建設的という言葉の意味は、デジタル大辞泉によると、現状をよりよくしていこうと積極的な態度でのぞむさま、と出ています。

また大辞林第三版では、その事の良さを認めた上で、さらに良くしていこうとするさま。

物事の成立や進行をおしすすめようとするさま、となっています。

現状をよりよくしていこうとは、個人的な自分だけの現状に限らず、自分をとりまく環境や社会までを、その対象としているのでしょう。

建設的という言葉には、エゴイズムは似合いません。

取り違えている人はいないとは思いますが、それら個人と全体の関係も含めて、建設的な生き方とはどういうことかについて、これから検討していくことにしましょう。

建設的な意見や思考を持つべき理由21個

もし違う意見が一切ないと仮定すれば、当然意見を戦わせる機会はどこにもありません。

西欧には古くから「問答法」「弁証法」という思考法がありました。

問答法とは古代ギリシャの考え方で、ある考えに議論、問答を加えることでより真理に近付けようというものです。

弁証法は現代では、ヘーゲル、マルクスに代表されてますが、基本的には同じような考えです。

AとBとで議論を闘わせることによって新しい考え方Cが生まれると考えます。

また西欧では相手を説得する弁論術を重視してきました。

そのため意見を出すこと、それを戦わせることは活発に行われます。

これは現代におけるブレーンストーミングにも通じています。

ただし、真理を求めすぎ、他者を異端として切って捨てる傾向は少し行き過ぎです。

これによりカトリック対プロテスタントなどの激しい対立を生みました。

神様はそっちのけにされ、対立により大量の死者を出したことも確かな事実です。

一方で真理を求める彼らの思考は、科学の進歩を推進し、経済を発展させ、豊かな生活を実現する原動力ともなりました。

差し引きするとどうだったのでしょうか。

成長できる

建設的な意見を、建設的に戦わせることによって、参加者たちの考えは必ず磨きがかかっていくでしょう。

こういうとき、感情は極力排しましょう。

議論の中で、間違いを悟ることもあれば、方向転換を余儀なくされることもあるでしょう。

しかしこれらは失敗というには当たりません。

貴重な経験を積んでいることを意識しましょう。

かならず成長の糧となっていくはずです。

安易な感情の発露は、何もかも台無しにしかねません。

個人として

このような建設的議論を積み重ねていくことによって、あなたの意見とその中に秘められた主義・主張は、内容の豊かさを増していきます。

そしてより間違いの少ないものへと進化していくでしょう。

やがて経験から得たものを、いろいろな場面において、応用できるようになります。

そこまで到達していれば、積極的なプラス思考の人間に、変身していることは疑いようもありません。

組織として

破たん寸前の東芝では、“チャレンジ”という建設的に聞こえる言葉は「粉飾して架空利益を計上しろ。」という意味だったそうです。

社長から中間管理職まで、多くの人間が自らの保身のために悪事に手を染めながら、恥じるところがなかったようです。

おそらく名門東芝がこうなのだから、日本の会社なんてどこもこんなもんだ、と社員たちは思い違いしていたのでしょう。

社会正義を欠いた悪い企業文化が支配していました。

とても本物の“チャレンジ”などできる建設的な組織風土には見えません。

社長の夢は、ライバルの日立製作所を差し置いて、経団連の会長になることでした。

この権威主義は、今どきアナクロニズムそのものです。

製品を世に問うことは社長にとっては二の次だったわけです。

これでは新しい発想を持ち、気風も自由な新興のIT企業に勝てるわけがありません。

建設的な意見が通らない組織は、東芝化の進行している可能性があります。

あなたの会社でも“東芝度”を定期的にチェックしてみるとよいでしょう。

問題が解決する

建設的な議論を重ねることにより、問題の本質はおのずと明らかになっていくに違いありません。

その過程において解決の道筋もつくはずです。

少なくともどこへ向かうべきかの方向性ははっきりしてくるでしょう。

実際に長い間の懸案事項を、一気に解決してしまうことも十分あり得ます。

そうなればあなたの評価の大幅上昇は確実です。

問題とはすべて解決可能なもの、という自信も手に入れることができるでしょう。

これらは後に大きな財産になります。

本質が理解できる

建設的な議論を重ねるうちに、いろいろな方面に関心が向くようになります。

その結果、これまで見えなかったものまで見えてくるようになります。

これは山の高いところに登ればより遠くまで見通せる、という至極当たり前の原理です。

きっと人に先んじて、物事の本質までたどり着くことができるようになるでしょう。

問題解決能力だけにとどまらず、知的なスタミナも向上することは請け合いです。

ダメ出しができる

大久保利通という人は、薩摩の盟友の西郷隆盛とともに明治維新を成し遂げた元勲です。

明治6年、征韓論政変で西郷が薩摩に帰郷したあとは、明治政府を一人で担っていました。

それは明治11年、大久保が暗殺されたとき、部下だったのちの初代首相・伊藤博文が「明治政府はこれで終わった。」と思ったということうからもうかがえます。

内務卿という肩書でしたが、実際は大久保政権だったのです。

その大久保は決裁を求める部下に対し、「よろしいでしょう。」「それはご評議になりましょう。」「それはなりませぬ。」の3種類しか言わなかったといいます。

ご評議とはおそらく明治天皇の裁可が必要、という意味です。

これほど分かりやすい上司の指示はありません。

恐れられながらも頼りにされ、政権の中心となっていった理由は、この辺りにありそうです。

「それはなりませぬ。」が出たときは、もう何人たりとも翻意させることはできなかったそうです。

このように確固とした態度でダメ出しができることは、とても大切です。

また彼は亡くなったとき、借金を背負っていました。

借金してまで私財を公共事業に投じていたのです。

公共事業を儲けのタネにしてしまった今の国会議員たちとは、雲泥の差というべきでしょう。

やるべきことがわかる

論理的な思考を重ねて行けば、次にやるべきことがすぐにわかるようになります。

仕事の効率は上昇するに違いありません。

大久保のような指示の明瞭な上司がいれば、そのスピードはさらに加速しそうです。

しかしそのような上司はいないときの方が多いものです。

採用されるかどうかは別として、できれば複数のビジョンを蓄えておきましょう。

やりたいこともらるべきことも、きっと増えているに違いありません。

そうした準備のある人のところには、チャンスが巡ってくるものです。

話し合いがスムーズになる

建設的な議論というものは、重ねるたびに問題点が明瞭になっていきます。

そうして出した結論は、意見を異にする参加者にとっても、納得できるものとなっているはずです。

ただし日本の会議の場合、そうは行かないことも多いものです。

根回しであらかじめ結論が決まっていたり、上司の意向の沿って結論が変わっていくなど、暗黙の了解という文化が、深く根付いている会社もあります。

これでは建設的な議論とはいつまでたっても無縁です。

こういう遅れた組織は、また東芝の話ではありませんが、やがて消えていく方向にあるといって間違いありません。

どんな会議であっても、論理的でスムーズな話し合いを心がけましょう。

失敗を踏み台にできる

建設的な話し合いのあとで起こったことは、簡単に検証ができます。

問題になりそうな点は、ある程度想定されていたはずだからです。

そして失敗を乗り越え、次への踏み台にすることもまた簡単なはずです。

そして次回のプロジェクトで成功する可能性は、飛躍的に高まるでしょう。

普通ならそう考えられます。

ただし東芝のように組織そのものが腐っている場合には、別のアプローチが必要となってきます。

そのような場合の建設的行動には、会社をやめることも選択肢に含まれます。

理解力がつく

問題点のずれやすれ違い、優先順位の違いなど、建設的な議論を重ねるうちに、いろいろなことが深いところまで、わかってきます。

これまで気付かなかったことにも、気が付くようになるでしょう。

理解できなかったことも、ふとした拍子から、急にわかるようになることもあります。

また主要メンバーの個性もよく理解できるようになります。

自分の意見を取り上げてもらうための、悪い意味ではないノウハウやテクニックも身に付くでしょう。

そして自分を理解してくれる人をも増やすことにもつながっていきます。

よりよい人間関係の形成につながるはずです。

有意義な時間が過ごせる

自分のことを理解してくれている人たちと、建設的な意見を戦わせる時間は、充実したものになることでしょう。

至福のときと言い換えていいのかも知れません。

我を忘れる有意義な時間ともいえるでしょうか。

筆者の経験でも、プロジェクト成功に向けて議論を重ねた取引先との思い出は、かけがえのないものとして残っています。

相手に聞いてもこれはまったく同じです。

良好な人間関係は、当時の立場を超えて、その後も続いています。

同志という感覚に近いものです。

どんどん進化する

建設的な議論を重ねていると、メンバーの頭は進化していきます。

そして次々に新しいテーマに立ち向かうことが可能になります。

その都度議論のステージは上がっていきます。

これまで話をすることができなかった人とも自信を持って渡り合えるようになります。

そこでは進化した自分を実感できることでしょう。

それは知的な快感を伴ったものになります。

生きていることの実感とも言えます。

ぜひ味わってほしいものです。

前向きになれる

建設的な議論を続けていると、前向きなることのメリットの大きさを実感できるでしょう。

お金のあるところに人が集まってくるのと同様に、前向きな構想をもつ人の周囲には、人が集まってきます。

打算的な人や、利用しようとする人もいるでしょうが、決してそればかりではありません。

頼りなる質の高い人も必ず混じっているはずです。

そうした交流の中から、新しい方向性が見えてくるかも知れません。

積極性がつく

建設的な議論を続けていると、常にこれではいけない、何とかしたいという問題意識が継続するようになります。

そうしたテンションで過ごしていれば、課題は次から次へと見つかることでしょう。

それらに対処しているうちに、積極的な生き方が身に付ついてきます。

ただし周囲を見渡し、上滑りや空回りしないように気をつけましょう。

心は熱くてもいいですが、行動には冷静さが必要です。

とはいえ積極性は、いつまでも維持したいものです。

挑戦できる

建設的な話し合いを繰り返しているうちに、何事にも挑戦できる環境が自然とととのっていくでしょう。

何よりも信頼できる新しい人脈が形成されることが大きなパワーになります。

ここでまた中国のケースを紹介したいと思います。

筆者の中国人妻の弟は、従業員40人ほどの小さな会社を経営しています。

中国移動通信(NTTのような大手通信会社)の集金代行が主な業務です。

話を聞いていると、この弟の元には、あらゆる案件が持ち込まれてきます。

彼の本業との関連は全くありません。

水道メーターの事業やら、うどんの製造などがありました。

欧米への投資案件も持ち込まれていました。

中小企業経営者たちによる、情報サークルのようなものができているからです。

こうしてステージが上がっていけば、次々に新しい高いレベルでの挑戦が可能となっていきます。

発言に価値が出る

建設的な発言を恒常的に行っていて、しかもそれが地に足が着いたものであるとすれば、あなたの組織での重みは確実に増しているはずです。

もう批評家のような第三者目線からの発言は、できなくなります。

常に当事者意識を持つようになれば、大きなプラスです。

さらに発言は価値を加えるようになります。

自信がつく

建設的な提案が採用されることは、大きな喜びです。

しかしプロジェクトそのものをを任されるとなると必ずプレッシャーがついて回ります。

アイデアに自信はあったとしても、それだけでは成功するかどうかわかりません。

しかしプレッシャーは必ず乗り越えなければなりません。

その先にまで到達して、初めて自信を得ることができます。

それは自信過剰ではなく、確かな自信となって表れてくれるでしょう。

誰かの役に立つ

建設的な議論を交わした人たちとの間には、独特な信頼感が醸成されます。

信頼によって結ばれた仲間は、異動、転職、独立などの人生の大切な節目にもきっと役立ってくれるでしょう。

人生の大事なことを相談できる関係です。

それは互いにとってかけがえのないものです。

また人の役に立っているという、確かな実感も得られるでしょう。

行動力が高まる

建設的なものの考え方をしていると、確認したいことや確認すべきことが次から次へと湧いてきます。

これらの疑問にひとつひとつ対処していけば、行動範囲は自然に広がっていきます。

やがてそれは習性となり身に付きます。

そして行動力にあふれるパワフルな人と評価されるようになるでしょう。

これは将来への大きな財産となるはずです。

先を見据えられる

建設的な思考は、実践的な役にも立ちます。

かなり以前のことですが、中国・北京の風水師を取り上げたNHKのドキュメンタリー番組がありました。

事業を始めたいと考えている夫婦が吉凶を占ってもらったり、タクシー運転手が仕事の悩みを相談したりしていました。

風水師はその運転手に、街の西側ではなく、東側を流すようにアドバイスをします。

NHKはその後の成行きも取材し、その運転手の売上が大きく上がり、風水師の元へお礼に来るシーンまで放映しました。

それを見たときこれは絶対に当てずっぽうで言ったのではない、と思いました。

風水師の元には相談者が引きも切らず、数々の情報が集まります。

その分析の結果、東側の経済活動が西側より盛んと判断したのでしょう。

そして的確なアドバイスできたのだと思います。

建設的な思考は重ねれば重ねるほど、先を見据えることにもつながっていくことがわかります。

リーダーシップが身につく

リーダーにはビジョンが不可欠です。

実現したいビジョンがあり、それに賛同した人たちが集まってくるというのが自然発生的なリーダーシップです。

会社などの組織では、任命され、権限を与えられてリーダーとなることが一般的です。

どちらにせよ必要な資質は変わりません。

建設的な議論を繰り返すことによって、人を動かすとはどういうことか、頭でも身体でも理解できるはずです。

うまくいかなければアプローチを変えてみましょう。

率先垂範して自分から汗をかく、というのもはじめのうちは有効です。

全体の雰囲気も建設的になる

建設的な議論の絶えない組織は、間違いなく活性化しています。

近いうちに大きな成果を挙げるかも知れません。

最近は自主性を重んじる集団がスポットライトを浴びています。

例えば箱根駅伝で連覇を続ける、青山学院大学陸上部や、大学選手権で連覇を続ける帝京大学ラグビー部などです。

これらのクラブは、マスコミの取材で見る限り、体育会の臭いはありません。

先輩後輩の上下関係がほとんどなく、練習方法から個人の課題まで、部員たちが意見を出し合って、改善を重ねています。

監督やコーチから強制されて、いやいやこなしている雰囲気はまったくありません。

選手の自主性を引き出したことで、全体の雰囲気が建設的になりました。

その結果、優秀な選手が抜けたとしても、チームとしての力はすぐ衰えることはないのです。

次に繋がる

ビジネスにおける失敗は、吸収するこのとができるものです。

次回の成功への糧となります。

成功した経営者たちは、1勝9敗(ユニクロ・柳井社長)、99%は失敗(松下幸之助)といった表現で、チャンスをつかむまで多くの失敗があったことを強調しています。

失敗の教訓を次々と繋げていったと言いたいのでしょう。

そうしているうちに、絶好球が来てフルスイングした結果、偶然ホームランを打ったというだけなのです。

成功した経営者の話は実は失敗ばかりです。

彼らの言葉を勉強しようなどと、まともに聞く必要はないと思います。

その粘り強さだけ学べばもう十分でしょう。

建設的とはどういうこと?

建設的とは、物事を改善しようとする試みのすべてを指す、と考えることにしましょう。

ひらめき、思いつきも大事です。

そうはいっても言葉だけでは、アピールが足りません。

とくに他人を引き入れる場合には、どのような方法を採るつもりなのか、具体策を披露するようにしましょう。

これで周囲への説得力は増し、より建設の準備が早まることになります。

つまり建設的であるためには、リーダーシップは欠かせないという結論になります。

現状を良くしようとのぞむ様子

まず現状を分析して、それを建設的な手法で変えていくことを始めましょう。

ただし保守的な組織では、さまざまな抵抗を受けることは確実です。

こういうときは拙速に事をすすめようとはせず、アイデア持っていることを、周知させることに専念しておきます。

そしてチャンスをとらえて提出します。

すぐには受け入れられなくても、それを繰り返すことで、あなたは知らないうちに、改革の旗手となります。

そして近いうちに、自分の出番はやってくることになるでしょう。

建設的な風土の残っている組織では、必ずそうなります。

良さを認めた上で、さらに良くする

すでに自分たちの達成したものの良さを認めた上で、さらに良くする段階へと進みましょう。

これはより繊細な作業になります。

その良さを実現した前提はみなに共有されているからです。

そのため自分ならもっとうまくやる、という周囲の人々の視線にさらされることになります。

非常にやりにくい環境であるかもしれません。

失敗するとこれまで以上に目立ちます。

この段階になってくると、かえって足の引っ張り合いになりやすいものです。

そういう気持ちは、リーダーになったつもりで、封印しておくことが大切です。

物事の成立や成功を推し進める様子

建設的な議論の活発な集団に身を置いていると、これまで見てきたような、さまざまな教訓を得ることができます。

物事(プロジェクト)を達成するためのノウハウを、しっかり身につけることができるかも知れません。

結果は、いつも満足のいくものではないでしょう。

しかしプロセスを重視することによっても、それらを学んでいくことができるはずです。

建設的な目で物事を見つめよう!

物事(プロジェクト)に対しては、批判的な分析も必要です。

進歩するためには不可欠といってもよいでしょう。

ただしそれは無心で行われなければなりません。

邪心や野心は排し、合理的な態度で臨みましょう。

それは建設的な目で物事を見据えるための基礎となりす。

錯覚ではなく、人には見えないものまで見えるようになったとしましょう。

それはあなたがリーダーとして頭角を表したことの証明にもなります。

いつでも建設的な目で物事に対することを、忘れないようにしましょう。