楽しいことばかりをして生きることができたのなら、それはそれで良いですよね。

人生は一度きりなのですから、楽しいことをして生きていたいというのは誰もが同じでしょう。

楽しくないことをして生きているのは苦痛ですから、あまりに楽しみがない人生では生きていても仕方ないと思ってしまうに違いありません。

ところが、人生というのは難しいもので、そう簡単に人生を楽しいものばかりにすることはできないのです。

人生を楽しいものにするためには、時には辛いことに耐えていなければいけません。

辛いと思うものがあるからこそ、楽しみをより楽しむことができるのですが、それでも辛いと思うものは辛いものでですよね。

そんなときに必要なのは辛抱です。

例えば仕事の中でもそうですし、プライベートの人間関係の中でも耐えなければいけない場面は出てくるでしょう。

それらを耐えなければ、現代では人間らしい生活を送ることができなくなってしまいます。

ここでは、人間にとってはとてもつらい「辛抱」をするための考え方や方法について見てみることにしましょう。

️辛抱するとは

 人生の中で絶対的に必要なのは、まずは辛抱です。

ですが、この辛抱とは、そもそもどのようなことを指すのでしょうか。

辛抱とは我慢と同じような意味だと思っても良いのでしょうか。

人間が耐えなければいけない「辛抱の時間」とは、そもそもどのような時間のことなのか、そもそもいったい何に耐えているのかについて見てみることにしましょう。

辛いことに耐える


 辛いことに耐えるというのが辛抱ということになります。

やっていてあまり楽しいと感じないようなことに対して耐える時間を持つことが辛抱ですね。

「辛抱」という言葉の中にも「辛い」という感じが使われていることから分かるように、その辛さに耐えることが辛抱の意味なのです。

辛さを感じることに対しては、色々なものが考えられるでしょう。

辛さは仕事でもありますし、プライベートの人間関係でも感じます。

人によって辛いと感じることは違いますが、その辛い時間を耐えることの辛さに関しては、どんな人でも変わらないでしょう。

苦しいことに耐える

 辛いと感じていることだけではなく、そのさらに上の辛さである苦しみに耐えるという意味も持っているのが辛抱です。

辛いと感じていることは小さなものだけではなく、苦しみとなってしまうほどの大きな辛さであっても、耐えることは辛抱という表現をするのです。

人間にとって不快なものから逃げることをせずに、その場にとどまってそれをやり過ごすことは全て「辛抱」という表現をします。

逃げることをしていなければ、辛抱というのですから、辛抱の大きさにも個人差や状況による差が大きいように感じてしまうこともあるかもしれませんね。

こらえ忍ぶこと

 辛抱にはこらえ忍ぶことという意味もあります。

ただ辛いことに対して身を晒しているのを耐えるという意味だけではないのです。

辛いと感じることに対して、人間は大抵は身を晒しているだけではなく、さらに何かを行動しようとしてしまいます。

特に、対人間の場合にはそうでしょう。

理不尽なことを言われてときなどは、相手に対して爆発しそうになってしまうこともありますよね。

言い返したくなることもありますし、じっとしているだけでは辛さが増してしまうという状況も考えられるはずです。

ですが、そう言った爆発をすると自分の状況が悪くなってしまうこともあるでしょう。

そのため、そこでは爆発しないようにこらえていることを辛抱と表現します。

ただただ辛いことに身を晒すだけではなく、自分の感情を抑制するということも辛抱の一つになるのです。

我慢とほぼ同義


 辛抱は我慢とほぼ同じような意味になります。

我慢するということを表現したいときに使われる言葉が辛抱なのです。

ただし、我慢はただただ耐えるという意味に使われることもありますが、辛抱の場合には、何か目的があってそれに耐えているというような意味に使われることもありますね。

我慢は、その場の辛いことをやり過ごすという意味になります。

ですが、辛抱の場合には、その辛い時間が去った後にやってくるもののために耐えるという意味になるのです。

このほかにも、辛抱は忍耐という言葉と似ていますね。

忍耐の場合には、どちらかというと、辛いと感じることが自分の心であったり精神的なものである場合に使われることが多いようです。

️辛抱するための10個の方法・考え方

 ただただ辛いことに直面して我慢しているだけでは、「辛抱」がさらに辛くなってしまいます。

どうせ同じ辛抱をしなければいけないのなら、楽に辛抱ができるようになった方が良いでしょう。

辛抱するためにはどのようなことを考え、どのようなことをするべきなのでしょうか。

辛抱をするための12個の方法について見てみることにしましょう。

自分に合った辛抱の方法を見つけることができたのなら、人生を楽に生きることができるかもしれませんね。

目的をはっきりさせる

 辛い状況を辛抱するために良い方法の一つとしては、目的をはっきりさせるということが挙げられるでしょう。

辛抱とは、その場の辛い状況にとにかく耐えるという意味ではありません。

何かの目的のために辛さに耐えるということがほとんどです。

目的がはっきりとしているので、その目的のために辛さに耐えるという側面が強いのです。

つまり、掲げている目的がはっきりしていれば、それだけ辛い状況に耐えやすくなるということですよね。

目標のために頑張る自分という構図が必要なら、その構図をはっきりさせるべきなのです。

何かよく分からない目標に向かってでも頑張ることができる人間というのはあまりいません。

しっかりとした目標を持っていこそ、より辛い状況にも耐えることができるようになるのです。

目標は高めに設定する必要はありません。

自分が達成したいと思っているものを自分の中で明確にするだけで良いのです。

何かよく分からないものに対して頑張っているよりも、はっきりとしたものに対して頑張っている方が良いですから、まずは自分が何をしたいと思っているのかを明確にしてくださいね。

その上で、さらに高い目標を目指すのか、もう少し低めの目標にして段階的に達成することを考えるのかなどを決めると良いと思います。

メリットだけを考える

 メリットだけを考えるというのも良いかもしれません。

辛い時間を過ごしているときというのは、基本的に人間はとても後ろ向きな状態になってしまっているものです。

常にネガティブなことを考えてしまうようになるので、それでは辛い時間がさらに辛い時間となって、辛抱するのも限界ということになりかねません。

そんなときにこそ、まずはメリットばかりを考えるようにして乗り切るようにしましょう。

辛抱している時間のメリットというのは、ずばり、「目標を達成することができる」ということになります。

自分が設定した目標のことを考え、それを達成することによって自分が何を手に入れられるのかということを考えてみて下さい。

そうすれば、自然と自分のしていることが崇高なことのように思えてきますし、いつまでも辛い時間が続くわけではないと希望を持つこともできるようになるでしょう。

意志を強く持つ

 辛抱しているときに大切なのは、意志を強く持つということです。

人間は誰も辛い時間を過ごしたくはありません。

できれば辛いことはしたくないと思ってるのが普通ですし、辛いことをしているところからは逃げ出したくなってしまうのが当たり前でしょう。

辛いことばかりを考えていると、「目標を達成できなくても、それはそれで構わないのではないか」と思ってしまうのです。

ですが、これでは辛抱できるはずもありませんし、当然、目標を達成することもできないでしょう。

辛抱しようと思ったのなら、辛いことから逃げずに強く意志を持つ必要があります。

意志が弱いままでは常に辛いことから逃げてしまうようになるので、これでは「辛抱する時間を楽に過ごす」ことなどどうでも良くなり、とにかく「辛い時間から逃げること」を主眼に置くことになってしまいます。

それでは意味がありませんから、まずは意志を強く持って辛抱することに真正面から向き合ってみる必要がありますね。

毎日コツコツ積み重ねる

 毎日コツコツ積み重ねる方法を取ることで、辛抱する辛さが減るということもあるかもしれませんね。

もちろん、いきなり降ってきたような辛さから逃れるためには、集中的に辛抱する時間を取らなければいけないということもあるでしょう。

ですが、日常のルーティンのように辛いことがある場合には、面倒くさがらずに毎日コツコツと積み重ねることで、大きな辛さに耐える必要がなくなります。

毎日行うのは、毎日辛い時間を過ごさなければいけないという点でデメリットがあるように思われるかもしれません。

ですが、全体的な辛さから見ると、小さな辛さばかりなので楽に過ごすことができるでしょう。

大きな苦しみに辛抱するのが苦手な方は、ぜひ、毎日コツコツと行う方法を試してみてください。

健康的な生活を送る

 健康的な生活を送るというのは、辛抱とは少しかけ離れているように思えるかもしれません。

ですが、これは楽に辛抱するためには必要なことの一つとなります。

なぜなら、辛抱はとても疲れるものだからです。

辛抱という言葉からすると、何となく耐えるものとして精神的な負荷ばかりをイメージしてしまうかもしれません。

ですが、実際には、精神的な負荷であったとしても、肉体的にも疲れを感じる物なのです。

心と体は繋がっていますから、精神が疲れたと感じてしまうようなときには、肉体も突かれているものです。

そのため、少しでも辛抱しているときの疲労を感じないようにするためには、強い肉体を作っていることが大切なのです。

強くて頑丈な身体を作っておくことで、辛抱が少し楽なものに感じるのではないでしょうか。

健康的な生活をしていれば、身体は強くなりますし、辛抱も楽になります。

人生には辛いことがたくさんありますので、負けないようにきちんと自分の身体の準備を行うことは重要ですね。

栄養をきちんととる

 健康的な生活を送るためには、きちんと栄養を取ることが大切です。

何も食べずに栄養が取れていない状態では、いざという時に全く力が入らないでしょう。

また、頭も回らなくなってしまうはずです。

このような状態で何か辛いことに辛抱しようと思っても、まずは身体の準備ができていないので、辛さが倍増になったように感じてしまいます。

ダイエット中の女性であっても、しっかりと栄養素を取ることは必要です。

また好き嫌いをすることなく、健康のために必要だと感じられるような栄養素は取るようにしましょう。

ジャンクフードばかりでは栄養が取れませんので、しっかりとした体つくりのためにも健康的な食事を目指してくださいね。

睡眠をしっかりとる

 睡眠をしっかりとるということも大切です。

睡眠は身体を休めることもできますが、心を休めることもできます。

脳も休息を取ることができるので、しっかりと健康的な体を作るためには必要なもののだと言えるでしょう。

先天的にショートスリーパーの人は良いかもしれませんが、普通の人は4~5時間の睡眠では足りないというように感じてしまうこともあるはずです。

きちんと適切な時間の睡眠をとって健康的な身体を保っていることで、落人辛抱できるようになります。

辛抱しているときに眠気に襲われることもありませんし、体力不足で具合が悪くなってしまうこともないでしょう。

まずは身体の健康を保つことはとても大切ですから、しっかりと睡眠をとることを意識して、特に質の良い睡眠をとれるように心がけてくださいね。

【睡眠については、こちらの記事もチェック!】

習慣化させる

 もし、毎日のルーティンワークで辛さが半減するというようなことがあるのなら、楽に辛抱するためにも、毎日コツコツとすることを習慣化させてしまってください。

習慣化してしまったものに対しては、辛さも薄れていきます。

人間はそもそも変化に敏感な動物なので、毎日変わり映えのしないものに対しては、大して辛いと感じることもなくなっていくものなのです。

辛抱するのは大変ですが、それは習慣化してしまうまでの数か月となるでしょう。

習慣化してしまった場合には、辛さも自動化してしまってそれほど大きなものには思えなくなっていきます。

辛い時間が辛くなくなってしまえば、辛抱するのはそれと比例して楽になっていくものですよね。

そのことだけを考えすぎない

 辛い時間には、そればかりを考えてしまうものです。

いわば「辛い思いをしている自分」が主人公になってしまい、そればかりを頭の中で考えてしまうのです。

主人公は誰よりも注目される存在ですから、それは当たり前ですよね。

ですが、それでは辛い時間ばかりクローズアップされてしまって、辛抱するのが辛くなってくるでしょう。

どうしてもつらいことに耐えなければいけないのなら、そのことばかりを考えすぎるのはやめましょう。

考えてばかりいると、辛いだけではなくて、だんだんと不安や心配も持ち上がってきてしまいます。

辛抱したいと思っているのなら、できる限りそれについて考えないようにしている方が楽な気持ちで辛抱できるはずですよ。

成長した自分を思い描く

 辛抱の先に待っているのは、成長した自分でしょう。

そもそも辛抱は、無駄にするものではありません。

しっかりと目標のために辛い時間に耐えているのですから、その時間が終わった後には自分が一回りも二回りも大きくなっているはずなのです。

そうした成長した自分の姿を思い浮かべると、それに向かって頑張ろうと思うことができるのではないでしょうか。

なかなか自分の姿を思い浮かべて頑張るというのが辛く感じてしまうこともあると思います。

ですが、成長した自分が得られると思うと、頑張ってみようという気持ちになることができるのが、辛抱するためには必要なことのように思われますね。

はけ口を作る

 辛抱しているときには、とてもストレスがたまるものです。

辛いものや苦しいものに対して耐えなければいけないのですから、ストレスが溜まってしまうのも当たり前ですよね。

ストレスが溜まっているときには、はけ口がなければ辛いことが多くなってしまうでしょう。

自分の中にストレスや辛さが溜まっていくと、それに押しつぶされそうに感じる人もいるかもしれません。

外部からは辛いことに押しつぶされそうになり、内部からストレス戸口に潰されそうになっている状態では、辛抱している時間の辛さが二重苦の状態になってしまうはずです。

これでは、楽に辛い時間を過ごすことなどできるはずがありません。

辛い時間を辛抱したいのなら、はけ口を作るようにしてくださいね。

友達に愚痴る

 はけ口の一つ目としては、友達に愚痴るという方法が考えられます。

友達だからこそ受け止めてくれますし、中には同じようなことを悩みとして抱えている方もいるかもしれません。

辛いと思ったときには、友達に辛さを訴えて愚痴ってみてください。

自分の中にあるモヤモヤした気持ちや、どうしても抱えきれなかったような苦しさは、友達と楽しい時間を過ごして発散することで、だいぶ楽になるのではないでしょうか。

しっかりと自分の気持ちの逃げ場を作ってあげることで、内側からの辛さは消えます。

内からの辛さにも外からの辛さにも耐えるのは誰にでも難しいことですから、まずは友達の前で愚痴って内からの辛さをすっきりさせてあげてください。

恋人に慰めてもらう

 恋人がいる方は、恋人に慰めてもらうというのも一つの方法ですね。

恋人は辛い時にでも一緒にいると楽しくなれる相手です。

好きな人に慰めてもらうからこそ、気持ちが楽になるということもあるのではないでしょうか。

また、どうしてもつらいことを話したくないというときには、ただ傍にいてもらうというだけでも構いません。

思いきり甘えてみるというのも良いのではないでしょうか。

恋人という存在は幸せな時だけに一緒にいるものではなく、辛いときにも気持ちを分かち合うことができる存在です。

どうしても辛抱しきれんくなりそうなときには、恋人に気持ちを打ち明けてみてください。

家族に応援してもらう

 家族はどんなことがあっても自分のことを応援してくれる存在ですよね。

自分の味方になってくれる存在だと言えます。

そのため、家族に応援してもらうというのはとても大切なことなのではないでしょうか。

何も言わずとも、辛い気持ちを分かってくれる家族がいるのなら、そういった家族からの応援を受けることで、辛抱する場面から逃げ出さずにいられるのです。

辛抱しているときには、とにかく「もう駄目だ」「逃げたい」と思ってしまうかもしれません。

ですが、家族が応援してくれているということを考えると、そう簡単には逃げ出すことができませんよね。

また、応援が力になって「頑張ろう」と思うこともできるはずです。

自分が置かれた状況のことを家族に話して、エールをもらってみると、耐えきれないと思っていた苦しさを辛抱できるかもしれません。

楽しみをつくる

 辛抱とは、目指している目標のために辛いことを耐える状況のことを言います。

ですが、もsく票が達成されるだけでは、辛抱している期間の苦しみに釣り合わないと考えてしまう方もいるかもしれませんね。

確かに、目標はとても抽象的なものもありますし、そもそも目標が自分で立てたものではないかもしれません。

辛い時間を過ごしていても、それに対しての報酬が直接的なものでなければ、何となく損をしている気分になってしまうこともあるでしょう。

そんな状況でも辛い時間に耐えるためには、目標とは別に楽しみを作るのがおすすめです。

目標は自分自身を高めるため、そして辛抱の理由を作るために大切ですが、もっと直接的に欲を満たすような楽しみがあることで、耐えている時間が楽になるのではないでしょうか。

コレが終わったらご褒美!

 これが終わったらご褒美!と思っていると頑張れるという人は多くいると思います。

それは、人間的な欲望を分かりやすい形で叶えることができるからです。

目標というとあまり似た髪にありすぎて、達成されたとしても、それほど自分の素直な欲求に即したものではない可能性もあります。

そこで、必要になるのが、自分に対するご褒美となるのです。

ご褒美としては、自分が一番したいと思っていることにするのが良いでしょう。

普段はあまりできないけれど、それが大好きでたまらないというものに設定しておけば、ご褒美としては最高のものになりますね。

下記にご褒美の例としていくつかのものを挙げます。

これらの中で自分がしたいと思っていることが見つかったのなら、それらをご褒美と考えて辛抱してみてください。

もし、他にも自分が「少し贅沢だけどしたい」と思っていることがあるのなら、それをご褒美として設定してみるのが良いのではないでしょうか。

美味しいスイーツ

 美味しいスイーツは、ご褒美の中でも簡単にできるものですし、それをご褒美として設定している人は多いのではないでしょうか。

特に女性では、スイーツをご褒美として仕事を頑張っている人が多く見受けられるように思えます。

スイーツは最近ではそれほど安いものではありません。

高級な洋菓子店などに行くと、小さなケーキがワンコイン以上の値段のことも珍しくありませんし、そういったケーキは普段は食べるのを躊躇ってしまいますよね。

甘党なのに、コンビニスイーツで我慢しているということもあるかもしれません。

また、甘いスイーツはダイエット中の女性にとっては大敵になります。

そういった意味で食べるのを控えている人もいるでしょう。

だからこそ、高級で美味しいスイーツは最高のご褒美となりえるのです。

辛い時間を過ごした後だからこそ、普段は高くて買わないようにしている、ダイエットのために控えているスイーツを食べるのです。

スイーツがあることを考えれば、辛い時間も少し楽に過ごすことができるでしょう。

マッサージに行く

 辛抱している時間はとても疲れるものです。

自分にとってはとてもつらい時間を過ごしていることになるのですから、例えその辛さが精神的なものであったとしても、肉体的に疲れてしまうことには違いがないでしょう。

また、その辛さが肉体的なものであったのなら、余計に疲労がたまってしまいます。

そんなときにおすすめなのが、マッサージに行くという方法ですね。

マッサージやエステは、値段が高い分だけ、自分に贅沢をしているという気分になることができるでしょう。

この「贅沢をしている感」というのが、ご褒美にはとても大切です。

しっかりとマッサージをしてもらうことが出来れば、まずは肉体的な疲労がだいぶ楽になるでしょう。

さらに、そこで「自分の身体にとって贅沢なことをしている」という認識を持つことで自分の精神的な疲労も安らいでいくのではないでしょうか。

マッサージは肉体的にも精神的にも楽になることができる最高のご褒美だと言えるかもしれませんね。

飲みに行く

 憂さを晴らしたいのなら、一番良いのはやはり飲みに行くことでしょう。

アルコールは嫌だったことを忘れさせてくれるような効果がありますから、辛抱して辛かった時間のことはアルコールを入れた楽しさで吹き払ってしまうという方法もあるのです。

飲み会のノリが嫌いな人は「飲む」という行為が贅沢のようには思えずに、あまりそれをご褒美とはしていないかもしれません。

ですが、お酒の飲み方は飲み会以外にもありますから、アルコールが嫌いじゃないのなら、高給なお酒を買ってみるなどの方法でご褒美をすると良いかもしれませんね。

高くておいしいお酒を買って、それに合うような料理も一緒に贅沢して買ってみれば、最高のご飯を食べることができます。

もちろん、大勢でワイワイやっているのが一番ストレス発散になって楽しいという方は、辛抱した時間のご褒美として、飲み会を設定してみても良いかもしれません。

旅行に行く

 もし時間を取ることができるのなら、旅行に行くという方法もおすすめです。

旅行は非日常を味わうことができるものですから、普段の生活の中で疲れ切ってしまっている人は、ぜひ旅行に行って憂さを晴らしてみてください。

特に大きな辛いことがなくても、普段の生活そのものが辛いという方もいるでしょう。

そういう方は、まずは自分の生活から離れてみることも必要なのです。

自分の生活から離れて非日常を味わうことが何よりのご褒美となります。

旅行はお金がかかるものですから、贅沢を射ているという気分にもなれますよね。

また、ずっと行ってみたかった場所に行くことができれば、夢がかなった気分を味わうこともできるでしょう。

旅行先で楽しい思いをすることがご褒美となるのです。

どうしても時間を取ることができないのなら、ぜひ、近場への旅行をしてみてください。

一泊二日でも良いですし、日帰りで近郊に旅行に出てみても良いかもしれませんね。

欲しいものを買う

 我慢せずに欲しいものを買うというのも良いですね。

自分がずっと欲しいと思っていたものを買うことで、辛抱していた時間の辛さを忘れることができるでしょう。

また、欲しいものを買えるのだと思うことで、辛抱できる気分になるものではないでしょうか。

特に物欲が強い人にとっては最高のご褒美となりそうですね。

辛抱する時間が訪れることを知っているのなら、欲しいものをリストアップしておくと、辛抱するのが楽になるかもしれません。

「これが終わったら必ずこれを買うんだ!」ということを自分に言い聞かせていれば、逸れのために頑張ることができますよね。

普段は買うことができないようなちょっと贅沢な値段の物を思い浮かべてみれば、一番良いのではないでしょうか。

️辛抱した後の達成感は最高!

 いかがでしたか?
 辛抱は人生の中では辛い時間にあたりますよね。

できれば楽しいことをして人生を過ごしたいと思っている人は数多くいます。

ですが、だからと言って避けることができない辛いこと、苦しいことに対しては辛抱しなければいけないこともあるでしょう。

辛いことをずっと避けているようでは、人生の中で必要なものを失ってしまいます。

必要のない辛抱をする必要はありませんが、人生の中で必要になる辛抱は絶対にあるはずです。

そんな辛い時間には、自分に合った方法や考え方で辛さをやり過ごすべきです。

そうすれば、楽に辛抱の時間を過ごすことができるでしょう。

辛抱した後の達成感は最高です。

もともと楽しいと思っていたことがさらに楽しくなるに違いありません。

そう考えると、辛抱は人生のメリハリになって良いのかもしれませんよね。

楽しいことばかりしていては飽きてしまうでしょう。

辛抱した後の達成感のことを思って、辛抱の時間を耐え抜いてください。

途中で投げ出さずに過ごしていれば、必ず気持ちの良い達成感や結果を得ることができるはずです。