昨年のプロ野球で見事リーグ優勝を飾った広島東洋カープ。

緒方監督の「神ってる」が流行語大賞にもなり話題となりましたよね。

実に25年振りの快挙という事で、全国のカープファンも大いに盛り上がりました。

そんな広島東洋カープを優勝に導いた理由の一つとして、カープ女子の存在という噂があるのをご存知でしょうか。

今回は気になるカープ女子についてまとめてみました。

カープ女子を徹底解析!

最近色々なメディアで取り上げられているカープ女子という言葉ですが、一般的なカープファンとは何か違いがあるのでしょうか。

ここからはカープ女子について徹底解析をしていきます。

1.カープ女子の定義


カープ女子とはその名の通り、広島東洋カープファンの女性の事です。

地元広島限定という事では無く、特に関東圏に属している広島東洋カープファン女性の事を指す事が多いようです。

また、カープ女子の定義はこれといって決まりはありませんが、人によっては最低限野球のルールを知っている事、広島東洋カープの選手を知っている事、広島東洋カープの常にファンでいる事など所説あるようです。

裏を返せばはっきりとした定義が無い事く、自分の気持ち次第でカープ女子を名乗れるところも急増した要因なのかも知れませんね。

2.いつ頃に出来た言葉?

カープ女子という言葉が使われるようになったのは、2013年9月30日にNHKで放送されたニュースウォッチ9の番組内で関東圏でのカープファンの女性が紹介された事がきっかけとなったと言われています。

以前からも広島東洋カープファンの女性はたくさんいましたが、ここ数年の間で関東圏でカープファン女性が急増しているという事がカープ女子の始まりとなっているようですね。

3.もともとは「カープガール」

そんなカープ女子ですが、以前はカープガールズと呼ばれており、2011年頃のスポーツ新聞などで広島東洋カープを応援する女性ファンが急増していると事が報じられるようになりました。

この頃から、徐々にカープファンの女性が注目されてきていたのですね。

また、広島東洋カープには以前から「レディースカープ」という女性限定のファンクラブを設けています。

カープ女子の増加に伴ってここ数年の応募者数も増えており、しかも会員期間が定められているので、レディースカープの会員になり続ける事はまさに至難の業と言えます。

それでも、カープ女子であれば一度は当選してみたいものですよね。

晴れて会員になれた暁には、可愛いデザインの会員証の他にも、会員特典としてMAZDAZoom-Zoomスタジアムでのカープ公式戦の入場料が無料となるサービスや、女性向けの会員記念グッズなどを得られるなどカープ女子には嬉しい事ばかりです。

4.カープ女子が増えている背景


ここ数年の間で着実に増え続けているカープ女子。

これには一体どのような背景があったのでしょうか。

ここからは考えられる説について幾つかご紹介します。

1.独立採算球団

広島東洋カープはプロ野球全12球団の中でも、唯一の独立採算球団です。

球団を設立した1950年以降一度も親会社となる企業の傘下に入った事が無く、他の球団とは特異な歴史を持っています。

独立採算制の為、企業から経営資金や赤字補填も得られないなどのデメリットもあり、FA制が取り入れられてからは、有力な新人選手の獲得も難しい状況にも陥りました。

しかしながら、経営状況は決して悪く無く、1975年度以降から2013年度は連続で黒字決算を出しています。

そこへ、女性ファンの獲得に目を向けた事で始まった数々のグッズ販売や、様々なイベントを設けるようになりそれが見事にヒット。

それまでには無かった経営方針のアイデアや地道な努力が、資金不足のマイナス面を補う事ができたと言われています。

資金援助が無くても、広島東洋カープは資金稼ぎやお金のやり繰りが上手な球団だったのですね。

2.カープグッズが豊富

広島東洋カープと言えば、グッズが豊富である事でも知られています。

2000年に入ってから、地上波でのテレビ中継が少なくなり、放映権料が得られない時期がありましたが、豊富なグッズの販売でそんな状況も打破できたと言われています。

グッズの中には定番の応援グッズは勿論の事、その種類も多彩であったり、日用品やベビー用などのグッズもあります。

意外なものまでグッズになっていたり、アクセサリーなど普段から身に着けられるグッズもあるところも、女性にとって喜ばれる理由になっているのかも知れませんね。

3.球場の一新

1957年から2009年までという長い間、地元民から親しまれていた広島市民球場でしたが、2009年にMAZDAZoomZoomスタジアム広島として球場が一新しました。

これによって、広島東洋カープの売り上げは大きくアップし、旧広島市民球場の時と比べても観客動員数が1.5倍以上になったと言われています。

また、MAZDAZoomZoomスタジアム広島はメジャーリーグの球場をお手本にして造られたと言われており「三世代で楽しめるボールパーク」がコンセプトになっています。

これまでの球場のイメージも一新しました。

例えば、観客席には野球観戦をしながらバーベキューができるというびっくりテラスと呼ばれる席や、掘りごたつになっていて、座椅子や座布団もあって親子連れでもくつろげる鯉桟敷という席もあります。

球場の中もぐるりと一周できるようになっており、グッズ販売ショップも混雑を避ける為に、スペースの確保や販売時間も大幅に伸びました。

球場の外にもコストコやグッズショップもあり、野球観戦以外でも楽しめる要素もあります。

また、このような理由からか、以前よりも若い世代の女性客が増えたという事もカープ女子が増えている背景となっているようです。

4.優秀な若手選手が増えた

女性にとって憧れの男性の存在は大きいですよね。

ドラフト1位で広島東洋カープに入団したエースのマエケンこと前田健太選手や、2014年にTBSアナウンサー桝田絵理奈さんと結婚した事でも話題となった堂林翔太選手など、最近の広島東洋カープでは優秀な若手の選手が増えました。

それに伴って、若くてイケメンな選手を応援したいという女性ファンの増加が、カープ女子ブームの背景として大きく関わっているようですね。

また、一早く新人の若手選手をチェックできるようプロ野球名鑑を購入しているカープ女子も多いと言われています。

5.何人くらいいるの?

今や全国的に数多く散らばるカープ女子ですが、その人数とはどれくらいなのでしょうか。

ここ数年のMAZDAZoom-Zoomスタジアムでの1試合平均の観客動員数を見てみると、2010年から2013年の間では約20000人から22000人辺りで落ち着いていましたが、カープ女子が流行語大賞でトップ10入りした2014年には26000人を突破、その後も更にその数を増やし2015年と2016年では29000人を超えたと言われています。

この数は他の球団と比べても巨人や阪神には敵わないまでも、中日を上回り現在3位という位置になり、広島東洋カープの顧客の40%は女性が占めているとも。

カープ女子の正確な数までは定かではありませんが、ブームによる顧客動員数の増加から見てもゆうに5000人以上は存在している事が分かり、現在も増え続けている可能性が高いのではないでしょうか。

6.みんながカープ女子になるきっかけ

上の記事でもご紹介した通り、広島東洋カープには豊富なカープグッズがあります。

その中には、女子が好みそうな可愛いデザインのグッズたくさんあります。

また、最近では広島東洋カープのチームカラーを基調にしたグッズ以外にも、ピンク色のグッズも販売されていますし、お菓子やアーティストとのコラボグッズも人気です。

また、グッズの他にも広島東洋カープにはイケメンの若手選手のファンがきっかけとなってカープ女子になるという人もいるようです。

このように、広島東洋カープには若い女性が喜びそうな要素が盛りだくさん。

カープ女子になるきっかけとなっているのもうなずけますよね。

また、独立採算制の取り入れている広島東洋カープは親会社からの資金援助も得られません。

FA制度によってベテラン選手を手放さなければならず、有力な新人選手もなかなか得る事ができない時代が過去にありました。

その為、これからは若手の選手を自分が応援していかなければという母性本能のようなものがくすぐられる事がきっかけとなる女性もいるようです。

7.カープ女子「神3」

現在多数存在しているカープ女子ですが、その中でもカリスマ的存在で「神3」と呼ばれているカープ女子たちがいます。

2014年の流行語大賞で「カープ女子」がトップ10にノミネートされた時も、この神3がカープ女子代表として授賞式に出席した事でも話題になりました。

ここからはそんな神3のプロフィールについてご紹介します。

公式ブログやTwitterもやっているので気になる人はチェックしてみて下さいね。

1.ちほ

大井智保子さんは広島県出身。

1983年5月15日生まれで現在33歳。

血液型はA型です。

ファッション雑誌の読者モデルとして活躍しているので知っている人も多いかも知れませんね。

また、DJにも挑戦しているそうでいつか海外で活躍を夢見ているのだそうです。

仕事の時も、カープグッズを持ち歩くのは当たり前なのだそうです。

両親がカープファンだったそうですが、子供の頃の大井智保子さんはそれほど興味が無かったそうです。

しかし、大学卒業後に上京してから、今まで当たり前のように観ていたカープ戦がテレビで観れなった事に気付いてから、球場に観に行って改めてカープや広島の人たちの良さを実感したのだとか。

尚、同じグループの天野恵さんとは同じ広島県出身で、中学と高校で先輩と後輩の仲で同じ管弦楽クラブに所属していたそうです。

それが後にカープ戦の球場で偶然再会したのがグループ結成のきっかけとなったのだそうですよ。

2.ちさ

古田ちさこさんは千葉県出身。

1985年12月20日生まれで現在31歳。

血液型はA型です。

地元は広島ではありませんが、ご両親がカープファンだったという事で、物心がつく前からよく広島東洋カープの試合を観戦しに行く事が多く、自然とカープファンになっていたのだとか。

数年前までジュエリーショップで店長を務めていいましたが、広島東洋カープが2013年のシーズン後に17年ぶりとなるAクラス入りを果たした事をきっかけに、大好きなカープをもっと応援したいという熱い気持ちからジュエリーショップを退職したそうです。

その後は読者モデルやジュエリーショップのアルバイトなどをしながらカープ女子として頑張っているそうですよ。

仕事よりもカープを優先するとはまさに生粋のカープ女子ですよね。

3.けい

天野恵さんは広島県出身。

1987年1月9日生まれで現在29歳。

血液型はO型です。

天野恵さんは、4歳の頃からヴァイオリンを始め、以前はパフェオケという管弦楽グループのリーダーとしても活躍していました。

2012年にはCDもリリースされているので気になる人は是非チェックしてみて下さいね。

現在もヴァイオリンを続けており、講師をしながら大好きなカープを応援しています。

8.にわかカープ女子とは?

カープ女子が増えていく一方で、世間にはにわかカープ女子と呼ばれている人たちも少なからず存在しているようです。

にわかカープ女子とは一体どのような人たちなのでしょうか。

ここからはにわかカープ女子の特徴についてご紹介します。

1.全然詳しくない

にわかカープ女子の特徴として、まず広島東洋カープについて全然詳しくないという事が挙げられます。

2016年11月30日にTBS系で放送された「水曜日のダウンタウン」ではそんなにわかカープ女子の検証企画が放送され、突然の広島東洋カープについてのクイズの前に珍解答が続出。

にわかファンであるところが露になってしまいました。

ファンであれば監督の名前や、好きな選手の名前くらいは知っておきたいところですよね。

また、広島東洋カープについてどころか、そもそも野球の基本的なルールでさえ全く知らないという人も中にはいるようです。

2.お祭騒ぎが好きなだけ

にわかカープ女子の特徴として、広島東洋カープが好きというよりは、どちらかと言うとお祭り騒ぎが好きなだけという事もあるようです。

皆で一緒になって盛り上がれるから何となく参加しているという人もかなり多いようです。

若い女性がつい流行や雰囲気に便乗してしまっているパターンではないかと思われます。

このような女性たちは根っからのカープ女子からはなかなか受け入れられず、にわかカープ女子として見られてしまうようです。

9.球団からはどう思われている?

そんなにわかカープ女子と呼ばれる人たちですが、球団関係者としては少しでも多くの人が広島東洋カープのファンになり応援してくれる事は嬉しいとの事で歓迎ムードのようです。

また、野球のルールを知らない事についても徐々に覚えてくれれば良いし、別に知らなくても良い。

それよりも最低限の応援のルールやマナーを守ってくれればそれだけで良いとの事。

球団関係者からは野球のルール云々よりも、応援してくれているという気持ちや、周りの人へ迷惑を掛けないような印象を大事にしているようですね。

10.選手からはどう思われている?

特に若い選手の多い広島東洋カープは同世代の若い女性からも人気がありますが、広島東洋カープの選手からの印象は悪く無く、やはり応援してくれている事について感謝の思いがあるようです。

以前から広島東洋カープはファンと球団との絆が深く、先代オーナーである松田耕平さんも「カープという球団は家族じゃ」と何度も口にしていたとか。

世間からにわかカープ女子に対する苦言も目立ちますが、球団や選手からはにわかファンであっても家族として見てくれているようですね。

カープ女子の特徴

これまでにわかカープ女子についてご紹介してきましたが、ここからは真のファンとも言えるカープ女子の特徴についてご紹介します。

1.チームというよりは特定の選手を一生懸命応援

カープ女子はチームというよりは特定の選手を一生懸命に応援する傾向があるようです。

特に最近の関東圏のカープ女子の間では野村祐輔選手、鈴木誠也選手、田中広輔選手、丸佳浩選手、堂林翔太選手、大瀬良大地選手、菊池涼介選手などの若い選手が人気となっています。

イケメンという事もあって、まるでアイドルの追っかけのような印象があります。

また、野球場では自分の応援する球団が負けそうになると途中で帰ってしまうような観客もよく見られますが、カープ女子は試合を最後まで見届ける人が多いようです。

特定の選手を応援しているので試合結果はさておき、もしかしたら自分の好きな選手が活躍するシーンが見られるかもと思っているからなのかも知れませんね。

2.女子だけで固まって応援する

カープ女子というだけあって、女性同士で作られた強固なコミュニティが特徴です。

その為、カープ戦の時も女子だけで固まって応援する姿をよく見られ、球場では赤いユニフォームを着た女子たちが固まっている光景を見る事ができます。

また、そんな集団での応援に合った広島東洋カープならではの楽しい応援スタイルも、女子同士でワイワイ盛り上がれる理由の一つになっているようです。

3.自分がカープ女子ともてはやされるのが好きではない

最近になって巷でもカープ女子という言葉が流行するようになりましたが、それ以前からカープファンであった女子にとって、自分がカープ女子と他人からもてはやされるのが好きではないという気持ちもあるようです。

あくまで自分は流行に流されてカープ女子となった訳では無く、純粋に以前からカープのファンであるという誇りを持っているのです。

その為、自分からカープ女子と名乗るのも好きではないようです。

4.とても真剣に応援する

カープ女子が選手を応援している姿はまさに真剣そのもの。

試合中は勿論のこと、練習中の選手も応援したり、カープが試合に勝った時はまるで自分の事のように心から喜ぶほどです。

また、カープ女子は一度好きになった選手をいつまでも応援し続け、他の球団の若い選手にも目移りするような事がありません。

まさに一途な女子たちなのです。

ここまで愛されているなんて、広島東洋カープの選手が羨ましいと感じてしまいますよね。

5.全国におり、とんぼ返りしてでも応援しにいく

今となってはカープ女子の人気は広がっており、全国的に存在していると言われています。

しかしながら、カープ女子の中にはそんな遠い地方からでもカープ戦の応援にはとんぼ返りしてでも応援していくほど熱狂的なファンも多いようです。

大好きなカープの為であれば、自分の事よりもカープを優先する事も厭わない熱い女子たちです。

6.観戦ツアーに積極的に参加

関東圏にもカープ女子が増えて話題となっていた頃、2014年5月に関東カープ女子野球観戦ツアーが開催されました。

ツアーには約150人ほどが参加したと言われており、球場へ向かう新幹線のチケット代は主催者であるカープの球団が全部持ちという太っ腹。

まるで女子高の修学旅行のようで楽しそうですよね。

球団側は400万円以上の負担となりましたが、今後のファン獲得の為にも大きな成果があったのではないでしょうか。

尚、ツアー参加者の定員をかなり上回り、応募者の総数は2000名以上もあったそうです。

それだけ全国各地にカープ女子が存在しているという事なのでしょうね。

7.ユニフォームを着て応援

カープ女子と言えば、カープの赤いユニフォームを着て応援する事は当たり前。

現在ではカープ戦ともなると、観客席は真っ赤に染まると言われているほどです。

球場に向かう時もちゃんとユニフォームを着て行きます。

好きな選手の背番号が書かれたユニフォームを着れば一体感もあって応援にも力が入りますよね。

尚、広島東洋カープはホーム用のユニフォームが白で、ビジター用のユニフォームは赤と分かれていますが、カープ女子の多くはホーム側でもビジター用の赤いユニフォームを着ています。

やっぱりカープのカラーと 言えば赤というイメージが強いですし、女子からもコーディネートがしやすい事などの理由で好まれるようです。

また、ユニフォームを着るだけではなく、応援グッズや小物やバッグもカープグッズで統一していますし、野外球場では紫外線対策もバッチリで、メイクにもカープの赤をワンポイントとして取り入れるなどの準備も万端で応援に臨む人もいるのだとか。

カープ女子にはただ応援するだけではなく、それぞれ工夫もされていてこだわりを感じますよね。

8.ミーハーな人が多い

カープ女子の中には俗にいうミーハーと呼ばれる人も少なからずいるようです。

特に広島県出身の女性は新しいもの好きが多いとも言われており、流行に敏感な彼女たちが飛びついてしまうような事もあるのかも知れませんね。

また、根っからカープファンである女性の立場から見ると、若い選手を応援しているというだけで、顔や見た目だけでファンになっていると思われてしまう事もあるようです。

特に最近になって急増した関東圏のカープ女子によく見られる傾向があり、元々ファンだったカープ女子の中にはブームが過ぎ去ってほしいと思っている人もいるのだとか。

他にも、カープ以前に野球自体が好きな女性ファンの存在もあります。

そのような女性は、試合相手の球団の選手が活躍している姿を見たら素直に喜ぶ事もあります。

そういった姿が他人から見るとミーハーと思われてしまう事もあるようです。

一言でカープ女子と言っても、その中身には人それぞれ違った思いがあるのも事実なのではないでしょうか。

9.選手との距離が近い

広島東洋カープの本拠地であるMAZDAZoom-Zoomスタジアムは他の球場と比べて、内野席の傾斜が緩いので、グラウンドとそれほど高さに差がありません。

その為、選手たちと近い視点で試合観戦を味わう事ができるというメリットがあり、動員数が増えた理由の一つでもあります。

また、シーズンオフの時は広島東洋カープの選手が地元広島のラジオやローカルのテレビ番組に出演する事もあります。

最近では関東圏でも広島東洋カープのイベントを開催するようになって、広島以外でもファンとのふれあいの場が増えています。

カープ女子はそんなサービス精神旺盛な選手たちと間近で見たり、ツーショット写真や握手をしたりと自然に近い距離で接する事もできてしまいます。

他のセ・リーグの球団の選手では考えられない、選手との距離感を味わえるのもカープ女子ならではなのですね。

10.昔の選手のこともよく知っている

幼いころから広島東洋カープのファンであったり、プロ野球が大好きなカープ女子は最近活躍している選手だけでなく、昔の選手の事についてもよく知っています。

歴代の監督や、選手の背番号やポジションは勿論の事、当時の試合結果や選手のエピソードなどについても詳しく、自分が生まれる前の事についても知識が豊富です。

その為、長年ファンを続けているような中高年の世代の人とでも会話が成立してしまいますし、野球好きな彼氏よりも詳しかったりする事もあるようです。

高校時代に野球部のマネージャーを経験していたようなカープ女子ともなると、選手の能力をデータに取るような人もいるそうですよ。

まさに男顔負けのカープ女子ですよね。

カープ女子の間で人気の選手とは

最後にカープ女子から注目されている人気の選手についてもご紹介します。

1.野村祐輔選手

野村祐輔選手は1989年6月24日生まれで現在27歳。

岡山県倉敷市出身で、ポジションはピッチャーです。

甲子園出場を何度も果たしており、全国的にも有名な広陵高等学校出身で、野村祐輔選手も3年生の時に2007年の春と夏どちらも甲子園に出場しています。

高校卒業後は、明治大学商学部に進学し、大学日本代表選手としても活躍。

野球人生で初の日本一となり、その成績の優秀さから大学ビッグ3に名を連ねました。

その後、2011年に広島東洋カープからドラフト1位でプロ入り。

2013年に右肩の怪我によって、一時は選手登録をま称されてしまいましたが、フォーム修正を経て一軍に復帰。

2016年にはメジャーリーグに移籍した前田健太選手に代わるエースとして現在も活躍しています。

甘いマスクが印象的な将来有望の若手選手です。

2.菊池涼介選手

菊池涼介選手は1990年3月11日生まれで現在27歳。

東京都東大和市出身で、ポジションはセカンドです。

中京大学時代には遊撃手として活躍。

2年生の時には三冠王にも選ばれるほどの実力を持っていました。

2011年に広島東洋カープからドラフト2位でプロ入り。

2013年に台湾で開かれたBASEBALLCHALLENGE日本VSチャイニーズタイペイ戦、2015年に東京ドームで開かれたGLOBALBASSBALLMATCH2015侍ジャパンVS欧州代表にも日本代表選手に選ばれました。

菊池涼介選手と言えば守りの名手で、ボールに飛びつくスピードがとにかく早いのが特徴。

そんな姿を見たファンの間では忍者、野生児、破天荒などと呼ばれるほどです。

トレードマークはもみあげからアゴまで綺麗に繋がったヒゲ。

イケメンとしても人気のある若手の選手です。

3.鈴木誠也選手

鈴木誠也選手は1994年8月18日生まれで現在22歳。

東京都荒川区出身で、ポジションは外野手、内野手です。

二松学舎大学付属高等学校でのポジションはエースとして活躍し、甲子園出場には至らなかったものの、当時148キロのストレートを投げる事ができました。

高校卒業後、2012年に広島東洋カープからドラフト2位で内野手としてプロ入り。

そして鈴木誠也選手と言えば、2016年に行われたオリックスとの交流試合で2試合連続サヨナラホームランを放った事で一躍有名になりました。

勝利後のインタビューで緒方監督が「神ってる」発言にも繋がった歴史に残るプレイヤーです。

鈴木誠也選手は若干22歳。

広島東洋カープが誇る期待の星です。

4.堂林翔太選手

堂林翔太選手は1991年8月17日生まれで現在25歳です。

愛知県豊田市出身で、ポジションは三塁手です。

中京大中京大学高校へ進学後、エースとして活躍して3年生の時には甲子園出場を果たし、決勝で日本文理高校と対戦。

接戦の結果10-9で見事に優勝。

堂林翔太選手もホームランを打ち、大いに貢献しました。

高校卒業後、2009年に広島東洋カープからドラフト2位で内野手としてプロ入り。

2012年に一軍に起用され、シーズン全体の一軍公式戦の中でチーム最多となる14本塁打の成績を残しました。

2013年の対中日戦で受けたデッドボールを受け、左腕を骨折した事がきっかけとなり、以降は試合で見る事は無くなってしまいました。

2014年にTBSアナウンサー桝田絵理奈さんと結婚を発表しましたが、2015年に二軍に降格してしまいます。

堂林翔太選手はプリンスとニックネームで呼ばれるほどイケメンな選手です。

今年2017年が正念場ですが、一軍復帰を期待したい実力のある選手です。