この女性と交際して果たして長続きするだろうか。

これは恋愛に腰の引けた男性たちのいつものつぶやきです。

このような自問をしているような段階では、さらに一緒にいる時間の長い結婚などとても考えられません。

自分勝手な理由を付けてそれを忌避するに違いないでしょう。

そんな彼らを安心させ、ずっとそばにいて欲しいと望まれる女性たちは、どのような優れた資質を備えているのでしょうか。

彼女たちは共通のアドバンテージを持っているのでしょうか。

それを得るには厳しい訓練や修養を必要とするのでしょうか。

それよりもまず何から取り掛かればよいのでしょうか。

これからひとつひとつ順番に考えていくことにしましょう。

男性がずっと一緒にいたいと思う女性の共通点は?

男性にずっと一緒にいたいと思わせる女性の持つ共通点とは何でしょう。

それは男性に居心地のよさを与えることに長けた人に違いありません。

その上男性に精神的な負担を感じさせないことも必要です。

ただしその女性は空気のような無の存在ではありません。

しっかり地に着いたホールド感のある人です。

といってもそれは母親や女将さんの、いわばやかましいホールドとは違います。

パートナーとしてしっかりした相互補完の関係を築ける人でなければなりません。

女性としての色気がある

女性の色気は適度に発散する分には一向に構いませんが、行き場を求めてさまよってはいけません。

例えば同格かまたは年下の男性と接すると、すぐに母親のように振舞ってしまう女性がいます。

色気が触媒を得て母性本能に発酵したのかもしれませんが、こういう関係は基本的に長続きしません。

女性として魅力はすぐに失せ、遅かれ早かれ男性は巣立っていく、または逃げ出していくことになります。

有名人カップルでもこのケースは多いですよね。

それを阻止しようとすればドロドロした愛憎劇の修羅場です。

これを避けるには女性側に妖女的な素質のないことが必要です。

簡単に言うとエロい色気だけの人ではまずいということです。

例えば壇蜜のような妖艶な人は、実際に次々にパートナーを変えているのでしょう。

その結果として身に付いたちょっと濃密すぎる色香です。

これは長く続く男女のパートナー関係には必要のないものです。

健康的な色気を保ちつつ、それがあちこちさまよわないことこそ大切です。

一緒にいて楽になれる存在

一緒にいて楽になれる女性とはどういうことでしょうか?日本女性は外国人男性に圧倒的な人気を誇っています。

中国、韓国など近隣アジア諸国だけでなく、欧米など世界中においてです。

ここではその分析を通じて考えてみたいと思います。

日本人女性が外国人男性にモテるのは、自国の女性との比較においてです。

例えば中国人女性を見てみましょう。

中国では自己主張と交渉の繰り返しで物事が決まっていきます。

常に交渉(ゴマすりもこの中に入ります)しなければならず中国人は気の休まるヒマがありません。

彼らはそれを「圧力大!」(プレッシャーがキツイ)と嘆いています。

男女共稼ぎが普通ですから、家事の分担も力関係(収入)次第です。

実際はほとんどの男性は奥さんの支配下にあります。

夫婦喧嘩は周囲の観衆を巻き込んで派手にやりあいますが、これにもまず男は勝てません。

こうした鼻っ柱の強い女性に囲まれて育った中国人男性にとって、日本人女性は新鮮な衝撃です。

自己主張はあまり強くはなく、人前でパートナーの非難をするようなことはない。

これだけでもういちころです。

さらに礼儀正しく、引き締まった印象を与えます。

欧米人もほぼ同じ衝撃を受けるようです。

日本女性の備えたこうした「美徳」は、世界の男性にとって垂涎の的になっています。

これに関しては欧米化しない方がいいのです。

相手のことを考え、自分を抑えることができる、それでいてしっかりしている人。

一緒にいて楽になれる人とは、こういう日本人らしい人のことで間違いありません。

ここでもう一度日本人磨きを考えてみる、というのはどうでしょう。

飽きのこない会話力がある

女性は会話していることそのもの、その時間を重視しますが、男性は会話の内容を重視します。

一般的に男の方が理詰めなのは間違いありません。

とくに理科系の男性はそうです。

目を輝かせて熱心に話を聞いててくれた、と思っていたのに、あとで聞いてみると実は何もわかっていなかった、と理系男子を失望させることは避けましょう。

男性側は音楽を聞かせただけとは思っていません。

わかっていないのにわかったふりをするのは禁物です。

逆にやたらと質問して話の腰を折るのもよくありません。

とすれば男性の専門的な話を避けた方がいいのです。

かなり高度な会話術を必要とするかもしれませんが、、要は2人の共通の話題へと巧みに引きもどせばいいのです。

ただし女性同士の会話のように、いきなり話題があらぬ方向へ飛ぶのは考えものです。

男性たちを唖然とさせてしまうことでしょう。

言葉にすると何だか難しそうですが、自然なスキルとして身につけてしまえばいいのです。

これは長く一緒に暮らしていく上で、最も重要な技術のひとつと言ってよいでしょう。

思わず嫉妬してしまうほどフレンドリー

人なつっこくフレンドリーな人気者であれば、とくに八方美人に見られるようなことは避けましょう。

思わぬ反動が出てくることがあるからです。

こちらが嫉妬するのを楽しんでいるのではないか、という男性側の疑惑を招くことです。

成熟していない男性の嫉妬はとくにやっかいです。

これをジョークで笑い飛ばすのもあまりおすすめできません。

体力に優れた人間からどんな反応が返ってくるか、誰にも想像できないからです。

ですから嫉妬を招く寸前のところに留まるのがベストです。

空手でいう寸止めです。

早めにそのポジションを把握しておくとよいでしょう。

そうすれば男性を自在にコントロールすることも可能になります。

結局はモテる女性がずっと一緒にいたいと思わせやすい!

よくモテる女性とは、以上のようなポイントをうまく抑えている人です。

いずれのポイントにおいても適度な抑制を効かせておくことはとても重要です。

さらにTPOに応じて、うまく男性側に主導権をとらせることをする。

これもよくモテる女性たちは、ただのわがままと思われないよう自然にできているようです。

そのことで男性に過度のプレッシャーを与えないようにしています。

うまくやっています。

やはりモテる女性には自然体に加え、身に付けたテクニックがあります。

では、モテる女性とはどういう人なの?

ここからは改めてモテる女性を分析していきましょう。

これまで見てきたところから明らかなように、

自分を抑えることのできる人
健康美を持っている人

この2つはモテる女性の自然条件、つまり基本として抑えておく必要があります。

外からは見えない内面はとても重要です。

しかし外面という、目に見える部分を軽視してよいというわけではありません。

真にモテる女性の内面と外面とはリンクして健康美の輝きを保ちます。

外面だけの人はすぐに見破られてしまいます。

そして寄ってくる男性たちの目的は違ってきます。

そうならないために必要なチェックポイントを見て行きみましょう。

外見

筆者は以前仕事の関係で、大手財閥系総合商社総合職の女性たちにお会いしたことがあります。

いわゆるキャリアウーマンです。

イキイキした印象のバリバリが出てくると思ったら、1人は派手過ぎるスナックのママ風、もう1人はいかにも買い物かごから野菜がのぞいていそうな平凡な主婦風でした。

予想したイメージとのギャップ(失望)は大きく、それなりに強いインパクトはありました。

しかしあまりに想像を裏切るのも考えものです。

変わった人と思われているでしょうし、男性側はそのギャップを埋めるのに時間がかかります。

決して形から入るわけではないにしても、大人の恋はそれなりの外見を必要とします。

あまり個性的に過ぎるのはどうでしょうか。

髪や肌の手入れ

日本人女性の肌はきめ細かく、とてもきれいという評判が定着しています。

実際に外国人との比較してみても、それに間違いはありません。

したがってその評判を裏切るぞんざいな手入れしかしていない日本女性には、ひどく失望させられます。

また髪の手入れは、おろそかにすると不健康な老け顔に見えます。

逆に肌と髪に豊かなうるおいさえあれば、顔のパーツなど個々の不具合はかなりの部分カバーできます。

これは綿密に行うべき作業です。

自分に合ったファッションセンス

日本は第三者の目をとても気にする少し息苦しい社会です。

鵜の目鷹の目で他人のあら探しをする人も普通にいます。

そんな中では服装だけが自己主張しても浮いてしまいます。

いい年と言われるようになれば、なおさら自分にあったコーディネートが必要でしょう。

ただし男性や世間の視線に媚びる必要は少しもありません。

  

自分を誇張しすぎない可愛さ

いい年になっても、若いころと同じ行動パターンをとっていると、何かしらズレが生じてきます。

行動や外面のズレは、やがて内面のやつれを生じさせることにつながります。

アピールのし過ぎは年とともに空回りし始め、可愛いどころか、疲れたしょぼくれた印象になっていくでしょう。

年輪に応じた自分というものを自覚しなければなりません。

自分をしっかり見つめていること、それは年齢を問わず女性の可愛らしさにつながります。

内面

何よりも大切なのは、いつも心に弾みがあり、心身のはつらつさを維持できていることです。

それは内面からにじみ出てきて体を覆います。

その何かの強い人は、オーラがあると表現されます。

ただしその活発さが出しゃばりとされ、忌避されるようではは元も子もありません。

以下磨くべき内面の課題について見ていきましょう。

素直さ

男女を問わず素直さは明らかに美徳です。