CoCoSiA(ココシア)

イケメン彼氏を持って大変だった6個...(続き2)

本当に「仕事関連」の食事かもしれませんしね?

彼女としては大いに悩めるところです。

バレンタインのチョコが多い

特に傍から見ていて分かりやすいのが「バレンタインデーのチョコ」ですよね?モテていない男は何となくの見た目で分かります。

足早に去って行ったり、いつまでも変に居残りしたりとか、いつもと完全に違った不自然な行動を取ります。

不自然な行動と言えば、チョコを貰っている男はどうでしょうか?

そんな中あなたの彼氏さんはどうですか?バレンタインデーのチョコはどうしているでしょうか?

正直に「会社の○○さんから義理チョコもらったよぉ」とかきちんと彼女であるあなたに報告しているでしょうか?

言ってなかったらちょっと危ないかも知れません。

あなたとは別の女性から「愛の告白」をされてあなたの彼氏さんはきちんと断れているでしょうか?

「バレンタインデー」の時は要注意ですよね?

2.女友達が多い遊び人

つづいては「イケメン」には本当に多い、「女友達」との交友関係です。

これも付き合う上で大きなトラブル、悩みの種になっているようです。

あなたの彼氏さんは大丈夫ですか?

予定が多くて忙しい

「イケメン彼氏」はとにかく「忙しい」です。

「本当かどうかは分かりません」が、とにかくいつでも「予定」が入っています。

もしかしたら、「その日?何にもなかったら連絡するわ」とか言って、結局すっぽかされる事もあるかも知れません。

そんな時通常は、「今現在予定が無いんだから、その日を抑えられるはず」なのに、

「予定がなかったら」とか、「確認して後でまた連絡する」などの答え方は「非常に危険」かも知れません。

考え過ぎと言われるかも知れませんが、それならそれで良いでしょう。

しかし、「もし他の女性との約束を取るために、週末等の予定は極力空けておきたいから、今は保留」という論理なら、

予定を空けさせておくことで、「イケメン彼氏」は他の人物と新たな予定を組んで遊びに行ってしまうかも知れません。

友達優先される

「今度、地元の友達と飲みに行くから、その日は会えない」という断り文句を、あなたは何度聞いた事がありますか?

度々「イケメン彼氏彼女よりも友人を優先する事」が世間ではよく指摘されています。

前述のように始めから予定を抑えようとしても、「あぁ、ごめん、その日はパス」とか言われて、「友人と飲み会」。

確かに「男友達」との交友関係にまでは、いかに彼女でも入り込み過ぎる事も出来ず、仕方なく了承しその日は諦め、会えなくなるという事は結構多いようです。

しかもその友達、「本当に男だけ」ですかね?疑心暗鬼になっても確かめようがなければ悩んでも仕方ない事ですが、本当に男だけかは誰にも分かりません。

あまりに友達優先にされる時は、頭ごなしに言っても聞かないでしょうから、「何か条件を付ける」、「2人の間でルールを決める」などで、

彼氏をコントロールする事を考えないと、「放し飼い」のままでは危ないかもしれません。

3.浮気症である

これが一番女性は堪えると思いますが、彼氏が「浮気症であること」も挙げられます。

「イケメン」だからこそ、やはり他の女性にもモテてしまうのが世の常です。

あなたの事を想い、他の女性の申し出を断ってくれるような男ならいいですが、「一度しかない人生」、

男は欲望に打ち勝てるのかというと中々難しいところがあるようですね?

昨今の芸能人のスキャンダルでもこの「浮気・不倫」がよく取り沙汰されている状況がありますしね?

分かっていても「我慢出来ない」んでしょうね?「本当、男って…」と女性の嘆きが聞こえてきそうです。

1番怖いのは来るもの拒まずタイプ

浮気症の男で最も厄介なタイプが、「来るもの拒まずタイプ」でしょう。

相手の女性が悲しそうにしていたからという「訳のわからん理由」で慰めた結果、行き過ぎて「浮気」なんて事もよくあるようです。

相手に求められたら、「断る理由が無い」、「断り切れない」のは要注意です。

あなたの彼氏さんは「押しに弱い男性」ではないでしょうか?もしかしたら何の「罪悪感もなく」、他の女性と「浮気関係」になっているかも知れません。

浮気に対し「罪悪感が無ければ、治す事は難しい」かもしれません。

何が悪いのか?どうしていたら良かったのか?など一から十まで教えないと理解してくれないかも知れません。

しかし、「浮気がちゃんと悪い事と理解する事が出来れば」、自然と無くなる事もあるかも知れません。

ですので最も厄介なのが、「自覚症状があるのに止められない」、正に「浮気症の男」です。

彼氏さんの事を想う気持ちはあるかも知れませんが、もし「結婚」が出来たとしても今は離婚率が非常に高い時代です。