ライザップのCMで有名になった言葉があります。

それは「コミット」。

それまでもビジネスシーンの中では使われることが多かったものの、いまいち普及しているとまでは言いにくい言葉だったのではないでしょうか。

使っている人の言葉を聞いたことがあっても、「気取っている」という印象を受ける方もいたかもしれませんね。

それでも、コミットという言葉はだんだんと聞かれる機会が多くなってきました。

そこで気になってくるのが、その「コミット」という言葉の正しい使い方と「コミット」できる人の特徴です。

使ってみたい言葉だと思っていても、それがどのような人に当てはまる言葉なのか分かっていなければ、使うこともできませんよね。

コミットっできる人とできない人にはどのような違いがあるのでしょうか。

また、ビジネスの中ではよく使われる「コミット」の力をつけるためにはどうすれば良いのでしょうか。

まだまだ意味を知らない人も多い「コミット」について、詳しく見てみることにしましょう。

️コミットとは

 そもそもコミットとはどのような意味を持った言葉だということができるのでしょうか。

コミットと言われても、「新種のカタカナ用語」という印象しかない人も多いかもしれません。

現在では日本人の英語力が少し上がったこともあり、不思議なカタカナ語が増えている部分もありますよね。

ですが、コミットという言葉は流行する前から使われていた言葉ですし、すぐに消える言葉ではない可能性が高いものです。

きちんと意味を知っておけば、ビジネスシーンで使われているときにでも、正しい対応を取ることができるでしょう。

ここでは、まずはコミットという言葉について解説します。

今まで分からなかったという方は、ぜひ、コミットという言葉の意味をしっかり分かるようにしてくださいね。

英語「commitment」


 コミットという言葉は英語由来です。

英語を勉強していた方は、何となくその言葉を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

元々の英語の単語は「commitment」であり、名詞ですね。

「コミットする」と日本語で同士で使われるような場合には「commit」という英語同士の意味で使われることが多いようです。

意味は「約束する」「委ねる」というようなものになっています。

名詞の意味も同じようなものであり、英語の中で使われているときと使い方がほぼ同じだと考えて間違いありません。

ただし、英語の場合にはネガティブな意味もあり、例えば「犯罪を犯す」「犯人を収監する」というような意味が込められれていることもあります。

こちらの意味は、日本語ではほとんど注目されないので、あまり考えなくて大丈夫です。

ポジティブな意味の方を使っているということに注目してみましょう。

コミットの意味

 もう少し詳しくコミットの意味について見てみることにしましょう。

コミットっという言葉は日本社会の中ではどのような意味を持っている言葉なのでしょうか。

また、どのようなシーンで使われているときに、どのような解釈をできる言葉なのでしょうか。

相手の使っている言葉の意味を正確に理解できるように、いくつかある「コミット」の意味をすべて見てみることにしましょう。

これだけの意味を覚えていれば、間違って使ってしまうことも、間違って相手の言葉を解釈してしまうこともなくなるはずです。

関わり合うこと


 まず、コミットにはかかわりあうという意味が込められています。

関係性を持つということになりますね。

無関係な相手との間にはコミットという言葉は使われません。

そのために「コミットする」という言葉を使う場合には、相手とかかわりあうことが多くなる、知り合うことになるという意味になります。

関係性が今までなかった相手と、これから関わる機械が多くなるような場合にはコミットという言葉を使うことができるでしょう。

最も、日本の中ではこの意味で使われることはあまりにないかもしれません。

関係すること

 かかわりあうことという意味と同様に、関係することという意味も込められています。

この「関係すること」は「関わり合うこと」よりも深い関係を結ぶことを意味しています。

相手との良い関係を築きたい場合にもコミットするという表現で言うことができるということですね。

任せること

 任せることという意味もコミットにはあります。

相手にきちんと任せたい時には「コミットする」という表現を使うことができるということになりますね。

空いてい見を委ねるという意味になっていることもあるでしょう。

例えば、何かに傾倒して夢中になっていることもコミットするという表現をすることがありますが、これは、その対象に対して身も心も捧げるという意味になります。

英語ではよく使われる表現です。

委任・委託すること

 委任・委託することもコミットするという表現の一つの意味ですね。

こちらも任せるという意味ではありますが、より堅いシーンでも使われているということの証拠になるのではないでしょうか。

委任・委託することという表現から分かるように、ビジネスの中で使われる意味の一つとなります。

約束する

 日本社会の中で使われることが多い表現は、何よりも約束するという表現なのではないでしょうか。

相手にきちんと約束をするときに「コミットします」という表現を使うことができるのです。

制約や公約よりはカジュアルな表現の「約束する」ですが、コミットはその幅に関係なく使うことができますから、カジュアルに約束するというときでもコミットするという表現を使って構いません。

明言する

 はっきりと明言するという意味でも使われることがあるのがコミットです。

自分の思っていることや考えを明言するときに、コミットという言葉を使うことができるのです。

それは、自分の発言に責任を持つという意味になることもあります。

また、自分の言葉が正しいということを約束するという意味にもなりますから、ただの明言よりは少し責任感が重くなっているような印象はありますね。

ビジネス用語のコミットの意味

 ビジネスシーンの中ではコミットという言葉が使われることが多くあるでしょう。

最も、一般的な生活の中ではコミットという言葉は滅多に使われることがありません。

主に使われれるのは、今はまだビジネスシーンの中ですから、この中で使われる意味を覚えておかなければ、あまりコミットという言葉を使いこなせるようになれたとは言えませんね。

ビジネスシーン用語として使われる「コミット」の意味について詳しく見てみることにしましょう。

上記を行うこと

 ビジネス用語であったとしても、コミットの意味的には大幅に変わることはありません。

ビジネス用語で使われる言葉のコミットとしては、上記のコミットの意味を行うことだと考えると良いでしょう。

つまり、コミットの意味をきちんと把握していれば使うことができるということになりますね。

コミットにはいくつかの意味がありますから、幅広いシチュエーションで使うことができるような便利な言葉であることには違いないでしょう。

一方で、ビジネスシーンで使われるからこそ意味合いが強くなることもあるのです。

責任の意味合いが強くなる

 ビジネス用語としての「コミット」には責任としての意味合いが強く含まれるようになります。

元々、コミットという言葉には責任と言った意味も含まれていますが、英語で使われる場合には、いつでもそのような責任感を強く感じるわけではありません。

ビジネスの中で使われるからこそ自分が責任をもってやり遂げることを約束するという意味が強くなるのです。

ただ単に約束すると口にするよりも責任感が重くなりますから、大きな仕事を任されたとき、取引先に信頼を口にされたときに使ってみても良いかもしれません。

ただし気を付けなければいけないのは、コミットという言葉が必ずしも普及しているわけではないということです。

相手の会社であまり使われない言葉なら、コミットという単語を使うと怪訝な顔をされるかもしれません。

また、堅い言葉ではないために、逆に責任感があるのかどうか疑問に思われてしまうこともあるかもしれませんね。

コミットという言葉を使いたい場合には、相手がその言葉を知っているのかどうかを、きちんと見極めるようにすると良いでしょう。

ライザップで広まったコミット

 ビジネスシーンでは以前から使われることの多かった言葉ではありますが、それでもすべての社会人がコミットという単語を知っていたわけではありません。

外資系の企業など、英語を使うことが多い人の間では広まっていたかもしれませんが、普通のサラリーマンの場合には、やはり一般人と同じくらいにしか「コミット」の意味を知らないとも言われています。

また、ビジネスマンが一般人より知っているとはいっても、それほど大きな差があるわけではありませんから、やはり、最近出てきた言葉であることには違いがないでしょう。

そんなコミットという言葉が浸透し始めたのは、ライザップのおかげです。

ライザップはダイエットを専門とするパーソナルトレーニングのジムですよね。

電車内の広告やCMが印象的で、何となく覚えてしまったという人もいるのではないでしょうか。

痩せる前と痩せた後の写真のインパクトが強く、体育会系のダイエットというイメージを持っている人もいるかもしれません。

中には、厳しそうで怖いという印象を持たれる方もいるでしょう。

どちらにしても、その広告が人の心に残るものであることには違いないのです。

そんな広告の中で印象的に使われていた言葉が「コミットする」というものだったのです。

このライザップのCMについてもう少し詳しく見てみることにしましょう。

「結果にコミットする」

 ライザップのCMの中で使われていた時には「結果にコミットする」という使われ方でした。

結果にコミットするという意味はともかくとして、そのCMのインパクトと厳しそうなイメージから、何となく分かってしまったという方が多いでしょう。

それほど浸透している言葉ではないはずですが、インパクトのあるCMと共に、聞き慣れないカタカナ言葉、それでも何となく格好良いと思った方が多いのではないでしょうか。

実際に、この「結果にコミットする」というキャッチフレーズを聞いても、詳しくは意味が分からないという方が多いようです。

ですが、その印象からぼんやりしたことは分かったような気になるところが、CMの威力ですね。

責任を持って結果を約束する

 ライザップのCMで使われている「結果にコミットする」という言葉の意味は「責任をもって結果を約束する」という意味です。

元々、日本社会の中で使われる「コミット」には責任感を強く持つという意味が強くあります。

そのため、「コミットする」という表現を使うことで「ライザップは責任感を持って導きます」という印象を強めているのです。

また、コミットには「約束」という意味も込められています。

これで「責任感を持って導くことを約束します」という意味になりますよね。

「結果にコミットする」というのは、とても短い表現です。

ですが、その中に「責任」「約束」などの、相手に信頼してもらうためのキーワードが複数個含まれていると考えると、このライザップのキャッチフレーズの秀逸さが分かるのではないでしょうか。

また、コミットという言葉の便利さを証明する使い方であることも間違いないでしょう。

コミットがある人とは

 ここまでコミットという言葉の意味について見てきました。

それでは、コミット力がある人というのはどのような人なのでしょうか。

コミット力とはどのようなものなのでしょうか。

ビジネスシーンの中で「できる」と言われる人、人間関係の中で「誠実だ」と言われる人はコミット力を持っている人です。

コミット力を持っている人の特徴には何があるのでしょうか。

️コミットがある人の8の特徴

 ここで詳しくコミット力がある人の特徴について見てみることにしましょう。

コミット力があると言われても、最初はイメージがわかないものです。

コミットの意味すら知らなかったという人にとっては、具体例がなくてはピンと来ていないかもしれません。

ですが、周りのコミット力がある人を見ていると、大体どのような人か分かるのではないでしょうか。

周りに以下に挙げるような特徴のある人がいないか見てみましょう。

意外と近くに「コミット力人富んだ人」を見つけることができるかもしれませんね。

有言実行

 コミット力がある人は、有言実行な人が多いでしょう。

有言実行というのは、コミット力を見せるためには絶対に必要なことに違いありません。

なぜなら、有言実行は「自分の言葉に責任を持っている」ということになるからです。

日本社会の中で使われる「コミット」には、責任という言葉のイメージが深く関わっています。

きちんと自分のしていることに責任を持てなければ、それはコミット力があるとは言えないということなのです。

つまり、有言実行な人は、自分の言葉に責任を持っているということになるので、コミット力があるということになりますね。

「この人に頼んだから絶対に最後までやってくれそう」と人に思わせることが大切なのです。

自信がある

 コミット力は、ある程度自信がある人にあるのではないでしょうか。

自分の能力に自信を持っていない人は、人に対して約束することを嫌がりますよね。

自信がないのに「結果にコミットします」とは絶対に言えないのです。

だからこそ、しっかりと自分の能力に自信を持っている人にはコミット力があると言えるでしょう。

身を委ねてしまっても大丈夫だと思ってもらえるようなしっかりした自信がある人の言葉は、きちんと信じることができますよね。

最も、自信があると言っても、ナルシズムになるほどの自信は要りません。

自分の能力を適切に評価して、弱音を見せないようなところがコミット力に繋がるのです。

過剰に自信を持つ必要はありませんし、自分の能力を過小評価する必要もないという単純なことなのです。

失敗を怖がらない

 コミット力がある人は、失敗を怖がらないという特徴もあります。

それは当たり前の話かもしれません。

「結果を約束する」などという言葉は、一歩間違えれば大言壮語となります。

ビッグマウスだと言われてしまうこともあるのです。

自信のある言葉を口にできる人というのは、自分の能力に自信があるだけではなく、失敗を怖がっていない強い気持ちがあるのです。

コミットするという言葉は、未来を賭ける意味にもなりますから、きちんとコミット力があると言われている人は、その賭けに乗ることができる失敗を怖がらないという特徴があるのかもしれません。

諦めない

 コミット力がある人は、諦めない強い気持ちを持っていることが多いですね。

最後まであきらめずに行うことも大切ですし、もう駄目だと思っているときにもあきらめずに粘り続けることで成果につながるのです。

コミットするというのは、結果を約束するということでもあります。

その結果を出すためには諦めない強い気持ちを持っていなければいけないので、粘り続ける強さ、諦めない精神力というのは、コミット力のためには必須だと言えるでしょう。

意欲がある

 コミット力がある人には、意欲が見られることも多くあります。

意欲がなければ、コミットするという強い言葉に似合わないですよね。

最も、意欲がなくても成果を出すことができる人もいます。

確かに、実力面ではコミット力があると言えるでしょう。

ですが、そういった人はとても稀で、コミット力がある人の多くはとても意欲があるはずです。

意欲があるからこそ、きちんと自分の言葉に責任を持つこともできますし、結果を出すこともできるのです。

そしてそれが次の仕事に繋がり、さらなるコミット力へとつながっていくのです。

連絡をしっかりする

 コミット力がある人は、全体的に信頼感の強い人のことを言います。

皆様は、どのような人を信頼することができるでしょうか。

色々なポイントがあることと思いますがその中でも、きちんと連絡をしてくれる人というのは、信頼するに足る人だと思われるのではないでしょうか。

連絡というのはとても大切で、人間は自分の手元に情報がなければ不安になってしまうものなのです。

連絡をしっかりしてくれる人を相手にしていると、不安なことがなくなるので、その人に対して信頼感が出てきますよね。

つまり、自分の心や信頼を預けても大丈夫な相手だと思われるということになります。

小さなことではありますが、信頼感を持ってもらうということには、連絡がとても大切です。

これがコミット力の有無に繋がるのです。

成果を出す

 いくら口ではうまいことを言っていたとしても、結果が出ていなければ何も信用することができないというのは当たり前の話ですよね。

失敗した時の対応ももちろん大切なことではありますが、きちんとコミット力がある人は、それなりに成果もきちんと出しています。

成果を出すこともできずに責任感があるだけでは全く意味がないですからね。

成果を出すことというのは難しいかもしれませんが、きちんとコミット力があると思われるためには、自分が口にした約束wきちんと守れるようでなければいけません。

厳しいですが、成果を出すことができるような能力を持っていることも、コミット力のためには必要なことだと考えましょう。

責任感がある

 日本の社会の中で使われる「コミット」には責任感が強く関係しています。

「コミットする」という表現は一般的には「責任をもって行い、結果を約束する」という意味になるからです。

コミット力のある人一口に言っても色々な特徴がありますが、一言で言えば「責任感のある人」という言い方をすることもできるかもしれません。

きちんと責任感がなければ、相手に信頼してもらうこともできないからです。

責任感を持って物事を成し遂げようとする人のことは、信頼することができますし、そういった人の「約束します」は信じることができますよね。

これこそがコミット力と言われるものなのです。

️コミット力をつける方法

 コミット力はビジネスシーンの中ではとても役に立つものです。

また、ただ単に誰かと人間関係を築くうえでも、身に着けておいて損のない力であることには違いないでしょう。

コミット力は、あれば誠実な人間だと思われることになりますから、印象を上げるためには必要な力だと言えるのです。

それでは、コミット力をつける方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

つけておいて損はないコミット力ですが、そう簡単につけることができるとは限りませんよね。

コミット力がつけられるいくつかの方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

後回しにしない

 コミット力をつけるためには、きちんと誠実に物事に向き合うことが必要です。

そもそも、責任感や約束と言った意味が強い言葉なのですから、そこから逃げようとしている人にコミット力があるとは思えません。

だからこそ、問題を後回しにしない姿勢が大切なのです。

大切なことを後回しにして逃げている人に責任感を感じることはありませんし、それでは誠実な対応とは言えません。

コミット力をしっかりと身に付けたい人は、まずは逃げることをやめて後回しにしない体勢で物事に臨んでみましょう。

しっかりと自分の仕事に向き合っている姿勢は「約束を守り」「責任感を持って」仕事に取り組んでいるように見えます。

この姿勢こそがコミット力だと言えるのではないでしょうか。

自分から動く

 自分から動くという姿勢もコミット力をつけるためには必要ですね。

人は、自分から何もしないような人間よりも、自分から精力的に働いている人間の方に強く惹かれるものです。

確かにどちらの人間も極めていれば役に立つことには違いがありません。

コミットという言葉には、約束という意味もありますし、責任というイメージもありますが、委任というイメージもあります。

自分からしっかり動くことのできる人間は、何かを任せてもきちんとしてくれるだろうと人に思わせる力を持っているのです。

そして、その「何かを任せても大丈夫だろう」と思わせることこそが「コミット力」だと言えるのです。

しっかりとコミット力を身に着けるためには、物事に対して自分から積極的に動くことにしてみましょう。

そうすれば、きちんと周りの人は評価してくれるはずですし、コミット力が見に着いたと言えるようになるはずです。

言い訳をしない

 コミット力がある人は、きちんとした責任感を持っている人です。

責任感を持って誠実に物事に取り組んでいる人は、失敗した時でも誰かのせいにすることがありません。

また、失敗の原因を他のものに擦り付けて逃げるような子とはしないでしょう。

つまり、失敗の言い訳をしないということになるのです。

責任というのは、良いことが続いているときにのみ発生するわけではありません。

むしろ失敗した時にこそ、責任の質が見えてくるものなのです。

責任感があるということを周囲に示すためには、失敗した時の対応に失敗しないことが必要です。

失敗して言い訳ばかりしている人は格好が悪いですよね。

失敗した時に潔くそれを認めることができるような人こそ、コミット力があると認められるのです。

コミット力を身に付けたいと思っている人は、失敗の時に言い訳をしないように気をつけて見ましょう。

真面目になる

 コミット力がある人というのは、基本的にはとても真面目です。

真面目で誠実に物事に向き合うようなところがあるために、相手に対して誠実な約束をすることができるのです。

また、自分の発言に背筋を持つこともできるでしょう。

不真面目な人は、そうした約束や責任からは程遠いように見えてしまうものです。

コミット力を身に付けたいと思っているときには、まずは真面目になるように努力しましょう。

最初は普段の生活はどうでも良いので、オンとオフをしっかりと切り分けるようにして見ると良いですね。

オンのときに真面目になれるようにすれば、まずはビジネスシーンでのコミット力が身に付きますよ。

最後までやりきる

 コミット力を身に着けるためには、自分に割り振られた物事を全て最後までやり切るようにして見ましょう。

自分でやり切ることができるというのは、その物事に対して責任をもって最後まで面倒を見るということになります。

これらの姿勢があれば、相手から信頼してもらうことができますし、自分の発する「責任」という言葉に重みが出てくるでしょう。

言葉に重みが出てくるようになり、相手から姿勢に信頼を置いてもらうことができるようになったら、そのときには望んでいた「コミット力」が身についているということになるはずですよ。

目標をつくる

 コミット力というのは、身に着けておくと便利な能力であることに違いはありません。

ですが、だからといって身に着けるのがとても難しい理由は、それがとても漠然としたものだからです。

漠然としてどうすることもできないものなので、それを身に付けようとしても、フワフワと漂っているようで手の中につかめないという印象がありませんか?だからこそ、コミット力をきちんと身に付けたいと思っている方は、まずは目標を立てることが大切です。

しっかりとした目標を立てることで、漠然としたコミット力をしっかりと自分の力にすることができるのです。

コミット力を身に着けるための方法を、いくつか自分の周りのものに置き換えてみましょう。

例えば、「最後までやり遂げる」というのは「途中で帰らずに、目標にしていたところまでやり切ってから帰る」などの具体的なものに変えることができます。

具体的な目標があることで、コミット力を身に着けるのが容易になるに違いありません。

️仕事の中で大切なコミット力

 いかがでしたか?
 「コミット」について理解することはできましたでしょうか。

コミット力はビジネスシーンの中ではとても大切な力となりますし、ビジネスシーンの中ではコミットという言葉が使われることが多くあります。

元々、CMなどで有名なる前からコミットという言葉は使われていたようですし、知っていて当たり前だと思っている人もいるでしょう。

「コミットする」「コミット力」という言葉は、知っていて損はありませんし、自分でも使えるようになっていると良いかもしれませんね。

また、言葉を覚えるだけではなく、実際にコミット力をきちんと身に着けておくことがビジネスの中では大切になってきます。

仕事をきちんとできて、信頼を置かれる人というのはコミット力がある人です。

コミット力を持っている人になることができれば、仕事でも役に立つことができる機会が増えるでしょう。

仕事の中ではコミットという言葉も力もどちらも必要になってきます。

これを機に、コミットという言葉は色々な意味で身につけて見ると良いのではないでしょうか。

きちんとしたコミット力を身に着けて、人よりも信頼される素敵なビジネスシーンを演出してくださいね。