フラットシューズとは主にヒールがほとんどないもので、底が平らな靴のことをいいます。

どんなスタイルにも合わせやすいし、ヒールが無いので歩きやすいということで一足は持っているという人も多いと思います。

近年ではフラットシューズでも先がとがっているフラットシューズが流行っていたりと形もどんどん進化していますよね。

それにいろんな色のフラットシューズがありますから、好きな色はだいたい手に入るのではないでしょうか?

だから、ついつい色違いのフラットシューズを何足も持っている人もいるでしょう。

そんな魅力あふれるフラットシューズですが、実は男性からはあまり人気がないのを知っていますか?

女性にはこんなに人気があるのになぜ男性にはあまり人気が無いのでしょうか?

今回はフラットシューズについてまとめてみましたのでご覧ください。

️カジュアルコーデに欠かせないフラットシューズ

カジュアルコーデとは着崩したような気軽な、ラフなファッションのことをいいます。

カジュアルコーデの定番はTシャツやデニムなどのアイテムです。

そのようなカジュアルコーデに欠かせないのがフラットシューズです。

どういうことかといいますと、カジュアルコーデはラフなスタイルなので工夫が無ければだらしなくなってしまいやすいスタイルということです。

着こなすのが意外にも難しいとされているのです。

それに女性であればTシャツとデニムでは女性らしさが物足りないですよね?

そんな時にフラットシューズを足せば女性らしさがぐんと上がります。

女性らしさをぐんと上げてくれるアイテムなのと、ヒールが無いので歩きやすいですからラフな格好のカジュアルコーデにはぴったりなアイテムなんです。

️フラットシューズが可愛い理由


次はフラットシューズが可愛い理由についてです。

カジュアルスタイルに欠かせないフラットシューズで紹介しましたがもちろん他のスタイルにも活躍出来ます。

なぜフラットシューズが可愛いのかについて知り、フラットシューズの魅力をもって知っていただこうと思います。

フラットシューズはヒールが無いのでヒールのある靴と比べると、コーデが合わせづらいと悩んでいる人もいるかもしれません。

フラットシューズにも合うスタイルと合わないスタイルがあります。

ですから、なぜフラットシューズのが可愛いのか理由を知ればもって活躍させれるかもしれません。

歩きやすいのにオシャレできる

フラットシューズはヒールが無い靴なのでとても歩きやすいんです!

女性にとって歩きやすいのはとても大事ですよね?

歩きやすいと言えばスニーカーですが、スニーカーだとカジュアルすぎてあまり女性らしさがでないと感じる人が多いかもしれません。

外に長時間外出する時にはスニーカーの方が便利ですが、それ以外のシーンだとやはり靴一つとっても女性らしさを出したいですよね。

「ヒールのある靴は苦手だな」「店内を歩き回るからお洒落でありながら歩ける靴がいい」と思うことはありませんか?

ヒールのある靴は女性らしさがぐんと上がりますが、すぐに歩き疲れてしまいますよね。

そんな時に女性らしさはそのままで、歩きやすい靴なのにお洒落なのがフラットシューズなんです。

「最近では歩きやすくて綺麗めなパンプス」や「足が痛くならないフラットシューズ」などの特集で様々な取扱店が紹介されています。

お洒落で歩きやすい靴なんて夢のようですよね。

ですからそれぐらい女性に人気があるのでしょう。

ヒールがないから小柄になれる


フラットシューズはヒールが無いので小柄になることが出来ます。

特に身長の高い人がヒールの高い靴を履くとその分高くなりますから、本来より身長が高く見えます。

そうなってしまうと例えば男性と並んだ時に身長が高い女性ですと同じくらいの目線になってしまったり、ヒールが7センチの高さだと男性よりも身長が高くなってしまうことがあります。

男性より身長が高くなってしまうのは嫌だと思う女性も多いでしょうし、男性側も自分が身長が低く感じてしまうので嫌がるかもしれませんね。

もし男性が彼氏の場合は腕組みも身長のバランスが崩れてしまうと出来ませんよね?ですから高身長女子にはフラットシューズで身長のバランスを取りましょう!

様々なボトムスに合う

フラットシューズは様々なボトムスに合います。

ちなみにボトムスとは下半身に着る服のことです。

ですからジーンズなどのパンツスタイルやスカートなどがボトムスになりますね。

パンツスタイルとスカートに合うのですからとても優秀なフラットシューズですよね。

靴とボトムスが決まっていれば、トップスはどのようなものを着ればいいか分かれば、これからはコーディネートに悩むことは少なくなるはずです。

フラットシューズのコーデで、トップスは何を合わせればいいか分からないという方!それぞれのボトムスにトップスは何を合わせればいいのかまとめてみましたので、是非コーディネートの参考にしてくださいね。

パンツスタイル

フラットシューズとパンツスタイルでのコーディネートはいかがですか?
日本人は短足と言われていますが、ヒールのないフラットシューズと合わせると短足が目立ってしまうのでは?と思いますよね。

実はどんなパンツを履くかがコーディネイトのポイントなんです。

いくつかフラットシューズと合うパンツスタイルを紹介しますね。

一つ目はハイウエストパンツです。

ハイウエストパンツとはウエストラインが通常のパンツよりも上にあるパンツのことをいいます。

ウエストラインが通常のパンツより上にあるので脚長効果のあるパンツです。

ですからヒールのないフラットシューズでも短足に見えないのです!ちなみにハイウエストパンツにはタイトなデニムやガウチョパンツやバギーなどのシルエットのハイウエストパンツがあるので、自分好みのパンツを選ぶことが出来ます。

例えばタイトなパンツは身体のラインが出て苦手という人はガウチョパンツを選ぶことも出来ますから自分だけのコーディネートをしてみてください。

そしてハイウエストパンツを履く場合はトップスのフロントだけをインさせるとより脚長を強調できるので試してみてくださいね。

トップスをインするだけでもかなり印象が変わりますよ。

二つ目はフラットシューズとのコーディネートで人気の高いスキニーパンツとの組み合わせです。

スキニーパンツとフラットシューズの間に出る足の甲が女性らしさをぐんと上げてくれるようです。

スキニーパンツも長めではなく、アンクル丈がおススメです。

アンクル丈のスキニーパンツでスッキリとした足元にフラットシューズを合わせるとさらにスタイルが良く見えるそうですよ!

そしてトップスを短めにするとさらにスタイルが良く見えます!是非コーディネイトしてみてくださいね。

ヒールが無いフラットシューズでも全体のバランスをまとめればスタイルも良く見えて、お洒落に履きこなすことが出来ます。

ジーンズ

ジーンズとフラットシューズのコーディネートはいかがでしょうか?ジーンズとはデニム生地でできたカジュアルなズボンのことです。

ジーンズといっても様々な形のジーンズがありますよね。

その中でもフラットシューズに特に合うのは、スキニーパンツとフレアデニムとハイウエストパンツです。

ジーンズはいつの時代でも廃ることがないお洒落なアイテムですよね。

ですからジーンズは何本持っていても流行り廃りがないのでジーンズとフラットシューズのコーディネートはおすすめです!フラットシューズの為にズボンを買わなくても、ジーンズがあればどんな靴とも相性がいいので何種類か違う形のジーンズを持っているとコーディネートの幅を広げることが出来ます。

コーディネートの例をいくつか挙げますね。

スキニーパンツは黒トップスを合わせてシンプルに着こなして、フラットシューズほ合わせるとかなり大人っぽい雰囲気になります。

そしてフラットシューズは先のとがったポインテッドトゥの靴を選ぶと更に品の良さが上がります。

今年流行の裾が広がっているフレアデニムの場合は、デニムの裾からフラットシューズがちらっと見えますよね?

ですから足元には赤など目に入りやすいビビットなカラーをもってくるのがおススメです。

トップスが赤の場合、足元にも赤をもってくると統一感がでますから、ぐっとお洒落になります。

他にもジーンズとフラットシューズのコーディネートはたくさんありますから、自分の持っているジーンズはどんなフラットシューズと合わせればいいのか分からないという人はインターネットで検索してみてくださいね!

たくさんのコーディネート例がありますから参考になるはずです。

ミモレ丈

ミモレ丈とフラットシューズのコーディネートはいかがでしょうか?
ミモレ丈とは膝が隠れるか隠れないかぐらいの長さ、ふくらはぎの真ん中くらいの丈の長さのスカートを指します。

ちなみにミモレとはフランス語でふくらはぎの真ん中くらいの長さを指す言葉だそうです。

ミモレ丈スカートは「足も細く見えて、品がある」スカートです。

なぜかというとミモレ丈は膝より下の丈ですから足の細い部分しか見えませんよね?足首も見えますから足が細く見えます。

そしてミニ丈のスカートに比べると足を出しすぎませんから、品が良く見えるのです。

そんなミモレ丈とフラットシューズのコーディネートの例をいくつか紹介しますね。

ボンディングスカートとフラットシューズの辛口コーディネートはいかがでしょうか?

まずボンディングスカートとはボンディング加工されているスカートなのでハリがあって、ボリュームのあるスカートのことです。

クロップド丈トップスと合わせることでかっこよくなります。

そこにメタリック素材のとんがりフラットを合わせてみてください!

かなりスタイリッシュなコーディネートになります!がーリーなボリューム感のあるタックスカートとフラットシューズのコーディネートはいかがでしょうか?

トップスはチェックシャツでフラットシューズはローファーがおすすめです。

そしてもう一つ忘れてはいけないのが靴下なんです!このコーディネートなら靴下を履いてみてください。

靴下は伸ばして履かずに少したるませて履くのがいいです!少したるませることにより足元を華奢にみせる効果があるそうです。

ロングスカート

ロングスカートとフラットシューズのコーディネートはいかがでしょうか?
ロングスカートはふくらはぎよりも長いスカートを指します。

ですから、ミモレ丈よりも長いのはロングスカートです。

ちなみに足のくるぶしよりも長いスカートを「マキシスカート」と呼ぶそうです。

ロングスカートは足全体をすっぽりと覆ってくれるのでスタイルをカバーしてくれますよね。

ロングスカートは足元まで隠れるので靴はなんでもいいと思っていませんか?実はどんな靴をロングスカートに合わせるかであなたのお洒落度を確認されています。

ロングスカートからちらっと見える靴が全体的なコーディネートに合っているか、バランスをとれているかがお洒落のポイントになってきます。

ここではフラットシューズとロングスカートのコーディネイトをいくつか紹介します。

スウェットやコットン系生地のロングスカートとフラットシューズの相性はとてもいいです。

フラットシューズはバレエシューズがおススメです。

ですがスウェットやコットン系生地のロングスカートのラフさはどんなフラットシューズとも合います。

ロングスカートの中ではフラットシューズを最大限に楽しむことが出来る生地です。

チュールロングスカートとレースアップシューズのコーディネイトはいかがでしょうか?レースアップシューズとは紐で足を編み上げた靴のことです。

どんなスタイルにも合わせやすく、レースアップシューズを履いているだけでかなりお洒落感をだしてくれる優れモノです。

例えばチュールロングスカートとレースアップシューズを黒に統一してコーディネートすると、チュールなのでスカートの裾の部分が少し透けるのでその透けた部分からレースアップシューズの紐を足に編んでいる部分が見えるので、女性らしさとお洒落度が一気に上がります。

是非コーディネートしてみてくださいね。

【ロングスカートコーデのおすすめは、こちらの記事もチェック!】

色んな形があってコーデの幅が広がる

フラットシューズにはいろんな形があるのでコーデの幅がかなり広いです。

バレエシューズやローファーなどは知っている人も多いと思いますが、ワラビーやギリーは知らないという人もいるのではないでしょうか?

いろんな形を知ることで今よりもコーデの幅が広がることは間違いありませんので、是非知識をつけてくださいね。

では、一つずつみていきましょう!

バレエシューズ

バレエシューズとはそのままの言葉の意味になりますがバレエを踊る時に履く靴のことです。

ファッション的な意味のバレエシューズはかかとの低い婦人靴で、爪先が丸く、小さなリボンがついた靴のことを一般的にはバレエシューズと呼びます。

ちなみにヒールの付いたバレエシューズのことを「リボンパンプス」と呼ぶそうです。

近年ではバレエシューズは爪先がとんがったポインテッドバレエシューズが出てきたので爪先が丸みのあるものだけがバレエシューズではなくなりました。

なのでバレエシューズの形も新しいものが出てきているのでファッションの幅が広がってきました。

それにカラーが豊富なのもバレエシューズの特徴ですね。

赤、青、シルバー、黒、緑等たくさんのカラーのバレエシューズがあるので色違いで何足も持っている人も多いようですね。

ビビットなバレエシューズを足元に持ってくるだけで足元が華やかになるのでお洒落さんには必須のアイテムのようです。

オペラシューズ

オペラシューズとは社交パーティーに履く紳士用のオペラパンプスをモチーフにした女性版の靴です。

オペラシューズの特徴は、ブラックのサテンやエナメル製が多く、アッパーにリボンが付いているのが典型的なデザインです。

もちろんオペラシューズもフラットシューズですから、ヒールがほとんどありません。

なので上品なデザインではありますが、日常使いのカジュアルシューズとして普及しているのです。

オペラシューズはパンツスタイルと相性抜群です。

元々紳士用のデザインですから当たり前なのですが、特にスラックスや細身パンツなどの綺麗目なパンツと合わせやすいので、パンツスタイルの多い人には人気の高いフラットシューズですね!

モカシン

モカシンとはU字型の甲革をモカシン脱いでステッチされたスリッポンのフラットな靴のことです。

もちろんヒールはほとんどないのでフラットシューズです。

モカシンの最大の特徴は履き心地です。

足当たりのよい履き心地なので一日中履いても足が疲れない、ソフトなフィット感のある優れモノなんです!

モカシンは秋冬に活躍するイメージを持たれている方も多いかもしれませんが実は春夏履けるモカシンもあります。

なので一年中通してモカシンを履くお洒落女子も多いんですね。

歩きやすさを重視している女子にはおすすめのフラットシューズです。

ローファー

ローファーと聞くと学生が履くものとイメージする人も多いのではないでしょうか?

ローファーとは靴ひもが無い靴で、気軽に脱いだり履いたり出来る特徴があり、主に革で作られることが多く、さまざまなシーンで使うことが出来ます。

紐が無いので革の弾力を利用して履くため、一般的は小さめのサイズを選んで履きならしていくことが多いです。

なので通常の靴選びより慎重に靴選びをすることが重要です。

ローファーにソックスを合わせて履くのが近年のトレンドです。

黒のローファーなら靴下は何色でも合うのでおススメです。

パンツとの相性が抜群で、ローファーだけで上品なアイテムですから、大人女子必須のフラットシューズです。

スリッポン

スリッポンとは靴ひもや留め具が無い靴のことです。

一般的にはスリッポンは、平底で布製のシンプルな形のものが多いです。

正式名称は「スリップ・オン」または「スリップ・オン・シューズ」というそうです。

スリッポンにはローファーも含まれます。

ちなみに、スリッポンは「スリッパ」の脱ぎ履きしやすいアイデアから生まれたそうです。

なので歩きやすさと履きやすさに魅力があるのがスリッポンなんです!

また軽量タイプのスリッポンも最近出たので今まで以上に履きやすく、疲れにくくなっています。

履きやすさを重視する女子は多いのではないでしょうか?脱ぎ履きが多いシーンには必須なアイテムですよね。

スリッポンはほどよい抜け感とはずし感があるので、スカートやパンツスタイルにも合わせやすいです。

ミニスカートと合わせると元気な印象を与えるので上品すぎないスタイルになります。

以外にスニーカーに近い形でありますが、スリッポンにしか出せない抜け感はカジュアルすぎないので女子には人気なんです。

いつも同じスタイルでマンネリになりがちだと悩んでいる人にスリッポンおススメです!

ワラビー

ワラビーとはモカシンの一種で紐付きの靴のことをいいます。

もともと「ワラビー」というのはクラークス社が1970年代初め頃に発売された軽登山用の商品名で、それらが一般化されて似た形状の靴をワラビーと呼ぶようになったそうです。

元々軽登山用の商品だったので形も登山靴に似た靴です。

ワラビーはカジュアル・ナチュラルスタイルと相性が抜群です。

なのでナチュラルスタイルが好きな方には是非持っていただきたい一足ですね。

ギリー

ギリーとは靴ひもを甲に沿って装飾的に編み上げたべろかわのない伝統的な靴の一種です。

ギリーとはスコットランドの古語で「従者」という意味を持ち、昔従者が履いていたそうです。

ギリーはいろんなタイプの靴がありますが、レディースファッションで近年流行っている「レースアップシューズ」もギリーです。

レースアップシューズはコーデが難しそうですが、実はパンツスタイルからロングスカート、ワンピースまでどんなスタイルにも合う万能なフラットシューズです!

ショーパンにレースアップシューズを合わせると女性らしさがぐんと上がって綺麗に着こなせます。

女性らしさをプラスしたいという女性におすすめなフラットシューズですね!

️フラットシューズは実は男ウケが悪い!?

フラットシューズはメリットがたくさんあるので女子に大人気ですが、実は男ウケが悪いのはご存知ですか?

もちろんすべての男性に受けが悪いわけではありませんが、一部の男性からはあまりお洒落に思われていないようです。

フラットシューズは履きやすいお洒落靴として女子に大人気なのに、なぜフラットシューズは男ウケが悪いのでしょうか?

️フラットシューズが男ウケしない理由

フラットシューズが男ウケしない理由はいくつかあるようです。

フラットシューズはヒールが無いのでヒールがある靴に比べると女性らしさが落ちてしまうので、スタイルが悪く見えたり、子供っぽい印象を男性に与えてしまうようです。

やはりヒールが無いことによるデメリットが男ウケしない理由に大きく関係しているようです。

しかし男ウケしない理由を理解することで、その部分をコーデの技術で補えばいいですよね?

フラットシューズが男ウケしない理由を理解して、自分のコーデに生かせるようにしましょう!

では、フラットシューズが男ウケしない理由を一つずつ詳しく見ていきましょう。

スタイルが悪く見える

フラットシューズが男ウケしない理由の一つに「スタイルが悪く見えること」が挙げられています。

スタイルが悪く見える原因はヒールが無いことです。

ハイヒールは足も細く見えて、ふくらはぎも引き締まるので履いているだけでスタイルアップできます。

どうしてもヒールが無いフラットシューズはハイヒールの靴に比べるとスタイルが悪く見えてしまいます。

パンツスタイルとフラットシューズを合わせると短足が目立ってしまったりするのでフラットシューズのコーデは意外に難しいんです。

では、どうすればスタイルが良く見えるのでしょうか?それは例えばパンツスタイルの場合はクロップド丈のパンツとフラットシューズを合わせることです。

これは足首をちらりとのぞかせることで、視覚効果で足を長く見せることが出来るのです。

ですから全て隠してしまわずにちらりと足首をちらつかせるのがスタイルよくみえるポイントです。

子供っぽい

フラットシューズが男ウケしない理由の一つに「子供っぽく見える」が挙げられています。

子供っぽく見えるのには、例えばバレエシューズのような爪先にリボンが付いているデザインは大人っぽくは見えないですよね?

可愛いですが、大人らしさをバレエシューズだけに求めるのは難しいです。

なので全体のバランスをとるためにスキニージーンズで女性らしさをだしてバレエシューズを合わせると子供っぽい印象は無くなります。

コーデ次第でフラットシューズは子供っぽく見えてしまうので、全体のバランスを考えなければいけないということです。

フラットシューズでも先の尖ったポインテッドトゥなら靴だけで大人っぽさを出すことが出来ます。

なので毎回どのようにコーデしたいか決めて靴を決めるとよいかもしれませんね。

野暮ったい

フラットシューズが男ウケしない理由の一つは「野暮ったく見える」です。

野暮ったいとは、「洗練されていない」「やぼな感じ」という意味があります。

ファッション的に野暮ったいとは簡単に言うとダサく見えとしまうということです。

なぜフラットシューズを履くと野暮ったく見えてしまうのでしょうか?

全体のバランスを考えてフラットシューズはコーデしないとどうしても子供っぽく見えてしまうからです。

フラットシューズのコーデのポイントはどれだけ大人っぽさを見せれるかです。

なのでフラットシューズを履くのであればどうせなら上手なコーデが出来るように、お洒落に見えるポイントをしっかりとここで理解しましょう!

色気が無い

フラットシューズが男ウケしない理由の一つは「色気が無い」ことです。

やはりヒールのある靴に比べると、フラットシューズはヒールが無いので上品さや色気が出しにくいです。

男性が色気を感じるのはやはり足なのではないでしょうか?ヒールのある靴は女性の足が引き締まるので足が綺麗に見えます。

だから、スタイルがよく見えるので色気を感じるようですね。

フラットシューズは色気は出しにくいですが、全身コーデで足首や手首など出すコーデをしていれば女性らしさを感じることが出来るのでコーデを工夫して女性らしさを出し色気をカバーしましょう!

バランスが悪い

フラットシューズが男ウケしない理由の一つは「バランスが悪く」見えることです。

フラットシューズは短足が目立ってしまうのでコーデによっては全体のバランスが悪く見えてしまいます。

なので短足を目立たなくするように、トップスを短めにして足を長く見せるなどの工夫をしてバランスをとらなければいけません。

はみ出た靴下が気になる

フラットシューズが男ウケしない理由の一つは「はみ出た靴下が気になる」です。

バレエシューズを素足で履くと夏場はムレたりするので、カバーソックスを履く人が多いのではないでしょうか?

しかしカバーソックスを履いても、浅いカバーソックスを選ばないとバレエシューズからはみ出てしまうこともありますよね。

それに浅いカバーソックスは靴の中で脱げやすいという弱点があります。

カバーソックスがはみ出るのが気になるからストッキングを履くという人もいるようですね。

しかしストッキングもお腹周りが窮屈だという声もあるようですね。

このように悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?男性だけでなく、女性側もフラットシューズからはみ出た靴下が気になる人は多いようです。

コーデが下手だとダサい

フラットシューズが男ウケしない理由の一つは「コーデが下手だとダサい」です。

ダサいとは、「格好悪い」や「野暮ったい」といった意味を持ちます。

先ほどフラットシューズは「野暮ったく見えてしまう」という内容がありましたね。

コーデ次第では全体的に子供っぽい印象を相手に持たれてしまいダサくみえるのです。

全体のバランスをとらなければいけないのがフラットシューズの難しいポイントなんですね。

️フラットシューズ肯定派の男子もいる

先ほど「フラットシューズは男ウケしない」という内容でしたが、もちろん男子全員がフラットシューズを否定しているわけではありません。

フラットシューズ肯定派の男子もいます。

フラットシューズはヒールが無いのが特徴ですが、ヒールが無いほうが良いと思う男子がいるようです。

それはどうしてなのでしょうか?なぜフラットシューズ肯定派なのか理由を一つずつ詳しく見ていきましょう!

自分が背が低いからありがたい

フラットシューズ肯定派男子の理由は「自分が背が低いからありがたい」と思っているからです。

ヒールがないのがフラットシューズの特徴ですよね?

例えば彼女と3センチぐらいしか身長が変わらない場合、彼女がヒールが5センチあるハイヒールを履くと彼女の方が身長が高くなってしまいます。

背が低いと思っている男子は自分の方が彼女より身長が低くなってしまうことを気にするようですね。

ヒールが無いフラットシューズだからこそありがたいと思う理由です。