人間であれば、生活をしていく為にはお金が必要です。

お金を得るために大多数の方が仕事を行い、お金を稼いでいます。

お金を稼ぐにはたくさんの手段がありますが、手っ取り早く定期的にお金を稼ぐには、やはり多くの方は企業に属して会社員としてお金を稼いでいる場合が多いと言えます。

しかし、働くという事はストレスがかかる事にも繋がります。

働きたくないと思いながらもお金のために働いている人が多いのも現実です。

特に、現代においては昔と比べて日本自体が不景気という事もあります。

だんだんと不景気から回復しつつはあるものの、それでもまだまだ景気が良いとは言えません。

昔は男性が働き、女性は家庭を守るという場合が多かったと思いますが、最近では夫婦共働きの世帯も多くなっています。

しかし、先ほどもお伝えしたように働くという事はストレスがかかる事でもあるので、働きたくないと思って行動できない人も中にはいます。

本当は働いてほしいのに、動いてくれないパートナーに対して不満を募らせることもあるかもしれません。

今回はそんなパートナーに対してどのようにすれば働いてくれるかという事をテーマに、どうして働いてくれないのか、そしてどうすれば働いてくれるようになるのかという事をご紹介していきます。

あなたの家庭は共働きですか、片働きですか

あなたが家庭を持っている方の場合、共働きですか?それとも片働きですか?
先ほどもお伝えしたように、現代は不景気なので、共働きを行っている方が多いかと思います。

子どもが幼い、妊娠中など、方働きである場合は何か理由があったりする場合があります。

それ以外の場合はほとんどが扶養内でアルバイトをしたり、もしくは正社員としてバリバリ仕事をしている事が多かったりもします。

しかし、中には面倒だからという理由だったり、病気などを理由に働いていない方もいるかもしれません。

なかなか収入が上がらない現代社会


そもそもなぜ働かないといけないのか?という事ですが、やはり結論はお金の為であるといえます。

もちろんパートナーのどちらかがある程度高給取りで、生活する上で何不自由ないくらいお金を生み出しているのであれば、働く必要などは特にないといえます。

しかし、低賃金であるならば、当然生活をしていく費用が圧迫しますし、それ以外にも将来の事を考えてお金はたくさん必要になります。

例えば結婚式をあげていなければお金が必要ですし、子どもが出来ればまたさらにお金が必要になります。

学校にも行かせないといけないですし、男の子であればかなり食費などもかかります。

さらには進学して大学に入ろうものなら相当なお金がかかります。

収入が上がらない現代だからこそ、それなりに貯蓄をしておかなければお金の面で苦労してしまいますし、時には夫婦の絆にも日々が入ってしまう場合などがあります。

節約しないとやりくりが難しい…

収入が上がらない現代だからこそ、節約などを行わないと生活が苦しい方はたくさんいます。

例えば、日本人の平均年収は414万円だといわれています。

そして、男女別にみると、男性は平均511万円、女性は272万円だといわれています。

実質雇用形態でも大きく分かれ、正社員でなければさらに平均所得は下がってしまいます。

平均414万円と考えると、そこまで悪い生活ではないと思う人もいるかもしれませんが、芸金なのでお金をたくさんもらっている高齢の世代の年収も併せてこの金額になるので、年代別でみるともっと苦しくなる事が予想されます。

老後は老後でお金が必要ですし、働き世代でも、家を買ったり車を買ったり、育児の費用などもかかったりと、お金に関する悩みは尽きる事がありません。

なので、常にお金の不安はつきまとってしまうといえますね。

共働きが増えている


節約しないと贅沢も出来ない、そもそも贅沢なんてしている余裕がないという状況が生まれているからこそ、夫婦共働きが増えています。

夫婦共働きであるからこそ、ある程度余裕が生まれ、初めて貯金に回せるという家庭なども珍しくありません。

生きているだけで赤字という場合に関しては、いつか底をついてしまいますし、今後の選択肢がとても狭まってしまいます。

なので、いつか来るべき時のためにお金を貯めるために貯金をする必要があるともいえます。

夫婦共働きは今後もどんどん増えていく傾向があるといえます。

中には家計が赤字でも働かない人も

しかし、中には家計が赤字であってもどうしても働かないという方もいらっしゃいます。

本来であれば働かなければいけないのに、どうしても働かないという頑固な方や、仕事に対して極端に嫌がっている方もいます。

働いてほしいと思っていても動いてくれない場合、夫婦間でももめてしまいますし、ストレスがかかってしまいますよね。

特に、現代の社会においては夫婦共働きが当たり前であるような風潮になっています。

そんな中で動いてくれない相手に対しては、時には離婚の二文字を考えてしまうほど精神的に不満を抱えてしまう場合もあるといえます。

なぜ専業主婦(夫)を辞めないのか

どうして専業主婦(夫)をやめてくれないのかという事を考えた事がありますか?
大体は仕事が面倒だからという理由が多いのですが、中には他にも考えている事があったりする場合があります。

なので、なぜ働いてくれないのかという理由に関して、具体的な理由を交えてご説明していきたいと思います。

その理由を知れば、自然と働いてくれるような考え方に変える工夫などもできるようになります。

パートナーが働いてくれないという事で嘆いている方には、理解していただき、必要な工夫を行って何とか働いてくれるように仕掛けてみましょう。

家事との両立が大変

専業主婦(夫)を辞めない理由として、考えられるのはやはり家事が大変だからという理由が多いようです。

専業主婦(夫)として家事を行った事がある方なら分かるかもしれませんが、家の事ってけっこう大変なんですよね。

毎日掃除をして、洗濯をして料理も作ってとなると、様々な事を行わないといけないので負担が大きくなってしまいがちです。

特に、それだけならまだしも子どもの育児などを行っている場合は多大なる負担がかかってしまいます。

なので、負担がかかりすぎてしまうとストレスにも繋がりますし、どこかの部分がおろそかになってしまう場合が多いです。

なので、子育てがあるかないかで大きく状況が分かれてしまうといえます。

そこからさらにアルバイトなどを行うとなると時間管理がとても大変ですし、どこかでないかを我慢してもらわないといけない状況などが生まれる可能性もあります。

そういった理由で専業主婦(夫)を辞めたくないと考える方も多いといえます。

子育ても加わるとさらに大変

専業主婦(夫)として子育てをした事がある人にしか子育ての大変さはわからないかと思います。

まず、子育てがとても大変な事で、深夜に夜泣きを行ったりする事で当然睡眠時間も失われてしまいますし、毎回何かをするごとにお世話をする必要があります。

ご飯をあげるのも子どものために別で作らないといけないですし、つきっきりで面倒見て食べさせてあげないといけません。

また、ちょっとした事で泣いてしまい、そのたびに子どもをあやさないといけません。

着替えさせたり、オムツを交換したり…様々な事を行なわないといけないので、本当の時間がいくらあっても足りないと感じてしまいます。

そして、ここがひとつの問題なのですが、子どもの育児をすべて母親に任せてしまっている場合などが多いです。

これもひとつの問題であり、子育てを母親の仕事だと思っている方は非常に多いです。

しかし、子育ては夫婦が行うべき問題であり、どちらか一方が行うべき問題ではありまsねん。

一方的に責任を押し付けてしまうと、理解が得られないばかりか溝も出来、そんな状態でさらに仕事をしろとくれば反発してしまうのも当然です。

何かをお願いする場合は相手の立場に立って物事を考える必要があるという事を理解してください。

子供との時間を大切にしたい

専業主婦(夫)を辞めない理由として、子どもとの時間を大切にしたいと考えている方も多いようです。

子どもの時に過ごす環境は非常に大事です。

なぜなら、子ども時代に感じた事、学んだこと、育った環境、そういった事を背景に成長していき、大人になってもその時の影響が強く残る場合があるからです。

例えば、子どもの時に英才教育を受けている人は当然成績が良かったり、その分野に精通している場合があります。

スポーツなどもそうで、子どもの時に習ったスポーツに関しては大人になってもある程度出来たり、上手だったりする場合があります。

何に関しても、子どもの時から行っていると自然とその項目が上手である、才能を伸ばす事にも繋がります。

そして、何より子どものときにしっかりと両親がついてくれて、愛情を感じて育った子どもは心身ともに成長します。

逆に子どもの時に愛情を感じないで育った場合はいわゆるグレてしまう場合などが多いといえます。

だからこそ、一生に一回しかない子どもの時間は大切にしたいと考える人も多いといえます。

親との時間は子供にとっても大切

子供にとっても親との時間は一生の中でとても大事な時間になります。

大部分の方が子供時代に親と一緒に遊んだ記憶や、何かをした覚えで思っているからが多いと思います。

例えば父親とスポーツをしたり、母親と一緒に料理を作ったり、家族で遊園地に行ったりとか。

両親から愛情を注いで育った子供は両親に対する感謝の気持ちに気づくことが出来ますし、家族を大切にしようという考えを持つことが自然とできます。

しかし両親から愛情を注いでもらえなかった言葉は人を愛するという気持ちを理解することが出来ずに育ってしまいます。

その結果非行に走ったり一般的に悪いことと呼ばれるようなことを行ったりする場合が多いです。

時には大きな犯罪になってしまう可能性などもあり、そういったことを考えると親との時間を持つということが子供にとってもとても大切なことです。

もちろん、男性の方であれば仕事をしている場合が多いので、土日なども休日出勤だったりするとなかなか時間を取ってあげることができない場合がありますが、その場合は母親がつきっきりで寄り添ってあげたりとか、最低でもどちらかが愛情を注げるようにそばにいてあげると言う工夫を行ったりする場合も多いです。

逆に両親が仕事でいない状態になり子供を放置してしまう様な状況は作るべきではありません。

しかし現代の日本においては不景気なので働かなければお金が足りないという状況があるのも否めません。

だからこそ子供がある程度育つまでは一緒にいてあげたり、子供が近くにいる状態で働くことができる環境を見つけるなどの工夫が必要であると言えます。

なので、専業主婦(夫)としての立場を捨てられないと悩んでいる方も多いのが事実です。

仕事がなかなか見つからない

専業主婦(夫)を辞めない理由のひとつとして、仕事が見つからないという事もひとつの理由だといえます。

アルバイトくらいであれば、そこまで見つけるのに苦労はしないかと思いますが、正社員となるとなかなか採用してくれず、難しい状況であることは明白です。

正社員であれば、当然残業などを行ったりする場合なども多く、今までと比べて多大な時間が消費されてしまうという事が否めません。

子どもが幼いと当然面倒を見てくれる人もいなくなるので、子どもとの時間がなくなってしまいます。

ベビーシッターを雇って、面倒を見てもらうという選択肢もあるかもしれませんが、子どもに寂しい思いをさせてしまうのも事実ですし、相当なストレスにもつながってしまいます。

先ほどご紹介した通り、子どもにとって親との時間が大切な物です。

だからこそ、なるべく他人ではなく、親自らは子どもとの時間を大切にしてあげたいと思うのが自然な考え方です。

また、ベビーシッターに預けるという行為に関しても不安を感じる方も中には存在するといえます。

そんな状況で、見つかりにくい仕事を探すのも多大な労力へと繋がってしまうので、敬遠してしまう方も多いのが事実です。

子持ちで正社員となるとさらに難しい

専業主婦(夫)が仕事が見つかりにくいという事は考えてみれば当然の事です。

最近の企業は子育てに寛容な企業なども増えてはいますが、一部であり、そのほかの企業はまだまだ対応しきれていない部分が存在します。

例えば採用する会社側の立場として考えてみれば、子育てを行って残業ができない正社員よりも、働き盛りな年代の正社員を雇った方が残業も行ってくれるし多少無理が聞く場合が多いです。

雇った時に子育てに関して寛容であるということを認めてしまった場合に、会社側の責任になってしまう場合もありますので、会社としても必要の無いに責任までおいたくないと言うのが現実です。

扱いにくい人材よりも、扱いやすい人材の方が雇いたいと言うのが企業の本音ではあります。

先ほどもお伝えしたように、子育てなどに関して寛容な企業なども増えており、コンプライアンス等に関しても遵守して対応している企業は増えてはいますが、一部の大企業だけで行われていたりする場合が多く、中小企業に関してはそこまで対応している企業は多くないと言えます。

正社員での採用というだけでも難しいこの時代に、さらに子持ちとなると採用するのに二の足を踏んでしまう企業は少なくないと言えます。

だからこそ、正社員として働く道を選ぶのであれば子供がある程度育って大きくなり、両親がいなくても、不安を感じないくらいの大きさになってからでないと正社員として働く選択ができないという方も多いといえば。

働いて欲しい時になんて言えば良い?

ここまでは専業主婦(夫)を辞めない理由についてご紹介していきました。

ここからはパートナーに対して働いて欲しい時にどういう風に伝えれば良いかということについてご紹介していきます。

専業主婦を辞めない理由について理解したところで、納得できる意見が多数あるのも事実です。

しかし、この不景気な時代を考えるとそもそもお金がなければ満足した生活をさせてあげられないことにもつながってしまいます。

子供に対する愛情を優先すべきかそれとも不自由ない生活を送らせてあげることを優先すべきか、どちらを優先すれば良いのか判断が難しい問題になるといえます。

相手に対する伝え方を間違ってしまうとパートナーに対して失礼な言い方になってしまったりパートナーが怒ってしまうことにもつながってしまいます。

デリケートな問題であるからこそ相手と協力し合って解決していかなければいけない問題であるとも言えます。

なので、相手との関係を崩さずに働いて欲しいと言う気持ちを伝える言い方についてご紹介していきますので、今もしパートナーに対して働く働かないと言う問題に直面している方は工夫してこちらの思いを伝えるようにしてください。

「〇〇のために2人で貯金しよう」

パートナーに対して仕事をして欲しい時に伝えることができる上手な言い方は何か共通の目的をもって二人で貯金しようという風に伝えることが大事です。

例えば結婚式をまだあげていないのであれば結婚式をあげるために2人で貯金しようと言う言葉を使ったり、子供を大学まで行かせるために2人で貯金しようなど今後の将来に向けて二人で力を合わせて行こうと言う思いを伝えることが大事です。

ただ単純にお金がないからお前も働いて、というような伝え方になってしまうと主語がありませんし、お金よりももっと大事なことがあるという風に捉えられてしまい、相手に対して反発してしまう場合があります。

だからこそまず何故一緒に働く必要があるのかということを伝えた上で、あなただけではなく自分も一緒に頑張るからと言う思いを伝えることによって二人で頑張って行こうという共通認識を持たせることでお互いが行動できるようになります。

必ず何か目標を掲げて、それを2人で達成するという事を伝えてください、ここが一番大事になります。

高い目標を掲げる

一緒に働いて欲しい時にはなるべく高い目標を掲げることが大事です。

例えば極端な話ですが、引っ越しをするために40万円必要だからその為に一緒に働こうと言うよりかは、マイホームを購入するためにまずは頭金で400万円必要だから、一緒に働いていつか、マイホームで家族で生活するために一緒に頑張ろうという方が目標が大きいですし、二人の目標として頑張る事が出来ますよね。

目標が大きければ大きいほど必死になって頑張ろうと人間は行動しますし目標が小さければ必死になって頑張ろうと行動はしません。

目標が低い場合変な話あなただけで頑張ってという風に片付けられてしまう場合などもあります。

夫婦であるならば一緒に頑張っていくことが大切であり夫婦の気持ちがバラバラになってしまうと子供にとっても生活環境が悪い状態になってしまいます。

高い目標を掲げて2人で頑張ろうという気持ちを一緒に持ち、一つの目標に向かって行動していくことでさらに強い絆を身につけることができます。

相手に働いて欲しい時には二人で一緒に頑張る、そしてなおかつ高い目標を掲げるということを意識して伝えてみてください。

仕事での辛さを伝える

時と場合によっては相手に対して仕事の辛さを伝えることが相手が行動するきっかけにつながる場合があります。

例えばあなたが携わっている仕事の辛さを相手に伝えることで、仕事をする事がとても大変と言うことを理解してもらい、なおかつ長くこの仕事を続けるのが難しいと言うことを連想させることで、仕事がうまくいかなかった時に非常事態に陥ってしまうということを理解させることができます。

そうすることで非常事態に陥ってしまった時にお金がなくなってしまって困ることを防ぐために頼りきりではダメだという発想に自然と結びつきます。

人間は危機感を感じなければなかなか動いてくれない生き物です。

危機感を感じることで切羽詰まった状況を味わうからこそ、これ以上危ない状況になってしまってはだめだと自分を奮い立たせることにもつながります。

だからこそパートナーに対して危機感を煽るようなことを伝えることで相手が行動的になってくれると言うことが期待できます。

しかし使い方を間違ってしまうと、ただ弱音を履いているだけという風に捉えられてしまい相手から責められてしまう場合もあります。

なので、伝え方がとても難しいのできちんと筋道を考えて相手に伝えるようにしないとただ揉め事が増えてしまうだけにもなってしまいますので必ず伝える前に相手に誤解を招かない伝え方がどうか確認する必要があります。

頼ってばかりじゃダメだと思わせる

相手に頼ってばかりではダメだと思わせることが勝ちです。

相手が少しでも引け目に感じている部分があるならば、必ずこのような心理にならざるを得ないという状況になります。

何かかっこだけがで働くことを拒んでいる場合は該当しないかもしれませんが、時間に余裕があって働ける環境でも働いていない方に対してはとても有効的な言い方であると言えます。

普段から相手に対して頼りっぱなしになっている場合は一度、このまま頼りっぱなしでは危険な状況になってしまうということを真剣に伝えることが一番相手に効果がある言い方であると言えます。

「一緒に仕事を探そう」

相手に仕事をしてもらうために行動してもらう伝え方として一緒に仕事を探そうと言う言葉が有効です。

たった一言かもしれませんが一緒にという言葉を付け加えることによって受け止め方がとても違ってきます。

ただ仕事を探してと言う事だけを伝えてしまうと、相手の気持ちを理解しないような言い方にもなりますし突き放してしまう様な言い方にも聞こえてしまいます。

しかし、一緒にという言葉を付け加えることによって夫婦間での問題でもあるという風に伝えることができます。

また、一緒にという言葉を付け加えると困ったことがあった時に自分も助けになるからと言う意味合いも含まれていると解釈することができるので、相手に対しての思いやりも含めた優しい言葉であると言えます。

相手の言葉に対して思いやりを感じた時点で、相手の期待に応えたいと普通の人間ならば行動する意欲が湧いてきます。

たった少しのニュアンスが言い方を工夫することだけで相手の受け止め方がとても変わってきます。

夫婦間において一番強いのは言葉によるすれ違いです。

相手に何かを伝える際には、このまま伝えたら相手はどういう受け止め方をするのかということを一度言葉を飲み込んで考えることが大事です。

誤解を招くような言い方になりかねない場合は、一度言葉を工夫してどういう伝え方をおしたら誤解を招かずに、こちらの要望を理解して行動してくれるかどうかということを考える必要があると言えます。

相談相手が居るので決めやすい

先ほどお伝えした言葉を比較すると仕事を探してと言う言葉だけの場合は頼るべき人がいないので自分だけの問題と思って処理をしてしまいがちになります。

不満を感じたりストレスを感じたりした時にこちらに対して頼るという行動をしない場合も多くなり、そうなってしまうと夫婦間の間に溝が出来てしまいストレスがお互い溜まってしまうことにもつながりかねません。

しかし、一緒にという言葉があると夫婦が助け合って行動を行えるという風に解釈することもできるので、困ったことや相談したいことがあった時に自然と相手に伝えることができる環境になります。

相談相手がいるいないと言う事で全く結果が変わってきますので、良き相談相手として自分があなたを支えますという言葉を念頭において伝えることで相手が仕事を見つける行動を取ってくれやすいと言えます。

また、夫婦の絆を強くするチャンスにもなりますので、意識して伝え方を工夫してください。

節約をアピールする

相手に対して仕事をして欲しい時に有効な手段として、節約をしているということをアピールすることが大事です。

例えば節約もしていないのにさらにお金を稼がなければいけないと言う言葉は矛盾して聞こえます。

節約をすることである程度のお金に余裕が生まれる場合は、わざわざ働かなくても節約をすれば出費が防げるのだから、まずは節約をしよう、という風に反論されてしまいます。

節約もしないで働くことを相手に提案してしまうと、反論されてしまう隙を作ることになるので、まずは節約をきっちりと行った上でさらにお金が必要であるということをアピールすることが大事です。

やるべきことをしっかりと行い、その上でお金が必要ということであれば相手に対して危機感を与えることもできます。

このままだとお金は貯まらないし、将来子供に対して大学に行きたいと言われても何もしてあげられない、という風に具体的に困ってしまう事例などを筋道を立てて論理的に説明してあげると相手はなぜお金を稼ぐことが必要なのかと言うことを理解することができます。

言葉の節々だけを取って相手に伝えたところで相手が本当の意味で理解していなければ行動する必要性を理解することができません。

だからこそ説明をする際は論理的に行うことが大事でありそのためには矛盾している点をなくした上でアピールすることが大事であると言えます。

離婚も視野に入れていることを伝える

これはパートナーによって伝えるべきかどうか判断する必要があるかもしれませんが、 パートナーの中には働かないという事をただ面倒くさいからと捉えている方もいます。

先ほどご説明した働かない理由の中に該当するような、子供のためを思って働かない、そもそも物理的に働く時間がない、採用してくれる企業が全く存在しない、という正当な理由ではなくただ自分が楽をしたいだけの場合が存在します。

もちろん大変な時期を過ごして少しくらい休息が欲しいという方もなかにはいるかもしれません。

しかし休息ばかりで、一向に自分が動くということをしない方も存在しますので、そういった方については家計が圧迫されて生活が困難な状況を控えているのであれば離婚も視野に入れていることを伝えることが有効的だと言えます。

厳しい言い方になるかもしれませんが、怠けている人間に対して、柔らかい言葉を使っても響きません。

時には相手が怒ってでも伝えるべき事は伝えないといけない場合があります。

厳しい言い方でも、それが夫婦のためになるのであれば、言うべきですし、助け合うのが夫婦です。

そんな基本的な義務も放棄するような人とは今後良い夫婦生活を送っていけるとは思いません。

だからこそ厳しい言い方でも、時には自分の為、相手の為に言葉を鬼にして伝えることが大事であるといえます。

働いて欲しいならすぐに何らかの手を打つべし

今回は働かない専業主婦(夫)というキーワードをテーマにして、 専業主婦(夫)をやめない理由、そしてパートナーに働いてもらうにはどうすれば良いのかって言う方法を具体的にご紹介しました。

現代の不景気の中お金に困っている夫婦はたくさん存在しています。

しかし時代を恨んだりなげいていても何も状況は変わりませんので、行動することが一番大事だと言えます。

夫婦は助け合って行くべきですし、夫婦の間の絆が大事です。

もしもあなたが心の中でパートナーに対して少し不満を持っているのであればどんな事に関しても必ず早めに何らかの手を打つことが大事だと言えます。

その状況を放置したり見逃してしまっているという事は容認しているという事にも捉えられかねません。

相手が自分のことを思うからこそ時には厳しい態度も必要であると言うことを理解して夫婦生活を営んでください。

相手に対して思いやりの心だけを忘れさえいなければ、最終的にお互いが良い方向に歩いて行けるといえます。