自分の部屋が片付けられないという皆さん、実は部屋の掃除が苦手な人には特徴があるのをご存知でしょうか?

掃除をすればキレイになることは重々承知だけれど…どうしてもその気になれないという方は、まず自分に当てはまる特徴を自覚することから始める必要があります。

今回は合わせて改善策もご紹介したいと思うので、是非参考にしていただいて、これからはきれいな部屋を保つようにしましょう!

汚い部屋は嫌いだけど綺麗な部屋を保てない

部屋の掃除が苦手だという自覚があるのは、本当は綺麗にしたいという気持ちがある証拠です。

よくテレビでごみが散乱している「汚部屋」を片付ける番組がありますが、ああいった状態になるのはもはや「部屋を綺麗にしたい」という欲求もない人です。

まずは「汚くても構わない」と「本当は綺麗にしたい」の違いは大きいことを覚えておきましょう。

掃除が苦手な人は少なくない

そもそも掃除が「得意」という人より「苦手」という人の方が多いはずです。

苦手だから余計に嫌になってしまうという理由もあるでしょう。

しかしお手伝いさんが全てやってくれるような生活を送っている人以外は、生きていくうえで掃除をしないわけにはいきませんよね。

部屋掃除の苦手意識を克服したい!

まず汚い部屋は衛生面から考えて良くありません。

さらに精神衛生的に考えても、一般的には清潔できれいな部屋の方が快適に過ごせるはずです。

となれば掃除に対する苦手意識を克服することにデメリットは見当たりません。

そのためにも掃除が苦手な人の特徴を再確認しておきましょう。

部屋掃除が苦手な人の10個の特徴


掃除が苦手な人は、キレイ好きで掃除が得意な人にとっては「常識」であることが身に付いていなかったりします。

実はそれは掃除の仕方ではなく意識的な問題の場合が多いようですね。

1、色んなことを先延ばしにする

ゴミが散らかっていても「後でやればいっか」と先延ばしにする癖がついていると、当然ながら先延ばしにされたゴミは溜まる一方で部屋は綺麗になりません。

先延ばしにして一気に片付ける方法には向いている作業と向いていない作業がありますが、掃除は間違いなく後者です。

普段から色んなことを「先延ばし」にするタイプだという方は、部屋のあちこちに先延ばしにされた物が散らかっているのではないでしょうか?

2、物をすぐ溜める

買ったままの状態で結局は使わないままの「不用品」を溜め込んでしまうのも、部屋が片付かない大きな原因です。

買い物に行って「特価!」の文字につられてついつい使わないのに買ってしまったり、友達から「あげる」と言われたら要らなくてももらってきてしまったりと、油断をすればすぐに不用品は溜まります。

その結果収納に困り、部屋が散らかるという負のスパイラルにハマるというわけです。

3、捨てるのが苦手


「今は使わないけど…いつか使うかもしれないから取っておこう」と捨てずにキープしておいて実際に使ったことがあるのは1割くらいではないでしょうか?

部屋が片付かない人は物を捨てるのが苦手で、あきらかに不用品であっても大事にしまい込んで、さらに万が一必要となった時にはどこにしまったのかを忘れてしまうという残念な結果に終わることがほとんどです。

逆に部屋を綺麗に整理整頓している人は、同じように捨てるのが苦手であったとしても、どこに何があるのかをきちんと把握しているという特徴があります。

4、都合が良い理由を作る

片付けられない人ほど「疲れた」「時間がない」「忙しい」など、片付けるのが嫌だという素直な気持ちを認めることができず、自分に都合が良い理由を見つけては掃除から逃れようとします。

また掃除機をかけただけで、まるで部屋をピカピカにしたような気分になり、結局は肝心なところを片付けないまま終わってしまうというケースも多いですね、。

5、一気に掃除しようとする

掃除が苦手な人は、しなければいけないと思いつつも「今度の休みにやろう」「夏休みにやろう」「年末の大掃除にやろう」と一気に済ませようと企みます。

しかし部屋はその間にどんどん散らかっていくので、結局1日頑張っても片付かないという結果になるパターンがほとんどです。

6、どこに何があるか理解していない

整理整頓が苦手な人に限って特に必要ない物を買う傾向があり、いざ必要な物を探しても見つからず…結局また買うという悪循環を繰り返します。

そもそも何かを買う時に「可愛い!」「欲しい!」という単純な欲求だけで決めてしまう場合が多く、タグの付いたままの洋服がタンスの奥から出てきたりすることもあるでしょう。

7、安い・限定などに弱い

何故部屋が散らかるのか?を考えてみれば「物が増えたから」という答えが思いつきますよね。

もちろん生活に必要な物は増やす必要がありますが、部屋を見回してみると必要ない物ばかりだという人もいるでしょう。

それはきっと買い物に出かけた時に目にする「安い!」の文字や、ネットショッピングで気になる「限定商品!」などに弱いことが関係しているはずです。

まんまと売る側の策略であるフレーズに引っかかっても、必要な物やきちんと収納場所を決めてから購入するのであれば問題はありません。

しかしせっかく安く買っても使わなければ意味がないので、結局損をすることになります。

8、収納を増やそうとする

部屋に物があふれて片付かない場合、新たにそれを収納するスペースを確保しようとする人もいます。

しかしいくら上手く収納したところで限界があり、収納できる量は限られます。

限界を超えればどこに何を収納すればよいのかわからなくなり、結局は出しっぱなしの状態で部屋全体が収納場所になってしまうでしょう。

収納の基本はまだ入る余裕を持たせることなので、ぎりぎり収納できたとしてもそれはベストな収納とは言えません。

9、捨てる事が勿体ないと思っている

悪く言えば「貧乏性」で物を捨てることができない性分の人は、要らない物に対しても「いつか使うかもしれない」「とりあえずとっておこう」と勿体ない主義を貫きます。

しかし絶対に必要でも捨てるのが勿体ないからと取っておけば、当然物は増え続けて、上手く収納できなくなりますよね。

たしかに無駄使いをするよりも勿体ない精神の方が健全ですが、その結果無駄にしてしまうなら思い切って捨てた方が確実に部屋は綺麗になります。

10、手当たり次第に仕舞い込む

押し入れの扉を開けたらダーっとモノが落ちてくるという漫画みたいな光景とはいかなくても、それに近い状態の人もいるはずです。

とりあえず見える所だけは綺麗にしておこうということで、あまり考えずに手あたり次第収納するのを「片付ける」とは言いません。

その気持ちは大切ですが、もう一歩前進できると綺麗な部屋をキープすることができるでしょう。

部屋掃除が苦手な人の心理的特徴

部屋がきれいな人がいれば、部屋が汚い人もいますよね。

このように人によって部屋の状態が凄く変わってしまうのです。

特に1人暮らしをされる割合が多い大学生だと部屋の状態は二極化されています。

部屋がきれいな人もいれば、部屋が汚い人がいます。

主に部屋の掃除が苦手な人は、部屋が汚くなってしまう傾向が強いです。

では、なぜ、部屋掃除が苦手なのでしょうか?こう聞かれると、具体的に答えられる人は少ないと思います。

なぜなら、絶対的な定義がないからです。

学校ではよく掃除する人も家に帰ると全く掃除をしない人もいます。

このように普段の行動からだけでは、部屋掃除が得意か苦手はわからないのです。

まずは、部屋掃除が苦手な人の心理的特徴をご説明します。

もしかしたらあなたの中にもこの特徴があるかもしれませんよ。

1、忙しすぎて心の余裕がない

社会人の場合ですと、仕事が…。

学生さんの場合ですと、研究やバイトが…。

そんな感じで日々忙しいと思ってしまう環境に身を置いているので、それ以外のことに頭を回すことができる余裕がないと言った状況になってしまっていると、なかなか部屋掃除をしようとは考えないので、部屋掃除が苦手になってしまいます。

つまりは、仕事などに追われ過ぎて他のことに頭が回らなくなってしまっている状況です。

こうなると、部屋の掃除以外にも手が回らないので、生きている気力を持っているように思えません。

ただ、会社に行って働いてるだけと言った感じになってしまっているのです。

こう説明すると、仕事がよくないのではと思ってしまう方が多そうですが、そうではありません。

仕事に追われることの内容に働かないといけないのです。

ただ、働くだけなら誰でもできますが、仕事が理由で私生活が乱れてもともこうもありません。

まずは余裕を持てるように努めましょう。

2、精神的な疾患を抱えている

所謂、心の病気のような精神的な部分で疾患を持っている人は、部屋の掃除が苦手です。

要は、動くことがまず苦手なので、部屋の掃除もしようとは思いません。

この手の方は日々をボーっと過ごしてしまう方が多いので、部屋もそのままな状態で、ゴミだけが増えていくような感じです。

そうなると、部屋が汚くなってしまいます。

部屋が汚くなると片づけるのは無理だと言う認識になってしまうので、部屋掃除をしなくなってしまいます。

しないので、必然と苦手となってしまうのです。

精神的な疾患を抱えている人はなかなか考え方を変えようとはしません。

そのため、部屋が汚い状態が長く続くので、実は余計に精神にダメージを負わせてしまっている危険性が高いのです。

それなら、なぜ辞めないのかと言いますと、潜在意識がそう働かせてしまっているので、なかなかその状態から抜け出せないのです。

精神的な疾患を抱えている人はその状態であることを良しと思ってしまっている節があります。

3、一気にやればいいと思っている

片付けが苦手な人の主な特徴としてあげられるのがこの手の人のです。

少しの散らかりは気にせず、気づいた時に一気にやればいいと思っているのです。

しかし、この気付いた時は人によって違いがあるので、意味がありません。

よく言う「明日やる」と言うことと同じです。

なぜなら明日はないからです。

起きたら今日になってしまうので、「明日やる」という表現は、裏を返せばやらないと言っているようなものです。

掃除が得意な人はコツコツ派の人が多いです。

そのため、女性が得意なような思えてしまうのです。

コツコツしていることで、清潔で綺麗なお部屋がキープ出来るのです。

一気にやると、ゴミの量も半端ないので実は片付かないと言うことも十分にあり得ます。

なので、一気にやるのはよしましょう。

どうしても一気にやりたいのであれば、引っ越しなどの時に一気に断舎利してしまうと良いかもしれませんよ。

部屋掃除が苦手な人の改善策

ご褒美を設定する

一番単純で今すぐにでも始めることができる改善策は、ご褒美作戦です。

自分自身で「掃除が終わったらアイスを食べる」「片付けが終わったら楽しみにしていたDVDを観る」といったご褒美を設定することでモチベーションを上げます。

誰かに迷惑をかけるわけでもないですし、部屋がきれいになるうえにご褒美ももらえるなんて!とポジティブに考えることができる人にはもってこいの改善策ですね。

やる気を喚起するのに最も効果的

子供の頃に「100点を取ったらお菓子あげる」と言われて頑張った記憶がある人も多いでしょうが、人間はご褒美にめっぽう弱く、辛い仕事でもそれなりの報酬があるから出来るわけです。

まずは掃除に対するやる気を出すために、騙されたと思って実践してみてください。

疲れた時のご褒美は効果テキメンですよ!

便利な掃除アイテムを用意する

最近は様々な「お掃除グッズ」があります。

ネットで調べてみると「ほ~」と感心するような便利なアイテムが沢山見つかりますが、そもそも私たちは「新開発!」などというフレーズに弱いので、便利グッズを見ると使いたくなってしまうという心理も働くでしょう。

さらに購入後に使ってみたら予想以上の優れモノだった場合は、それを使って掃除をするのが楽しくなってしまうかもしれませんね。

面倒くさい意識が薄れる

「掃除=面倒くさい」という意識はきっと幼い頃から植え付けられているので、なかなか掃除をするために重い腰が上がらないのが現実です。

じかし便利アイテムを使うことで簡単に部屋がきれいになるなら、今までの「面倒くさい」という意識が薄れ、積極的に掃除をするようになるでしょう。

物を置く場所を決める

部屋にあるものすべての定位置が決まっていれば、散らかる理由がありません。

片付けるのが面倒くさくなるのは、片付ける場所が決まっていないからです。

全ての定位置を決めるのが少々大変ではありますが、長い目で見れば決めてしまった方がメリットが多いと言えるでしょう。

掃除後も綺麗さを保てる

一気に掃除をして部屋がきれいになったものの、すぐに散らかってしまうのは物の置き場所が決まっていないからです。

「使ったらあるべき場所にしまう」という地味な行動を徹底するだけでも、きれいな部屋を保つことができますよ。

物を捨てる

流行りの「断捨離」です。

不用な物は隠すのではなく、思い切って捨ててしまいましょう。

私たち日本人は物を大切にするという奥ゆかしい文化がありますが、必要ない物を大切にしているおかげで部屋が片付かないとなれば、やはり捨てるのが賢明です。

物によってはリサイクルショップなどに持ち込むという方法もあるので、まずは仕分けから始めましょう。

1年使っていない物は捨てる

目安として「1年使っていない物」はこの先も使う確率は低いです。

シーズン物の洋服でも2年を目安にして、それでも使っていないなら潔く処分しましょう。

【捨てる技術を身に着けよう!こちらの記事もチェック!】

1日で終わらせようとしない

普段から部屋の掃除が嫌いな人は、掃除や片付けが苦手なはずです。

一気に終わらせてしまおうと長い時間掃除をすることは苦痛でしかなく、きっと途中で嫌になってしまいます。

それよりは「今日は水周りだけ」と目標を決めて、まだ集中力が続くようなら他の所も行うようにしましょう。

最長でも1週間以内に終わらせる

「一気に終わらせようとする」という考え方を「期限内に終われば良しとする」という考え方に変えるのも良い方法です。

徹底的に綺麗にする場合は一週間を期限として、事前にチェックリストなどを作っておきましょう。

徐々に終わらせていくと、全てを終えた時に達成感を感じて、掃除をする快感を味わうことができますよ。

後回しにしないルールを作る

そもそも部屋が散らかるのは、気付いたその時に行動せず先延ばしにしていた結果です。

ごみは毎日出るので、後回しにすればするほど溜まる一方ですが、気が付いた時にパパっとやってしまえばほんの数秒で済みますよね。

いちいち面倒くさいという方は、毎晩寝る前にその日に散らかした分をリセットする癖をつけてみましょう。

部屋も散らかりにくくなる

そもそも「ごみは捨てる」「出したらしまう」をきちんと行っていれば、散らかることはありません。

いつも部屋がスッキリしている人は後回しにするのではなく気付いたら即行動です。

例えばテレビの上に溜まったホコリが気になったらその場でシュッとひと拭きしたり、買った物はすぐに収納したりと、後回しにしないだけで驚くほど部屋はすっきりと片付きますよ。

収納を増やさない

「物が増える→その分収納を増やせばいい」という思考回路だといつまでたっても部屋は片付きません。

片付けをするポイントは収納にあるわけではなく、余分な不用物を処分することです。

また収納が増えたことで油断してしまう可能性もあるので、さらに物が増える確率もアップします。

工夫して今ある収納を活かす

収納を増やして使わない物をキレイに片付けたとしても、結局そのスペースが無駄になってしまうだけです。

それよりは物を減らして現状の収納スペースを効果的に使う方が、確実に部屋がスッキリするでしょう。

定期的に家に人を呼ぶ

部屋の掃除が苦手な人は、部屋に友人などを呼ぶ機会が少ない傾向にあります。

そのため、部屋が汚くても問題ないと思っているのです。

なら、部屋に人を呼ぶ機会を設けましょう。

そうすれば綺麗な部屋を保つことができますよ。

よく部屋が汚い人は友人などが来ると言う時に部屋に人を招く時に慌てて部屋の掃除をしますが、一過性に過ぎません。

普段から綺麗にしていれば、何も問題はないのです。

つまりは、いつ誰が来ても大丈夫なようにしておけばいいだけです。

生活スタイルを見直す

部屋の掃除が苦手な原因には、あなたの生活スタイルが直結している可能性が十分に高いです。

つまり、生活スタイルの中に部屋の掃除をしなくても良いと言った考えが組み込まれているのです。

部屋はただボーっとする場所と思っている人などは、部屋の掃除が苦手な傾向が高いです。

生活スタイルの改善は部屋だけに限らずあなた自身を高めることができますので、ぜひ、考えてみてくださいませ。

ゴミ箱の数を増やしてみる

ゴミが溜まってしまう人の原因にはゴミ箱がないからと言うこともあります。

なら、話しは簡単でゴミ箱を増やせば良いだけです。

特に部屋のあなた自身の生活圏内の距離にゴミ箱を増やしていけば、ゴミを捨てるのが簡単になりますので、ゴミが溜まらなくなる可能性が高いですよ。

まずはゴミ箱を増やしましょう。

部屋の片付けが苦手な人は業者に頼んでみるのもOK!

部屋を綺麗にする方法はいかがでしたでしょうか?

しかし、それでも部屋の掃除ができないと言う人も多いと思います。

そこでさらなる手段としては部屋の片づけを専門にしていただける業者がありますので、そこに依頼してみるのはいかがでしょうか?ここからはそのような業者の一部をご紹介します。

遺品整理・ゴミ屋敷の片付け屋CLEAR

横浜市や川崎市を中心に部屋の片づけや遺品の整理などをしていただける業者として人気があるのが、こちらのCLEARです。

女性スタッフも在籍しているので、1人暮らしの女性の方でも安心ですよ。

また、不要なものでも買い取ってくれるのが嬉しいポイントでもあります。

クリーンファイナリー

埼玉県と東京都を中心に部屋の片づけを行っている業者です。

3R(リサイクル・リユース・リデュース)がお得と言うことで人気があります。

家電などの大型製品の処分に困っている方はココをよく利用されるみたいです。

パルクリーン

横浜市に本社を置く、不用品の回収や部屋の片づけを行う業者です。

迅速、丁寧、真心がモットーなので、対応もよく、また、いろいろと相談に乗ってくれるので凄く評判が良いです。

お客様にあった片づけ方などをしていただけます。

よろずカンパニー

横浜市を中心に不用品回収やゴミ屋敷の整理などをしていただける業者で、見積もり無料、即日対応など、お客様第一に考えた仕事ぶりで評判の良い会社です。

エコフレンドリーB

ゴミ屋敷や汚部屋などの整理には絶対の自信を持っている掃除業者です。

部屋の掃除で困ったと思ったらまずは相談してみるのも良いかもしれませんよ。

お部屋片付け日本一

年間でお部屋の片づけの相談が10万件もある大手の清掃業者です。

お客様の満足度120%を目指しているので丁寧で迅速な対応が好評を得ています。

部屋が汚いのは危険!?

別に部屋が汚くても問題ないと言っている人は多いですが、そうでもないのです。

あなたの知らないところで、実はあなた自身を苦しめている危険性が非常に高いのです。

部屋はあなたが生きている空間の一つです。

当然空気は存在しますし、いろいろと目には見えないものが存在しています。

つまり、知らないところで目には見えない危険な物を吸ってしまっている危険性が高いのです。

よく、1人暮らしを始めてから体にいぼのような吹出物が出るようになった。

以前より、咳が酷くなったと言う方もいらっしゃるほどなので、実は相当危険なのです。

ここからは部屋が汚いことで起こる得る可能性のあるリスクをご紹介します。

部屋が汚い人のほとんどはおそらくこのことを知らないから、汚くても平気だと思っているのです。

虫やダニによるアレルギーを発症しやすい

部屋が汚いとということで、まず、目で見ることが難しい小さな虫が大量に発生している危険性があります。

虫ぐらいと思ってしまっている人はいるかもしれませんが、侮れません。

特に、部屋の天敵とも言えるダニは発生しやすく、また、死骸などを知らず知らずに吸ってしまっている危険性が非常に高いのです。

特に虫には人間にない成分などを持っているものもいるので、それを吸いこむことでアレルギーなどを発症してしまう危険もあります。

特に床から30cmの位置は、空気が凄く汚いと言われています。

なぜなら虫の死骸などが大量にあるからです。

故に赤ちゃんから先にやられてしまうのですが、大人も寝る時に30cm部分に顔を置いていることもあり、さらに寝ている時に一番呼吸をするので、とんでもない空気を吸ってしまっている危険性があります。

部屋が汚いことで有害な物が発生しているのです。

さらに、最悪な場合はゴキブリの大量発生もあり得ます。

アレルギーは気管支炎や喘息の原因になる

さきほど、床から30cmの空気の部分がとんでもないことになっていると説明しましたが、それが原因でアレルギーや喘息を起こしてしまう危険性があるのです。

なぜなら、人間は寝ている時に一番呼吸をするので、とんでもない空気を吸ってしまっている危険性が高いからです。

たかが空気と思う方もいらっしゃいますが、人間にとって一番重要なのが空気なのです。

なぜなら空気がなければ人間は生きられません。

すなわち絶対に必要な物なのです。

その絶対に必要なものがとんでもなく汚れているものだったらどう思いますか?

吸いたくても吸えなくないですか?

このように部屋が汚いことで空気の循環も悪くなり、塵や埃もたまってしまって空気と一緒に舞ってしまい、人間の体の中に入って悪影響を及ぼしてしまうのです。

そうなりたくなければ、部屋を掃除するのがベストです。

ゴミを踏んだり、落ちたりして事故につながる

部屋の掃除が出来ていないとゴミが溜まってしまっている状態なのです。

つまり、危険な物がいっぱい潜んでいることになります。

何気ないゴミを踏んで怪我をしたと言うこともしょっちゅうあるのです。

ゴミは必要ないからゴミなのです。

しっかり捨てるようにしていれば、少しは部屋が片付くこともあります。

掃除が苦手な人でもゴミを捨てるくらいはできますよね。

故にゴミ捨てぐらいはしっかり行いましょう。

仮に部屋がゴミでいっぱいになってしまっていたら、友達などを呼ぶことができませんよ。

また、最近ではゴミがたまっているせいで気持ちが落ちてしまうとも言われているのです。

そのため、断舎利が流行ったとも言われています。

世の中でも部屋を綺麗に保つことが流行りになっているのです。

つまり、部屋が汚い人は流行に乗り遅れてしまっていることにもなります。

自己評価が下がって鬱になることも

前文でも述べたようにゴミが溜まりすぎると気持ちに影響すると言いましたが、これは本当のようです。

ゴミは必要のないものであるので、必要のない雰囲気に支配されてしまうらしいです。

要は、周囲にはゴミしかないので、ご自身もそれと一体化してしまってゴミのような気分になってしまうらしいです。

つまり、最悪な場合、欝になってしまうのです。

なぜ、ゴミが溜まるのかと言いますと、部屋の掃除をしていないことが主な原因なのです。

つまり、部屋の掃除が苦手だと欝になってしまうかもしれないのです。

たかが、部屋の掃除ぐらいと言いますが、欝になってしまった人の部屋のほとんどが凄く汚いのです。

酷い場合は足の踏み場もないほどゴミで埋め尽くされてしまっている方もいらっしゃいました。

欝になるとあなただけでなく、他人も悪い影響を及ぼすので良くないですよ。

火災の原因にもなる

部屋の掃除が苦手なことでゴミや不要な物が溜まってしまうとどんな危険なことがあるかと言いますと、一番は火災です。

まさかと思いますが、ふとしたことがきっかけで火の手が上がると一気に燃えてしまいます。

なぜなら不要な物ほど燃えやすいものはないからです。

部屋が密集されていると空気の循環もよくないので、火の手は回りやすく、消化がしにくいといった悪循環になっています。

ゴミ屋敷が問題になるのはこの火災が怖いからです。

特に隣家の人たちは、火災に巻き込まれてしまったらと思うとたまったものではありません。

もはや自分だけで済まされる話ではありません。

実は部屋が汚いことは他人も悪影響を与えてしまうものなのです。

故に、しっかり部屋を綺麗に保つのがいいことです。

火災になってからでは遅いということをしっかり理解しましょう。

片付けることを後回しにしない習慣を身につける

部屋の掃除が苦手な人にはそれなりの特徴があります。

しかし自分にはどんな特徴があるのかに気が付いていないと、なかなか改善するのも難しいのが現実です。

「気づいたら動く!」を意識してスッキリした綺麗な部屋の快適さを味わえば、きっと継続にもつながります。

是非ご紹介したような改善策を参考にして理想の部屋をキープしてみてくださいね。