あなたは、自分のことを生意気だと感じますか?または、あなたの周りには生意気といえるような人がいるのでしょうか。

しかし、何を持って生意気と定義しているのかきちんと説明してといわれたら、なかなかできないですよね。

生意気は生意気なのですから。

それにあなた自身が誰かに生意気といわれて、そんなつもりはないし、生意気ってどのようなことをいうのだろうと疑問に思われているかもしれません。

生意気という言葉は良く使われますが、いったいどのようなことをもってそう表現するのかを知らずに使っている人が多いのです。

この記事では、生意気とはいったいどのような意味をもっているのか?生意気と言われる人はどのような性格をしているのかをご説明していきます。

あなたの身の回りにいる生意気だと思う人、または自分自身が生意気な人だと判明するかもしれません。

しかし、「生意気でもいいじゃないか!」なんて思われる方もいるはず。

そのような方には、生意気でいることで損をするようになってしまうこともご紹介していますよ。

それを知れば、もう今日から生意気ではいたいと思わないかもしれません!
ぜひ生意気な性格を見直して、あなた自身の改革を行なってみませんか?

「あの人生意気だな~」と感じる人、身近に居ませんか

生きていれば、さまざまな人に出会うものです。

それは、賢い人でもあれば明るくて楽観的な人などいろいろな性格の人がいますよね。

十人十色という言葉があるように、同じ性格の人は存在しません。

しかし、たくさんの性格の人がいるこの世界には”生意気”とよばれる人が存在するのも確かです。

あなたの身の回りには、生意気だななんて感じる人はいるでしょうか。

もしもいないのであれば、あなたが誰かから生意気だと思われているかもしれません。

生意気という三つの感じだけでは、その意味をしっかり確認することはできませんよね。

なんだか若々しくて、若気の至りがあるようなそんな気持ちもあるはず。

しかし、実際にあなたが感じたことのある”生意気”な人ってどのような性格だったでしょうか。

若気の至りだからといって、その行為を簡単に許せましたか?ほとんどの場合がそうではないはずです。

なぜなら、生意気な人のことを多くの人は良いと思うことができないからなのです。

生意気だと思われると良いことはない


生意気だと一度でも思われてしまうと、良いことがありません。

幼い頃に「生意気な子供だなぁ」なんて思われていれば、これから改善のきざしがありますし、まだまだ子供ですから許してもらえます。

しかし、大人になって生意気な人だと認定されてしまうとなかなかそのレッテルをはがすことができません。

そのため、何をしても生意気な人だと思われるようになってしまいます。

その生意気な性格を改善しても、レッテルが貼られている限りあなたのことを生意気と思うのはやめられなくなってしまうのです。

生意気だと思われなくないですよね。

生意気な性格だったとしても。

私生活でも嫌煙されがち

でも生意気のままでもいいじゃないかなんて楽観的に考える人がいるかもしれません。

その考えは、この際に捨てましょう。

生意気な性格というのは、しっかりした人から見れば欠陥した人間です。

そのような人と時間を過ごしても、物事がなかなか進まなかったり、悪い事態が引き起こされたりして良いことが起こりません。

その結果として、さまざまな人から嫌煙されるようになってしまうのです。

人は支えあっていきていくものです。

それに誰かと関わっていくことで性格を改善し、人生をより良いものに代えていくことが出来ます。

しかし、誰かに嫌悪されてしまってはそれもできなくなってしまうのです。

あなたはそれでいいのでしょうか?
仕事など公的な部分だけではなく、プライベートな面でも嫌煙されてしまっては孤独を感じることになってしまいますよ。

それって生きている心地がしないのと同じなのです。

生意気の意味

では、生意気という言葉の意味はどういったものなのでしょうか。

あなたはどのようなイメージをお持ちですか。

生意気なものは生意気なのだから、とその意味を深く知りたいと思わないかもしれないですね。

しかし、生意気という言葉の意味、そしてどのような振る舞いをする人なのかを知っておくことで、もしも自分がそのような傾向があった場合にはスグに改善することができます。

また、あなたの周りで生意気な態度をとっている人がいればすぐさま、根拠ありきで注意することができますよね。

まぁ、生意気な人は注意されてもなかなか直そうとはしないものなのですが・・・。

では、さっそく生意気という言葉が持つ意味を見て行きましょう!

1、一人前でも無いのに偉そうに振舞うこと


生意気な人は、一人前でもない中途半端な人がなりやすいと言われています。

なぜならば、まだ一人前でもないというのに、誰に対してもまるで自分が偉いかのように振舞うからです。

簡単にいえば、どんなに目上の人に対しても、どう考えても同じレベルの人に対して上から目線なのです。

そのような人に対して、普通の人はなぜそんなことがいえるんだろうなんて内心不思議に思っています。

これまでにそんなに素晴らしい実績を残しているわけではないというのに、よくもそんなことがいえるんだな…。

なんて。

素晴らしい実績があってこれまでに目に見える形で結果を残してきた人がえばるのは、なんとなく納得がいくものです。

しかし、生意気な人はそのようなことがないくせに理由もなしに偉そうな態度をとっているんです。

特に目上に対してもそのような態度で接してしまうために、かなり評価が悪いものになりつつあります。

しかし、本人はそれに気づいていないので改善することがありません。

2、自分の自慢を見せびらかす人

生きていればそりゃあひとつやふたつは、誰かに自慢したくなるようなことがあって当然ですよね。

たまに自慢することはあったとしても、毎回のように自慢するなんてことはしないですよね。

しかし、生意気な人というのは、口を開けば自分の自慢話しか出てこないということがあります。

それって初めは聴いている人も「すごいなぁ」なんて思うかもしれません。

それでもその自慢話が続いていくと「また始まった」なんて呆れられてしまうようになってしまうのです。

相手がそのように感じていることにも、生意気な人は気づくことがありません。

そのため、永遠と自慢話をするモンスターと化してしまうのです。

自分を誰かに伝えたい気持ちはわかります。

それは誰だって抱いている気持ちです。

でも、わざと見せびらかしたり自慢してばっかりいると、その人の素晴らしい実績がそうではないもに変化してしまうんですね。

たまに自慢するからこそ、偉大性をもたせることができるのです。

毎回のように自慢するものではありません。

生意気な人の特徴6個

では、いったい生意気な人というのはどのような特徴があるのでしょうか。

これまでに少しだけ生意気とはどんな人かをご説明してきましたね。

それだけで「もしかしたら自分は生意気なのかもしれない!」なんて思ったり、気になるあの人が生意気だと判明したかもしれませんね。

しかし、それだけで判断するのではなくこれからご紹介する特徴も含めて、判断してみてください。

また、今ではあなたは生意気ではないかもしれませんが、あなた自身も生意気な人にならないようにこの6つのことだけは気をつけるようにしましょう。

しかし、普通に生きていれば自然とこなせるようになっているものばかりです。

生意気でいるとマイナスなことしかありません。

人生をよりよくしていくためにも、生意気な人の特徴を知っておきませんか?

1、敬意を払わない

生意気な人は、敬意を払いません。

敬意とは目上の人や初対面の人に払うものですよね。

生意気な人は、それができないのです。

そのため、初対面の人には悪い印象をもたれやすいですし、目上の人にももちろん悪い印象を与えてしまいます。

ろくに挨拶ができなかったり、お辞儀をするという概念さえない人もいるのです。

どのような場合であれ、敬意を払わないということは相手のことを何も思っていないということです。

もしも子供が誰かに対して敬意を払えないのであれば、それはまだ仕方のないことです。

しかし、大人になっても敬意を払うことができていないのであれば、もうそれは人間関係を構築していく上で大ダメージになるはず。

もしも、あなたは気にいった人にしか敬意を払っていないかもしれません。

そのことによって何も被害なんてないから、敬意を払うなんておかしいという人がいます。

実はそれって、相手が大人であるからあなたには直接被害がいっていないのです。

もしも、中途半端な大人に対して敬意を払わないでいると思わぬダメージをくらうことになります。

色々な人がいる前で怒られたり注意をされることがあるのです。

でも叱られるうちは花という言葉があるように、注意をされなくなったらあなたは完全に見損なわれているということ。

注意されたときは忠実にしたがっておいてくださいね。

感謝の気持ちもない

また、生意気な人というのは感謝の気持ちがありません。

誰かに何かされるのが当たり前のことと思い、さらには感謝の気持ちすら沸き起こってこないのです。

普通の人であれば、誰かに何かをされたのであれば心から感謝の気持ちが浮かぶはずです。

または心から感謝を感じられなくても、そのようにしてくれた行為に対してお礼をいうものです。

それが常識であり、礼儀ですよね。

しかし、生意気な人というのは感謝をするという概念がないためにお礼を伝えられません。

というか、伝えることすら知りません。

誰かに何かされるのは当たり前なんですね。

それに当たり前とも感じないほどに彼らの一部になっているものです。

そのため、周りの人からは「無礼な人」としてみなされるようになってしまうのです。

この世界が持ちつ持たれつということを知らないのです。

2、話を聞かない

話を聞かないのも生意気な人の特徴です。

そりゃ普通の人であっても、耳をふさぎたくなるようなことはたくさんあります。

しかし、それを聞く事によって新しい自分を発見できたり、自分の悪いところを改善することができるのです。

しかし、生意気な人は自分が中心の世界にいるため、すべての人の話をききません。

自分がききたいことだけをきいて、それだけで満足しています。

何かの説明はもちろんのこと、自分の中傷などは絶対に受け付けません。

そう思うとメンタルがかなり強いのかなと思うことが出来ます。

でも話を聞かないことは、本人の居心地のよい空間や気持ちを作り出すだけです。

その後には思わぬ事件が起こることがあるのです。

ミスを起こしやすい

いつも人の話をきかないでいると、必ず聞いておかなければならないことさえ聞き逃す事態が発生します。

特に仕事をしていれば、その仕事のやり方や注意事項、引継ぎ事項などさまざまな情報を耳にすることが多くなってます。

そのような業務連絡を聞き逃してしまうと、いざ仕事に取り組むときにどのようにすればいいのか分からなくなってしまうのです。

また、説明したこともしらないでいると自分だけのオリジナルの方法で作業にとりかかってしまい、結果として求められている仕事ができないということになります。

要するにミスが発生してしまうのです。

もしもミスが起きれば、そのミスをおかした人が修正しなければなりません。

仕事が増えてしまうのです。

生意気な性格は人生の時間までも奪ってしまうということなのです。

3、言う事を聞かない

生意気な人は誰かの話を聞きません。

誰かの言葉なんて聞きたくないと考えています。

それって、まるでだだをこねる子供のようですよね。

まさかそんな大人がいるなんて思いもしないはず。

しかし、実際にそのような子供のような大人がいるんです。

そして誰かの言うことはきかない、指示はきかずに自分のオリジナルで何事も進めようとします。

自分勝手な行動をとる

特に仕事をしていれば、その仕事の決められた手順というものがあります。

ホウレンソウを守らなかったり、自分勝手になにごとも行動してしまうのです。

そのため、取引先とのトラブルが発生しても上司に相談することは必要ないと感じています。

上司などに相談していれば、すぐにでも事態の収拾ができたかもしれないのに問題を大きくしてしまう恐れがあるのです。

また、自分勝手な行動ばかりとっている人って、付き合っていく上でなんとなく難しさを感じるものです。

そのため、周りからはどんどん人がいなくなってしまいます。

4、自分を過大評価している

生意気な人は、自分のことが大好きです。

もしも、自分に少しでも「もっと治さなければならないとこがある」と思っているのであれば、生意気な態度をとることは出来ないはずです。

だって、誰かの意見はきかないし、なんでも自分のやり方でやってしまうのですから。

もちろん、社会に出れば仕事の中でそのようなスキルを磨くことも大切です。

しかし、それは時と場合によるもの。

あなたの置かれている今の立場をしっかり確認しなくてはならないのです。

謙虚さに欠けている

では、なぜそのような態度が取れてしまうのかというと自分のことを過大評価しているからなんですね。

自分にはできる、できないことはないと思うことによって、誰かのアドバイスも聞かないようにしているのです。

だって、それを聞いたって意味がないから。

自分のやり方で絶対に正しいと思っているんです。

それって謙虚さがかけているのと同じこと。

ずばり、自分の悪いところを認めないどころか探すこともしないのです。

結果として、生意気な人になってしまっています。

生きていれば、そうやって勘違いレベルでも自分を信じて突き進まなければならないときがあります。

しかし、生意気な人というのはいつでもどこでもそうやって謙虚さのない生意気な態度でいるのです。

いつだって自分が一番で、一番かっこよくて仕事ができる素晴らしい人間なのです。

周りの人から見れば、ただの普通の人かもしれませんし、仕事が全く出来ない人かもしれないのに。

現実なんて見たくない、そのように思うときは誰にでもありますよね。

それに誰かからの評価ばかり気にしていたら、できるものもできなくなってしまうもの。

しかし、時には立ち止まって振り返ることはとても大切なことなのですよ。

【謙虚になるための心構えは、こちらの記事もチェック!】

5、社会常識を軽く考えている

社会人になれば、社会的な常識をしっかり自分のものにしていかなければなりません。

挨拶はもちろんのこと、遅刻や欠勤の際の連絡、そしてホウレンソウ。

他にも社会人として活動するときは、プライベートな時間を過ごす時と比べるととても変わりますよね。

きっちりしていなくてはいけないです。

しかし、生意気な人というのはその社会常識についてしっかり理解していないことが多いのです。

というのも、社会常識のことを軽く考えているために学ぶ姿勢がありません。

新人であれば上司や両親の身なりなどをみてそれらを学んでいきますよね。

生意気な人はそれは自分には関係ないものと考えているんです。

社会常識を甘くみていると、いずれか自分が不利になることを全く理解していないんですね。

失礼な人と見られても良いと思っている

それに生意気な人は、自分のことは誰からでも失礼な人だとか悪い印象を持ってもらってかまわないと考えています。

周りの人からの評価が気になるのであれば、それなりに常識を持ち行動しますよね。

それに自分の立場やメンツがつぶれないように、必死に社会常識をこなしている方もいます。

仕事ができることももちろん大切な要素ですが、社会常識がしっかりしているだけでかなり良い印象を与えるものです。

それによって営業がうまくいくなんてこともあります。

それなのに、生意気な人はどうせ自分は悪く見られるのだから最初から良い人と思われる必要はないと思っています。

自分を創るのなんておかしい、自分本来の姿でいればいいとも考えているのです。

それにいまさらしっかりと常識どおりに行動するのは、めんどくさいとも感じています。

その結果として、失礼な人としてみられてもいいや~なんて軽く考えているのです。

6、サボり癖がある

生意気な人は、サボり癖がある人が多いです。

というのも、人には悪く見られても構わないのですから自分のペースで何事もこなしていきたいんですよね。

期日があると分かっていても、周囲の人はせっせと働いている姿をみていても、同じように行動しようとは思いません。

だって自分はやればできるタイプだし、本気だせばすぐに終わらせることが出来ると思っているからです。

注意されても直らない

また、生意気な人は誰かからサボることに対して注意されても、その行動をあらためようとしません。

というか、どうして怒られているのか?どうして注意を受けているのか?意味がわかっていないのです。

もちろん意味が分かっている方でも「うるさいな」くらいにしか感じていません。

なぁ、生意気な人は誰かの言葉を聞こうとしない人ですから仕方のないことなのでしょう。

しかし、注意されても直すことができないため、その人自身は成長することがありません。

生意気な人が損していること

では、生意気な人が損していることはどのようなことなのでしょうか?生意気な人は、このままの自分でいることになぜだかこだわり、人からよくはみられなくても良いと感じているとご説明しましたよね。

それにそのまま生意気でい続けるということは、それなりに悪い結果を感じたことがないからですよね。

何かいやなことがあったり、苦しいことがあれば人というのはそれまでの行動を改めるものです。

だってそうしなければ、また嫌なことを感じてしまうことになるからです。

それを学習能力といいます。

しかし、生意気な人は少しのいやなことであれば嫌だと感じてもすぐに忘れてしまうため、改善する気持ちになれません。

素晴らしい自信家なのか?それとも単なるバカなのか…バカと天才は紙一重といいますが、生意気な人はその言葉にぴったりなのかもしれません。

しかし、そのように言えるのは仕事ができる生意気な人。

本当に言葉ばっかりで仕事もろくにできずにだらけてばかりいたら、それは真の生意気さんになってしまいます。

そのような人は、実は損をしていることがたくさんあるんです。

もしも、あなた自身も自分が生意気なのかもしれないと思うのであれば、これからご紹介することを確認してみてください。

もしかしたら既に損をしていることが発覚するかもしれません。

または、既に気づいていたけれど目をつむっていたことと向き合わなければならなくなるかもしれません。

どのような場合にせよ、生意気であるということは悪いことしか引き起こさないということを知っておくべきです。

他人から何も学べない

生意気な人は、話を聞かない人です。

話をきくとしても自分の気になる分野だったりと、気分でその対象を選んでいます。

そのため、全く他人から学ぶことが出来ません。

本来であれば、人は誰かと会話をしたり交流することで相手から色々なことを学んで成長していきます。

相手に注意されたらそこを治してみようと考えてみたり、相手の悪いところが見えたらそれを注意すると共に自分自身はそのようにならないようにしなくては!と思うものです。

しかし、人の話を聴かないまま生きているとそのような機会がありません。

よって、他人から何も学ぶことが出来ないのです。

成長を自分で妨げている

それは他人がいけないのではありません。

生意気な人が自分の気に入った話しか聞かないことに問題があります。

生きていれば、そりゃあ聞きたくもない言葉をかけられるようになってしまうことがあるはずです。

でも、その言葉を耳にいれることで「もうそのように言われないようにしよう」「次はほめられるようにしよう」なんて、新しい目標ができるものなのです。

しかし、そのような言葉を避けていたら、自分を改善するチャンスを手に入れられないということになりますよね。

その結果として、自分自身で成長するチャンスを失ってしまっているのです。

自分に起こることは、すべて自分がまいたもの。

自分が原因であるということをしっかり理解すべきなのです。

周りからの風当たりが強くなる

生意気な人は周りからは確実に悪い印象をもたれています。

いつも人の話は聴かずに自分勝手に行動しているのですから。

その存在は、非常にストレスになりますし、そのような生意気ばっかりしていると人に嫌われる原因になってしまうのです。

その結果として、周囲の人からかなり風当たりが悪くなってしまいます。

あなたはもしかしたら仕事もしっかり進めることができていて、完璧な人生を歩んでいるつもりかもしれません。

しかし、少しでもミスをしたときには必ず普通以上に怒られるようになってしまうのです。

怒られる頻度も上がる

なぜかといいますと、既に生意気な人はその会社や部署、チームのお荷物になってしまっているからです。

そのチームワークを乱す存在というのは、自然と目立ってしまうものです。

目立つというのは良い意味ではなく、悪い意味ですよ。

人の話をきかないときや自分勝手に行動をしたときに「またか」と思われてしまうのです。

それにせっかくアドバイスしても全く聞き耳がありませんから、何を言ってもムダですよね。

そんな相手には、少しのことでも苛立ちがたまってしまうもんなんです。

そのため、少しのミスでも怒られる頻度が増えてしまうのです。

先輩・上司から「教えたくない」と思われる

会社にいれば、新しい仕事が始まる時にその仕事内容などを説明されますよね。

しかし、生意気な人に対しては誰もが接したくないと思ってしまいます。

よって、先輩や上司は生意気な人には説明をしたくないと感じてしまうんです。

だって、何をいっても人の話をきかない悪い人と一緒に仕事しても自分が嫌な気持ちになるだけだと分かっているからです。

そのため、教えてくれる場面になっても普段よりも簡単に、コンパクトに説明されるために生意気な人がいざしっかり聞こうと思っても、なかなか理解できないのです。

仕事が身に付きにくくなる

ずばり、仕事が身につく環境にいることができないことになります。

そりゃあ、自分で人の話をきかないで自分勝手にやっていればそうなりますよね。

また、生意気な人にせっかく仕事を教えようとしている人に対しても、ひどい態度をとっていればあなたの味方さえいなくなります。

いざ改心したときに仕事は身に着いていないし、味方もいないしで仕事ではなくなってしまうのです。

それに同期との間に差が出来ているのも感じるようになってしまいます。

悪い印象を持たれる

生意気な人の特徴をご説明しましたが、その項目を読んで誰もが悪い印象を感じたはずです。

だって、どう考えても一緒にいて疲れるタイプだからです。

いつでも上から目線で話してくるくせに仕事はろくにできない。

かといって、努力している姿もみえないとなると、悪いイメージしか持つことが出来ません。

信頼もされにくい

そのように一度でも悪い印象がついてしまうと、人から信頼されにくくなってしまいます。

なぜならば、何かの仕事をお願いしてもしっかりこなしてくれるのか不安に思ってしまうからです。

また、仕事だけではなくきっとプライベートもそういう性格の人なのだろうなと判断され、職場恋愛が発展しないことも。

それに信頼関係を築けずに会社にいることは、実はとてもつらいことなのですよ。

あなたには仕事が回ってこなくなってしまいますし、もしも業績の悪い会社であればリストラを言い渡される最初の候補に生意気な人があがるのは間違いないからです。

生意気を改善することで一人前の大人になれる

今回は、生意気な人がどのような人なのかについて特集してきました。

あなたの身の回りにいる生意気な人の性格はありましたか?
もしかしたら、アナタ自身に生意気な人の特徴があったかもしれませんね。

いずれの場合も自分がまさか生意気な人だとは感じていないはずです。

それに注意されても聞き耳がないために、せっかく伝えてくれた内容に耳を貸すことが出来ません。

しかし、ここで生意気な性格があることをしったのであれば、改善していくことができますよね。

生意気な性格は、本人がそのことを反省し、改善しようと心に決めて自分自身を変えていくことで変える事ができます。

生意気な性格の人は、簡単に言ってしまえば大人の皮をかぶった子供と同じこと。

いつまでもそのようにしていないで、生意気な性格を改善することで一人前の大人になることができるのです。

そうすると視野も広がり、人生までも楽しくなるものです。

ぜひ生意気な性格を改善して、あなたの人生そのものを変えてみませんか?