嫌がらせをする人の特徴と対応策のイメージ写真
嫌がらせをしてくるような人は、元々感情的な人が多く、自分が思ったままに行動する人が多いでしょう。

そのため、思い込みで行動している場合も多々あり、嫌がらせされた人からみれば単なる八つ当たりのようなこともあります。

今回はそんな嫌がらせをする人の特徴と、嫌がらせをされたときの対応策をご紹介していきます。

もし嫌がらせをされて困っているなら、参考にしてみてくださいね。

嫌がらせする人の特徴

嫌がらせをする人に対して、文句を言いたくなる気持ちも分かります。

ですが、こういった自己中心的な考えであり、被害妄想が強い相手には正論で話をしたとしても話が通じない場合が多いでしょう。

ましてや余計に相手を怒らせる事にもなるかもしれません。

そのため、むやみに反論する事もまた考えものです。

本来であれば、このような相手は相手にしない事が一番です。

被害者にダメージがなければ嫌がらせをする気も起きなくなるかもしれません。

しかし、嫌がらせがエスカレートする事によって、どうにも我慢する事が出来ないような事もあるかもしれません。

そのような時にはどうしたら良いのでしょうか。

よくある嫌がらせの種類

嫌がらせの種類
『嫌がらせ』と一口に言ってもその種類には色々なものがります。

加害者が女性なのか、男性なのか。

被害者とはどんな関係なのか。

それらの条件によっても、内容は大きく異なって来るのでしょう。

ここでいくつかの嫌がらせの種類をご紹介させて頂きます。

あなたの身の回りで、これと似たような状況になっている事はないでしょうか。

嫌がらせは、時間を追うごとにエスカレートしていく傾向があります。

その為、気が付いた時には被害が大きくなってしまっているという事もあるでしょう。

そうなってしまわない為にも、自分の身の回りに起きている事を冷静に考え行動してみてはいかがでしょうか。

それをする事が出来れば、物事が大きくなる前に解決する事が出来ます。

自分一人で解決する事が出来ないような事も、誰かに相談する事によって解決する事が出来る場合も沢山あります。

その事を考え、被害が大きくなる前に行動する事を忘れてはいけません。

1. ありもしない噂をわざと立てる

嫌がらせの中で、最も多いのが『噂話』でしょう。

特に女性の場合はこの傾向が強く、学生から社会人・ママ友・パート仲間とありとあらゆる環境で、噂話のターゲットになる可能性があります。

最初は信じていなかったような人も、噂話が大きくなればなる程半信半疑ながらも信用してしまう事もあるかもしれません。

一度ついてしまったイメージはなかなか払拭する事が出来ず、イメージを変えられてしまったまま過ごさなければいけなくなってしまう事もあるでしょう。

火のない所に煙は立たないとも言われますが、実際根も葉もない噂話をされてしまう事はめずらしい事ではありません。

そのせいで、悲しい気持ちになったり怒りを覚えることだってあるかもしれません。

ですが、そこでムキになればなる程、より噂話に信憑性が増し、ついつい本当の事の様に伝わってしまいます。

その為、噂話を立てられたとしても話を大きくすることなく、出来るだけ気にしない素振りをする事が一番です。

あなたにダメージがないと感じれば、加害者の人もやる気を失うかもしれません。

また、あなたの事を本当に信用してくれている人なのであれば、そんなくだらない噂に流されることなくあなたの言葉を信用してくれるでしょう。

ですから、そもそも噂話を払拭させる為には、素晴らしい友好関係を気付く事が出来るかどうかが大事なポイントなのです。

世の中には色々な人がいます。

合う人も居れば合わない人もいる。

一方的にあなたの事を嫌いだと感じている人だっているかもしれません。

それは決して気持ちの良い事では無いでしょう。

ですが、全ての人と平等に仲良くなる事は不可能であり、自分が信頼する事が出来る人間といい関係を築いていくことが出来ればそれで良いのです。

あなたの事が嫌いな人が、あらぬ噂を立てたとしてもしっかりとした友好関係で結ばれた人と平然と過ごしていれば、周りの人も噂の真相にすぐに気が付いてくれる事でしょう。

2. あからさまに仲間はずれにする

嫌がらせをする人にあからさまに仲間外れにされている
いつの時代も『仲間はずれ』というものがあります。

きっかけなどは、実に些細なことでしょう。

そのため、そのターゲットになってしまうのが誰なのかは全く予想が付きません。

今日までは他の人だったのにも関わらず、明日にはあなたになってしまっている可能性だって十分にあるのです。

自分が例え今仲間外れになっていないとしても、その順番がいつまわってくるのかは誰にも分かりません。

仲間はずれの場合、加害者は多数いるでしょう。

きっかけを出した人が主犯だとは言え、同じ行動を取っているのであれば結局他の人も同罪です。

例え、自分の身を守りたいが為に仲間外れに加担してしまったとしても同じ事です。

これはいじめにも繋がる事であり、解決するには難しいかもしれません。

正義感を振りかざしたところで、他の人にそっぽを向かれてしまっては新たなターゲットとしてロックオンされてしまうだけなのですから。

仲間はずれは実に幼稚な行為です。

ですが、いくつになってもどんな場面であっても行われています。

そんな状況になった場合、私たちは相手が飽きるのを待つ以外に方法がありません。

仲間はずれされる事を嫌い、無理に相手に合わせようとしたり取り繕うとしたところでどうする事も出来ない場合が多いのです。

そのため、そんな幼稚な遊びは早く相手が飽きてくれるのを待つ以外に方法がありません。

学生などの場合は、生きている世界が狭いのでそこで上手く行かなくなると全てがダメになってしまったように感じるかもしれません。

ですが、それは大きな勘違いです。

この世の中には、まだまだ知らない大きな世界が広がっているのです。

学校などの狭い世界はその世界の中の極々僅かであり、長い人生の中ではたまたま出会っただけの人々です。

そこに固執するのではなく、前向きに行動してみてはいかがでしょうか。

3. 大きな音を立てる

イライラすると、人は物に当たる場合があります。

それを嫌がらせに結び付けて行う人もこの世の中にはいます。

ですが、これは敏感な人でなければ気が付かないことかもしれません。

単に相手ががさつだと思って、気にも留めないような図太い人もいます。

そのため、相手に嫌がらせをしたい程イライラしてしまった時は、ひっそりと分かりやすく大きな音を立てることも重要かもしれません。

ですが、中には更に酷い大きな音を立てる場合もあります。

人が出す物音などであれば、多少我慢する事が出来ます。

しかし、テレビやラジオなど機械的なものはどうでしょうか。

これらの場合は、機会が声を大きくする事が出来ます。

そのため、人間の声としては怒鳴り合っているような大きさにまで平然と上げることが出来ます。

人間には五感というものがあります。

聴覚もその一つです。

その大事な感覚の一つを攻撃される事は、安心して生活する事が出来、ず不快極まりない行為と言わざるを得ません。

最近では、隣人トラブルなどの嫌がらせの一つとして騒音を使われる場合もあり、社会問題に発展しています。

4. 商品に欠陥があったと嘘をつく

これは、通常の嫌がらせとは少し種類の違うでしょう。

この場合、嫌がらせの相手はお店などであり、加害者は消費者という事になります。

自分の意見をハッキリ伝える事は、大事な事です。

自分の意思を相手に伝える事で、相手の気持ちをしたり自分の気持ちを相手にわかってもらう事が出来るからです。

ですが、それも度を過ぎると単なる嫌がらせです。

今の時代、悪い噂はインターネットを通じてすぐに広まってしまいます。

そのため、企業側は出来るだけ物事が大きくなる前に解決したいと考えています。

つい苦情のようなものが来ると、事実を確認しない前に目先の方法で解決してしまう事があります。

噂を立てられ、企業のイメージを損なわれるよりは賢明な判断なのかもしれません。

ですが、その心情に付け込まれた結果、嫌がらせの対象とされてしまうのです。

嫌がらせを行う人は、相手が弱いと感じるところを責めてきます。

企業にとっては、企業イメージと言うものはお金では買う事が出来ないとても大切なものです。

そのため、それを守るためには多少の無理をしても行動してしまうという心理を見事に見抜かれてしまっているのです。

それは、相手の思う壺であり、決して良い事とは言えません。

ですが、多くの社員を抱える大企業であれば、ある程それも仕方のない事なのかもしれません。

5. 集団対ひとりの構図を作られる

嫌がらせをしてくるような人は、一人では何も出来ないような人が多いのです。

そういったタイプの人は、他人の力をまるで自分の力かのように使い行動しています。

嫌がらせを行う際も、その他大勢の人を巻き込む事で自分の力を誇示しようとしてくる事もあります。

日本人は、どうしても人と違う事をする事に抵抗を持ちやすい人種です。

そのため、他人とずれてしまう事を恐れるあまり、つい流されて参加してしまうなんてことがあるかもしれません。

これはいじめに通じる場合もあり、誰かが毅然とした態度を取る事が出来れば状況は大きく変わる事もあるのかもしれません。

ですが、それをする事が出来ないのが日本人の悪いところなのでしょう。

どんな状況でも、一対多数という状況を作られてしまうことは面白い事ととは言えません。

ですが、その多数の中に居る全ての人が本気でそれに加担しているかと聞かれれば、それもまた難しい話です。

大概の場合、自分が被害に合いたくないからこその行動とも言えるでしょう。

そうなれば、解決する為には主犯格の人と対峙する以外に方法はありません。

学生などの場合は、生活の全てが学校と言っても過言ではなく、ついそこで上手く行かなくなってしまうと全てが終わったかのような気持になってしまう事もあるかもしれません。

しかし、世間はもっと広く、人生は長いのです。

その面倒な関係に固執する理由はどこにもありません。

嫌がらせを受け、嫌だと感じるのであれば、そこから離れてしまう事もまた良いのではないでしょうか。

離れる事によって、見えてくるものもあるかもしれません。

6. わざと無視する

最初は本当に聞こえていないのかなと思うような事も、何度もそれが続く事によって、無視されている事に気が付くでしょう。

嫌がらせが大きくなればなる程、無視してくる人数が増えていくかもしれません。

仕事や学校など、人と関わる時間が多ければ多い程、無視されていると精神的な苦痛ははかり知れません。

辛く悲しい気持ちになってしまいます。

何か原因になるようなことがあれば、それを解決する為に話し合う必要もあるかもしれませんが、大した理由もなく無視が始まる事もあるでしょう。

そんな時は時が過ぎるのを待つしかありません。

嫌がらせをしてくるような人は、基本的に幼稚なのです。

だからこそ、人の気持ちや考えを全く理解する事が出来ず、そのような行為にはしってしまうのです。

そうならない為にも、せめて自分はきちんと理性をもって行動する事を心がけていきましょう。

あなたがきちんとした行動をする事が出来ていれば、ついつられて嫌がらせに加担してしまっている人も分ってくれる時が来るでしょう。

7. ピンポンダッシュ

これは昔から子供の遊びとして知られてきました。

子供がやる事であれば、まだ可愛げがあると言うものですが、これを大人がやるとなれば話は違います。

特に大きな被害がない事から、話を大きくするのもなとなかなか被害を届ける事が出来ない人も多くいるこのピンポンダッシュ。

数回であればまだ我慢する事が出来ますが、毎日毎日続くようであれば精神的な疲労も積み重なってしまう事でしょう。

これを辞めさせるには、カメラなどで相手を威嚇する事も一つの方法です。

『こちらはきちんと見ています!』という意思表示をする事によって、相手を権勢するのです。

偽物のカメラであればそうそう高いものではないので、効果があるかどうか確認するには良い買い物かもしれません。

それでも被害が減らない場合には、きちんと録画をして警察に届けましょう。

被害はさほど大きくありませんが、隣人トラブルとして対処してくれるはずです。

口頭で訴えた所でなかなか動いてもらう事は出来ませんが、証拠があれば警察も動かざるを得ません。

相手に屈しない為にも冷静な行動が重要でしょう。

8. 盗聴や盗撮をする

嫌がらせの中には、精神的に追いつめていくような方法もあります。

その一つが盗撮や盗聴です。

これをする事によって、相手の行動を確認したりどれほどのダメージを負っているのかを確認する事が出来るのです。

家族などがうる人であればある程、身の危険を感じる行為と言えるでしょう。

更に、この嫌がらせはストーカーなどの被害に通じている場合もあります。

ストーカーなどの場合は、そこに歪んだ好意が隠されています。

その為、本当に嫌がらせをしようと思って行動しているのではなく、自分の気持ちを優先してしまった結果嫌がらせとなってしまっているのです。

相手を困らせようと思っていしている事とは違い、ストーカーなどの場合は相手に反応して貰えるだけで喜んでしまう場合もあり、話をしない・関わらない事が一番の対策方法です。

これらの場合は大きな事件に発展してしまう可能性も大いにある事から、余りにもしつこく被害を受けるようであれば、警察などに相談する事をおすすめします。

自分の身を守る事が出来るのは自分だけです。

被害が大きくなってしまう前に毅然とした態度で、相手を撃退しましょう。

9. ペットの糞を置かれる

近隣トラブルは、大きな問題に発展しやすく事件に繋がってしまう事もめずらしくありません。

最初は仲良くしていても、何かのきっかけによって関係が絡まってしまった場合、それをほどくには相当の労力が必要となります。

そのため、ご近所さんとは付かず離れず、一定の距離を保ってお付き合いをする事が大事なポイントでしょう。

近隣トラブルはどんどんとエスカレートしていきます。

最初は無視などの些細なものであったものが、いつの間にかペットの糞を置いて帰るなどの悪質なものに変わっていく事もあるでしょう。

そこまで関係が崩れてしまった場合、修復するのは不可能です。

第三者の力を借りるなど、本人同士以外の解決方法を探す事をおすすめします。

嫌がらせのへの対応策

嫌がらせを受ける事は、辛く、悲しくなったり怒りを感じるでしょう。

どうにかしたいと思い、反撃したり注意してしまう事もあるかもしれません。

それによって、相手が嫌がらせを辞めてくれればそれはそれで良い事です。

ですが、そう何もかも上手く行く事はあまりないでしょう。

嫌がらせをしてくる人は、もともとまともな思考回路をもっていない場合が多いです。

持っているのであれば、そんな幼稚な行動には出ないからです。

その為、それをしてくると言う事はいくら口頭で注意をしたり『辞めてください』と伝えた所で何も感じないかもしれません。

そればかりか、それに対して更に嫌がらせをしてくることもあるかもしれません。

ではどのように対策すれば良いのでしょうか。

1. 嫌がらせはこちらが何かアクションを起こさないと止まらない

嫌がらせをしてくる人は、嫌がらせ自体が目的ではなく、それによって何かダメージを与える事を目的としています。

その為、何もアクションを起こしてくれないと、ムキになってしまう事も考えられます。

ですが、アクションを起こしたとしても被害が出た事に喜び、更に嫌がらせが加速する事もあります。

そのため、どちらが正解なのかは難しいかもしれません。

まず、始めて嫌がらせを感じた時は泣き寝入りするのではなく、毅然とした態度で相手に向き合う事も大事でしょう。

それをする事が出来るかどうかによって、物事は大きく変化していきます。

最初の行動が大切なので、相手に負けないように自分の意思をハッキリと伝えましょう。

被害者が大きなダメージを受けていると分かれば、それに喜びを感じて嫌がらせを加速させる事もあるかもしれません。

嫌がらせといじめの行為は、似ているところがあり被害者の反応によって加速していきます。

そうならない為に、早めに行動する事が必要です。

自分の力では、なかなか抵抗する事が出来ないような場合には、第三者の力を借りるなどして、早めに対処する事に勤めていきましょう。

2. 正論で抵抗するのはNG

嫌がらせをしてくるような人は、もともと思考回路が私たちとは違うのです。

理論的に物事を考える事が出来ず、相手の気持ちは勿論それをする事によって自分がどんな目に合うかも分かっていないのです。

その為、そんな相手に対して正論で反論したところで通じる分けもありません。

より火に油を注いでしまうきっかけになるでしょう。

そうなってしまうと、被害は更に拡大します。

そのため、相手に対して何か話をする時は出来るだけ分かりやすく、ただNOという気持ちを伝えましょう。

難しい言葉を並べた所で相手の感情を逆なでするだけであり、いい方法とは言えないからです。

嫌がらせをしてくるような人は、自分とははなから違う人種なのだということを踏まえ、ムキになって対峙する事のないようにした方が賢明な判断と言えるでしょう。

3. その人が好いている人と仲良くなる

嫌がらせをしてくる人には、加害者なりのそれなりの理由があるのでしょう。

その中には、単に気に入らないというはた迷惑なものもあれば、嫉妬などの感情も含まれている場合もあります。

嫉妬などの場合は、そこに恋愛感情などが絡んでいる場合もあり、解決するには時間を要します。

ですが、単に気に入らないというイメージの場合であれば、その誤解をとく方法もあるかもしれません。

なんとなく相手に嫌われている。

そのせいで嫌がらせを受けていると感じるのであれば、その加害者の友達と仲良くなってみてはいかがでしょうか。

第三者からの意見を聞く事によって、自分の考えを改めてくれる事があるかもしれません。

誤解を解く事が出来れば、嫌がらせを受ける事も少なくなるでしょう。

ですが、この方法は成功させる事は難しくかなりのコツが必要となります。

失敗すると、加害者の友達や好きな人を取ろうとしたとして、嫌がらせが更にヒーアップしてしまう事もあるでしょう。

そのため、むやみに行わない事をおすすめします。

また、仲良くなる相手も加害者と同じようにあなたを誤解している可能性があるので注意が必要です。

元々嫌がらせをしてくる方が悪いので、こちらが気にして行動する必要はないのではないでしょうか。

4. 嫌がらせの証拠を残す

どんな反応をしたとしても、嫌がらせが終わらない場合もあります。

そんな時は、きちんと証拠を集めておきましょう。

友人に相談するにしても、証拠があるとないとでは相手に与える印象がまるで違います。

自分の正当性を表現する為にも、きちんとした証拠を集めておく事はとても重要です。

更にその証拠は、被害がもっと大きくなった時に自分を守る武器として使用する事が出来ます。

警察は、基本的に被害が起きてからでないと行動する事が出来ません。

いくら口頭で被害を説明したところで動いてもらえる補償は全くありません。

ですが、証拠があれば話は別です。

きちんと証拠を残しておく事で、加害者を警察に突き出す事が出来るのです。

その為にも、証拠を残しておく事は必要な事なのです。

また、それを実際に使用するどうかは別の話としても、証拠を残していると言う事を相手に伝えるだけで、相手をけん制する効果があかもしれません。

嫌がらせをしてくる人は、一対一で戦う勇気のない臆病者なのです。

陰湿で面倒な相手、そんな人に目を付けられてしまっては、日々の生活が不快になってしまいます。

そんな状況を打破する為にも、自分の身を守る行動する事が大切です。

相手に気を使う必要は全くありませんので、いざという時は他の人の力を借りるなどして自分自身を守る事に勤めてください。