CoCoSiA(ココシア)

タフとはどういう意味?タフな人の7個の特徴やタフになる方法、使い方・例文・類語・対義語・英語表現を紹介!

時々、「あの人ってタフだよね」という言葉を耳にすることがあると思います。

この「タフ」という言葉の意味を、あなたは詳しくご存知ですか?

タフとはどういう意味なのか、タフな人の特徴やタフになるための方法、タフの使い方や例文などをご紹介します。

タフとはどういう意味?

タフには「頑丈で、たくましい様子。」という意味があります。

物や人などに例えて表現する時もあれば、場合によって事物に例えて使う言葉でもあります。

一般的には「強い」という意味合いで使われることが多いですが、このタフの言葉の意味を詳しくみていきましょう。

1、頑丈という意味

辞書によれば、タフの意味は「頑丈なさま」とされています。

物に対して使う時もありますが、基本的には人に向けて使われる言葉であるようです。

そのため、「〇〇さんは本当にタフだね」や、「あなたみたいにタフになりたいよ」など、その人の特徴を一言で表す言葉として用いられることが多いです。

肉体的もしくは精神的に強い

タフという言葉には、「強い体力と不屈な精神力を備えているさま」という意味も含まれています。

そのため、体力だけが頑丈な人や、精神力だけが強い人に対して使われる言葉というよりは、頑丈な肉体と強い精神力の両方を備えている人に対して使うのが最も正しいと言えるでしょう。

人に対して使われる場合には、相手を褒めたり、感心したりする時が多く、嫌味で使われることはあってもネガティブな意味として用いられることはまずありません。

2.(仕事などが)やっかいという意味

タフという言葉は、人に対して用いられる以外にも、事物に対して用いられることもあります。

例えば仕事などが、骨が折れてやっかいという意味でも使われることもあります。

この場合は骨が折れる、すなわちとても大変なさまを指しますので、どちらかと言えばネガティブな意味合いで使われることが多いでしょう。

この仕事などがやっかいなさまで用いられる時には、「大変だ」「疲れる」「くたびれる」などの感情が付随することが多いです。

タフな人の7個の特徴

丈夫な肉体を持っている人や、強い精神力を持っている人は少なからずいます。

その中でも、特に周りの人たちからタフだと言われている人には、どのような特徴がみられるのでしょうか。

そもそも、タフか、そうでないかは本人ではなく、周りの人の評価で決められることです。

周りの人から見て、いかにも「タフそうだ」と思われている人には、目に見える特別な特徴があるのかもしれませんね。

それでは、タフな人の特徴を詳しく見ていきましょう。

1.自分の失敗を素直に認められる

誰でも、自分の失敗を素直に認めることは中々難しいことです。

自分が悪いと思っても、それを素直に認めると自分の落ち度や欠点をも自覚することになるため、自尊心の強い人は素直に自分の非を認めることは難しいです。

また、自分の失敗を認めてしまうと何日も引きずって落ち込むことが多い人も、一度自分のミスを認めることには勇気が必要です。

自分の失敗を認めるということは、それに付随して人から非難されたり、怒られたりすることを受け入れるということです。

それが抵抗なく素直に出来る人は、実際のところそこまでは多くはないでしょう。

しかしタフな人は、自分の失敗をいつでも素直に認めることが出来ます。

自分が本当に悪いと思うことがあれば、それを受け入れて素直に謝罪をし、反省します。

失敗したことで例え人から責められても、それを仕方がないと受け入れる心の広さを持っています。

また、一度反省したことは必ず次へ活かします。

そのため、同じ失敗を繰り返すことはないのです。

2.他人に流されない意志を持っている

タフな人は強い精神力を持っていますので、他人の意見や情報に流されない確固たる意志を持っています。

分からないことがある時には、人にあれこれと話を聞いて回るのではなく、自分で可能な限り情報収集したり、直接相手に尋ねたりして確認します。

基本的には自分で見聞きして判断したことを信じていますので、他人から入ってくる噂話や信憑性のない話を信じ込むことも、それに振り回されることもありません。

そのため、どんなに周りがパニックになっている時でも、一人落ち着いている姿が目立ちます。

誰しも不安な時にはデマや信憑性のない情報に振り回されることが多いので、そういった人たちから見れば、タフな人の姿は非常に落ち着いて、頼もしく映るでしょう。

3.ありのままの自分を受け止めている

タフな人は自分の落ち度やミスをきちんと認めることが出来ます。

また、自分に何が出来て、何が出来ないのかをきちんと理解して、その上でありのままの自分の姿を受け止めていますので、無理に背伸びをすることがありません。

他者に無理に自分を良く見せようとしたり、虚勢や見栄を張ったりすることもありません。

出来ないことがあれば、恥ずかしがることなくそれを「出来ない」と堂々と人に告白出来る強さを持っています。

出来ることは自信を持って行動し、出来ないことには決して無理をすることがありません。