打算という言葉の意味は、デジタル大辞泉によると、勘定すること、利害や損得を見積もること。

「打算的な人」「人間の年月と猫の星霜を同じ割合に打算するのは」<夏目漱石、吾輩は猫である>となっています。

漱石は勘定をする意味で使っています。

現代では、利害、損得を見積もることを指すのが普通になっています。

またおもしろいことに現代中国語の「打算」には、日本語の持つ意味はありません。

あなたの予定は?どうするつもりですか?と聞くような語感です。

それでは現代中国人に打算はないのか、と問われれば、その答えは、彼らは打算のかたまりです、というしかありません。

四六時中常に有利か不利かの損得勘定が働いています。

これは中国社会の前提になっています。

改めて考えるまでもないことなのです。

このように言葉の意味は時代と場所によって変化しています。

言葉は生きていることがわかります。

打算的な人という言葉の意味も、今よりもさらに悪い意味にとらえられるようになるかもしれません。

それは私たち次第なのでしょう。

️打算的な人の特徴22個

筆者は四半世紀という長い期間にわたり中国ビジネスに携わってきました。

さらに駐在員生活中に中国人と結婚するという暴挙に出てしまいました。

そのため中国人の柔軟過ぎる現実感覚は、全身に染みています。

彼らは社会正義や自分の理想にこだわることなく、いつも現実に即した行動を取ります。

カメレオンに見えることもあれば、ほら吹きに見えることもまれではありません。

以下その経験を参照しながら、現代日本における打算的な人の特徴を見ていくことにします。

ひょっとすると全編にわたって中国人分析になってしまうかもしれませんが、それはそれで役に立つことは請け合います。

打算的な人=中国人という理解で概ねかまわないと思っているのですから。

ずる賢い


打算的と言われる人で、頭が悪いという人はあまりいないと思います。

頭の回転は速いのに、その使い方を自分の利益に限定しているだけです。

そのためどうしてもずる賢い印象を与えてしまいます。

しかし当人たちは、そういうことはあまり気にしていません。

それぞれの場面で口と頭をフル回転させ、有利に導こうとします。

社会正義とは無関係です。

とにかくしゃべりと頭には自信を持っています。

お金中心の思考

中国のスマホメーカーをご存知でしょうか?ファーウェイ(華為)は日本の量販店にもコーナーもあり、そこそこ認知されているのではないでしょうか。

その他にもVIVO、OPPO、小米(シャオミ)といったメーカーがあります。

いずれも中国市場中心ですが、世界シェアでも日本メーカー(富士通、シャープ、京セラ)よりはるかに上です。

中でもシャオミの創業者・雷軍はスター経営者として有名な人です。

アップルの故スティーブ・ジョブズを尊敬していて、新製品の発表会は、彼をまねたTシャツにデニムという、ジョブズスタイルそのままです。

その彼が、中国人は全国民が“銭”の方を向いている。

日本の職人芸に関心を向けるべきだ、という趣旨の発言をしていました。

成功した創業経営者から見ても、中国のお金中心思考は行き過ぎている、と映っているわけです。

もっと大事なものがあるだろう、それを探しなさい、と警鐘を鳴らしているのです。

ちゃっかりしている


打算的な人は、例外なくちゃっかりしています。

利用できるものは何でも利用してやろうと、常にチャンスを狙っています。

例えば地位の利用もその一つです。

筆者は中国人と四半世紀にわたってビジネスで関わってきました。

主に中国で製品を作って日本に輸入する仕事です。

そのため工場の中国人幹部とは数えきれないほど会っています。

エピソードは際限ありませんが、ここでは地位の利用に関する件に絞ります。

ある人が工場長に昇進しました。

彼は意欲を隠そうとはしませんでした。

それは主に個人的な野望に関してのことです。

権限を利用して、できる限り仕入れ先から上納金を集めよう、という意欲です。

地位は利用して当たり前、これはごく普通の考え方なのです。

損なことに関わらない

これも打算的な人(中国人)は徹底しています。

利益の出ないことは一切しようとしません。

自分で育て上げた事業の利益が出なくなったら彼らはどうするのでしょうか。

あっさり撤退してしまうのです。

事業分野に職人的な思い入れや、プロの誇りはありません。

オリジナルの事業であろうとばっさり切って捨てます。

もっとも儲からなくなる以前に、不動産投資や金融業にモデルチェンジを図っていることが多いものです。

変わり身の早さは見事です。

損得で人付き合いする

打算的な人(中国人)は、人間関係も損得で動かします。

自己主張と交渉を通じ、少しでもよいポジションを得ようと日夜奮闘しています。

その中で敵と味方、役に立つ人、そうでない人を選別していきます。

出世しそうな人にはピッタリマークしていきます。

ボス選びは極めて重要です。

ボスが失脚しては元も子もありません。

筆者が中国に駐在していたころ、象徴的な事件がありました。

筆者と面識のある地区の共産党書記(市区村長のようなポスト)が告発されたのです。

ネット上に彼女(見るからに女傑です。)の各行が細かくアップロードされました。

数年前の書記選挙の際の買収工作、子女の留学、高級車購入に公金を使用など内容は詳細を極めていました。

最後に共産党員8名、村民代表2名の署名があり、10名の連名による告発です。

これを見たとき筆者は、終わったな、と思いました。

日本の感覚ではそれが普通でしょう。

しかし彼女は、この窮地を見事に乗り切ったのです。

さすがは中国だと思いました。

守ってくれるボスがいたのは間違いありません。

こういうピンチに備えるためにも、正しいボス選びは欠かせないわけです。

職業や収入で男性を見る

打算的な人ばかりで構成されている中国は、完全に力の支配する世界です。

そこではみな自分をできるだけ大きく、力強く見せようとします。

豪華な事務所、高級そうなソファに、やはり高価そうな熱帯魚、もちろんドイツの高級車を並べています。

これらの道具は、たと見掛け倒しではあったとしても、言葉では表せない上昇意欲のようなものは表しているといえます。

口先よりは安心できるということで、これらの装飾を評価する人も多いのです。

もちろん本来の人を見る目とはいえません。

しかしいろいろなところで、かなり有効に機能しています。

人は見た目が90%以上です。

頭の回転が早い

打算的な人は計算能力にすぐれています。

損得勘定は素早くやらねば意味をなしません。

素早い頭の回転はその前提です。

20世紀の前半、日露戦争から日中戦争にかけての時代、中国東北部では、日本人、ロシア人、中国人の間で勢力争いが繰り広げられていました。

その一方で、3者の間では商売も盛んに行わていました。

そのとき、金利と為替の計算が最も早かったのは、中国人の商人だったということです。

中国人は金を貸すのが大好きで、金融マインドは生まれながらに高いものを持っています。

ユダヤ人と双璧と言われます。

彼らがスキのない素早い行動ができるのは、頭の回転が速い証拠です。

腹黒い

打算的な人イコール悪人というわけではありません。

しかし騙すことを職業とする真の悪人は、どんなに発達した社会にも一定の割合で存在します。

しかし日本人のそれは世界的な悪人のスケールからすれば、実に可愛いものです。

欧米や中国の悪人は、絶対に自分の非を認めません。

謝って許してもらえるとは思っていません。

強い決意で悪魔としての自分の生き方を選んでいます。

それにくらべ日本人の悪人は中途半端です。

たいていは嫌がらせを繰り返しているにすぎません。

いじめの延長です。

ただ腹黒いだけで大した実害はないのかもしれません。

そうだとしても打算的な人は注意すべき存在であることだけは、間違いないでしょう。

【腹黒い人については、こちらの記事もチェック!】

人によって態度を変える

打算的な人にとって、儲け話を持ってくる人は大歓迎です。

また将来利益をもたらしてくれそうな人も同じです。

損得勘定を人物鑑定にもしっかり適用しています。

筆者が中国で実見した事例をご紹介しましょう。

それはある鍼灸院の院長です。

大規模集合マンションの1階で開業していました。

客層はハイクラスばかりです。

会社経営者、地方の共産党書記、銀行支店長に、海軍の将軍までいました。

筆者も長く通い、外国人向けの広告塔のような存在になっていました。

高い客層を集めているだけあって、腕は確かです。

看板は一切掲げておらず、一見さんは診ません。

必ず患者による紹介が必要です。

ある日の昼下がり、患者は筆者一人しかいませんでした。

そのとき60歳くらいのパッとしない婦人が、苦しそうに胸を抑えて訪ねてきました。

ただし服装やたたずまいは、ここの客層ではありませんでした。

明らかに貧乏そうです。

筆者は治療中で、針を打たれたままベッドに横たわっていました。

どうなることかと見守っていると、予想通り大夫(医術者の尊称)は、老婦人を追い出しにかかりました。

お前のくるところでない、というわけです。

人が苦しんでいようがいまいが関係ありません。

治療は商売であり、慈善事業ではないのです。

はっきり人を選んで施術をしているわけです。

図々しい

人の目を意識しないガツガツした行為は、日本ではタブー視されています。

しかし世界的には、どうってことはありません。

奥ゆかしいという美徳は、世界的にはむしろ表現力不足という欠点と見られてしまいます。

あからさまな不快感を与えない限り、日本人はもっと図々しいといわれるくらい自己主張をした方がよいと思います。

そうしないと打算的な人たち、例えば中国人などのペースにはまり、一方的にやられてしまうリスクが高くなります。

何よりも自分が大切

打算の塊りともいえる中国人には、「公」という意識はほとんどありません。

公の秩序を守る政治権力の存在は認めていますが、それはあくまでも必要悪としてにすぎません。

とくに身近な地方政府は、自分たちに有利をもたらすように、うまく利用するためのものです。

この世は自分と一族が上昇していくためにあるのです。

その自己中心思想はむしろ気持ちのよいくらいです。

本当の友達がいない

中国人には、友人を大切にするイメージがあります。

唐代の大詩人、李白や杜甫の友人を謳った詩のイメージ、日中国交正常化を成し遂げた田中角栄を“井戸を掘った人を忘れない”として最後まで大切に扱ったイメージなどです。

確かに一族同様に大切にしている友人というものは、持っています。

しかしそれは片手の指にも満たない少数です。

大部分の友人関係は打算によって、仮に結びついたものにすぎない人たちです。

友人を謳った詩も、本当は真の友人がいない寂しさを表現しているのかも知れません。

モラルを気にしない

打算的な人は、目先の正義にこだわって、行動を躊躇するようなことはありません。

主張や意見を頻繁に変えることにためらいもなく、それをモラル・ハザードなどとは考えません。

言葉に出したことなど、すべて取り繕うことが可能という、固い信念のようなものを感じさせます。

いちいちの場面において最適な行動を取っているのにすぎません。

そのためかえって自由な発想が出てくるとでもいうのでしょうか。

それが時にモラルに触れようが、かまわないという考えなのでしょう。

都合よく解釈する

打算的な人は、何事も自分に都合よく解釈する能力があります。

これは場合によっては、強味の一つともなり得ます。

悲観的になることが少なく、楽観的にしてかつ積極的に、物事に働きかけることが可能だからです。

その結果、常識的で大人しい人よりも、かえってチャンスを得る機会は多くなります。

独善に陥らないかぎり、自分に都合よく解釈することは、悪いことばかりとは言えません。

こだわりが強い?

打算的な人は、何より利害優先ですから、職人的、芸術家のようなこだわりはもっていません。

妥協する能力にはすぐれています。

こだわるのはあくまで利益です。

もっと引き出せる方法はないか、他人に出し抜かれていることはないか、常に目を光らせていることが、唯一のこだわりです。

得アンテナを張っている

打算的な人は、たいてい商売勘にも優れています。

方々にアンテナを張って情報を集めていることでしょう。

また人の口を割らせるのもうまいものです。

多少うさんくさくても金回りが良さそうだから、普通の人は、何となくしゃべってしまうということもあります。

しかし本当に大事な相談はしないようにしましょう。

嫉妬心が強い

打算的な人は、金儲けのライバルへの対抗心は、強く持っています。

これはじめじめした嫉妬心ではありません。

打算的な人は何事もドライに割り切って、物事を進めていきます。

ただし競争相手の成功となれば話は別です。

これにはストレートな嫉妬心を向けてきます。

周りの嫌悪感に気づかない

周囲の目を気にする。

これは極めて日本的な問題です。

外国人は日本人ほど他人の目を気にしませんし、同時に日本人ほど他人への関心も強くありません。

日本はウエットな精神風土です。

集団の規範にはずれた人には、ストレートな嫌悪感を向けます。

国際的な活躍を目指す人は、これにあまり気を使いすぎることなく、自分の主張を展開してください。

【嫌悪感については、こちらの記事もチェック!】

自分のお金は出さない

金持ちは例外なくケチです。

しかし大金持ちとなるともう少し戦略を持っています。

必要なときは惜しげもなく金を使います。

ユダヤ人の商売について、知人のランジェリー・ファンデーション工場の社長に聞いたことがあります。

ユダヤ人のバイヤーは、徹底的に値切ります。

乾いたぞうきんをさらに絞るようにして。

しかし商談後には「お前は気に入った。」などと大盤振る舞いしてくれるそうです。

そのとき、社長はなぜあんなに値切るのか?と聞いたそうです。

その答えは「あれは趣味だよ。」というものだったそうです。

金の使い方に独特の感性があると言えばいいのでしょうか。

ケチなだけの小金持ちと大金持ちの間には、一定の線を引いてもそうです。

変に見栄っ張り

交渉は強いものが有利です。

自分を立派に見せることは交渉の原点です。

そして大切な武器でもあります。

打算の王者ともいうべき中国人は、実際より大きく見せることを、すべての基礎においています。

中国人が「面子」にこだわるとは、それを見透かされたときの反応のことです。

次はもっと頑張るぞという決意の表明でもあります。

必要もないのに、ここをつつくことはやめておきましょう。

さらにファイトを掻き立ててしまい、プラスにはなりません。

先のことを考えない

先のことを考えない人たち。

これについても打算的な中国人のことを思い出します。

中国人の工場経営者は、将来のコスト上昇を見込み、予め手を打つということがほとんどありません。

製品価格が合わなくなり、誰も買わなくなって初めて改革に手を染めます。

それまでは今年精一杯稼ぐことだけしかビジョンはないのです。

行き当たりばったりというしかありません。

、しかしたいていの経営者は儲かっているうちに、不動産投資や金融業にモデルチェンジしていきます。

そして儲からなくなったらすっぱり事業はやめてしまいます。

打算的な人は先のことを考えていないようにみえて、実は計算はできていることが多いのです。

協調性がない

打算的な人は、仲間意識というものはあまり持ち合わせていません。

社会正義などの理念や、目的意識、濃密な感情のやりとりなどは、金儲けにあってはすべて邪魔物になります。

感情に流されてチャンスを逸することはない、それこそ打算的な人の特徴です。

あまり人と協調ばかりしていると、いつまでたっても人並みから抜け出せない、という考えなのでしょう。

これは一面では正しいやり方ともいえます。

️打算的な人は嫌われる?

打算的な人は、ちょっと怪しいイメージを払拭できません。

すべてにわたって裏の顔があるように見えます。

しかし損得勘定以外にまで陰謀があるかと言えば、そこまでの人物はほとんどいないでしょう。

打算の塊りのように見える中国人は、他人の存在を意識しない分、秘密を守ることができません。

陰謀はすぐにばれてしまいます。

そしてお互いあっけらかんとしています。

警戒されるのは打算的だからというより、動作が怪しいせいではないでしょうか。

️打算的とは?

打算的とは、ドライに割り切ることです。

これが必要なときも世の中には確かにあります。

かつて日産自動車が経営危機に陥り、ルノーからカルロス・ゴーン社長を迎え入れたときのことです。

取引先(仕入れ先)の見直しを行いました。

重複していたり、メリットのない相手は次々と切っていきました。

これは日本人社長にはなかなかできないことです。

社長になるまでの間、いろいろな取引先のお世話になっています。

出世の応援してくれた会社もあったでしょう。

社長だけではなく、各取締役も情実にまみれています。

そうしたプロパーの社員は、長年のしがらみを切ることなどできません。

切られる方も相手が外国人ならあきらめもつきます。

そうして取引体系をすっきり整備することができ、それが日産復活の第一歩となりました。

打算的の意味

損得を考えて行動する

損得を考えない行動はかえって危険が伴います。

かつて大日本帝国は、日中戦争と太平洋戦争を同時に行いました。

中国と米英を同時に相手にするという無謀な二正面作戦でした。

損得を考え、現状をしっかり分析すれば、あんな向こう見ずな手段は取らないはずです。

当時の日本には損得をを超えた守るべき正義があったのです。

とても独りよがりで危うい考えです。

これに対して打算的な中国は、絶対に無謀な戦いなど挑みません。

現代においても彼らの軍備拡張は交渉するための手段です。

アメリカと戦争をして勝つつもりなど毛頭なく、有利な展開を引き出すための道具、より立派に見せているに過ぎません。

最初から勝てないこともよくわかっています。

このように損得ずくの人の方が、正義感のあふれる人よりかえって安心できるのです。

こちらも計算して、打算で対抗できるからです。

計算高い様子

打算的な人は、計算高い人と言い換えてかまわないでしょう。

しかしこの計算も、高度な方程式は必要なく、相手の身になって考えれば、概ね想像のつく範囲内です。

彼らは理想や思想を欠いていますから、底の知れないような深みはありません。

こういうことから、彼らに対応するときも、あまり深く考え込む必要はないのです。

計算には計算で対抗できます。

そうすれば騙される心配もありません。

つまり打算的な人とは

打算的な人には、実利を見極めることで、十分に対抗できます。

実は相手としては扱いやすいタイプです。

まずこちらも損得をよく計算した上で、相手の動きを予測しましょう。

予測通りなら、その相手は、明らかに小物と分類してよいでしょう。

恐れることなど何もありません。

️打算的な人には要注意…!

打算的な人は、何度も強調したように、主義主張にこだわりのない分、意外と理解しやすい人たちなのです。

実利を考えて対応していけば、わかりやすい上に、あまり実害もありません。

しぶとい生き方を学ぶ教材とでも考えてみてはどうでしょう。

その方がより積極的な立ち向かい方ではないでしょうか。