CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

コミットがある人の8個の特徴と、ない人もコミット力をつける方法


ライザップのCMで有名になった言葉があります。

それは「コミット」。

それまでもビジネスシーンの中では使われることが多かったものの、いまいち普及しているとまでは言いにくい言葉だったのではないでしょうか。

使っている人の言葉を聞いたことがあっても、「気取っている」という印象を受ける方もいたかもしれませんね。

それでも、コミットという言葉はだんだんと聞かれる機会が多くなってきました。

そこで気になってくるのが、その「コミット」という言葉の正しい使い方と「コミット」できる人の特徴です。

使ってみたい言葉だと思っていても、それがどのような人に当てはまる言葉なのか分かっていなければ、使うこともできませんよね。

コミットっできる人とできない人にはどのような違いがあるのでしょうか。

また、ビジネスの中ではよく使われる「コミット」の力をつけるためにはどうすれば良いのでしょうか。

まだまだ意味を知らない人も多い「コミット」について、詳しく見てみることにしましょう。

️コミットとは

 そもそもコミットとはどのような意味を持った言葉だということができるのでしょうか。

コミットと言われても、「新種のカタカナ用語」という印象しかない人も多いかもしれません。

現在では日本人の英語力が少し上がったこともあり、不思議なカタカナ語が増えている部分もありますよね。

ですが、コミットという言葉は流行する前から使われていた言葉ですし、すぐに消える言葉ではない可能性が高いものです。

きちんと意味を知っておけば、ビジネスシーンで使われているときにでも、正しい対応を取ることができるでしょう。

ここでは、まずはコミットという言葉について解説します。

今まで分からなかったという方は、ぜひ、コミットという言葉の意味をしっかり分かるようにしてくださいね。

英語「commitment」


 コミットという言葉は英語由来です。

英語を勉強していた方は、何となくその言葉を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

元々の英語の単語は「commitment」であり、名詞ですね。

「コミットする」と日本語で同士で使われるような場合には「commit」という英語同士の意味で使われることが多いようです。

意味は「約束する」「委ねる」というようなものになっています。

名詞の意味も同じようなものであり、英語の中で使われているときと使い方がほぼ同じだと考えて間違いありません。

ただし、英語の場合にはネガティブな意味もあり、例えば「犯罪を犯す」「犯人を収監する」というような意味が込められれていることもあります。

こちらの意味は、日本語ではほとんど注目されないので、あまり考えなくて大丈夫です。

ポジティブな意味の方を使っているということに注目してみましょう。

コミットの意味

 もう少し詳しくコミットの意味について見てみることにしましょう。

コミットっという言葉は日本社会の中ではどのような意味を持っている言葉なのでしょうか。

また、どのようなシーンで使われているときに、どのような解釈をできる言葉なのでしょうか。

相手の使っている言葉の意味を正確に理解できるように、いくつかある「コミット」の意味をすべて見てみることにしましょう。

これだけの意味を覚えていれば、間違って使ってしまうことも、間違って相手の言葉を解釈してしまうこともなくなるはずです。

関わり合うこと


 まず、コミットにはかかわりあうという意味が込められています。

関係性を持つということになりますね。

無関係な相手との間にはコミットという言葉は使われません。

そのために「コミットする」という言葉を使う場合には、相手とかかわりあうことが多くなる、知り合うことになるという意味になります。

関係性が今までなかった相手と、これから関わる機械が多くなるような場合にはコミットという言葉を使うことができるでしょう。

最も、日本の中ではこの意味で使われることはあまりにないかもしれません。

関係すること

 かかわりあうことという意味と同様に、関係することという意味も込められています。

この「関係すること」は「関わり合うこと」よりも深い関係を結ぶことを意味しています。

ページトップ