CoCoSiA(ココシア)

熱しやすく冷めやすい人の11個の特徴(続き6)

それを知ることによって、気持ちを改めて盛り上げることが出来るかもしれません。

熱しやすく冷めやすい人の場合には、その移り気の性格が問題視されてしまうのです。

だからこそ、そうならないようにする為にはある程度長く続けることがいいかもしれません。

だからこそ、また楽しく行動する事が出来るように気持ちを盛り上げることが重要なのです。

一度ははまった物なのですから、必ず良い部分があるはずです。

楽しかったポイントがあるはずなのです。

それに気持ちを向けることができればまた続けることができると思います。

趣味に対して熱しやすく冷めやすい理由とは?


恋に熱しやすくて冷めやすいということがありますが、趣味に対してもあります。

その理由とは様々なことがありますが、例えば趣味がどんどん増えていく人、多趣味の人に関しては物移りすることが激しいです。

1つのことに趣味を持っていたとして、次々と気になるものがありその情報を手に入れてから始める、という人もいると思います。

その様な人たちは基本的に熱しやすく冷めやすいタイプになるのです。

新しい商品が出る!となった時にもどの様なものだろうと気になり始めてつい買ってしまう。

最初は楽しいけれど直ぐに飽きてしまったというパターンも多いと思うのです。

多趣味の人はあまり1つの趣味に多くの時間を取らない傾向もあります。

例えば1日に1つの趣味を数時間という形であれば良いのですが、1日にいろいろな趣味を数時間取っているという人はあまり長く続かない傾向にあります。

仮にそれを1日に数時間の趣味を曜日で変えたりすることで長く続くものではないかと思うのです。

例で言うと塾などの勉強は週に2回などと決まっており、学校の授業なども時間割で決まっていたりしますよね?

何故一気にしないのかというとその様な、途中で退屈したり、興味が薄れてしまうということを防ぐために時間割というものが存在します。

規則正しい生活を送るという意味でも時間割は大切ですが、何より好き嫌いというものがあり、趣味もそれで変わってきます。

学校で数学が得意だという子は基本的に理数系、国語が得意だという子は文学系のように大きく2つに分けられますよね?

趣味も同じようにいろいろと分けることができるのです。

それをいかに時間を活用して使うかが重要になってくるのではないでしょうか。

ではどの様なことが熱しやすく冷めやすい状態にさせているのかみてみたいと思います。

趣味が多い


趣味が多いという人は少なくないでしょう。

ですがその趣味の数も数個とかならば良いですが何十個もあるという人は熱しやすく冷めやすい状態になっているのかもしれません。

多趣味というのは何かいろいろな事に手をつけているのでとても幅広いのだなと思う人もいるでしょう。

ですがその趣味の時間がとても短い人もいるのです。

数時間で満足してしまい他の物に目移りしてしまうようなこともあります。

何かやっているうちにだんだんと飽きがきたりすることもあるでしょう。

その様なことが頻繁に起こる人はもしかすると趣味が多すぎることが原因でその様な性格になっているのではないかと思います。

結果より過程を重視する


何かをするという結果よりもその過程で満足してしまうことが多いのも趣味に対して影響してくるものだと思います。

例えば「何か料理を作る!」となった時に作る時の行程は楽しいけれども作った後の味はあまり気にしないという人も多いのではないでしょうか。

料理というのは作る時にどの様な味にするかなど自分でオリジナルも加えて作ると思います。

ですがその料理を作る過程で満足をしてしまうことになると、完成した物は美味くても不味くても良いということになるのです。

結果ではなく、過程で満足をしてしまう人達はこの様な傾向が多いように見えます。

物を作るという人もその完成品に力を入れるのではなく、その作る行程というものを一番に楽しんでいると思います。

ですが、その後にまだまだ他のを作っていろいろな作品を作りたいという人はそれが趣味だから作るという事になり、ずっとその趣味を続けるのですが、完成品を作ったとしても過程を重視する人は作る過程で満足をするのでそれ以上のことは何も求めていないということになるのです。

よく「過程が大事だ」という言葉を聞くと思います。

趣味に関してはその過程を乗り越えてその先にある物を見つけるのが大事だと思います。

途中で満足をしないように気をつければ熱しやすく冷めやすいということも無くなるのではないでしょうか?

新しいもの好き

常に新しい物に目が移るということも趣味に対して関わってくることだと思います。

例えば他の人たちが新しい何かを買っていてそれが流行している、となった時に自分も直ぐに買わなくちゃと思う気持ちが強くなるのではないでしょうか。

仮に今ブームとなっている物が皆流行っているので私も始めるようにしよう!と始めたものの、今までやってきた趣味を全て辞めて新しいものに移るという人もいるのです。

この様な人達は基本的に長続きしないという傾向にあり、そのブームが無くなると直ぐに辞めてしまうという人もいるのではないかと思います。

新しいもの、流行となるものに移るのは良いですが、元やっていた趣味まで辞めてしまうのは勿体無いことです。

趣味というのは長く続けて味が出るものであり、長ければ長いほど他の人には無いようなオリジナリティや個性の溢れるものができたりもします。