「忙しくて、中々彼氏に会うことが出来ない」や「遠距離恋愛中で、直ぐに会える距離にいなくて寂しい」など、大好きな彼氏に会いたいのに会えないという悩みを抱えている女性は少なくないと思います。

そんな時に、あなたはどうやって彼氏に会いたい気持ちを伝えていますか?

彼に重たい女と思われたくなくて中々伝えられない人もいれば、会いたい気持ちが強すぎて頻繁に連絡を取る人もいると思います。

では、どう気持ちを伝えれば彼に重たいと思われずに、彼と会うことが出来るのでしょうか?

今回はそんな女性におすすめの方法をご紹介していきます。

毎日、大好きな彼氏に会いたいですよね?

大好きな彼氏とは一分一秒でも長くいたしですし、離れている間はとにかく早く会いたい!という気持ちでいっぱいですよね。

同棲していたり、付き合いが長ければ気持ちが少し落ち着くかもしれませんが、付き合い始めの頃はとにかくいつでも、いつまでも一緒にいたいという気持ちが強いと思います。

女性は良くも悪くも男性に比べて感情的な面があるため、よりそういった気持ちが強いのかもしれません。

夜に家に帰って一人の時間を過ごしながら、何度も携帯で彼氏とLINEのやりとりをしたり、

「今何してるのかな?」と彼のことを考えてそわそわと落ち着きがなかったり、

彼との連絡がいつでも出来るように、常に手元に携帯を置いておく女性も少なくはないと思います。

毎日彼氏と会いたい!と思っている女性は、何をしていても頭の中はいつも彼氏のことでいっぱい!なんてこともよくあるようです。

でも、そんなには会えない理由も…


大好きだからこそ、毎日でも会いたい!そう思う気持ちがどんなに強くても、望みどおりに毎日彼氏と会えるわけではありませんよね。

あなたにもさまざまな事情があるように、彼にもまたいろいろな事情や都合があります。

会えないのは寂しいし、不安ですが、仕方がないと自分に言い聞かせるのも辛いものですよね。

では一体、どんな会えない理由があるのでしょうか?

遠距離恋愛

大好きな彼氏が遠い場所に住んでいる場合は、どんなに会いたいと思っても、毎日は会うことが出来ませんよね。

お互いに学校や仕事があるため、頻繁に会っていたとしても、せいぜい一週間に一回程度です。

毎日でも会いたくてたまらない女性にとっては、直ぐに会いに行けないというのはまるで拷問のようでもあります。

遠距離恋愛の定義は色々とありますが、通常はお互いの住んでいる場所が遠く離れているため、物理的に会いに行くことが難しい場合を言います。

しかし中には、家はそこまで離れてはいないものの、彼かあなた、もしくはお互いがかなり忙しい生活スタイルを送っていて、そのために中々会うことが叶わない、といった場合もあります。

そのようなケースでは、物理的ではなく、心理的な部分で距離を感じ、「遠距離恋愛」となっているようです。

仕事が忙しい

彼氏が社会人の場合には、日々の仕事が忙しく、中々会えないことがあります。

彼は決してあなたのことを疎かにしているというわけではないでしょうが、仕事と分かってはいても、やはり寂しい気持ちでいっぱいになりますよね。

彼が今やっている仕事の内容が特別忙しかったり、または日常的に休みが少なかったりなど、

忙しい理由もさまざまではありますが、時間がない分、彼は仕事とあなた以外にも色々とやることが多いと思います。

そこで「何よりも自分を優先してよ!」とはならないよう、グッと堪えましょう。

きっと彼も本心ではあなたに会いたいのに我慢しているはずです。

一緒に我慢をしてあげるゆとりも持てるといいですね。

また、あなたの方が仕事が忙しく中々彼に会えないこともあります。

そんな時には、「これが終わったら会えるから」と彼氏との楽しみを考えつつ、乗り切りましょう。

彼氏に会いたい気持ちは、きっと仕事の励みにもなるはずです。

休みが合わない


仕事でお互いの休みが合わないことって、意外と多いですよね。

会社員の彼氏は土日休みだけど、サービス業勤務の自分は平日休みなど、日頃は休みの融通を利かせることも難しいと思います。

アルバイトや派遣社員などであれば、休み希望を提出して片方に合わせることが可能ですが、二人とも正社員の場合は、休みはおろか有給も好きに取れないことも多いでしょう。

年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなどの長期間の休みにようやくゆっくりすることは出来るかもしれませんが、

お互いの家が遠ければ普段は中々会うことも出来ません。

仮に同じ市内に住んでいたとしても、忙しければディナーやランチなどのちょっとした時間に顔を合わせてお互いに励ましあうだけ、なんてことになるでしょう。

遠距離で仕事が忙しく、休みも合わせにくいなんて負のトリプルコンボですが、互いに愛情があれば、頑張って乗り切ろうという気持ちにもなりますよね。

寂しい気持ちはいっぱいでしょうが、そんな時こそLINEや電話で小まめに連絡を取り合いましょう。

受験勉強の真っ最中

受験生のカップルにとって、遠距離恋愛はどんな受験問題よりも悩ましい問題ですよね。

大切な時期に向けて、「受験が終わるまではお互いに会うのを我慢しようね」と

健気に約束をして勉強に励むのはとても良いことですが、勉強の合間につい彼のことが気になってしまいますよね。

「彼も今勉強中かな?頑張ってるのかな?」などと考えている内に、どんどん会いたい気持ちが膨らんでいってしまいます。

もちろん「これが終わったら彼に会える!」という気持ちを励みに受験勉強に取り組める人もいるでしょうが、

彼のことが気になり過ぎて勉強が手につかなくなってしまう人もいますよね。

とはいえ、受験が終わるまではどうしても会えないのなら、彼への気持ちを何とか心の支えにしつつ、頑張るしかありません。

どうしてもダメな人は、予め彼と受験勉強に行き詰った時のために、お互いに手紙を書いて交換しておくと良いかもしれません。

メールやLINEでは直ぐに見れてしまうため、あえて手書きの手紙を交換し合っておくと、

読み終えた後で「さて、もうひと頑張りするぞ!」と気持ちを改められることでしょう。

会いたいけど、わがまま過ぎる!重い!とは思われたくない!

「彼に会いたくてたまらない!どうしても会って話しをしたい!」そんな衝動が強い女性は、

同時に「でも会いたいとわがままを言ったら重いと思われないかな?」と強い不安の感情も抱えています。

自分のわがままだけを通せば、彼の都合など気にせず会いたい時に会いに行ってしまえばいいのですが、

そんなことをしてしまえば彼に鬱陶しがられて、気持ちが離れてしまうかもしれません。

本心では今すぐにでも会いたい、でも重たい女と思われたくもない、そんな葛藤はどんな女性にも共通しています。

それでは、彼から「わがまま・重い」と思われないようにするには、どうしたら良いのでしょうか?

彼氏へ会いたいアピールをするための、程よい甘え方♪

いきなり彼氏へ「また直ぐに会いたいの!毎日でも会いたいの!」と思いの丈を声高に伝えてしまうと、

最初の1、2回は彼も喜んでくれるかもしれませんが、それが毎回となるとさすがにちょっと引け腰になってしまいます。

自分の気持ちを伝えることは大切ですが、それがあまりにも一方的だと、

彼はあなたが自分の感情を最優先にして、こちらの事情や都合は一切配慮してくれないと勘違いしてしまいます。

会いたいアピールはしつつも、しつこく重たくならない程度に彼氏に甘えるには、いくつかのコツが必要です。

前回のデートの時に、次のデートも取り付けるのがベスト!

遠距離恋愛中で、普段は中々会うことが出来ない彼氏との貴重なデートのひと時。

久しぶりに顔を会わせて甘い時間を存分に楽しんだら、夜にはまた寂しいお別れがきてしまいます。

二人で過ごす時間が楽しければ楽しいほどに、時間が過ぎるのは早いですよね。

「次はいつ会えるんだろう?」「またしばらく会えないのかな・・」そんな不安を心の中だけで抱いていても、大切な彼には伝わりません。

けれどもあまり言い過ぎてしまっても、もしかしたら彼に引かれてしまうかもしれません。

そんな時には、デート中に次のデートの約束を取り付けてしまいましょう!いつ次の日取りを決めても問題はありませんが、出来ればまだデートの途中で決めてしまいましょう。

理想としては、ちょっとカフェにでも入って休憩している時に、さりげなく「次っていつ会えそうかなぁ?」と聞いてみましょう。

そこで次のデートの日程が決まれば不安な気持ちは軽減しますし、もし「直ぐには分からない」と言われたら、「じゃあ分かったらすぐに連絡してね!」と約束しましょう。

この時はちょっと強めに「絶対だよ?」と言っても大丈夫です。

ただしデートから帰った直後や、翌朝に「分かった?」と催促の連絡をするのは控えた方が良いです。

彼にも予定を考える時間を作ってあげましょう。

2、3日しても何も言ってこなかったら、一言「どんな感じ?」と聞いてみても良いですね。

また、次の約束を取り付ける際は、帰り際に日程の相談をすると帰宅時間の関係でバタつくことがありますので注意しましょう。

なるべくデート中で、また時間に余裕がある時に決めることをおすすめします。

デートの時に、彼氏にも「またすぐに会いたい」と思わせましょう♪

デート中に彼氏が「また直ぐに会いたいなぁ」とあなたに対して感じる時って、どんな時でしょうか?

あなたの笑顔やささいな仕草、言動でももちろんそう感じさせることは出来ますが、

一々「どうしたらまた彼が直ぐに会いたいと思ってくれるか」と考えながらのデートでは、せっかくの楽しい時間に集中出来なくなってしまいますよね。

でも、そんなに深く考える必要はないんです。

だって彼はあなたのことが大好きだから、例え遠距離恋愛でもあなたと一緒にいたいと思っているんです。

彼がその気持ちを持続させるにはただ一つ、彼の大事な存在であるあなた自身が、何より彼との時間を楽しむことです。

久しぶりに会って、帰りの時間まであなたが彼との時間を楽しそうに、終始笑顔で過ごしていれば、彼の心はそれだけで満たされます。

そして「またね」とお互いに笑顔で分かれれば、彼はその日のデートに大満足で、「次も早く会いたいなぁ」と感じてくれるはずです。

遠距離恋愛では良く帰り際に「離れたくない」と寂しがる人もいますが、あまりしつこいと彼を困らせることになってしまいます。

分かれる時には、「寂しいけど、また直ぐ会えるのを楽しみにしてるから」と笑顔で言ってあげましょう。

そうすれば、彼も安心して次のデートを待ち遠しく思えるはずです。

彼の気持ちを左右するのは、あなたの笑顔一つです。

決してデート中に喧嘩などしないように気をつけましょう。

LINEのスタンプを使いましょう!

彼氏に会いたい気持ちを伝える時、やってはいけないのが「気持ちを長々と綴った文章を送りつけること」です。

これは普段彼に対して「会いたい」とアピールするのを我慢している人に多い傾向が見られます。

ずっと会いたい気持ちを抑え込んで、ある時それが何かのきっかけで表に出てきてしまった時に、

「こんなに会いたいと思っているのに」といった自分の感情を一方的に長々と文章で送りつけてしまうことがあります。

特に感情が不安定になる夜中に多く見られる行動です。

これでは彼に「重い女」と思われてしまいます。

また、長文でなくとも頻繁に「会いたいよ!」とアピールするのも、彼に「しつこい」と思われてしまいかねません。

例えどれだけ会いたい気持ちが強くても、色々と言いたいことをグッと堪えて、一度だけスタンプを送ってみましょう。

出来れば「会いたい」という気持ちが一目で伝わるスタンプを選んで送ります。

彼にとっては、いつも「会いたい」と連呼されるよりも、時々ぽんと送られてくるたった一言のスタンプだけの方が心に強く響きます。

適度に感覚を空けて、さりげなく彼にスタンプを送り様子を伺いましょう。

「毎週思い出をつくる」をルール化するのも手♪

二人でのデートの思い出を、毎回カップルSNSなどに投稿して、電話やSNSのやり取りの中でお互いにそれを見返すというのも一つの手です。

遠距離でも電話をしながら二人で一緒に写真を眺めては、その時の思い出話などに花を咲かせれば、自然と「次はどこに行こうか」といった話題になってきます。

そこで次のデートの約束を取り付けたり、さりげなく「早く会いたいなぁ」などと口にしても、彼は何の抵抗もなくあなたの気持ちを受け入れてくれます。

彼も同じような気持ちなら、きっとあなたの言葉に寄り添ってくれるはずです。

電話で話すのなら、「早く会いたいな」とストレートに言ってみる!

彼氏と電話で話している最中に、「早く会いたい」と自分の気持ちをストレートに伝えてみるのも良いでしょう。

電話越しでなら、もしお互いに恥ずかしがり屋だったとしても、直接顔を見ていないためなんとか口に出せるはずです。

反対に、「会いたい」と口うるさく連呼するのは逆効果なので止しましょう。

あくまでも、控えめに気持ちを伝えるのが、最も男性からみて好感を覚えやすいです。

くれぐれも自分から何度も会おうと催促するのも控えましょう。

大好きな彼女の「会いたい」の一言だけで、彼はきちんと次の予定を考えてくれるはずです。

近くまで来ちゃった!とサプライズで遊びにいってみる


どうしても彼に会いたくて仕方がない場合には、サプライズと称して彼に会いに行くという手もあります。

ただしこれは好感度が分かれるところなので、実際に行うには十分な注意が必要です。

第一に、会いに行く日の彼の予定を把握しておきましょう。

何か用事があったり急いでいる場合には、折角会いに行っても彼に「迷惑だ」と思われてしまいます。

ましてや、もし留守だった場合には会えなかったという気持ちでさらに落ち込んでしまいます。

第二に、彼が今仕事や学校が忙しい時期でないかを確認しておきます。

彼が休みの予定だからと突然訪ねても、実は仕事や学校が忙しい時なのかもしれません。

その場合にも、あまり長時間彼と一緒にはいられません。

第三に、彼が実家暮らしか一人暮らしかで会いに行く場所や時間帯を決めましょう。

一人暮らしの場合は大きな問題はありませんが、もしも彼が実家暮らしだった場合に、

彼女だからといっていきなり前触れもなく彼の家へ押しかけるのは非常識と思われてしまいます。

彼が実家暮らしの場合には、「実は近くまで来てるんだけど、どこかで会えるかな?」と連絡をして、都合の良い場所で会うようにします。

一人暮らしの場合にも、出来ればいきなり呼び鈴を鳴らすことはせずに、先に彼に連絡を取った方が無難でしょう。

このように、自分が会いたい気持ちを優先させながらも、実際に会いに行っても彼の迷惑にならないかどうかを十分に熟慮した上でサプライズを行うようにしましょう。

気を付けたほうが良いこと

例えどんなに彼氏が大好きでいつも会いたい!と思っていても、中には気を付けた方がいい行動というのもあります。

あなたの行動を「嬉しい」と思うか、または「鬱陶しい」と思うかは彼氏の判断基準によって異なりますが、

これをしてしまうと大体の彼氏からは嫌がられてしまう、という行為についてご紹介していきます。

もしも当てはまるものがある場合には、自分の気持ちの表し方を少し見直してみる必要があるのかもしれません。

毎日電話は、人によっては重いと思われるかも…

遠距離恋愛で毎日会えないのなら、せめて毎日彼氏の声が聴きたい・・そんな風に考える女性は多いと思います。

ほんの数分だけなら、毎日電話をしても大丈夫!と思ってしまいがちですが、この「毎日電話する」という行為は、忙しい彼氏にとっては意外に大変なんです。

あなたも毎日何かと予定があるように、彼氏にも色々と都合があります。

それはもちろん分かっているでしょうが、「声を聞きたい」という欲求は、実際に電話をかけて声を聞くまでは、中々収まらないものですよね。

「あ、今彼に電話したい!」そう思ったら衝動的に彼氏に電話をしてしまう女性の場合は、少し気をつけた方が良いでしょう。

あなたは今彼に電話をしたくても、彼は今忙しいかもしれません。

また、こちらから毎日電話をかけても、必ずしも出られないこともあります。

付き合っているのなら、彼が最近はどんな予定なのかも大体は分かっているはず。

その中で、毎日ではなく時々のペースで、彼の忙しくなさそうな時間帯を狙って電話をするようにしましょう。

あなたが彼の都合を気遣って電話していると分かれば彼は嬉しく思いますし、

同じようにあなたの都合の良い時に、「ちょっと声が聞きたくなって・・」と向こうから電話をくれるかもしれません。

あくまでも時々のペースで電話をすることが大切です。

「毎日しなければならない」と彼に思わせてしまっては、折角のあなたとの電話の時間を億劫に感じてしまうかもしれません。

すぐに返信してほしいはNG!


毎日電話をかけるのと同じ程度に気を付けた方が良い行動に、「直ぐに返信を催促する」ことが挙げられます。

今ではメールよりも、LINEのやりとりの方が主流になっていますが、LINEのトーク画面では、トーク内容を読んだら既読が付く機能がありますよね。

相手が既にトーク画面を見たことが分かるのは便利でもありますが、そこから中々返信が来ない時にはやきもきしてしまいがちです。

「もう読んでるはずなのに、なんですぐに返信が来ないの?」そんな風に思って、返事が来るまで何度も呼びかけの連投をしたり、

または通常のメールでも「早く返事が欲しい」と彼に催促をするのは完全なNG行為です。

電話の時にもご説明したように、彼にも都合というものがあります。

仕事の合間にあなたとのLINEのやりとりだけを見て、返事は手が空いた時に送ろうと考えているのかもしれませんし、

忙しく携帯に触ることが出来ずに、メールに気付けなかったという可能性も大いにあります。

それを「今自分が彼とメールをしたいから」「気になって早く返事が欲しいから」などと自分の都合だけで催促すると、「気の遣えない女」だと彼に認識されてしまいます。

また、メールやLINEの返事が来ないからといって、そこからさらに電話をかけてしまうのは一番やってはいけない行為です。

気になる気持ちは分かりますが、彼のことも考えてあげましょう。

なるべく心に余裕が持てるように、彼とのやりとりの合間に自分も他の作業をしたりして、気を紛らわせましょう。

会いたいを連発してもいい?

一度や二度、「会いたい」とわがままを言う分には、彼もあなたを可愛く思ってくれるかもしれません。

けれども、あまり連発すると彼に鬱陶しがられてしまいますので気を付けましょう。

彼だって、時間があるのならもっとあなたと会いたいと思っているはずです。

でもどうしても会えないのだから、日頃寂しくても遠距離恋愛の関係に甘んじているのです。

そんな彼の気持ちを汲んであげましょう。

あんまり「会いたい!」とわがままを言い過ぎると、その内彼も「俺だって会えれば会ってるよ!」と怒って喧嘩の原因になってしまうかもしれません。

わがままはほどほどに、タイミングを考えて言うようにしましょう。

しつこいと嫌がられる?

どんなに好きな相手でも、あまりしつこければ彼は当然嫌がります。

毎日電話をかけてきたり、メールの返信を催促したり、もしくは催促の後でまた電話をかけてきたり、

そして毎日会いたいと連呼したり・・あなたが反対の立場で想像してみて下さい。

日頃何かと忙しかったり、どうしても事情で頻繁に会えないのに、彼氏がそんな自分都合のわがままなことばかり言ってきたら、どんなに好きでもきっとその内嫌になってしまいますよね。

恋は盲目とはよく言ったもので、彼に会いたいと思ったら、それに繋がる行為にまっしぐらになってしまう人もいます。

けれども、一方的な感情では、決して長くは続きません。

ましてや遠距離恋愛でそんなわがままを発揮されては、「連絡取ったり、毎回会うのも面倒だな・・」と思われてしまい、結果疎遠に・・なんてこともあるかもしれません。

通常の恋人同士に比べて、ただでさえ二人の距離が離れている場合には、

自分が好きで会いたいという気持ちよりも、彼の都合や気持ちを優先させてあげることが何より大切です。

お互いがお互いを気遣って尊重しあうことの出来る恋人同士は、例え離れていても上手に長く続いていくものです。

寂しいけど返信を待つのも試練!

メールやLINEの返信が中々来ない・・こんなことは、彼氏でなくとも友達同士でも日常茶飯事のことです。

でも、彼のこととなると、なぜだか心に返信を待ってあげる余裕がなくなってしまいがちです。

それはそれだけ、あなたが彼に夢中だという証拠でもあります。

気持ちは良く分かりますが、彼とこの先もずっと一緒に関係を続けていきたいと思っているのなら、極力返信を待ち、こちらからは催促しないようにしましょう。

少なくとも、一日は待ってあげるべきです。

彼が今何をしているのか分からない以上は、気になるでしょうがじっと我慢して待ちましょう。

いつ返信が来ても良いように、携帯を手放さない人も多いですが、出来れば少しくらいは手放した方が気にならずに済みます。

また、ただじっと返信を待つのではなく、本を読んだり、外へ散歩に行ったりと、何かしながら待ちましょう。

頭の片隅には常に彼のことがあるかもしれませんが、何もしないよりは少しは気晴らしになるはずです。

彼のことが大好きなのは良いですが、くれぐれも「彼氏依存症」にならないようにしましょう。

彼氏だって会いたいと言われ続けるともうざい?

はっきり言ってしまえば、一方的に「会いたい」と言われ続ければ、彼氏はきっとその内あなたに対して嫌気がさしてきます。

彼だって会いたければとっくにあなたと会っています。

けれども会えない事情があるのだから仕方がありませんし、もし最初から遠距離恋愛をしているのであれば、付き合う前からこうなることはあなたも分かっていたはずです。

その上で彼と付き合っているのなら、彼のことを考えてわがままを言い過ぎるのは止めましょう。

もし彼に「うざい」と思われてしまったら、その時には恐らく既に彼の気持ちはあなたから離れ始めていることでしょう。

そうなってしまっては中々関係の修復も難しいので、うざいと思われないように考えて行動しましょう。

彼氏が会えなくても怒らないように!


これも決して彼氏に対してしてはいけない行為です。

恋人同士、お互いに会いたい気持ちの強さに大きな差はありません。

例え彼氏が仕事や学業が忙しくて中々会えなかったとしても、それを責めるようなことはしてはいけません。

また、もし約束をしていて、当日どうしても都合が悪くて会うのがキャンセルになった場合にも、極力怒らないであげましょう。

彼だって好きでドタキャンするわけではありません。

デートの当日に急な予定が入ってしまったのであって、もしかしたらあなたもそうなる可能性だってゼロではないからです。

こんな時には、「大丈夫だよ、その代わり、次は絶対ね?」などと可愛く言って許してあげましょう。

そうすることで、ただでさえ申し訳ないと感じている彼の心も少しは和らげるはずです。

あなたは彼にとって、「会えないと怒る女性」ではなく、「会えなくても怒らずに、こちらの都合を分かってくれる理解ある女性」になれるように頑張りましょう。

とはいえ、何度もドタキャンをされるような場合には、ちょっと怒ってみても良いでしょう。

そこで彼の反応を見て、彼にとって自分との予定はどの程度の優先順位なのかを判断してみるのも良いかもしれません。

もし、彼氏から会いたいと言われたら!

もしも彼氏から「今度会おうよ」と誘いをかけられたら、彼女として嬉しくない人はいないでしょう。

ただ、もしも日頃彼に会おうと誘っても中々予定が合わないことがあるような場合には、

「こっちも直ぐにオッケーしない方が良いのかな・・」なんて色んな彼との駆け引きを頭の中で考えてしまうことがあります。

素直に応じればいいのか、少し焦らせばいいのか、どんな風に彼からの誘いを受ければいいのかご紹介していきます。

焦らしは無意味!喜んで会いにいきましょう!

一言でいってしまえば、「恋人同士に焦らしは不要!」です。

まだ付き合う前の段階や、彼を自分に夢中にさせたいと思っている場合には、

「直ぐにオッケーするのは軽いと思われないかな?少し焦らした方がいいかな?」などと頭の中で様々な心理が働きます。

ですが、お互いに気持ちが通い合った恋人同士であれば、何も焦らす必要などありません。

「会いたい」と言われれば、喜んでその気持ちを受け取り、直ぐにでも会いに行きましょう。

自尊心の強い女性の場合、直ぐに誘いに応じることを良しと思わない人もいますが、そこでもたついていてはせっかくの機会がなくなってしまいます。

時には素直になって、彼の誘いに乗りましょう。

予定が都合つかない時は、他の予定を変更してでも彼氏を優先で♪

彼氏の誘う日程と、自分の都合が合わない場合には、出来るだけ彼氏を優先してあげましょう。

もちろん急ぎの仕事など、どうしても合わせられない時には無理をする必要はありません。

ですがそれ以外で、出かける予定だったり家のことをする予定だったりと、融通を付けられる場合には彼氏を最優先してあげましょう。

普段は遠距離であまり会えないのですから、その日くらいは予定をずらしてあげるべきです。

とはいえ、友達との約束と被ったりした場合には、友達と彼氏と自分が普段どれくらいの頻度で会えるかを考えて、その上で判断しましょう。

もしも友達より彼氏を優先させる時には、きちんと友達に対するフォーロも忘れずに。

何回も予定が合わないと、彼氏は面倒くさがっちゃいますよ(涙)

折角彼氏が会おうと誘ってくれても、都合が合わない日ばかりだと、彼氏もその内面倒くさくなってきてしまいます。

電話のやりとりであればその場で予定の調節がしやすいですが、メールやLINEでのやり取りの場合には、

何度も「ここは?ここもダメなんだ、じゃあこの日は?」と繰り返している内に、「じゃあまた時間が空いた時でいいや」となってしまいます。

どんなに優しい彼氏でも、口では「またでいいよ」と言っても、心の中では「俺との予定はそんなに後回しなんだ。

俺の存在ってその程度に思われてるのか?」と拗ねてしまうかもしれません。

彼氏に要らぬ不安を抱かせないためにも、出来るだけ予定を調節して彼に合わせてあげるようにしましょう。

誘ってくれて嬉しいアピールを忘れずに!

自尊心の強い女性は、彼氏からの誘いに例え嬉しくてもあまりその感情を出さないようにする傾向があります。

けれども、遠距離恋愛の二人にそんなプライドは全く必要ないものです。

今すぐに「誘ってくれて嬉しい」と素直な気持ちを吐き出しましょう。

あなたが彼の誘いに喜べば、彼も「良かった、俺と会うのを喜んでくれてる」と安心しますし、会うのがより楽しみになります。

自分が喜ぶことで、彼のテンションも同じように上がっていきますので、誘われた時は素直に「嬉しい」とアピールしましょう。

まとめ

仕事で忙しかったり、遠距離恋愛だったりと、直ぐには会えない事情があると余計に会いたくなるものですよね。

けれども自分のわがままはグッと堪えて、時々少しだけ、自分の「会いたいな」という気持ちを伝えてみるととても効果的です。

それは数日振りの電話の時や、LINEでぽんとスタンプを一つだけ送ってみたり、

デートの時に次の予定をさりげなく聞いたりと、色んな場面で伝えることが出来ます。

どんな場面でどんな風に伝えるかによって、彼のあなたに対する気持ちは変わってきます。

上手に彼に「会いたいな」と思わせられるように、普段とはちょっと違った方法を取ってみるのも良いかもしれませんね。