この記事を読むあなたはおそらく結婚が決まっており、バージンロード歩く予定の方ではないでしょうか?一生に1度のバージンロードをかっこよく歩きこなしたいですよね。

でも、見栄えをよくするには、どうしたらいいの?そんな疑問に陥りますよね。

今回はそんなバージンロードをかっこよく歩くためのポイントを知ってもらいます。

バージンロードって普通に歩くだけで緊張したり、人からの視線が集まるため自分がうまく歩けるのかななどと心配になってはいませんか?今回はそんな不安も解消すべくバージンロードうまく、見た目良く、さらにかっこよく決めるための技と注意点などをお伝えしていきます。

ぜひ、バージンロード歩く予定の方はこちらの記事を参考にかっこよくバージンロード歩いてみましょう。

️結婚式に欠かせないバージンロード

結婚式をした人であれば、ほとんどの人がバージンロード歩いたことがあるのではないでしょうか?そんな、結婚式に欠かせないバージンロードは女性なら一度は歩いてみたいと思いますよね。

最近では教会での挙式などを挙げるカップルも増えているためバージンロード歩くことが夢のカップルも多いようです。

そのため、結婚式に欠かせないバージンロードの姿をかっこよく決めたいと思いませんか?バージンロードで、ウェディングドレスの裾を踏んで転んでしまった!など、失敗などしたくありません。

しかし、素敵なバージンロードの姿にかっこよく歩きたいと思う女性も多いはずです。

結婚式は一生に1度しか歩きません。

思い出にも残る姿ですので、ぜひ素敵な姿でバージンロードを歩いてみましょう。

バージンロードとは


バージンロードとは、教会であげる挙式のことをいい、入り口から祭壇まで続く一本道をバージンロードと呼びます。

バージンロードを通り夫婦になる事を親族、仲人、友人、会社の人などの前で誓うため、夫婦になる2人はもちろん、式に出席した人の思い出にもなります。

そんな「バージンロード」には、一体どんな意味が込められているのでしょうか?「バージンロード」について細かく説明していきますので、語源の由来やバージンロードの意味など、詳しく知る事でバージンロードを噛み締めながら心を込めて歩いていけるのではないでしょうか?あなたも、バージンロードについて詳しくなりさらに、2人の結婚式を素敵なモノにしてくださいね。

キリスト教式の結婚式

キリスト教の教会で、入り口から祭壇までのストレートな道を言います。

さらに、挙式の時に新婦は新婦の父と腕を組み、新郎と神父の待つ祭壇までゆっくりと歩いて行く光景の事も言います。

日本では仏教が主流に感じますが、結婚式では、仏教であってもキリスト教式の結婚式を挙げるのは今や当たり前の光景になっていますよね?宗教の名前を超え、様々なモノが受け入れられて来た、そんな意味でもグローバルな世の中になって来たように感じますね。

花嫁の人生を表している


さて、そんなバージンロードの名前の由来ですが、それぞれ特別な意味が込められているようです。

初めに、新婦と新婦の父が腕を組み新郎の元へゆっくりと歩いて行きます。

この時、扉が開いた瞬間に、新婦が0歳の誕生を表し、また新婦の父と新婦がバージンロードを歩く姿は新婦の父が娘を育て上げてきた意味を示しているようです。

新郎に出会い、新婦の父とはそこで別れるため、新婦の父は新郎に「娘を預けた」という意味を込め、新郎に娘を引き渡します。

さらに娘を引き渡した瞬間に、これまで育て上げてくれた両親とは別れ道になります。

やた帰りの道では新郎と愛と夫婦になる事を誓い、夫婦2人の道筋になるというような意味が込められているようですね。

何とも素敵な内容に、既に涙してしまいそうです。

海外ではwedding aisle

起源は中世ヨーロッパとの説が強いようで、海外では一般的に「wedding aisle」「ウェディングロード」などと呼ばれているようです。

wedding aisleの意味にはエンゲージリングのように、真っ直ぐに伸びる様を表している事も由来になっています。

また、aisleは通り道という意味があることから、バージンロードにぴったりですよね。

さらに和製英語「バージン」=「初めての」、「ロード」=「道」と日本人が名付けたため、バージンロードなどと呼ばれる説もあります。

さらに、バージンという意味はまだ性的な事を知らない体というようなニュアンスもある事から、バージンロードではバージンであって欲しいという昔の人の願いも込められているようですね。

バージンロードは女性の憧れ

そんな事で、バージンロードは一生に一度は経験したい女性も多いのです。

そのため、憧れのウェディングドレスを着て歩くバージンロードには、かなり思い入れが深くなる事でしょう。

また、バージンロードは皆んなと被るからイヤ!と、いう女性やもともと和装のウェディングに憧れている女性は、神社などで行う女性も増えて来ています。

しかし、やはり圧倒的に多いのがバージンロードと言えるでしょう。

ウェディングドレスのような白い色は無垢の色というところも、世界共通に感じます。

そのため、純白な無垢色のウェディングドレスを身にまとう事で、気持ちも白いまっさらな心で嫁ぎたいと思いますよね。

️バージンロードのお作法

それでは、ここからはバージンロードのお作法について、詳しく知っておきましょう。

バージンロードを歩く予定であれば、必ず知っておきたいバージンロードのお作法をお伝えして行きます。

知るのと知らないのでは状況や見栄えも変わってくる事でしょう。

さらに、結婚式までにバージンロードのお作法をしっかりと覚え、スムーズな動きになるよう何度も練習しておきましょう。

一生に一度のバージンロードを素敵に彩り、思い出に残る結婚式にしましょうね。

まずはベールダウンから

ベールダウンとは、結婚式での魔除け的な儀式で、これからの2人が仲良く過ごし、健やかに生活していける事を願い、行う作法です。

内容は、新婦の母親が娘の幸せを願いウェディング姿に整えられた娘のベールを願いを込めながら下ろすという儀式になります。

このように、式場に入る前からバージンロードのお作法は始まっていますので、気持ちを整えきちんとした作法や儀式を身につけて挑みましょう。

0歳に戻るという意味

ベールダウンは母親にベールを降ろされる作法ですが、ベールダウンする意味は「0歳に戻る」という意味が込められているのです。

0歳に戻る事からバージンロードのスタートと重ね合わせ、人生を意味する道になって行くんですね。

このように、バージンロードの一つ一つのお作法にも、こんなに素敵な意味が込められている事に、驚きと結婚式の前から思い入れが深く、すでにそんな意味を知るだけで涙が出てしまいそうです。

これまで、愛情込めて育て上げた娘を嫁がせるのですから、あなたのご両親もそれはそれは嬉しい気持ちと、寂しい気持ちと送り出す気持ちで、胸がいっぱいになる事でしょう。

お父さんのエスコート

バージンロードは、スタートから新婦の父にエスコートしてもらいます。

先ほどの説明と重なりますが父親のエスコートにより、父親と娘が腕を組み、これまで歩んで来た事を思い出しながら進みゆく姿は、周りの人にも感動を与える事になるでしょう。

既に涙ぐむ父親もいるため、式が始まって直ぐに涙をさそう事も…。

新婦も、ご両親に育てられた事に感謝し父親のエスコートでこれまでの感謝や嬉しい気持ち、嫁いで行く気持ちを少しでも伝えられるといいですね。

一歩ずつ進んでいく

新婦の父親は一歩ずつ一歩ずつこれまで娘をじっくり育ててきた事を噛み締めながら進んで行く気持ちになるでしょう。

さらに、新婦の父が新婦の半歩前を進んで歩く姿が見栄えも良くドレスに当たりにくくなり、噛み合わせも上手く進んでいくことができるようです。

このように、リハーサルを少し行い親子でバージンロードの歩き方の練習をしてみてもいいですね。

親子で最後の共同作業になるかもしれません。

ゆっくりと、一つ一つの動作を丁寧に行うよう心がけていきましょう。

親子での共同作業を練習する事で、よりバージンロードを歩く気持ちが盛り上がる事と、ご両親への感謝の気持ちも膨らんで来る事でしょう。

ウェディングステップ

右足を踏み出し、左足で揃える。

また右足を踏み出して左足で揃える事を繰り返し、新郎の待つ祭壇まで向かいます。

この時のポイントは、ウェディングドレスの裾を軽く蹴り上げるようなイメージで進んで行くと綺麗な歩き姿にみえるようですよ。

また、ブーケの位置はおへそあたりに軽くブーケを握る事で、素敵な姿に見えますので披露する前に鏡の前で素敵な位置を確認してみるのもいいですね。

この後にもさらに詳しくブーケの位置の確認や素敵に見える持ち方などをご紹介していきます。

ぜひ、そちらも参考に素敵なブーケやステップを身につけていきましょう。

赤ちゃんのよちよち歩きを意味する

バージンロードは、赤ちゃんのよちよち歩きを意味しています。

バージンロードを歩く際、イメージとしては、「赤ちゃんのよちよち歩き」をイメージする事で、歩くスピードや歩幅を調整するようにして行くと優雅にゆったりと雰囲気のあるバージンロードになる事でしょう。

バージンロードは、赤ちゃんのよちよち歩きをイメージするところから、バージンロードの扉を開けた瞬間に新婦が生まれたところから人生のスタートを意味していますので、まっさらな清らかな気持ちで、バージンロードを歩きたいですよね。

また、白いまっさらな色から無垢という意味合いもあり、ウェディングドレスでバージンロードを歩く姿が定着したとも言われがあります。

途中で彼へとバトンタッチ

お父さんとのバージンロードを歩き行く先には、新郎である彼へとバトンタッチします。

これまで娘を育て上げてきた、大切に育てた娘を新郎となる彼へ受け渡す事で、父親の役割は一旦果たしたという意味にもなるようです。

父親から新郎へバトンタッチする事で、彼と出会いこれから2人が夫婦になる事も意味しています。

長い人生の中、彼との出会いは新しいパートナーとして父親から新郎へと、娘から嫁へと移行していく姿も同時に映し出しているのかもしれません。

このように、バージンロードを歩く事は新郎となる彼への道でもあるのです。

新婦が娘から嫁へと移行する姿に感動する人もいるのではないでしょうか。

新婦も父親に感謝し、また新たに新郎へこれからの希望と未来を託し、父親の元を離れて行く姿は何とも悲しく、また頼もしく希望に満ちた気持ちにさせてくれるのかもしれません。

永遠の愛を誓い、キスをする

新婦の父から新郎へ、娘から嫁へと移り変わり、新婦は新郎と愛を誓い、キスをします。

家族や友人、式に出席して頂いた方の前で愛を誓いキスをする事で、2人が夫婦になり愛し合っている事を認めてもらうのです。

互いに永遠の愛を誓い合う事で、お互いの再確認にもなります。

これから、2人で力を合わせてやって行くという心の決心にもなるため、互いの気持ちも一つにさらに素敵な夫婦になる気持ちを忘れずに過ごして行きたいですね。

この後には新郎と新婦は退場になりますが、これからの未来に希望を背負い、家族や友達などに見守られながら新たな2人の扉を開き、退場します。

このように、バージンロードで生まれた時から彼に出会うまでの道のりになっているので一つ一つの作法や動作を丁寧に行いたいと感じますよね。

️バージンロードでの注意点

バージンロードで、素敵に振る舞いや作法がスムーズにできるように、注意点をいくつか挙げていきますね。

バージンロードでの、疑問や詳しい動作やポーズなど、できるだけ詳しく執筆していきたいと思います。

バージンロードでの不安や疑問はできるだけ取り除いて結婚式に挑みたいですよね。

このようにあなたの結婚式が上手くいくように、また素敵な思い出に残る結婚式になるように、ポイントなどもお伝えしていきます。

バージンロードでつまづかないためにも、ぜひ一読して頂き、より素敵なバージンロードを歩いてみてはいかがでしょう?

ベールダウンはふんわりと

ベールダウンは、娘と母親の神聖な儀式になります。

そのため、小さい頃の思い出や新婦を送り出す気持ちにもなってしまうため、式が始まる前に泣きだしてしまう親子もいるようです。

式が始まれば、いよいよ娘を嫁がせなければいけません。

そんな思いも母親は娘と噛み締める儀式なのかもしれません。

そのため、ベールダウンは優しく見送るようにふんわりと娘を包んであげましょう。

娘を思う気持ちに、思わず涙を浮かべたら優しくお母さんの涙を拭ってあげましょうね。

苦労して育てた娘をいざ嫁がせる気持ちは複雑で、切ないモノかもしれません。

娘として、してあげられる事を最後までしてあげる事で、より結婚後も親子の絆を感じられるのかもしれませんね。

手のかかる娘ほど、可愛いものはありません。

ブーケは正面、おへそ辺りで

先ほどもお伝えしましたように、ブーケは正面もしくは大磯の辺りで構えるのがきれいに見えます。

さらに、胸下ぐらいの位置になりますと少々高めにブーケを構えた格好に見えてしまいますので、やはり余裕を持った構え方がお勧めです。

さらに、その余裕を持った構え方がブーケを正面に向け、見た目を整えた後おへそあたりでブーケを構えるようにしてください。

そうすることで、見栄えも良くさらに花嫁を邪魔しないブーケの持ち方ができるようになります。

イメージとしてはちょうどあなたの持ち手の親指位のところにおへそが来るような持ち方が1番ベストで綺麗な持ち方かと感じます。

しかしブーケの大きさにより少々前後してしまうことも考えられますので、必ず鏡を見ながらブーケの位置を考えるようにしてみてくださいね。

ブーケは、花嫁の大切な道具になりますので、見栄え良く持ちたいものですよね。

お父さんの腕は”く”の字を意識

バージンロードを歩く際、新婦のお父様と腕組みをされますよね。

その時、必ず花嫁はゆるい腕組みで構いませんが、新婦のお父様は”く”の字で腕を組み、硬いイメージを持つようにしてください。

かっちりとしたイメージを見る人に与えることで、より新婦の父親の決心などが現れる格好になります。

そのため背筋をぴんと伸ばし、腕は”く”の字を意識する事で、より紳士らしく素敵な父親の姿を見せることができそうです。

バージンロードは、娘を送るための道でもあります。

そのため、猫背やゆるい腕組みであれば柔らかいイメージにはなりますが、ゆるくしゃきっとしたイメージにはつながりません。

このように、お父さんの腕をくの字に意識することで、より父親らしい紳士な姿を見せることができるのではないでしょうか?リハーサルの時など、打ち合わせしておきましょう。

ドレスを蹴って歩くイメージ

バージンロードを歩く際、父親と足幅を合わせることも大切ですが、ドレスの裾が長すぎたりドレスを踏んでしまうことがないよう、ドレスの前の裾を蹴って歩くイメージをしておきましょう。

「神聖なウェディングドレスを蹴る?」と思うかもしれませんが、あくまでもイメージですので、ウェディングドレスを蹴るような気持ちで、バージンロード歩きましょう。

さらに、ドレスを蹴って歩くイメージをすることで、ウェディングドレスを踏んでしまい転倒してしまうということも防げます。

そのため、どの結婚式場に行っても、バージンロード歩く際必ずドレスを蹴って歩くイメージを伝えられることでしょう。

このように、ドレスを蹴って歩くイメージは印象的には悪いイメージになりますが、結果的には見栄えも良く華やかな印象でバージンロード歩くことができるでしょう。

歩幅とスピードを合わせる

新郎のところにたどり着くまでに、お父さんとバージンロード歩く際、お父さんと歩幅とスピードを必ず合わせておきましょう。

親子仲良く練習してもいいですね。

このように、歩幅とスピードをゆっくりゆっくり合わせていくことで、さらに感動的なバージンロードを歩く姿に見せることができます。

お父さんと娘の歩幅やスピードが合っていなければつまずく原因になったり、お父さんがウェディングドレスの裾を踏んでしまいつまずく原因にもなりかねません。

これを避けるためには、先ほどもお伝えしましたように娘のウェディングドレスの半歩先を歩くようにすると見栄えも良くまた少し下がって歩く娘の姿がなんとも親子らしい素敵な姿に映るのではないでしょうか。

このように、最後の共同作業として、お父さんと小幅とスピードを必ず合わせたリハーサルを行うようにしておくといいかもしれません。

胸を張って歩く

下を向いていたり、暗い表情で歩いてしまったり、さらには猫背になって歩いていてはせっかくのウェディングドレスも台無しになります。

さらに、お父さんとお肌やスピードを合わせながら、しっかりと胸を張って歩くようにしてください。

背筋がぴんと伸びていれば、ウェディングドレスも映える事ですし、何よりウェディングドレスの綺麗な姿を見る人に印象づけることにもなります。

このように、胸を張って歩くだけで姿勢も変わり背筋がぴんとした、素敵な姿になるのです。

猫背の人はこれを機に、鏡などで猫背にならない練習をしておくのも良いでしょう。

また、胸を張って歩くことで堂々たる姿に見ている周りの人もあなたのウェディング姿に感動するかもしれません。

目線はまっすぐ前を見る

目線はやや下向きになりがちですが、必ず目線をまっすぐ新郎の方を向くようにして歩きましょう。

そうすることで、まっすぐ先を見据えた表情に見えるため、バージンロードでの演出もバッチリ決まることでしょう。

さらに、目線をまっすぐ前を見ることで姿勢も良くなりさらに歩く歩幅やタイミングも合わせやすくなり、失敗することが少なくなるように感じます。

素敵な結婚式は、何よりバージンロードで決まります。

元のバージンロードで失敗してしまえばその後がグダグダになってしまいそうです。

新郎のことをまっすぐ見て、進んでくる姿に新郎もドキドキするかもしれません。

また、まっすぐ前を見ることで、あなたが新郎に対する意思も伝わりそうですね。

のように、まっすぐ前を見てバージンロード歩くことで、より魅力的に素敵に結婚式を演出できるようです。

幸福感のある良い表情で

表情は、緊張し硬い表情になってしまいがちですが、幸福感のある柔らかい表情を目指していきましょう。

そのため、鏡の前で何度も笑顔の練習や効果のある柔らかい表情を作ってみましょう。

本番直前にするのではなく、普段から筋肉を和らげる練習をしておくことも大切です。

大きい口を開けあいうえおの練習をしてみたり、口角が上がるよう、割り箸を加えた笑顔の練習もいいかもしれません。

このように、幸福感のあるいい表情で式を迎えられること、バージンロード歩くことで、よりムード漂う素敵な結婚式になり、さらにバージンロード歩けることになるのではないでしょうか。

やはり、花嫁は幸福感に満ちた素敵な笑顔で幸せそうに歩く姿を周りに披露することで、あなたの後に続けと幸せな結婚を願う人も増えるのではないでしょうか。

彼は堂々と自信を持って

彼も、初めての進路になるため緊張のあまり声が裏返ったり手が震えたり、間違いをしてしまうことも考えられます。

しかし、そんな弱気な姿を見せてしまえば結婚した矢先も気になりますよね。

しっかり頼りがいのある姿を花嫁を始め周りの人にきちんとアピールすることも大切です。

そのため、彼は堂々と自信を持って構えておくことが大切です。

心構えをしておくのはもちろんのこと彼自身が堂々と自信を持って構えていられる行動や表情ができることで、新婦の父や花嫁なども安心して預けられるようになるのではないでしょうか。

必ず、彼は堂々と自信をもって行動できるようあなたもサポートしてあげると良いかもしれません。

バージンロード歩く際、しっかりとあなたがサポートし彼の成功を祈ってあげることも大切なのかもしれません。

花嫁のドレスを踏まないように注意

バージンロード歩く際、花嫁のドレスを踏まないよう注意が必要です。

さらに、父親にバージンロード歩いてもらう際も同じことが言えます。

花嫁のドレスのデザインによってかなり長い裾になる場合もあります。

このように、花嫁のドレスを踏まないように注意をしながらバージンロード後にすると良いでしょう。

退場の時に、新郎も緊張のあまり新婦のドレスの裾までは気持ちが回らないかもしれません。

そのため、花嫁のドレスの裾を踏んでしまい2人共々共倒れになってしまっては、せっかくのバージンロードも台無しです。

そうならないために、新郎とリハーサルや練習を何度も行い感覚をつかんでもらうようにしてもいいですね。

さらに、花嫁のあなた自身も新郎の真横を歩くのではなく半歩下がった控えめな花嫁を演出するとともに、新郎との歩幅を合わせておくことでドレスの裾を踏まれにくいポジションにつけるかもしれません。

このように、花嫁のドレスを新郎が踏まないような工夫も大切です。

一生の思い出になるものですから、できるだけ失敗は避けたいもの。

しかし、予期せぬトラブルのこともしっかり考えておき頭に入れておくことで回避できるのかもしれません。

️バージンロードうまくできるか不安…

それでは、ここからはバージンロードがうまくできるか不安なカップルにぜひ、うまくバージンロードを歩けるようにいくつかのポイントを挙げさせていただきます。

素敵な結婚式やバージンロードにするために2人が注意しなければならない事はいくつかあるようです。

色本番では、人生初のことがほとんどですので、緊張したり失敗しないかプレッシャーに感じてしまうことも多くなります。

そのため、頭に入れたことなど飛んでしまうことも考えられます。

そうならないために、2人での準備も大切です。

それでは、実際にバージンロードがうまくできるか不安を取り除くべくいくつかのポイントをあげさせていきますのでぜひご参考にしてみてくださいね。

リハーサルがあるので大丈夫!

まずは、何事にもぶっつけ本番などはありませんので安心してリハーサルを行うようにしましょう。

さらに、リハーサルで疑問に思うことや不安に感じることなど会場の人たちと打ち合わせや月の行程、流れなどきちんと確認しておくようにしましょう。

緊張しすぎて頭が真っ白になってしまわないようきちんと工程を頭に入れ何度も不安なところリハーサルしておくことで本番に強い2人になるかもしれません。

時間がある限り、2人のリハーサルにもきちんと付き合ってくれますので、不安なことやわからないことを曖昧な部分がないようにしておきましょう。

その都度リハーサルの時に聞けるといいですね。

このように、リハーサルがあることできちんとした本番を迎えられるようリハーサルを通し心構えや準備をしていくことが大切です。

ゆっくりでOK!焦らず一歩ずつ

緊張すると、もちろん呼吸が速くなりテンポも早くなる可能性があります。

そのため、ゆっくりを心がけることでちょうど良い店舗になったり、ゆっくり過ぎる位がちょうど良い落ち着いた雰囲気に見えることでしょう。

このように、緊張しすぎるあまりにリハーサルのことが頭から離れてしまったり飛んでしまったりすることも考えられます。

何度も打ち合わせして体に色の流れを叩き込んでおくといいかもしれません。

もし、不安であれば本番に強いどちらかに合図などをしてもらうようあらかじめ2人の中で決めておくといいかもしれません。

このように、2人だけのルールやゆっくりあせらず色を進めていけることで落ち着いた雰囲気の素敵な結婚式になりそうですね。

あせらずいっぽずついっぽずつゆっくり確認しながら歩くようにしておきましょう。

️人生で一度のバージンロードをカッコよく!

いかがでしたか?バージンロードのお作法や歴史などを知る事で、よりバージンロードの良さや思い入れも深まり、より素敵な思い出に残るバージンロードになるのではないでしょうか?これから新しく人生を歩む2人にとってバージンロードはこれからの2人の道そのものです。

そのため、人生で1度のバージンロードかっこよくスマートにこなしてみてはいかがでしょう。

さらに、かっこいいバージンロードを演出することによりさらにあなたの思い出に残ることと、素敵にバージンロード歩きたいと言う女性も増えるかもしれません。

2人がより良いお手本になるために、人生で1度のバージンロードを素敵な雰囲気で羨ましがられる事でしょう。