明確な目的や目標を持つ人ほど、それに向けて毎日を一生懸命に送っています。

しかし、ただがむしゃらに走り続けているだけでは、いずれは心身に限界が来てしまいます。

そのため、時には英気を養うことも大切です。

英気を養うためには、どのようなことを行えば良いのでしょうか?明日からまた頑張るためにも、しっかりと英気を養うための15個の方法をご紹介します!

英気を養うための方法を教えます!

人によって、目的や目標は実に様々です。

例えばある人は、一流会社に入ることを目指して毎日猛勉強をしていますし、ある人は会社で昇進するために必死になって働いています。

ある人は家庭を養うことを第一の目的として仕事を行い、また趣味を楽しむためにコツコツと貯金をしている人もいるでしょう。

どんな人でもそれなりの目的や目標を持って毎日を生活していますが、どんなに生真面目な人でも、がむしゃらに突き進んでいると、その内心身ともに疲れが出てきてしまいます。

そんな時には立ち止まって、ゆっくりと休養を取ることで、体力を落ち着けて気持ちをリフレッシュさせることが出来ます。

休息を甘えだと考える人も時にはいますが、誰しも適度な休憩を挟まなければ良い結果を出すことは出来ません。

そのため、英気を養うことはとても大切なことなのです。

英気の養い方は、人によって違います。

あなたに最も適した休息を取るためにも、英気を養うための方法をこれからご紹介していきます!

基本的な言葉の意味


英気を養うという言葉は、いろんな場面で耳にすることがあります。

大抵は仕事が忙しい人や、毎日せかせかと大変そうに生活を送っている人に対して、「たまには休んで英気を養ってこい!」なんて周りの人が声をかけることが多いですよね。

また、普段頑張っている自分へのご褒美として旅行の予定を入れて、周囲の人に「英気を養ってくるね」と話している人を目にすることもあると思います。

どんな内容であれ、当人にとって休息となり、また心の入れ替えとなることを「英気を養う」といいますが、基本的な言葉の意味はどのようなものなのでしょうか?

意味

英気を養うという言葉を辞書で引くと、「何事かに取り組むために活力を蓄えること」や「元気付けること」となっています。

また、相手に対して休養や美食などを勧める際に用いることが多いため、普段頑張っている人に対して休みや美味しいものを食べてゆっくりと心身を癒やしてもらいたいと思う時に使われることが多いです。

休息をとることで、リラックスをして心身を落ち着かせて疲れを取ることが出来ますし、また美味しいものや楽しいことをすると気分転換になり、明日からまた頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

そういった意味合いからも英気を養うことは重要ですが、あくまでも「普段頑張っている人に対して」用いられる言葉ですので、日頃からダラダラ好きなことをしていたり、頑張っていなかったりする人には決して使う言葉ではないでしょう。

類義語

英気を養うという言葉と同じような意味を持つ言葉として、「精力を付ける」「景気づけをする」「士気を高める」「雌伏する」などがあります。

どれも明確な意味としては、微妙に違いはあっても、広義の意味としては似ています。

この先に待っているもののために、いったん休んで気力を付ける、といった意味合いを持ちます。

一拍置くことで全力を出すことが出来る人間の性質を良く理解している言葉と言えるでしょう。

疲労回復


英気を養う上で最も重要なのは、心身の疲労回復を行うことです。

働き詰め、勉強詰めの毎日を送っていると、例えきちんと睡眠を摂っていても体には疲労が蓄積されてしまいます。

それを少しでも取るためには、英気を養って疲労回復をすることが大切なのです。

また、体が疲れている状態では、集中力が途切れやすく、ミスも頻発しやすいです。

勉強や仕事で頑張りたいと思うのであれば、無理は控えて、適度に疲労回復に努めた方が良いでしょう。

休養

休養の取り方は、人によって様々です。

例えば休みの日は一日中ふとんにくるまって寝ていることが何よりの休養になるという人もいるでしょう。

また、気晴らしに遊びに出かけて、思い切りはしゃいで夜には早めに就寝を心がけることが休養になるという人もいます。

静かな空間で時間を気にせずに読書に耽ったり、ペットとの時間を過ごしたりなど、どんなことでもその人にとって安らぎとなる時間を過ごすことが出来れば、それが休養となります。

とはいえ、基本的には休養を取る時には、遊び回ったり活動的に過ごしたりするよりも、ゆっくりと静かで落ち着いた時間を過ごすことの方が多いでしょう。

休憩

休養の場合には丸一日や数日かけて心身を休めることが多いですが、休憩の場合は仕事や勉強の合間に少し休むことが多いです。

何事も、長時間作業を続けていると、目のかすみや肩の痛みなど体のあちこちで問題が起こりやすくなります。

また、集中力も途切れてくるため、少しでも仕事や勉強に滞りを感じた時には、少し休憩を入れることも必要です。

パソコンの画面や教科書から目を離して、少し目を休めるなり、温かい飲み物を飲んで気持ちを落ち着けるなり、甘いものを食べて糖分補給をするなりしてきちんと休憩を取りましょう。

少しでも休憩を入れると、その後の仕事や勉強の効率がガラリと変わりますよ。

時間に余裕がなくて根詰めている時でも、最低でも5分は休憩を入れるようにしましょう。

英気を養うメリットとは?

英気を養うことで、どのようなメリットが得られるのでしょうか?英気を養うためには、今やっていることの手を止めて、ある程度の時間を使って休息を取らなければなりません。

それは忙しい人や余裕のない人にとっては、非効率に感じられたり、無駄な時間に感じられたりしてしまうかもしれません。

しかし実際には、英気を養うことで大きなメリットが得られるのです。

休息を取る時間がもったいない、必要ないと感じる人は、以下のメリットについてぜひ参考にしてみて下さい。

休息を必要としないこれまでの考え方に、変化が生じるきっかけになるかもしれません。

生産性が上がる

例えばパソコンで長時間キーボードを叩き続けていたり、絶えず手や体を動かし続けて作業を行っていたりすると、どうしても数時間で限界が来てしまいます。

休まずに働き続けたいとは思っていても、体がそれについて行かないため、思うように仕事や作業が進められなくなり、生産性が下がってストレスに感じてしまうこともあります。

しかし、体がある程度疲れてきたなと感じた時や、定期的に数時間に一度休憩を挟むようにすると、休憩後には生産性が上がります。

休まず働き続けていると当然疲労でまともに動かなくなってしまう体も、しっかりと休めればまた動かすことが出来るようになります。

スポーツや運動と同じことで、仕事や作業も適度に休憩を挟むようにしましょう。

時間を無駄にしているように思えても、結果としては生産性のアップに繋がっているのです。

集中できる

休まずに勉強を続けたり、働き続けたりしていると、当然体が疲れてきますが、それ以上に精神面も疲労してしまいます。

特に勉強や仕事で企画を考えている時など、頭を使っている時には適度に休息を入れなければ、集中力が低下して些細なミスが起こりやすくなってしまいます。

気を付けているつもりでも、どこかで「うっかり」をしてしまい、後悔する結果になってしまわないためにも、日頃から適度に頭を休めることも必要です。

数分~数十分でもいいので、いったん目の前の机から離れて、外の空気を吸うなり糖分を補給するなりして、出来れば目も休ませてあげましょう。

ほんの少しの休憩でも、きちんと取ることが出来ていれば、その後には集中力がまた復活します。

英気を養う方法15選

英気を養うメリットについてご紹介しましたが、今度は実際にどのようにして英気を養えばいいのか、その方法についてご紹介していきます。

自分で効果的な英気の養い方を理解している人は自分なりの方法を取っていますが、まったく分からないという人は以下の15個の方法を試してみて下さい。

もしかしたら、あなたに最適な英気を養う方法が見つかるかもしれません。

コーヒーを飲む

勉強や仕事に行き詰った時には、コーヒーを飲むことで頭がすっきりとします。

よくコーヒーにはカフェインが入っているため眠気覚ましになるという話を聞きますが、それはそれで一つの効果ですので、眠たい時にはおすすめです。

それ以外にも、コーヒーの香りを嗅ぐことでリラックス効果を得られ、また脳の活性化にも繋がるとされています。

そのため、長時間頭を使うような状況の時にはコーヒータイムを挟むと効率的に勉強や仕事が出来ます。

とはいえ、コーヒーが苦手な人や、副作用が心配という人もいることでしょう。

そのような人の場合には、コーヒーでなくとも他の飲み物でも構いません。

喉を潤すという行為自体が、一種の気分転換になりますので、コーヒーが飲めない人は自分の好む飲み物でブレイクタイムを取るようにしましょう。

人と話す

元々他人とコミュニケーションを取りたいタイプの人や、誰かと会話をするのが好きという人の場合には、人と話すことで英気を養えることもあります。

人と接することが好きな人や、大勢で和気藹々と盛り上がりたい人にとっては、一人だけで黙々と作業をしたり、根を詰めて仕事に取り組んだりすることが苦手という人が多いです。

そんな人では、仕事や勉強で抱えたストレスを、愚痴という形で人に話すことで気持ちが楽になり、次からの仕事も頑張れるということが多いです。

男性であればお酒の席で同僚や同世代の同性に愚痴を零すことでストレスが多少は軽減するでしょう。

女性であればやはり同性の友達に話を聞いてもらい、そのままお喋りを楽しめば自然と気持ちが軽くなります。

お話好きな人や人と関わることが好きという人は、誰かと話すことで自然と自分の気持ちの切り替えが出来るのでおすすめです。

タバコを吸う

タバコは健康には良くありませんが、吸っている人にとってはある種の精神安定剤代わりになっています。

仕事が滞ったり、気持ちがイライラしたりする時には、外で一服すると吐き出す煙と共に鬱憤も一緒に出ていくことも少なくはありません。

喫煙者にとってのタバコは、自分の気持ちを切り替えるためのスイッチのようなものなのです。

体に害があるため公におすすめは出来ませんが、タバコ愛煙者にとってはタバコを吸うことで同時に適度な休息も取れます。

体を動かす・ストレッチ

長時間ずっと同じ体勢で仕事や勉強をしていると、体には疲労が溜まりやすくなり、また集中力も途切れやすくなってしまいます。

そのため、1時間に1回は席を立って、軽く体を動かすと良いでしょう。

家にいる時であれば、ストレッチやラジオ体操をすると全身の筋肉がほぐれて、凝りが取れて体が軽くなります。

また全身に血液がしっかりと回るため、頭もすっきりと冴えてきます。

一方職場や学校など、人目につくような場所ではそこまで体を動かすことは出来ませんよね。

その場合には、何も無理に運動しようとする必要はありません。

ただ席を立って、コーヒーを入れたりトイレに行ったりするだけでも、ある程度体を動かすことにはなります。

まったく同じ姿勢のままで長時間いない、ということだけに注意して、ある程度時間が経過したら何か一つ理由をつけて席を立つようにしましょう。

ちょっと外の空気を吸うだけでも、気分転換になってその後の集中力は増しますよ。

SNS

長時間パソコンやスマホの画面を見続けるのは体には良くありませんが、短い時間でSNSを楽しむことは良い気分転換になります。

勉強や仕事の合間にちょっとSNSを覗くと、リアルタイムで他の人の動きや話題に触れることが出来て、気持ちを明るく切り替えることが出来ます。

例えば仕事の休憩時間にSNSを見ていたら、会社の近くに新しいレストランがオープンしたことを発見した場合などには、仕事帰りにそこに寄るという楽しみが出来て、その後の仕事にも精が出るというものです。

とはいえ、中にはSNS中毒というほどに、常にSNSをチェックしていなければならないという人もいます。

そうした人の場合には短時間の休憩では済まず、また休憩のつもりが全神経をSNSに注いでしまって全く疲れが取れないということもありますので、適度にSNSを楽しめる人にのみおすすめの方法です。

間食する

食べることが好きという人の場合は、仕事や勉強の合間に間食をすることで気分転換と同時に英気を養うことが出来ます。

食べ過ぎは良くありませんが、適度な間食であればチョコレートなどの甘いもので糖分を補給して、頭をスッキリさせて集中力を高めることが可能です。

また、食べている間はどうしても作業の手が止まりがちになるため、頭と同時に体を休めることにもなっています。

とはいえ、いつも動かない状態で間食の回数が多いとカロリーオーバーになってしまう可能性もあるため、間食の回数は控えめにするか、一度に食べる量を飴一個など極力減らすように心掛けましょう。

仮眠をとる

仮眠は体力的、精神的に限界に近い時にとると、あっという間に眠りに落ちることが出来ます。

しかしあまりに疲れが溜まっている状態では、仮眠をとるつもりがついつい深い眠りに落ちてしまい、目が覚めた時には何時間も経過しているということもあります。

もし会社の仕事途中や打ち合わせなどを控えている時にそれをしてしまうと、取り返しがつかないことになってしまうおそれもありますので、そこまで疲労を溜め込む前に、適度に休憩や仮眠をとった方が賢明でしょう。

最近では会社によって、一定時間の休憩や仮眠タイムを設けているところもあります。

会社が休憩をとるように推奨しているため、社員も堂々と休むことが出来て、仕事も効率的に行えるメリットがあります。

仮眠は短時間でも心身共に休めることが出来、英気を養うには効果的な方法です。

日頃から体の疲れや寝不足に悩んでいる人は、一度試してみると良いでしょう。

外の空気を吸う

ずっと室内で勉強や仕事を続けていると、段々と息が詰まってきてしまいます。

また、窓もない閉じられた空間では空気が淀みやすく、そこに何人もいると酸素不足に陥って、息苦しくなることもあります。

息苦しさや空気の淀みは集中力を低下させ、頭が働かなくなってしまう原因ともなりますので、ちょっと疲労感を覚えた時点で短い休憩を挟むと良いでしょう。

また、その際は出来れば外に出て、外の空気を吸うようにしましょう。

外の景色をぼんやりと眺めているだけでも目や頭を休めることが出来ますし、新鮮な空気が体内に入ることで意識が冴えたり、気持ちを切り替えたりすることが出来ます。

よく、日頃の疲れを取るために山や海、避暑地などに出かける人がいますが、何もわざわざ遠方まで行かずとも、ちょっと外を散策したり、いつもとは違う道を歩いたりするだけでも案外気分転換にはなるものです。

とはいえ、しっかりと英気を養いたい時にはやはり日常とは離れた場所に出かけてみるのも良いかもしれませんね。

無心になる

英気を養うというには少々言い過ぎかもしれませんが、疲れた時には何も考えず、ただひたすら無心になってぼんやりするだけでも休息を得ることは出来ます。

忙しい人ほど頭の中で常にあれこれと考えを巡らしており、いくら考えをまとめたところで気持ちに余裕が生まれることはあまりありません。

しかし、頭を働かせてばかりでは、予定外のことや考えがまとまらない時にはパニックに陥ってしまいやすく、またストレスやイライラも溜まりやすくなってしまいます。

頭がいっぱいになってしまいそうに感じた時には、敢えて少し時間を作って、ぼんやりと無心になることも大切です。

外の空気を吸いながら、空をただ眺めて頭を一度空っぽにすると、その後の考えがまとまりやすくなっておすすめです。

音楽を聴く

音楽が好きな人にとっては特にそうですが、音楽を聴くことで英気を養うことが出来ます。

疲労が溜まっている時にはクラシックや睡眠用のBGMを聴くことで心を落ち着けてリラックスすることが出来ます。

特に忙しい時には頭が常に働いている状態になりますので、夜になっても寝付けないということがあります。

そんな人はヒーリング効果のある曲を流しながらだと、気持ちを落ち着かせて眠りに落ちることが出来るのでおすすめです。

また、30分程度の仮眠をとる際にも、落ち着いた静かな曲を流しながら目を閉じると心地よい気分を味わうことが出来ます。

一方で、これから頑張りたい!と思う人は、勉強や仕事の直前にテンションの上がる音楽をかけると良いでしょう。

通学や通勤途中で曲を流しながら向かうと、向上した気持ちのままで取り組むことが出来ます。

人によっては、作業中に音楽を流しながら行うと効率がいいという人もいるように、音楽が人の心に与える効果はとても大きいです。

反対に音楽があると集中出来ないという人もいますが、そうでない人にはおすすめの方法です。

顔を洗う

気分を変えたい時や、眠気を覚ましたい時には顔を洗うのがおすすめです。

この場合は、出来ればお湯よりも、冷水で顔を洗う方が効果的です。

冷たい水で顔を洗うと、それだけでだらけた気持ちが引き締まります。

また、単純作業の連続や、長時間の勉強、仕事をしていると、どうしても集中力が欠けてしまい、また眠気も覚えやすいです。

顔を洗うことは誰でも手軽に出来ますし、たったそれだけでも眠気覚ましや気持ちの引き締め、切り替えになるのでおすすめです。

とはいえ、外出先で顔を洗うことは、男性には気軽に出来ても女性には中々難しいものがありますよね。

特に女性は化粧をしている人も多いため、そう簡単に顔を濡らすことは出来ないでしょう。

その場合は、濡れシートを額に乗せたり、冷やした水を飲むだけでも少しは効果があるのでそちらを試してみると良いでしょう。

違う仕事をする

長時間労働をしていると、それだけ心身は疲労していきます。

さらに、その仕事内容がいつまでも同じだと、余計に気持ちが疲れてしまい、だるさや倦怠感も増してしまいます。

一方で、毎日違った仕事内容をしている人では、その都度新鮮な気持ちで仕事に取り組むことが出来ますが、反面常に緊張状態や、集中力を使うために一日が終わることにはへとへとに疲れ果ててしまいます。

理想的なのは、基本的には同じ仕事の繰り返しですが、時には違う仕事内容も行うことでしょう。

とはいえ、自分で好きに仕事を選べる人などそうはいません。

もし普段は営業が仕事内容だという人であれば、たまには事務の仕事を手伝ってみると気分転換になるかもしれません。

また、工場のラインのように単純作業の仕事の場合には、敢えて普段は話をしない人に自ら関わりに行くなど、いつもとは何か違うアクションを起こしてみましょう。

決まりきった毎日や、まったく同じ仕事内容では気持ちがだらけてしまうことはありますが、そこに少しの変化を加えるだけでも、新鮮な気持ちになることは出来ます。

散歩する

散歩をすることで、「気分転換」と「適度な運動」の両方の効果を得ることが出来ます。

仕事の合間や休憩時間に外に出て、ほんの5分だけでも良いのでゆっくりと外を散歩することで、休憩後からの仕事に再び気合いを入れ直すことが出来ます。

人はある程度の緊張状態や拘束状態が続いた後でほんの短い時間でも自由な身になると、大きな解放感と心地良さを覚えます。

心身共にリラックス出来て英気を養えるため、その後の仕事にもまた精を出すことが出来るのです。

また、長時間同じ姿勢のままで仕事を行う人にとっても、散歩をすることで適度な運動になるため、筋肉の硬直から来る疲労を軽減させることが出来ますし、むくみの改善にも繋がります。

頻繁に外に出る仕事の人は良いですが、基本的に社内で過ごす時間の長い人は、昼休みや休憩時間を利用してほんの数分でも良いので外を散歩してみましょう。

【散歩については、こちらの記事もチェック!】

頭の体操

長時間ずっと同じ作業や仕事内容を繰り返していると、段々とそれに慣れてしまって、頭を使わなくなってしまいます。

そうなると、ぼんやりしながら仕事をすることになり、余所事を考えていた結果いつの間にかミスをしてしまっていた、なんてことになりかねません。

動きがある仕事内容だとしても、基本的な仕事内容が同じ場合には、慣れから倦怠感に陥りやすく、また集中力を持続させることが難しくなってきます。

そんな時には、頭の体操をして脳内から倦怠感を追い払いましょう。

頭の体操といえば、クロスワードや数独のようなものを思い浮かべる人も多いことでしょう。

もちろんそれも効果的ですし、他の頭の体操方法を探してみるのも良いでしょう。

仕事中は流石に行うことは出来ませんが、休憩時間にでもやってみて、頭の中をスッキリとさせてみるのも良いでしょう。

特に頭を使うことが好きな人にはおすすめです。

また、朝一番の仕事でまだぼんやりとしている時にも、頭の準備運動として行うと効果的です。

相談

音楽を聴いたり、外の空気を吸ったりして英気を養うことも出来ますが、それでも心のもやもやだったり、精神的なストレスが晴れないという人は、誰かに相談をするという方法もあります。

何でも一人で物事を考えられる人であっても、時には考えがどうしても思い付かない時もあります。

また、ストレスの原因が仕事や人間関係の場合は特に、自分だけではどうすることも出来ずに、第三者の助けやアドバイスが必要なこともあります。

そんな時には、誰かに相談をするのがおすすめです。

ただの愚痴であれば、相手をそこまで選ぶことはないかもしれません。

しかし、相談となると自然に相手に対して助言を求めることが多いため、自分よりも経験豊富で、人間としても尊敬や信頼が出来る相手を選んで相談すると良いでしょう。

身近な存在であれば自分の親や兄弟、親戚など。

また職場で悩んでいるのであれば、職場の上司や親しい同僚など、ある程度信頼出来る相手を選別して相談に乗ってもらうと良いでしょう。

休憩時間はどれくらい?

英気を養うことの重要性や、英気の養い方についてはこれまでご紹介してきました。

では、一体どの程度休憩時間をとれば良いのでしょうか?仕事や勉強が休みの日や、仕事中など、時と場合によってとれる休憩時間にも限りがありますが、一般的にはどの程度の休憩時間を確保すればいいのかをご紹介していきます。

10分~15分

一般的な休憩時間は、10分~15分程度が理想的と言われています。

1日や数日間かけて英気を養う場合にはもちろんたっぷりと心身を休める必要がありますが、毎日の仕事や勉強の合間にとる休憩の場合には、そこまで長時間とることは出来ないでしょう。

そのため、一度の休憩で10分~15分程度心身を休めることで、気持ちを切り替えたり、疲れを取ったりすることが出来るとされています。

極端な例えで言えば、ものの数分の休憩でも暖かい蒸しタオルを瞼にかければ多少は目を休めることが出来ますし、15分程度の仮眠であっても、体が疲れ切っていれば短時間で熟睡することが可能です。

本来はそこまでの状態になってしまう前に適度な休憩をとることが求められますが、人によってはその程度の休憩でも十分に英気を養うことが可能なのです。

とはいえ、一般的に10分~15分程度の休憩の場合には、仮眠はとらずに適度に体を休めることが多いでしょう。

例えばコーヒーを淹れる、同僚や上司と雑談をする、タバコを吸う、外の空気を吸うなど、手軽に出来ることで気分転換をしたり、適度に体を動かしたりすることが主です。

ほんの短い時間ではありますが、それでも全く休憩をとらないよりは仕事や勉強の効率がグンと上がります。

意識するのは6分の1休憩

休憩をとる際には、仕事であれば勤務時間の6分の1程度の時間を休憩にあてることを意識すると良いでしょう。

正社員であれアルバイトであれ、一般的には8時間勤務の時間帯で設定されていることが多く、その内の45分~1時間程度が休憩時間にあてられていることが多いです。

宛がわれた休憩時間をしっかりと有効活用すれば十分に休息を取りながら仕事を行うことが出来ます。

しかし、中には忙しくて30分程度しか休みがとれないという人もいるでしょう。

そういう人の場合には、残りの30分をトイレ休憩やタバコ休憩、ほんの数分外の空気を吸うなどの時間にあてることで、足りない分の休憩をとることが可能になります。

どんな人でも一服する時間や、トイレに行く程度の時間は許されていますので、それらを上手に休憩時間として活用するようにしましょう。

仕事や勉強で効率的に英気を養おう!

仕事や勉強など、長時間の作業や集中を余儀なくされることは多いです。

しかし、誰でも一日中集中力を切らすことなく同じ作業や勉強を行い続けるのはほぼ不可能です。

どこかでどうしても集中力が切れたり、心身に疲れを感じたりするタイミングが訪れます。

そんな時には決して無理をせずに、休める分だけしっかりと休みをとって英気を養うように心掛けましょう。

休憩時間がほんの数分~数十分であれば、一服するなり誰かと談笑するなり、外を散歩して体内の空気の入れ替えを行いましょう。

また、何日か休みがとれるのであれば、好きなことをしたりダラダラと寝て過ごしたり、もしくは避暑地などに行ってしっかりと日頃の疲れを取りましょう。

休息をとることに対して否定的な人は、大半が「休憩は時間の無駄」「もったいない」「意味がない」などという理由からです。

しかし、ほんの5分でも休憩をとった人では、全く休憩をとらない人に比べると仕事や勉強がとても効率的に行えています。

嘘だと思う人は、今日からでもぜひ試してみて下さい。

根を詰めて仕事や勉強を行うよりも、適度に休憩を取りながら行った方が余程効率的に進められると気付けるかもしれません。

英気の養い方や休む時間配分は、人により違っています。

あなたに最も適した英気の養い方が見つけられると良いですね。