人生には辛いと感じる出来事がつきものです。

むしろ、そう感じる事の方が多いのかも知れません。

時には困難な出来事に遭遇して前に進む事ができなかったり、ショックな経験をして立ち直れないような時もあるのではないでしょうか。

そんな時、辛い状況から復活できる方法を知る事ができたら良いと思いますよね。

今回はそんな復活する為の方法についてまとめてみました。

失敗は成功の元!

誰でも人生の中で色々な失敗を経験するものですよね。

その失敗した経験を一つ一つ気にしていたらキリがありませんし、とても身が持ちません。

失敗は成功の元と言われるように、実際にこれまでの自分には過去に失敗した経験が活かされている事もたくさんあるはず。

プロのスポーツ選手や有名な学者も、最初から優秀だった訳ではないでしょうし、何度も失敗を繰り返して今の自分が存在しているのです。

辛いと感じる事でつまずいてしまった時でも「これも自分の人生の中での良い経験になる」と信じるようにしましょう。

その時にはまだ実感を得られないとしても、時間が経ってから「あの時の失敗が良い経験になった」と感じる事ができる日がいつかやってくるはずですよ。

1.失敗したままじゃ成長しない


失敗は成功の元とは言え、どれも失敗したままでは人は成長しないものです。

失敗した事をいつまでもくよくよ悩んでしまうのも良くありませんが、反省せずに放って置いてしまうのはもっと良くありません。

失敗した経験をいかに次に活かす事を考えるのがとても大切な事です。

「今後は同じ失敗をしないようにする」という事を肝に銘じて、反省点を探してみるようにしましょう。

そのような経験を重ねる事できっと将来自分を振り返ってみた時に、きっと過去の自分と比べて成長している事が実感できるようになるでしょう。

失敗から復活するための6個の方法

とても大きな失敗をしてしまった時は、誰でも少しは落ち込んでしまうものですよね。

特に仕事で大きなミスをしてしまった時などでは、上司や先輩から指摘をされるだけではなく、場合によっては責任を問われる可能性もあります。

そうなってしまえば、今後の自分の将来にも影響を及ぼしてしまいかねません。

考えれば考えるほど気が遠くなってしまうような経験をして、もう立ち直れないと思ってしまった時でも復活して元の自分を取り戻しましょう。

ここからは具体的に復活する為の方法についてご紹介しますので是非チェックしてみて下さいね。

1.全てを真に受けずある程度流そう

失敗をすると何故かまた別の失敗が続けて起きてしまうという事ってありますよね。

悪い事は続くとは良く言いますが、もしかしたら自分の気持ちに少し余裕が足りないのかも知れませんよ。

誰でも、失敗をした直後は緊張したり、焦ってしまいがちです。

そんな時、普段は起こさないような失敗を起こしてしまう事も少なくありません。

しかしながら、全てを真に受けずある程度は受け流すくらいの気持ちに余裕を持つようにしましょう。

自分で起こした失敗について全てを受け止めるというのはなかなか難しい事ですし、一人で抱え込むのは精神的にも良くありません。

多少の事は目を瞑って、中でも大きな失敗についてだけ考えるようにすれば良いのです。

真面目な人ほど考え過ぎてしまい先に進めない


失敗をした時、人の思考や行動パターンは様々ですが、特に真面目である人ほど考え過ぎてしまい先に進めないものです。

それだけ責任感が強く、自分に対しても厳しいのでたった一つの失敗でもいつまでも悩んでしまいがちなのです。

勿論、失敗した事について反省するのは良い事ですが、そのせいで他の事が見えなくなってしまう程考え込んでしまうのも良くありません。

特に、会社などでは一人で仕事をしている訳ではありません。

チームワークを乱さないよう、一人で悩まず誰かに相談するのも大切な事です。

そうする事で、根本的な解決には至らないまでも気持ちに余裕が生まれますし、他の事にも目を向けられるようになるはずですよ。

2.周囲の目を気にし過ぎないこと

普段から何かと周囲の目を気にし過ぎてしまうような人は、少し自分を見直してみてはいかがでしょうか。

それだけ他人を意識してしまっていれば、何をするにしても周囲の目が気になって集中など到底できませんよね。

そして、自分が失敗をした時となれば尚更です。

「自分が今失敗をした事を、他の誰かが見て笑っているのではないか」と気になってしまう気持ちも分かりますが、考えたところでキリがありませんし、本当はどうなのかまでは分かりません。

そのような他人の気持ちを詮索すればするほど、ネガティブ思考になってしまい、結果として自分を苦しめてしまう事になります。

考えても時間の無駄ときっぱりと気持ちを切り替えられるようにしましょう。

その方がきっと今後の自分の為にもなるはずです。

人はそんなにあなたのことを考えていない

自意識過剰な人であるほど、周囲の目を気にし過ぎてしまうものですが、実際はそれほど人はあなたの事を考えてはいないものです。

例え自分が何か失敗をした時でも、誰かが自分の事を見ているとは思わないようにしましょう。

もし、自分が他人の失敗を目撃したとしても、気になるのは一瞬だけだったりする事が殆どではないでしょうか。

少しでも気になってしまえば、自分の周りにいる人たち全てが気になってしまいますよ。

そんな事を考えるだけ時間の無駄ですし、それよりも前を向いて次にやるべき事を考えた方が自分の為だと思うようにしましょう。

3.過去のことを考え過ぎない

もう何年も過去に起こした失敗をいつまでも忘れられずに考えてしまう事ってありませんか。

「あの時にもっとこうしておけば失敗しなくて済んだのに」と後悔をするのは誰にでもある事ですよね。

しかしながら、このような過去の事を感が過ぎてしまうというのも余り良い事ではありません。

過ぎてしまった事はどうにもなりませんし、幾ら溜息をついたところで何も変わらないのです。

辛い気持ちは残りますが、なるべく思い出さないよう過去の事を吹っ切ってしまいましょう。

自分にとってもっと大切な時間の使い方があるはずですよ。

気持ちを未来に向けよう

恋愛や仕事など、過去に大きな失敗を経験していると、忘れようと思っていてもなかなか忘れられない事もよくありますよね。

しかしながら、そうして考え込んでいる間は、どうしてもネガティブ思考になってしまいがちです。

「自分が悪いんだ」と考えてしまっている限り、ネガティブ思考から離れる事はできません。

それよりも、今の気持ちをもっと自分の未来に向けるようにしてみましょう。

それだけ悩んでしまうような失敗なら、次は必ず失敗しないはずと自分を励ましてあげるのも時には大切です。

過去の事でいつまでも考えるより、これからの自分の事を考える方が気持ちもきっと前向きになれるはずです。

4.自己否定をやめよう

失敗をする度に「やっぱり自分はダメな人間なんだ」と自己否定をするような経験をした事はありませんか。

このような考え方も、復活する為には控えた方が良いでしょう。

自己否定をしていても、自分のダメな点ばかり気になってしまい、とても復活するような気持ちにはなれませんし、もっと自分の事が嫌いになってしまいますよ。

勿論、自分の悪い点を知る事はとても大切な事ではありますが、人それぞれ向き不向きがありますし、個性があります。

誰かと自分を比べたところで、その人にはなれる訳ではないのです。

自分を嫌いになったら停滞する

自己否定もほどほどにしておかないと、自分の事が嫌いになってしまうだけでなく、気持ちも停滞してしまいます。

反省をせず、ただ自分を責めているだけでは
人は成長する事ができません。

良くも悪くも今の自分が本当の自分なのです。

その事をしっかりと受け止め、自分と向き合う事でもっと自分を知る事ができる良い機会と考えるようにしてみてはいかがでしょうか。

そうする事で、停滞していた気持ちが少しずつでも前向きになれるようになりますよ。

自分を好きになってあげよう

とは言っても、失敗だらけの自分が嫌になってしまう事ってありますよね。

他の人が簡単にできる事が自分にはできなかったりすると、他人と自分を比べてしまいますし、ますます自分が嫌いになってしまう事もあります。

しかしながら、これ以上、自分を嫌いにならないようにする為にも、現在の自分を認めてあげましょう。

自分が他人を見て羨ましいと感じるように、他人から見たらあなたの事を羨ましいと感じている人だっているかも知れませんよ。

余り深く考えすぎずに、他人は他人、自分は自分と割り切ってしまいましょう。

考え方次第で、もっと自分の事がすきになってあげられるはずですよ。

そして、それができるのもあなた自身なのです。

5.失敗をポジティブにとらえよう

失敗=ダメな人間と考えてしまいがちですが、決してそんな事はありません。

勿論、失敗をすれば誰でも落ち込みますし、場合によっては失敗を挽回できないケースもあります。

しかしながら、どんな失敗であったとしても、人の気持ちや考え方を変える事はできるはずですよね。

要はその人の考え方次第で失敗をポジティブにとらえる事だってできるのです。

これができるかどうかで、今後の人生に大きな影響を及ぼす事になるので、しっかりと覚えておきましょう。

失敗は経験値を増やす!

誰だって失敗はなるべく避けたいと思いますよね。

失敗をすれば、自信を無くしてしまったり、周りの人から自分に対しての評価も気になってしまう事もあるのではないでしょうか。

しかしながら、そんな失敗も時には人生において必要な時があるというのも事実です。

上の記事でご紹介した通り、世界的に有名な過去の偉人や、現在世の中で評価されている人たちなどは、世間にその名が知られるずっと前から少なからず失敗をしているものです。

そして、その失敗の数も私たちの想像を遥かに上回るものであるというのも決して珍しい事ではありません。

何かで成功を収めるには何度も失敗をして、その中からヒントを得ているはず。

その為、失敗はその人の経験値を増やす事ができるのです。

失敗から復活した人のほうが強い!

何でも失敗を繰り返していたら、前に進めない自分を情けないと感じる事もあるかも知れません。

そして、もしかしたら現在挑戦しようと思っている事も諦めてしまい、心も折れてしまう事もあるでしょう。

しかしながら、そんな時こそ人が成長できるチャンスでもあります。

失敗をしてただ落ち込むだけではなく、失敗で経験した事を上手に吸収できる人は、次は同じ失敗をしないでしょうし、そうならないようにする為に今まで思いつかなかった事も考えて行動できるようになっているはずです。

そして、何度も失敗から這い上がってこれる人はその数だけ、精神的にもタフになっています。

その為、失敗から復活をした人の方が強くなれるのです。

仮に同じような失敗をしてしまったとしても、すぐに気を取り直して前向きに物事を考えられるのもそのような失敗から得た経験によるものなのです。

6.他の人の失敗談をたくさん見てみよう

自分の失敗を他人に話すのは恥ずかしいと思う事もたくさんありますよね。

しかしながら、それは自分だけではなく、世の中にいる人たち全てに言える事です。

「同じように苦しんでいるのは自分だけじゃないんだ」と思えるような他人の失敗談をたくさん見てみましょう。

現在では直接本人に話を聞かなくても、インターネットでは世の中の人の失敗談も簡単に見つけられるはずですよ。

こうしている間も、誰かが何かで失敗をして悔しがっていたり、落ち込んでいると思えば、何だか少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。

自分への卑下が軽くなる

失敗をした時、多くの人は自分に対して卑下をしてしまいがちです。

元々、大した事が原因では無いような失敗も、自分自身を精神的に追い詰めてしまうのです。

そんな気持ちが更に、精神的苦痛を与える事になってしまい、これからも不安になったり、失敗を恐れてしまうようになってしまいます。

そのような気持ちになってしまわないようにする為にも、他人の失敗談を知るのは良い事です。

勿論、目標に向かって頑張っている人に対して、失敗した事を笑ったりするのは良くありません。

しかしながら、インターネットなどの掲示板などで公開されている失敗談はほとんどの場合、匿名による書き込みです。

あくまでこんな失敗をしている人もいるんだな程度で見てみると良いでしょう。

これまで狭かった視野も広がり、きっと自分に対しての卑下も軽くなるはずですよ。