CoCoSiA(ココシア)

接客業に向いている人、向いていない...(続き3)

それらの知識を得るためには仕事時間以外で勉強する姿勢も必要です。

もしかしたら自分のプライベートな時間まで割いて、勉強に充てなければならなくなるかも分かりません。

これらの行動を一切、苦にせず逆に楽しんで行える。

そういった人ならば接客業を仕事に選んでも間違いはないでしょう。

つまり自分の行う仕事に対してどこまで愛情を持っているかです。

「好きこそものの上手なれ」、という諺もありますが、好きだからこそ長続きもしますし、商品をお客様にお薦めする時も愛情を持って行う事が出来るのです。

この気持ちがあるとないとでは仕事に対する真剣度がこの先、大きく変わってきますよ。

だから同じ接客業であっても、自分の好きな商品のジャンルは何なのかを掴んでおくのは非常に大切です。

5.率先して自分から動く


接客業に向いている人の特徴の5つ目は「率先して自分から動く」です。

これはどの仕事に当てはまる事ですが、自分で考え次は何を行えばいいのか、最適の行動プランを練る能力があるかどうか、という事です。

つまり「指示待ち族」になってはいけない、という事ですね。

実行力がある


接客業という仕事、ただお客様相手に接客さえしていればいいのではありません。

仕事は分単位で次から次へとやってきます。

それらを自分の頭の中で整理し、人から言われる前に自ら率先して動いて片付けていくのです。

要するに「実行力」があるかどうか、という事です。

接客業を行う場所はほとんどが店舗という場所になると思います。

店舗には開店前から行うべき仕事が山のようにあります。

それらを一つづつ、店舗に用意されているオペレーション・マニュアルの指示に則って片付けていきます。

今度は開店してからの作業手順があります。

それらを忠実にこなしていきます。

店舗というところは時間帯によって繁忙帯が大きく分かれます。

忙しい時間帯の動き方、そうでない時間帯の動き方、まるで違ってきます。

それらを他の人から支持される前に自ら率先して動いていくのです。

例えばあなたがスーパーの店員さんだったとしましょう。

繁忙時間帯は主婦の方が多くやってくるお昼前や夕方前の時間帯です。

ならば時間を逆算してどの順番で仕事にかかっていくか。

要するに「優先順位」を決めていくのです。

これであなたの動きは無駄がなくなり効率的になるはずです。

優先順位は接客業だけに通用するものではありません。

ありとあらゆる世の中で通用されます。

今、この時間帯、何を最優先にして動けばいいのか。

この動き方が分かってくればあなたの実行力は店長から多大な信頼を勝ち取るでしょう。

6.基本的な挨拶ができる


接客業に向いている人の特徴の6つ目は「基本的な挨拶ができる」です。

先に接客業に向いている人の特徴で「笑顔」が出てきましたよね。

接客業に向いている人の特徴の最大のポイントは「笑顔」と「挨拶」なのです。

この2つさえ教えられずに既にマスターしていれば、あなたはどのような業種のお店で接客を行っても何とかやっていけるでしょう。

それくらい「挨拶」というのは欠く事のできない物凄く大切な特徴となるのです。

接客業は挨拶から始まる


皆さんもご経験がおありでしょう?

ハンバーガーショップに入っても回転寿司に入っても、まず聞こえてくるのは威勢のいい元気で大きな声で「いらっしゃいませ!」という声がです。

そう、この「いらっしゃいませ」こそが接客業における挨拶であり、最上のおもてなしも一声なのです。

この挨拶を日々行っているからこそ、お客様に認知していただき「またあのお店に行ってみよう」というリピーターになっていただけるのです。

勿論、挨拶を含めた諸々のことはお店側でも導入研修として教えてくれると思います。

しかし、予めこちらが知っているのといないのとでは大違いです。

進歩に差がついてしまいます。

と、同時に挨拶が出来ない人は接客業界で受け入れてもらえなくなります。

例えあなたが自分の大好きな商品のあるお店で働きたいと思っても、です。