フィーリングが合う人って、出会えると何だか嬉しくなっちゃいますよね♪

普段の生活の中で、私たちは沢山の人と関わり、出会い、関係性を築きながら生きています。

その全ての人達がフィーリングの合う人だったら、毎日どんなに楽しいだろうって思うけど…そんなことは有り得ませんよね。

どちらかというと、フィーリングが合う人の方が少なくて、貴重な存在だったりすると思います。

だからその分、「フィーリングが合う!!」って感じる人に出会えると、嬉しくもなっちゃうんですよね♪

だけどこのフィーリングほど、漠然としたものはありません。

自分とフィーリングがあう人を探そうと思っても、それがどんな人なのか分からなかったりします。

フィーリングとは直感的に感じるものなので、もう、会って感じてみるしか方法は無いんですよね。

しかもその感覚は人によって様々。

どんなことに対して「フィーリングが合う」と感じるかには決まった定義があるはずもなく、それぞれの感覚に委ねられています。

そう考えると、お互いにフィーリングが合うと感じる人に出会えるのって、奇跡的な出来事とも言えますよね!

ますます貴重さを実感する“フィーリングが合う人”。

今回は、そんな“フィーリングが合うと感じる瞬間”についてまとめました。

フィーリングが合うってどういうことなのか分からない!という人は、皆さんの感覚を知ることでフィーリングを感じやすくなるかも♪

感じれば、それは自分の人生において必ずプラスになってくれる人。

感覚を研ぎ澄まして、フィーリングがあう人を見つけて下さいね♡

フィーリングが合うと感じる瞬間

ここからは、皆さんのフィーリングが合うと感じる瞬間についてご紹介していきます。

みなさんそれぞれに、自分なりの“感覚”があるようですよ!

因みに筆者は、今の彼とフィーリングが合う!と感じていて、それはとても幸せなことだな~って思っています。

特に、自分にとって大きな存在となる恋人やパートナー。

友人などでフィーリングが合う人に出会えることは、とても幸せなことだと思うんですよね。

誰もが、生涯においてひとりでも、フィーリングが合う人に出会いたいと願っていると思うし、それは自分にとって、とても意味のあることだと思います。

まだそんな人に出会えていないような気がする…という人だって、きっとこれから出会えるはずです。

自分のフィーリングを信じて、感じてみるようにすればきっと…。

それでは早速、フィーリングが合うと感じる瞬間を見ていきましょう。

空気が似ている

フィーリングが合うと感じる瞬間とは…『空気が似ている』と感じること。

空気こそ、実際に合って感じ取ってみないと分からないものです。

そしてその空気がどんなものなのかは、言葉にして伝えることの出来ない、それぞれの“感覚”に委ねられたものだったりすると思います。

その場の雰囲気は、よく“空気”で表現されることが多いですよね。

KY(空気読めない)な人なんて言われることがあるように、空気を感じ読み取ることは、私たちにとって必須のスキルとも言えます。

だけどその“空気”がなんなのかって、誰も教えてくれません。

多くの人は感覚的に身につけているのですが、これが苦手な人も居ますよね。

そういった人はもしかしたら、人とのフィーリングも感じ辛いのかもしれませんね。

因みに、場の空気として使われる場合の“空気”の意味を調べてみると、「人々の気持ちを支配するようなその場の状況や雰囲気」と解説されていました。

意味を見てみても、なんだか漠然としていて掴みづらいですが…つまり、簡単に言うと「同じ気持ちになる」ということではないでしょうか。

物事に対して、人は何か気持ちを感じますよね。

例えば犬を見て「可愛い♡」と思うとか、映画を観て「感動する」とか…。

その感覚が同じだと、空気が似ているということになるのだと思います。

空気が読めない人は、その場に居る人と同じ気持ちを感じていないから、みんなが望まない行動や言動をしてしまうんですよね。

逆に空気が似ているということは、物事に対して同じ気持ちになれるということです。

空気が似ていてフィーリングが合うとまで感じるということは、気持ちを感じる瞬間が、ピンポイントで同じだったりするのだと思います。

同じ瞬間に同じものに対して、気持ちが同じように反応する。

そういった人に、空気が似ていると感じ、「この人フィーリングが合う!」と運命を感じるのでしょう。

空気を感じ取ることが得意な人は、人とのフィーリングも空気で見分けることが多いのかもしれませんね!

初めて会った感じがしない

『初めてあった感じがしない』と思った瞬間に、フィーリングが合う!と思う人もいるようです。

もちろん、超能力とか超常現象とか、そういった話ではありません。

(中にはそういう人もいるかもしれませんが…)基本的には、これも言わば“空気”なんですよね。

初めて会ったのに妙に話が弾んだりして、長年付き合っている友人と話しているような感覚になれたりする時に、「初めて会った感じがしない」と思うのです。

初めての人と会う時って、ちょっと緊張したりしますよね。

お互いにどんな人なのか探りつつ、ちょっとずつ距離を縮めていこうと、慎重になったりします。

それは、人に騙されたくないからだったり、面倒な人とは付き合いたくないと思ったりするから。

変な人だったら、仲が深まらないようにしたいのです。

多くの人は、そうやって慎重に人付き合いを始めようと構え、初めての人との間では、壁を隔てながら様子を見ます。

だけど「初めて会った感じがしない」と感じる人の場合には、初めてなのにあった瞬間から壁が取り払われ、慎重に様子を見ようとすることさえ忘れてしまっているんですよね。

ふと気づいた時に、「あれ?私なんで、初めての人なのにこんなに話しちゃってるんだろう?」と感じて自分でもびっくりする…。

それは超能力ではないんだけど、ちょっと不思議な体験をしたと感じる出来事だったりもするのでしょう。

そして、フィーリングが合う人なんだなと、納得するのです。

筆者にも、こんな経験がありますよ!

そういった人とは、数年ぶりに会ってもいきなり盛り上がれるし、深い話も出来るんです。

リゾートバイトをしていた時に出会った人だったので、辞めた後は地元が遠くなかなか会えないのですが、今でも大切な友人です。

フィーリングが合う人って、意気投合してしまえば一気に強い絆が生まれます。

そのお互いの信頼感は、離れていようと変わることがないんですよね。

友人の中には、徐々に仲良くなった人や、いつの間にか仲良くなっていた人も多いです。

でも、瞬間的にフィーリングが合うと感じて仲良くなった人は、ひときわ特別な存在だったりします。

きっと、そういった感覚を味わえたこと自体が、自分にとってインパクトのある出来事で、その瞬間を共有してくれた人ということで、特別な存在だと印象づけるのでしょうね。

共通の趣味がある

フィーリングが合うと感じたのは、『共通の趣味がある』と知った瞬間!という人もいるんですよね。

共通の趣味を持っているということは、興味関心の向くものが同じだということです。

ですから、フィーリングも合って当然と言えるのかもしれませんね。

それも、共通の趣味があると分かると、初めての人でも瞬時に意気投合して盛り上がれちゃうんですよね。

同じ分野に詳しい人同士ですから、その話も尽きることはありません。

何時間でも話せちゃったりして、お互いに充実した時間をもてるのです。

つまり、共通の趣味がある人は、一緒に居て充実感を得られる相手。

しかもお互いに同じ気持ちになれるので、「フィーリングが合う!」と感じることが出来るんです。

楽しい時間を共有することが出来たら「また会いたい!」と思うし、フィーリングが合う相手としてお互いに、その存在を大切にするようにもなるでしょう。

フィーリングが合う相手に出会えるというのは、そんな喜びの瞬間でもあるんですよね。

もちろん、共通の趣味がある人が、必ずしもフィーリングがあう人とは限りません。

だけどその可能性は高いし、共通の趣味を楽しめる人は、貴重な存在でもあります。

「共通の趣味があることは知っているけど、あまり話したことがない」…そんな人が居るなら、一度話してみると、フィーリングを感じられるかもしれませんよ♪

逆に趣味が真逆でも波長が合うことも

共通の趣味を持っていても、フィーリングが合うとは限らない。

ということは、趣味が真逆でもフィーリングが合う人もいるということです。

共通の趣味を持っている方が話のキッカケを掴みやすく、話す機会も多くなりがちです。

でも、真逆の趣味を持っている人とも話してみると、意外にも気が合った!ということもあるものです。

しかも、意外すぎるほどインパクトも強いので、フィーリングが合ったことに、これまでには味わったことの無い喜びを感じられるかもしれません。

そういった趣味が真逆の人とフィーリングが合ってくると、また新たな分野を知るキッカケになったり、今まで興味が無かったものに興味が持てたりして…お互いに与え合う影響も大きいんですよね。

趣味が真逆だということは、相手の趣味に対しては苦手意識もあるかもしれません。

だけど、趣味にかける思いや熱意は、趣味が違えど同じだったりするものです。

フィーリングが合う人って、趣味という表面的なことよりも、もっと深い部分で共鳴しあえるものを持っていると思います。

それに気付けば、趣味が違っても仕事が違っても、フィーリングが合う人になるんですよね。

それぞれが大事にしている気持ちは何か…。

そんな話をしてみると、分かり合うことが出来るのではないでしょうか。

会話のペースが同じ

フィーリングが合うと感じるのは、『会話のペースが同じ』だと感じた瞬間だったという人もいます。

人と人とが関係性を築く上で、会話は欠かせません。

会話で理解し合うことで信用し、安心して関係を深めていくことが出来るのです。

その会話は、内容も大切ですが、テンポもとても重要なんですよね。

心地よいリズムで会話のキャッチボールが出来なければ、お互いに違和感や、居心地の悪さを感じてしまいます。

また、どちらかのペースに一方の人が合わせていても、どちらかに不満が生まれて、楽しい会話とはなりません。

人は、自分のペースを持っています。

それは会話もそうですが、何か物事を行うペースもそう。

自分なりのリズムやテンポで生きていけるのが、何よりも心地の良いことでしょう。

だけど私たちは、ある程度、周囲のペースに合わせて生活することを求められます。

学校生活でも仕事でも、自分のペースを貫くわけにはいかないことの方が、多いですよね。

自分のペースがゆっくりな人は速い人に急かされ、ペースが速い人はゆっくりな人にイライラさせられる。

どこか居心地の悪さを感じながら生活しています。

ところが、会話のペースが同じ人と話していると、とても心地よさを感じることが出来るのです。

その心地よさは嬉しさや喜びとなって、心がふわっと解きほぐされるような感覚なのではないでしょうか。

「こんなに無理せずに会話してるなんて」と、リラックスして話せている自分への、驚きもあるのかもしれませんね。

会話のペースが同じなら、全般的なペースも同じであることが多いと考えられます。

それは、お互いが無理せず自分のペースでいられるということであって、とてもリラックスした状態で付き合える相手。

ということになるんですよね。

そういった部分で、フィーリングが合うと感じることもあるのです。

筆者はどちらかというとゆっくりペース。

よく考えたら、友人にせかせかしたタイプはおらず、ゆっくりと話が出来るタイプの人が多いです。

お互いに沈黙があっても待てるような、そんな会話のペースなんですよね。

これって、ペースが速い人にとってはイライラするのかもしれません。

だからこそ、ゆっくりペースの友達しかいないのかもしれませんけどね(笑)

考え方が合う

『考え方が合う』と感じた時が、フィーリングが合うと感じた瞬間!という人も多いですよね。

筆者も、フィーリングが合うなと感じる時は、考え方や価値観が合っていると思った時が多いです。

今の彼とフィーリングが合うと感じるのも、考え方が合うから。

仕事や恋愛、その他の価値観などが合っているので、とても居心地が良く、話をしていても共感し合えるんです。

先ほどのペースで言うと、彼はちょっとペースが速い人なので、その点ではフィーリングを感じたことはないし、むしろフィーリングは合っていないのかもしれません。

だけど、ペースはお互いが無理のない程度に合わせられている(と筆者は思っているので)…居心地の悪さは感じたことがありませんし、彼が無理していたり、イライラしている感じも受けません。

合わせるというよりも、どちらかというとお互いのペースを尊重し合ってるからなのかも…。

それぞれのペースを崩さないようにしつつ、自分のペースを守れる関係にあるからなのかもしれません。

…話がペースの話に脱線してしまいましたが(笑)

考え方が合うというのは、会話をする上でもとても重要ですし、一緒に過ごす相手としても、考え方が違えば喧嘩になることだってあるかもしれません。

フィーリングという点においても、考え方が合うことは、重要な条件のひとつになると思います。

さて、考え方といっても内容は様々なものがあります。

そんな中でも、フィーリングが合うかどうかに、特に関わってくるのが、「金銭感覚・仕事への姿勢・恋愛・価値観」に対する考え方と言えますよね。

金銭感覚

まずは金銭感覚。

これが合わないと、今後付き合っていくことを考えた時、ちょっと厳しいですよね。

フィーリングが合うと感じる人って、今後も仲良くしていきたい人。

だけど、金銭感覚が合わないと、どちらかが無理をしたり我慢をしたりすることになります。

恋人でも友達でもそうですが、同じ金銭感覚を持っていないと、一緒に遊ぶにしても食事に出かけるにしても、居心地が悪くなってしまいますよね。

特に恋人…将来的に結婚をしたいと考えるなら、金銭感覚が同じであることって重要です。

金の切れ目は縁の切れ目とも言われるくらい、お金って人間関係に、大きな影響を及ぼすんです。

フィーリング以前に、人付き合いではチェックしておくべき項目と言ってもいいでしょう。

ただそんな中で、「金銭感覚が一緒だな」と思うことがあると、フィーリングが合う人だと感じることが出来るんですよね。

それはとても安心出来ることだし、長く付き合っていきたいと思える相手に出会えたということです。

金銭感覚に関しては、出会ってすぐはなかなか分からないもの。

付き合っていく中で、感覚として掴んでいくものだと思います。

瞬間的に金銭感覚のフィーリングを感じるのは難しいですが、必ず見ておきたいポイントではありますよね。

仕事への姿勢

そして仕事に対する考え方も同じなら、フィーリングが合うと感じるポイントなんですよね。

仕事への姿勢って、みんなほとんど同じなんじゃないかって思えますが…これが結構違うんですよね。

みんなそれぞれに、仕事に対して真面目に取り組んでいるように見えても、実際は違うことも多いです。

そもそも、仕事に対する考え方、仕事に対する価値観が違ったりもして…仕事に取り組むベースの気持ちって、本当に人それぞれ、違うと思います。

仕事って、お金に直結してくるものです。

仕事をしなければ生活費が稼げないし、生活のベースとして働かなければなりません。

だけど、仕事ってそれだけじゃないんですよね。

そこに夢を持っていたり、やりがいを感じていていたり…苦しいことがあっても乗り越えて成長できたり、仕事の仲間と一緒に頑張って達成感を共有出来たり。

ただ単にお金を稼ぐために働くのではなく、そこからたくさんの事を学び成長させてもらったりもするのです。

だけど、みんながみんなそう考えている訳ではありません。

もっと効率的にお金を稼ぐことを考えている人もいれば、人間関係を重要視していない人もいます。

特にやりがいや夢も無く、ただお金がもらえればいいと思っている人もいるでしょう。

仕事はお金に関わってくるだけに、その感覚も金銭感覚と同じで、人によって独特の価値観を持っていたりします。

ここが合っていないと、まず会話をしていても面白くないですよね。

考え方が全く違うので、話を聞いていても共感するところがありません。

また、仕事を頑張って成長したいと考えている人と、仕事で成長しようなんて思っていない人とでは、分かり合うこともないでしょう。

それにもちろん、仕事はお金に直結してきますから、仕事への姿勢の考え方が違えば、この先どんどん価値観がズレていくことになります。

仕事への考え方が同じなら、話していてもお互いに楽しいでしょう。

お互いに相談し合ったり励まし合ったり出来るし、どちらかの成功を一緒に喜ぶことも出来ますよね。

フィーリングが合う相手とは、お互いに認め合い高め合える関係でもあるのです。

恋愛で重きをおくポイント

フィーリングが合う相手としては、恋愛で重きをおくポイントなんかも同じであって欲しいですよね。

特に男女間では、恋愛に対する考え方が同じだと、フィーリングが合う相手として恋人候補にもなるでしょう。

実際に付き合ってみても、居心地の良い関係を築けると思います。

ですので、案外身近な異性の友達が、気になる存在として急浮上することもあるかもしれませんね。

恋愛に対する価値観を、男女間でじっくり話す機会はそうそうないでしょうから…お互いの恋愛相談をするような仲だったりしないと、価値観を知り、フィーリングが合うと感じることもないですよね。

これまで意識していなかった異性と恋愛話をしていた中で、ふと「考え方同じだな」と気付く。

それで、急に気になりだしたりすることもあると思いますよ。

こういったフィーリングがあう男女なら、結婚をしても良い関係が築けるのではないでしょうか。

お互いにお互いの行動を理解し合えるので、疑ったり喧嘩したりすることも少ないと思います。

とても安定感のある生活が送れますよね。

筆者は結婚はしていませんが、今の彼と10年付き合ってこられたのも、恋愛に対する考え方が同じだからかな?って思います。

実際に心地よい距離感で付き合えていて、良い関係性が築けています。

喧嘩も一度もしたことがないんです。

恋人やパートナーと、喧嘩をせず仲良くいられるのって、とても安心出来るんですよね。

日々落ち着いて過ごすことが出来るということは、とても幸せなことだとも思うんです。

恋愛で重きをおくポイントが同じなことって、恋愛関係を築いていく上で大事なフィーリングだったりするんですよね。

価値観

そしてフィーリングが合うと感じるのは、何と言っても価値観が同じであることが重要なポイントですよね。

金銭感覚も仕事への姿勢も、恋愛に重きをおくポイントも、言ってみれば価値観。

人や物ごとに対する価値観が同じだと、フィーリングが合うと感じるのです。

この価値観は、パッと見で分かるものでは無く、空気で読み取れるものともちょっと違います。

ですので、瞬間的にフィーリングが合うと感じるというよりは、じわじわと感じてくるフィーリングになると思います。

たくさん話したり、一緒に出掛けたりする中で、相手の行動や言動から、少しずつ同じであることを確認していくような感じですよね。

価値観が同じだなと感じることが度々あれば、フィーリングが合う相手だと認識するようになるのです。

居心地が良い

ここまでもお話してきたように、フィーリングが合う相手とは、『居心地が良い』と感じる相手なんですよね。

これは会話をする中で、一緒に過ごす中で、ふと感じる感覚だと思います。

なぜ居心地が良いと感じるかと言えば、これまでにも挙げた会話のペースや、価値観が同じことによるもの、空気感が似ていたり、感じる気持ちが同じだったりすることによるものでしょう。

だけど、理由なんてどうでもよくて、フィーリングは、もっと感覚的に感じ取るものでもありますよね。

「なんか合う」「なんか居心地がいい」それだけで十分なんです。

そういった時に感じている感情って、ポジティブなものですよね。

楽しい・嬉しい・ワクワクするなど、心が弾むような気持ちを感じているはずです。

そんな気持ちが感じられれば、それがあなたにとってのフィーリングが合う人なのではないでしょうか。

ボケとツッコミが合う

フィーリングが合うと感じた瞬間は、『ボケとツッコミが合う』ことで感じるという人もいるんですね。

ボケとツッコミのタイミングが絶妙だと、ふたりの間には一体感のようなものが生まれるのだそう(笑)

筆者は、こういったセンスが全く無いので、感覚的に分からないフィーリングなのですが…でも、ボケとツッコミって、見ている側もそのやり取りが絶妙であればあるほど、面白くて気持ちが良いものですよね。

逆に、なんだかテンポが悪いと、しらけてしまいます。

そういった感覚が、ボケとツッコミをする側にもあるということなんですね。

しかも自分たちがリアルに感じる感覚ですから、合えば見ている側よりももっと、気持ちいいのかも!
ボケはツッコミが合って成立するものですから、なんとなくフィーリングが合うような感覚とは違って、無くてはならない存在になるのでしょう。

恋人同士で、夫婦で…ボケとツッコミが絶妙だったりしたら、楽しい毎日が送れそうですね♡

【ツッコミについては、こちらの記事もチェック!】

笑いのツボが同じ

『笑いのツボが同じ』だった瞬間に、フィーリングが合う!と感じる人は多いんですよね。

笑いのツボって、違う人は全く違いますよね。

特に笑いのツボが特殊な人にとっては、笑いのツボが合う人は貴重な存在なのではないでしょうか。

同じタイミングで、同じものに笑えるのって、大事なことなんですよね。

友達でもカップルでも、笑いのツボが同じじゃないと、一緒に居ても楽しくありません。

自分が笑っているのに、相手は全く笑ってくれなかったら…楽しい気持ちも興ざめです。

それが同じように笑ってくれる人だったら、楽しい気分も2倍になっちゃいます。

ふたりでケタケタ笑い続けられたら…想像するだけで嬉しいですよね!

筆者も、彼と猫の面白動画を見ながら、夜中にずーっと笑い転げてた時、すごく楽しくて嬉しかったんですよね。

笑いのツボが一緒なことも嬉しいし、何よりふたりで笑うと本当に楽しい!

もちろん友達でも、一緒に大爆笑してる時って、楽しいだけじゃなくて嬉しいんですよね♪

フィーリングが合う人って、一緒に笑ってくれる人でもあるんだなって、改めて感じちゃいました。

同じもので泣ける

笑いのツボが同じなのと同様に、『同じもので泣ける』というのも、フィーリングが合うと感じる瞬間なんですよね。

同じもので笑い、同じもので感動する。

これって、最初に特徴としてあげた“空気”を分かりやすく感じられるポイントなのかもしれませんね。

同じように気持ちが動いていることを、笑ったり泣いたりすることで実感出来るのですから。

泣くタイミングが同じであれば、同じように気持ちが高ぶり感動しているということが証明されるし、何より共感し合うことが出来ますよね。

何も言わなくてもお互いの気持ちを察することができ、涙だけで強いフィーリングを感じ取ることが出来ます。

「何も言わなくても分かり合える」の真骨頂は、お互いの涙なのかもしれませんね。

食べ物の好みが合う

フィーリングが合うと感じたのは、『食べ物の好みが合う』と思った瞬間だという人も多いですよね。

食べ物の好みも、個性がでるところです。

ですので、案外食べ物の好みが合わないこともあるんですよね。

…でもそれは人それぞれの好み。

それぞれ好きなように好きなものを食べればいいんじゃない?…と思うかもしれませんが、そう簡単なものでは無かったりします。

食べ物の恨みは怖いと言われることもあるように、食べ物の好みも甘く見てはいけません。

たまに会う友達なら、どちらかが合わせたりすればいいですが、これが恋人同士や夫婦だった場合。

夫婦なら食事は毎日の事です。

その好みが合わないばっかりに、喧嘩が巻き起こらないとも限りません。

恋人同士だって同じです。

一緒に居る時間が増え、食事をする回数が増えるほど…最初は気にならなかった食べ物の好みにも、嫌気がさしてくるかもしれません。

同じものを同じように美味しく食べ、その美味しさを共有出来ないというのは、毎日になれば相当な苦痛ですよね。

食事も楽しくないし、会話も弾まなくなってしまいます。

食事って、食べ物を食べるだけではなく、食事をしながらの会話や雰囲気も楽しむものです。

ですから共感できない食事は、つまらない食事になってしまうんです。

フィーリングが合う相手となら、食事も楽しくて会話も弾むはずです。

「これ美味しいね」と共感しては嬉しくなり、「今度はあそこに行ってみよう!」とさらに楽しみが増えますよね。

食事は生きていく上で絶対にはずせないものですから、相性を探る上でも侮れないポイントなんです。

フィーリングが合うと感じた瞬間に、「食べ物の好みが合う」ことを挙げた人は、食事の重要さがよく分かっている人でもあるのでしょうね!