CoCoSiA(ココシア)

シングルマザーが恋愛で気を付けたほうが良い11個のこと


女性が一人で子育てをしながら生活している状態を、「シングルマザー」と呼びます。

シングルマザーになる方は、どんな状況でシングルマザーの道を選ぶことになったのでしょうか?

人それぞれですが、離婚して子供を自分で育てることにした、夫が死亡した、または未婚のまま子供を生んで育てているという理由が一般的です。

なんらかの事情で、シングルマザーになったわけですが、シングルマザーだって恋愛して良いはずです。

しかし、そこにはシングルマザーならではの苦労や工夫がみられます。

シングルマザーが恋愛をする際に、気をつけた方が良いことは何でしょうか?

この記事の目次

シングルマザーも恋愛しよう!

恋愛と結婚は違います。

特にシングルマザーの中には、結婚の経験がある方が多いので、そこはきちんと違いをよくわかっていると思います。

しかし、逆に言えばシングルマザーが恋愛するにあたっては、慎重さが伴いますので失敗が少ないと言えます。

女性が恋愛することはとても良いことです。

子供さんだって、ママが生き生きしているのを見るのは嬉しいでしょう。

子供がいてもいなくても、もっと言えば夫がいてもいなくても、常に恋愛している状態は若さを保つ秘訣でもあります。

シングルマザーが恋愛で気を付けた方が良い11個のこと

とはいえ、シングルマザーには子供という存在が重要で、無茶な恋愛はできないことは心得ておきましょう。

自分だけが幸せになりたい、子供はどうでもいい、子供は親についてくるべきものだという考えは間違っています。

まずは、恋愛だけを楽しむのかそれとも、恋愛の先に結婚を考えているのかでも違ってきます。

いずれにせよ、シングルマザーの方だけでなく、大切な子供の気持ちも考えながら恋愛を進めていく必要がありますね。

1. 元旦那と同じタイプの男性は避けよう


離婚により、シングルマザーになった方は、元夫と同じようなタイプの男性は避ける方が無難です。

とはいうものの、人の好みはそう簡単には変わるものではありません。

ついつい同じようなタイプの男性に惹かれることもあると思います。

ですが、1度きりの人生です。

色々なタイプの方とお付き合いしたほうがなんだか得な気がしませんか?

付き合ってみて「あぁ、この人は元夫と同じタイプだな」と思ったら、離れてみてもう一度客観的に観察しても良いのではないでしょうか?

2. 子煩悩な男性を選ぼう

シングルマザーの恋愛にありがちな問題ですが、最初はなかなか自分がシングルマザーであることを言えないことが多いですよね。

相手のことを好きだからこそ、子供がいると言ってしまって、破断になったらどうしようという不安からなかなか言えないのです。

しかし、いつまでも黙っているわけにもいきません。

黙っていればそれだけあなたの心も苦しくなってくるでしょう。

ですので、お付き合いしたい人が現れたら、まず自分は子持ちであることを告げるようにすることをおすすめします。

その上で、「僕は子供嫌いなんだよね」というような人であれば、恋愛は難しいので辞めておきましょう。

3. 自分は好きでも子供が懐かなかったら諦めよう


子供は正直です。

自分にとって相手が安全かそうでないかは、すぐに見破ることができます。

子供のそういう直観力は非常に優れているのです。

ですので、まずは恋愛対象者に子供を合わせて、一緒に遊んでもらうようにしましょう。

そこで、相手が子供を気に入ってくれても、子供が警戒し続けたり、懐かない場合は何かあります。

その恋愛は諦めた方が無難です。

4. 結婚詐欺に注意

シングルマザーは、毎日ご自身のことと子供のことで、精一杯です。

日々一生懸命生活しています。

そんなシングルマザーにふと訪れる虚脱感や、寂しさがあって当然です。

しかし、世の中にはそんな健気な気持ちを利用する最低の男がいます。

それが結婚詐欺師です。