最近ではスマホに搭載しているカメラが高性能になり、素人でもキレイな写真を撮るということがとてもカンタンになりました。

スマホのほかにも、とてもコンパクトなデジタルカメラが安価で手に入るようになったので、カメラは決して敷居の高いものではなくなりました。

小さな子供からお年寄りまで、誰でも手軽に撮りたいときに撮れるようになりましたよね。

カメラが身近になったので、生活の一部になっているという人もとても多いです。

また、カンタンから離れて本格的なカメラを使って凝った写真を撮るという人も急増しています。

みんな共通しているのが「ステキな写真を撮りたい」という気持ちです。

特に女性だと可愛い写真を撮ってSNSにアップして誰かに見てもらったり、共有したりしたいという気持ちが強いですよね。

今回は、可愛い写真を撮るための方法についてご紹介していきます!

可愛い写真を撮るための7個の方法

可愛いものをただ普通に撮っても、結構普通におさまってしまうものです。

自分では可愛いと思って撮影したのに、その後に写真を見返してみたり他の人に見せたりしたときに、「あれ?なんだか写真うつり悪い?」なんて、可愛さが激減してることってありますよね。

可愛いということを伝えたいのに、何だか平凡な写りになると物足らないですよね。

せっかく撮るならバッチリ可愛く撮りたいものです。

そんなときは、撮り方を工夫してみるといいですよ。

可愛いものはもちろん、何の変哲もないものでも写真の撮り方次第でとっても可愛く仕上がることだってあるんですよ!
ここでは、可愛く写真を撮るためのちょっとした工夫についてご紹介します。

1、光を味方に付ける


モデルや女優さんがよく撮影や収録の時に「光を当てて…」といったような話を聞いたことがありますよね。

あれは自分に光を当てることによってカメラ写りをよくしているのです。

光を味方につけることによって、自分の肌をキレイに見せることができるのです。

光によって肌色が1トーンも2トーンも明るくすることができます。

光の当て方によっては細かいシワやシミ、ニキビ跡がキレイに消えた写真を撮ることができますよ。

ホントに肌がキレイに写るようになるので、いつもテレビや写真の写りを気にしている女優さんの気持ちがとてもよくわかります。

人間を被写体にするときは、ぜひ光を味方につけて撮影をしてみてください。

しかし、具体的にはどうやって光を写真に取り入れたらいいのか悩んでしまいますよね。

実は、素人でもカンタンにする方法があります。

光に大切な反射板は、本物の代わりに真っ白の画用紙や100均においてあるようなアルミ生地のレジャーシートなどを使うことによって光を使った撮影をすることができますよ!光を当てたい場所の下や横などに反射板を置いたり角度を付けて調整するなりして、ステキな写真をとりましょうね。

そして、光の持つ力はそれだけではありません。

人間の被写体の写りをよくするだけでなく、写真そのものの雰囲気作りにも大きく貢献するのです。

風景を撮るときに光を利用して撮影すると、ふんわりとした柔らかい雰囲気にもなるし、幻想的な雰囲気にもなります。

光の使い方によっていろんな雰囲気を醸し出すことができるのです。

朝方た夕暮れ時など、時間帯によって光の感じも変わるので、自分の撮りたい写真に合わせて撮影の時間帯を変えるのもいいでしょう。

角度が変わるだけで印象も変わる

同じ人やものでも、角度によっては全く別の人やものに見えることってありますよね。

特に人は写真を撮られる際の「得意の角度」というものが存在します。

写真うつりが良い角度を知っていると、どんな時でもベストな状態で写真に写ることができます。

物も、ただ正面から全体を撮るだけでなく、角度を変えたり、あえて全体の一部をアップで写したりすることによってとっても可愛い写真が撮れることも…360度見まわしながら、被写体のベストな角度を探してみましょう!

2、背景をぼかして撮る

カメラマンがよく使う技術で背景をぼかして撮るという方法があります。

背景をぼかすことによって、メインの被写体の存在感がかなり出ますし、写真全体の雰囲気がガラッと変わるのでやってみたいなぁと思っている人も結構いるでしょう。

しかし、「プロしかできない技」「結構難しい」というイメージがありますよね。

凝った機材を使って、プロの技術をもってして…と思うかもしれないですが、素人でもカンタンに背景ぼかしができます。

指でレンズを擦って味を出す

「指でレンズをこするなんて思いもつかなかった!汚れるだけでは?」と思う人もいるでそうが、こうすることによってこれまで出なかった味が出るのです。

実はこのレンズを指でこする方法は、素人のブロガーやSNSで写真を投稿しまくっている人などの間では結構メジャーな技術で、たくさんの人が実際にやっています。

クリアな写りだけでは満足できなくなってきた人は、ぜひ試してみてください。

3、構図を考える


ただ単純に写真を撮るというだけでは、なかなか「可愛い写真」にたどりつくことは難しいでしょう。

被写体がどんなに可愛らしいものでも撮り方が平凡だったら仕上がりもなんだか残念な感じになってしまいます。

可愛く撮ろうと思ったら、まずは頭の中に「こう撮れたら可愛いのになぁ」という構図を考えましょう。

イメージ作りはとても大切なのです。

何気ないものでも、構図次第ではかなり可愛い写真に仕上がることもあります。

構図をしっかり考えてステキな写真にするのはカメラマンの腕にかかっています。

日の丸構図は避ける

可愛い写真のご法度は「被写体をド真ん中にドーンと写す」ということです。

写真の初心者やお年寄りなどがやってしまいがちなものです。

単純に「コレはどういう姿をしているか」という被写体の情報を伝える際にはいい構図なのですが、可愛い写真を撮るという意味ではこれは失敗率がとても高いです。

いくら被写体が良くても、構図にひねりがないとただただ「モノがそこにあるだけ」という写真になってしまいます。

何かの考えがあって、あえてこの構図で写真を撮るのはかなり上級者でしょう。

4、背景に気を付ける

メインの被写体以外にも気を付けたいのが「背景」です。

背景によって写真のイメージが大きく変わることだってあります。

ある被写体を真っ黒の背景で撮るとシックな感じが出たりしますが、青空を背景に撮ると爽やかな感じになったりします。

同じ被写体でも背景が違うとここまでイメージが変わってしまうのです。

被写体を重視するあまりに背景をどうするかをいうことが後回しになってしまう人が多いですが、背景は被写体と同じくらい重要なものでなのです。

余計なものは写さない様にする

可愛い写真を撮ろうとしているのに背景に生活感のあるものや、余計なものが映り込んだら台無しになってしまします。

余計なものがあると自分のイメージから大きくかけ離れた仕上がりになって残念なことになってしまいますよ。

せっかく自分のペットのベストな表情をベストな角度から撮影が出来ても、背景にくしゃくしゃになった洗濯物がうっかり映り込んだらかなり残念ですよね…可愛いものが撮れたのに、その余計なもので全部台無しになってしまいます。

撮影前は場所を考え、しっかりと片づけておきましょう。

5、アプリを使って加工する

写真撮影が身近になった今、写真加工アプリもとても充実しています。

スマホやデジタルカメラで撮った写真を、アプリに読み込んで自分好みのデザインにするという方法です。

何の変哲もなかった写真がアプリによってかなり可愛くすることができますよ。

加工アプリに慣れた人なら、アプリの使用を前提とした撮影をすることもよくあります。

装飾やスタンプを入れることを考慮して、撮影時にあらかじめわざとスペースができるようにしたりします。

また、失敗した写真ですらアプリの加工によっては神的な可愛さになることだってあるのです。

失敗した写真は邪魔だしデータの容量を取るのでさっさと削除してしまう人が多いでしょうが、あえて置いといて、アプリで加工してみましょう!面白いし、何か新しい発見があるかもしれないですよ。

簡単に写真に味を出せる

どうしても自力の撮影だけでは可愛い写真が撮れないとお悩みの人は、どんどん加工アプリを使っていきましょう。

お手軽に味のある可愛い写真を作ることができるので煩わしさはないですよ!加工アプリのほかにもキレイに撮れる撮影アプリなどもあるので自分のニーズにあった写真アプリを探してどんどん試していきましょう。

ほかには、背景をぼかして撮影したいのに、自分ではなんだかうまくぼかして撮れないという人のために背景をぼかすアプリあったりなどがあります。

撮影の技術面やカメラのスペック面で、どうしても上手にとれない人でも簡単に写真に味を出せるアプリはとてもありがたいですよね!

6、小物を上手く使う

可愛い写真を撮りたいと思っているのに「なんだか物足らない」「何となく寂しい感じがする」と苦労している人もいるでしょう。

そんな方は、さりげない小物を取り入れてみてはどうでしょうか?
家にある食器や花、果物などでも構図によっては可愛い写真作りに貢献してくれますよ。

基本的にはどんな小物を使ってもOKです。

自分のインスピレーションを働かせて、ステキな写真になるための小物を探しちゃいましょう。

加工しなくてもアレンジ写真に出来る

小物を使うことによって撮影した写真自体にすでに飾りが出来ているので、アプリによる加工がいりません。

むしろ小物で飾っているのでそこから更に加工するとゴチャゴチャして見にくい仕上がりになってしまうことがあります。

無加工の全部手作り感のある可愛い写真が撮りたいという人は、是非小物を使ったアレンジ写真を撮ってみましょう。

7、日用品をアートっぽく写す

お金をかけず、すぐにでもオシャレで可愛い写真を撮ってみたい!という人は、日用品を撮影してみてはどうでしょうか?「日用品って…何だか生活感が出て可愛いとは縁遠そう…」と思うかもしれませんが、日用品のチョイスと構図をしっかりと考えたら不思議とステキな写真が撮れるものです。

例えば、フォーク。

よく磨いて可愛い柄の紙ナプキンの上に置き、アップで撮影するだけでかなりオシャレな感じになります。

食器類は工夫次第で可愛い写真になる確率は高いです。

ほかには、マイボトルに詰め替えたシャンプーやリンス、ボディーソープなども同様です。

このように透明の容器に入った液体は結構使えますよ。

可愛い写真が撮れるアイテム

可愛く写真を撮りたいけど、どんなものを撮ればいいのか悩んでしまいますよね。

また、被写体を引き立てるアイテムも悩ましいものです。

一体どんなものと撮れば「可愛い写真」になるのか…そんなお悩むを持つ人のためにここでは、メインで撮ってもサブとしても撮っても可愛い写真が取れるアイテムについてご紹介していきます。

フォトフレーム

可愛い写真を撮りたいけど、「自分のセンスに自信がない…」「できるだけカンタンに可愛くしたい」という人は、フォトフレームを使ってみてはどうでしょうか?持っているスマホの中に撮影用の可愛いフォトフレームが入っていることもありますし、カメラアプリなどでも可愛いフォトフレームがたくさんあります。

フレームが可愛くなるだけで写真全体がステキな感じになるので、撮影が苦手な人やお手軽に可愛い写真を作りたいという人はフォトフレームを活用してみましょう。

ボード

ボードというと「どのボード?」と思うかもしれませんが、ここでいうボードは「カフェ風のメニューボード」や「可愛いトレー(料理を乗せるボード)」。

オシャレなカフェのメニューボードって、そこにあるだけでも可愛いと思いますよね。

今流行のDIYでもキッチンやダイニングにカフェ風のメニューボードを置いている人がたくさんいるというほどの定番オシャレ可愛いアイテムなのです。

撮影の際は実際にお気に入りのカフェへ出向いて撮影するもより、自作で納得のいく可愛いカフェ風のメニューボードを作っちゃうのもありです。

作った場合は、コーヒーカップなどと一緒に撮影すると、また違う写真が楽しめますよ。

そしてもう1つは「可愛いトレー」のボード。

お料理系の可愛い写真を中心に使います。

料理の写真は盛り付けだけでなく、お皿やフォークなどの食器のほかにも、雰囲気のあるトレーなどに乗せることよってより可愛さを増すことができます。

ナチュラルな木目調のボードや、被写体をより引き立てるようなシンプルなトレー、被写体の雰囲気に合わせた可愛らしいボードを探しましょう。

100均でも色んなデザインのボードが売られいるので、お好みに合わせてお手軽に買うことができるのも嬉しいポイントですよね。

サングラス

強い紫外線から目を守るためのサングラス。

オシャレの小道具としても使われることが多いですが、顔がちょっと隠れてしまうアイテムなので写真には不向きと思われがちです。

しかし、使い方によっては可愛い写真を撮るために大活躍するアイテムなのです。

例えば、単純に目にかけるのではなく、カチューシャ風に頭につけてみたりするとリゾート感がでます。

また、子供やペットなどの写真を撮るときにサングラスとかけさせたりすると、アンバランスなミスマッチ感がいい味を出してくれることでしょう。

ほかには、旅行先などで食事の写真を撮るときに、その構図の脇にそっとサングラスを置いて撮影すると非日常感が出ますよ。

リゾート系の旅行に行った際は、ぜひ試してみて下さい。

生花やドライフラワー

可愛い写真を撮るのに定番なのが生花やドライフラワーなどの「お花」です。

可愛いものの代表みたいなものなので、可愛い写真初心者の人でもカンタンに試しやすいアイテムです。

花は動かないので撮りやすいですし、存在感があるので可愛い写真が撮りやすりです。

また、被写体を引き立てるサブとしても優秀です。

ふんわりした雰囲気から、キレイめな雰囲気を出すのに最適です。

色が鮮やかなので写真に色が増えていい感じになりますよ。

また、ドライフラワーはそのへんにある適当な空き瓶に入れるだけでも雰囲気が出る優れたステキアイテムです。

もし可愛い写真の雰囲気作りに困ったら、ぜひ試してみてください。

食べ物

食べ物を写真に撮る人はとても多いですよね。

いつもとちょっと違うリッチなランチを食べに行った際に記念に撮影したり、お料理が趣味の人は自分の作った料理を撮ったりする人もいるでしょう。

カフェやレストランなどでは見た目にもよく配慮されているのでオシャレで可愛い写真が撮りやすいです。

また、お料理好きの人は盛り付けにも凝るのでコチラもシャッターチャンスです。

お料理のほかにも、果物や野菜も色鮮やかなので構図次第ではとても可愛い写真を撮ることができます。

例えば、リンゴやレモンなどのパッとした色のフルーツに霧吹きでしずくを付けてアップで撮影したりすると可愛くて爽やかな写真を撮ることができますよ。

ほかには海外製のお菓子もおすすめです。

パッケージが可愛いものが多いのでただ写すだけでもとてもオシャレな仕上がりになりますよ。

自分の手

いちばん身近な撮影アイテム…それは自分自身の体のパーツです。

撮りたいときにとれますし、お金もかかりません。

特に手は動きを出しやすいので被写体としてはグッドです。

しかし、「どうやって自分の手を可愛い写真として撮るのか…?」と疑問に思いますよね。

例えば、青空に向けて手を広げて撮ってみたり、オートタイマーにして両手でハートを作って撮ってみたりするだけでも十分可愛い写真をとることができるのです。

自分の思うとおりにポージングができるので創造意欲もかき立てられますよ。

また、赤ちゃんの手と自分の手をつなぐ写真なども可愛い写真になりやすいです。

赤ちゃんの手だけでも十分可愛いのですがあえて自分の手(大人の手)を一緒に写すのはいい雰囲気が出ますよ。

背景をぼかしてみたり、加工アプリで可愛く加工するとステキな可愛い写真にできあがります。

ペットやぬいぐるみ

可愛い被写体として有力なのが自分で飼っているペットです。

飼い主として自分のペットの可愛い部分や角度を熟知しているのは可愛い写真を撮るためのかなり大きなメリットです。

遊んでいる姿、白目をむいて寝ている姿、ご飯を食べている姿など色んなシーンを激写しちゃいましょう。

また、ペットがいない人はぬいぐるみで可愛い写真を撮るという人もいます、ぬいぐるみだと、ペットを連れていけないようなところにも持っていくことができるので撮影の幅が広がります。

なかには、ぬいぐるみを海外旅行に持っていき、名所などと一緒に撮影する人もいます。

まるでぬいぐるみが世界を旅しているような姿は女子心にキュンキュンきますよね。

日本では撮れないようなオシャレで可愛い写真を撮ることができます。

インスタ・twitterなど写真を見せる場が増えている

誰しもが1つはやっているであろうSNS。

たくさんSNSはありますが、特にインスタグラムやツイッターなどで撮った写真をアップしている人は結構いるでしょう。

今注目されているスポットに行ったり、美味しいランチを食べに行ったりすると必ずといっていいほどその写真をアップしている人っていますよね。

誰かに写真を見せる機会が増えているので、自分もステキな写真を撮って注目されたい、誰かにこのステキさを伝えたいという思いから大勢の人が写真を撮り、SNSに投稿するということが増えました。

芸能人みたいに可愛い写真を載せたいと人は多いはず

芸能人のブログやSNSでは、いつも可愛くてステキな写真がアップされていますよ。

やはり芸能人はセンスが違うと感じますよね。

自分も芸能人のようにセンスのある可愛らしい写真を撮りたいと思う人はとても多いはずです。

実際に「タレントの◯◯ちゃんのブログ写真に憧れています」という人は多数います。

芸能人の洗練された撮影センスを勉強したり真似たりするために、芸能人のブログ巡りをして感性を磨くのも1つの手ですね。

写真撮影が趣味なカメラ女子も増えている

スマホや携帯電話、安くて高性能なデジタルカメラが普及して、いわゆる「カメラ好き」の人だけでなく誰でもカンタンに写真撮影を楽しめるようになりました。

お手軽さがウケて、みんな何処でもパシャパシャしていますよね。

しかし、そんなライトユーザーの域を超えて、本格的な写真に目覚めた「カメラ女子」が近年とても増加しているのです。

カメラ女子は、プロカメラマン顔負けの写真へのこだわりを持っていて、カメラを構える姿はりりしいものがあります。

こんなカメラ女子も、最初はスマホなどでお手軽にたくさんの写真を撮っていたけど、だんだん写真の奥深さや魅力に取りつかれて、スマホやデジタルカメラでは満足できなくなったという人はほとんどです。

カメラや写真撮影が身近になった今、誰だってカメラに目覚めて「カメラ女子」へと変貌する可能性を秘めていますよ。

本格的なカメラで撮るのがカメラ女子の特徴

「友達と遊んだ記念に…」「彼氏との思い出作りに…」「あ、この◯◯、可愛いから写真に撮ってブログにアップしよう…」と、お手軽に写真を撮っている女子はたくさんいますが、カメラ女子はひと味違います。

スマホだけでは物足らなくなり、もっと写真を極めてたいという思いから本格的なカメラを手に、被写体を追い求め、地方へ飛び海外へ飛び…などのバイタリティがあります。

とにかく仕上がりに妥協をしないので、カメラにこだわっています。

そんなカメラ女子が撮った写真は、みんなほれぼれするものばかりです。

また、カメラ女子はスマホやデジタルカメラで撮影する人をちょっと軽く見ているところがあります。

「せっかくの写真を撮るのに、あんなもので撮って…」「一眼レフでとってこそ、ちゃんとした写真」など、本格的にこだわるあまりにライトな感覚での写真撮影を嫌います。

カメラ女子だって最初はみんなお手軽なものから始めたはずなのですが、こだわりが強いのがカメラ女子の隠れた特徴です。

【カメラ女子については、こちらの記事もチェック!】

写真を撮る機会が増えている中、問題も…

誰でもお手軽に写真を撮ることができるようになった最近ですが、その反面で色々問題も起こっているのが事実です。

何処でもお手軽に写真が撮れるがために、マナーを守らず他人に迷惑する場所や、立ち入っては危険な場所で写真を撮影する人がとても増えました。

また、事故やトラブルなど何かあったところを野次馬精神でパシャパシャと写真に収め、現場での迷惑になって救助が遅くなってしまったり、大きなトラブルに巻き込まれてしまったりなどの弊害も増えています。

スマホやコンパクトなデジタルカメラなど、手元にいつも写真を撮ることができるアイテムがあるとシャッターチャンスがあれば撮りたい気持ちはよくわかりますが、時と場所をよく考えて写真を撮るようにしましょう。

また、常に可愛い写真を撮りたいと追い求めるが故に、人の所有物などを無断撮影してしまう人もなかにはいます。

可愛い色の車が停まっていたので撮影してSNSに投稿した、可愛い犬が散歩してたので撮影してブログにアップした…など、「可愛い」をみんなに伝えたくてやっていることがほとんですが、どれもちゃんと所有者や飼い主にちゃんと撮影をアップの許可をもらわないといけませんよ。

無断で撮られたり載せられたりすることを嫌う人はとても多いので、トラブルにならないためにも撮影者としてのマナーをしっかりと守りましょうね。

思い通りに写真が撮れない!

ただ写真を撮るということは誰にもできることです。

しかし、自分の思い通りにステキな写真を撮るというのは誰にでもできることではありません。

動かない被写体でも「自分の思いどおり」に撮影するのはなかなか難しいものがあります。

頭で思い描いていたものが実現できないのは結構ストレスです。

思い通りの写真を撮るのに必要なものは「経験」と「運」です。

ある程度の経験によって勘が働くようになるし、野外での風景や生き物の撮影などには運要素(希望する天気に恵まれるか、撮りたい生き物に遭遇できるかなど)が強くなってきます。

とにかく撮影回数を重ねることによって思い通りの写真を撮れる確率はあがるので、根気よく撮影していきましょう。

また、人の撮った写真を鑑賞して想像力を膨らませるのも上達の近道になることがあります。

ステキな写真を見ることは、自分自身にとってもいい影響があります。

「撮影技術をパクる」のではなく、「勉強させてもらう」という考えで鑑賞しましょう。

思い通りの写真が撮れなくてヤキモキしているアナタへのいいヒントがあるかもしれませんよ。

可愛く写真を撮りたいのに…

可愛い写真を撮りたいのに、可愛い写真がどうしても撮れないとお悩みの人もいることでしょう。

そんなときは一回、「可愛い写真を撮るぞ!」という気持ちを捨ててみてはどうでしょうか。

気合を入れ過ぎて視野が狭くなっていたり、煮詰まっていることがあるので一旦気持ちを軽くしてみましょう。

「可愛いものを撮る」「ステキなもの撮る」という気持ちに捕らわれず、自分が本当に撮りたいものを撮ってみましょう。

そうすることによって、視野が広がったり、自分なりの写真へのポリシーなどが確立されて「自分なりの可愛い写真・ステキな写真」を見つけることができますよ。

少しの工夫をすることで可愛い写真は誰でも撮れる

ひと昔まえはいい写真はカメラマンが撮るものというイメージがありましたが、近年では誰にだって可愛くてステキな写真を撮れるようになりました。

カメラがとても身近でお手軽なものになったということもありますが、工夫をすればいいということがわかってきたというのが大きいでしょう。

以前までの写真は、ただ情報や思い出を撮るものとして「ステキに撮る工夫」なんて重要視されてきませんでしたよね。

しかし今では、多くの人がSNSやブログに自分の写真をアップするようになったので「こうしたら可愛く撮れる」「この方法で撮影したらプロのような仕上がりになる」という方法をそれぞれが見つけて実践して、世間に広まっていきました。

撮影の工夫に道具がいるとしても、100均などで売っているものを使ったり、日用品で代用したりなど、誰でもすぐにできるものばかりで、「可愛い写真」「ステキな写真」はホントに誰でも撮れるようになりました。

可愛い写真の撮り方にルールはありません(もちろん、人に迷惑をかけるような社会的なマナーは守る前提です)。

型にはまらず、どんどん工夫して自分なりの「可愛い」をカメラに写していきましょう!