CoCoSiA(ココシア)

英気を養うための15個の方法


明確な目的や目標を持つ人ほど、それに向けて毎日を一生懸命に送っています。

しかし、ただがむしゃらに走り続けているだけでは、いずれは心身に限界が来てしまいます。

そのため、時には英気を養うことも大切です。

英気を養うためには、どのようなことを行えば良いのでしょうか?

明日からまた頑張るためにも、しっかりと英気を養うための15個の方法をご紹介します!

英気を養うための方法を教えます!

人によって、目的や目標は実に様々です。

例えばある人は、一流会社に入ることを目指して毎日猛勉強をしていますし、ある人は会社で昇進するために必死になって働いています。

ある人は家庭を養うことを第一の目的として仕事を行い、また趣味を楽しむためにコツコツと貯金をしている人もいるでしょう。

どんな人でもそれなりの目的や目標を持って毎日を生活していますが、どんなに生真面目な人でも、がむしゃらに突き進んでいると、その内心身ともに疲れが出てきてしまいます。

そんな時には立ち止まって、ゆっくりと休養を取ることで、体力を落ち着けて気持ちをリフレッシュさせることが出来ます。

休息を甘えだと考える人も時にはいますが、誰しも適度な休憩を挟まなければ良い結果を出すことは出来ません。

そのため、英気を養うことはとても大切なことなのです。

英気の養い方は、人によって違います。

あなたに最も適した休息を取るためにも、英気を養うための方法をこれからご紹介していきます!

英気を養う方法15選

英気を養うメリットについてご紹介しましたが、今度は実際にどのようにして英気を養えばいいのか、その方法についてご紹介していきます。

自分で効果的な英気の養い方を理解している人は自分なりの方法を取っていますが、まったく分からないという人は以下の15個の方法を試してみて下さい。

もしかしたら、あなたに最適な英気を養う方法が見つかるかもしれません。

コーヒーを飲む

勉強や仕事に行き詰った時には、コーヒーを飲むことで頭がすっきりとします。

よくコーヒーにはカフェインが入っているため眠気覚ましになるという話を聞きますが、それはそれで一つの効果ですので、眠たい時にはおすすめです。

それ以外にも、コーヒーの香りを嗅ぐことでリラックス効果を得られ、また脳の活性化にも繋がるとされています。

そのため、長時間頭を使うような状況の時にはコーヒータイムを挟むと効率的に勉強や仕事が出来ます。

とはいえ、コーヒーが苦手な人や、副作用が心配という人もいることでしょう。

そのような人の場合には、コーヒーでなくとも他の飲み物でも構いません。

喉を潤すという行為自体が、一種の気分転換になりますので、コーヒーが飲めない人は自分の好む飲み物でブレイクタイムを取るようにしましょう。

人と話す

元々他人とコミュニケーションを取りたいタイプの人や、誰かと会話をするのが好きという人の場合には、人と話すことで英気を養えることもあります。

人と接することが好きな人や、大勢で和気藹々と盛り上がりたい人にとっては、一人だけで黙々と作業をしたり、根を詰めて仕事に取り組んだりすることが苦手という人が多いです。

そんな人では、仕事や勉強で抱えたストレスを、愚痴という形で人に話すことで気持ちが楽になり、次からの仕事も頑張れるということが多いです。

男性であればお酒の席で同僚や同世代の同性に愚痴を零すことでストレスが多少は軽減するでしょう。

女性であればやはり同性の友達に話を聞いてもらい、そのままお喋りを楽しめば自然と気持ちが軽くなります。

お話好きな人や人と関わることが好きという人は、誰かと話すことで自然と自分の気持ちの切り替えが出来るのでおすすめです。

タバコを吸う

タバコは健康には良くありませんが、吸っている人にとってはある種の精神安定剤代わりになっています。

仕事が滞ったり、気持ちがイライラしたりする時には、外で一服すると吐き出す煙と共に鬱憤も一緒に出ていくことも少なくはありません。

喫煙者にとってのタバコは、自分の気持ちを切り替えるためのスイッチのようなものなのです。

体に害があるため公におすすめは出来ませんが、タバコ愛煙者にとってはタバコを吸うことで同時に適度な休息も取れます。

体を動かす・ストレッチ

長時間ずっと同じ体勢で仕事や勉強をしていると、体には疲労が溜まりやすくなり、また集中力も途切れやすくなってしまいます。

そのため、1時間に1回は席を立って、軽く体を動かすと良いでしょう。

家にいる時であれば、ストレッチやラジオ体操をすると全身の筋肉がほぐれて、凝りが取れて体が軽くなります。

また全身に血液がしっかりと回るため、頭もすっきりと冴えてきます。

一方職場や学校など、人目につくような場所ではそこまで体を動かすことは出来ませんよね。

その場合には、何も無理に運動しようとする必要はありません。

ただ席を立って、コーヒーを入れたりトイレに行ったりするだけでも、ある程度体を動かすことにはなります。

まったく同じ姿勢のままで長時間いない、ということだけに注意して、ある程度時間が経過したら何か一つ理由をつけて席を立つようにしましょう。