CoCoSiA(ココシア)

おとなしい女性が男性に好かれる18...(続き6)

また、残業などで疲れている姿を見て、そっとコーヒーの差し入れや甘いお菓子をそっとおいてくれた。

などというさりげない優しさも、男性を好きにさせてしまいます。

優しい女性が男性に嫌われるということはほぼなく、優しい女性はかなりの確率で好かれます。

しかし、その優しさを男性のみに向けている女性は女性陣からの反感も買うだけではなく、男性にも感づかれてしまいます。

誰にでも分け隔てなく優しく出来る女性だと良いですね。

18.口数は少ないけど的を得る言葉を発する

長ったらしく説教じみた言葉は、相手を勇気付けたり救ったりするときには向いていません。

悩んでいる時、適確で的を得た答えが欲しいだけで、持論や体験談などはさほど意味がありません。

自分が悩み事を相談されている事に酔いしれているかのように話してしまう女性もいますよね。

しかし、口数は少なく、一見冷たいななんて誤解されそうな女性が的を得たアドバイスをしてくれると、男性はあなたを頼りにしたくなります。

親身に自分の事を考えてくれたのだと感謝し、好意を持つことさえあります。

長々と話すよりも、相手が必要としている答えをズバリ言ってあげたほうが相手のためにな類のですね。

明るい女性はもてない?

明るい女性はなぜもてないのでしょう・・・。

もてない理由をいくつか説明します。

友達止まり

一緒にいると楽しい、笑えるという明るい女性は男性から友人としては好かれます。

ですが、いざ恋愛感情で見れるかというと恋愛感情では見られない、友達としてならいいヤツと思われてしまいやすいのです。

要は相手にドキドキ感を与える事が出来ない女性という事ですね。

気を遣わないといけない

いつも明るい女性は、常に笑顔であったり、あまり自分の気分が落ちているときに顔に出したり言葉にしません。

その為、何を考えているのかが分らないと思われてしまっている場合があります。

一緒にいて悪い気分にはならないけれど、本心ではどう思っているのか見当がつかない為、気を遣ってしまうのですね。

実は相手に気を遣わせず楽しんでほしいと思っているかもしれません。

でも逆に、相手に気を遣わせせてしまっているかもしれませんよ。

楽しい以上はない

明るい女性といると、一緒にいて楽しいのだけれども、それ以上の気持ちが生まれることはないという事ですね。

可愛いと思ったり、守ってあげたいと思ったり、好きだからこそ切ない気持ちになる、やきもち焼くといったことが無くなってしまうのです。

そういった気持ちが全く生まれない限り、恋愛に発展するようなことはないでしょう。

疲れる

いつも明るくテンションが高い女性といると、一緒にいるときは楽しいものです。

しかし、解散した後にドッと疲れを感じられてしまっている場合があります。

自ずと気分が上らず安らぎたい時には会いたくない存在になってしまうのですね。

また、「明るい女性のテンションに合わせなければいけない」と思ってしまう男性も、疲れて素の自分で居られない為、疲れてしまいます。

女性の方が上に感じてしまう

男性は自分がリードしたい、していたほうが楽であるという傾向があるのです。

ですが、明るい女性はみんなの事を考えて物事を仕切ったり進めることが得意なのです。

その率先的な女性といることで自分がリードされている、自分を頼りにしてくれていないと感じてしまいます。

そして、自分が守ってあげなければいけなそうな女性に惹かれるため、明るい女性はモテにくくなってしまいます。

男性の心理を考えよう

男性の心理を考えて行動することで、更に好かれやすい女性になることができますよ。

女性に褒められたい

男性にはプライドというものがあり、自分は凄い、自分は仕事が出来る、女性を幸せに出来る、尊敬される、とにかくカッコイイと考えています。

更に勝つことに意識をむけており、強い男でありたいと思うのです。

すると、そのプライドを守り抜くために日々頑張り、結果を出している自分を誰かに認められたいと思うようになるのです。

そんな時、女性に「あなたは凄い」「頑張っているんだね」「素敵だね」などと褒められると、鼻の下が伸びて照れてしまうほどうれしいのです。

男性を褒めるためには、上から目線で褒めるのではなく、あくまでも下から褒めるようにしましょう。

上から目線で褒めてしまうと、子ども扱いされている、馬鹿にされていると感じます。

プライドが傷つけられたような気持になってしまうのです。

頭をなでたり、過剰に褒めたり、すごいじゃん!などの言い方は避けましょう。