今は昔と比べて便利な時代になっているので、一人一台ずつ携帯電話などを所有していると思います。

一般家庭においては固定電話なども設置されている家庭もあるかと思いますので、たくさんの電話番号を家族が所有していることになります。

そして年々携帯電話を所有する年代なども下がってきていると考えることが出来ます。

昔は携帯電話自体持っていない人がたくさんいましたが、普及するにしたがって今では早い人であれば小学生などが携帯電話を持っている場合なども考えられます。

特に女の子は犯罪に巻き込まれる可能性なども高いですし、子どもは分からない事なども多いので携帯電話などを持たせておくと便利という事もあり推奨している家庭などもたくさんありますが、中には子どもに携帯電話を持たせると逆に悪影響があるからとある程度大人になってから持たせようと考えている方もいます。

家庭によって様々な教育方針がありますので、一概にいつから持てるという事は定まっていませんが、高校生になると大体の過程では持たせるように今の風潮はさせている感覚は否めません。

携帯電話は確かに便利ですが、その反面面倒な事なども起きやすくなります。

例えば、迷惑電話などはその一つであり、迷惑電話がかかってきた経験がある方もたくさんいると思います。

迷惑電話は悪質なものであればしかるべき対応をしなければいけない場合などもありますので、油断していてはいけません。

今回はそんな迷惑電話をテーマにして迷惑電話に効果的な対策についてご紹介していきます。

️迷惑電話にお困りのあなたに

これまでの人生で一度くらいは迷惑電話がかかってきた経験がある方はかなり多いと思います。

迷惑電話には様々な場合があり時には軽い気持ちでただイタズラの様にしている方もいれば、本当に悪質な場合は特定の個人に対して嫌がらせの様なことを行ってきたりする場合も考えられます。

軽い気持ちのいたずらくらいであればそこまで真剣に考える必要はないかもしれませんが、悪質な場合は相当悪質なことをしてくる場合も考えられますので、ケースによってはしっかりと対応しなければいけない場合もあります。

ある程度社会経験豊富な方であったり精神的に強い方であれば迷惑電話にしっかりと対応することができるかもしれませんが、社会経験があまりなかったり精神的に弱いだったりする場合は迷惑電話があることによって精神的に傷ついてしまう可能性はあります。

特に先ほどご紹介した様に今は比較的若い方でも自分の携帯電話番号を持つことができる時代などで、年齢によっては迷惑電話に対して上手な対応ができずに困ってしまう展開になる可能性もありますので十分注意しなければいけない事です。

ただの迷惑電話で済ますのではなく、悪質な場合は犯罪行為だと認識してこちらもしかるべき対応を行う必要があります。

もしも今迷惑電話で困っている状況にあるのでしたら、今回ご紹介する内容を踏まえて、迷惑電話にしっかりと対応できるように自分なりに工夫する必要がありますので、色々と対応方法を考えるきっかけにしてみてください。

️迷惑電話のパターン


迷惑電話状況によってはしかるべき対応しなければいけないということをご紹介しましたが、迷惑電話に関しての対応方法を考える前に、まずは知っておかなければいけないのが迷惑電話のパターンを把握しておくことが必要です。

迷惑電話と一言に言っても迷惑電話には様々な種類が存在しています。

先ほどご紹介したのに軽い気持ちで行っているものもあれば悪質な気持ちで行っている場合などもあります。

悪質な場合は当然、軽い気持ちのものよりもひどい言動なども含まれる場合や迷惑電話の頻度などにも影響が及びます。

なので、どんな迷惑電話なのか、そして行っている頻度はどれくらいなのかという事などを踏まえた上で対応方法を考える必要があります。

なので、まずは迷惑電話の対応方法を知る前に、迷惑電話のパターンについてある程度ご紹介させていただきますので、この機会に迷惑電話に悩んでいる方はどれに該当するのか考えてみてください。

もちろん今困っていないという人でも、今後迷惑電話があった時のために参考にするために覚えておくなどしておいてください。

ガチャ切り電話

まずはじめにご紹介する迷惑電話のパターンの1つとしてガチャ切り電話が挙げられます。

このパターンに関してはその名前の通り電話がかかってきて、電話を取った後にこちらがもしもしと相手に伝えたらすぐに相手ががちゃんと電話を切ってくるパターンです。

まずこの手のパターンとしては単純にいたずらで行なっている場合がほとんどです。

こちらがもしもしと言ってすぐにガチャンと切るということはこちらの反応を見て楽しんでいる場合が考えられます。

しかしながら様々な状況が考えられますので一概に軽い好奇心から行なっているだけとは考えにくい場合もあります。

なぜかと言いますと、例えば単純に子供が知らない電話番号にかけてガチャ切り電話を楽しんでいる場合もあれば、悪質なケースの場合は例えば女性にストーカーを行っている様な男性が何かしらの手段で電話番号を入手し本当にその女性なのか確認するために相手の声を聞いてその後すぐに一度ガチャ切りをするなどの様子を見てる場合なども考えられます。

なので一概に軽い気持ちのいたずらの電話というだけでは考えにくい場合もありますので、非常に注意しなければいけないパターンだと認識してください。

1コール電話


次にも評価する迷惑電話のパターンの1つとして1コール電話が挙げられます。

1コール電話は、その名前の通り、電話がかかってきた時には当然自宅の電話がプルルと鳴り、電話がある事を教えてくれますよね。

その時にプルルと1コールだけ呼び出し音がなってすぐに切るといういたずらです。

この手に関しては相手に対して話をするのではなく単純に不安な気持ちなどを与えることを楽しんでいる場合などもあれば、先ほどご紹介したように一方的にストーカーなどを行っており、自分の存在を相手西ってほしいがために何度も行ったり、着信履歴を残す事を目的としている場合などもあります。

なので、継続して行われいる場合は悪質な場合があると判断しなければいけません。

無言電話

次にご紹介する迷惑電話のパターンの1つとして無言電話が挙げられます。

無言電話は例えば電話がかかってきてあなたが電話に出たとしてこちらがもしもしと言ったり相手に対して言葉を投げかけたとしても全く反応が返ってこずずっと電話が繋がってる状態のことを指し示しています。

電話をかけてきたくせに何も喋らないって言うのは非常に気味が悪い行いですよね。

ちょっとしたいたずら程度であればどちらかと言えば相手が男性を離した瞬間などに電話をすぐに切る場合がほとんどです。

しかし、相手の声などを何も言わずにずっと聞いているのは迷惑電話の中でも比較的悪質な確率が高いです。

やり慣れているような手口だと考える事もできますし、ある程度強い思いなどがないと出来ないような悪戯にもなるので、この手の迷惑電話が頻繁にかかってきている場合などは注意が必要です。

場合によっては相当悪質な場合もあったりしますので、気味が悪いかもしれませんが、あまり電話上では激しい言葉を相手に言ったりはせずに、かかってきた場合は様子を見たり、しかるべき対応方法などが必要です。

この時点で悪質な場合が高いので、言葉次第では強行的な行動を取ってくる場合がありますので、注意がしてください。

猥褻電話

次にご紹介する迷惑電話のパターンの1つとし猥褻電話が挙げられます。

猥褻電話はその名前の通り、主には男性から女性に電話をかけて女性に対して猥褻な言葉を発したり質問をしたりしてくるような迷惑電話です。

この手のタイプなどもかなり厄介です。

基本的には身近な女性に対してこのような事をしてばれてしまうのは怖いので、知らない相手に電話をする場合が多いと思いますので、赤の他人である可能性が高く、なおかつ下手に相手をしてしまったり、相手の問いかけなどに対して無視せずにバカにするような言葉を発していたりすると、相手からすれば一応対応はしてくれる人間だと判断されてしまいます。

どのような形であれ、対応するという事自体の選択をしてしまうと相手は調子にのりますので、もしもこの手の電話がかかってくるならば一切無視が一番良いかと思います。

腹が立つかもしれませんが、言い返したり、バカにするような言葉を吐いても相手は対応してくれるだけで満足する場合もありますので、注意が必要です。

脅迫電話

次にご紹介する迷惑電話のパターンの1つとして脅迫電話が挙げられます。

脅迫電話については基本的にはあまりないと思いますが時々脅迫まがいの電話がかかってくるということもありますので、非常に注意が必要です。

どのような脅迫があるのかと考えたときに、例えば知らない人から電話がかかってきて、いきなり暴言を吐かれたり、相手から自分の身辺にまつわる部分に対して迷惑を与えるような脅しを言ってくる場合などもあります。

ただのストレス発散によるいたずらなのか、それとも恨みを持っている人間がこのような形で恨みをはらしているのか、わかりませんが、悪質であると当然判断できますので、この手のタイプも必要以上に電話に出たり、言い返したりすると絶対に調子ののりますので、かならず無視をしてください。

関わるとこの手のタイプは何度も電話をかけてくる場合があります。

時にはしかるべき対応が必ず必要になりますので、注意してください。

いたずら電話

次にご紹介する迷惑電話のパターンはいたずら電話が挙げられます。

例えば、なりすまして電話をしてくるような場合であったり、相手を混乱させておかしな行動を取らせようとする様な内容だったり、単純に全く関係ない話をしてきたりだとか様々なケースが想像できます。

様々なケースがありますので、基本的にはこのような電話まとめた行為の総称としてとらえて頂ければわかりやすいと思います。

基本的に継続して行われる場合などは悪質な場合が高く、継続して電話がある場合はターゲットとして狙って何度も電話をかけている場合なども考えられますので、注意が必要です。

勧誘電話

次にご紹介する迷惑電話のパターンは勧誘電話が挙げられます。

勧誘電話とはある程度社会経験がある方であればわかると思いますが販売業者若しくはコールセンターなどの代行業者が消費者にいきなり電話をかけてきて商品の紹介や勧誘などをここなってきたりするような電話の事を指しています。

具体的にはどういうものがあるのかといいますと、比較的多いのは最近はネットに関する勧誘電話などはかなり多いと思います。

具体的にどういう事かといいますと、光回線の営業電話などが掛かってくる場合があります。

光回線が安くなったから自分の会社の光回線に乗り換えてくれないかと電話がかかって来る場合がほとんどであり、使っているキャリアから電話番号のリストが漏れているのか、様々なケースが考えられますがほとんど携帯電話や固定電話にかかってくるのはこういった内容が多いです。

相手も慣れているので、簡単に電話を切らせてくれない場合などもあり、時には失礼な対応を行ってくる相手もいたりしますので、十分注意が必要です。

勧誘電話だからといって変な優しく対応してあげたりするとそこに付け込まれて断りにくい状況になってしまうような事なども考えられますので、いたずら目的ではないとしても十分注意が必要だという事を理解してください。

間違い電話

次にご紹介する迷惑電話のパターンは間違い電話です。

間違い電話とは例えば電話がかかってきて電話に出た相手が全く関係のない話をしてきたり、別の場所だと間違えて電話をしたりする様な場合が考えられます。

しかし、これに関しては様々な状況が考えられます。

例えば、本当に電話番号を間違えてしまうような場合なども考えられます。

これに関しては電話番号の一桁が間違ってしまったなども十分考えられます。

特におばあちゃんやおじいちゃんなどはあまり携帯電話の操作に慣れていない場合などもありますので、間違えてしまうよう場合がありますがこれは悪気がない場合です。

しかし、悪質な場合は何度も何度も同じ間違いをわざと行ってきたりする場合があります。

このような事をしてくる場合は、しかるべき対応が必要になりますので、注意が必要です。

相手が本当に間違えているのか、それとも悪気があるのかは声を聴いていればわかる場合などもありますので、十分注意してください。

️迷惑電話に効果的な9個の対策

ここまでは様々な迷惑電話の種類について簡単にご紹介をしていきました。

迷惑電話と一言に言ってもたくさんの種類の迷惑電話が存在していることがお分かりいただけたと思います。

それからの迷惑電話のパターンによって様々な状況が考えられますので、まずは迷惑電話がかかってきているのであればご紹介した各項目のどこに当てはまる迷惑電話なのかということを考える必要性があります。

どの迷惑電話に当てはまるかによって対処方法なども変わってきますので、十分にこの辺りを注意した上でこれからは迷惑電話に効果的な対策について細かくご紹介をしていきたいと思います。

迷惑電話の対象方法などもたくさんありますので、自分が行いやすいものから行っていただきたいのですが、相当悪質な場合は早い段階でしかるべき行動に移す必要性があります。

生半可な気持ちで対応していても収まらない場合などもありますので、現在の迷惑電話の状況次第で行動などや選択肢を変える必要がある事も理解してください。

電話番号を変える

まずはじめにご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つとしては電話番号を変えるということです。

ある意味迷惑電話に対策する上で一番効果的な方法であり確実性の高い行動であると考えることができます。

迷惑電話がかかってきている時点で相手はこちらの番号を当然ながらているということですよね。

なので、電話番号を変更する事によって二度と迷惑電話をかけてこないようにすることができますので、相当悪質な場合はこちらの手段を取った方が賢明です。

しかし、気を付けて頂きたいのは迷惑電話をかけてきているのがかなり親密度が高い人がばれないようにかけている場合などは注意が必要です。

相手に気づかれないようにこっそろかけている場合は、電話番号を変更したことが伝わってしまうと再び迷惑電話が掛かってくる場合などがありますので、注意が必要です。

第三者だと思わないように、本当に信頼できるような人にだけ電話番号を変更した旨は伝えるくらいで良いでしょう。

ちなみに電話番号の変更は皆さんが想像しているよりも簡単に行うことができ自分が利用している携帯キャリアの窓口に行き一定の料金を支払いは変更することができ携帯キャリア各社によって料金は変わってくるんですが一般的には2.3000円程度の金額で変更することが出来ますので、迷惑電話がある場合は早めに店舗へ行き変更してもらうようにしましょう。

着信拒否

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つとしては着信拒否設定にするということです。

これも簡単に行うことができてなおかつ電話を遮断することができる非常に行いやすい対策方法になります。

携帯電話に慣れていない方は操作方法などが分かりづらいかもしれませんが、例えば迷惑電話がかかってきて相手の電話番号が通知されている場合は着信拒否に設定することができます。

例えば女性の方である特定の営業の電話などが毎回かかってきて異なるのに時間がかかってめんどくさいと感じていたとします。

個人的ないたずらの電話である場合は相手が非通知にしている場合があるので非通知にしていると相手の番号がわからないので設定ができないのですが、営業の電話などに関しては当然非通知にせずに会社の電話番号であったり会社が保有している様々な電話番号でかけてくる場合があります。

なので電話に出て営業の電話だとわかればすぐに切ってその電話番号を着信拒否設定に登録しておくことによってその電話番号からの電話を一切鳴らないようにすることが出来ます。

この方法はとても便利な方法なので、簡単に行いやすくておすすめですが、欠点はやはり相手の電話番号が通知されている状態でなければできないという事です。

もしも相手が非通知にしている場合は登録する電話番号がわからない状態になりますので、着信拒否できない場合は他の対応方法が必要になります。

留守電を録音する

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つとしては留守電を録音するという事です。

これはどういうことかと言いますと、例えば悪質な電話に関してはわざわざ留守電にメッセージを残してくる様な場合も考えられます。

例えばわざと留守電に暴言を残してきたりする様な人もいますし、ストーカー行為などを行っている場合はあなたの行動を留守電話に入れてきたり、あなたに対する特定の投げかけなどを行ってくる場合などもあります。

なので、対策としては留守電をしっかりと録音して残しておく必要があります。

留守電サービスを利用する設定にしておいて、留守電が残せるようにしておけば相手が残して来たらそれを保存してけさないようにして、立派な証拠として残しておいた方がしかるべき対象方法を行う時に絶対的に有利になります。

安易に気味が悪いと思って消さないで、証拠として利用するようにしましょう。

なので、わざと留守電サービスにしておくような形で相手に証拠を残させるように仕向ける事も悪質な場合は大切な方法だと認識してください。

無視

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つは無視をするということです。

迷惑電話によってはこれで一発で解決するという場合もあります。

この方法に関してはその名前の通り相手が迷惑電話行ってきた場合電話に出て相手の言葉をずっと無視するという単純な方法だけです。

相手が何かしら話しかけてくるような場合には効果的で無視をして相手の会話に全く参加しないという様な方法をとれば相手は次第につまらなくなってくるはずです。

まず迷惑電話をかけてくる相手の気持ちになった時に継続的に電話をかけてきたり若しくは相手が一方的に喋ってきたりする様なタイプの迷惑電話の場合は相手が話をするということはこちらにリアクションを取って欲しいという潜在的な気持ちが読み取ることができます。

迷惑電話に出たりした時に相手が腹が立つ内容入ってきた場合こちらも負けじと言い返してしまいたくなりますが言い換えしたり何かしらの反応とったりすることで、相手が調子に乗ったり、それに味をしめて楽しさを見出してくるようなことが考えられます。

なのでこちらが反応をとれば反応をとるほど相手は楽しんできますので腹が立つ気持ちがぐっと我慢してずっと無視をし続けることによって、相手は「この人は何の反応もしてくれないんだ」と思って諦めて別のターゲットを探す様になる場合があります。

この様に相手がどういうタイプの迷惑電話を行ってくるかということを冷静に判断して、相手が望む様にしないようにしむけることが大切なのです。

若干忍耐がいる方法になるかもしれませんが、迷惑電話の内容次第ではかなり有効な方法になりますので、参考にしてみてください。

ハッキリかけてくるなと言う

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つはハッキリかけてくるなと相手に伝えることです。

男性の場合はそこまでないかもしれませんが女性の場合はどうしてもあまり強気な行動ができなかったりする場合が多いです。

特に迷惑電話に関しても相手が強い口調でまくしたてる腹が立つ様なことを言ってきたりした場合はこちらが萎縮してしまったりすることも考えられますのであまり弱気な言い返しをしてしまうと相手が調子に乗ってしまいますので、弱気な言い返ししかできないのであればそもそも対応しない方が良いです。

しかし、強気で相手に対して言い返せるのであれば、一度くらいははっきりかけてくるなと相手に強い言葉でけん制するのもおすすめです。

そもそも電話でしか嫌がらせが出来ないような人間はあまり気が強くない場合が多かったりしますし、電話上でしか強く物事を言えない人が多いので、人によってはそれでひるんでかけてこなくなる場合もあります。

なので、時には相手の出方次第では強く言い返すのもおすすめですが、本当の意味でおかしい人間などに対しては、もしかしたら相手があなたの家を知っている可能性もないとは言えません。

なので、下手な事を言ってエスカレートさせると犯罪に巻き込まれてしまう場合もありますので、相手を見て対応する必要があります。

相手が話終わるまでに切る

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つは相手が話し終わるまでに切るということです。

例えば迷惑電話の種類として相手が電話をしてきて一方的に話をしてくる場合などに関してはついつい電話の性質上相手が話内容を律儀に聞いてまってしまいがちですが、このような事をしていては相手が望むように行動しているにすぎません。

喋って来るという事は相手は喋りたいという事なので、そのような人に対してはそもそも話させないようにする事が大切です。

変に話を聞いて理路整然と文句を言ったり、ただこちらが罵倒するようにしたとしても、そのような人物はそれでも会話ができているという錯覚して喜ぶ場合があります。

なので、相手は話したがりなタイプの迷惑電話は相手が話し終えるまで待たずに相手が喋っている途中でも電話を切ってください。

何回かかけてくるかもしれませんが、話に取り合ってくれないと判断すると別のターゲットを探すために行動する場合がありますので、結果的には問題解決になる可能性があります。

番号の入手経路を聞く

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つは番号の入手経路を聞くということです。

迷惑電話をかけてきた場合に相手に対してなぜ自分の番号を知っているのか単純に聞いてみるのも良いです。

相手によってはそこで詰まったり、悪い事をしている意識に駆られていたずらなどをしてこなくなる場合もあります。

感情的にならずに論理的に攻めると相手は下手な事もいえなくなりますので、下手に感情的にならないという事もポイントです。

怒って周りがみえなくなっているよりも、本当に悪い事をしている分冷静に指摘されると何も言えないので、腹が立つ時こそ冷静になって物事を考えるようにしてください。

通報すると伝える

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つは電話がかかってきた場合相手に対して通報すると伝えることです。

あまりにも相手が悪質な場合などに関しては相手に対して通報すると伝えると相手がひるむ可能性があります。

おそらくそこでひるむ様な人間は二度とかけてこなくなると思いますが、悪質な電話をかけてくる場合はひるまずに調子に乗った事を言ってきたりする場合があります。

なので、突発的に言うのも良いですが、一番良いのは相手の迷惑電話の証拠を押さえてから言うのがベストです。

証拠が残っているのであれば、相手に対して証拠がある旨を説明し、犯罪の嫌疑があれば裁判所に請求して令状を出してもらえれば携帯電話会社で番号を調べてくれるようになります。

なので、あながち不可能な事を言っているわけでもないので、悪い事をしている意識がある方であればそこでヤバイと思って行動してこなくなるはずです。

本当に悪質な場合はこの方法を取れば強いけん制に繋がる場合がありますので検討してみてください。

ウソをついて断る

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つは嘘をついて相手の要求を断るということです。

迷惑電話の中には先ほどご紹介したように、営業目的の電話も含まれています。

何かの契約を結んで欲しいから話を聞いてくれといったような電話が多いと思いますが、相手があまりにもしつこいようであれば嘘をついてても断らないと相手の都合のいいように話を進められてしまいますので、必ず相手に都合のいいように話をさせないために作り話でも良いので嘘をついてください。

いくつか良い断り文句がありますが、まずは相手はネット関係の勧誘だった場合は、身内でネット関係の会社に勤めている人間がいるから任せている、そしてその身内は離れて暮らしているから判断できないなど適当な言い訳をすれば決裁者が一緒に住んでないという致命的なパターンだと相手に植え込むことが出来ます。

例えば息子でも娘でもよいですが、嘘をついてでもそのように言えば、同居していないので交渉の余地がない分相手も諦めます。

もしも夫が判断してるからとなると、夫がいる時間にかけるとしつこく食い下がってくる場合がありますので、それよりは嘘をついてでも不可能な状況を説明した方が良いですので、自分なりにあらかじめ考えておくと便利な逃げ文句ができますよ。

️迷惑電話には落ち着いて対処を

今回は迷惑電話に関してのパターンや対応方法についてご紹介をしていきました。

たくさんの迷惑電話がある中でそれぞれの迷惑電話によって対応方法は当然変わります。

なのでそれぞれのパターンに応じた適切な対処方法を事前にしておくことで適切な対応ができますのでこの機会に迷惑電話を経験したことがある方や今後の対応方法として覚えておきたい方は身に着けてください。

そして、一つだけ一番注意しておかなくてはいけないのはストーカータイプの場合です。

女性の方は特にそうですが、大体ストーカー行為などを行ったりするようなタイプは卑劣で本当に何をしでかすかわからないような場合が多いです。

今ではストーカー被害にあっても、証拠がなく泣き寝入りしたり、訴えても警察が動いてくれなくて、最終的に刺されて亡くなってしまったという事件はたくさんあります。

一番大事なのはあなた自身の命ですから、まずは命を大切にして、その上で適切な行動を取るようにしてください。

被害にあっていないし、時々くらいしか電話も来ないからいいやという軽い意識で物事を判断しないように注意してくださいね。