あなたは「お気に入り」と聞いて、どんなものを浮かべますか?またはどんなイメージを抱きますか?気に入るということは、自分自身の気持ちの中に入り込んでくるという意味になり、つまりは、自分の気持ちの中に入り込んだまま抜けないという意味にも捉えることができます。

このような状態になるには、そのものに対してあなた自身が「好き」という気持ちや「愛」という気持ち、また「これを持っているとウキウキして心躍る」というような、自分自身のテンションをあげるものでなければならず、それがあなたにとって「お気に入り」となるかどうかの条件にもなります。

特に女性は、自分のお気に入りのものを持っていたり手にしたりすると、心が「きゅん」となる特徴があります。

今回は、お気に入りのものを手にした時「きゅん」ときてしまう特徴を考えていきましょう。

みなさんのお気に入りなものってなんですか?

では、みなさんの「お気に入り」なものってなんでしょうか?お気に入りのものといっても、具体的に「物体」を言う場合もありますし、「場所」とか「存在」など目に見えないものをお気に入りと考える人もいて、お気に入りに対する価値観はそれぞれです。

また、人間にとって「お気に入り」ってどんな役割を果たしてくれているのでしょう?

いろいろ考えられますが、今ある「お気に入り」に対しては、それがあると「落ち着く」「癒される」「元気が出る」など、やはり人間の気持ちや心に対して訴えかけてくれるツールでは無いでしょうか?また、それがないと「不安になる」「いてもたってもいられない」など精神的に不安定になってしまうこともありますよね。

人にとってのお気に入りに対する想いや価値観は違いますが、少なくとも人間にとってお気に入りは、生きて行く上で必要不可欠なものであると言えますね。

お気に入りを考える時のポイント


それでは、「お気に入り」というものを考えるときに、どんなポイントで見つければ良いのでしょうか?お気に入りを持っておくことは、生きる活力にもなりますし、頑張ろうというモチベーションアップにも繋がります。

いまいち、自分は「お気に入り」というのがよくわからない、自分には持ち合わせていないという方、是非参考になさってください。

お気に入りって何なのか、考える際にはいくつかのポイントが考えられます。

また、特に一つに絞って考えなければならないということもありません。

お気に入りは何個あっても構いませんし、何種類あっても良いのです。

お気に入りがあなたにとって多ければ多いほど、生活自体は充実して行くと思いますし、そのために頑張ろう!とも思えるので、多い分には全く問題はないのではないでしょうか?今からお気に入りを見つけよう!と思っている人にも必見です。

好きかどうか

まず、あなたにとってのお気に入りを探すのに、当たり前ですが「好きかどうか」が重要になってきます。

好きでもないのにお気に入りになるわけはありませんよね。

ただし、好きの度合いにもよると思います。

やはり、なんとなく好きというよりは、ものすごく好きというように、それに対して思い入れがないと「お気に入り」とは言えません。

もちろん、きっかけはどんなことでも構わないのです。

なんとなく好きだったものが、極めて行くと奥が深く、自分にもあっていたため凄く好きになったという場合はもちろん「お気に入り」になります。

その場合は自分の中で対象がお気に入りに昇格になった瞬間かもしれませんね。

人に紹介されて好きになった、ちょっと雑誌で見かけて好きになったと、人がお気に入りと出会う方法は本当にさまざまです。

でも、自分がどれだけそれに執着できるかが重要になります。

気になるかどうか


好きになるには、そもそも気になるかどうかという気持ちが必要です。

そう、「お気に入り」は恋愛と同じなのです!相手を好きになるのに、もちろん一目ぼれはありますが、なんとなく気になっていたけど、だんだん好きになっていたという恋愛パターンは多いのではないでしょうか?また、お気に入りに対しても、当然あなたが一目ぼれすることは大いにありますよ。

何かのきっかけで、降って湧いて来たものでなければ、「出会うべくして出会う」のは、どんなものにたいしても言えることです。

人と人が出会うのもそうですし、人と物が出会うのも同じことが言えます。

人とお気に入りとの出会いだって同じです。

あなたがもし、ご自身にとって「お気に入り」がいまいちわからないなという場合は、まずはご自身が「気になること」をピックアップしていけばいいのではないでしょうか?紙に書き出してみるのも良いですね。

そうすることで自分がどんなものにたいして気になるのかが、より明確になりますし傾向もわかります。

肌身離さず持っていたいものか

あなたは、犬のスヌーピーを知っていますか?ご存じの方は多いと思いますが、この世界的に有名なキャラクター、「スヌーピー」は実は「ピーナッツ」という漫画で、スヌーピーはそれに出てくる犬のキャラクターなのです。

今や、キャラクターだけが独り歩きをしてしまっていますが、この漫画は、人の心理にうったえかける非常に奥の深い漫画でもあり、漫画のセリフは様々な書籍に名言として度々取り上げられています。

この漫画に、ライナスという少年が出て来ますが、彼はいつも「毛布」を肌身離さず持っています。

この表現は、人間が物に執着することで安心感を得るという典型的なパターンを示したわかりやすい表現ですが、ライナスにとって毛布はまさに「お気に入り」であり、心理学的に言えば、それが無いと平常心を保てないという、彼にとっては重要なアイテムです。

このように、お気に入りは、自分にとって「肌身離さず持っていたい」かどうかが、決め手となる場合があります。

ライナスの毛布は、大げさな表現かもしれませんし、あなたにとってのお気に入りが持ち歩ける大きさかどうかにもよります。

しかし、「本当は肌身離さず持っていたい」という気持ちになる。

それがお気に入りなのです。

なくなったら困るもの

上記内容と重複しますが、お気に入りはあなたにとって「無くてはならない」ものです。

逆に「別に無くなっても困りはしない」というものは、お気に入りとは言えません。

ただし、お気に入りが特定の物ではなく、種類である場合は別です。

例えば上記でご紹介したライナスの毛布ですが、ライナス少年は毛布ならなんでも良いというわけではありません。

自分が気に入っている特定の毛布をいつも持ち歩いているのです。

ですので、この毛布がどこかに行ってしまったら、また新しい毛布を与えておけばいいというわけではありません。

ライナスはこの毛布をぼろぼろになっても、持ち続けているのです。

このように、あなたにとって無くなったら困るものは、お気に入りと言えるでしょう。

上記でも述べたように、あなたにとってお気に入りのボールペンがあったとします。

それに対してどこが気に入っているかどうかを考えた際に、「メーカーが気に入っている」とか「書き心地が気に入っている」という場合は、それが無くなる、使えなくなったら全く同じものを買えば解決です。

しかし、「親から受け継いだもの」とか「親友からのプレゼント」など、二つとして同じものが無いという理由で気に入っているのであれば、そのものが無くなればとても困りますよね。

お気に入りに抜擢するもの

最初に、「お気に入り」は、物体だけでは無いと申し上げましたが、お気に入りの種類はいろいろなものがあります。

お気に入りを考えるときのポイントとしていくつかお伝えしましたが、そのポイントに当てはまるものは、もちろん「物」だけではありません。

お気に入りはいくつあっても構いませんが、今回はあえてあなたの中で、「お気に入りオーディション」を開催してみませんか?自分にとってどんなものがお気に入りになり得るのかを、抜擢してみるのも楽しいかもしれません。

また、お気に入りは、子供のころからお気に入りなこともあれば、大人になってからお気に入りになったもの、子供のころは大のお気に入りだったのに、大人になってからはさほど興味が無くなったものと、お気に入りに対する気持ちの変化も年齢とともに変わって来ることもあります。

場所

あなたにとって「お気に入りの場所」というのはありませんか?ここにいると落ち着く、ここに来れば癒されるなど「場所」がお気に入りになっている場合です。

お気に入りの場所は何も屋外だけではありません。

室内にも同様のことがいえます。

家の中でも特にこの場所がお気に入りで気が付けばそこにいるというようなスペースがあったりしませんか?

例えば、子供なんかはわりと暗くて狭い場所が好きですので、押入れがお気に入りの場所だったりする事例が多いですよね。

大人になってもなお、押入れにこもる人はあまりいませんが、特に男の子にとってはそこが秘密基地みたいな特別なスペースであることが多いです。

観光スポットなどでも、特にお気に入りの場所、この時期にここに訪れるのが毎年の自分の楽しみであるということもありますよね。

そこにいるだけで気持ちが豊かになる。

そこがあなたの「お気に入り」です。

洋服・コスメ

ファッションに興味がある方は、だんぜん「洋服」や「コスメ」の中にお気に入りが存在する率が高いのではないでしょうか?特に洋服については、その洋服を着ると元気が出る、ここぞという時の勝負服、などさまざまな思い入れがあるかと思います。

子供でも「お気に入りの服」がある子が多く、それを着せるとご機嫌になったり、テンションがあがったりします。

また、コスメについても同様ですが、コスメは消耗品ですので、どちらかと言えばそのものに対してではなく、メーカーや品質に対して「お気に入り」を見出す場合が多いでしょう。

お気に入りのメーカーから発売される新色の化粧品や、新しいデザインのコスメが販売されればそれだけでなんだか気分もわくわくしてきますよね。

このように、「おしゃれ」自体が、人にとってお気に入りとなっているわけです。

あなたにとってのお気に入りの洋服ってどれでしょうか?お気に入りのコスメは?どれかよくわからないという方は、一度手持ちの洋服やコスメを並べて見て、ウキウキするものがないかみてみましょう。

食べ物

誰しも好きな食べ物というのは存在します。

これは言いかえれば「お気に入りのメニュー」となります。

食べ物も、洋服同様に「ここぞというときには、これを食べる」と決めている人もいるのではないでしょうか?人が何かに対して勝負する時に、それを後押ししてくれるのもまた「お気に入り」の大切な存在価値でもあります。

また、食べ物もファッションアイテムと同じで、これを食べれば気分があがる、これを食べたいがために頑張るというようなメニューがあれば、それはあなたにとってお気に入りです。

食べ物に関しては、毎日食べるようなもので無くても、特別メニューであったり、特殊な食材であることもあります。

さらに、他人には理解しがたい食材が自分にとってのお気に入りであることもあり、それも人それぞれです。

いろんな「お気に入りの食べ物」があるかと思いますが、材料だったり、メニューだったり、スイーツだったり、いずれにせよあなたにとって「食べる」と心のエネルギーに変えられるもの、それがお気に入りの食べ物と言えるでしょう。

私物

私物といってもいろいろありますが、会社勤めをなさっている方は、だいたいご自身の「お気に入り」を会社に持参しているのではないでしょうか?それがコスメであることもあるでしょうし、雑貨、小物のこともあるでしょう。

文房具はお気に入りのもので無いと、仕事がはかどらないと言う方もいますよね。

もしかしたら、小さなぬいぐるみをそっとかばんに忍ばせている・・・という方もいらっしゃるかもしれません。

私物は文字通り、「わたくしの物」であり、既に自分のものですので、私物自体がお気に入りであるといっても過言ではありません。

もちろん私物の中でも自分のお気に入りのランク付けはされるでしょうけど、たくさんのお気に入りに囲まれて出社すれば仕事もはかどるというものです。

また、常に見ていることはできないけど、それが手元にあるだけで安心できる、かばんの中に入っているとわかっているだけで、テンションがあがるというのが私物のお気に入りの特徴でもあります。

動物

昨今、日本はペットブームでもありますが、ペットを飼われている方も多いでしょう。

ペットは家族と考えている方が多いので、「お気に入り」に入れてしまうかどうかはその人の考え次第だと思いますが、一般的に動物好きな方にとっては動物の寝顔や仕草は大変癒されるものです。

特に動物の赤ちゃんは、みているだけで幸せな気持ちになれますよね。

ペットを飼われていない方でも、動物好きな方はたくさんいます。

休日に猫カフェなどを楽しむ方も多いですし、鳥カフェなども人気があるようです。

また、動物園で休日を過ごしているという方もおられるでしょう。

さらに、インターネット上ではさまざまな愛らしい動物が日々紹介されています。

お気に入りの動物の動画を保存して楽しんだり、画像をチェックしたり、またお気に入りのペットブログを毎日楽しみになさっている方もいらっしゃるでしょう。

これは少し概念が難しいかもしれませんが、「お気に入りの人」というような言い方はあまりしないので、どう考えるかにもよりますが、つまりは「好きな人」です。

これは男女問わず、自分にとって「この人といると楽しい」とか「居心地が良い」という人、この人に会うと楽しいと思える人が、あなたにとって「お気に入りの人」と言えるかもしれません。

対象が人間ですので、なかなかその人に「あなたは私のお気に入り」というようなことは言わないかもしれませんが、なんとなく相手もあなたが自分に好意を持ってくれているというのはわかると思います。

それが恋愛に発展するかもしれませんし、親友という素晴らしい関係になっていくこともありますよね。

他には、芸能人などメディアに出ている人に対する感情が考えられます。

応援している芸能人がいるという場合は、まさにあなたにとってその人は「お気に入り」であると言えますね。

趣味

ご自身の趣味である時点で既にお気に入りであると言えるのですが、ところであなたは趣味がありますか?最近では仕事に追われて、趣味が無い、趣味であったが辞めてしまったという方も増えてきています。

無趣味が悪いというわけではありませんが、それでもやはり少し趣味を持っていた方が、生活に張りが出ますし、老後も楽しく過ごせると思いますよ。

特に趣味が無いという方は、それこそ自分が何に対して興味を持つのか、「気になる」のかを模索してみてはいかがでしょうか?わりと意外なことに興味を示すのが改めてわかったりするかもしれません。

また、趣味はお金がかかりがちだと思われますが、読書や映画鑑賞も立派な趣味です。

読書は図書館を利用すれば無料ですし、映画もサービスデーなどを利用すればリーズナブルに楽しむことができます。

その中でもあなたのお気に入りの本やお気に入りの映画を見つけることができれば、お気に入りの趣味も充実することでしょう。

お気に入りにキュンとくる瞬間5選

本題にもありますが、「お気に入りにキュンとくる瞬間」ってどんな時でしょうか?そもそも「キュン」となる瞬間ってわかりますか?

もちろん、心が「キュン」と実際に音を立てることはありませんが、心臓がまるでその瞬間にぎゅっと掴まれたような感覚になり、キュンと音が聞こえるような気がするというような感じになることがあれば、それが「キュンと来る瞬間」です。

人は、好きな人と一緒に過ごしている時や、好きな食べ物を目の前にしたときに、そんな気持ちになることが多いようです。

つまり、あなたにとって自分の「お気に入り」が目の前にあらわれると、たいてい「きゅん」と来ると言えるのではないでしょうか?

「キュン」と来るから、「お気に入り」とも言えますね。

ですので、自分にとってそれがお気に入りであっても、他人からすれば全く興味が無い場合があるように、自分はキュンとなっても他人には何も響かない場合ももちろんあります。

お気に入りにキュンと来る瞬間5選について述べてまいりましょう。

役に立った時

自分のお気に入りの物が、自分の役に立った時、または他人の役に立った時、「買って良かった」とか「持っていて良かった」と思いますよね。

お気に入りのものが役立つというシチュエーションは、主にそれが消耗品であることが考えられます。

例えば、コスメ用品などの場合は、外出先でお友達が困っていて、自分が持っているものを貸すとします。

自分の私物ですから、それは当然あなたがお気に入りのものであるに違いありません。

それを使用したお友達が、もし「これ、使い心地イイネ!私も今度買おう」とでも言えば、「そうでしょうそうでしょう」とちょっと自慢したくなりませんか?

自分のお気に入りが役に立つ時は、それをチョイスした自分自身を自分や他人が認めてくれるということにもなります。

それは、あなたの「選択」という行動への自信に繋がります。

お気に入りを褒められたとき

最近では、SNSが活発化していますが、さまざまなツールで「いいね」と評価されるようなシステムが導入されていますよね。

よく知られているのが、Facebookやinstagramです。

これらは、発信者が発信するものや事柄において、「それ良いですね」とプラスの評価ができるプログラムが組まれています。

これらは、全く赤の他人や今まで出会ったことが無い人からも評価を受けることができ、その評価される数(いいねの数)を、より多く獲得できることがステイタスにもなっている人がいます。

その件に関しては、さまざまな視点から問題視されていることも確かにありますが、人間は基本褒められると嬉しい生き物です。

ですので、お気に入りを人に見せたり、SNS上で公開したときに、褒められるとやはり嬉しいのです。

自分のお気に入りを他人に褒められるととても嬉しいし、自信にも繋がりますよね。

ですので、他人が持っているものや、他人がお気に入りだと言っているものを否定せず、たとえ自分は「それはちょっと苦手だ」と思うものでも、「いいね」とそのものを褒めるのではなく、それをチョイスした人を褒めるとコミュニケーションもうまくいきますよ。

心が落ち着く時

例えば、お気に入りの珈琲を飲んだ時や、お気に入りのスイーツを食べた時にとても気持ちが落ち着きますよね。

他にも、お気に入りの映画を見ている時、お気に入りの音楽を聞いている時、お気に入りの本を読んでいる時などにも、大変気持ちが安定します。

このように、お気に入りは人間にとってテンションをあげるだけでなく、気持ちを落ち着かせたり、リラックスさせる役割があります。

モチベーションを上げるのももちろん大切なことではありますが、心を落ち着かせてリラックスさせることも同じように重要なことです。

お気に入りに囲まれて、あなたが心を落ち着かせている時、きっと周りも良い空気に包まれていることでしょう。

あなた自身もまわりに優しくなれますし、誰かの力になりたいとも思えるようになり、素敵な相乗効果が期待できます。

可愛く見えた時

お気に入りを選ぶ基準はさまざまですが、特に女性がお気に入りのものを選ぶ際には「可愛い」ことが条件である場合が多いです。

この「可愛い」と思う感覚も人それぞれ違います。

いわゆるわかりやすいフリフリの少女チックなものに対して「可愛い」と思う人もいれば、シンプルで斬新、シックなものに対して「可愛い」と思う人もいるのです。

ですので、これも自分は可愛いと思っていても他人が同じようにそれに対して「可愛い」と思うかどうかは別です。

例えば爬虫類なんかは典型的な例ですよね。

一般的にはちょっと気持ち悪いという印象がありますが、好きな人からはたまらなく「可愛い」と思えるのです。

いずれにせよ、あなたにとってそれが「可愛い」と思えた時、それが「お気に入り」である証でもあります。

癒やされた時

あなたにとって「お気に入り」は、なんといっても癒されることが条件ではないでしょうか?

自分の「お気に入り」によって癒されるとき、本当にそれと出会って良かったなと感じることができますし、もっと大切にしたいと思えますよね。

人を癒すというのは実は結構大変なことで、簡単ではありません。

簡単に癒されないからこそ、人はそれを強く求めて行くのです。

日々生活していると、当然疲れもたまってきます。

楽しいことをした時ですら疲れるのですから、職場や学校など、ストレスを抱えて過ごさなければならない環境ではなおさらです。

そんなときに「お気に入り」の存在は、あなたをとても勇気づけてくれます。

疲れて帰った時に、ふと「お気に入り」によって癒される。

そんな時間を大切にしていれば、また頑張ろうと思えますし、なんとかなる!と勇気も湧いてきます。

お気に入りの見つけ方

ここまで読んで頂いた方で、お気に入りが無いと思っておられた方も、なんとなく「もしかすると、これがお気に入りなのかも」というものが1つや2つ頭に浮かんだのではないでしょうか?

しかし、それでもまだ「いや、自分にはお気に入りがない」「見つけられない」という方の為に、お気に入りの見つけ方を具体的に伝授しましょう。

最初に述べたように、お気に入りは生きて行く上で必要不可欠なものではありません。

ですから、無理をして見つけることもないのですが、それでもお気に入りがひとつでもあれば豊かな人生が送れることは間違いありません。

なんでもいいのです。

人でも物でも場所でも、あなたにとって「居心地が良い」ことが、それがお気に入りになります。

お気に入りが特にない方、別に必要ではないと思っている方も、ちょっとした視点の違いにより、思わぬ発見ができるかもしれません。

周囲に関心を持ってみる

まずは、何事にも興味や関心を持つことです。

ただぼーっと道を歩いているよりも、何かに気を付けて歩いてみると、それが同じ道でも新しい発見があります。

誰も関心を持たないようなものでも、あなたの気持ちを引きつけるものであれば、それはお気に入り候補になるでしょう。

また、興味や関心を持つことは脳の活性化にも繋がります。

日頃から常にアンテナを張っていれば、何かがひっかかってくるかもしれません。

日々新しいこともどんどん出てきています。

メディアをご覧になって「へぇーこんなものがあるのか」とか「今はこんなものが流行っているのか」と注意して見ているだけでも違います。

自分は何事にも無関心だなと心当たりがある方は、是非そこから始めてみてください。

別に難しいことではありません。

いつも目にとめないものに対して、ふと目を止める。それだけでいいのです。

落ち着くものを見つける

あなた自身が「これをしているときが一番落ち着く」とか「ここにいるときが一番落ち着く」という場所はありませんか?もし、今頭に思い浮かんだらそれが「お気に入り」です。

例え落ち着く場所が職場であったとして、ご自身もそのことにびっくりなさるかもしれませんが、その場合はあなたにとって「職場」がお気に入りなのです。

このように、思い返せば、自分でもこんなものに興味があったのか、こんなもので落ち着くのかというような意外なものが「お気に入り」だったりすることがあります。

お気に入りは、これでなければならないという決まりはありません。

あなたの落ち着くアイテムや場所、空間を探してみて下さい。

気になるものをピックアップする

お気に入りが特にないなと思われる方は、一度「気になるもの」「興味があるもの」を紙に書き出してみて下さい。

そうすると、ご自身が興味のある傾向がわかりますので、比較的「お気に入り」を見つけやすくなります。

紙に書き出すというのは、実は結構重要で、自分自身の整理にもなります。

このこと自体がリラックス効果をももたらしますので、休日など時間に余裕があるときにやってみてくださいね。

自分だけのお気に入りを見つけよう(まとめ)

いかがでしょうか?あなただけのお気に入り、見つかりそうでしょうか?

お気に入りは他人と共有するものではなく、あなただけの「特別」です。

それが他人と同じものであっても構いませんが、自分だけのお気に入りを見つけることで、充実した生活が送れるようになることでしょう。