休日でノーブラで過ごす、朝遅刻寸前でバタバタしてしまいノーブラで会社に出勤してしまったという経験ってありますよね。

また気分が悪い時にブラジャーを付けていると圧迫感が強くなるため、あえてノーブラでいるというケースも存在します。

ノーブラって気づかれにくいのですが、本人的にはいつバレてしまわいないか凄くドキドキしてしまうものです。

さすがに場所が場所だけに男性から指摘はめったに受けませんが、同性だと着替えの時にバレてしまうのではないかと、不安になってしまいますよね。

特に生理前や生理中の人は、普段より胸が張ってしまいノーブラだと気づかれてしまう危険性大です。

今回は全ての女性が経験したことがあるノーブラあるあるや、ノーブラだとバレない秘策をいくつかご紹介致します。

ノーブラだとバレない方法6個

ノーブラだとバレない方法の前に、まずは挙動不審な態度を取らないようにして下さい。

焦ってしまっている時は普段と態度が違うのでどうしても何かあったと感づいてしまいやすく、感が鋭い人だと雰囲気で気がついてしまうことがあります。

落ち着かない気持ちは分かりますが。

なるべく普段と同じように振る舞うことが大事ですよ。

では改めて、ノーブラだとバレない方法を6個ご説明致します。

腕を組んで見えないようにする

一番ベタな方法ですが、不自然には見えなくありません。

腕に手を組んでいることのより、上手く胸元を隠せるのでノーブラだとばれにくいです。

ただし上司や目上の人の前で両腕を組んでいると、偉そうに思われてしまう可能性もありますので、片腕のみ組むようにしておきましょう。

腕を組む位置は当然乳首を隠すようにすることですが、胸下で腕を組むくせのある人の方が多いので、意識して隠す様にして下さい。

寒い時期限定のみに使える言い訳をご紹介します。

友人と会った時にノーブラだったので腕を組んいたのですが、何故ずっと腕を組んでいるのか、友人から指摘を受けてしまいました。

とっさに手が冷たくて脇の下で温めていたと伝えると、友人は納得してくれたことがありますので、困った時は使用してみて下さい。

また夏場なら室内限定ですが、クーラーが効きすぎて寒いという言い訳も出来ます。

猫背をキープする

意外に思われるかもしれませんが、実は猫背にしているとノーブラだとバレにくいです。

前かがみの姿勢だと胸元よりも背中の方に注目しやすくなるので、気づかれにくくやり過ごす事が出来ます。

また猫背だと胸元が分かりにくいという利点もありますよ。

しかし普段姿勢の良い人が急に猫背だと不審がられてしまうので、お腹が痛い、または背中が痛いという風に何かしら対策を考えておいた方が良いでしょう。

また優しい人だと体調不良を気を使ってくれたりするので、生理前症候群や生理中と言っておいて下さい。

この方法はバレにくいのですが、反対に状況によっては体調不良だとうそをつかなければいけないので、高確率で罪悪感を芽生えさせてしまいます。

言い訳に生理前症候群や生理中と言いましたが、生理なら女性では当たり前に起こる減少なので、うそだとバレにくいのです。

服の裏に何かを貼る

服の上からでもブラジャーを付けているか、付けていないかというのは判明しやすいようです。

その場合は相手が自分の背後に立ち、背中を凝視しない限りは分かりません。

服の裏に何か貼ってもおかしくないものと言えば、ガムテープやセロハンテープ、変わり種では湿布でしょう。

ちょうどブラジャーを付ける位置に貼れば、分かりにくいですよ。

最近の湿布は臭わないものもあるので、粘着力もあるしおすすめです。

ガムテープやセロハンテープは身近にありコンビニでも手に入りやすいでしょう。

粘着力は期待できますが、服に付けてしまうとボロボロになってしまいます。

お気に入りの服ではなく、ボロボロになっても良い服の場合のみ使用することをおすすめしますよ。

反対に湿布はドラッグストアか病院でないと手に入りませんが、ガムテープやセロハンテープほど粘着力はなく、服にも優しいです。

また変わり種では、女性なら誰もが持っている、生理ナプキンを貼るという方もいました。

生理ナプキンなら持っている人もたくさんおり、最悪誰かから借りることも可能です。

粘着力は紹介した物の中で一番弱いですが、元々肌に触れても良い素材で作られているため、使用後肌がかぶれる心配もありません。

本来の使い方と大きく異なりますが、相手から申告があるまで全く気が付かないくらいでしたのでおすすめですよ。

厚手の紙を背中や乳首に貼るという方法もあります。

方法としては紙を服の中に入れるというものです。

付けている本人には違和感がありますが、意外にも周りには気づかれにくいですよ。

普通のコピー用紙でも構わないのですが、あまり強度がなく、動く時にくしゃなど紙の音がしてしまうので、なるべく厚手の紙を使用することをおすすめします。

状況によっては歩く時に変な音がしてしまうので、気を付けて下さい。

もし厚手の紙がなければ、コピー用紙2枚重ねて使う方が良いでしょう。

もしくは紙を1枚丸ごと入れるのではなく、胸の大きさにカットして、服の裏に貼り付ける方法でも可能です。

ただし服の上なのでセロハンテープだと強度が弱く、すぐに剥がれ落ちてしまいます。

もしあればガムテープの方か、一番良いのが両面テープですね。

両面テープは強度がないので、なるべくたくさん貼り付けておきましょう。

短時間のみでしたら紙でも大丈夫ですが、長時間紙を肌に触れさせていると、身体の水分や油分が吸い取られてしまいますのでご注意下さいね。

緩衝材

緩衝材とは、引っ越しの梱包などに使用されるプチプチの素材と言えば分かりやすいかもしれませんね。

緩衝材はカップやグラスなど、割れ物を梱包するために作られているので、お肌にも影響はありません。

自分の胸の大きさにカットし、つけ心地にはかなり違和感があるかとは思いますがノーブラだとはバレません。

ただし素材が素材なので、オーバーアクションを取ってしまうと、ガサガサと音がしてしまう上に、緩衝材が落ちてしまうというデメリットが存在してしまいます。

服の裏に貼り付ける方法も、胸に直接貼り付ける方法も可能ですが、どちらにしてもガムテーブでないと難しいです。

お肌には影響がないと言いましたが、夏場はどうしても蒸れやすいので、汗をかきやすくなってしまうので、汗をかいたらこまめに拭き取りましょう。

その日1日だけは大人しくしておいた方が無難ですよ。

歩く時もゆっくりと動けば落ちませんし、音もしません。

ダンボール

ダンボールもよく使う方が多いようですね。

ダンボールは背中用として使用する方が良いでしょう。

背中に入れていてもダンボールは音もしませんし、多少背中が膨らんでいる気がしますが、人は普段背中をそんなに見る人はいません。

夏場は涼しく冬場は暖かいので、ダンボールを服の中に入れていても案外快適です。

胸用にすることも出来ますが、ジャージやトレーナーなどダボダボしたゆとりのある服であることが前提になります。

更にダンボールを丁度いい大きさにカットするとなるととても大変ですし、他の人にバレてしまう可能性が高く、労力の無駄でしかないでしょう。

胸に何かを貼る

手元にダンボールや紙などがない場合、胸に何か貼るだけでも気付かれないこともできますよ。

何を貼れば良いか、またどのようにすれば良いかお伝え致します。

時間に余裕余裕がない時はこちらの方が良いかもしれません。

バンドエイド

バンドエイドは普通サイズか、少し大きめの物を用意して下さい。

乳首に貼れば目立つことはありませんし、貼れば良いだけなので手間も労力もありません。

暑い時期や湿気が多い雨季では、自身の汗で粘着力が弱まり胸が痒くなってしまうので、防水加工の物の方が良いでしょう。

ドラッグストアーやコンビニでも売っており、値段も安価で手に入りやすいですよ。

ガムテープ

もしバンドエイドや他の手が思い浮かばなければ、最後の手段としてガムテープがあれば、胸に貼り付けましょう。

粘着力が強いので汗をかいても、簡単には剥がれることはありません。

運動や激しい動きにも耐えることが可能です。

またガムテープがない時には、セロハンテープでも代用できますよ。

ただし粘着力が強すぎるがゆえに、使用後剥がすと胸に激痛が伴う上に、赤くなってしまいます。

肌の弱い人だと、かぶれてしまい皮膚を痛めてしまうことも考えられますが、更にご年配の方だと皮膚自体が剥がれてしまうので、人によっては諸刃の剣になっていしますのであまりおすすめ出来にくいです。

ガムテープは、あくまでも最後の手段として考えて貼り付けて下さいね。

ニップレス

ニップレスとは人間の乳首に貼り付ける絆創膏状のものを意味します。

あまり聞いたことがない方が多いかもしれませんが、一般的なニップレスは肌色の丸い形のものです。

ニップレスの裏側は絆創膏同様のあて布がされているので、その他の物よりもノーブラ対策として一番良いですよ。

使い方は貼るだけなので特に難しくはありませんが、問題は普通の薬局にはない所も多いので、入手困難が考えられます。

よくノーブラで行ってしまう可能性が高い人のみ、あらかじめ職場のロッカーや、使用頻度の高いカバンのポケットの中にヌーブラを常備しておく方が良いかもしれませんね。

最悪買いに行く

もしどの方法でも身体に合わなかったり、手元に何もなかった場合、近くにスーパーや下着屋さんがあれば買いに行った方が早いかもしれません。

そしてお金に余裕があれば、買って下さい。

下着を買った方があれこれ不安にならず、一日安心して過ごせるので安心です。

ただ自分のバストサイズが分からない、忘れてしまったのであれば、下着屋さんに行くとサイズを調べてもらえますよ。

ただしお店の混雑状況にもよりますので、買いに行く際は時間に余裕を持って買いに行くことをおすすめ致します。

どうせ買うなら可愛らしい下着などを購入してしまいましょう。

ブラトップを買う

ブラトップとは、タンクトップの内側にブラジャーの機能がついている商品のことです。

量販店や雑貨屋さんで手に入り、値段もそんなに高くはなく、大体2千円前後で購入できます。

色も様々な種類があるので、普段自分がよくキャミソールに使用する色を選んだ方が、後でも使用出来ますよ。

また最近では汗吸収や耐熱性に優れたブラトップも発売されていますので、1つくらい合っても損はしません。

ブラトップ着用時には、わざわざその下にブラジャーを付ける必要がないので、休日にはブラトップのみを使用されている方もいます。

ただしブラトップのサイズは下着ほど明確ではなく、巨乳の人やサイズが合わない場合もあるので、お店の人に確認してから購入して下さい。

私自身購入したことがあるのですが、サイズを確認しましたが合わなかったので、脇の肉がはみ出てしまったり、カップが合っていないので胸がずれた位置になってしまったりと返ってやっかいでした。

ブラトップのメリットとして、下着とは違い締め付け感がないので、サイズが合う方は形がキレイに見えます。

肌が弱い方にも使用でき、かゆみをおこすことはありません。

あまりの快適さにブラジャーからブラトップに使用する方もいますが、長期間使用すると胸が垂れてしまうので、ブラトップの使用はあくまでも緊急処置時の方が良いでしょう。

ブラだけを買う

最悪お金に余裕がない場合は、ブラジャーだけを購入しましょう。

上下ともに揃っていないと嫌だ!と思う人には、スポーツブラなど後々使えそうなものを購入するのも1つの手ですよ。

スポーツブラも量販店や雑貨屋さんで販売しており、値段も大体2千円前後で済みます。

基本的に女性は勝負下着でない時や誰かに見られる可能性がない場合は、パンツとブラジャーがバラバラになっていても平気な人が多いです。

男性側からしてみれば美しくありませんが、日頃からパンツとブラジャーセットで購入しているひとはいません。

もし着替える時に見られたとしても、そこまで気にする女性はいないでしょう。

その後は生理用時やスポーツのみで使用するようにしても良いですよ。

諦めて気にしない

お金もない、手元にダンボールもバンドエイドもない、ブラジャーをやニップレスなどを買いに行く時間もなければ近くにないという絶望的な状況もあるでしょう。

そんな時はもう諦めて気にしないようにして下さい。

服装が白や水色など透明感のある服装でなければ、案外ばれません。

胸元に関してはあまり凝視出来る部分でもないので、ノーブラだと分からないですよ。

自分が気にしているだけで、そんなに人は見ていませんからね。

結構堂々としていれば、案外何もなく終わったということも多いです。

人間たまには諦めが肝心な時もあります。

ノーブラだとバレたくない瞬間

寝過ごした、うっかりして付けるのを忘れてしまったということもありますが、私自身気分が悪くなってしまいあえてブラジャーを外したことがあります。

ブラジャーの締め付けって気分が悪い時だと、とても圧迫する感じがするのですよね。

それで一度吐き気をもよおしたことがありまして、人様に迷惑をかけたことがあります。

幸いノーブラだとばれませんでしたが、いつバレるかわからなかったので、緊張してしまいより体調が悪化してしまいました。

ノーブラだとバレたくない瞬間は様々です。

もっとも嫌なのは外出時やデートの時にバレてしまうと、とても痛いですよね。

どんな時にノーブラだとバレたくないかあるあるを、いくつがご紹介致します。

うっかりブラの付け忘れ

うっかり付け忘れてしまうことって結構ありますよね。

一番怖いのは、誰かにノーブラではないかと指摘を受けてしまってから気がつくことです。

人はとっさのことに、臨機応変に対処出来るわけではありません。

顔に出やすい人ならその時点でバレてしまう可能性があります。

うっかりしやすい方は、なるべく出かける前にブラジャーを付けているか、確認してから外出しましょう。

ずぶ濡れになった後

ノーブラの上に天気も悪く、おまけに傘を忘れてしまい雨に振られてしまったという最悪のシチュエーションは、物凄く絶望的で一番どうしようもないです。

一度濡れてしまうと乾くまでに時間がかかってしまうので、扇風機やエアコンの近くに行くしかありませんが、そんなうまい状況はめったにないでしょう。

黒い服でしたらまだばれにくいですが、白い服やブラウスなどはずぶ濡れになってしまったら一巻の終わりでしかありません。

服が透けて乳首があらわになってしまっていますので、絶対にバレたくない瞬間です。

一番良いのは常に雨傘日傘兼用の折りたたみ傘を、常に常備しておくことでしょう。

強いての最善策としては、カーディガンの様な上着を羽織るか、首からスポーツタオルをかけるくらいしか策がないので難しいですね。

体育の着替えの後

やっかいなの更衣です。

体育だけではなく、結構女性って他の人の着替えを見ていたりするものなのです。

女性同士だからこそ、目ざとく見られているので、一番気を抜いてはいけない場面とも言えます。

他の同級生たちにバレずに着替えるには、みんなが更衣室から出ていった後に一番最後に着替えるか、体操服を脱ぐ時に見えないように上手く着替えるしかありません。

こそこそと着替えていたら怪しまれてしまうので、なるべく堂々としていましょう。

ノーブラだとバレたら、学生さんの場合はネタにされること間違いありませんので、バレないように気をつけて下さい。

暑すぎてブラをつけたくない

家の中ならともかく、外出時は暑いからと言ってブラジャーを付けないのは大きな間違いです。

服や下着の役割は、汗を吸い取ってくれることもあり、肌を衛生的に守ってくれます。

汗の成分は基本的に水ですが、身体の代謝が悪い人の汗は不純物が混ざってしまっていることが多く、すっぱ臭い耐え難いにおいの原因となってしまうのです。

全員がそうとはいえませんが、何も身につけていないと汗が滴り落ちてしまい異臭がするため、周りの人から良い印象を受けません。

更に汗が原因で服が透けてしまい、ノーブラだとバレてしまったという経験の人も少なくないです。

最近ではインナーを重ね着する人も増え、汗を吸収して乾かしてくれる下着も販売されています。

夏場下着を付けたくない方は、対策を考えて下さい。

女性として暑いから下着を付けないということは、美意識がとても低くなってしまっているので、男性からは女子力が低いと思われてしまうそうです。

ちょっとコンビニまで…

ちょっとコンビニに行く程度なら私自身も何度かノーブラで行ったことがあります。

夏場はさすがにばれてしまうので出来ませんが、秋や冬場などコートを羽織るシーズンならバレにくいです。

コンビニに行くくらいなら、わざわざコートを脱ぐ必要もありませんし、1時間以上長居をすることもありませんしね。

なるべく立ち読みなどをせずに、目的を果たしたらさっさと帰りましょう。

心配なのはは知り合いや友人に、偶然遭遇しないかどうかだけです。

最低でも厚手の服を来ていたらばれませんので、ご安心下さい。

すれ違う人の目

正直に言うと、他の人はそんなに自分のことを見ていません。

もし見られていても、わざわざ指摘を受けることはないので気にしなくても大丈夫です。

酔っぱらいでない限り、さすがにノーブラか?なんてことを言ってきたらセクハラになりますからね。

見られていると感じていても、それは単なる被害妄想の可能性も考えられるので、放っておきましょう。

すれ違う人よりも、電車内は気にしておいた方が良いかもしれません。

目的地に着くまで携帯を触っている人はともかく、前の人を見たりすることもあります。

電車に乗っている時間はそこそこ長いので、凝視されていても変に思われませんので、目立たない位置にいくか、座る時は自分のひざに荷物を置いて胸元を隠す方が安全です。

店員さんの目

店員さんが男性だととても気になりますよね。

出来れば女性が良いのですが、そういう時に限って男性しかいないというケースはよくあります。

普段は何も気にしない店員さんの目ですが、店員さんも忙しいのでさすがに胸元を凝視していられません。

反対の立場から言えば、そんな所を見ていたらクレームを起こされたりしたら大変ですからね。

用事をさっさと終わらせてしまえば問題ないですよ。

連れの目

バレたくない瞬間の中で、一番バレてしまう確率が高いのが、連れの目でしょう。

連れは気心知れている分、何でも言えて何でも言いやすいからです。

最悪ノーブラだと気付かれていなくても、胸が垂れたのでは?と指摘を受ける恐れがあります。

過去に私自身もそのような指摘を受けたことがありました。

ノーブラだとバレたくないからと言って、もし指摘を受けた際、その時ウソを付いてしまうと罪悪感も半端ないですからね。

連れにバレないようにするためには、なるべく胸元に視線が行かないように、気をそらしましょう。

病院の診察時

診察時にはさすがに誤魔化しようがありません。

先生が聴診器で心臓の音を聞く、触診などを行う際には、その場で上着を脱ぐように言われることもあります。

また体調の悪い時には、看護師さんや看護助手さんが気を使って服を脱ぐのを手伝ってくれる危険性も出てくるのです。

もちろん親切でやっているので悪意はありませんが、逃げ場がないのでどうしようもありません。

ただし病院によっては、先生が気を使って服の上から聴診器を当てるところも増えてきています。

もしどうしてもノーブラだとバレたくない場合は、服を脱ぎたくないとわがままを言ってもいいかもしれません。

基本的に命に関わるなど。

よっぽどのことでない限りは、患者さんを優先してくれます。

就寝前のノーブラタイム

お風呂上がりだと下着を付けず、パジャマやジャージで過ごしたいという人もいますよね。

私も就寝前はずっとノーパンとノーブラでした。

さすがに就寝前は何処かに出歩くこともないので、自分の部屋でじっとしていることも多いです。

ただリビングでお茶を飲んでいた時に家族から指摘を受けたのですが、開き直ってました。

家族とは言え、あまり指摘をされたくないですよね。

就寝時にはブラジャーを付けて寝るとしんどいので、付けていなかったという理由が大きいです。

私の周りにも結構ノーブラで寝いる人がいましたが、最近ではあまりノーブラで寝ていません。

ノーブラで寝てしまうと、胸が垂れてしまうことが科学的に証明されたからです。

それ以降は夜用のナイトブラという物を愛用しています。

お風呂上がりの部屋着

私は基本的に部屋着はパジャマですが、学生時代の体操着やジャージなどを好んで着ている人は多いです。

ジャージの色がネイビーだと気付かれにくいですが、グレーだと乳首の形がはっきりでてしまうので、ノーブラだとバレやすいです。

冬場のパジャマは厚手なので分かりにくいですが、夏場のパジャマは麻製なので透けることがあり、色によってはスケスケ状態になってます。

部屋着を選ぶ際の注意点として、なるべくネイビーのような濃い色を選びましょう。

下着を付けるならどんな色でも気にしなくても良いかもしれませんが、ノーブラでいるならば気を付けて選んで下さい。

お泊まりデート

お泊りデートって実はノーブラだとばれても大丈夫です。

彼氏とのお泊りデートのみ、何とでも誤魔化しようがあります。

その理由はノーブラでない方が、彼氏が興奮するからです!
実は男性ってあんまり下着を見ている人は少ないのですよ。

それゆえ性交渉時にノーブラだとバレてしまっても、気にする男性はめったにいません。

むしろ何故ブラジャーを付けるのかという疑問を持っている男性の方が多かったりします。

着替え中にノーブラだとバレてしまっても、高確率で性交渉に突入する可能性がありますのでご注意下さい。

そして最大の難点は、ノーブラ=男性が別の意味で女性側がヤる気満々だと勘違いしていることもご了承願います。

修学旅行や合宿

修学旅行は女子校の場合であれば、ノーブラでもあまり気にする人はいません。

共学はバレたらまずいですが、実は女子校の方が男性がいない分、色んなことがオープンになっているので、貞操観念が若干緩かったりします。

寝る時も下着を付けずに寝る子もいたので、就寝前なら気にする必要はないと思いますよ。

ただし修学旅行や合宿は共同生活でもあるので、下着のつけ忘れには注意して下さい。

日中も付け忘れていると、だらしない人だと思われてしまいます。

家族との旅行

家族なので友達や恋人よりも気心が知れており、一番気を使わないのでバレたら容赦はないと思って下さい。

父親や兄弟にはとてもノーブラだと話せませんが、母親や姉妹の場合はノーブラだとバレてもフォローしてくれるケースがあります。

もちろんいい顔はされませんが、どの場面で気をつけた方が良いとか、気を使ってくれるのでとても助かることも多いです。

家族なのでそこまで気を使わなくても良いですし、どうしてもノーブラが耐えれない時は、素直に白状してしまうのも1つの手ですよ。

ノーブラの緊急処置法でした!

日本人はノーブラで外出する人はめったにいないかもしれませんが、海外の方はほとんどがノーブラで過ごしている女性もたくさんいます。

ノーブラの緊急処置法は様々ですが、時々は面倒くさくて付けるのがおっくうになってしまうこともありますよね。

しかしノーブラでいるのはあくまでも家の中だけにしておきましょう。

あまりノーブラでいるクセを付けてしまうと、将来的に確実に胸がたれてしまいます。

またノーブラでいると女性としての慎みや緊張感がなくなってしまう為、男性からは女性として見てもらえないことがあります。

男性にバレても問題がないのは、あくまでもお泊りデートなど特殊な時だけにして下さいね。

【ノーブラのメリットを知りたい人は、こちらの記事もチェック!】