ジェントルマンな男性って、素敵ですよね♡
筆者も女性として、お付き合いするならジェントルマンな人がいいです(笑)

ジェントルマンとは、日本語でいうと“紳士”。

紳士とは、品格があって礼儀正しい男子のことで、そういった男性の尊称となっています。

因みに尊称とは、尊敬の気持ちを込めて呼ぶ呼称で、ジェントルマンは尊敬されるような人柄の男性ということにもなりますね。

そもそもジェントルマンという言葉は、イングランドの地主階級「ジェントリー」から派生した言葉なのだそう。

そこから派生して、王や貴族等、社交界で適切な振る舞いができる男性のことを、ジェントルマンと呼ぶようになったそうです。

一般人には社交界なんて馴染みがありませんが、今や社交界でなくとも、品格と礼儀は、男性に求められる素養であり、女性にモテる男性の条件でもありますよね。

ジェントルマンな男性に共通する特徴

という訳で今回は、女性に大人気!の、ジェントルマンな男性について特集します。

女性としては、世の中にジェントルマンな男性が増えるのは大歓迎!男性がジェントルマンであるほど、女性たちは幸せになれると言っても過言ではありません(笑)
男性の皆さんには、ぜひこの機会に、ジェントルマンな男性とはどういった振る舞いをする人なのかを、身につけていただけたらと思います♡

そして女性の皆さんには、世にはびこるえせジェントルマンに騙されぬよう、ジェントルマンかどうかを見極める目を、養っていただけたらと思います。

ジェントルマンな男性が好かれると分かってからは、なんちゃってジェントルマンも増加傾向にありますよね。

本当の紳士とはどういうものなのか、女性側もジェントルマンの本質を分かっていなければ、品格を疑われることになり兼ねません。

女性たちが男性を見る目を養うことで、もともとジェントルマンな素質の少ない日本男子の紳士度も、底上げされるはずですよ!

ではさっそく、ジェントルマンな男性に共通する特徴を見ていきましょう。

レディーファースト


ジェントルマンな男性に共通して言えるのは、「レディーファースト」であることです。

レディーファーストは、ジェントルマンな男性には欠かせない素養だと思います。

レディーファーストとは、女性を優先させる行為で、西洋風の礼儀とされています。

日本では、もともと馴染みの無い礼儀ではありますよね。

女性は男性より一歩下がり、男性を立てることが求められてきたので、それとは真逆の行為です。

レディーファーストは、ある意味西洋かぶれなのかもしれませんが…女性は何も、男性に立ててもらい、優位になりたいのではありません。

優先してもらうことで、そこに優しさと、大人の余裕を感じることが出来ることが、女性がジェントルマンを求める理由なのです。

我先にという男性よりも、自分が自分が!という男性よりも、ちゃんと女性の存在を認め、リスペクトしてくれる男性。

その優しさに触れることが嬉しいのです。

ですので、小手先のレディファーストでは、女性は喜ばないでしょう。

下心を感じてしまえば、それは紳士的とはみなされません。

女性のみならず人に敬意を払い、優先出来る心の広さがあってこそ、ジェントルマンと言えるのではないでしょうか。

年齢問わず優しい

「年齢問わず優しい」それが、ジェントルマンな男性です。

先ほどもお話したように、女性に好かれるために、女性を立てよ!ということではないんですよね。

人に優しい男性であって欲しい!というのが、女性たちの願いなのです。

ですので、女性に人気のあるジェントルマンな男性というのは、年齢問わず、万人に優しい人となります。

子供に対しても、年配の人の対しても、自分が守ってあげなければならない相手となればどんな人だって、優しさで包み込んであげられる。

そんな人が、ジェントルマンなのです。

ジェントルマンな男性が持つ優しさというのは、その人の心の広さを表わしてもいるんですよね。

下心や、計算はなく、誰に対しても優しくいれられる、そんな大人の余裕を身につけていてこそ、ジェントルマンと呼ばれるようになるのです。

心の狭い人は、基本的に自分しか見えていません。

レディーファーストをしていたとしても、それは女性に好かれたいという自分の欲求があっての行動です。

女性の皆さんは、自分を優先してもらえたことに舞い上がることなく、冷静に優しさの本質を見極めなけれななりません。

悪口は言わない


また、ジェントルマンは「悪口はいわない」男性でもあります。

人の悪口を言うような人も、紳士的とは言えませんよね。

心が狭い証拠だし、陰で言うくらいなら堂々と戦うくらいの男らしさを、持っていて欲しいものです。

それに、悪口を言うような男性は、気持ちに余裕が無い人ですよね。

人に優しくもありません。

そんな人は、ジェントルマンとしては失格です。

礼儀的にも、品格的にも、悪口はもっての外なのです。

そもそも、ジェントルマンな男性がレディーファーストが出来たり、年齢問わず優しいのは、相手が誰でありリスペクトしているからですよね。

その尊敬の念を礼儀として表わしているに過ぎないのです。

そんなジェントルマンな男性なら、悪口を言うなんてみみっちいことをするはずもありませんよね。

こう考えると、ジェントルマンになり辛い日本男性だって、出来ないことはないのではないでしょうか。

人への礼儀をわきまえるのは、日本人に身に付いた国民性でもあるのですから。

口数は少なくとも、相手をリスペクトし、それを行動に表わすことは得意分野でもあるはずです。

それを、男性女性、年齢問わず示せばいいだけなのです。

ぶれない行動

ジェントルマンな男性に共通する特徴としては、「ぶれない行動」も挙げられます。

ぶれないということは、芯が強いということでもありますよね。

芯が強く一本気のある男性は、頼りがいがある男性です。

その頼れる強さこそが、女性にモテる理由でもあるのです。

ぶれない行動というのも、心の余裕と強さが無ければ出来ないものですよね。

この辺りも、日本人の武士道精神から見れば、もともと持っている素養と言えるはずです。

だけど最近は、そんなぶれない精神力も、失われつつあるのかもしれません。

ぶれない行動が出来る男子って少なくなったように感じます。

日本人としての資質も曖昧、かといって西洋風のジェントルマンにもなりきれない…。

そんな宙ぶらりんの状態になっていませんか?

ジェントルマンな男性の“品”とは、男性的な芯の強さから、にじみ出るものでもあると思います。

何かに本気で取り組む。

そして自分の芯は譲らない。

それが、ぶれない行動となって表われ、そこに女性は、ジェントルマンな素養を見い出すのです。

行動がぶれぶれだと、芯が無く、心が小っちゃい男性だと思われてしまいますよ。

そんな男性だと、女性は頼りたくても頼れません。

もちろん、見せ掛けでどうにかなるものではないので、日々鍛錬を積むしかないですね。

ジェントルマンな男性とは、たくさんの経験と知識を積み、精神性が磨かれたことによってにじみ出てくる、大人の品格をもつ人なのです。

外見にもこだわる

ジェントルマンな男性に共通する特徴は、もちろん内面的な品の良さにとどまりません。

「外見にもこだわる」のが、ジェントルマンなのです。

大人の品格とは、内面からにじみ出てくるものでは有りますが、内面がそれだけジェントルマンなら、当たり前に外見も整えるのです。

外見を磨き整えるのは、人と接するうえでのマナーでもありますよね。

人に不快感を与えないような爽やかさ、身だしなみ、清潔感。

イケメンでなければならないということでは無く、どんな顔立ちだとしても、その外見とにじみ出る品で、イケメンに見えてしまう。

それが、ジェントルマンな男性ですよね。

そしてもちろん、スマートでもあるでしょう。

外見を磨かず太っているようなこともなく、かといってひ弱でも無い体を保っていることも、ジェントルマンの条件になってくると思います。

人に不快感を与えないスマートさ、そして時には女性を守ってくれるかのような力強さ…そんな外見を持っているからこそ、ジェントルマンな男性は女性に人気が高いのです。

努力を惜しみ、自分に甘えてしまっているようなぶよぶよな体では、ジェントルマンとは呼ばれないでしょう。

秘めた芯が強い

先ほどもお話したように、ジェントルマンな男性は「秘めた芯が強い」ことが特徴として挙げられます。

ジェントルマンの場合、優しくて心が広いので、一見しては芯が強いように見えなかったりします。

だけど、その芯の強さは、ひけらかすことなく、自分の中に秘めているんですよね。

そんな秘めた芯の強さに気付いた時、女性は惹かれてしまうのです。

もちろん、ジェントルマンな男性にとっては、女性にモテるために芯を持っているのではありません。

だけど、どうしたって、その芯の強さは女性を惹きつけてしまいます。

芯の強い男性って、沢山いそうなのに、案外多くはないんですよね。

筆者の周りで考えてみても、芯の強さを感じる男性って、2人程度です。

そしてその2人は、どちらもジェントルマンと呼ぶにふさわしい人だったりします。

内に秘める芯の強さって、男性を魅力的にするのかもしれませんね。

芯の強さって、作ろうと思って作れるものではないと思います。

でも、何かに真剣に向き合うだけの熱い思いを持っていれば、芯の強い人になっていくのではないでしょうか。

熱い思いをもって、何かに取り組む人って、素敵ですよね。

そういった思いを捧げるものが何もないのなら、まずは自分が熱中できるものを探すところから、始めるといいのかもしれませんね。

懐が深い

「懐が深い」のもジェントルマンな男性の特徴です。

懐が深い人とは、心が広く、包容力がある人の事です。

来る者拒まずといった感じで、多くのものを受け入れられる心を持っているんですよね。

たとえ過ちを犯してしまった人でも、何か欠点があったとしても、自分とは習慣が違う人だとしても…どんな人でも懐深く受け入れ、さらに尊重することが出来るのです。

それが、ジェントルマンな男性が、人に対して示す優しい行動であり、リスペクトしていることが態度で表われているんですよね。

こういったジェントルマンな男性は、物腰も柔らかく穏和な人柄だったりもします。

それが紳士的であり、ジェントルマンな人が、相手を尊敬する以上に本人が、尊敬される人柄でもあるのです。

相手を尊敬する

これまでにもお話してきた通り、「相手を尊敬する」のが、ジェントルマンと呼ばれる男性たちの特徴なのです。

人に優しくしたり、親切にしたり、レディーファーストが出来たりするのも、全ては相手への尊敬の念があってのこと。

懐深く人を受け入れることが出来るのだって、例外なくどんな人に対してでも、リスペクトを持っているからです。

人に対する尊敬の気持ち。

それがあれば、自然とジェントルマンな振る舞いも出来てしまうのでしょう。

心から相手を尊敬していれば、その気持ちを、敬意をもって示したいと思うのが普通ですからね。

ジェントルマンな男性の場合はさらに、それが分け隔てないことが、特徴でもあるんですよね。

人は、尊敬する人が居たとしても、そうじゃない場面では尊敬されたいとも願うものです。

人から尊敬を向けられるのは、人から認められているということであり、プライドが高ければ高い人ほど、人から尊敬されることを求めてもいるでしょう。

でもそれは、裏を返せば自分に自信がないということになります。

人に認めてもらっていないと、自分の社会的立場が保たれないと思っているのです。

何より、自分が一番、自分を信じていないということにもなるんですよね。

つまり、それだけ心が狭く、小さい人間であるということです。

ジェントルマンな男性は、自分で自分の事を認めているでしょう。

誰かに認めてもらわなくても、自信を持っているので、それで満たされているのです。

ですから、余裕をもって他人を尊敬することが出来るんですよね。

自分を認めるように、他人を認め尊敬できる。

自分を大切にするように、他人を大切に出来る。

それが、ジェントルマンな男性なのだと思います。

パートナーの夢や目標を支える

「パートナーの夢や目標を支える」ことが出来るのも、ジェントルマンな男性の特徴です。

これも、女性をリスペクト出来るジェントルマンだからこそ出来ることですよね。

ジェントルマンならではの、大人の男の余裕なのです。

心に余裕がなく、相手を尊重出来ないような男性なら、パートナーにはおとなしく家に居て、自分を支えるために家事だけをしていて欲しいと思ってしまうでしょう。

もしくは、家計を支えるためだけのパートなら、賛成するのかもしれません。

でもそれでは、女性の尊厳は保たれませんよね。

女性にだって、やりたいことがあり、夢や目標もあるのです。

結婚することで、女性は家庭のためだけに生きていかなければならないのなら…それは、結婚に対する夢も希望も捨てろと言われているも同然です。

そういった、存在をないがしろにされてしまうことが、今の未婚率の高さも表わしているのではないでしょうか。

今の日本は、女性が社会進出する時代です。

それも、これまでじっと耐えてきた女性たちの過去があるからこそとも言えます。

たとえ家庭に入っても、家庭を支える女性の存在に敬意を払い、リスペクトしてくれていたなら、女性は社会進出せずとも、結婚がひとつの夢であり、目標となっていたのかもしれません。

結婚を夢とし、目標と出来ないと感じたからこそ、夢を社会に求め、目標を社会に出て働くことに、定めているのだとも感じます。

ジェントルマンは、女性の夢が社会で働くことであれ、結婚であれ、また別の夢であれ、理解し応援することが出来るのだと思います。

むしろ、夢や目標に向かって輝いているパートナーを、尊敬することが出来るのでしょう。

そうやって、お互いにとって高め合える関係を築いていけるのです。

夢や目標は、生きていく上での生きがいです。

それは、男性にとっても女性にとっても同じです。

その夢を奪ってしまったり、反対してしまう権利は無いということを、ジェントルマンな男性ならわきまえているのです。

誠実

ジェントルマンな男性に共通する特徴には、「誠実」であることも挙げられます。

ジェントルマンというと、もしかしたら甘い言葉で巧みに女性を操ることが出来るような男性を、イメージしている人もいるかもしれませんが、逆なんですよね。

海外の男性は、気持ちを言葉で表現するから、言葉上手な人がジェントルマンにみえるだけのことで、中身は至って誠実なのです。

ですので、ジェントルマンを勘違いして、小手先のテクニックでレディーファーストを装い、女性に好かれようなんてする下心があるような人とは違うのです。

もてあそんだり、言葉巧みに操るようなことはせず、女性に対しても正直に誠実な態度で、接するのです。

その誠実な態度こそが、女性の心を掴むのです。

言葉が上手だったとしても、それは誠実な気持ちをそのまま表現しただけのこと。

そこに計算があるようでは、ジェントルマンとは言えないのです。

妥協できる

「妥協できる」というのも、ジェントルマンな男性の特徴のようです。

自分の欲求を押し通すばかりが、芯の強さではありません。

相手の意見も取り入れ、時には妥協したり、時には柔軟に考えを変えることが出来るのも、ジェントルマンな男性なのです。

ぶれない行動には、芯の強さが必要です、その芯の強さは、ゆずれない拘りや情熱も必要です。

だけど、ぶれないことは、頑なになることとは違います。

芯の強い人とは、頑固な人ということではありません。

譲れない芯の強さは必要ですが、必要とあらば他の人の意見も取り入れ、さらなる発展をしていけるのが、ジェントルマンなんですよね。

それに、意見がぶつかった時、その意見を押し通すことが、必ずしも良いことにはなりません。

相手の話に耳を傾け、妥協点を見つけて一緒に切磋琢磨していくことで、お互いに成長していけることだってあるのです。

全く妥協しないということは、成長できないということにもなってしまいます。

ジェントルマンな男性なら、その懐の深さで、時には妥協することも出来る。

そんな人なんですよね。

いい男ぶらない

ジェントルマンな男性は、「いい男ぶらない」というのも共通する特徴です。

「ジェントルマン=いい男」と思っている人は、ジェントルマンを勘違いしている可能性がありますね。

ジェントルマンは、そのにじみ出る品格から、いい男になってしまうだけのこと。

いい男を演出するのが目的ではないのです。

ですから、これまでにもお話してきたように、小手先のテクニックではダメだし、なんちゃってジェントルマンは、すぐに見透かされてしまうのです。

特にモテる男性は、自分がいい男であり、ジェントルマンであると、嫌味なほど自信を持ってしまう所がありますよね。

これまでの女性遍歴が、自分がいい男であることを証明していると、勘違いしてしまうのです。

多くの女性にモテてしまうと、それが自信となり、本質以上に自分がいい男であると勘違いしてしまいますよね。

その自信は、付けばつくほど、女性には嫌われていく一方であることをお忘れなく。

女性は、いい男は好きですが、いい男ぶる人は嫌いなのです。

周りが見えなくなってしまうほどモテてしまうのは、ある意味不幸だと言えますよね。

でもジェントルマンな男性なら、モテるために品や教養を磨いているわけではないので、モテていたとしても、それを鼻にかけたりはしないでしょう。

もっと自分の立場をわきまえているはずです。

モテるのに自信過剰にならない、大人の男の余裕。

それがさらに、女性を惹きつけてしまうものです。

品がある

ジェントルマンな男性に、絶対的に必要な特徴と言えば、「品がある」ことですよね。

品がある人とは、優雅で洗練された印象を感じさせる人のことです。

その品は、言動、装い、振る舞いや佇まいなど、全体的な雰囲気から醸し出されているものです。

ですので、品を身に付けようと思ったら、自分のありとあらゆる面を磨き、鍛錬を積まなければなりません。

日常の全ての習慣がその人の品を生み出すので、どんな時でも品を意識した行動をしていなければならないのです。

雰囲気に表われてしまう品とは、いわば“育ちの良さ”でもありますよね。

小さいころからの育ちの環境や、染みついた習慣によって、品は生み出されているのです。

それは生まれながらにして恵まれた環境である、貴族を思わせますよね。

ですがもちろん、貴族は貴族であって、ジェントルマンな振る舞いが出来るのは当たり前でもあります。

たとえ貴族ではなくとも、ジェントルマンであり、品のある人とはいるものです。

そう考えると品の良さとは、その人の心の豊かさに比例しているのかもしれません。

お金持ちなら品があるということでもなく、お金持ちでも下品な人はいます。

一方で、育った環境は貧しくても、品が身に付いている人はいるものです。

ですので、お金に恵まれた育ちの良さはなくとも、貴族にも劣らない立ち居振る舞いが出来る人はいるし、心が豊かであれば、誰でもそうなれるということです。

ゆっくりとした話し方

「ゆっくりとした話し方」が出来るのも、ジェントルマン。

そういった話し方からも、品を感じさせますよね。

早口でまくし立てて話すような人は、ある意味下品なのです。

自分に余裕が無く、相手の言葉を待つ心の広さも無い。

なんだかいつも焦っているようで、そんな様子にこちらも焦らされる…そんな人と会話をして、楽しいでしょうか?女性は、もっと落ち着いて会話をしたいのです。

それに、落ち着いた態度で、じっくり話を聞いてくれる男性にこそ、心を委ねるものです。

そもそも、早口で話すようだと「余裕がありません」と宣言しているようなもの。

余裕がなく、小っちゃい男性に、女性が惹かれることはありません。

ジェントルマンな男性なら、ゆっくりとした話し方で、女性を包み込んでくれます、もちろん、女性のみならず人との会話では、ゆっくりと落ち着いた態度で向き合うでしょう。

そしてきちんと相手の話に耳を傾け丁寧に、的確な言葉を選びながら会話をするのです。

早口で話す人、あれこれと言葉を並べる人は、話が下手な人でもありますよね。

多くの言葉を発しなければ、言いたいことを伝えられない、教養の少ない人とも言えるでしょう。

ジェントルマンな人は、教養も身につけているような人ですから、多くの言葉を発せずとも、言いたいことをスマートに言葉にすることが出来るのです。

言葉が少ないだけ余裕が生まれるし、相手に耳を傾けることも出来る。

まくし立てて焦って話す必要はないのです。

終始大人の余裕を見せる。

それが、ジェントルマンなのです。

所作がキレイ

ジェントルマンな男性は、「所作がキレイ」であることも特徴なんですよね。

女性なら誰もが、その所作の美しさに見惚れてしまうのです。

所作とは、立ち居振る舞いや身のこなしのことです。

動きがスマートで美しく、洗練された印象を与えるのが、ジェントルマン。

いつもピシッとした姿勢で、座り方や歩き方、ちょっとした動作まで全てが、抜け目なくお見事なのです。

そういった所作の美しさこそが、品格を表わしているとも言えますよね。

特に食事の際は、所作が気になるところですが、ジェントルマンな男性なら、食べ方、箸の使い方など、指先までの身のこなしに品があり、一緒に居る女性も鼻が高くなってしまうのです。

食事の仕方も、日頃の習慣が表われてしまいます。

ですので、その日ばかり取り繕うことは出来ません。

ジェントルマンを目指すなら、日頃の習慣こそが大事なのです。

教養が高い

そして、「教養が高い」のもジェントルマンな男性の特徴なのです。

教養とは、単に頭が良いということではありません。

学問や知識を身につけることによって養われる、心の豊かさこそが、教養のある人なのです。

幅広い知識から得られる心の豊かさが、品格を表わし、所作を美しくし、懐を深くし、精神性を養い芯の強い男性を作り、人に対するリスペクトを生み出す…。

教養があってこそ、ジェントルマンはジェントルマンでいられると言ってもいいのかもしれません。

教養も、一日で身に付くようなものではありませんよね。

日頃からの努力によって、積まれていくものです。

色々な分野に興味を持ち、知識を深くしていくことによって、自分に自信も生まれるのだと思います。

ジェントルマンは、一日にして成らず。

日々自分を磨いてきた人こそ、にじみ出る品格を身につけることが出来るのです。

規則正しい生活

「規則正しい生活」を心掛けているのも、ジェントルマンなのです。

ジェントルマンな男性ともなると、生活リズムさえもスマートになるのですね。

規則正しい生活を心掛けていると、毎日に一定のリズムが生まれます。

それを長年続けていることで、それが心地よいルーティンともなっているようですね。

そういった規則正しい生活は、体調管理にも役立ちます。

不規則な生活では体調を崩しがちだし、肌荒れをしたりと、多方面に生活の乱れが表われてしまいます。

また、いつも不規則でいると、時間にもルーズになり、遅刻をしたり、慌てたりと、生活にいつも余裕がなくなってしまいます。

そんな慌ただしい生活は、ジェントルマンには似合いませんよね。

いつでも余裕があり、落ち着いた行動が出来るのがジェントルマン。

その落ち着きは、規則正しい生活のリズムからも、作り出されているということです。

定番を着こなす

ジェントルマンな男性は、「定番を着こなす」のも特徴なのだそう。

流行を先取りするのではなく、古き良きものを慈しむのが、ジェントルマン。

つまり、良い一品を見抜く、目利きも出来るということですよね。

紳士の本場である英国は、伝統や歴史を大切にする国。

そんな本場のジェントルマンには、伝統や歴史を長く愛し、大切にする心が備わっているのです。

ですので、物に対してもひとつのものを、手入れをしながら長く愛用することこそが、紳士的な振る舞いなのだそう。

定番を着こなすのも、伝統や歴史にこそ価値があることを知っているからでしょうね。

流行の安物買い…していませんか?

ジェントルマンなら、ちょっと値が張っても良いものを手に入れる。

それを、長く愛用していくことこそが、紳士的で美しい精神性なのです。

それに、ちょっと頑張って手に入れたものほど、愛着が沸き、大切にしようとするものですよね。

物に対するそういった思いが、心の豊かさも育んでくれるのではないでしょうか。

また、良いものを手にしていかなければ、目利きの力も養えません。

いつまでも、ジェントルマンにはなれないのです。

大人になったら、長く愛用するものを一つずつ手にしていく…そんな心豊かなな買い物をしたいものですよね。