CoCoSiA(ココシア)

本能に埋め込まれている7個の習慣や行動(続き3)

現に今でも研究などをしているというところもあると思います。

それほど人というのは知識などがたくさんあり、感情などで動いているのです。

本能的な行動が少ないと思っている人がいると思いますが、もしかしたら気付いていないだけかもしれませんよ?

時には人間にまつわる本能を知っても良いのではないでしょうか?

️本能に埋め込まれている7個の習慣や行動

本能に埋め込まれている7個の習慣や行動に関して考えたことはありますか?

例えば代表的なものは三大欲求というものがありますよね。

ですがこの他にはどのようなものがあると思いますか?

例えばトイレに行くというようなことも習慣付けられていますよね?

これも本能にあたる部分なのではないかと思います。

トイレに行って尿や便をするというのは動物でも同じことですが、そこら中にするというのではなく、決まった場所に必ずしていると思います。

この様なことも本能的に行動をしていると言えるのではないでしょうか。

ですがこの様なことは経験や習慣などが身について行動をしていると言えます。

実際にどれが本能的な行動であり、感情的や思考などで動いているのかというのは本人には解りません。

ですが、無意識に行動をしているというようなこともあるのです。

ではそんな本能に埋め込まれている7個の習慣や行動について見てみたいと思います。

1.三大欲求

三大欲求というのはよく聞く言葉だと思います。

三大欲求というのは「食欲」「睡眠欲」「性欲」という3つの分類に分けられ、生きていく上で食事をしてエネルギーを蓄えたり、睡眠をして体の調子を整えたりするというようなこともあります。

これは本能に埋め込まれている習慣や行動には当てはまる行為であり、人の代表的な本能と言っても良いでしょう。

三大欲求があるからこそ、普通に生活をするということができているのです。

では細かく見てみたいと思います。

食欲

食欲というのはお腹が減るとなった時に食べて栄養を補給したりする際に、食べたいと思う時にかられる欲求の1つです。

三大欲求の中でも代表的なものですよね。

人は今の食習慣をどのようにしているのかと言うと朝、昼、夕と3つに分けてバランスよく食事を取っています。

人によっては朝食を抜きにしたり、昼食を取らないという人もいるのではないでしょうか。

ですがこの3食を抜かしてしまうと必ずお腹がすくということになると思います。

決まった時間に食事などができなくても、時間をずらして食べるという人も多いのではないでしょうか。

食欲というのは人により大きく出ますが、逆に食欲が無いというのは人間の本能的に問題が出るのです。

食べた後は満腹感に満ち溢れるので食欲が出ないのは当然のことですが、何かを食べてもお腹が空いたり、何を食べない状態でお腹がいっぱいになるというのは少々異変がおきていると言っても良いでしょう。

具合が悪いときはあまり食べないですよね?病気などになっている時も同じです。

ですがそんな時にこそ食事をすることで人というのは栄養を蓄えて健康な体な状態になるのです。

食欲を怠らないような生活というのは、人の本能であり、必須な欲求の1つと言っても良いでしょう。

食べ物を食べるということはそれほど大事なことなのです。

性欲

性欲というのも本能的な1つの習慣です。

性欲は人により大きく差が出ています。

最近では性に一切興味が無いという人もいて、ニュースなどになっていました。

人間の本能であるので基本的には皆あるものですが、それが一切無いというのは何か異変があると感じ取られることが多いです。

精神科などはその様な状態を見ることが多いですが、性欲が湧かないという状態になると、何か病気なのではないかと疑われます。

性欲と聞くとあまりよく思わない人もいると思いますが、人は性欲を持って当然のことなのです。

ですがそれにも限度というものがありますよね?

限度が過ぎると大変なことになってしまいます。

無意識のうちに性欲というのを満たされている状態もありますが、それは人により違うと思います。

あなたは本能的に性欲に溢れているときはありますか?

睡眠欲

睡眠欲というのは食欲の次によく皆が言う言葉でもあります。

睡眠というのは人間にとっては大事なことであり、もちろん動物も同じようなことが言えます。

睡眠を取ることで1日のサイクルなどが決まり、体力の回復などをしてくれます。