女性の皆さん、恋愛を楽しんでいますか?

著者も女性ではあるものの、もう結婚10年以上たってしまって、尚且つ子供ももう上の子が10代に突入し、トキメキとまではいかなくなってしまいました^^;。

ちょっと懐かしくいいなとは思うものの、そこまでのパワーがないのも実情です(汗)。

子どもがいて、年齢を重ねるとトキメキとは縁遠くなる人も少なくありません。

ですので、ぜひとも彼氏がいる人はその幸せをたっぷりと堪能して下さい!

彼氏はまだいないという独身の方は、素敵な彼氏をゲットできるように少し行動範囲を広げてみましょう。

著者も若いころはそうでしたが、ついつい職場と家の往復になってしまうことはありませんか?

著者は地方に住んでいたので必然的に車でのドアトゥードア状態でした。

地方在住者はそのような方も多いかもしれませんね。

都心でも電車に乗って通勤しているけど出会いとまではいかない人も多いのかもしれませんね。

とはいっても、やっぱり行動範囲を広げるのは勇気もいるし、人見知りタイプの方であれば気力も必要です。

その気力を振り絞るためにも大好きな彼氏とのトキメキシチュエーションについてみていきましょう。

大好き過ぎる彼氏のキュンとくる行動や仕草、言葉は?

今、大好きな彼氏がいる人なら「そうそう!この瞬間がたまらないの!」と共感できるかもしれませんね。

ぜひこの行動16選で振り返って「そうなの~(⋈◍>◡<◍)。✧♡」と幸せを再びかみしめてください♪

まだ彼氏がいない人は「もし素敵な彼氏が現れたらこんな幸せを感じることができるのか~(⋈◍>◡<◍)。✧♡」と幸せに浸るといいでしょう♪

とにかく、人を好きになる気持ちって暖かくていいですよね。

おばさんの著者でもちょっと幸せな気持ちになります^^。

では、大好きすぎる彼氏のきゅんと来る行動や言葉を見ていきましょう♪

彼氏のきゅんとくる行動16選

では、幸せをかみしめる準備は出来ていますか?

一つ一つ見ていきましょう♪

めっちゃ笑顔

やっぱり大好きな人の笑顔って一番幸せになりますよね♪

しかも笑顔って愛想笑いでもない限り、好きでもない人にはできないものです。

その満面の笑みを向けられると幸せになりますね♪

もっと彼氏を笑顔にしたいと思うものです。

付き合い始めて日が浅いのであれば、なんでも楽しい時期ですが、どんな時に彼氏さんがより笑顔になるのかを研究してみましょう♪

結構男性によっていろいろと好みがあるので、それを研究していくのも楽しい作業ですね^^。

例えば著者の場合でしたら、当時彼氏だった主人は「如何にも女らしいことをする女性」が好きな傾向にありました。

同性からすると「ちょっとあざとくないかい!?」と思うようなことに感動する人でしたね~。

例えばですが「お弁当持参」とかそんな感じです^^;。

だれの歌だったかは忘れましたが、マカロニグラタンなどを頑張って作るという歌に感動していたりもしました。

著者はそのような女子力がないタイプでしたので若干引きましたが(笑)、ある意味単純ですのでやりやすかったですね(笑)。

こんな風に彼氏が笑顔になる方法は人それぞれです。

素敵な笑顔を見るための研究も頑張りましょう♥

頭スリスリ

何の興味のない男性にされると少々、どころかかなり「キモっ!」と思うかもしれませんが、大好きな彼氏にされたら話は別です。

「かわいい♥」となりますよね。

やっぱり女性は基本的に母性本能がありますので、男性に甘えられるのもとっても嬉しいものです。

大好きな彼氏だったら甘えられるのももちろんですが、甘えさせてくれるのもうれしいですよね♪

こんな風に幸せな日常は年月がたつごとに落ち着いてしまいます。

(経験者は語る…^^;。)ですので、この時期をたっぷりと堪能してください♪

歩道側へ誘導

歩道側に誘導してくれる男性ってうれしいですよね。

車道側というと車が来ますので、守ってくれている感じがしてうれしいですよね。

ええ、著者も若いころは経験がありますとも(笑)。

ですが、最近は歩道側へ誘導されるのは専ら娘になってしまいました(笑)。

もう著者も女性ではある者の母ですので、そのように「守る立場」になってしまいました(笑)。

ただ、もし歩道側への誘導を忘れていたとしても、決して彼女を大切に思っていないかというとそうではないようです。

心理学も著者は好きでかじっていますが、男性は必然的に右側に自分が立ちたいと思っているようです。

それはなぜかというと男性は利き手の右で武器を持ち外敵と戦うのです。

その名残から女性には左側に来てほしいという男性が多いようです。

ですので、歩道側のことに関しては仮にうっかりしていたとしても、守りたいって気持ちはあるのではないのかな?と心理学的には思いますね。

(ちなみに主人も若いころは私が右に来ると落ち着かないって言っていました。)

手作り料理を夢中で食べる

手作りの料理を夢中で食べてくれるってうれしいですよね。

頑張って作ったら作っただけうれしいものです。

「おいしい」って言ってくれるのはもちろんですが、夢中で食べてくれるのは幸せですよね。

お料理を頑張ってよかったって思います。

ただ中には料理がどうしても苦手な人もいますよね。

できれば料理教室に通ったりするとそれがベストですが、料理が苦手でも頑張って作っている姿に感動する男性もいるようですよ。

(著者の主人がそう申しておりました。)

まだ結婚は考えていない人でも、将来を考えたとしたらお料理はできないよりはできたほうがいいです。

(こちらも経験者は語るのです^^;。)
ですので、彼氏がいる人はもちろんのこと、彼氏はまだこれからという人もお料理の腕を磨いてみてはいかがでしょうか?

ハンバーグなどもおすすめですが、やっぱり肉じゃがとかおふくろの味系が好きな人が多いようです。

出来る範囲でチャレンジしてみましょう♪

手を繋いでくれる

とある女優さんが言っていたけれど、「浮気をされたとして、手をつながれるのが一番いや。心がつながっている気がして…。」といっているのを思い出しました。

その人はキス写真が見つかるより、手をつないで歩いているのを目撃したほうがショックだと言っていました。

それほどになんだか心と心がつながりそうな感じがしますよね!著者もなんだかその女優さんと同意見です。

やっぱりデートの時とかに手をつないでもらえると嬉しいものです。

夫と改めて手をつなぐことはほとんどないですし、増してや他の男性と手をつなぐ機会なんてもちろんないですが(あったらむしろ大問題^^;)、手をつなぐって仲がいい感じがして幸せだよな~と思います。

髪を切って恥ずかしそうにしてる

髪を切った時ってなんだか見慣れないから少し不自然に感じてしまうんですよね。

そんな状態で、さらに恥ずかしそうにしていたらきゅんとしますよね♪

今でいう「萌える」ってやつでしょうか^^。

好きな人だったらどんな髪型でも「いいな♪」と思いますが、さらに恥ずかしそうにしているところでキュン死してしまいますよね♪

こうなったら、「かわいい♥」といってあげましょう♪

「うるせーっ!」と言って照れながらも喜んでくれるかもですよ♥

眠たくても会話してくれる

やっぱり人間の三大欲求ともいえる睡眠ですので、どうしても眠気には勝てないなんてことはよくあります。

だけど、それを押して会話してくれると「ここまでして私のことを思ってくれているんだ♪」とうれしくなりますね。

会話とは少々逸れますが、昔主人と付き合っているときに眠っていても、抱きしめてくれたり手をつないでくれてうれしかったものです。

えっ、今はどうかって?払いのけられますよ(爆笑)。

ああ、もう出会って20年くらいたつとこうなってしまうのです。

時とは非情なり!ですので、うとうとしながらも会話を頑張ってくれる彼氏さんとの今の瞬間を大事にしてください。

結婚して数年たち、さらに子供がいると、扱いのランクは下がる傾向にありますよ!(もちろん、子どもがいてもラブラブな夫婦はいますが、日本においては結構珍しいケースかもしれません。)

寝ている時にくっついてくる

眠っているときは基本的に人間は一人です。

隣で寝ることはできても睡眠中に人を認識することはできません。

でも、この孤独な睡眠に「くっついて」寝てくれたらどうでしょう?一人寝と言われる睡眠も一緒に眠っているように感じられますよね。

それを大好きな彼氏がしてくれたら、女性にとってこんなに幸せなことはありません。

確かに年齢を重ねても一緒に寝ることができるのはうれしいことですし、くっつくとまではいかなくても今も主人とは一緒に寝ていますが、そのうち子供が乱入してきたりイビキがうるさかったり(笑)で、ゆっくりとくっついて眠る幸せは得にくくなります(笑)。

まぁ、長年の付き合いならではの安定感があるので、そこまで悲観はしていないのですが、やっぱりラブラブさでいうと若干微妙になってきます。

ですので、ほかの項目でも何度も言っていますが、この幸せはその時々にしっかりとかみしめたほうがいいですよ!(と経験者は語る^^;)

重い荷物を持ってくれる

いくら男女平等になったとは言ってもやっぱり男女の力の差は埋められません。

ですので、重い物を持ってくれたらうれしいですよね。

そんなことをすすんでしてくれる彼氏に胸キュンしてしまうこともあるのではないでしょうか?

もう、「あ、持つよ。」とスッと荷物に手を伸ばしてくれるだけで胸キュンですよね!

著者は小柄でしたので、そのように手伝ってくれる男性はありがたいのと同時に非常にたくましく見えました。

さらには身長まで低いので高いところのものを取ってくれるとかも男性らしさを感じましたね。

結構著者のように小柄な女性はそのような男性のたくましさを感じる瞬間は多々あるのではないでしょうか?

重い荷物を持っているときにスッとスマートに手を差し伸べられる男性はかっこいいですよね。

もし、記事を見ている男性の方がいたら、女性が荷物を重そうに持っていたら持ってあげましょう。

もうあなたのポイントがぐんぐん上がること、間違いなしです☆

友達と楽しそうにしてる時

もちろんいろいろなタイプの男性がいるので一概には言えませんが、友人ができない男性は女性と付き合うのも難しいケースが多いようです。

その逆に女性の場合は同性の友達がいなくても異性と付き合うことができるケースが多いようです。

ですので、男性の場合は友達が多い人のほうが人間的な問題が少なく、友達が多い男性を選ぶと良いという本まで出版されていたことがあります。

(母が読んでいるのを見たことがあります。)そのような事があるからか友達と楽しそうにしている時を見ると安心する傾向にありますよね。

そして、何よりやっぱり楽しそうな姿はうれしいですよね♪うちも主人は友達が多いです。

対し、私が対人関係が苦手なので、うらやましいの半分と「私が同じようにすると疲れてしまうな。」と思うのと半々です。

ただ、このような記事を読むと「友達が少ない(あるいはいない)自分はダメなのか?」と悩んでしまうかもしれませんが、大切なのは自分のペースで生きていく事です。

決して無理をしすぎないようにしましょう。

男性で友達が多いほうが良いという本が出版されたことがあるというのもありますが、男性で友達が少なくても夫婦仲良くしている例は結構あるようですよ。

ふいに感じるたくましさ

彼女である自分に甘えてくる姿などかわいい一面が多い彼氏でもやっぱり男性ですので、ふっと男性らしいたくましい感じがした時にどきっとしちゃいます★

著者は先ほども触れたように、小柄であることから荷物持ちを手伝ってくれたり、高いところにあるものを取ってくれた時に「さすが、男性だな~。」とうっとりとしてしまいます。

脚立を使えばいいとはいっても、脚立でバランスが悪いと高いところから重いものを取らないといけないときはバランス感覚的に難しいこともありますので、地に足を付けた状態で荷物を取ってくれる男性ってありがたいんですよね。

さらには街を歩いているときに変な人に遭遇した時に身を挺して守ってくれた時はうれしかったですね~。

主人に「あそこに変な奴がいる!見るな!」と自分が盾になってくれた時はたくましさを感じました。

著者の場合はそうですが、皆さんの場合はまた違う男性らしさを感じることがあるのではないでしょうか。

【彼氏大好きすぎるについては、こちらの記事もチェック!】