自宅とは、自分の帰る場所であり、人生で平均的に80歳まで生きるとすると65年分は自宅で過ごす時間となります。

働いている時間や外出する時間によって誤差はあるものの、一番長く過ごす場所となることは確かでしょう。

という事は自宅って自分にとってすごく大切な場所ですよね。

そんな自宅が快適な空間ではなく、できれば居たくないと思うような空間だったらどうでしょう。

生活全てにおいて上手くいかなくなりそうですね。

自分の基礎ともなる自宅を快適な空間にし、早く自宅に帰りたい、自宅が一番安らげる好きな場所となれば最高ですよね。

しかし、自宅をどう改善すれば快適な空間となるのでしょうか。

片付けが苦手、片付けているのに散らかって見える、すぐに散らかる、快適ではないなと感じていませんか?

快適な自宅にするための方法、ポイントをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

自宅を快適空間にするために気を付けたい10個のこと

自宅を快適な空間にするためには、ただ単に掃除するというだけでは、最高な場所にはなりません。

では、ずっと居たくなるような快適な空間にするためにはどうしたら良いのでしょうか。

1.収納スペースを考える

まずは収納スペースについて考えましょう。

物が散乱している部屋、ものが積み重なっている部屋、どこに何があるかわからない部屋、快適ですか?

部屋が綺麗に保たれていて、すぐにどこに何かわかるような部屋は、とても快適です。

しかし、もともと自宅の構造的に収納スペースが少ないというご家庭もあります。

そんな場合でも工夫1つで限られた収納スペースにうまく物を収めることが出来るのです。

収納のための場所にこだわらず、使い勝手も考える

その為には、まず収納の為の場所にある概念を捨てましょう。

そして使い勝手も考え、収納スペースをそのまま使うのではなく、ひと手間加えて使いやすい状態を作るのです。

そうすれば、物が多い自宅でもすっきりと片付いた空間を作ることが可能となります。

もう収納する場所なんて無いと思っていても意外と見落としがちな収納できるスペースはたくさんあります。

収納するための家具を増やせば収納できると思いますが、家具が増えると部屋も狭くなってしまいますよね。

そこで見落としがちな収納スペースを活用し、家具を増やさずに収納していきましょう。

ベット下

ベット下は見落としがちですが、意外とたくさん収納できてしまう場所です。

しかし、そのままものを隠すようにおいていけば、使い勝手も悪く見た目もゴタゴタしてしまいます。

そこで100円均一ショップなどで販売されている箱を活用しましょう。

プラスティック製のものだと、湿気にも強く掃除するときもほこりが付きにくいのでおすすめです。

プラスティック製の箱を引き出しのようにベットの下に置き、靴下や下着などの細かい物を入れてみるのはいかがでしょうか。

幅が広い場合はパジャマや部屋着なども収納できますね。

逆にベットの下が狭いというときは高さはあまりない箱を用意し、充電器やコード系のものを収納しておくのも良いです。

少々価格は高くなりますが、木箱などを活用すればかなりおしゃれな収納スペースに見えますよね。

よい箱が見つからず、使い勝手はよく、見た目はスッキリしているけど隠したいな・・・。

という場合は布を使ってミニカーテンのようにして隠すと良いですね。

クローゼットの下


クローゼットに服をかけていますよね。

しかし、その下の部分って空いていませんか?
そこで下の部分に突っ張り棒を付ければもう一段服をかけられますよね。

また、下の部分に突っ張り棒を2本つけ、その上にワイヤーネットなどを張れば、その上にもものを置けるようになります。

帽子やバックを並べても良いですし、普段は履かない靴を一緒にしまっておくことも出来ます。

下の部分を活用し、全身コーデが出来るアイテム類を全て仕舞えば、部屋もスッキリしますし、その場で全身のコーディネートが出来る便利なクローゼットになりますね。

壁を活用

収納という言葉を聞くと、クローゼット・押入れという概念がありませんか?
壁が収納スペースだとはあまり考えませんよね。

しかし壁も使い勝手の良い収納スペースになってくれますよ。

壁にワイヤーネットをつけ、ワイヤーラックを付ければ、普段良く使うものの収納するのが難しい小物系をまとめて収納することが出来ます。

見た目も整いますし、どこに何があるかもわかりやすいですね。

階段下


階段下も収納スペースになりますよね。

現代の新しい家などでは階段下がもともと収納スペースになっているという自宅も多くなっていますが、階段下がもともと収納スペースでは無いという場合でも、そこにカラーボックスやチェストなどを置くことで、様々なものを収納できるスペースとなります。

2.置く物の高さを揃える

部屋に置くもの、家具などの高さは揃えましょう。

物が多いという場合は高さが出てしまうのもしょうがないのですが、出来るだけ低めの家具でそろえることをおすすめします。

高さが高い家具に囲まれていると圧迫感があり、部屋が狭く感じてしまいます。

低い家具でそろえることで、部屋が広く見えます。

高さがチグハグになると、狭く感じる

出来れば高さが低めのものに買い替えたり、同じ高さのラッグにした方が良いので菟Sが、手持ちの家具があり買い替えることはできないが、高さがチグハグであるという場合は、チグハグのままおいてしまうとへYが狭く見えたり、綺麗に片付けていても落ち着かなかったり汚く見えたりしてしまいます。

高さがチグハグな場合は、デコボコに並べるのではなく。

入口手前に高い家具を、そこから徐々にひくくなっつて行くように並べましょう。

そうすることで部屋が広く見えたり、綺麗に見えます。

あまり棚の上などにものを置かないほうが綺麗に見えますが、入りきらず上に置かなければ収まらないという場合は、そのまま置くのではなく、低めの棚の上にもう一段ラッグを置くか、プラスティック製の箱を活用し、その中に入れてから置くと良いですね。

3.家具と内装の雰囲気を合わせる

部屋に置く家具を購入する場合は、自宅の内装に合う物を選びましょう。

例えば和風な自宅に洋風の棚などを置いてしまうのは避け、レトロな雰囲気のあるタンスなどにした方が良いです。

逆に洋風の場合も同じく、洋風な棚など選びましょう。

部屋に一体感が出る

部屋の内装と家具を合わせる事により、部屋に統一感が生まれますね。

統一感が無い部屋はなかなか落ち着かない部屋になってしまいます。

家具のデザインだけを重視して選ばす、部屋に置いた時に統一感があるかという事も気にしましょう。

また、壁や天井が白などの明るい色の場合、天井は高く見えますし、壁はく見えます。

色の影響でせっかく広く見えているのに、暗めの家具ばかり置いて囲んでしまうと狭く見えてしまいます。

白で統一されている部屋であれば、家具も白っぽい色でまとめると、空間が広く見えるのでおすすめです。

4.生活感のない部屋にしない

よく部屋をすっきりと見せたい時、生活感のない部屋を目指しませんか?
ホテルのように生活感のない部屋はもちろん居て気は悪くありませんよね。

しか生活感のない部屋に帰ってきて、本当に安心しますか?心が休まりますか?

なんだか逆に疲れてしまわないでしょうか。

そしてゴミ箱もない、コードもない、ティッシュも置かれていないような部屋、生活感は感じられないものの不便ですよね・・・。

生活をしながら快適に過ごせる部屋を作る

生活感が無い部屋ではなく、生活している部屋なのに綺麗な部屋を目指しませんか?
生活に不自由は無く快適な部屋を作るために、多少の生活感を出すのです。

生活感=汚いではなく、綺麗に整頓されていておしゃれなのに生活感もあるという部屋にしましょう。

そのためにちょっとした工夫を凝ら素のです。

ゴミ箱をおしゃれに

ゴミ箱からゴミが見えていると、生活感丸出しで汚く見えますよね。

しかし、サイドテーブル型のゴミ箱に変えたらどうでしょう。

ゴミ箱の蓋となる部分はサイドテーブルに、ゴミを捨てる口は横についているというものです。

置いてあっても中にゴミが入っているのが見えないので、汚くありません。

更にサイドテーブルになっている部分にはティッシュを置いておくと、使ったらすぐに捨てられるので部屋も汚れにくく手軽で快適ですよね。

また、ゴミ箱なのにゴミ箱に見えないような商品も数多く販売されているので、活用すると良いですね。

コードはまとめる

コード類が伸びきったまま部屋にあると、だらしない部屋になってしまいますよね。

生活感が悪い方向で感じられます。

しかしいちいち畳んでどこかにしまうのも面倒です。

そこで簡単にくるくる巻くだけで纏められて見た目もおしゃれなアイテムを活用するのです。

そうすればコードが散乱することもなく、使うときに引っ張ればすぐに使えるので快適でもあります。

ティッシュ

ティッシュが置かれていると生活感が感じられますが、置いていないのも困ります。

ティッシュボックスは販売されている箱のまま裸で置いておくから嫌な生活感が出てしまうのです。

100均一などでもおしゃれなティッシュボックスケースなどが販売されているので裸で置くのではなくボックスに入れてから置いておくと良いですね。

写真を飾る

生活感が無く、シンプルで片付いた部屋に一人でいると、なんだか孤独でさみしい気持ちに成りませんか?
そんな時は友人や家族の写真をおしゃれな写真立てに入れて飾りましょう。

心地よく落ち着く部屋に一気に近づきますよ。

5.物の置き場所をある程度固定しておく

片付けたらペンが無い!リモコンが無い!ゴムが無い!ハンコは?なんてことになったことはありませんか?
急いでいるときに限って見つからなかったりもしますよね。

ある程度部屋に置くものの場所を固定しましょう。

そして、物置き場所が固定されると片付ける時もその辺に置いてしまわないので散らかりにくく、置く場所が
決まっているので戻すだけと、片付けも楽になります。

いつも違う場所にあることでストレスになる

必要なものが見つかりにくく、使うときに探す部屋にいると、ストレスになり自宅にいて快適だと思えなくなってしまいます。

しかし、文具系はここに、リモコン系はここ、アクセサリーはここへと場所が決まっていると、そこを見れば一目で見つけられるので、かなり快適に過ごせます。

ここでもプラスティック製のボックスを活用し、その中をプたスティック性の板で区切ってものを入れておくことで、小さな小物でも無くすことなく一目ですぐに見つけられますよ。

6.物を溜めない

物を溜めないようにすることも、部屋で快適に過ごすためのポイントです。

物がありすぎると片づけをするのも面倒ですし、見た目もゴタゴタしやすくなります。

また、何年も使用せず置いているとほこりがかぶるので掃除がより必要となります。

要らない物を掃除したり片付けるのってかなり面倒ですよね。

普段使わないものやストック物は処分するか見えないところに置いておく

数か月、数年使用していないな、置きっぱなしだというものは、思い切って処分しましょう。

例えばシーズン物は別ですが、1年間その季節にも使用しなかったものはほとんど必要のないものという事です。

いつか使うかもと思い置いていても、結局いつまでも使用せず置きっぱなしとなるでしょう。

1つ使わないものを取って置くと、次から次へと溜めこむようになってしまいます。

逆にいらないと思ったものを捨てられる力をつけると、いつまでも綺麗な部屋を保てるようになりますよ。

また、つい安いから!いつか使うから!という理由でストック分を購入してしまう事はありませんか?しかしストックしておいたものをいつまでも使わずに忘れ去っていたり、賞味期限切れになっているようなものはありませんか?ストックはなるべくしないほうが部屋を広く快適に使えますよ。

もしストックはやめられないという場合は、そのまま見えるところに置いておいてしまうと、部屋が汚いくなる原因なので、籠などにひとまとめにしてキッチン下や棚の中などにしまい見えないようにしましょう。

7.部屋の間取りやサイズを把握しておく

部屋の間取りやサイズを把握していますか?
部屋には必ず4畳や6畳という間取りがありますよね。

入居する際に確認したのではないでしょうか。

念ためですが、和室は◯畳、洋室は◯帖と記されていますが、大きさは同じです。

しかし、この1畳というのが、畳み一枚分という事は知っていても実際何メートルなの過迄は把握していないという人も少なくないのではないのではないでしょうか。

この畳1枚分のサイズというのは地域によって異なります。

京都をはじめとした関西方面での1畳は955mm×1910mmです。

岐阜や名古屋での1畳は910mm×1820mm、東京をはじめとした関西方面では880mm×1760mm、アパートや団地の場合は850mmから1700mmとなります。

しかしこれでは判断しにくいという事で現在は基準となる大きさとして縦910mm×横1820mmという数値が採用されることが多くなっています。