CoCoSiA(ココシア)

迷惑電話に効果的な対策9選(続き3)

相手に気づかれないようにこっそろかけている場合は、電話番号を変更したことが伝わってしまうと再び迷惑電話が掛かってくる場合などがありますので、注意が必要です。

第三者だと思わないように、本当に信頼できるような人にだけ電話番号を変更した旨は伝えるくらいで良いでしょう。

ちなみに電話番号の変更は皆さんが想像しているよりも簡単に行うことができ自分が利用している携帯キャリアの窓口に行き一定の料金を支払いは変更することができ携帯キャリア各社によって料金は変わってくるんですが一般的には2.3000円程度の金額で変更することが出来ますので、迷惑電話がある場合は早めに店舗へ行き変更してもらうようにしましょう。

着信拒否

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つとしては着信拒否設定にするということです。

これも簡単に行うことができてなおかつ電話を遮断することができる非常に行いやすい対策方法になります。

携帯電話に慣れていない方は操作方法などが分かりづらいかもしれませんが、例えば迷惑電話がかかってきて相手の電話番号が通知されている場合は着信拒否に設定することができます。

例えば女性の方である特定の営業の電話などが毎回かかってきて異なるのに時間がかかってめんどくさいと感じていたとします。

個人的ないたずらの電話である場合は相手が非通知にしている場合があるので非通知にしていると相手の番号がわからないので設定ができないのですが、営業の電話などに関しては当然非通知にせずに会社の電話番号であったり会社が保有している様々な電話番号でかけてくる場合があります。

なので電話に出て営業の電話だとわかればすぐに切ってその電話番号を着信拒否設定に登録しておくことによってその電話番号からの電話を一切鳴らないようにすることが出来ます。

この方法はとても便利な方法なので、簡単に行いやすくておすすめですが、欠点はやはり相手の電話番号が通知されている状態でなければできないという事です。

もしも相手が非通知にしている場合は登録する電話番号がわからない状態になりますので、着信拒否できない場合は他の対応方法が必要になります。

留守電を録音する

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つとしては留守電を録音するという事です。

これはどういうことかと言いますと、例えば悪質な電話に関してはわざわざ留守電にメッセージを残してくる様な場合も考えられます。

例えばわざと留守電に暴言を残してきたりする様な人もいますし、ストーカー行為などを行っている場合はあなたの行動を留守電話に入れてきたり、あなたに対する特定の投げかけなどを行ってくる場合などもあります。

なので、対策としては留守電をしっかりと録音して残しておく必要があります。

留守電サービスを利用する設定にしておいて、留守電が残せるようにしておけば相手が残して来たらそれを保存してけさないようにして、立派な証拠として残しておいた方がしかるべき対象方法を行う時に絶対的に有利になります。

安易に気味が悪いと思って消さないで、証拠として利用するようにしましょう。

なので、わざと留守電サービスにしておくような形で相手に証拠を残させるように仕向ける事も悪質な場合は大切な方法だと認識してください。

無視

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つは無視をするということです。

迷惑電話によってはこれで一発で解決するという場合もあります。

この方法に関してはその名前の通り相手が迷惑電話行ってきた場合電話に出て相手の言葉をずっと無視するという単純な方法だけです。

相手が何かしら話しかけてくるような場合には効果的で無視をして相手の会話に全く参加しないという様な方法をとれば相手は次第につまらなくなってくるはずです。

まず迷惑電話をかけてくる相手の気持ちになった時に継続的に電話をかけてきたり若しくは相手が一方的に喋ってきたりする様なタイプの迷惑電話の場合は相手が話をするということはこちらにリアクションを取って欲しいという潜在的な気持ちが読み取ることができます。

迷惑電話に出たりした時に相手が腹が立つ内容入ってきた場合こちらも負けじと言い返してしまいたくなりますが言い換えしたり何かしらの反応とったりすることで、相手が調子に乗ったり、それに味をしめて楽しさを見出してくるようなことが考えられます。

なのでこちらが反応をとれば反応をとるほど相手は楽しんできますので腹が立つ気持ちがぐっと我慢してずっと無視をし続けることによって、相手は「この人は何の反応もしてくれないんだ」と思って諦めて別のターゲットを探す様になる場合があります。

この様に相手がどういうタイプの迷惑電話を行ってくるかということを冷静に判断して、相手が望む様にしないようにしむけることが大切なのです。

若干忍耐がいる方法になるかもしれませんが、迷惑電話の内容次第ではかなり有効な方法になりますので、参考にしてみてください。

ハッキリかけてくるなと言う

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つはハッキリかけてくるなと相手に伝えることです。

男性の場合はそこまでないかもしれませんが女性の場合はどうしてもあまり強気な行動ができなかったりする場合が多いです。

特に迷惑電話に関しても相手が強い口調でまくしたてる腹が立つ様なことを言ってきたりした場合はこちらが萎縮してしまったりすることも考えられますのであまり弱気な言い返しをしてしまうと相手が調子に乗ってしまいますので、弱気な言い返ししかできないのであればそもそも対応しない方が良いです。

しかし、強気で相手に対して言い返せるのであれば、一度くらいははっきりかけてくるなと相手に強い言葉でけん制するのもおすすめです。

そもそも電話でしか嫌がらせが出来ないような人間はあまり気が強くない場合が多かったりしますし、電話上でしか強く物事を言えない人が多いので、人によってはそれでひるんでかけてこなくなる場合もあります。

なので、時には相手の出方次第では強く言い返すのもおすすめですが、本当の意味でおかしい人間などに対しては、もしかしたら相手があなたの家を知っている可能性もないとは言えません。

なので、下手な事を言ってエスカレートさせると犯罪に巻き込まれてしまう場合もありますので、相手を見て対応する必要があります。

相手が話終わるまでに切る

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つは相手が話し終わるまでに切るということです。

例えば迷惑電話の種類として相手が電話をしてきて一方的に話をしてくる場合などに関してはついつい電話の性質上相手が話内容を律儀に聞いてまってしまいがちですが、このような事をしていては相手が望むように行動しているにすぎません。

喋って来るという事は相手は喋りたいという事なので、そのような人に対してはそもそも話させないようにする事が大切です。

変に話を聞いて理路整然と文句を言ったり、ただこちらが罵倒するようにしたとしても、そのような人物はそれでも会話ができているという錯覚して喜ぶ場合があります。

なので、相手は話したがりなタイプの迷惑電話は相手が話し終えるまで待たずに相手が喋っている途中でも電話を切ってください。

何回かかけてくるかもしれませんが、話に取り合ってくれないと判断すると別のターゲットを探すために行動する場合がありますので、結果的には問題解決になる可能性があります。

番号の入手経路を聞く

次にご紹介する迷惑電話に効果的な対策の一つは番号の入手経路を聞くということです。

迷惑電話をかけてきた場合に相手に対してなぜ自分の番号を知っているのか単純に聞いてみるのも良いです。

相手によってはそこで詰まったり、悪い事をしている意識に駆られていたずらなどをしてこなくなる場合もあります。

感情的にならずに論理的に攻めると相手は下手な事もいえなくなりますので、下手に感情的にならないという事もポイントです。