CoCoSiA(ココシア)

迷惑電話に効果的な対策9選


今は昔と比べて便利な時代になっているので、一人一台ずつ携帯電話などを所有していると思います。

一般家庭においては固定電話なども設置されている家庭もあるかと思いますので、たくさんの電話番号を家族が所有していることになります。

そして年々携帯電話を所有する年代なども下がってきていると考えることが出来ます。

昔は携帯電話自体持っていない人がたくさんいましたが、普及するにしたがって今では早い人であれば小学生などが携帯電話を持っている場合なども考えられます。

特に女の子は犯罪に巻き込まれる可能性なども高いですし、子どもは分からない事なども多いので携帯電話などを持たせておくと便利という事もあり推奨している家庭などもたくさんありますが、中には子どもに携帯電話を持たせると逆に悪影響があるからとある程度大人になってから持たせようと考えている方もいます。

家庭によって様々な教育方針がありますので、一概にいつから持てるという事は定まっていませんが、高校生になると大体の過程では持たせるように今の風潮はさせている感覚は否めません。

携帯電話は確かに便利ですが、その反面面倒な事なども起きやすくなります。

例えば、迷惑電話などはその一つであり、迷惑電話がかかってきた経験がある方もたくさんいると思います。

迷惑電話は悪質なものであればしかるべき対応をしなければいけない場合などもありますので、油断していてはいけません。

今回はそんな迷惑電話をテーマにして迷惑電話に効果的な対策についてご紹介していきます。

この記事の目次

️迷惑電話にお困りのあなたに

これまでの人生で一度くらいは迷惑電話がかかってきた経験がある方はかなり多いと思います。

迷惑電話には様々な場合があり時には軽い気持ちでただイタズラの様にしている方もいれば、本当に悪質な場合は特定の個人に対して嫌がらせの様なことを行ってきたりする場合も考えられます。

軽い気持ちのいたずらくらいであればそこまで真剣に考える必要はないかもしれませんが、悪質な場合は相当悪質なことをしてくる場合も考えられますので、ケースによってはしっかりと対応しなければいけない場合もあります。

ある程度社会経験豊富な方であったり精神的に強い方であれば迷惑電話にしっかりと対応することができるかもしれませんが、社会経験があまりなかったり精神的に弱いだったりする場合は迷惑電話があることによって精神的に傷ついてしまう可能性はあります。

特に先ほどご紹介した様に今は比較的若い方でも自分の携帯電話番号を持つことができる時代などで、年齢によっては迷惑電話に対して上手な対応ができずに困ってしまう展開になる可能性もありますので十分注意しなければいけない事です。

ただの迷惑電話で済ますのではなく、悪質な場合は犯罪行為だと認識してこちらもしかるべき対応を行う必要があります。

もしも今迷惑電話で困っている状況にあるのでしたら、今回ご紹介する内容を踏まえて、迷惑電話にしっかりと対応できるように自分なりに工夫する必要がありますので、色々と対応方法を考えるきっかけにしてみてください。

️迷惑電話のパターン


迷惑電話状況によってはしかるべき対応しなければいけないということをご紹介しましたが、迷惑電話に関しての対応方法を考える前に、まずは知っておかなければいけないのが迷惑電話のパターンを把握しておくことが必要です。

迷惑電話と一言に言っても迷惑電話には様々な種類が存在しています。

先ほどご紹介したのに軽い気持ちで行っているものもあれば悪質な気持ちで行っている場合などもあります。

悪質な場合は当然、軽い気持ちのものよりもひどい言動なども含まれる場合や迷惑電話の頻度などにも影響が及びます。

なので、どんな迷惑電話なのか、そして行っている頻度はどれくらいなのかという事などを踏まえた上で対応方法を考える必要があります。

なので、まずは迷惑電話の対応方法を知る前に、迷惑電話のパターンについてある程度ご紹介させていただきますので、この機会に迷惑電話に悩んでいる方はどれに該当するのか考えてみてください。

もちろん今困っていないという人でも、今後迷惑電話があった時のために参考にするために覚えておくなどしておいてください。

ガチャ切り電話

まずはじめにご紹介する迷惑電話のパターンの1つとしてガチャ切り電話が挙げられます。

このパターンに関してはその名前の通り電話がかかってきて、電話を取った後にこちらがもしもしと相手に伝えたらすぐに相手ががちゃんと電話を切ってくるパターンです。

まずこの手のパターンとしては単純にいたずらで行なっている場合がほとんどです。

こちらがもしもしと言ってすぐにガチャンと切るということはこちらの反応を見て楽しんでいる場合が考えられます。

しかしながら様々な状況が考えられますので一概に軽い好奇心から行なっているだけとは考えにくい場合もあります。

なぜかと言いますと、例えば単純に子供が知らない電話番号にかけてガチャ切り電話を楽しんでいる場合もあれば、悪質なケースの場合は例えば女性にストーカーを行っている様な男性が何かしらの手段で電話番号を入手し本当にその女性なのか確認するために相手の声を聞いてその後すぐに一度ガチャ切りをするなどの様子を見てる場合なども考えられます。

なので一概に軽い気持ちのいたずらの電話というだけでは考えにくい場合もありますので、非常に注意しなければいけないパターンだと認識してください。

1コール電話


次にも評価する迷惑電話のパターンの1つとして1コール電話が挙げられます。

1コール電話は、その名前の通り、電話がかかってきた時には当然自宅の電話がプルルと鳴り、電話がある事を教えてくれますよね。

その時にプルルと1コールだけ呼び出し音がなってすぐに切るといういたずらです。

この手に関しては相手に対して話をするのではなく単純に不安な気持ちなどを与えることを楽しんでいる場合などもあれば、先ほどご紹介したように一方的にストーカーなどを行っており、自分の存在を相手西ってほしいがために何度も行ったり、着信履歴を残す事を目的としている場合などもあります。

なので、継続して行われいる場合は悪質な場合があると判断しなければいけません。

無言電話

次にご紹介する迷惑電話のパターンの1つとして無言電話が挙げられます。

無言電話は例えば電話がかかってきてあなたが電話に出たとしてこちらがもしもしと言ったり相手に対して言葉を投げかけたとしても全く反応が返ってこずずっと電話が繋がってる状態のことを指し示しています。

電話をかけてきたくせに何も喋らないって言うのは非常に気味が悪い行いですよね。

ちょっとしたいたずら程度であればどちらかと言えば相手が男性を離した瞬間などに電話をすぐに切る場合がほとんどです。

しかし、相手の声などを何も言わずにずっと聞いているのは迷惑電話の中でも比較的悪質な確率が高いです。

やり慣れているような手口だと考える事もできますし、ある程度強い思いなどがないと出来ないような悪戯にもなるので、この手の迷惑電話が頻繁にかかってきている場合などは注意が必要です。

場合によっては相当悪質な場合もあったりしますので、気味が悪いかもしれませんが、あまり電話上では激しい言葉を相手に言ったりはせずに、かかってきた場合は様子を見たり、しかるべき対応方法などが必要です。

この時点で悪質な場合が高いので、言葉次第では強行的な行動を取ってくる場合がありますので、注意がしてください。