執着心が強い人や、自分の価値観に対してこだわりが強い人というのは、1度ベクトルの向いた対象に対して、とても深く依存してしまう傾向があります。

依存の対象になるのは、物だったり、はたまた人間だったり、人によってさまざまです。

特に、人間に対する依存というのは厄介なもの。

物であれば自分の好きなように扱うことができますが、相手が人間ともなると、そうも行きません。

「依存しているな」「依存されているな」と悩んでいる人や「もしかして依存なのかも」と自分の行動や思考に違和感や変化を感じている人は、1度依存とはどんなものなのか考えてみてください。

依存をしてしまう動機は多種多様ですが、極度の依存は時に人を悪い方向に変化させてしまう可能性があります。

そもそも依存性が高いものは、それだけ依存している人にとって魅力的な部分があるということです。

依存は人の弱い部分を補うためにしてしまうケースが多いと言われているので、なにかの拍子に魅力に取り込まれて依存してしまうと、人生が大きく変わるほどの激動を生み起こしかねません。

依存による影響は良くも悪くも、人に少なからず変化を与えるでしょう。

依存しすぎるとよくない10個の理由

依存してしまう対象の一つとして、恋人という存在があります。

恋人と言うからには、他の人よりも多くの好意を寄せ、特別に思っている相手であると言えるでしょう。

言わずもがなそれも当然のこと、大して興味の無い相手には、依存なんてしたりしません。

依存というのは、本人にとって重要度が高いものに対して発生しやすい現象です。

生活している中で、考える時間が長かったり、接する時間が長いものは、必然的にそこにあって当たり前の存在となります。

当たり前の存在こそ、無くなってしまった時の喪失感は想像以上に大きいもの。

そもそも依存とは、しようと思ってできるものではありません。

いつの間にか気付かないうちに、陥ってしまっていることが大半です。

一般的に、恋人になるとその相手と過ごす時間が増えていきます。

他の人よりも優先度が高く、特別な存在となる人ですから、実質的にその人に対して使う時間が多くなると共に、頭の中でその人のことを考えている時間も増えるでしょう。

人によって愛情表現の方法や恋愛に費やす時間や方向が違いますから、一概に全員が全員そうという事はではありません。

しかし、いわゆる恋愛体質の人は、恋人という存在に依存してしまいがち。

恋人にかける時間やパワーが大きければ大きいほど、依存性も同時に高まっていきます。

共依存と回避依存

恋愛における依存には、大きく分けて2パターンあります。

共依存と回避依存というものです。

特に、一度陥ると抜け出しにくいのが「共依存」。

共依存は、片一方は「愛したい」もう片一方が「愛されたい」と思っている状態のこと。

人によっては「養いたい」「養われたい」と思い合っている関係の時もあります。

こうしたカップルは一見相思相愛で、互いの願望を叶え合っている良好な関係に見えますが、実際はとても危うい状態なんです。

「愛したい」と考えている人は、自分の存在を誰かのために捧げようという献身的な姿勢と犠牲心が強い人です。

これは自分に自信がない人が、誰かに尽くすことで自分の存在意義をその人に依存するケース。

「愛されたい」と感じている人は、誰かを必要とされることで自分の存在理由を見出してるのです。

いずれにせよ、自分の価値を自分で認めておらず、他人に自分の存在理由を預けてしまっている状態です。

自分を必要としている人がいる、自分に必要にされたがっている人がいるという満足感を得ることで、自分を認められるようになるのでしょう。

しかし、共依存は「相手の言うとおりにしてしまう」「相手になんでも任せてしまう」というような他人任せの関係になりかねません。

相手の存在に依存するがあまり、離れることが怖くなってしまい、果てには「自分がいないとこの人はダメなのだ」と思い込んで現実が見えなくなってしまうのです。

こうした状況に陥ると、依存している相手がいない人生が考えらないほどにのめり込み、その状況が傍から見たらとても酷い状況だったり自分が傷ついている状態だったりしても、気づかないということもあります。

結果共倒れしかねません。

もう一つの依存タイプ、「回避依存」は幸せになる状態からあえて回避してしまう人のことです。

人と親密になることを避けたり、関係を結んでも自分が幸せになれないような相手との恋愛をあえて作ったりして、自分自身を幸せから遠ざけてしまうのです。

こういう人は、プライドが高く、支配的な一面があると言われています。

彼女の場合

彼氏に依存してしまう女性は、とても愛情深く、恋愛に対して一生懸命な人なのだと言えます。

しかし依存度が高過ぎると良くありません。

まず、依存に陥っているか、いないかを簡単に診断するには「相手の反応ばかりを気にしていないか」というのがポイントとなります。

彼に嫌われたくない、彼の為にならなんでもできる、彼の言いなりになってしまう…こうした状況が日常的になってしまっている方は要注意です。

相手のことばかりに意識が集中してしまう状況は依存のサイン。

相手のことばかりを優先して自分のことがないがしろになってしまうと、次第に自我も閉ざされていきます。

依存症になっているかもしれない…と少しでも気になっている方は、これを機に自分の行いを振り返ってみてください。

1.周りが見れなくなる

依存の最も象徴的な症状として、「周りが見れなくなる」というものがあります。

これは先ほども言ったように、「相手(彼氏)の反応ばかり気にしている」からこそ起こるものです。

どんな時も、どんなものよりも、彼氏を優先してしまう、彼の反応をうかがってしまう。

という人は、依存の危険性が高いのです。

自分の考えはさておき、彼の望むことを第一に考えてしまうということは、相手を思いやっている証拠ではあるのですが、これが行き過ぎると自分の考えや意思が押し殺されて息苦しくなり不満が溜まっていきます。

彼の意思がイコールで自分の意思であればいいのですが、きっとそうではないはず。

依存に陥っている人は、彼こそが「正」なのだと脳内で勝手に意見をあわせてしまいますが、癖のようにそう思い込んでしまっているだけなのです。

彼のことばかりを考えてしまう

彼のことばかり考えている…といえば、なんとも情熱的な恋愛をしているような心境に思われるかもしれません。

ですが、これは言ってしまえば彼氏に振り回されている状況だということを知りましょう。

彼に合わせることがさも当然になると、自分の意思が尊重できないようになって、なにをするにしても「自分がどう感じるか」よりも「彼がどう感じるか」を最優先するようになってしまいます。

自分のペースで行動することができないというのは、思っている以上にストレスになります。

いつも相手のペースで行動する必要はありません。

恋人だからと言って、全て相手の思い通りにならなければいけないわけじゃないのです。

彼の意思ではなく、自分の意思で自己をコントロールしましょう。

まずは、彼の日常より自分の日常、彼の感情より自分の感情に目を向けてください。

恋人は互いにそれぞれのペースを保ちながら、バランスよく共存していける自然なスタイルであることが大切です。

2.成績が落ちる

極度の依存に陥ってしまった人は、学校や仕事における成績が下がっていく傾向があります。

なぜなら彼氏に依存している女性は、相手優先の生活になるがゆえに自分のペースで行動することができなくなります。

相手のことばかり考えて、それ以外のことに手が付かなくなるのです。

一緒に居る時はもちろんながら、離れている時こそ、相手の様子が気になってしまい頻繁に連絡をとったりすることが増えます。

自分のために使う時間が極端に減っていくのです。

勉強などに集中できない

依存している相手のことは、いつ何時でも脳裏から離れません。

それこそ、なにをするにしても、その人の姿が思うかぶでしょう。

目の前に彼が居ない時は「彼は今、何をしているんだろう」「連絡が返ってこないのは何故だろう」などと、姿が見えない分、余計に彼のことが気になってしまい、どうしても、他のことに集中できなくなってしまうのです。

こうした結果、勉強や仕事への集中力が続かなくなり思うような結果に結びつかなくなります。

恋愛をすることで、日々幸福を感じながらモチベーション高く物事に取り組むことが本来あるべき理想の姿ですよね。

しかし、恋愛をしたせいで自分自身のステータスが落ち込んでしまうというのは、なんとも本末転倒。

「恋愛しているから勉強できませんでした」なんていう言い訳が通じる場所は世界中を探してもどこにもありません。

3.自分中心になる

依存していると相手のことばかりになってしまう…と紹介しましたが、これが転じて「自分中心」になってしまうことがあります。

彼のためをと思ってアレコレ気を利かせて精一杯尽くしている女性は、「私がこれだけやっているのに、どうしてあの人は分かってくれないの!?」と不満を抱くようになります。

これは、依存の兆候。

自分が思う通りに相手が動いてくれないとイライラしてしまう、ついつい過干渉気味になってしまうという人は、相手を優先しているつもりが結局自分のことばかりになってしまうんです。

こういう不満は、彼氏に尽くしている女性、つまり依存している女性によくあるパターンの一つ。

自分のことばかりはなしていたりする

何を話すにしても「私はこうしているのに何故してくれないの?」「私のことどう思っているの?」などと、自分のことばかりになってしまいます。

4.ネガティブになる

依存している人は、いつも彼の顔色を窺ってビクビクしたり、イライラしたり、自分ではコントロールできない相手の感情に左右されるような生活を送るようになります。

基本的に決定権は全て彼氏が握っている状況になりますから、自分の意思に背いた行動をとることや不本意な状況に陥ることも多くなります。

こうした生活を過ごす中で、他の部分で楽しみやヤリガイを見つけられなくなってしまうことも。

彼氏に合わせる「クセ」がついてしまっている人は、なかなか自分の変化に気づきにくいのですが、自分の意思とは反することばかりしていると、心の中にストレスや不満が溜まっていって、いつもどことなく消化不良な気分になってしまうのです。

常に不安がつきまとう

彼氏がちょっと機嫌が悪いだけで「何かしてしまっただろうか」「怒らせることをしてしまっただろうか」と不安になったり、忙しなく他人の気持ちに振り回されているのは、とても部の悪い状況です。

そもそも依存症の気質がある人は自分に自信が持てずに居る人が多いのですが、自分で考えることを放棄して彼氏の言いなりにばかりなっていると更に状況は悪化します。

彼の決断に身を任せっぱなしということは、自分で決断する機会がどんどん減少していくということ。

自ら考え、行動する積極性が衰えていきますので、いつどんな時も彼の意思・決定を求めなければ不安になってしまうのです。

本来の自分の本質を見失ってどこか不自然な自分になってしまうことのないよう、依存から抜け出す道を選びましょう。

5.彼氏に振られる

依存している女性は、男性から見ると「重い」という印象になりがちです。

彼氏が居ないと寂しさや孤独を感じてしまったり、時間を持て余すようなことが多いと感じてしまう人は多いでしょう。

こうした感情が強いほど彼への依存性や執着心が強いということです。

こうした想いを向けられることに優越感や満足感を感じる男性も居ますが、あまり受け付けない男性が居るのも事実。

多少の依存ならば可愛らしいと受け止められるものの、行き過ぎた依存は男性の気持ちや行動を制限してしまいます。

相手から依存され束縛された男性は、行動をコントロールされているような感覚になって嫌気がさしてしまうこともしばしば。

連絡を返さないとスグに泣いたり、ネガティブになったりする、毎度の行動に説明を求められたリ、アレコレと注文が多いとなってくると男性側としても辟易してしまいます。

追いかけてばかりいると飽きられてしまう

恋愛は駆け引きが大切です。

追われる恋愛というのは、追われる側からしたら気持ち的に楽ですが、追いかけられてばかりいると疲れて逃げ出したくなってしまいます。

依存性の高い女性はこれといった趣味が無かったり、友達が少なかったりするタイプが多いので、恋人ができると一直線に彼氏へ気持ちを向けていくというのが特徴でもあります。

他にすることが無いので彼氏の存在が生活の中心となってしまうのです。

暇さえあれば彼について考えたり、彼に連絡したりするので、相手からすると依存と束縛に苛まれて、自由を奪われているように思い、うっとおしく感じてしまうのでしょう。

彼氏の場合

さて、ここまでは女性が彼氏に依存するケースを紹介しましたが、ここからは男性が彼女へ依存してしまうパターンについて見ていきましょう。

女性も男性も相手に依存してしまうことがありますが、依存のタイプや特徴は性別ごとに違いがあります。

6.友達が減る

女性に依存する男性は、彼女ができると極端に彼女最優先の生活になります。

友達付き合いが悪くなり、何かにつけて真っ先に彼女。

彼女が何をしているか把握していないと気が済まない、毎日会っていないと気が済まないというように、常に彼女のことしか頭にありません。

このタイプは、話の内容もほとんどが彼女のことになったりするので、聞く側からしたら惚気ばかりを話す男友達を少々めんどくさいと思うでしょう。

こうなってしまうと、自然と友達も距離を置くようになります。

彼女ばかりのことを気にしてしまう

彼女の行動を逐一チェックしたり、暇さえあれば連絡を入れるなどして、彼女のことばかりを気にするようになると依存性は益々増す一方。

彼女がそれを良しとしているのであれば問題はないのですが、彼女の生活に支障を与える程の頻度で相手の行動を制限するようになるとフラれてしまう可能性が非常に高くなります。

無理に自分のぺースに彼女を付き合わせてしまうと、自己中心的な人だと思われて長く付き合っていくことはできないでしょう。

7.後ろ向きになる

男性の場合も、依存があまりに過ぎると考え方が後ろ向きになってしまい、いつも不安が付いて回るような生活になってしまいます。

「もしかしたら浮気しているのでは」「自分は信頼されていないのではないか」「満足してもらえていないのではないか」こうした不安や不信感から、彼女に対する依存はさらに大きなものとなり、彼女ありきの考えしかできなくなってしまいます。

後ろ向きになっていると、どんなこともうまく進みません。

仕事にせよ恋愛にせよ、前に向かうプラスのエネルギーがあってこそ成功へ近づくものです。

鬱々とした気分に苛まれていると周りの人も心配するでしょう。

しかし、彼女のことしか考えられない依存状態だと心配されていることにさえも気付くことができず自分を追い込む結果になります。

彼女が手綱を握るようになる

依存すると、彼女に嫌われたくない、彼女を幸せにしたい、という相手に向ける愛情から自分を犠牲にしてでも相手を優先した行動をとるようになります。

それが自分にとっても彼女にとっても最適な選択なのだと思い込んでいるので、何の疑問もなく彼女の意思を第一にするようになるのです。

しかし、こうした消極的で他人任せの言動ばかりをしていると、何をするにしても彼女が手綱を握ってどんな時も主権を持ちます。

するといつの間にか、年がら年中彼女の言いなりに。

8.束縛が激化する

依存の傾向としてより強く表れるのは束縛です。

自分が彼女を優先するように、彼女も自分を一番に考えてくれないと許せない。

彼女が自分以外のものに目移りするのが許せない。

というような考えを持つようになったら、依存レベルがとても高いものになっている証拠。

依存性や束縛癖がある男性は、女性の母性を求めていることが多い傾向があります。

自分から離れて欲しくない、甘やかしてほしい、というような願望を持っているんです。

大人になり、親離れしたことで、自分を好いてくれている彼女に対して母性を求め極端に依存してしまうパターンもよくある話です。

友達と遊ぶことなどにも言及してくる

束縛が激化していくと、彼女が女友達などと遊ぶことさえも許せなくなります。

男性と会うことなんてもってのほか。

たとえ女友達であっても、自分より他の人を優先している状況を良しとせず嫉妬するようになってしまうのです。

9.連絡がルール化してしまう

本来、メールやラインの連絡というのは、気が向いたときなどにラフな感覚でやり取りするもの。

仕事でもない限り、何時に必ず連絡をするなんていう決まりごとはないはずです。

しかし、彼女に依存するがあまり、連絡し合うことをまるで義務のように考えてしまう人もいます。

定期的に連絡してほしい

好きな人と、どんな時も繋がっていたいという気持ちから起こる束縛行動ではありますが、朝起きたら必ず連絡する、休憩には必ず連絡するというようなルールを作ってしまうと相手の自由時間を拘束することになります。

少しでも相手と連絡が取れない時間があると不安で仕方ないと感じている人は依存性が高く、とても不安定な精神状況だと言えます。

自ら進んでする連絡と義務的な連絡では気の持ちようも、楽しさも全く違うもの。

互いに納得したルールであれば良いのですが、一方的にこうすべきだと決めつけた頭ごなしの押し付けは絶対にしないようにしましょう。

10.優柔不断になる

彼女に依存している男性は、自分の意見を通すという場面が極端に少なくなります。

彼女を優先してばかりいるので、自分本来の希望は二の次。

こうした日々を繰り返していると、自分がどうしたいのか、どうすべきなのか、という判断力が鈍ります。

するといざと言う時に正し違判断を下すことができなくなる優柔不断な性格へと変化しかねません。

彼女にきめてもらうことが多くなる

依存している男性は、彼女の希望を汲んだうえで、自分の意思を持って決定しているのだと思っているのかもしれませんがそうではありません。

彼女の意思を優先することしか考えていないので、一人で物事を決断することができなくなるんです。

優柔不断になると、なにかにつけて彼女の意見を仰ぐようになり、彼女が求めている以外の部分でも自分で意思決定ができなくなってしまいます。

仕事・服装・行動など、全てにおいて彼女がセレクトした選択肢によって埋められているような状況では、真っ当な判断力や行動力が欠如していると言っても過言ではありません。

彼女が決めることが全て良いものなのだと、それで満足してしまっている人は母親に感じていたような安心感を彼女に求めているのかもしれませんね。

彼氏、彼女に依存するとは?

もしかしたら、彼氏・彼女に依存しているかもしれない。

…と少しでも思い当たるような節がある人に見られる傾向を改めて具体的にまとめて見てみましょう。

ずっと隣にいてほしい

「相手の隣にずっといたい」
「離れる事なんて考えられない」
「この人には自分がいないとダメなのだ」
「この人がいないと自分はダメなのだ」
「恋人にもっと認められたい」
「恋人の役に立つなら何でもしたい」
「友達や趣味よりも恋人が最優先」
「恋人に嫌われたら生きていけない」
「LINEやメールで逐一恋人から報告が欲しい」
「一人だとなにも決めることができない」

上記に3つ以上当てはまる人は完全に依存体質だと言えます。

相手の存在が自分にとっての全てなのだと思ってしまっている人や相手の存在があってこその自分だと思ってしまっている人は、その考えが身を滅ぼしかねません。

いないと落ち着かない

依存している人は、一人だと何をするにも不安になってしまったり、彼氏・彼女の判断を聞かないと自分では物事を決断することができないようになります。

恋人だからといって、朝から晩まで一緒に居られる環境というのは非常に稀有なものです。

相手に依存しきってしまっていると自分の個性が失われていくので仮に別れる様な事になった場合、自分を見失ってしまう可能性もあります。

激しい束縛をしてしまう

依存と束縛は紙一重の存在です。

依存していると束縛してしまう、束縛するほど依存してしまう。

この2つは切っても切り離せない関係だと言えるでしょう。

自分的には依存や束縛をしていないつもりでも、いつの間にか依存して束縛行為をしている人も多いんです。

依存しないためにすること

依存することで本来の自分を見失うようなことがないよう、自らの意思を持って依存体質から抜け出しましょう。

依存は、なかなか簡単に抜け出すことができない厄介なものですので自らが「変わりたい」と強く思って行動する意思がとても重要になります。

趣味を探す

依存することで安心感や満足感を得ている人は、依存対象に向けるエネルギーを分散していくことを意識すると良いでしょう。

恋愛依存体質の人にありがちな特徴は「趣味がない」「友達が少ない」「コダワリがない」という点です。

とくに趣味がない人は、恋愛をしていたら恋愛にばかり目が行ってしまいます。

他に熱中できる趣味があれば、恋人の時間の他に、自分のための時間を作ろうとするものですが、趣味がなければ持て余した時間は全て恋人へと向いてしまうのです。

どんなことでもいいので、恋人以外の趣味を見つけましょう。

そして、恋人のことを考える時間を強制的に少なくしていくのです。

趣味を通じて、新しいコミュニティや視野を広げることができれば、恋人だけを見ていた頃とは物の見え方が違ってくるはず。

急に恋人との時間を減らすことはハードルが高いと感じる人は、まず2人で一緒にできる趣味を見つけるといいでしょう。

なにか別のことをしていれば同じ空間に居ながらも、互いにばかり意識が向くわけではないので依存性が和らぎます。

趣味でなくても、暫くの間一心不乱に仕事に打ち込んでみたり、友達と会う時間を積極的に増やしてみるなど気持のベクトルを別の方向へ向けるよう意識してみてください。

こうしている内に自然と恋人との接し方が変化してくるはずです。

この2つをしていく中で、新しく得られるものも沢山あるでしょう。

あなたにとって、最もて適度な距離感を見つけられるよう徐々に調整してみてください。

【趣味探しをする人へのおすすめは、こちらの記事もチェック!】

気持ちに余裕をもつ

いつも自分を追い詰めてネガティブで後ろ向きにばかりなっていては、心に余裕がなくなってしまいます。

依存傾向の強い人は、自分に自信がなく、つい弱気になってしまうタイプが多いので、少しずつ自分の意識改善をしていくことで依存性も弱まっていくと考えられます。

無理に背伸びをせず、ありのままの自分を認めるところからはじめましょう。

今の自分を受け止めてからが成長のスタートです。

身の丈に合わない洋服を身にまとったら、動きづらいし転倒してしまうのと同じことです。

自分が動きやすいようにするには、どうしたらいいのを考えてみてください。

一つの小さな気づきが、大きな変化に繋がっていくものです。

気持ちに余裕を持つためには、自分の中をなにか明確な目標を立ててみたり、ルーティンを決めてみたりするのが効果的です。

毎日気持ちをリラックスさせるために朝晩必ず深呼吸をする、音楽を聴いてゆっくり過ごす時間を必ず1時間作るなど日常にちょっとした変化を与えてみましょう。

最初から劇的な変化は表れないでしょうけれど、少しずつ改善に向かうでしょう。

携帯ばかり触らない

恋人に依存している人は、コミュニケーション手段となる携帯にも依存しがちです。

ちょっとした時間にも彼氏・彼女に連絡したりSNSチェックするなどして、束縛に繋がる行動をとってしまいます。

こうした行動を制限するためには、携帯に触らないことが一番。

依存体質の人はクセのように連絡が来ていないか小まめに携帯を確認したりする人も多いと思います。

物理的に距離を離して恋人と繋がる時間を減らしましょう。

または、恋人と連携して「9時から18時は仕事だから連絡をとらない」など共通のルールを作るのもオススメです。

会えない時間が愛を募らせるとも言いますから、本当に相手を思うのであれば、仕事とプライベートのオンオフを切り替えて互いの生活のことも尊重すべきです。

自立を目指す

恋愛依存は精神的な弱さが原因であることがほとんどです。

「自分は一人では不十分だ」「自分は一人では生きていけない」こんな風に思う弱い気持ちがある人は、恋人という存在に自分の存在を委ねてしまいます。

心のスキマや寂しさやを恋人の存在で埋めようと躍起になって、異様なほどに依存行為に走ってしまうのでしょう。

ただ、本来の恋愛は誰かに寄りかかることではなく、支え合うことです。

わざわざ、相手の顔色を窺って意見を合わせたり恩を売ったりすることは、ただの一方通行ですから、自分という存在の価値が相手の為になるような関係性になれることがベストです。

本当の愛は押し付け合うようなものではなく、自然と足りない部分を互いに補い合えるような優しく柔らかいものです。

ただただ求められることが価値ではなく、きちんと自立した一人の人間として意見を交わし、ぶつかり合いながらも認め合って楽しく笑顔で過ごせるような恋人関係を目指しましょう。

自立するためには、まず自分を見つめ直す時間をとることが大切です。

人から愛されることで自分を肯定するのではなく、まずは自分自身で自分を肯定してあげてください。

まとめ

ただ恋人の意見に沿って流されているのは、とても楽なことかもしれません。

しかしそこからあなたが得られるものはなにもありません。

依存は互いにいい影響を与えるどころか、人として堕落していく一方です。

恋愛に依存している人は、心から恋愛を楽しんでいるわけではなく、ただ誰かに依存したいだけなのかもしれません。

純粋な気持ちで恋愛をするためには、相手に変化を求めるのではなくまずは自分自身が変化していく努力が必要です。

結局は自分の気持ち次第です。

ただ依存しあうだけの関係なんて、長くは続きません。

自信をもって他人から求められるだけの価値を身につけてみてください。