CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

本能に埋め込まれている7個の習慣や行動


本能で何かをしたりすることがあると思います。

そもそも本能とはどの様なものか考えたことはありますか?例えば行動に対して毎日何かをしているということがあると思います。

これは人類が共通して言えるようなことをしているのですが、お気づきでしょうか?それは三大欲求と呼ばれるものです。

具体的に言うのであれば「食欲」「睡眠欲」「性欲」というこの3つが本能的に動いているということになるのです。

常に生きていくために必要なことであり、特に、食欲や睡眠に関しては毎日と言って良いほどあると思います。

これは人が生きていく上で必要な本能なのです。

本能というのはこの他にも様々あると思います。

ではどの様な行動や習慣などがあると思いますか?人それぞれ思い当たることがあるかもしれません。

ではどの様なものがあるのか見てみましょう。

️人間には本能がある

人間には本能というものがあります。

動物などにも本能があるように人にも本能というものがあるのです。

これは先ほど言った三大欲求がとても良い例ですね。

お腹が減ったとなれば何かを食べたいと思って料理をしてご飯を食べると思います。

これも人としての本能です。

眠いので寝たいと思うのも本能だと思います。

人間には様々な本能があり、その本能というものがあればあるほど様々な習慣や行動へと移していくのです。

では人間には本能があると言いましたが、本能とはそもそもどの様なものなのか具体的に見ていきたいと思います。

本能とは


本当というのは生理的に持っている行動をするということです。

これだけ聞くと難しく聞こえると思います。

簡単に言うと人は生まれつき、その特性や行動というものを持っているのは解りますか?その生まれつきから持っている特性や行動を行うことを本能と言います。

更に解りやすく例を出すと、今お腹が減っている状態を考えてみましょう。

例えば目の前に美味しそうな料理があるとします。

それは自分の大好物だとします。

だけれど1つ難点があり、ダイエットをしているのでご飯を控えようと思っているとします。

ですがお腹はぐうぐう鳴っており、体はとてもご飯を欲しているという状態になった時があると思うのです。

この時にお腹が減っているので食べたいと思うのが本能に当たる部分です。

逆にそのまま食べないで我慢しようと思っている場合は本能で行動をしたのではなく、理性に当たります。

本能というのは体が正直に思うことをそのまま現してくれたりもするのでとても重要な役割なのです。

特に食欲などに関してはお腹が減るとおやつを食べたりすると思います。

これは食べようと思っていたのではなく、無意識に食べたいと思ってしている行動なので、人間の本能と言えるのです。

ではその本能について更に詳しく見てみたいと思います。

行動や考え方への性質

行動や考え方があると思います。

例えばご飯を食べるという行為もそうですし、寝るという行動も同じだと思います。

何かをしようとしていて、時には我慢をするというようなこともあると思います。

ですが本能というのはその行動や考え方に関して「やりたい」という意識を持つことを言うのです。

これは自分では抑制できる時もあればできない時もあります。

例えば感情がとても高ぶっている状態で本能的に動くということはあまり無いのです。

しかし暴れてしまうというようなことはありますよね?よく子供の喧嘩などではその様なことになっていたのではないでしょうか?理性や感情というのは本能に対しては優位に動いてしまうときもあります。

ですが本能というのは生まれつきもっているものなので、考えて行動をしたり感情で行動をするというのは本能とはあまり言えないです。

生まれ持っているもの

生まれ持っているものが本能なのです。

例えば何のために食事などを摂り、睡眠をしているか考えたことはありますか?私達はこれを日常のことのように思っていますが、これは生まれもった本能で動いているのです。

お腹がすくというのもそうですし、眠くなって寝るということも本能で動いています。

これは生まれ持ってあるものであり、赤ちゃんの頃からそのようにしてきました。

決して何かの影響でこの様になったというのではなく、お腹が減ったからご飯を食べたり飲み物を飲んだり、眠いから睡眠をしたり仮眠を取ったりと生まれもっているものなのです。

経験や学習によるものではない


よく本能の区別があまりつかないという人もいると思いますが、本能で行動をするというのは経験や学習によるものではないということを覚えておいてください。

ページトップ