし、調整する仕事です。

仕事は大きくマシンの設計をするデザイナーの仕事とレースの技術担当者としての仕事の二種類に分けることができます。

ADHDの人に向いているのはデザイナーの方です。

マシンの設計からパーツ類の開発などクリエイティブな仕事内容です。

個性の強いADHDの人はデザイナーに元々向いていますし、どうすれば早いマシン、ドラーバーが納得できるようなマシンに仕上げられるのか、正にワクワクするような仕事です。

レゴブロックやプラモデルなど細かい手作業で何かを作り上げていくような遊びが好きなADHDのお子さんも多いのですが、大人の場合でもそういった作業をしている時はキラキラ輝やき出すADHDの人は多いんです。

インテリアデザイナー

好きなことには驚くほどの集中力で没頭することができるADHDの人に向いている仕事としてよく挙げられるのはデザイナーです。

インテリアデザイナーはオフィスや店舗、ホテル、美術館、住宅などの家具やカーテンなどのデザインをはじめ、内装全ての企画、設計を行います。

インテリアデザイナーに一番求められるのものは当然、デザインセンスです。

独創性や探究心、好奇心が強いADHDの人は独特の世界観やセンスを持っている人がよくいて、センスのレベルが高い場合もありますし、製図を引く作業はインテリアデザインが好きなら何時間でも没頭してすることができるはずです。

声優

色んな人になりきることができる声優もADHDの人には刺激になる職業です。

人気の声優になれば複数の声の仕事に携わることもしばしば。

ですから毎日コロコロと人格を変えて役柄に変化しなくてはなりません。

その変化が単調さが苦手なADHDの人にはうってつけなんです。

しかも俳優業よりも声優の方が接する人が限られているのも良いところです。

俳優業だと関わる人が多いので、人間関係も広い範囲で持たなければいけませんが、声優はイベント事でもない限りは同じ声優のレギュラー陣、ゲスト声優、プロデューサーと数名のスタッフ、原作者等の限られた人数ですからコミュニケーションが苦手なADHDの人には俳優業よりも声優の方が向いているのです。

WEBプログラマー

ないと困るくらいにインターネットが普及されている現代ですが、そのインターネットの様々なコンテンツは全てプログラムで動いていますよね。

webプログラマーはそのプログラムを構築していくのが仕事です。

プログラムによって使いやすさ、見やすさなどが違ってきます。

ショッピングサイトが一番わかりやすいと思うのですが、どれも似たようでいて個性がありますよね。

webコンテンツはしょっちゅう閲覧されますから、使いやすさも大事ですが、飽きないように配慮することも大切なんです。

ですから常に新しいことを模索し、即座に実行していかなければなりません。

この点がADHDに向いていると言えます。

スポーツカメラマン

スポーツカメラマンがおすすめな点は二点あります。

まず一つ目はスポーツカメラマンがオフィスワークではなく現場仕事だという点。

ADHDの人は一つの場所に留まっている仕事よりも、今日はこの現場、明日はこの現場、とあちこち飛び回るような仕事の方が向いています。

スポーツカメラマンは選手のいるところへあちこち追いかけ回らないといけませんから最適と言えます。

そしてもう一点はスポーツカメラマンの仕事は一瞬を捉える一点集中型の仕事です。

一番良い姿を捕えなければいけない緊張感と集中力が必要とされます。

長期的に緊張感や集中力を保つことが難しいADHDの人は短期的な集中力に関してはずば抜けて凄いのです。

スタントマン

ADHDの人が常に求めているのは刺激です。

刺激のない人生なんて考えられなんです。

ですからサーファーもそうでしたが、ADHDの人はリスクの高いことが大好きです。

スタントマンも身を張って演技に挑みますよね。

過激なアクションはどんなに経験豊かなスタントマンであっても怪我をしたり命を落としてしまう可能性だってあります。

いつどうなるかわからない、そんな状況はADHDの人にとっては刺激的でワクワクするような状況です。

スタントマンなら常にこの興奮を味わっていけます。

バーテンダー

バーテンダーに求められるのはテクニックとセンス、コミュニケーション能力です。

カクテルを作るのがバーテンダーの代表的な仕事ですが、そのカクテルは基本的なものの他に、お客様の好みに合わせ、バーテンダーがオリジナルで調合する場合もあります。

その場合は当然、バーテンダーのセンスが問われます。

センスを問われるような仕事は探究心を持っている、突発的な行動が取れるADHDの人にはとても向いていて、能力を活かして活躍できる仕事でもあります。

ルポライター

ADHDの特徴を把握していればルポライターという仕事がいかにADHDの人に向いているかということは予測がつくことでしょう。

ルポライターに一番求められるのは情報力です。

ルポライターは出版社や新聞社に取材を依頼をされることが多いのですが、どの出版社も新聞社も当然のことながら他紙よりも優れた記事を求めています。

他紙よりも優れた記事を書くためには取材のネタに関わる場所をしらみつぶしに訪ね、取材し、誰よりも多くの情報を手早く手にいれなければなりません。

好奇心が旺盛なADHDの人は謎解きが大好きですし、アクティブかつエネルギッシュ。

ルポライターの素質は充分だと言えますよね。

自衛隊

国を守るため、世界各国との繋がりを保つために必要であれば他国の戦場に赴き、支援物資を届けたりもする自衛隊。

他にも災害時の救援などにも参加します。

毎日厳しい規律の中で生活するのでADHDの人には向かないのでは?と思いますが、生死をかけて働くハラハラするような刺激、国内外の様々な場所に飛び回りその場その場の状況に応じて動かなければならない、いつも同じ状況ではない職場という点は向いている点です。

美容師

美容師の仕事は流行を追う仕事でもあります。

毎シーズン春には春の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬のトレンドがあります。

美容師は常にそのトレンドを知っておく必要があります。

それにお客様によって髪質が全然違うので、同じ髪型を希望されてもカットの仕方が違うということもあるでしょう。

つまり毎回、お客様によって仕事内容が異なるということです。

しかも一人のお客様にかける時間はカットだけなら約1時間〜1時間半程度でしょう。

短期集中型のADHDの人の能力を活かせると言っていいでしょう。

観光バスガイド

観光バスガイドはコミュニケーションが必要とされる職業ではありますが、色々な観光名所へ行けるので、常に新鮮な気分で働くことができます。

じっとしなくていい仕事はADHDの人にとっては一番なのです。

ガイドの仕事は覚えることも多くADHDの人にとっては不向きな面も確かにありますが、好きなことに対しては寝る間、食べる間も惜しんで没頭することができるADHDの人です。

観光が好き、観光バスガイドの仕事が好き、という人ならば吸収力も凄いはずです。

メイクアップアーティスト

ファッションデザイナーや美容師と同じく、メイクアップアーティストの仕事も流行に関わる仕事です。

常に新しいものを追求していく仕事は変化を好むADHDの人には向いています。

流行を嗅ぎ取る力、それに付加価値をつける独創性、更に先を見据える新規追求する探究心。

これらは全てADHDの特徴に結びつきます。

メイクに興味のあるADHDの人なら、メイクアップアーティストになれば大活躍できるかもしれませんよ。

営業マン

これまで事務職をしてきたけれど、営業職に転職してから活躍できるようになったというADHDの人もいます。

営業マンといえばまず思い浮かぶのはコミュニケーションだと思います。

だからどうして営業マンが向いている職業になるのか疑問に思うかもしれませんね。

確かにADHDの人は人とコミュニケーションを取ることが苦手な人が多いのですが、どんな人でも得意不得意があるように、ADHDの人でもコミュニケーション能力が低い人、高い人、色々です。

ですからコミュニケーションが上手く取れるADHDの人もいるので、そういった人なら営業は向いている職業と言えます。

営業は事務職のように会社内にじっとしている仕事ではありませんし、相手によってや商談の流れによって対応をどんどん切り替えていかなければなりません。

そういった変化の多い仕事である営業はコミュニケーションの壁さえクリアできればADHDの人には向いているのです。

電器店員

電化店員の仕事は家電ショップでお客様に機能などを詳しく説明する仕事です。

多くの製品の機能や性能の違いを把握しておく必要がありますね。

しかも電化製品はご存知の通り、どんどんと新製品が出てくる世界です。

一つ覚えたと思っても次のシーズンには新しい製品が並び、今度はそちらの製品について把握しておく必要が出てきます。

こうして次々に新しい知識が必要とされる現場はADHDの人にとっては飽きの来ない刺激のある仕事場になるでしょう。

イベント制作スタッフ

各種イベントの運営に関わるイベント制作スタッフは日々違う仕事と言っていいでしょう。

会場も違いますし、イベントを行う企業は業種もまちまち。

ですからいろんなジャンルの仕事に携わることができます。

仕事内容もイベントによって異なり、コンサートならグッズの販売や会場運営、お祭りなら声出しや呼び込み、スポーツ観戦なら受付、手荷物検査、誘導などあらゆる仕事をこなさなければなりません。

常に目新しいことで一杯の職場というわけですから飽きっぽいADHDの人に向いている職業と言って良いでしょう。

ADHDに向いている仕事の特徴

幾つか職業の例を挙げてみましたがいかがでしたか?

どの職業もADHDの特性を活かせる仕事でしたよね。

もちろん他にもまだまだADHDの人に合った職業はあるんです。

ADHDの人が仕事を選ぶ上でポイントになる点をご紹介しますので、気になっている職業があるけれど少し不安だと感じているなら、ポイントに当てはまっているか是非チェックしてみてください。

但しADHDだからと言って全ての項目に自分が当てはまる訳ではないという点は注意して下さい。

人によって程度も違いますし、多動性が強い人、衝動性が強い人、不注意性が強い人、全ての要素が強い人などそれぞれです。

例えば一般的にはAHDHの人はコミュニケーション能力が低いとされていますが、黒柳徹子さんは徹子の部屋でもお馴染みで決してコミュニケーション能力が低いとは思えませんよね。

そう言ったことも踏まえて、ポイントを確認しつつ自分にあった職選びをしてみると良いでしょう。

ワクワクする仕事

まずADHDの人の特徴として、自分が楽しいと感じるものにしか興味を持てないし動けないというのがあります。

それはつまりワクワクできるかどうか。

仕事をしていても何か常に刺激があって「こうしたらどうなるんだろう?」とか「次は何が起こるんだろう」と感じられる様な仕事です。

リスクがある仕事

リスクがある=刺激。

とADHDの人は捉えます。

ご紹介した職業の中のサーファーやスタントマンが正にこれに当てはまる仕事です。

とにかくADHDの人は好奇心が旺盛で、目移りしやすいのが特徴です。

何か興味深いことを見つけると例え何か別のことをしている最中であってもそちらに注意が向いてしまいます。

常に刺激を感じられる職業であれば目移りすることもなく仕事を楽しめるのではないでしょうか?

状況が刻々と変わる仕事

端的で単調な状況や作業はADHDの人が最も苦手とするものです。

ですから状況が常に変わるような仕事、ご紹介した中では声優やルポライター・営業など演じる仕事やデスクワークではなく外で動き回るような仕事が向いています。

今まで自分は人付き合いが苦手だからと事務職ばかりしてきたADHDの人が思い切って営業職に転職したらイキイキと働けるようになったという人もいますよ。

突発的な行動に対処できる仕事

ADHDのお子さんにおもちゃを渡すと説明書に書かれているような一般的な遊び方の他に誰も思いつかないような、親がビックリするような遊び方をする時があります。

「こんな使い方をすると壊れるかも」と躊躇するような思慮深さはなく、楽しそうだと思えば突発的にやってみてしまいます。

ですから結果的におもちゃを壊してしまうこともしばしば。

「どうして大切に使わないの?」「正しい使い方をしなさい!」と幼少時代に怒られた経験のある方もいるのではないでしょうか?

親としては困った行動ではありますが、これは見方を変えれば大きな可能性を秘めていますよね。

例えば偉大な発明は「そんなことできるわけない」「そんな突拍子もないこと実現するわけない」と大抵馬鹿にされることが多いですよね。

それは頭の中に先入観があるからです。

ADHDの人は失敗を恐れずにチャレンジできる一面を持っています。

先入観にとらわれることがないんです。

だから例えばデザイナーの仕事だったら誰もが考えつかないようなデザインを生み出したり、マネージャー業や営業なら目新しい売り出し方法を考えついたりと言った誰にも真似できないことを考えつくと言う強みを持っているとも言えます。

瞬発力を発揮できる仕事

我慢が得意でないADHDの人は思い立ったが吉日。

会議で何か良いアイディアが生まれたら「じゃあ早速やってみよう!」とすぐに動くことができます。

ですから意外にもリーダーに向いていたりすることもあります。

例えばオススメの職業のリストにはありませんでしたが、起業家になってADHDに理解のある有能な秘書をつければ会社を大企業にまで育て上げる事が出来るかもしれません。

その位、ADHDの人はスピーディかつエネルギッシュに動き回ることができるのです。

短期集中型

ADHDの人に一番向かない仕事はルーチンワークです。

工場の流れ作業などには絶対に向きません。

なぜなら工場の流れ作業は同じ場所に立ち、同じ動作の繰り返し。

これほどADHDの人にとって辛い作業はありません。

ADHDの人は周りからみれば「忙しそうで大変だな」と思うくらいにあちこち飛び回っているような仕事の方が良いのです。

子供の頃に「どうして皆と同じようにできないの?」と何度となく叱られて育つことの多いADHDの人は自分は社会に向かない人間なんだと思い込んでしまいがちで、「どうせ仕事場でも浮いてしまうに違いない」と仕事に対して意欲的になれず、いざ就職というときにあまり人と接することも目立つ必要もないルーチンワークを選択してしまうことが多いのです。

でもそれは間違い。

もっと忙しく活躍できるような仕事を選ぶようにしましょう!

諦めないで、ADHDでもこんなにたくさんの適職がある!(まとめ)

いかがでしたか?ADHDだから社会に適合しにくい、定職につきにくいということは全くありません。

向いてる職業はたくさんありますし、どれも華やかな職業ばかりです。

ADHDの人にはコツコツと積み上げていくような地味な職業よりも目を見張るような華やかな職業の方が向いているし、活躍できる可能性が高いのです。

自分はADHDという社会に馴染みにくい特徴を持っているからといって仕事自体に興味をなくしてしまう事が一番良くありません。

どんな人でも自分に合わない仕事だとつまづき、合う仕事だと楽しく感じます。

その点ではADHDであってもなくても条件は同じです。

ご紹介した職業でもそうですが、仕事には必ずと言っていいほど退屈で単調な作業もあるものです。

ですが、こういった作業に関してもADHDの人は自分がこの仕事がしたい!この仕事は楽しい!と感じれば効率よく出来ます。

一番のポイントは本人が楽しいと感じるかどうかなんです。

自分にもできる仕事がある、自分にしかできない仕事がある。

そう理解して積極的に動きましょう。