タイミングというのはいかなる場面でも遭遇すると思います。

例えば告白するタイミング、会社に遅れた時の電話をするタイミング、トイレに行くタイミングなど様々な場面でタイミングというものがあります。

ですがこのタイミングが少しでもズレたりすると時には酷い結果になってしまうこともあります。

後々に「しなければよかった…」と後悔をすることもあるでしょう。

人は後悔が多いと言いますがまさにその様な時は「後悔先に立たず」という状態になります。

その逆のパターンも存在し、ナイスタイミング!という事もあるのではないでしょうか。

遅れそうで走っていたらちょうどバスが来た!というような状況はナイスタイミングだと思います。

このバスに乗り遅れると10分前後遅れてしまい会社を遅刻してしまうといった状況だとナイスタイミングということになります。

タイミングというのは日常の中で常にあるものだと思います。

ですがこのタイミングが後々の未来を変える存在になってしまうので、注意することが必要です。

普段気にしていないことでも「あの時に…」と思うことがあるのであれば、タイミングが悪いということになります。

ですがその様な日々の行動に対して後悔を持たないのであれば、それはタイミングが良いという結果になるのです。

ではタイミングというのはどの様にして影響を与えるか考えたことはありますか?

タイミングというのは偶然でそうなったと考えることは多いと思います。

ですがタイミングが必然であるとしたらどうでしょう?

今何をすべきか、その様な積み重ねで未来を決めることができるのかもしれません。

その様なことができるとすれば、人というのは苦しいだけではないのかもしれません。

楽しい未来もあると思います。

タイミングによって生み出されるものだと思うので、少しの影響でも変わることは多々あるでしょう。

ですが考え方によっては様々な思いでタイミングというのは存在すると思うのです。

タイミングが少しずれるだけで未来が変わる

タイミングというのは先ほども言ったように少しずれるだけで大幅に変わることがあります。

タイミングが少しずれるだけで未来をも変えてしまいます。

例えば何かのイベントで何人記念!というものを見ると思います。

有名なところだと某遊園地で何万人達成!ということで記念品をもらったりしている人もいます。

この様なことはその時に並んでいなければ起こらないことです。

例えば「多いなぁ…もっと早めに来ればよかった…」と思う人もいるかもしれません。

でももし早めに来ていれば記念品を貰うことができなかったのです!その時のタイミングから仮に少しだけずれていれば、未来は変わっていたのかもしれません。

それは吉となるか凶となるかはその未来を経験しなければ解らないことです。

少しずれて貰えなかった場合、とても悔しい思いをするのではないでしょうか。

仮に並ぶその人より1歩でも早く並んでいた場合は貰えていないということになります。

そう思うとタイミングというのは少しずれるだけで変わりますが偶然で未来が変わるのではないか?と思う人もいるでしょう。

吉となる未来の場合はラッキーと思うようになるでしょう。

凶となる場合はずっと悔やむかもしれません。

それほどタイミングというものは、ずれが生じるだけで未来が変わってしまうのです。

常日頃意識をするとタイミングに対して悔やむことは無くなるでしょう。

過ぎたことに後悔をしても意味がありません。

ですがタイミングというのは偶然ではないのです。

必然でもあります。

その様なことをしたから、必ずこのようになってしまうという結果が見えるのが必然になるのです。

それはタイミングを見計らってからのことなのです。

必然になるというのはタイミングを積み重ねることで生まれるものであり、その先の未来を見ることもできます。

ですが少しだけでもその見計らうことがずれてしまうと、その未来も変わってしまうことになるでしょう。

それは偶然でそうなったのではなく、必然でそうなっていたとしたら悔やむことが多いのではないでしょうか。

「あの時あのようなことをすればよかった…」と悔やむ人は多いでしょう。

誰でもあると思います。

ですがその様な経験を生かして「もうあの様な経験をしたくない」という考えになり、体も自然と行動をするようになります。

自分自身にとってもマイナスという行動をしなくなり、プラスになる行動をするようにもなるので、タイミングというのも図ることにより未来を変えていくことができるのかもしれません。

少しずれるというのは大幅に変えてしまうことは確かですが、タイミングというそのものを悔やむことはやめましょう。

タイミングは運命

タイミングというのは偶然に起こるものではありません。

運命的であるということです。

例えば運命の人という言葉をよく耳にします。

運命の人というのは「私はこの人と結婚をする!運命的な出会いだ!」と思うようなことでもありますが、これは偶然から出ているというのではありません。

誰しも運命の人というのはいるのです。

ですが運命の人に出会っていないという人もいます。

それはタイミングが悪かったということになるでしょう。

例えばふとしたきっかけで喋った相手が運命の相手だったのかもしれません。

ですが会話をしないことでタイミングというのを見逃し、それ以降喋ることがなかったという人もいるのではないでしょうか?タイミングというのは運命であり、その時に急にくるというものです。

ですがその運命を見計らうことができないと、その先の未来も良いことというプラス思考の様な生活などができなくなります。

なのでタイミングというものはその時に「きた!」という直感的な考えも必要になります。

タイミングは運命であると言いましたが、直感的な考えも大切にしないと、そのタイミングをいつまでも逃していることになります。

最初は難しいと思うかもしれませんが、運命的という考えを持ちつつ、自分でタイミングを見計らうことでその先の未来を決めることができるのです!

タイミングの積み重ねが人生

タイミングというのは積み重ねが大事になってきます。

先ほども言ったように運命的であると同時に、経験をしていく上でその先の未来を決めていくことになるからです。

最初は「タイミングを逃した…もうダメだ…」と思っていても「タイミングを逃したけれどこの先はもっと見計らっていけば大丈夫だろう…」というプラス的な考えをすることで、タイミングを見計らうことができるようになり、経験を積むことでその選択をするより、他の選択肢が生まれるのです。

Aの商品とB商品があり、どちらも欲しいけれどどちらしか買えないとなった時にどの様な選択肢を取りますか?その時のタイミングにより選ぶものが違うと思いますが、どちらかを買いたいとなった時は苦渋の選択になるのではないかと思います。

その時にいざAの商品を買ってみて「買って良かった!」と思うのか「買って後悔した…」となるのかはその人次第です。

仮に買って良かった!と思えるのであれば良いですが、後悔をした…という場合は次に生かせば良いのです。

タイミングというのはその時にどう思うかもタイミングの1つだと思っていてください。

後悔するのか、良いと思うのか、それにもタイミングというものが存在します。

後悔をする場合はその後に何を思うのかということが大事です。

買って後悔しただけではなく、その後に「Bの商品にしていれば良かった…」とまず思うのではないでしょうか?ですが、その時に「まあでもAでいいか」と思う人もいれば「Bも買おう!」という選択肢も出てくると思います。

後悔だけでなくその先のことを考えなければいけません。

その様な次の選択肢も出てくる人というのは、今までの経験の積み重ねが大事になってくるのではないかと思います。

タイミングを見極めて発言をする人、タイミングを見て行動をする人など、その先のことを考えて行動をするという人が多いと思います。

その様な人にはその場を動かす力もあると思うのです。

会社などで働く人の場合はリーダー的な存在の人や社長達など、トップになる人は運命的な力を持っているのではないかと思うのです。

指示を的確に出してトラブルがあれば直ぐに解決をするようにする、何か部下が困っているのであれば解決をする。

その様な力がある人達の様になりたいと思いますよね?その様な人達は最初から才能というのがあったわけではなく、努力があってからこそ辿りついた場所になります。

ですが努力だけではないのです。

経験の積み重ね、時にはタイミングを間違える選択肢をしてしまうこともあるでしょうが、いくつものタイミングというものを乗り越えてきたのです。

タイミングの積み重ねというのは様々な経験の積み重ねにより、運命的であるものを導くものだと思います。

何回も同じような経験や違う経験をすることによりその先で起こるタイミングというそのものを、明るい運命であるようになるのではないかと思います。

タイミングは偶然ではなく必然

タイミングは偶然ではなく必然なのです。

これは先ほども言いましたが、では具体的にどのようなことで言っているのかを説明したいと思います!

必然という言葉自体の意味は「必ずそうなること」という意味で捉えてください。

必ずそうなるというのは過程がありその過程から生まれてくる結果になるのです。

ではどの様なことなのか、例えばバスに乗り遅れそうでギリギリ乗れた!という時があるでしょう。

その時にそのバスまでの道のり、家の身支度から準備、そこから外出しての時間を見るとバス停に着くまでの行為が過程となります。

例えば身支度を直ぐにすませて朝食を食べずに出た!ということが結果的にバスに間に合うという必然へと変わるのです。

これは偶然タイミングが良かったからという訳ではなく、朝食を食べずに出たから間に合った!というタイミングがその様な結果を起こしたことになります。

タイミングというのはその時の選択肢もあれば、それより前からある行動の過程でも変わってくるのです。

様々な所でタイミングというのは発生します。

例えば寝るタイミングを逃してオールをしてしまった!ということもあるでしょう。

ですが、寝るタイミングを逃したというのは、寝るタイミングで寝る行動をしなかったということになります。

自分では寝ようとしても寝れない、というものではなく、寝れない過程、原因があってタイミングを逃したということが正しいのではないかと思うのです。

その様なことがあってからこそタイミングというのは偶然ではなく必然と言えるのではないかと思います。

選択肢がいくつかあると思いますが、偶然そのようなことを取ってラッキーなことが起こった!というのではなく、その選択肢を選んだことにより偶然が必然に変わったといってもいいのではないでしょうか。

その様なタイミングが今までにいくつもあったと思います。

その経験の積み重ねで必然へと変わっていくのです。

タイミングのコントロール

タイミングのコントロールというものは自分でできるものとできないものの2つあると思います。

ではどの様なことを言うのかというと、周りの影響があってから受けるものは自分でできない場合だと思っていてください。

例えば何かの景品に当たった!というのは周りの人がいながらでも、自分がその時に並んでいたからというのがあります。

自分でできる場合というのは自分が1人で行動を起こした場合になります。

タイミングというのはコントロールをすることでこの先の未来をどの様にするか決めることができるということです。

仮に過程が入るとして結果が出るという状態になった場合は、タイミングのコントロールは自分自身でどうにかしないといけません。

ですが周りの状況や影響によって結果が出てしまったという場合は自分ではタイミングのコントロールをすることができません。

人の影響というのはそれほどタイミングが大いに左右されるということになります。

何故ならその先のことが見えなくなるからです。

相手任せという言い方もありますが、相手に未来を託しているという形になります。

自分でできるタイミングというのは自分で行動を起こすことが全てコントロールすることができると思っていてください。

ではどの様なコントロールの仕方などがあるか見てみましょう。