CoCoSiA(ココシア)

イケメン彼氏を持って大変だった6個のこと

女性のみなさん、恋愛は上手くいっているでしょうか?

他人と付き合うという事は思いもしない事が起こったり、

自分では考えられないような事を相手に言われたり、驚かされる事が多いと思います。

特に相手が「恋人」であれば共有する時間も他の人より自然と多くなり、こういった悩みを持つ事は尚更のことです。

なかには納得いかないけど「好きだから我慢しなきゃ」と思ったり、また思う事を相手に強制される事もあるかも知れません。

そこで今回は「イケメン彼氏」を持った時の女性の苦悩をまとめて、

恋愛の「お付き合い」、「結婚」などの将来性も視野に入れて、「イケメン」の生態を暴いていきたいと思います。

あなたの「イケメン彼氏」は大丈夫ですか?

イケメン彼氏だと幸せいっぱい悩みもいっぱい

そりゃ全ての女性は、「カッコいい彼」の方が良いですよね?それはそうです。

しかしあなたから見て、その彼が「カッコいい」のならば、周りの人から見ても同じく「カッコいい」はずです。

この他者から見ても「カッコいい」という事がたまに「悪くはたらいてしまう事」は大いに有り得ることで、

実際にこういった事から、イケメン彼氏を持つ世の多くの女性が結果的に「泣かされてきた」という経緯があるのではないでしょうか?

確かに「恋人がカッコいい事が良い」と思います。

しかし、それが「たまにキズ」という事もあるんですよね?

今回はそういったイケメン彼氏の「たまにキズ案件」を皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

イケメン彼氏を持つ女子の6つの苦悩

実際に「イケメン彼氏」を持つ女性の体験を調べてみると、「6つの苦悩」というキーワードが浮かび上がりました。

この「6つの苦悩」に当てはまるようでしたら、もしかしたらあなたの彼氏は今後「要注意」かも知れません。

その後の結婚なども視野に入れている場合は、一度立ち止って少し考えてみるのも良いかもしれません。

ではここからそのイケメン彼氏を持つ女性の「6つの悩み」について論じていきたいと思います。

あなたの彼氏さんとの生活で一体どれだけこの「6つの苦悩」に当てはまるものがあるでしょうか?では見ていきましょう。

1.とにかくモテる

「イケメン」なのですから、とにかく「モテる」でしょう。

前述でも書きましたが、女性であるあなたがその男性を「カッコいい」と思っている訳ですから、

他の女子はあなたの彼氏を「そのままにはしておきません」。

そもそも傍から見たら、あなたの彼氏に「彼女がいるかどうか」が他人からは分からない時だってあります。

そんな時、あなたの大切な彼氏さんに「アプローチ」を掛けてくる女性がいたら、あなたの彼氏さんは一体どのように振舞うでしょうか?

きちんと「俺、可愛くて可愛くて仕方ない大切な彼女がいるから」と向こうの申し出を断っているでしょうかね?

ラブレターをもらったり告白されたり

学生時代にはよくありました。

「ラブレター」。

下駄箱に入ってたり、知らない内に机に入れられてたり、恥ずかしいからと誰かに間接的に渡されたりと、

その発見方法はさまざまですが、告白と言えばやはり「ラブレター」でしょう。

今は「LINE」などのSNSの場合が多いでしょうから、疑い深くても「彼氏の携帯を盗み見る事」も罪悪感があってなかなかできる事ではないですよね?

もし、違う女性に告白されていたとしても多くの場合は、気付かない、分からない事が多いのかも知れません。

相手が隠していたら、もう「信じる」しかありません。

自分と一緒に居ない間はどうしているんだろう?と思うでしょうし、

彼氏さんが「イケメン」なら何処かでよろしくやっているかも知れないと思うと不安で夜も眠れませんよね?
 

食事の誘いが途絶えない

次のデートの約束を決める時、「あぁダメだ、その日は○○さん達と食事の約束があるから…」、

「ええっと○○日なんだけどさぁ、××さんに食事に誘われてるんだけどどうかなぁ…」と言われて、

彼女であるあなたとの大事なデートを断られる事もあるようですね。

その食事のお誘いが「仕事関係」や「複数人」との食事なら、まだ安心できるところもありますが、それが全て「嘘」だとしたらもうそれは不安でしかないでしょう。

疑念が疑念を呼ぶ事に成ってしまうと思います。

しかし、疑念があるからといって証拠もないのに疑うと、ケンカやもしかしたら「束縛女」と言われ別れ話をされる事もあるかも知れません。