「態々」ってなんて読むか、知っていますか?
なんだこれ?見たことない、って方も多いかもしれません。

じつは、みんながいつも使っている言葉です。

でも、意外と漢字にすると読めないし、さらには意味が複雑というか、ちょっとだけむずかしかったりもします。

なので、この言葉は使ってもいい場面と、使っちゃうと人間関係がちょっと悪くなるようなシチュエーションもあったりします。

なんて読むのか、けっこう気になりますよね!?
では、今回は「態々」という漢字についてご紹介していきますよ!

️「態々」は意外とみんな使ってる言葉!

「態々」。

この漢字を読める、という人はどれくらいいるでしょうか?
けっこ難しいですよね。

でも、実際に読み方を聞いたら、きっとみなさん「あ~、よく使うわ!」って言うと思います。

普段、けっこう普通に使っている言葉でも、漢字で書くと読めないものってありますよね。

それに、あまり本当の意味や、本来なら使うべきシチュエーション、さらには使わないほうがいいシチュエーションについてよく知らずに使っている場合も多いですね。

「態々」という言葉も、どちらかというと意味を深く考えて使っていない言葉と言えると思います。

でも、なんとなくみんな普段から使って話しているんです。

だから、じつはあんまり使わないほうがいいシチュエーションでも使っちゃっていることも多くて、本来の意味を知っている人からすると、ちょっと不快に感じたり、誤解を与えるようなこともあるかもしれませんね。

言葉は、自分の気持ちを相手に伝える大切な道具です。

正しい言葉の選択や、正しい使い方をしないと、自分の本当の意図や気持ちや考えを正確に伝えられないこともあるし、自分が伝えたいと思っていたことと、相手が受け取った内容に
食い違いがうまれることもあります。

だから、「態々」という言葉も、正しい意味と使い方を今回調べて、マスターしていきましょう!

️態々の読み方

「態々」という漢字ですけど、いったいなんて読むのか・・・難しいですよね!
「態」と「々」という二つから成り立っているので、多分同じ言葉を繰り返すのでは?という予想はつくかもしれませんね。

ちなみになんですが、「々」ってなんて読むか知っていますか?
「々」は、同じ漢字が続くときに使われているものですよね。

「久々」とか、「時々」とか、「人々」など。

さらに、「佐々木」などの苗字などにも使われていることがあります。

じつは、「々」って漢字ではないんですよ!
記号です。

和製漢字としても紹介されていることもありますが、正式には漢字ではないそうです。

同じ文字が繰り返されるときに使われる記号で、同の字点とか、ノマ点と呼ばれています。

カタカナの「ノ」と「マ」をくっつけて書くので、ノマ点です。

でも、正確に言うなら同の字点と言われています。

この記号は、同じ文字を繰り返すときに使うものなので、これ自体に読み方があるわけではありません。

「々」の前にある漢字をもう一文字繰り返している、ということになります。

“たいだい”ではありません

では、「態々」に戻りまして、「態」という漢字を二つ繰り返したという、この言葉。

いったいなんて読むと思います??
「態」という漢字は、音読みでは「たい」って読みますよね。

そうすると「たいだい」って読む人は多いかもしれません。

でも、「たいだい」って何でしょう?
それに、普段使う言葉ではありませんね。

なので、「たいだい」ではないんです。

ということは、もう一つ、音読みではなく、訓読みするとどうでしょうか??

“わざわざ”と読みます!

きっと、もうこの辺で答えを出せた方は多いのではないでしょうか?
そうです!
「わざわざ」って読むんです!!
「態態」=「態々」は、難読漢字として扱われていて、わたしたちがいつも使っているのに、漢字にすると読めない言葉の一つなんですね。

「わざわざ」と読むなんて意外じゃなかったですか!?
というか、「わざわざ」という言葉に漢字があったとは!と驚いた方もいたのではないでしょうか?
たぶん、「わざわざありがとうございます。」とか、「まあ、わざわざすみません。」などとけっこう普段使っている言葉ですよね。

普段は、全然意味とかを真剣に考えずに、気にしないでなんとな~く使っている言葉だと思いますけど、漢字で「態々」って書くと、なんだかちょっと意味深におもえてきませんか?

️態々の意味


「態々」は「わざわざ」と読むことがわかりました。

では、「態々」ってどうゆう意味?って聞かれたら、なんて答えますか?
説明しようと思うとちょっと難しい・・・。

そんな言葉ですよね。

「わざわざ」は、「わざわざ」だよ!って言いたくなるくらいです。

考えたけど、言葉で説明しようとしてもなかなかできない、そんな、なんとなく雰囲気で使っている事の多い言葉だと気づきますよね。

なので、読み方がわかったところで、次に意味について調べてみたいと思います♪

特別にそれだけのためにすること

「態々」を辞書で調べてみました。

そうしたら、すごく納得できる説明が載っていましたよ!
当たり前ですけど。

「態々(わざわざ)」とは、何かついでにということではなく、労力を惜しまずに特別に行うこと、そのためだけにするさま、という意味だそうです。

確かに、「わざわざありがとうございます。」っていう時って、特別にしてくれたことに対してのお礼として言いますね!
労力をかけてしてくれたことに対する感謝です。

なので、なにかついでにしたようなことには、”わざわざ”、「わざわざ」ってつけませんね。

わざと・故意に

さらに、2つ目の意味としてわざと、故意にという説明がありました。

「故意に」というのは、わざとやっていることや、その気持ちを表します。

さらに、ちゃんと自分の行動や行為がどんな結果を生じさせるか、ということをちゃんと認識し容認していながらの行う時の心情を表しています。

なので、「彼はわざわざ足を出して私を転ばせた。」というように、わざと行う行為や、「故意の罪」というように、ちゃんと罪の意識があったり、結果を理解していながら意図的に行う罪についても、「わざわざ罪を犯す」というような言い方をするんですね。

しなくて良いことをすること

それで「わざわざ」って、しなくてもいいことをするときや、されたときに使う言葉でもあります。

「わざわざ来なくてもよかったのに!」みたいな感じです。

「別に来てもらわなくてもよかったのに、なんで来たの!?来なくてもよかったのに!」っていうニュアンスが感じ取れますね。

しなくてもいいことをしてくれるとき、ちょっと迷惑に感じたり、それでイラっとしたりすることもありますよね。

だからこんなこともあるかもしれません。

例えば、嫁姑問題で、嫁の家で何かちょっとしたトラブルがありました。

でも、それは嫁の家での問題であり、姑には直接関係ありません。

でも、姑はその事実を聞き付けて、もういてもたってもいられなくて、すぐに息子と嫁のところに飛んできて、嫁にあーだこーだと騒ぎ立てます。

そんなとき、イライラした嫁がわざと、「わざわざ」という言葉を使って、皮肉的たっぷりに「お母さんが”わざわざ”来てくださらなくても大丈夫だったんですよ~」って言うんです。

どうでしょう?
「来なくてもいいのに、なんで来たのよ!逆に迷惑なのよ!!」っていうのが、伝わりました??
しなくてもいいことをしてきた人に、「わざわざ」って言葉を使うこともある、というお話でした。

ちょっとマイナスイメージ

なので、「わざわざ」ってちょっとマイナスイメージの言葉でもありますね。

相手が労力をつかって、ついでにではなく特別な配慮を払ってしてくれたことへのねぎらいの気持ち、感謝の気持ちを伝えるときに、「わざわざ」と言うのは、それはプラスの意味として使っているでしょう。

でも、しなくてもいいことなのにすること、さらには故意にしている、わざとする、といった意味として使う時は、それはマイナスの印象を与える意味となってしまうわけです。

だれかがあなたに、「わざわざ言わなくてもいいのに~」とか「わざわざ電話をかけてきたよね」と言うなら、それは「しなくてもいいことをあえてしてきた」という受け止め方をしているように受け取れますね。

さらに、その人はあなたの行動を良いものとして受け止めていない、むしろ迷惑に感じている、という印象も与えますよね。

「どうしてわざわざ来たの?」とか言われると、「こなきゃよかったのに!」という意味にも聞こえますもんね。

ということで「わざわざ」は、マイナスのイメージがある言葉なので、使い方にちょっと注意が必要で、あまり考えないで使っちゃうと、相手に誤解やいやみっぽい失礼な印象を与えてしまうこともありそうです。

️態々の語源

「態々」とは、ついでとかではなく、そのことのために特別に行うことを意味していて、故意に行うことであることがわかりました。

それで、ときにしなくてもいいことをすること、を意味することもあり、マイナスなイメージを与える言葉でもありましたね。

わたしたちは、この言葉を”わざわざ”意味を考えて、使うことってあまりないですよね?
もしかしたら、なんとなく使っている言葉の一つではないでしょうか?
そんな「態々」という言葉ですが、語源はどこにあるのでしょうか?
なんで「わざわざ」は「態々」という漢字で表すのでしょうか??
ちょっと調べてみたいと思います。

態=意識的に何かをすること

「わざわざ」とは、漢字で書くと「態」という漢字が2つ並んだ言葉ですね。

この「態」とは、それだけだと物の形や様子、ありさま、さらには振る舞いを意味します。

「態」自体は名詞なのですが、そこに各助詞の「と」がつくとどうなるかというと、「わざと」とよみます。

「わざと」とは、意識的に何かをすることです。

それで、「態」には意識的に何かをするという意味があるようです。

態と=わざと

「わざわざ」が「態々」と書くのは、「わざと」という言葉を感じに変換すると「態と」になることを考えるとすごく納得が行くのではないでしょうか?
さらに、わたしたちはよく故意に何かをしたときに「わざとやった」ということがありますよね。

それは、意識しておこなったことであり、偶然ではありませんね。

偶然ではない、つまりは特別な労力を傾けた、ということです。

そこから態々が生まれた

それで、「態」という漢字には意識的に何かをすること、という意味が含まれ、「わざと」とは「態と」という漢字で表されるとなると、やはり「わざわざ」という言葉が「態々」と書くのは納得できますね。

この「わざわざ」という言葉は、古語に由来していて「態々し」という表現が出てきます。

そして、「態(わざ)」には、意識的に何かをするという意味があるので、その「態」が2回繰り返されることにより、「わざとらしい」という意味になったようです。

️「業々」との違いは?

でも、ここですごく大きな疑問が残ります。

じつは、「わざわざ」という言葉を漢字に変換すると「業々」ともなるんです。

これって、何か意味の違いがあるんでしょうか?
それとも、同じ意味ですがそれを表す漢字が2つある、ということなんでしょうか??

あえて何かをやること

じつは、「業」が2つ並んだ「業々(わざわざ)」は、あえて何かをやること、という意味があります。

それで、「わざわざ御見舞にきてくださり、本当にありがとうございます。」というように、あえてしてくれたことに対して使う表現なんです。

「態」が2つ並んだ場合は、それが「わざとらしい」とか、「しなくてもいいことをする」と言ったマイナスなイメージを持っていたのに対し、「業」を2つ並べた「わざわざ」は、そのようなマイナスな要素は見つかりません。

それで、「業々」と書く場合には、ついでとかではなく、特別にしてくれたことや、特にそのためだけに、あえて行う、ということを意味しているといえます。

労いの意味がある言葉

それで、「業々」は、相手がしてくれたこと労をねぎらう意味があります。

先程、例としてあげたように、「業々御見舞にきてくださり、本当にありがとうございます。」というのは、しなくてもいいことをしてくれた、という意味合いは全くありません。

むしろ、お見舞いに来るということのために、時間とかお金や労力を使ってくれた、そのことに対しての労いの意味を込めた表現です。

感謝やお詫びに使える

それで、わたしたちはときに「わざわざすみません。」と言うこともありますよね。

それは、きっと相手が払ってくれた労力への認識と感謝とともに、そんなことをしてくれたことへ「申し訳なかった」という気持ちが伴っていることでしょう。

相手があることのために特別に払ってくれた労力や犠牲へのお詫びと感謝の気持ちを表現しているわけですね。

なので、ここにイヤミの感情とか相、手がわざとらしいことをしている、というような否定的なメッセージは一切込められていません。

なので、「業々」と書く場合には、それは労いの気持ち、感謝やお詫びの気持ちが表現されていて、「態々」と表す「わざわざ」の意味とはちがってくるわけです。

逆に言うと、「態々」と書くときには、それには「わざとらしい」とか、「しなくてもいいことなのに」とか、そんな感情が含まれている事がある、ということになりますね。

だから、お手紙などでもお詫びとか感謝とか労を誠実にねぎらっているときには、「態々」という漢字は使わず、「業々」と書きましょう。

️態々の使い方

では、「態々」はどんなシチュエーションで使うことができるのでしょうか?
「態々(わざわざ)〜」といった、よく使うフレーズをピックアップしてみました。

態々ありがとう

よく使うフレーズとして、「わざわざありがとう!」と言うときがありますね。

ただ単に「ありがとう!」ではなく、「わざわざ」をつける、ということにはどんな意味があるのでしょうか?
たぶん、多くの場合は意味合い的には、特別に払ってくれた労力へ労いの気持ちから言っているのでしょう。

例えば、学校や仕事場に何か忘れ物をしたとします。

家に帰ってその忘れ物に気づいたけど、今日は雨がひどいから明日までそれはそのままにしておくことにしました。

しかしなんと、友人がその忘れ物に気づいて、それをあなたの自宅まで届けてくれたのです。

そんなときには、「雨なのに、わざわざ届けてくれてありがとう!」って言うことがあるでしょう。

この場合、もしかしたら2つの意味に受け取れるかもしれませんね。

雨という足場の悪い中で、それでも自分のために遠回して家に忘れ物を届けてくれた、その特別な親切に対して、本当にありがとう、そして迷惑をかけちゃってごめんね、という相手がしてくれた行為への労いと感謝の気持ちです。

それなら「業々」という漢字のほうが合っていますね。

しかし、もしかしたら相手がしてくれた行為がちょっと迷惑に思えることもあるかもしれません。

「そんな雨の日に”わざわざ”届けてくれなくなってよかったのに。」という気持ちです。

この場合は、しなくてもいいことをしてくれちゃったよ、という気持ちが入っているので「態々」が正しい漢字ということになりますね。

態々来たのに休館だった

遠出して、わざわざ訪れた場所が、ちょうど休館日だった、ということもありますよね。

なんでちゃんとチェックしておかなかったんだ!と悔しく思う時もありますし、ちゃんと前もって休館日をチェックしておいたのにたまたま臨時の休館になっていて、タイミングが悪かった、ということもあるでしょう。

何かのついでに来る、というのではなく、この日のためにちゃんと前もって準備をしたり、仕事の休みや都合をつけて来たというのに、休館だったというときには「わざわざ」という言葉を使いたくなります。

特にそのために労力をつぎ込んで、予定をつけたのですから・・・。

次の日など別のときにもう一度都合がつけられるとするなら、まあしょうがないと思えるところですけど、ただ一度きりのチャンスとして来たのに、休館だったらかなりやるせない気持ちになりますね。

「ここを訪れるためにどんなに努力と時間とお金を使ったのか!」ということをアピールしたくなりますから「わざわざ来たのに!!」って言いたくなるわけですね。

態々お見舞いに来てくれた

病気になったり、事故にあってしまったときに、知り合いの人が都合をつけてお見舞に来てくれた、というときにも「わざわざお見舞に来てくれた」って言いますよね。

その人が、来るのが当たり前の立場の人、例えば事故を起こした加害者だったり、家族だったりするなら「わざわざ」とは言いません。

でも、もし本来なら来なくてもいい人が、自分をとても気遣って”わざわざ”都合をつけて来てくれたなら、「わざわざ来てくれた」って言いたくなりますね。

自分のために払ってくれた労力や関心への感謝の気持ちが読み取れますね。

でも、これがまた、ちょっと誤解を招くこともありますね。

「わざわざ来てくれた」というと、「別に来なくても良かったのに」みたいな、来られてちょっと迷惑しているんだけど、といようなちょっとイヤミに聞こえてしまうこともあります。

態々最後まで案内する

「わざわざ最後まで案内した」と聞くと、なんか意図があって、わざと最後まで案内したというように聞こえますね。

本当は、最後まで一緒にいる必要もなかったし、案内しなくてもよかったんだけど、ある意図や理由があって、最後まで案内することにしたんだ、というように受け取れます。

さらに、受け身としての報告で、「〇〇さんが最後まで案内してくれた」と言うなら、最後まで自分たちに付き合って、丁寧に対応してくれた人がいたんだよ、っていううれしい報告に聞こえるけど、そこに「わざわざ」がつくと、それがなんだかいい迷惑だったかのような印象を受けますね。

または、そんなことをする必要もないのに、最後まで付き合うという親切な行動に感謝しているのかな?と、ちょっと疑問に思ってしまいますね。

でも、漢字で「態々」と表現するとなると、やっぱりいい迷惑だった、というような意味合いが強くなるように思います。

「態々」してやった、「業々」してくれちゃって迷惑だった、みたいなイメージで、ちょっと消極的ですね。

感謝というよりは、最後まで案内してくれたことがありがた迷惑だった、というような言い方に聞こえます。

️態々は目上の人には失礼?

「わざわざ」という言葉は、「態々」と書きますけど、「業々」とも書く、ということがわかりましたね。

感謝や労をねぎらう気持ち、そして謝罪のときにも使う表現です。

そのような気持ちの場合は、漢字としては「業々」と書くようですね。

相手が特別に労を払ってしてくれたことや、その気持に対する認識や感謝の気持ちが伝わります。

しかしながら、「わざわざ」を目上の人に使うのは失礼に当たるのではないのか!?という意見も見つけました。

では、「わざわざ〜」という表現は、目上の人に対しても使ってもいいのでしょうか?
それとも、別の言葉に置き換えて表現したほうが無難なのでしょうか??

誤解を生みやすい言葉

なぜ、「わざわざ」という言葉を目上の人に使うことが失礼に当たる、という意見があるのでしょうか?
それは、「業々」には労をねぎらう、という考えがあるからです。

労をねぎらうって、ちょっと上から目線だと思いませんか?
「ご苦労様」も、上から目線ですよね。

一般に、「お疲れ様です」は同僚や目上の人に使いますけど、目上の人には「ご苦労様」とは言いません。

意味は同じなんですけど、日本人にとって労をねぎらうのは目上の人にはしない、という認識があります。

それで、「わざわざ」という言葉を、目上の人にするのはちょっと違和感を感じる人もいるようです。

それで、もし、目上の人が何か自分に対して特別な配慮を払って行ってくれたことや、特にそのことだけのために行ってくれたことに対しては、「わざわざ〜してくださって」よりも、具体的な言葉を使って言い換えたほうが、上から目線と捉えられなくていいのかもしれませんね。

これは、自分に関して使うときも一緒です。

自分に関して「わざわざ〜したのに」とか「〜について、わざわざ〜」というような言い方をすると、それは何かを相手にしてやった!という印象を与えます。

それも上から目線ですよね。

してやった感を目上の人には普通出さないでしょう。

それで、自分の行動についても「わざわざ」とう言い方をすると、それはちょっとイヤミっぽかったり、労を押し付けがましくアピールしているような印象を受けたり、上から目線で喋っているイメージを与えることがありますので、気をつけたほうがいいでしょう。

余計なことをしたと思われる場合がある

さらに、「わざわざ」には「しなくてもいいことをする」という意味があるので、難しいんですよね。

先程の「わざわざ」を使った表現の例をいくつかご紹介したときにも触れていますけど、「ありがとう」という言葉でも「わざわざ」がつくと、それは余計なことをしてくれた、とか、迷惑しているんですけど、といった意味が含まれているのではないか?と考えてしまいます。

「しなくてもいいことを、してくれちゃって・・・」というイヤミっぽい言い方に聞こえる場合もあるわけです。

それで、もし何かいただきものをした時に「わざわざありがとうございます」というと、「持ってこなかったほうが良かったのかな?迷惑だったのかな?」と心配になってしまう人もいるようです。

まあ、多くの場合には、「普通ならそこまでしなくても良かったんだけど、こちらのことをよく考えて持ってきてくれてありがたいです」というような気持ちで「わざわざありがとう」って言うと思いますし、そのような意味合いで「わざわざ」を受け止めることができるわけですけど、それでもやっぱり、受け取る人が違えば、「わざわざ」は誤解を招きやすい言葉ではあるわけです。

じぶんのためにしてくれたことへの、へりくだった気持ちから「わざわざ」ということもあれば、余計なことをしてくれたという気持ちからの「わざわざ」もあるわけだから、すごく難しい表現ですよね。

もし、自分としてはその気がなくても、相手はその「わざわざ」という表現から、あなたにイヤミを言われたと勘違いしたり、目上の人からしたら上から目線で言われた、という印象を受けることもあるわけなので、誤解を招きそうな場合にはあまり使わない方がいいのかもしれませんね。

わざわざを言い換えて使う方が無難

というわけで、目上の人には失礼に当たることもあったり、感謝や自分のためにしてくれあことへの申し訳なかったという気持ちから「わざわざ〜」と言ったつもりが、それがイヤミや迷惑に思っている、といように捉えられることもある、ということから、誤解を招きそうな場合には、「わざわざ」と言いたいところを言い換えて別の表現に置き換えたほうが良さそうですね。

では、どんなふうに置き換えて表現することができるでしょうか?

お足元の悪い中お越しいただき…

例えば、もし葬儀の日の挨拶などで、参列者に対して来てくれたことへの感謝の気持ちを伝えたい、としましょう。

それも、その日はちょうど雨だったり、冬場で来ることに多少なりとも努力が必要だったとします。

それでも、参列してくださったことへの感謝の気持ちを伝えたいわけです。

「今日はわざわざお越しいただき・・・」ということももちろんできます。

でも、「わざわざ」という言葉が、上から目線とかしなくてもいいことをするなどと言ったニュアンスがあることを考えると、それを聞いた人たちの中にはなんだか違和感を感じたり、心地よくない響きに感じることもあるようです。

それで、「わざわざ」ではなく、「今日はお足元の悪い中お越しいただき・・・」と言い換えることもできるでしょう。

それなら、相手が払ってくれた労力への認識や感謝の気持ちを上手に伝えることができるのではないでしょうか?

遠方までお越しいただき…

これは、結婚式のスピーチのときにお同じですね。

新郎がスピーチでよく使っているのを耳にしますけど「今日はわたしたち2人のためにわざわざお越しいただき・・・」って言っていることがあります。

まあ、それでも間違いではないですけど、それよりも「今日はわたしたち2人のために遠方までお越しいただき・・・」のほうが、相手への敬意が伝わるかもしれませんね。

同じ意味を伝えたいとしても、言葉の選択でかなり受け取る側の印象が変わることってありますよね。

特に、今回の「わざわざ」には、故意に行うとか、しなくてもいいことをする、と言ったちょっとマイナスなイメージの意味も持ちあわあせている言葉です。

なので、受け取るほうの人が「わざわざ」にマイナスのイメージを強く持っていると、こちらはそんな意味で言ったわけではないのに誤解される可能性も高くなります。

さらに、労をねぎらうということで、どうしても上から目線の言葉に聞こえてしまうという人もいるようです。

なので、公の場とか、目上の人に対しては「わざわざ」ではなく、「遠方まで」というように、具体的な労力を認めていることを表現したほうが良さそうですね。

自分の行動に使うのもタブー

そして、最後に先程も少し触れていますけど、自分の行動に対して使うのもやめときましょう。

自分の行動に使っちゃうと、なんだか自分が払った労を押し付けがましい人みたいに聞こえちゃうからです。

態々よりも業々の方が好印象

そして、「わざわざ」と漢字にするときには、「態々」よりも「業々」のほうが好印象です。

「業々」なら、余計なことをしているという印象ではなく、払ってくれた労をねぎらうという意味だけだからです。