あなたはおとなしい女性ですか?

それともよくうるさいと言われてしまいますか?

実は男性に好かれやすいのはおとなしい女性なのです。

おとなしい女性にはどんな魅力があるのでしょうか。

そしてなぜ好かれるのでしょう。

また、逆に明るい女性が好かれないのはなぜなのかもきになりますね。

大人しい女性の魅力とは何?

おとなしい女性の魅力とはどんなところにあるのでしょうか。

いくつかのおとなしい女性の魅力、好かれる理由をご紹介していきます。

大人しい女性が男性に好かれる理由

大人しい女性はどうして男性に好かれるのでしょう。

一緒に居て安らぐ

大人しい女性といると男性は心が安らぎゆっくりとと時を共に過ごせるため、好かれます。

もしいつも彼によく見られたい、周囲の雰囲気を明るくしたいと頑張り、テンションを挙げ、どんな時も余所行きな姿で隣にいられたらどうでしょう。

自分もいつでもしっかりしないと、いつでもおしゃれにしていないといけない、明るいテンションをぶち壊さないように頑張らないと・・・。

と気を張り、疲れてしまいます。

しかし、一方大人しい女性が隣にいることで、自分も落ち着いて過ごすことができます。

また、気持ちがリラックスした状態で気を遣わずにも過ごせます。

それが外出時や友人との外出時であればまだしも、自宅に帰宅したり二人だけの空間の時も続いたら、一緒にいて疲れてしまいますよね。

男性は長い時間を共に過ごす女性には、一緒にいて楽であり疲れず、逆に自分の疲れをいやしてくれるような女性が良いのですね。

清楚

清楚な見た目の女性は大人しそうに見えますね。

しかし男性に好かれるのは見た目だけではなく、中身も清楚である女性です。

清楚な女性に見える見た目としては、白の服を着ていたり、白のアイテムを多く持っている女性ですね。

清潔感があり清楚に見えます。

男性には白のワンピースや白い靴などを履く女性が人気ですね。

また、見た目で大切な清楚さが出るポイントは髪です。

やはり黒髪ロングは清楚な雰囲気を醸し出してくれます。

しかし、痛んでいたり絡んでいたりパサついている髪は清楚に見えず、逆に不潔そう、だらしなさそうというイメージを与えてしまいます。

程よいキューティクルがあり、綺麗な黒髪ロングの女性は清楚で綺麗な女性に見えますし、大人しそうにも見えますね。

更に白い服との相性も抜群ですね。

続いて見た目だけではなく、中身も大人しく清楚な女は男性からの評価が高まります。

見た目が大人しそうで清楚系なのに、話してみたら全く大人しくもなければ清楚でもなかった場合、男性がドン引きしてしまう事すらあるでしょう。

大人しく清楚な女性は、まず言葉遣いがとても丁寧です。

汚い言葉を話す、男口調な女性は男性には好かれにくいのです。

また、お箸の使い方や食べる時の咀嚼音があまり聞こえないというような食事のマナーがしっかりと身についている女性も男性からの評価が高いと言えます。

手を洗ったときにハンカチでしっかり拭く、グラスについてしまった口紅をさりげなくふき取る、そんな些細で清楚な振る舞いも男性はしっかりチェックし加算ポイントとなっていますよ。

純粋そう

純粋そうな女性は大人しそうな女性に見えます。

純粋そうな女子が派手に男あそびをしたり、恋愛経験が豊富そうには見えませんよね。

そういった女性は奥手そうに見えるため、男性から好かれやすくアプローチもされやすいのです。

もちろん純粋そうに見える女性でも男遊びを派手にしていたり、実は腹黒かったり性格は明るく活発な女性もいるのですが、やはり見た目が純粋そうに見えると男性は勝手に純粋層、大人そうとイメージを膨らませます。

男性は男慣れしていなそうな女性の方が好きなのですね。

純粋そうに見える女性の特徴としては、髪色が明るくなく、薄化粧な女性です。

逆に髪色が明るく化粧が濃いだけで、男慣れしていそう、チャラそうなどと思われてしまいます。

イメージとしては、ギャルモデル雑誌のような女性ではなく、アイドルグループにいそうな女性が男性には純粋そうで大人しそうに見え、好かれやすいのです。

攻撃が少なそう

攻撃が少なそうな女性は好かれやすいのですが、攻撃が少なそうという意味としては、温和でほんわかしている女性といった感じです。

逆に攻撃が多そうという女性は、男勝りであったり、サバサバしているため思ったことをすぐ相手に伝え、厳しい言葉をも言ってしまうため、相手には攻撃的な人に見られやすいのです。

男性としては付き合った後、攻撃が多そうな女性だと、口うるさく指摘をされたり、傲慢だったり、自分が傷つく言葉を浴びせられるのでは無いかと思い、好きにくいのです。

しかし、攻撃な少なそうな女性なら、彼氏になったとしても、ぎゃーぎゃーと文句を言われることもなければ、自分のミスも優しく受け止めてくれるはず、常に穏やかな関係性を保てるとイメージするため好かれやすいのですね。

普段から、自分の言葉にとげがあるという女性は男性には好かれにくいかもしれません。

しかし、内心に秘め相手の不満が積り爆発してしまったり、我慢あう関係よりもお互いに言い合える関係のほうが長続きしそうですが、男性としては自分に意見して来たり、文句や不満をぶつけてくる女性は避けたいのでしょう。

守りたくなる

大人そうな女性は気が弱そうに見えます。

力も弱く気も弱いとなると、どうしても男性はそんな女性を見ると守りたくなってしまうため好かれやすいのです。

男性が持つ支配欲、独占欲を大人しく気が弱そうな姿が刺激するのですね。

男性に守ってあげたいなと思われるような女性になるためには、ひたむきになんで一生懸命頑張る姿を見せたり、一生懸命頑張っているのにドジをしてしまうと男性は守りたいと思ってしまいます。

また、普段は強がりなのに、ふと弱い一面を自分だけに見せてきたと思わせたら、男性は一撃ですね。

外見的には、女性らしい服装・髪型で、背丈体型共に小柄、ふわっとした雰囲気が漂う女性は守りたくなる傾向があります。

男性より高身長であったり、体系が大きいと守りたいと思いにくい、守れないなとおもわれてしまいます。

守ってあげたいなと思う女性の仕草としては、上目使いで何かを頼む仕草、甘えてくる仕草、不意に涙を見せたときなどに男性は守りたいという気持ちが湧き出ます。

強がりな女性もたまには気を許す男性には弱い一面、格好悪いと思ってしまう姿を見せても良いのですね。

ミステリアスに感じる

ミステリアスな女性は、自分の事を多く語らないため、自ずと大人そうな女性に見えます。

一方明るくオープンな性格の女性は、自分の事を相手に知ってもらいたいがゆえに、たくさんおしゃべりをしてしまい、いつの間にか男性を圧倒してしまっていることもあるでしょう。

男性はミステリアスな女性を好みます、なぜなら、どんな女性なのか、どんなことを考えているのか、何が好きなのかなど、女性の事を深く知りたくなり、興味を持ってしまうのです。

そしてみんなの前でミステリアスな姿を見せている女性の意外な一面や、知れば知るほど、周囲の人は知らない部分を知っているという優越感に浸るため、どんどん好きになってしまいます。

男性の好奇心を刺激するために、あえて自分の本性や自分の事を口にせず、秘めておいた方が男性に好かれやすいという事ですね。

自分の事を離したり、おしゃべりすることが好きな女性には少々厳しい状況になりますが、グッとこらえミステリアスな感じを出して見ると良いかもしれませんね。

聞き上手

聞き上手な女性はおとなしそうに見えます。

自分の事ばかり話したり、話の進行を務めてしまう女性は相手を飽きさせてしまったり、男性からすると「分ったかから・・・自分の話ばっかりされると疲れるな・・・。」とあきれられてしまいます。

しかし、逆に聞き上手な女性は男性から好かれやすいのです。

聞き上手な女性は男性の話を真剣に考えながら聞いてくれているなという印象を男性に与えます。

また、話をするだけで安心する、会話が成立するから楽しいという感覚も相手に与えることができます。

聞き上手だと相手に思わせることができる女性は、相槌を打つタイミングが的確で、程よく質問をします。

また、笑顔で話を聞いてくれるため男性は気持ちよく自分の話をすることができます。

更にどんな話題にも興味を持って話してくれるので、どんどん会うたびに自分の事を話したい、次会ったらこんなことを話そうと会うだけですら楽しみに感じるのです。

否定的な言葉を言わないという特徴もあり、相手の話をよく最後まで聞き、その上でアドバイスを求められた時は、相手の言い分を理解していると伝えたうえで、更に相手にとって有効なアドバイスができます。

聞き上手では無いと思う女性は、聞き上手になるための努力をしてみると良いです。

聞き上手になるためには、相手の話を聞きながら、自分がその状況に立っていることを頭の中で想像しながら聞くと良いです。

すると自然と相手の立場に立つことが出来るため、共感できるという言葉や適確な質問が出来るようになります。

また、例えば「でもさ」「だけど」「そんなこと言っても」などの否定的な言葉を使わないように心がけると良いです。

否定的な言葉が多いと、相手はあなたに心を開いてくれなくなってしまいます。

もしそんな否定的な言葉を使いたいという話題に遭遇した際は、「気持ちはよくわかるんだけど」

「すごく理解できるんだけど・・・」と相手の気持ちに寄り添った上で否定するようにすると良いです。

程よい相槌の打ち方としては、相手の言葉の文章の終わりに「うんうん」と言ったり、うなずいたり、相手の言葉をオウム返しにするのも良いです。

自慢話はしない

自分の事をすきになって欲しい、自分の事を知ってほしいという気持ちが強いがあまり、自慢話が多くなってしまう方がいます。

しかし、自慢話が多い女性は大人そうには見えず、自己主張が強い女性に見えてしまいます。

自覚していないものの、よく自慢話が多くなってしまう女性の特徴としては、人の話を横からとり、必ず自分の話に持っていく女性、相手の話の途中で結末を勝手に読み、簡潔に終わらせようとする女性、もったいぶって長々と自分の話を続ける、「私なんてさ」「私だって」という言葉が多い会話をする、褒めたときに「そんなことないですよ」つよく否定する女性は、自慢話が多くなってしまっている可能性が高いです。

自慢話をしすぎない女性になるためには、自分の話だけの話題で持ちきりになっていか一息つき、落ち着いて自分を見返し、相手の話を聞く時間を設けるようにしましょう。

また、相手の話の途中で自分の話にもっていったり、相手の話を簡潔要約しようとせず、最後までしっかりと聞くようにしましょう。

更に自分の事を話す時は、相手に自分の話そうとしている話題の意味が伝わるかどうかを見極めてみてください。

相手が全く分からない話を長々としてしまうのは相手を退屈にさせてしまい、面倒くさい、ウザイ、話したくないと思わせてしまいます。

相手も共感できる話題、話に入ってきやすい話題のほうがおすすめです。

誠実な対応を取ってくれる

誠実な対応を取る事が出来ない女性は、大人そうにも見られませんし、好かれません。

しかし、誠実な対応をどう取ったら良いのか分らないという方へ、どんな対応を取れば誠実な女性に見られるでしょうか。

まず誠実な女性に見られる1つ目の行動は、仕事や自分すべきことを真面目に一生懸命こなすという事です。

例えその作業がみんなが嫌がる面倒なことだとしても、目立たないじみな作業だったとしても、手を抜くことなく一生懸命従事している女性は誠実な女性に見えます。

また、人に見られている時だけ一生懸命していて、人に見られていないと思い手を抜いたりしていると、相手に感づかれてしまったり、不意に見られてしまうこともあるので、普段から精一杯取り組むという事が大切です。

次に、時間はしっかり守りましょう。

時間は守ることが当たり前であると言っても過言ではないようなことなのですが、意外としっかり守ることが出来ない女性も少なくありません。

女性は化粧や身だしなみを整えたり、持ち物が多かったりと、時間に余裕をもって行動していないと遅刻しやすくなってしまいます。

時間をしっかり守るだけで、かなり誠実そうに見えますので、最低でも3分前行動、欲を言えば5分から10分ほどの余裕をもって行動するようにしましょう。

相手の貴重な時間を奪ってしまうことになると考えると、時間というものを軽視することなく、誠実に守ることが出来るでしょう。

続いて悪口や文句を言うということ辞めたほうが良いです。

誠実な女性は周囲の人が悪口を言い始めても自分は言わないという方が多いのです。

悪気地や文句を言うという事は、自分の評価も下げてしまうことだという事を肝に命じておきましょう。

他には、お世辞の使い過ぎにはきを付けて下さい。

時に必要な場面はあるものの、明らかに思ってもいないようなお世辞を言ってしまうのは誠実な女性には見えません。

飲み会でも羽目を外しすぎ悪酔いしてしまうことは避け、自分の許容範囲でお酒を楽しみましょう。

逆に自分は正常を保ち、酔っ払っている人を介護してあげるような女性の方が誠実な女性に見えますよ。

最後に、誠実な印象を相手に与えるためには、相手が自分に話しているときに、相手の目をしっかりと見て聞きましょう。

また、自分が相手に話をするときも目を見て話すようにします。

目線をずらして話したり、目が泳いでいると、いくらいいことを話していたり、相手の話をしっかりと聞いていたとしても、その誠意は伝わらなくなってしまいます。

相手の目を見るという事はかなり大きな力となるのです。

【誠実になるためには、こちらの記事もチェック!】

彼氏のことを一番に優先してくれる

彼氏の事を一番に優先してくれる女性は、彼氏にはもちろん大切にしてもらえますし、自分も一番に考えてもらえるでしょう。

また、周囲の男性からも彼氏を一番に優先する女性の評価は高いです。

男あそびしていない、一途な様子が大人そうな女性に見えますね。

他の男性からの二人でのお食事のお誘いや、飲み会後に二人っきりで送ってもらうというのは断ると良いですね。

しかし、彼氏を一番に優先したいという気持ちが大きくなりすぎ、友人に対しても彼氏をどんな時でも優先してしまっていると、良く思われない事もあります。

友人の緊急事態、もともと前々から友人と計画を立て予定していた当日に、彼氏を優先したいという気持ちでドタキャンしてしまうと、仲が悪くなってしまう場合もあります。

彼氏の命に関係する、緊急事態という場合は、友人に誠心誠意理由を説明し、謝罪をしたうえで優先すると良いですね。

逆に友人の緊急事態で彼氏とのデート中に抜け出さなければ行けなくなったという場合も、彼にしっかりと事情を説明してからにしましょう。

仕事の場合は、自分の担当する仕事で、やらなければ多くの人に迷惑をかけてしまうという場合は、彼に理解してもらえるように説得しましょう。

仕事仲間に仕事を頼む理由が彼氏とのデート等だと仕事仲間からの信頼などを失ってしまうこともあるので気を付けてください。

彼氏を一晩い優先するという事はとても良いことですが、友人関係、仕事などとの両立を取るという事も大切なので、彼氏だけを見るのではなく、周りにも視野を広げ、自分を客観的に見て判断するようにしましょう。

下品な言葉や態度を取らない

下品な言葉や態度を取る女性は大人そうな女性に見えますし、男性からも好かれます。

男口調、下品な言葉を平気で使うのは男性にドン引きされてしまいます。

例えば「くそ」「マジで」「ヤバー」などの言葉も下品な言葉となります。

流行言葉、男言葉、などは避け、綺麗な言葉遣いを心がけてみてください。

まずは簡単に上品に話すコツとしては、言葉の最初に「お」を付けて話すようにしてみると良いです。

「お料理」「お掃除」「お手洗い」「お片付け」「お食事」等、「お」を付けるだけで、かなり上品な言葉遣いになりますよ。

また、お食事の時も、上品な振る舞いをしなければいけません。

当たり前ではありますが、食事の前後とは「いただきます」と「御馳走様でした」を両手を合わせてするのですが、この時に箸を持ったまま行うのは下品です。

更に座るときに足を開かず座る、大きな口を開けて見せ、あくびや大笑いしてしまうのは下品という事なども気をつけなければいけませんね。

他にも上品な女性に見られるための適切なマナーはたくさんありますが、実はよく知らないマナー所あるはずです。

そんな時は短期間でも良いため、マナー教室などに通うと一気に女性らしく美しい言葉遣いや態度になるのでおすすめです。

周囲をよく見て周囲の人への気配りが出来る女性も上品で女性らしく男性に好かれやすくなりますよ。

ギャップがある

大人しそうに見える女性のギャップに男性が引かれることもあります。

しかし、ギャップの見せ方が悪いと、逆に嫌われてしまう可能性もあるので要注意です。

大人しそうに見えたのに、お酒を飲んだら言葉遣いも態度も下品になり、乱暴でうるさいというようなギャップはあまりよくありません。

良いギャップ、好かれやすギャップとしては、何をやってもうまくいかなそうなおっとり系に見えるのに、いざ仕事を任されるとかなりしっかりとスピーディにかなす、運動神経が悪そうに見えて実は意外と良い、いざというときに人を守る事が出来る強さを持っているなどというギャップはとても良いです。

また、大人そうでインドア派に見える女性が、男性の好きな釣りや登山、ゴルフやスポーツ関係に興味があったり趣味だと、一緒に楽しむことが出来るため、男性が近寄ってきやすくなります。

ギャップは男性をより一層自分に引き付ける武器になることもあるのです。

普段見せない笑顔を見せる

普段はとっても大人そうで、女子同士と話しているときも、げらげら笑っている様子もなく、一対一で話すときも、緊張しているような面持ちで、真顔で話す事が多い女性の不意な一瞬の笑顔は、男性を落とす秘密兵器と言っても過言ではなく、かなり強力な力があります。

笑っている顔はとてもきれいで可愛く見えるので、いつもの顔よりも可愛く、もっと見たい、もっと笑顔を引き出して自分だけのものにしたいという男性が増えます。

いつも笑ってごまかしてばかりいると、普段見せない笑顔は見せることが出来ません。

真面目に働き、親身にミスを受け止めている姿などから、相手に助けてもらったときや面白いことをいわれた時に、笑顔でお礼を述べたりすると良いですね。

一生懸命さが伝わる

自分が苦手なことにも、できない事にも一生懸命取り組む姿は、相手に一生懸命さが必ず伝わります。

自分は出来ないから、自は苦手だからと逃げたりふさぎ込んだりするのは良くありません。

実際に自分が相手に何かを頼んだとき、自分には無理だからと断られたらどうでしょう。

逆に苦手ながらも一生懸命頑張っている姿を見せ努力している人を見たら、どちらを信頼しどちらを助けたくなるでしょう。

後者ですよね。

単純に一生懸命諦めずに頑張っている、頑張り続けている姿は、誰かしら必ず見ていて、そんな自分を受け止めてくれます。

出来ない・やれない・やりたくないで自分を塞ぎこむのはやめ、何でも一生懸命に挑んでみましょう。

その結果できなかったとしても、うまくいかなかったとしても、逃げてやらなかった人よりも、一生懸命やってできなかった人のほうが、自らも大きく成長できますよ。

顔を立ててくれる

大人しい女性という事を男性の周りの人にも印象づける事が、男性の顔を立てることにも繋がりましす。

彼氏の友人と会うとき、会社の人と会うとき、職場で男性とタックを組んで会議に出席するときなど、大人しく男性の顔を立てることが出来る女性は、口数が少なく奥ゆかしい雰囲気を出すことができます。

そうすることで男性が引っ張ってくれているカップルなんだ、頼りがいのある信頼できる男性なんだ、と男性が主導権を握っているという事を周囲の人に感じさせることができます。

そんな女性と一緒に入れる男性は社会的にもどんどん成長できるようになります。

しかし、奥ゆかしさを出そうとするのは良いのですが、相手の話に相槌も打たない、何かほかの事を考えているように見える、自己紹介もまともにできないというような静かさではよくありません。

最低限の会話は上品にし、自分を主張しすぎない程度に会話に入るのが良いです。

また、一緒にお食事に行ったときなどは、男性に会計をさせてあげると、男性の顔が引き立ちます。

会計でお金を出さないのではなく、人目のな場所でお金を渡しておき、会計に行ってもらうのです。

消して人前でお金を渡したり、全く出さないというのは良くありません。

あくまでも顔を立てるために、事前にお金を渡しておき、会計をしてもらうと良いですよ。

悩み事などがあるときは頼りにしてくれと思っている男性が多くいます。

一番身近にいる異性なのに、相談されないというのは、自分は頼りにされていないの過と思わせてしまいます。

彼氏やよく身近にいる男性には自分の悩み事を打ち明け相談に乗ってもらうのも、男性は頼りされていると感じ、顔が立ちます。

外出中などは男性の一歩後ろにいるという事を意識すると顔を立てることが出来るようになりますよ。

背伸びしなくても良い

一緒にいて背伸びをしなくても良いと思ってもらえる女性になると、男性に好かれやすくなります。

仕事、友人の中では背伸びをしてしまいがちな男性は、つい女性といる時も背伸びをしなければと頑張ってしまいます。

しかし、相手に背伸びさせない女性といると、男性は心が落ちつき安心し、一緒にいても疲れない心地が良いと思うようになり、ホッ一息つくことができます。

そんな相手を背伸びさせず安心させることが出来る女性になるためには、自分も背伸びをしなければ良いのです。

いつもばっちりメイク、おしゃれに気を抜かない、あの人はこうなんだってと羨み高い理想を持った女性は、男性にも背伸びを強要してしまいます。

自分も特別な男性といるときは力を抜いてラフに過ごすことで、男性も背伸びせずラフに過ごせるようになります。

また、相手の完璧なところだけを褒めるのではなく、相手のできない部分にも触れ、それでも好き、そんなところもあなたの良いところだと思うと伝えることで、背伸びをしない素をさらけ出してくれるようになります。

一緒にいて安する、一緒にいるだけで眠くなってしまうような関係、良いですね。

目立たないけど優しい

目立たない優しさを持つ大人しそうな女性はとてもモテます。

例えば優しく微笑むだけ、さりげない気遣いが適確、話をよく聞いてくれるだけでも優しそうな女性に見えます。

更に男性がキュンとする女性の目立たない優しさとしては、自分ンがミスしてしまったときにさりげなくフォローしてくれると、キュンとします。

また、残業などで疲れている姿を見て、そっとコーヒーの差し入れや甘いお菓子をそっとおいてくれたなどというさりげない優しさも男性を好きにさせてしまいます。

優しい女性が男性に嫌われるということはほぼなく、優しい女性はかなりの確率で好かれます。

しかし、その優しさを男性のみに向けている女性は女性陣からの反感も買うだけではなく、男性にも感づかれてしまいます。

誰にでも分け隔てなく優しく出来る女性だと良いですね。

口数は少ないけど的を得る言葉を発する

長ったらしく説教じみた言葉は相手を勇気付けたりすくったりするときには向いていません。

悩んでいる時、適確で的を得た答えが欲しいだけで、持論や体験談などはさほど意味がありません。

自分が悩み事を相談されている事に酔いしれているかのように話してしまう女性もいますよね。

しかし、口数は少なく、一見冷たいななんて誤解されそうな女性が的を得たアドバイスをしてくれると、男性はあなたを頼りにしたくなりますし、親身に自分の事を考えてくれたのだと感謝し、好意を持つことさえあります。

長々と話すよりも相手が必要としている答えをズバリ言ってあげたほうが相手のためにな類のですね。

明るい女性はもてない?

明るい女性はなぜもてないのでしょう・・・。

もてない理由をいくつか説明します。

友達止まり

一緒にいると楽しい、笑えるという明るい女性は男性から友人としては好かれるものの、いざ恋愛感情で見れるかというと恋愛感情では見られない、友達としてならいいヤツと思われてしまいやすいのです。

要は相手にドキドキ感を与える事が出来ない女性という事ですね。

気を遣わないといけない

いつも明るい女性は、常に笑顔であったり、あまり自分の気分が落ちているときに顔に出したり言葉にしない為、何を考えているのかが分らないと思われてしまっている場合があります。

一緒にいて悪い気分にはならないけれど、本心ではどう思っているのか見当がつかない為、気を遣ってしまうのですね。

実は相手に気を遣わせず楽しんでほしいと思っているかもしれませんが、逆に相手に気を遣わせ背てしまっているかもしれませんよ。

楽しい以上はない

明るい女性といると、一緒にいて楽しいのだけれども、それ以上の気持ちが生まれることはないという事ですね。

可愛いと思ったり、守ってあげたいと思ったり、好きだからこそ切ない気持ちになる、やきもち焼くといったことが無くなってしまうのです。

そういった気持ちが全く生まれない限り、恋愛に発展するようなことはないでしょう。

疲れる

いつも明るくテンションが高い女性といると、一緒にいるときは楽しいものの、解散した後にドッと疲れを感じられてしまっている場合があります。

自ずと気分が上らず安らぎたい時には会いたくない存在になってしまうのですね。

また、明るい女性のテンションに合わせ無ければいけないと思ってしまう男性も疲れて素の自分で居られない為、疲れてしまいます。

女性の方が上に感じてしまう

男性は自分がリードしたい、していたほうが楽であるという傾向があるのですが、明るい女性はみんなの事を考えて物事を仕切ったり進めることが得意なのですが、その率先的な女性といることで自分がリードされている、自分を頼りにしてくれていないという事で、自分が守ってあげなければいけなそうな女性に惹かれるため、明るい女性はもてにくくなってしまいます。

男性の心理を考えよう

男性の心理を考えて行動することで更に好かれやすい女性になることができますよ。

女性に褒められたい

男性にはプライドというものがあり、自分は凄い、自分は仕事が出来る、女性を幸せに出来る、尊敬される、とにかくカッコイイと考えています。

更に勝つことに意識をむけており、強い男でありたいと思うのです。

すると、そのプライドを守り抜くために日々頑張り結果を出している自分を誰かに認められたいと思うようになるのです。

そんな時、女性にあなたは凄い、頑張っているんだね、素敵などと褒められると、鼻の下が伸びて照れてしまうほどうれしいのです。

男性を褒めるためには、上から目線で褒めるのではなく、あくまでも下から褒めるようにしましょう。

上から目線で褒めてしまうと、子ども扱いされている、馬鹿にされていると感じ、プライドが傷つけられたような気持になってしまうのです。

頭をなぜたり、過剰に褒めたり、すごいじゃん!などの言い方は避け、人があまり気づかないような頑張りを褒めたり、人づてに褒めるのも手です。

【褒め方のテクニックは、こちらの記事もチェック!】

落ち着ける場所がほしい

男性は上記でも説明したようにプライドを守り強い男でいるために、日々気を張り詰め頑張っています。

するとどこかで気を抜き、落ち着ける居場所が欲しいのです。

一人で居ても疲れは癒えない、なぜか気を抜けず頑張ってしまう、さみしい気持ちになるという事もあり、一緒にいて安心して安らげる女性がいるだけで、男性は十分に休息し、また頑張ることがデいるようになります。

プライベートでも気を張っていないといけないような女性と居たくありませんよね。

大人しそうで穏やかな女性居たくなるものなのです。

おとなしい女性は意外とモテる!(まとめ)

明るい女性は男性と距離を縮め、仲良くなるのも早いのですが、恋愛に発展する可能性は低くなるという事ですね。

男性との関わりが積極的ではなく、一見モテなそうな大人しそうな女性の方が意外とモテるのです。

男性にモテるために明るく努力しているのにという女性は、一度力を抜き、大人そうな女性になってみるのも良いかもしれませんよ。