CoCoSiA(ココシア)

敬遠されがちな人の21個の特徴


皆さんの知っている人の中に、敬遠されている人はいますか?今頭に「あの人がそうだな」と心に浮かんだ方、何故その人が敬遠されていると思うのでしょうか?そもそも敬遠ってどういう意味なのでしょうか?

イメージ的には、とっつきにくい人、嫌われている人というのが思い浮かびますが、この言葉に使われている漢字は「敬う」と「遠い」ですよね。

この二つの言葉からは、嫌われているというようなマイナスのイメージは思い浮かびません。

このページにたどり着いた方の中には、もしかすると「自分はみんなから敬遠されているのかもしれない」と不安になり、検索してお読み頂いている方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、敬遠されがちな人の特徴をいくつかご紹介したいと思います。

️敬遠されがちな人、周りにいる?

敬遠されている人、敬遠されがちな人は、あなたの周りにはいますか?敬遠されているってどういう状態を言うのかわからないので、何とも言えないと思われている方もいらっしゃることと思います。

また、周りに結構敬遠されている人や、既に敬遠されがちな人の特徴が何となくわかっていると言う人もいるでしょうね。

ご自身が、敬遠されていると感じ取って悩んでおられる方ももちろんいるでしょう。

でも、あなたが思っている「敬遠されがちな人」は本当に敬遠されているのでしょうか?またご自身は本当に敬遠されているのでしょうか?ひとつずつ考えていきましょう。

️敬遠ってどういう意味?


敬遠ってどういう意味なのか調べたことはありますか?先程も述べましたが、敬遠とは「敬う」「遠い」の二つの言葉が合体してできた熟語です。

この漢字の意味そのままから考えると、なんだか相手を尊敬しているようにも取れませんか?「あまりにも尊敬しすぎて、遠い存在である」なんて意味があってもおかしくないですよね。

しかし、実際の敬遠の意味はそれとは正反対なんです。

これは少し寂しいことですよね。

人の悩み事の大半は、人間関係ですが、この敬遠も人間関係に関係する言葉のようですよ。

敬遠の本当の意味を、少しドキドキしますが解明して行きましょう。

どんなことでも、知ることはとても大切なことなのですから。

敬遠の意味

他の言葉と同じように、敬遠にもいくつかの意味があります。

調べましたところ、「敬遠」には下記に挙げられるようないくつかの意味を持っていることがわかりました。

ひとつずつ見て行きますね。

表面でうやまったフリをして近づくのを避けること

「敬遠」の意味を調べると、一番最初に出てくるのがこの意味です。

先程申し上げた意味とはずいぶん違うようで驚きですよね。

なんと、敬遠の「敬」は、同じ敬うでも敬っている「フリ」をするという意味なのだそうです。

表向きは、「あなたを尊敬しています」という態度をとっておいて、心の中では「この人から離れたい」と思っているなんて衝撃的な意味です。

しかし、敬遠されてしまう人はどうして、他人からこのような裏腹な態度を取られなくてはならないのでしょうか?

敬遠されてしまう人って、どんな性格の人を言うのでしょうか?それとも見た目で判断されるのでしょうか?

関わりを持つことを嫌って避けること


これも上記と同じような意味合いになるのですが、「関わりを持つことを嫌がられる」というのも、よほどのことですよね。

ただし、これは一度関わりを持ったうえで偉い目に遭ったので、そのことがきっかけで避けるようになったというように、最初から関わりを持つのが嫌だったわけではないという意味にも取れます。

人間関係は、本当にさまざまなケースがあります。

最初は仲良くできていても、何かのきっかけで疎遠になってしまったり、近づきたく無くなったりと言うこともあるでしょう。

逆に、最初の印象は最悪だったのに、今では大親友だと言うことも少なくありません。

しかし、この関わりを持つことを嫌って避けるというのは、よほどのことがないとそう思いません。

このお話しの本題は、「敬遠されがちな人の特徴」ですが、もし特徴として浮かび上がって来るのであれば、それを知ることで自分が敬遠されないように努力することも重要です。

野球で故意に四球を与えること

野球の基本的なルールですが、野球は攻めと守りに分かれてチーム対抗で行うゲームです。

ピッチャー(守り側)が投げたボールをバッター(攻め側)が打ちますよね。

投げられたボールを打てるチャンスは3回あります。

ただし、これは3回ともストライクゾーンに投げられたボールに限ります。

一方、ピッチャーはボールを投げるチャンスが4回あります。

3回ストライクゾーンに投げた時点で次のバッターに変更になりますが、4回ともストライクゾーンに投げることができなければ、相手(攻め側)は、打たずして1塁に進むことができます。

野球は、守りの側から見れば、いかに点を取られないようにするのかというゲームです。

ですので、例えば2塁・3塁に既にランナーがいる場合で、さらにバッターがかなりの確率でヒットやホームランを出す名選手であれば、打たれた場合あっという間に3点取られてしまいますよね。

このような場合、得点を取られるのを回避するために、わざとストライクゾーンから外して投げ、できるだけ得点を取られないようにすること、この作戦を「敬遠」と呼んでいます。

野球の世界ではしばしば敬遠について「ずるい」とか「男らしくない」などと言われることがありますが、これは公式な作戦として認められている行為です。

つまり敬遠されがちな人とは

野球の敬遠と、人のコミュニケーション上での敬遠はさほど関係が無いように思えますが、つまり、敬遠されがちな人というのは、こちらが気を使わなければならないようなややこしい人物、尊敬していると見せかけなければ、あとでややこしくなるのというような人間のことを意味します。