CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

労いの言葉として伝えると感動を与える18個の言葉


人は毎日、多かれ少なかれストレスを抱えて生きています。

現代社会を生きるためには、ストレスとうまく付き合っていかなければならないのです。

そんな時に誰かから労いの言葉をもらえるとストレスが緩和されることもあるでしょう。

この記事では、労いの言葉として感動を与える言葉をご紹介していきたいと思います。

仕事や勉強など大変なことは山ほど

仕事、勉強、子育て、人付き合い、人によってそのストレスは様々です。

また、ストレスに対する耐性も人それぞれです。

自分にとっては大したことない問題でも、他人にとっては大きな問題だったりもします。

ふとかけられた労いの言葉に癒される

仕事で大変な思いをしている時、勉強が行き詰った時、子どもとうまく向き合えなかった時、他人のふとした一言に心を救われた経験はありませんか?

頑張っている自分を認めてもらえた、そんな一言で人は抱え込んでいた気持ちがフッと軽くなるものです。

特に大切な人からの労いの言葉は、どんなマッサージよりも効果的です。

温かい言葉掛けによって、人はストレスから解放されるのです。

頑張る気力が湧いてくる!

ストレスを抱え込んでいるばかりでは、いつか背負いきれなくなって倒れてしまいます。

ですが、優しい一言があれば、そのストレスは少しずつ減っていき、次に進むための力が湧いてきます。

周りの人がやる気をなくしていたら、ぜひ労いの言葉をかけてあげてください。

きっと気持ちが軽くなり、明日も頑張ろうという気力が湧いてくることでしょう。

労いの言葉はこんな時に使おう!

自分自身でも、頑張ったと自分を褒めてあげたい時があると思います。

そんな時に、「いつも見ているよ、ありがとう」と労いの言葉をもらうと、気持ちが良くなって明日も頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

労いの言葉をもらって嬉しくない人はいないでしょう。

そんな感動を与える労いの言葉をかける場面をご紹介します。

このような場面では、ぜひ労いの言葉をかけてあげましょう。

仕事が終了した後

仕事が終わって先に帰る時は、仕事仲間に「お疲れ様でした」と挨拶をして出るのが普通です。

「お疲れ様でした」という言葉は、「仕事を頑張りましたね」という労いの意味も含めた挨拶となっています。

若い人達は、仲間同士で「お先!」とか「じゃあね~」「バイバイ」などと単なる別れの挨拶だけで帰る時もありますが、先輩や上司にはさすがにそんな挨拶はしないでしょう。

丁寧に労いの気持ちを込めて「お疲れ様でした。お先に失礼します」となるのです。

上司の場合は、部下が仕事を終えて先に帰る時の労いの言葉としては、「お疲れ様」よりも「ご苦労様」を使うことが多いです。

目下の人から目上の人に対しては「お疲れ様」で、目上の人から目下の人に対しては「ご苦労様」を使うのが一般的です。

そのため、若手のうちは「ご苦労様でした」という言葉を使うことはほとんどないでしょう。

地位の高い人が目下の人を労う時によく使います。

もし、目下の人が上司に向かって「ご苦労様」と挨拶すると、「おまえのために俺が苦労したのか?」と気分を害する人もいるので、使わないようにしましょう。

目標を達成した時

頑張って目標を達成した時には、「頑張ったね」と労いの言葉をかけてあげましょう。

そう言われると頑張ったことが認められた気がして、また頑張ろうと思えるものです。

目標を達成して達成感で満足している時に、上司や憧れの人から「頑張ったね」という言葉を投げかけられると、今までの苦労や嫌なことのストレスが吹き飛ぶような気分になります。

ひとりの行動は、仲間にも伝達することがあり、褒められた人が所属するチームのメンバーにも良い影響を与えるのです。

「目標を達成した」とか「難関を突破した」などの場合は、笑顔で「頑張ったね」の労いのひと言は魔法の言葉なのです。

仕事だけではなく、受験に合格した時、就職試験に受かった時、運動競技で勝利した時や記録が出た時など、頑張って節目を越えた時に労う言葉としては「頑張ったね」は最高の言葉だと思います。

ただし、この言葉は目上の人が目下の人に使う労いの言葉です。

新人の人が、上司に向かって「頑張ったね」などと使うことはないので注意しましょう。

疲れて帰ってきた時

肉体労働を終えて帰ってきたり、精神的に疲れるような仕事をして帰ってきた時など、状況は様々ですが、家にたどり着いてほっとしているときに労う言葉があります。

まずは「お帰りなさい」で、その後に「お疲れ様でした」と心を込めて労いの言葉をかけます。

海外に仕事や旅行で出かけていて無事に帰ってきた時など、心配をしながら待っていた状況では、「お帰りなさい、ご無事でなによりです」と安全を願っていた気持ちを表して労うことも大事です。

帰ってきた本人は、家族や友人は心配してくれていたんだと感じるものです。

大切な人が毎日の仕事をしっかりと勤めて帰ってきた時には、「いつも」をつけて「いつもご苦労様です」とか「毎日ご苦労様です」と労ってあげてください。

ページトップ