羅針盤というと私たちの生活で思い浮かべるのが方位磁石です。

私たちの人生で向かうべき方向を指し示してくれる方位磁石の役目を果たしてくれるもの、それは人生の羅針盤です。

今回はあるのとないのとでは幸福に充実した人生に多いな違いの出るこの人生の羅針盤のことを書いてみようと思っています。

人生の羅針盤とは?

「人生の羅針盤」は生きている上で、自分が進むべき方向を指し示してくれるもの、教えてくれるものの比喩として使われています。

磁石が南北の方向へ向くことを利用しているということを私たちの人生に例えてみると何に当たるのかなと考えてみました。

本来持って生まれたもの、自分自身を本当に生かすものといえないでしょうか?
本来持って生まれたものといっても、人種や肌の色、家柄、お金持ちか貧乏かなどで左右されないもので、なおかつ自分特有のものといえるのですが、
それってひと言でいうと「個性」ということになってしまいますが、もっと人間の本質的なものです。

善も悪もない本質的な個性の発露を支えてくれるものが人生の羅針盤ですね。

その「個性」は本来は伸びたくて伸びたくて仕方がない性質を持っていて、磁石が南北の方向へ勝手に向いてしまうのと同じです。

羅針盤とは


羅針盤というのは船や航空機が方位を調べるために用いるものです。

コンパスともいわれることがあります。

私はコンパスと聞いて思い浮かぶのは学校で円を書くときに用いるものですが。

磁石は南北を向くという性質があるため、これを利用していて、種類としては磁気コンパスと高速回転するコマの力学的性質をりようしたジャイロコンパスなどがあるそうです。

自分が行く方向

本来持っていて伸びたくて伸びたくて仕方のない「個性」を発揮するために、もしくは個性をいかんなく発揮しているとおのずと目指したくなる目標を、人生の羅針盤は示してくれるはずです。

それはまるで航海のとき羅針盤があるからこそ目的地にたどり着けるように、生きていくうえでとても大切なものですね。

信仰

信仰をその基盤にする人がいます。

生きるということはどういうことなのか、幸せとは何なのか?人が幸せになるためには何を拠り所にすればいいのかという答えなどすぐに見つかるわけがありません。

その難しいことを見つけることを信仰を拠り所にするのです。

信仰とは文字通り信じることを意味しています。

信じて仰ぎ見るものです。

信じていられるということはとても幸せなことです。

そして信じ続けるということはたやすいことではありません。

信じて仰ぎ見ることを求められている信仰を持っているということは、そうすることが向いている人にとってはとても幸運なことかもしれませんね。

以前、私が電車に乗っていた時、隣の席に座った2人の女性の会話が耳に入ってきました。

そのころ私はまだ20代半ばのころでした。

中年期も終盤にさしかかった1人の女性が、どうやらご主人を亡くされたらしく子どももいないのでこれから先とても寂しい晩年を過ごすことになるような気がして不安だということを話すと、もう1人女性が、「何か宗教に入るといいと思う、宗教は何でもいいじゃない」と答えていました。

同じものを信仰するという連帯意識ができるし、新興宗教であればときどき集まりのようなものがあるので、そこに参加することもできるという話でした。

私は「へえ、そんな考えもあるのか」と思ったものです。

私は人に迷惑をかけなければ、自分の気持ちが晴れて、少しでも幸せになるのであれば難しいことは考えず利用できるものは利用すればいいという考えでいます。

宗教だってそういう目的で入ってもいいと思うのです。

ただし、あとあとごたごたを招かないのであればです。

でも羅針盤として信仰をしている人は、生きる先に理想を掲げているのではないでしょうか?
私の友人にも信仰を羅針盤として生きている人がいます。

彼女の理想はまさしく信じている神をただただ仰ぎ見て生きること、そして1人でも多くの人に同じ神を信じて欲しいと願っています。

でも私は無理だと伝えました。

自分以外のものを信じることで幸せになれるような気がどうしてもしないからです。

彼女はその気持ちをもちろん尊重してくれました。

信仰している人にとっての課題の1つに、自分が信じているものを人に勧めたいというものがあるのではないでしょうか?私の友人もそうでした。

どんなことでもきっかけというものが必要なのですから、自分がいいと思うものは人に勧めたいというのは自然なことだと思います。

お勧めして、断られたとしても別に気に病むことはなく、腹を立てることもない、そして嫌がる人に無理強いをするというのでないなら勧めてもいいじゃない、と彼女にアドバイスしました。

〇〇教というような信仰でなくても、何かを仰ぎ見て信じているということを私たちはやっているような気がします。

哲学


信仰ではなくて哲学を基盤にしている人もいます。

哲学とは?でネットで調べてみました。

「人生・世界、事物の根源のあり方、原理を理性によって求めようとする学問、または経験からつくりあげた人生観」とありました。

哲学という言葉を聞いたことはないという人はいないのではないでしょうか?でも哲学とはなんぞや、と問われて応えらる人もほとんどいないのではないでしょうか?
私は哲学とは?と問われたら、「この世の出来事、人の幸せなど、なんでも理屈を述べる学問」と答えたと思います。

哲学者イコール理屈屋さん、というイメージを持っていました。

「経験からつくりあげた人生観」というのであれば理論理屈だけではないはずです。

言葉で表現をしようとすると理論理屈ばかりを並べ立てたように見えてしまうだけなのでしょうね。

よく、「〇〇の仕事哲学」や「〇〇のゴルフ哲学」などという言われ方をしたり、著書が発売されています。

これはその道の超一流人物ならではの仕事やゴルフに対する深い考え、その考えがあったからこそ成功したというものを著したものです。

とすれば哲学とは「深い考え」ともいえます。

それは、ただボーっとしたり、寝ていただけでどこからか降って来たような考えなどではなく、追求しし続けた結果、探求し続けた結果のもの、そして追求すること、探求することそのものを哲学と称しているといえます。

〇〇のゴルフ哲学というときには〇〇がゴルフを行ってきた、という経験ありゴルフを追求し探求し続けた結果、持つようになった独自の「考え」=「行きついた考え」、そして追求探求し続ける過程そのもののことを指しています。

追求、探求する過程でひらめきはあったにせよ、より良くなるためにはどうしたらいいのかという考察と行動があったからこそのひらめきであって、突き詰めて考えてきた結果得られたものでなければ哲学とは呼びません。

とするなら哲学を人生の羅針盤とかかげるというのはどういう意味を示しているのでしょうか?
突き詰めて考えてきた結果はあくまでも結果であるはずのものなのでは?という疑問が湧いてきます。

この疑問を解くカギは、学問としての「哲学」はその対象が神や世界、善悪など社会などすべての人に共通する普遍的なものだということでした。

神は存在するのか、神を信じるということはどういうことなのか、何が善で何が悪なのかを突き詰めていく学問ということです。

昔から神話や物語が語りい継がれてきています。

これらは学問としての哲学で突き詰めている不合理なものを神話で語ろうとされたのです。

近年言葉で表わされたもの、1プラス1=2という概念により近いものでしか納得のいかなくなった私たちは哲学を必要としたのでしょう。

人生の羅針盤に哲学という学問そのものを選ぶことも可能です。

そのときには哲学者たちが出した結論をまず学び、自分もそのことについて哲学し続けることです。

哲学を学ぶことは過去の人間が結論に至ったことを基にして自分はどう考えるのか、どういう考えに馴染みやすいのかなどを知ることで欠点を把握しやすくもなります。

自分自身を知るということにつながるのですね。

そして学問としての哲学を学ぶのではなく、人生の羅針盤として哲学を用いるということは、何か自分が親しめるもの、愛してやまないものを突き詰めてい行く過程そのものを生きがいとして楽しむということです。

人生の羅針盤を持っておくべき10個の理由

人生の羅針盤はぜひ持っておくべきだと思います。

その理由をまとめてみました。

1.自分というものを確立するため

人生は何のためにあるのか?そんなことわかりません。

わかったとしても誰も証明してくれません。

自分はいったい何者なのか?それもわかりません。

自分は何者かなんてわからないし何のためにいきているのかということも誰も証明はしてくれない。

そんな自分が幸せに安心していきていくためには自分というものは何者でもかまわないという強さが必要になってきます。

自分というものを確立するということですね。

1つ貫くものを持つ

自分を確立するためには何か1つ貫くものを持つことが必要です。

貫くものがたくさんあると貫けなくなりますから、1つがいいですね。

何か1つというと他のことはできないのかと心配になるかもしれませんが、貫くものは行為や行動、というものではないのですから、「1つ貫くものを持つ自分」であるならむしろ行動力が増してくるかもしれませんね。

具体的に貫くものを考えてみました。

先の信仰もそうですし、情熱を注げる何かを見つけて突き詰める過程そのものを生きがいに出来る自分などもそうですね。

スポーツ、学問、家庭、どんなものでも成り得ますが、これは違うかなというものがあります。

とにかく怠惰で食べることが大好きという人がいるとします。

その人が1つ貫くものというのは怠惰に暮らすことに違いないという考えです。

そういう人生を選択した人もいていいと思っていますのでそのことについては問題ないのですが、
ここで「人生の羅針盤」ということに興味を持たれたとしたら、貫くものを求めている人ということになるのではないでしょうか?

貫くものがあるということはブレそうになってもブレきれないということです。

リフォームをした人が、インテリアをモダンスタイルで統一しようと考えていたとします。

リビングのソファーを買いに行ったとき、たまたまモダンスタイルとはかけ離れたデザインや色のソファーがとても安くて定員さんにもお買い得だと勧められ、見ているととても素敵で欲しくなったとします。

でもモダンスタイルで統一というものが自分の中に一本通っていたとしたら買いませんよね。

とても現実的でしかもインテリアに興味のない人にとってはどうでもいい例ですが、人生上の難しい局面に会っても似たようなことが起こるのではないでしょうか?

2.人生設計をするため

これからの人生をどういうものにしようかと計画を立てて設計していくことは無駄と迷いのない人生にするために有意義なことです。

仕事や結婚、子どものこと、老後のことなど金銭面や保険、人生設計を立てるためには考えなければいけないこと、やらなければいけないことが山ほど出て来ます。

人生の羅針盤がある人と無い人では選択肢がまったく違ってくるということもあるのです。

そして仕事や結婚など現実的なことを上手く運ぶようにするため、合理的な考えからだけでなく人生の羅針盤があるのとないのとでは実りの多い迷いの少ない人生のために違いが出て来ます。

信じるものに従って計画する

人生の羅針盤があれば信じる者に従って計画を立てることができます。

信仰を持つ人であれば、同じ信仰の人を配偶者として共に歩いていきたいとかんがえるかもしれませんし、自分の信仰を理解してくれる人ということが配偶者選びでは最も大切になるかもしれません。

そこを外すのであれば、どんなに素敵だと思っても配偶者としては選べないという芯があれば迷いも少なくなります。

打ち込める何かを持っている人はそんな自分を理解してくれる人というのが第一条件になるでしょう。

具体的なものではなく、自分の在り方に対する考え方の理想がある人であれば、同じような人を選びたいという希望を持つかもしれません。

自分は奉仕することに喜びを感じると気づいている人は、仕事を奉仕していると実感できるものにしようと考えることができます。

奉仕するということは自分にとってどういう意味があるのか、奉仕することを続けていくうちに変化する自分の人生をどう考えるのかなどと、考えを深めていくことがあるかもしれません。

それに合わせて生活も設計していくことができます。

計画は目的がはっきりすればするほど的確に鮮明に立てられるものですよね。