女性が一人で子育てをしながら生活している状態を、「シングルマザー」と呼びます。

シングルマザーになる方は、どんな状況でシングルマザーの道を選ぶことになったのでしょうか?

人それぞれですが、離婚して子供を自分で育てることにした、夫が死亡した、または未婚のまま子供を生んで育てているという理由が一般的です。

なんらかの事情で、シングルマザーになったわけですが、シングルマザーだって恋愛して良いはずです。

しかし、そこにはシングルマザーならではの苦労や工夫がみられます。

シングルマザーが恋愛をする際に、気をつけた方が良いことは何でしょうか?

シングルマザーも恋愛しよう!

恋愛と結婚は違います。

特にシングルマザーの中には、結婚の経験がある方が多いので、そこはきちんと違いをよくわかっていると思います。

しかし、逆に言えばシングルマザーが恋愛するにあたっては、慎重さが伴いますので失敗が少ないと言えます。

女性が恋愛することはとても良いことです。

子供さんだって、ママが生き生きしているのを見るのは嬉しいでしょう。

子供がいてもいなくても、もっと言えば夫がいてもいなくても、常に恋愛している状態は若さを保つ秘訣でもあります。

シングルマザーが恋愛で気を付けた方が良い11個のこと

とはいえ、シングルマザーには子供という存在が重要で、無茶な恋愛はできないことは心得ておきましょう。

自分だけが幸せになりたい、子供はどうでもいい、子供は親についてくるべきものだという考えは間違っています。

まずは、恋愛だけを楽しむのかそれとも、恋愛の先に結婚を考えているのかでも違ってきます。

いずれにせよ、シングルマザーの方だけでなく、大切な子供の気持ちも考えながら恋愛を進めていく必要がありますね。

1. 元旦那と同じタイプの男性は避けよう


離婚により、シングルマザーになった方は、元夫と同じようなタイプの男性は避ける方が無難です。

とはいうものの、人の好みはそう簡単には変わるものではありません。

ついつい同じようなタイプの男性に惹かれることもあると思います。

ですが、1度きりの人生です。

色々なタイプの方とお付き合いしたほうがなんだか得な気がしませんか?

付き合ってみて「あぁ、この人は元夫と同じタイプだな」と思ったら、離れてみてもう一度客観的に観察しても良いのではないでしょうか?

2. 子煩悩な男性を選ぼう

シングルマザーの恋愛にありがちな問題ですが、最初はなかなか自分がシングルマザーであることを言えないことが多いですよね。

相手のことを好きだからこそ、子供がいると言ってしまって、破断になったらどうしようという不安からなかなか言えないのです。

しかし、いつまでも黙っているわけにもいきません。

黙っていればそれだけあなたの心も苦しくなってくるでしょう。

ですので、お付き合いしたい人が現れたら、まず自分は子持ちであることを告げるようにすることをおすすめします。

その上で、「僕は子供嫌いなんだよね」というような人であれば、恋愛は難しいので辞めておきましょう。

3. 自分は好きでも子供が懐かなかったら諦めよう


子供は正直です。

自分にとって相手が安全かそうでないかは、すぐに見破ることができます。

子供のそういう直観力は非常に優れているのです。

ですので、まずは恋愛対象者に子供を合わせて、一緒に遊んでもらうようにしましょう。

そこで、相手が子供を気に入ってくれても、子供が警戒し続けたり、懐かない場合は何かあります。

その恋愛は諦めた方が無難です。

4. 結婚詐欺に注意

シングルマザーは、毎日ご自身のことと子供のことで、精一杯です。

日々一生懸命生活しています。

そんなシングルマザーにふと訪れる虚脱感や、寂しさがあって当然です。

しかし、世の中にはそんな健気な気持ちを利用する最低の男がいます。

それが結婚詐欺師です。

もちろん犯罪です。

しかし、相手が詐欺師とわかって、被害届を出したところで、渡してしまった財産が戻ることはまずありません。

日頃から大切な財産をしっかりと管理し、子供の為に使うべきお金を他人に渡してはいけません。

5. きちんと経済的に支えてくれる人を選ぶ

若い頃できていたような、情熱さえあればいいというような、突っ走った恋愛はシングルマザーにはできません。

してはいけないというわけではありません。

しかし、そこはやはりシビアに考えるべきですよね。

恋愛する相手に対して、経済的に支えてくれる人を選ぶ、子供の為に再婚するというのは決して悪いことではありません。

むしろ、生きて行くために当然の考えであると言えます。

6. 後ろめたさは感じる必要ない


シングルマザーの中には、「もう自分は恋愛をしてはいけない」

「子供のためには自分が恋愛にうつつを抜かしている場合では無い」と考えている方もいるでしょう。

しかし、ご自身が恋愛をすることに後ろめたさを感じる必要は全くありません。

子供がいたとしても、戸籍上は配偶者はいません。

相手に配偶者がいる場合は、不倫行為なのでそれはしてはいけません。

しかし、自分もシングル、相手もシングルである場合は全く問題は無いのです。

7. 恋愛にかまけて子育てをおろそかにしない

シングルマザーであっても、恋愛をすると夢中になってしまいます。

それは悪いことではありません。

しかし、あなたには子供がいるということを常に忘れてはいけません。

恋愛に夢中になってしまうあまり、子育てをおろそかにしてしまうというのは絶対にあってはなりません。

中にはお子さんが多感な時期である場合もあるでしょう。

母親として一番自分を見てほしい時に、他の男性ばかりに熱心になっている母親を見れば、もちろん子供としてはショックです。

8. 生涯一緒にいられる人か見抜こう

あなたがシングルマザーとして恋愛をする場合、もしかすると相手もシングルファーザーかもしれませんよね。

つまり、相手にも養う子供がいる、男性側が子供を引き取って育てているという場合です。

このように、どちらか片方もしくは両方に子供がいる状態で結婚した場合、その家族をステップファミリーと言うそうです。

シングルマザーの恋愛には、いろいろなことを決断した上での恋愛になるでしょう。

ですので、生涯一緒にいられるのか、ステップファミリーになれるのかなど先を見通して、きちんと考えた上で恋愛を楽しみましょう。

9. すぐに再婚を意識しないこと

恋愛=結婚と、すぐに意識しないことが重要です。

特に相手があなたに子供がいることを知らなかった場合は、その上ででも恋愛を続けたいかどうか相手にだってそれなりの覚悟が必要です。

あなただけでなく、血の繋がらない子供を家族とするかどうかを考えるのですから。

ですので、あなたが相手に結婚を意識しているような態度を取ると、相手もかなりプレッシャーになります。

恋愛自体が上手くいかなくなってしまいます。

10. 子供にしっかり思い遣りや気遣いのある人を選ぶ

最初のころは、二人だけで会っても構いません。

ですが、やはりシングルマザーの恋愛に子供はつきものです。

子供にだってたまの休日は楽しく過ごしたいもの。

あなたのことを大切にしてくれるだけでなく、あなたの子供に対しても気づかいができる人を選びましょう。

また、大人としてあなたのお子さんを真剣にしっかり叱れる男性はかなり有望です。

虐待は論外ですが、子供が悪いことをしているのに、あなたに気づかって怒れないような男性はダメですね。

11. 対等な関係を築ける人を選ぼう


シングルマザーの恋愛になると、どうしてもあなたが遠慮してしまうのではないでしょうか?

でも、子供がいるからといって、遠慮することはありません。

相手も、あなたに対して明らかに「子連れなのに、見捨てず付き合ってやっている」というような横柄な態度を取るような男性は論外です。

一人の女性として、対等に扱ってくれる人、一人の男女として対等な関係を築ける人を選ぶようにしましょう。

12.遊びの対象にされやすいので注意

シングルマザーの女性の場合、相手の男性も子供がいることに対して抵抗感じる人も少なくありません。

また、再婚と言うより恋愛を楽しみたいと言う気持ちが先走るところもあります。

そのため、なかなか本気の恋愛…と言うよりは、遊びに近い感覚なのかもしれません。

さらに、シングルマザーは経験豊富なところもあり、またノリが良い人も少なくありません。

様々な経験をしていることから明るい人も多く素敵な女性も多いところが特徴です。

言葉だけの男性に注意

特に、シングルマザーにも純粋な気持ちでいる人も多く、特に言葉だけの男には注意が必要です。

いくらあなたのことを「幸せにする」「いつかは結婚したい。」なんて言っていても、本当にその言葉通り動いてくれる男性は数えるほどなのかもしれません。

不倫にも気をつけて

さらに、シングルマザーと言うことから女性自身も再婚に関して慎重にあっているところもあります。

その気持ちや考えを利用し近づいてくる男性も少なくありません。

特に、男性の場合浮気や不倫相手にシングルマザーを選ぶこともあります。

シングルマザーの場合、いちど結婚していますので不倫相手に本気になる事は少ないと考える男性もいます。

また、不倫相手に対して子供を持つ存在の儚さや大切さも理解していますので、相手の家庭を壊してまでやってくる事はないと考えているのかもしれません。

13.ママの時の顔も男性に見せておく

ここでの注意点は、気になる男性や付き合いたい男性に対して、きちんとママのときの顔も見せておきましょう。

ママのときの顔を見せておくことで、より家庭の顔と女になるときの顔を見せることができます。

またそのギャップに男性がより好感を持つ場合もありますので、ママのときの顔も忘れずに見せておくことを心がけておきましょう。

シングルマザーはいろいろと大変!

シングルマザーは、いろいろと大変です。

恋愛どころではないという方もいるでしょう。

そう、シングルマザーは色々と大変なんです。

でも、大変だからこそ恋愛という一瞬の息抜きがあってもいいのでは?

その方が頑張れるのではないでしょうか。

では、シングルマザーになるとどんなことが大変なのでしょうか?

大変だと思う基準は人それぞれですが、一般的に「大変」と言われる理由をみてみましょう。

どんな困難が待ち受けている?

シングルマザーになるときに、あなたもそれなりにいろいろ覚悟をなさったはずです。

しかし、思っていた以上に大変だったこともあれば、意外と楽だったということもあるでしょう。

また、他のシングルマザーの方から「こういうところが大変」と聞いていたことも、あなたにとっては別に大変ではなかったという場合もあるかもしれませんね。

シングルマザーに待ち受ける困難といってしまうと、おおげさですがどんなデメリットを見据えておけばいいのでしょうか。

1. 仕事と子育ての両立が難しい

これはシングルマザーに限ったことではありません。

旦那さまが子育てに対してあまり協力的でない場合は、仕事と子育ての両立がそもそも難しかったと思います。

しかし、シングルマザーになることで、さらに仕事と子育ての両立の難しさを思い知ることになるでしょう。

2. 収入が少ない

もともとバリバリキャリアウーマンとして仕事をしていたなら別ですが。

シングルマザーになったことをきっかけに、仕事を始めたという方にとってやはり収入は思っている以上に少なく感じると思います。

特にお子様が小さい場合は、仕事の時間を増やすわけにもいきませんよね。

自宅で内職を併用してというのもかなり難しいのが現状です。

3. 子供の望みや欲しいものをなかなか叶えられない

収入が低いので、お子さんの欲しいものや習いたい習い事を満足にさせることができない場合があります。

まだ小さいお子様に対しては、いくら事情を説明してもわかってもらえません。

どうしても他のお友達と比べてしまいます。

どうして自分だけ我慢しなければならないの?と悲しい思いをすることにもなります。

4. お父さんがいないことによるイジメがある場合も

最近では、シングルマザーも増えてきましたので、父親がいないことでイジメに発展することは少なくなりました。

しかし、全く無くなったわけではありません。

あなたがシングルマザーになるということは、子供は父親を失うということです。

当然、このことによるイジメに対しても対策を練っておく必要があります。

学校の先生とよく相談しましょう。

5. 正社員の仕事は見つからない

先程も申し上げたように、シングルマザーになったことをきっかけに仕事を始める場合は、まず正社員の口は難しいと思っておいて下さい。

会社側も、シングルマザーの方の本採用を懸念する傾向があります。

やはり、いつ学校や保育所から呼び出されるかわかりません。

子供は急な病気や怪我が多いものです。

自宅で一人で留守番させるわけにもいきませんよね。

どうしても休んだり早退したりすることが増えてしまうのです。

会社としてもそれはリスクになりますので、正社員としてはなかなか採用してもらえないのが現状です。

6. 世間からの偏見の目

これも、最近はシングルマザーも珍しくないのですが、田舎の方などではまだまだ偏見があります。

特にシングルマザーとなった原因が離婚によるものであります。

その離婚も夫が原因だとしても、女性側に否があるように見られがちです。

このような状態で恋愛などしようものなら、あっという間に噂は広まります。

肩身の狭い思いをしてしまうことになるでしょう。

7. 忙しくて子供と一緒にいる時間が少ない

シングルマザーはとにかく忙しいです。

一人で父親と母親の二役をしなければならないのですから。

ですので、自然と子供と一緒にいる時間が少なくなるのは当たり前です。

少し大きなお子様だったら、母親の事情をよく理解し色々と手伝ったり協力したりしてくれます。

しかし、幼い子供はそういうわけにはいきません。

シングルマザーにもメリットはある?

では、シングルマザーはデメリットばかりなのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。

経済的なことで困窮している場合は、是非役所に相談にいきましょう。

児童手当や児童扶養手当などさまざまな救済措置があるはずです。

一人で悩んでいないで、各市町村に助けてもらいましょう。

そのために税金を払っているのですから遠慮はいりません。

また、元夫から養育費が取れるのであれば、しっかりもらいましょう。

遠慮することはありませんよ。

再婚相手に最適な男性の見極め方

それでは気になるのが再婚相手に最適な男性とは、どのような男性なのか?気になりますよね。

こちらでは、そんな再婚相手に最適な男性の見極め方や特徴などをお伝えしていきます。

まずは自分が一緒にいられるかどうか


一緒にいて居心地の良い男性とは、ずっと一緒にいられることが考えられます。

また特に大事なのが自分と居心地が良いだけでなく、自分の子供とも一緒にいることができそうかどうか見極めなければなりません。

子供に対しての対応や、子供と2人きりにしても大丈夫なのか?など心配な要素はきっちり調べておく必要があります。

元夫に似たようなところはないか

また、人は同じようなタイプの人間や同じような人を選びやすいところもあります。

特に、本夫に似たようなところはないか?などきちんと確認しておく必要あります。

子供ばかり優先でも怒らないか

シングルマザーの場合、どうしても子供中心の生活をしてしまいがちになります。

また、子供ばかり優先しても腹を立てないか?また、子供に対して理解はあるのか?など見極めるポイントがあります。

また、子供に対してつらく当たったり、子供優先してることに対して不平不満が多いようであれば再婚相手にふさわしいとは言えません。

自分の子供と連れ子を同じように可愛がってくれそうか

もし、相手もシングルファーザーであれば自分の子供とつれ子同じように可愛がってくれる人なのかどうか?見極めたいところです。

自分の子供ばかり可愛がってしまう人は、連子を同じようにかわいがることが難しいのかもしれません。

モテるシングルマザーの特徴とは?


シングルマザーとはいえども、年齢が若ければ若いほど、まだまだ女を捨てている女性は少ないのではないでしょうか?

シングルマザーでもモテるシングルマザーと、モテないシングルマザーがいるのをご存知でしょうか?

ここからは、そんなホテルシングルマザーの特徴をいくつかご紹介していきます。

常に明るい

常に明るくノリの良いところがポイントです。

常に明るくノリの良いところは、シングルマザーになる前に辛かった過去を払拭させる印象をもたれることもあります。

苦しいことや辛いことがあっても常に明るく乗り越えてきた姿は、やはり強く素敵な女性に見えることでしょう。

身なりに気を使っている

子供ができてから自分の身なりに気を使わなくなった人は要注意です。

きちんと身なりに気をつかって過ごしている女性はモテる傾向にあります。

また、女性らしく女心を忘れずに身なりに気を使うことで、素敵なチャンスを逃すこともありません。

時間を守る

いくら子供を優先するからといって、時間を守らない事は別の話になります。

きちんと時間を守り、相手を待たせないことがポイントです。

時間を守ることで、育児や家事をきちんとこなすことができるだけでなく、しっかりとした女性に見られることもあります。

気を使わせない

相手に対して気を遣わせない女性は素敵な女性になります。

いつも気分にムラがあったり、相手を気遣うことができないような女性であればモテることもありません。

いくら綺麗で美しい身なりをしていても、体に気を使わせてしまうような女性であればシングルマザーでもモテる女性になることができません。

愚痴をこぼさない

シングルマザーと言えば、苦労が多い印象になりますが、口をこぼしすぎてしまうことで相手が重たい気持ちになってしまいます。

悲しいことや辛いことがあっても口をこぼさず明るく前向きに生きる姿こそ強くたくましい女性の姿に見えます。

またそんなシングルマザーの姿により多くの男性が心惹かれるのではないでしょうか?

疲れた顔をしていない


疲れた顔していると、幸せが逃げていってしまいます。

なんて言葉を聞いたことがありませんか?

疲れた顔は、やはり運気を下げるポイントになってしまいます。

また、生き生きと健康的なシングルマザーに素敵な出会いがあることでしょう。

育児や仕事に明け暮れた女性は、美しく見えません。

また、生き生きしていないようにも見えますので、できるだけ翌日に疲れを残さないことと、疲れた顔していないか随時鏡の前でチェックしておきましょう。

連絡がマメ

連絡がマメな女性は、やはり相手の男性に安心感を与えます。

そのため、連絡をマメにすることで、相手を思う気持ちを耐えることができるだけでなく、相手に安心感を与えることもあります。

いずれにせよ、連絡がマメな女性はどのような男性からモテる傾向にあると言えるでしょう。

職場に男性が多い

男性の多い職場に勤めることで、よりモテるシングルマザーになることでしょう。

これまで、女性ばかりの職場や、男性も女性も同じ位の人数の職場だった人の場合、これを機に男性の多い職場に変えることで、素敵な出会いが待っていることもあります。

子供を可愛がっている


シングルマザーとはいえども、子供を可愛がっている姿が見えなければ、素敵な女性とは言えません。

男性は、女性に対して癒しや安心感を求めるところがあります。

自分の子供をきちんと可愛がることができないような女性に対して、自分の子供を産んで欲しいとは思いません。

子供から愛され、子供を可愛がっている女性だからこそ魅力的に見える部分もありそうです。

仕事がきびきびしている

仕事ができる女性は、やはりかっこいい女性に見えますよね。

さらにシングルマザーで子育てをしている女性だとわかれば、男性もそんな女性に魅力を感じることでしょう。

仕事がてきぱきしていたり、キビキビしていることで素敵な母親姿を重ね合わせて見ることもありそうです。

忙しくても余裕がある

女性自身どれだけ忙しくても、余裕の感じられる女性は、やはり魅力のある女性に見えることがあります。

忙しくなり余裕がなくなるのは当たり前の状況です。

それにもかかわらず、どれだけ忙しくても周りに余裕のある姿を見せることで、周りに安心感を与えることもあります。

また、心に余裕があることでおおらかな女性に見えたり癒し系の女性に見えることもあります。

男性にとって女性は癒しであり、また安心できる存在であるからこそ魅力的に感じるところがあるのです。

シングルマザーと付き合う男性の心理

では、シングルマザーと知っていながら付き合う男性の心理とはどのような心理なのか気になりますよね?

ここからは、そんなシングルマザーと付き合う男性の心理についていくつかご紹介していきます。

あなたの気になる男性がどのような気持ちでいるのか?

知るきっかけになるかもしれません。

何事にも一生懸命で魅力を感じる


男性は、女性の姿をよく見ています。

何事にも一生懸命に打ち込み、全力で頑張る姿を目の当たりにすることで、その女性に対して魅力を感じることでしょう。

どれだけ忙しくても子供に対する愛情忘れなかったり、仕事も子育てもしっかり頑張る姿を見て男性も心惹かれているのではないでしょうか?

意思の強さを感じる

女性はたくましく、1人でも自分の子供を大切にし、仕事も頑張る姿を見ていると、意思の強さを感じるのではないでしょうか?

特に、そんな頑張る姿を見て苦労をを感じさせないことがポイントです。

子育ての大変さや仕事での苦労など感じさせてしまうことで、残念な結果になってしまいます。

意思の強さを感じさせる女性とは、口をこぼさずポジティブに前向きに生きる姿の女性こそ男性も応援したくなる気持ちが強まります。

自立した女性に見える

仕事も育児も頑張る女性は、やはり自立した女性に見えます。

自立した女性は、強い印象に見え男性からモテないのでは?なんて思う女性もいますが、案外そんなこともなさそうです。

自立した強い女性は、かっこいいだけでなく、自分に与えられた仕事やことをきちんとこなすイメージにも見えます。

そのため、安心して女性に物事を任せたり子供を可愛がる姿を見て仕事も育児も頑張る姿が自立した女性に見えることから、一緒にいて安心できるのかもしれません。

母性を感じる

母性を感じる女性は、男性にとっても安心感を与える存在になります。

かえって母性を感じられない女性と一緒にいることで、子供の育児に不安を感じてしまったり、将来を考えることすらできないのかもしれません。

やはり、女性に対して男性は母性を感じたいと思うところもあります。

母性を感じる女性こそ暖かい印象だったり、女性らしい印象に見えることもあり、男性から見ても魅力的な女性に見えることでしょう。

自分が支えてあげたいと思う


男性が女性を見て守ってあげたいと思ったり、また支えてあげたいと思わせる女性は、やはりモテる傾向があります。

それは、男性に対して「甘えている」と言うことではありません。

男性が、がんばる女性の姿を見てどこか守ってあげたくなったり、女性を支えてあげたいと言う気持ちになるのがポイントです。

男性自身が「自分が支えてあげたい」と思わせることができることで、より今より魅力的で持てるシングルマザーになるのではないでしょうか?

傷を癒してあげたいと思う

シングルマザーは、少なからず過去に傷を抱えているところがあります。

そんな傷を見せずに頑張る姿を見ることで、そばにいる男性もそんな女性の傷を癒してあげたいと思うようになるのではないでしょうか?

女性自身が好きな男性から傷を癒してほしいと思うのではなく、気になる男性自らが女性に対して傷を癒してあげたいと思うすることがポイントです。

守る存在を作ることで仕事が頑張れる

かわいい子供たちや、愛する女性の存在ができることで、男性自身仕事を頑張ることができます。

また、守りたいと思える存在ができることで、様々なことを頑張ることができます。

お付き合いや結婚をスタートさせることで、守るべき存在ができることもあります。

シングルマザーと知らなかった

シングルマザーとはわからない美しさや、仕事を頑張る姿を見て、女性的に魅力を感じるこもあります。

マザーと知らなかった…。

と答える男性も少なくありません。

このように、魅力的なシングルマザーはシングルマザーに見えないところもあります。

魅力的な女性は、このように苦労や疲れを周りに見せないところがポイントなのかもしれません。

子供のことも考えて恋愛しよう

シングルマザーが恋愛する際には、自分だけ突っ走ってはいけません。

必ず子供のことを考えて恋愛するようにしてください。

子供はあなたの大切な分身です。

まずはその子の幸せを考えたうえで、自分も幸せになりましょう。