皆さんは「赤ちゃん言葉」についてどんなイメージを持っていますか?赤ちゃんが話す言葉、もしくは、赤ちゃんに向かってお母さんたちが使う言葉ですよね。

「ママ」もそうですし、車を「ブーブー」、ネコを「にゃんにゃん」のように言い換えて使います。

語尾を「~~でちゅね」のように変化させて使う場合もありますね。

これを、赤ちゃんとその周りの大人が使うのであれば何の問題もないのですが、大人がこの「赤ちゃん言葉」を使うときがあります。

え~?と思う人もいるかもしれませんが、少し甘えたくなったときについ赤ちゃん言葉になってしまう大人は意外といます。

中でも、彼氏が彼女に甘えるときに、赤ちゃん言葉を使う人がいるのは事実です。

「いい大人が赤ちゃん言葉??」と思う人もいれば、「まぁ公の場でないのならいいんじゃない?」と思う人もいるでしょうが、もし自分の彼氏が赤ちゃん言葉を使うとしたらどう感じるでしょうか?人によってこればかりは意見が真っ二つになると思います。

今回は、「自分の彼氏が赤ちゃん言葉を使うのはあり?なし?」について書いていきたいと思います。

実際に彼氏が赤ちゃん言葉を使うという人も、この先そういった人とお付き合いするかもしれない人も、必見です。

️あなたの彼氏、赤ちゃん言葉使う?

先ほども書きましたが、彼女に甘えたいときに、赤ちゃん言葉になる男性がいます。

お母さんに甘えるような感覚で、彼女に甘えたいのだと思いますが、これを「かわいいな~」と思う彼女もいれば、「うわ・・・きもい・・・」と思ってしまう彼女もいるでしょう。

疲れている彼氏が赤ちゃん言葉で甘えてきたときに、思うように甘えさせてあげたいなと思う彼女もいるでしょうが、正直やめてほしいと思う彼女もいるでしょうね。

これは彼氏の年齢やキャラにも関係してくるでしょうが、年下のかわいい系の彼氏が赤ちゃん言葉を使うのと、普段はリードしてくれて頼りになるダンディな彼氏が使うのとではやはり印象も変わるでしょう。

彼氏が赤ちゃん言葉を使っても平気だよ、という人と、やめてほしい、受け入れられない、と思うのは人それぞれなのでなんとも言えませんが、実際に彼氏が赤ちゃん言葉を使うのを良しとしている彼女さんは、内心はどう思っているのか、正直気になりますね。

あなたの彼氏は、赤ちゃん言葉を使いますか?あなたの周りに、彼氏が赤ちゃん言葉を使うんだよ、という女性はいますか??この先、彼氏が赤ちゃん言葉を使ってきたら、あなたはどうしますか?

️赤ちゃん言葉ってどんな?


そもそも「赤ちゃん言葉」って具体的にはどんなものがあるのでしょうか。

語尾が「~~でちゅ」のように赤ちゃんっぽくなるものも赤ちゃん言葉と言いますが、単語そのものを言い換えてしまう赤ちゃん言葉もあります。

子供に小さい時から「お母さん」と呼ばせる人もいるでしょうが、多くの人が「ママ」を使うのは、「ママ」は赤ちゃんが発しやすい言葉、つまり「赤ちゃん言葉」だからという説もあります。

はっきりとした言葉で意思疎通ができない赤ちゃんでも発しやすい言葉、それが「赤ちゃん言葉」になります。

それでも大きくなれば「わんわん」を「いぬ」というようになるのが普通で、いつまでも赤ちゃん言葉のままの子供はいません。

それなのに、大人が赤ちゃん言葉を使うのはどうなのか・・・。

とも思いますが、ひとまず具体的に、どんな赤ちゃん言葉があるのか見ていきましょう。

ぜひ参考にしてください(?)。

おんも

「おんも」は「外(そと)」の意味です。

「お外で遊ぼうね」を、「おんもで遊ぼう」のように使います。

「外」を表す「表(おもて)」が由来だと言われています。

「お外」が言いにくい、または「おんも」のほうが言いやすいことで、「外」のことを「おんも」と言います。

少し言葉が出るようになった赤ちゃんが、外に行きたいときに「おんも、おんも」とせがむこともあるでしょう。

この「おんも」を、もし赤ちゃん言葉を使う彼氏が使うとしたら、「今日は、おんも行きたくない」のような感じでしょうか。

お母さんが赤ちゃんに「おんも行こうね」と使うにはほほえましいのに、大人が使うとなんか複雑な気持ちですが・・・。

ねんね


「ねんね」は「寝る」の意味ですね。

「そろそろねんねするよ~」と赤ちゃんに向かって使います。

赤ちゃん自身も眠たくなったときに「ねんね(寝たい)」と使います。

寝る、眠るの意味ですが、大人が使うことはあるのでしょうか。

多分、甘えたい彼氏が「早くねんねしようよ~」のように使うのでしょう。

「早く寝よう」というより、だいぶ甘えた印象になりますね。

そこで「はいはい」と答える彼女もいれば、「寝るって言えよ・・・」と思う彼女もいることでしょう。

ねんねは赤ちゃん言葉の中でも特に柔らかいイメージですし、使いやすいと思うのは筆者だけでしょうか。

筆者の子供は3歳ですが、未だに筆者も「ねんねするよ!!」と使ってしまいます。

それでも大人の男性が使うのは見たことがないので、不思議な気分です・・・。

たっち

これは「立つ」という意味ですね。

赤ちゃんが立った時に、「たっち上手ね~!!」と褒める親御さんは多いと思います。

また、ぐずって座り込んでしまったときなども「ほら!たっちして!!」と言ったりします。

同じような使い方で、「起きる」を「おっき」などとも言いますね。

親が意思を伝えるのにわかりやすいだけではなく、赤ちゃんが発しやすい発音なのだと思います。

しかしこれを彼女に使うとしたらどういった場面なのか・・・。

彼氏から急に「たっちした」と言われたら、驚いてしまう彼女のほうが多いのではないでしょうか。

もしくはいやらしい意味で使うとか??と考える筆者は汚れています(笑)(わからない場合はスルーしてください。)

かいかい

「かいかい」には、細かく分けると2つの意味があります。

まずは「かゆい」の意味ですね。

背中がかゆい赤ちゃんが「せなか、かいかい」とお母さんに伝えたりします。

虫に刺されたときなど、かゆいと伝えたくても「かゆい」と言えない赤ちゃんが「かいかい」というのですね。

「どこがかゆいの??」と、赤ちゃんがどこかかゆいところがあるのだとわかりますね。

そしてもう一つは「(かゆいから)かいて」という意味でも使います。

腕がかゆい時は「ここ、かいかいして」とお母さんに腕を差し出します。

そうすればお母さんは「かゆいからかいてほしいんだな」とわかるので、かゆいところをかいてあげることができます。

「かいかいして」と同じで「かきかきして」とも言いますね。

かゆいよ、という意思表示の時と、かゆいのでかいて、という意味でも使うので覚えておくといいですね。

かわいい彼氏が「ねぇ~。背中かいかいなんだけど~」などと甘えてきたら、彼女も「も~。

かいてあげるよ、どこ??」と、つい言ってしまいそうですね。

にゃんにゃん

これはよく使われる赤ちゃん言葉です。

「にゃんにゃん」は「ねこ」のことですね。

赤ちゃんにとって、「ねこ、いるよ」というより、「にゃんにゃん、いるよ」と言ったほうが、猫のイメージがわきやすいようです。

猫の鳴き声からきているのでしょうが、「ねこ」では硬い印象なのに対して「にゃんにゃん」はかわいい印象ですよね。

赤ちゃんが猫を見つけて「にゃんにゃん!!」と言っている姿は非常にほほえましいです。

そう考えると、赤ちゃん言葉ってすごいですね。

子供でも理解できる言葉、それが赤ちゃん言葉なのです。

わんわん

「わんわん」も広く知られている言葉です。

「いぬ」のことですね。

猫と同じく犬の鳴き声がもとになっていますね。

赤ちゃんが「いぬ」という言葉を理解する前でも、わんわんと鳴く動物を指し「わんわんだよ」といえば覚えられますもんね。

ちなみにNHKの子供向け番組にも「わんわん」というキャラクターが出てきます。

「わんわん」もやはり、赤ちゃんが発しやすい言葉なのかもしれません。

ぴーぽー

「ぴーぽー」は「救急車」です。

わんわん、にゃんにゃんと似ていて、そのまま「ピーポーピーポーと走るから」のようです。

赤ちゃんが「きゅうきゅうしゃ」って絶対言いにくいですもんね。

でも、救急車とすれ違う時などに「ぴーぽー来たね」で子供にも意味が通じます。

パトカーにも「ぴーぽー」と使う人もいるようですが、一般的には救急車のようです。

赤ちゃん言葉にも方言があるようなので、地域によって同じ赤ちゃん言葉でも意味が違うこともあるようです。

まんま

「まんま」は「ごはん」です。

「ご飯食べようか」を「まんましよう(食べよう)」のように使います。

赤ちゃんも、おなかがすいたときに「まんま!」といってご飯をねだったりします。

お米のことを指す場合もあるようですが、食事全体を指すことが多いようです。

しかし彼氏に「早くまんま作って~」と言われて笑顔で対応できる女性はどれくらいいるのでしょうか・・・。

…でちゅ

言葉自体が変化しているわけではなく、語尾を「でちゅ」というのも赤ちゃん言葉です。

赤ちゃんは意図して「でちゅ」と言っているわけではないのですが、「です」がうまく言えなくて「でちゅ」となってしまうのですね。

なので、わざと「でちゅ」と使う大人は、あざといか甘えたいかでしょう。

かわいい女性が「でちゅ」を使うと「可愛いな~!」なのに、ブスが使うと「きもっ」なのは納得がいかないのですが・・・(ブスの僻みです)。

それでも男性が「おいしいでちゅ」と言ったときに、笑顔で対応できる気がしません。

「でちた」も同じですね。

似た語尾では「まちた」「でしゅ」などがあります。

名詞や動作以外でも多くの赤ちゃん言葉があります。

️彼氏が赤ちゃん言葉使うのあり?なし?

初めにも書いたように、彼氏が赤ちゃん言葉を使うのを良しとする彼女もいれば、本音はやめてほしいと思う彼女もいるでしょう。

我慢している女性もいれば、「その言葉遣いやめてくれないと別れるよ!」と我慢できない女性もいると思います。

「あり」だと思う女性の意見、「なし」と思う女性の意見、両方を見ていきましょう。

あり派の意見

まずは、彼氏が赤ちゃん言葉を使ってもいい、と思う「あり」派の意見です。

寛容なのか、はたまた自分も赤ちゃん言葉が嫌いじゃないのか・・・。

どんな意見があるのでしょうか。

キャラに合ってればOK

今、中性的な男性が一部の層に人気がありますね。

男性なのに女性顔負けのメイクをしていたり、服装もかわいらしい色のものを好んできていたり、話し方も女性っぽい男性が、かわいい!ともてはやされています。

それが「素」なのか「キャラ」なのかはさておき、こういったキャラの男性が使う分には違和感がない、と思う女性は多いようです。

また、中性的ではないとしても、何となく「末っ子キャラ」だったり、「甘えたがりキャラ」だったりする男性は、赤ちゃん言葉を使っても、そんなに嫌な感じがしないようですね。

つまり、「ねんねしたいな~」と使っても違和感のないキャラの男性なら、女性から見ても許せてしまうというところでしょう。

男らしい、頼りになる、そんな雰囲気の男性がもし「ねんねしたい~」なんて使ってしまうと、一発で女性からはNGを出される可能性が高いです。

男性が赤ちゃん言葉を使っていいかどうかは、その男性のキャラにかかっているようです。

自分が「男らしい男性」と周りに思われていると感じる男性は、赤ちゃん言葉を使う前に冷静になったほうがよさそうです。

甘えてくれて嬉しい

たとえばですが、彼女が年上の場合、年下彼氏が「疲れたでちゅ」などと使うと、「かわいい!!」と思います。

「まんま食べたいなぁ~」などと言っても、「甘えてくれてるんだな♪」と感じます。

また、年齢関係なく、「一緒にねんねしよ?」のように言われると、「彼氏が自分に甘えようとしてる~」と、嬉しく感じる女性がいるのも事実です。

彼氏が年上で、普段とても頼りになる男性の場合は、2人きりの時にだけ出る赤ちゃん言葉に、「ギャップ萌え」ということにもなるようです。

自分が彼氏に甘えるように、彼氏も自分に甘えてくれてる、と嬉しく思う女性は、彼氏が赤ちゃん言葉を使っても問題ない、むしろ嬉しい、と感じるようです。

汚い言葉遣いよりマシ

汚い言葉、乱暴な言葉を「男らしい」と勘違いする男性は少なくないですが、女性は思っている以上に、汚い言葉に敏感です。

「うっせえな、疲れてんだよ!」と自分に向かって話す男性より、「疲れまちた」と話される方がマシ、と感じる女性は多いようです。

これは「赤ちゃん言葉を良しとする」というより、乱暴な言葉よりはマシ、というだけなので、どんどん使ってもらっても構わない、というわけではなさそうですが、それでも「立てよ」と威圧的に言われるより「たっちして」と言われた方が確かにマシだと思ってしまいます。

普段汚い言葉を使っている男性は、女性には不人気だと思った方がいいでしょう。

だからといって赤ちゃん言葉が受け入れられるかどうかは別ですが、まだマシだわ、と思われるというのは覚えておいた方がいいかもしれません。

かわいいと思う

もともと「甘えられたい願望」がある女性は、赤ちゃん言葉を使う男性を「かわいい」と感じるそうです。

「ねぇ~、お願い♡」と言われても嫌な気がしないのと同じで、「いやでちゅ」「ねんねしましゅ」のように使われても「この人、かわいいな~」と思うようですね。

彼氏がかなり年上だとこのシチュエーションはなかなかなさそうですが、彼氏が年下の甘えたがりサンだったら、普段からこういった言葉を使っても彼女はありだと思うということですね。

見た目がいかつくてもいいのか?と思いましたが、あくまで中身。

かわいいと感じる女性は、見た目がいかつい男性でも、赤ちゃん言葉で構わないようですよ。

彼女が姉御肌、または、彼女が「甘えてほしい」と思うタイプだという男性は、思い切って赤ちゃん言葉を使っても、すんなり受け入れてくれるかもしれませんよ。

そんなことで嫌いにならない

そもそも、赤ちゃん言葉も「くせ」だと思えばいいのでは?という意見もありますね。

その彼氏のどこを好きになったかによりますが、「自分が好きになった彼氏なんだから、別に赤ちゃん言葉を使われても構いません」と感じる女性は多いです。

「赤ちゃん言葉を使ったくらいで嫌いになるわけないじゃん」ということのようです。

彼氏の人柄に惚れた、彼氏のやさしさに惹かれた、そんな彼女は、たとえ彼氏が赤ちゃん言葉を使っても、そもそも気にならない、気にしない、ということのようですよ。

もし、彼氏が赤ちゃん言葉を使ったことで嫌いになってしまうというのは、よほど赤ちゃん言葉が嫌いか、もしくは、彼氏に何らかの不満があるのかもしれません。

また、自分が甘えたがりの彼女だったら、彼氏が赤ちゃん言葉を使うのは許せないかもしれませんね。

「好きだから平気」と答える女性は、実はかなり心が広い女性なのかもしれませんね。

それか、赤ちゃん言葉なんて些細なことであって、それだけ彼氏を愛している、ということでしょう。

なし派の意見

「赤ちゃん言葉、ありだよ」という女性もいれば、当然ですが「赤ちゃん言葉なんて絶対無理」と思う女性がいてもおかしくありませんよね。

「赤ちゃん言葉、彼氏が使うのはなしです!」という女性の意見は、どんなものなのでしょうか。

ありえない、ドン引き

まず、当たり前と言えば当たり前ですが、「赤ちゃん言葉は赤ちゃんやその周りの人が使う言葉であって、大の男が使う言葉じゃない!!」と思う意見です。

甘えたいならそう伝えればいいだけで、わざわざ言葉を赤ちゃんにする必要はないですもんね。

それが自分の彼氏だったら・・・ありえない!と思う女性は多いようです。

想像するだけで嫌だという人もいれば、実際そんな言葉を使われたらドン引きする!という意見もありました。

まぁ普通に考えて、やっぱり大人の男性が「でちゅ」とか言い始めたらドン引きしてもおかしくない気はします。

甘えてくれてるようで嬉しい♪と感じる女性はそんなに多くないかもしれないので、可愛さを演出しようと赤ちゃん言葉を使うのは、非常に危険だと思った方がよさそうです。

まともな大人の男性と恋愛をしていると思っている彼女の前で赤ちゃん言葉を使うのは、ありえない!と思われる可能性があることを覚えておきましょう。

大人としてナシ

先ほども書きましたが、赤ちゃん言葉はその言葉通り「赤ちゃんが使う言葉」もしくは「赤ちゃんにわかりやすく話しかけるための言葉」であって、甘えたいからという理由で大人が使うものではありません。

大人なら大人の言葉で甘えればいいですし、ギャップを出したいとしても赤ちゃん言葉である必要はありません。

いい年の大人が赤ちゃん言葉なんて・・・と感じる人は多いので、自分の年齢を考えて赤ちゃん言葉を使うかどうか考えたほうがよさそうですね。

彼女に可愛いところを見せたくても、赤ちゃん言葉を使って「ナシだわ・・・」と思われてしまっては意味がないです。

かわいいしぐさをして見せるとか、甘えたいなら「ちょっと甘えてもいい?」と普通の言葉で伝えても彼女はくみ取ってくれると思うので、ナシだわ、と思われる危険を冒してまで赤ちゃん言葉を使うのはやめた方がよさそうです。

言われたら冷める

「好きな人だったら、赤ちゃん言葉だって気にしない」という女性がいる半面、「どんなに好きな彼氏でも、赤ちゃん言葉を使った時点で冷めます」という女性もいます。

普段が男らしい彼氏なら、余計に彼女はショックに思うかもしれませんよね。

この人はそんなタイプじゃないと思ってた・・・と、彼女が一気に冷めてしまうことはおかしくありません。

友人がいる前では努めて男らしい彼氏なのに、2人になったとたんに赤ちゃん言葉を話し始めたら・・・。

それは「冷める」と言われても仕方ないかもしれません。

大好きな彼氏でも一気に気持ちが離れてしまう可能性があるので、男性が赤ちゃん言葉を話すのは、彼女の理解がどの程度かわかってからにしないと、「冷めた。別れよ」となってしまうこともなくはないということ。

男性は「なんで?なんでお別れなんでちゅか??」とならないように気を付けてくださいね。

生理的に無理

「冷める」と似ているようで少し違うのですが、「大人の男が赤ちゃん言葉とか無理だから!!」と思う女性も多数います。

いわゆる「生理的に無理」というやつですね。

大好きな彼氏だし・・・たまには甘えたいのかもしれないし・・・イメチェンしたいのかもしれないし・・・と、頑張って理解しようとしても、やはり生理的に「大人の男性が赤ちゃん言葉っていうのが無理」と思う女性がいてもおかしくありません。

赤ちゃんや、その親が「可愛いにゃんにゃんいるね♡」と話しているのはほほえましくても、自分の彼氏がいきなり「あのにゃんにゃん可愛い♡」なんて言ったら、びっくりしてしまいます。

そんな男性に対して「無理だ」と感じても仕方ないのかもしれません。

これはどんなに理解しようとしても生理的なものなので、「なんでわかってくれないんでちゅか??」と思っても彼女の理解を得るのは無理だと思うようにしましょう。

「ごめん。わかってあげたいけど、赤ちゃん言葉だけは無理」と言われたら、赤ちゃん言葉を使うのはやめた方がいいですね。

どうしても赤ちゃん言葉で彼女に甘えたい男性は、それを理解してくれる女性を彼女にするしかありません。

若いならいいけど…

百歩譲って、彼氏がまだ若いとか、年下の学生彼氏なら、「この年齢ならいっか」と許せるとしましょう。

しかし、立派に社会に出た「大人の男性」として彼氏を見ている女性からすれば、「なんでいい年して赤ちゃん言葉なのよ・・・」と思ってもおかしくありません。

まして「私の彼氏、年上で渋くて頼りがいのある彼氏なの!」と彼氏を好きな女性から見たら、その彼氏が急に赤ちゃん言葉を話すのはホラーです。

「私の彼氏、こどもっぽいところがあるもんね~」と許せてしまうのは、実際に若いから。

彼女にだけ見せる特別な顔だとしても、いい年した大人の男性が赤ちゃん言葉を使うのは遠慮します、という女性は少なくないので、それを考えて赤ちゃん言葉を使うかどうか見極めることが大事でしょう。

「俺、気持ちは若いし!!」という独りよがりもNGですので覚えておきましょう。

️結論、そのカップルによりけり!

「赤ちゃん言葉はありだよ」という意見と、「いや、絶対なしだから!」という両方の意見を見てきましたが、結局は「カップルがどう考えるか」ということになります。

うちらは赤ちゃん言葉okだよ~、というカップルもいれば、どれだけ甘えたくても赤ちゃん言葉だけはやめて、というカップルもいるでしょう。

しかし、まだ「うちの彼女はどう思うんだろう」という、「赤ちゃん言葉を使ったときの彼女のリアクションを見たことがない」というカップルもいるでしょう。

そんなカップルで、もし「赤ちゃん言葉、使ってみたいなぁ」と密かに考えている彼氏がいるなら、以下のことに注意してください。

赤ちゃん言葉を使ったときの様子を見て判断!

「赤ちゃん言葉、使ってみたいけど、俺の彼女どう思うんだろう・・・」と思っている彼氏は、イチかバチかで一度使ってみるといいですね。

「ねぇ、今日は早くねんねしようか」や、「さっき可愛いわんわんがいてね~」のように、自然に会話に溶け込ませて様子を見てみましょう。

敏感な彼女なら「なに?その言葉遣い」となるでしょうし、「ねんねとかキモイんだけど」とバッサリ切り捨てる彼女もいるでしょう。

しかし、「そうだね~早く寝よっか」や、「どんなわんちゃんだったの~?」のように話を続けてくれる彼女もいるかもしれません。

もし「キモイんだけど」という反応であれば、彼女は赤ちゃん言葉に対しいていい印象は持てないタイプだと思うので、続けて赤ちゃん言葉を使うのはやめた方が賢明です。

何もなかったように普段通りに話すようにして、彼女の意識をそらすようにしてください。

しかし、彼女が話を続けてくれた場合は、赤ちゃん言葉に理解があるのかもしれません。

この場合、さらに赤ちゃん言葉を使って様子を見ます。

難易度の高い(?)「おいしいでちゅね」のような、「まさに赤ちゃん」な言葉を使って彼女の反応を見ましょう。

そこで初めて「えっ?何、今の」と気づく彼女がいるかもしれませんが、この場合はさっきのライトな赤ちゃん言葉に気づかなかっただけで、その彼女も赤ちゃん言葉NGの可能性が高いです。

なので、「ちょっとふざけてみただけだよ」と、早めに忘れさせましょう。

もしこういった難易度の高い赤ちゃん言葉を聞いて彼女が怒り出したら、素直に謝ったほうがいいです。

しかし、こういった赤ちゃん言葉にも「どうしたの~」とか、「やだ~変なの~(笑)」と言ってくれたら、彼女は彼氏が赤ちゃん言葉を使うことに抵抗がないタイプかもしれません。

思い切って「甘えたいんでちゅよ~」みたいにふざけてみてもいいかもしれません。

彼女が笑いながら乗ってくれたり、赤ちゃんを見守るお母さんのように接してくれたら、赤ちゃん言葉はokということになります。

こういった反応が見られたら、思う存分赤ちゃん言葉を使ってスキンシップしてもいいでしょう。

反応が悪いならやめるべき

さっきも書いたように「キモイんだけど」のような反応だと、赤ちゃん言葉を使い続けてはいけません。

しかし、ここまではっきりした言葉が返ってこなくても、「ねんねしよう?」という言葉に無言だったり、「ねんねとか言わないで、寝る、って言ってくれない?」のような不愛想な反応も、赤ちゃん言葉をよく思っていない証拠です。

彼女が悪い反応をするときは、赤ちゃん言葉を使うことをよく思っていないということなので、使うことはやめた方がいいですね。

ふざけただけだよ、と言っても、生理的に赤ちゃん言葉を受け付けないタイプだった場合は怒らせていることも考えられるので、そう感じたときは素直に引き下がるようにしてください。

「たまにはいいじゃん」など、彼女の怒りを逆なでするようなことを言うと、最悪別れが待っていますので注意してくださいね。

赤ちゃん言葉で対応してくれるならOK

「ねんね」や「わんわん」に対して悪い反応がなく、その後も彼女が怒らなかった場合は、彼女は赤ちゃん言葉を嫌だと思ってない可能性が高いです。

しかし、我慢しているという可能性もあるので、見極めなけれないけません。

100%「彼女が許してくれている」と思っていい目安は、彼女も赤ちゃん言葉を使ってくれるかどうか、です。

「おいしいでちゅ」と言ったときに、「よかったでちゅ~」のような反応をしてくれるなら、あなたは彼女に赤ちゃん言葉を使っても大丈夫です。

彼女が、彼氏をかわいいと思ってくれているのかもしれませんし、彼氏が自分だけにそういった顔を見せてくれるのを嬉しいと感じているのかもしれません。

彼女が赤ちゃん言葉を返してくれるかどうか。

これを見極めて、赤ちゃん言葉を使うかどうか判断すれば間違いないでしょう。

️赤ちゃん言葉を使う彼氏、あなたはどう思う?

いかがでしたか?赤ちゃん言葉を使う彼氏をどう思うか、について書いてみました。

「赤ちゃん言葉を使う彼氏に萌え!!」という彼女もいれば、「絶対に嫌だ、冷める。別れる!!」という彼女もいます。

実際に彼氏が使わないとしても、使ってくれてもいいのにな~と思う女性もいれば、赤ちゃん言葉なんて使ったら許さんからな、という女性もいることでしょう。

どう思うかは人それぞれなので、もし赤ちゃん言葉を彼女に対して使いたいと考える男性は、彼女の反応を見ながら使うようにしてください。

また、急に彼氏が赤ちゃん言葉を使ってきてびっくりした、という女性も、彼氏が甘えたいのかな?と許せるなら受け入れてほしいですし、キモイ!!と思うなら素直に(早めに)「やめて」と伝えたほうがいいですね。

カップルがいつまでも仲良しでいるために、考え方の違いは早めに理解しておく方が賢明です。

あなたは「赤ちゃん言葉を使う彼氏」についてどうおもいますか??参考になれば幸いです。