久しぶりに会った人との会話の中で「相変わらず、アナタは○○だね」「○○なところは相変わらずみたいだね」など、「相変わらず」という言葉が出てくることってありますよね。

これまで特に意味を意識して使ってきたことはないと思います。

相手が変わらない様子をただ単に表現しただけですよね。

しかし、自分が「相変わらず○○だね」と言われたときに「なんか失礼じゃない?」と感じたことはありませんか?ただ単に「過去と変わらないね」と言いたかっただけかもしれませんが、自分が欠点と思っているところや言われたくないことを「相変わらず○○だね」と言われたらとても不快感ですよね。

「私が進歩してないってこと?」「久々に会ったのに、そんなとこばっかりつついてきてなんなの?」と思ってしまうことでしょう。

もしかしたら相手にもアナタが言った「相変わらず」を同じように受け止めてることがあるかもしれませんよ。

しっかりと意味や使いどころを理解していないとイヤな言葉にもなってしまう「相変わらず」、人間関係に亀裂を産んだり、失礼があったりしないためにも意味を正しく理解して使えるようになりたいですよね。

今回は、意外と知られていない「相変わらず」の意味などについてお伝えしていきたいと思います!

意外と知らない「相変わらず」という言葉

さりげなく使い、使われてきた「相変わらず」という言葉。

人から正確な意味を教えてくれと聞かれたとしたら「昔と変わらない様子?」「ずっと変化がないということ」と答える人が多いでしょう。

実際はそれだけでもニュアンスで理解できますが、果たして「相変わらず」という言葉が持つ意味はホントにそれだけでしょうか?
ここでは色んな側面や意味を持つ「相変わらず」という言葉について色々お伝えしていこうと思います!

正しく覚えよう!「相変わらず」について


「相変わらず」の意味を正確に理解せずに何気なく使っている人がホントに多いです。

ですが、「相変わらず」の意味をちゃんと理解していなくてもそれとない感じで相手に伝わってしまうのも事実です。

「相手に伝わっているのなら、いいじゃないか!」と思うかもしれませんが、ちゃんと理解していると言葉の使う幅が広がりますし、いざという大切なシーンなどで「言葉をちゃんと知っている人」として評価につながることがあります。

話題のネタにもなるし、いざというときに周りに差がつけられる、そして自分の知識にもなるので、「相変わらず」を理解して使うようにしましょう。

意味

「相変わらず」には、「以前と同じように」という意味が強いです。

そして「予想や期待に反して、過去と現在が変わっていないこと」を意味することがあります。

総合すると「変化がないこと」という意味なのですが、後者の意味合いだと、何かガッカリさせた…?と感じてしまいますね…。

実際にも「なんだ、変わってないな」という期待ハズレなときに使うことが多いです。

しかし、悪い意味だけではなく「良いことが過去と現在も変わっていない」という使われ方もします。

「相変わらず」を期待ハズレ感溢れるものにするか、いい意味のものにするのかは、前後の文脈によって変わってきます。

類義語

昔と変わらない様子を表す「相変わらず」の類義語はたくさんあります。

なかでも「やはり」「依然として」というものが「相変わらず」ととても近い意味を持っています。

「やはり」は、「予想や期待したどおり、過去と現在が変わっていないこと」を意味しています。

自分の期待していたとおり、考えていたとおりの結果があったときに使うものです。

そして「依然として」は、「前の状態と変わらず続けていること」を意味しています。

多少ニュアンスが違っても「相変わらず」に通じているところがありますよね。

この2つの類義語以外でも「相変わらず」の要素を持った言葉がたくさんあります。

ここでは、その類義語についてご紹介します!

いつも通り


「いつも通り」とは、臨時的ではなく定期的であることや、継続的に行ってきたことと変わりがないことをいいます。

例えば「いつも通りのカットでお願いします」「特に変わったことはせず、いつも通りに過ごす」などと使うことがあります。

ほかにも、飲食店などのお店などで「いつもの!」と言っている常連さんがいますよね。

「いつもの!」と略されてはいますが「いつも通りで!」という意味なのです。

通常

「通常」とは、特別でもなく普通の状態のことをいいます。

よくお店の貼り紙でなどで「今週はお盆休みのためお休みを頂いてましたが、来週からは『通常』どおり営業します」なんてものを見かけたりしますよね。

特別な状況ではなく、普段の状態のことを示すのが「通常」なのです。

「通常のお値段○円のこの商品ですが、今回は特別に○○円でご奉仕させていただきます!」など、セール時などにも特別と比較するために「通常」が使われることがあります。

特別や臨時などが際立つ「通常」、結構いたるところで使われていますよね。

平常通り

「平常通り」とはいつもとおなじ通りのことをいいます。

「平常」は、「普通」や「通常」とどう違うのかということがよく問われますが、「平常」はある一定のことに関していつも通りであることを示しています。

「普通」とは、他の大勢と比べて変わらないことという意味で使われます。

そして「通常」は特別ではなく普通の状態であることを表しています。

どれも同じような意味で使いどころがややこしいですが、うまく使い分けられたら賢く見られますよ。

いつもと同じ

「いつもと同じ」とは、以前と変わらず同じ状態のことをいいます。

「いつもと同じ電車に乗る」「いつもと同じメンバーで遊びに行く」「持ってくるものはいつもと同じもので」など、これまでと同じパターンなどのときによく使われています。

言葉の意味そのままですし、使いやすいので日常でもよく使いますよね。

相も変わらず

「相も変わらず」とは、「相変わらず」と意味は同じなのですが「相変わらず」という言葉を強調した表現です。

また、ちょっとネガティブ(皮肉っている様子)な意味合いが込められることがあります。

「相も変わらず赤点をとってしまった」「相も変わらず相手にされない」など、何となく「卑下」な印象を受けますよね。

変化なし

「変化なし」とは、これまでと同じこと、変わりがないことをいいます。

人に対してというよりも物事や事象に関して使われていることが多いですよね。

例えば「キミは昔から変化なしだな!」と言われると違和感がありますが、「実験開始から○分経過したが、変化なし」と使うとしっくりきますよね。

ニュアンスとしては「変わらないこと」として伝わるのですが人に対して「変化なし」という言葉を使うとちょっと冷たい感じやモノ扱いしているような様子になってしまいますよね。

今も昔も

「今も昔も」とは、時は流れても変わらないということをいいます。

例えば「今も昔も、子供は無邪気だ」「○○しないといけないということは、今も昔も変わらない」という使い方をしますよね。

「昔」という言葉によって数ヶ月、数年単位などの時間の流れではなく、十数年、数十年の長い時間を感じますよね。

ほかの「相変わらず」の類義語に比べると過去から現在の時間のリーチに違いがあるように思います。

「相変わらず」を使った例文

場合によっては意としてないように伝わって相手を怒らせてしまうことがある「相変わらず」。

普段何気なく使ってしまうことがあるので、今後は注意したいですよね。

このように使いどころが意外と難しい「相変わらず」ですが、他の人は一体どのように「相変わらず」を使っているのか気になりますよね。

これまで「相変わらず」を意識して使ってきたという人も少ないはずです。

ここでは、「相変わらず」を使った例文をちょっとだけご紹介したいと思います。

例1

「学生時代の友達と久しぶりに会ったが、相変わらず元気そうだった。」

これは、久しぶりに再会した友達が昔と変わらず元気で過ごしていることを表した「相変わらず」です。

アナタも古い友達と再会したときに「相変わらず元気そうでよかった~!」と言ったりしますよね。

この「相変わらず」を使ったときは変な含みは一切ないはず。

「相変わらず」の後ろに「元気そう」という言葉が来ているのでネガティブに取れられることもなく、昔と変わらず元気にしている様子を単純に表現して安堵している感じなのでイヤミのない「相変わらず」の使い方と言えるでしょう。

例2

「久々に実家に帰ったけど、母は相変わらず口うるさい。」

これは例1と文のニュアンスは一緒ですが、ちょっとネガティブ要素が加わったバージョンです。

皮肉っている感じもありますが、ジョークが通じる身内や親しい間柄の関係で使うと、親しみが込められた様子になります。

また、これを言った当事者のお母さんだけではなく「世の中の母は口うるさいもの」という昔ながらの世間一般のイメージがあるので、「あー、そうだよね。

母親って子供がいくつになっても口うるさいよね」「うちの母も昔からそんな感じ!」など、周りからは共感を得ることができて話題になる「相変わらず」と言えるでしょう。

例3

「相変わらず天気は優れず、雨ばかり降っている。」

これは様子を表した「相変わらず」です。

朝から続いていた悪天候が、夕方になっても変わらず続いているというようなときに使います。

変化がないという様子が伝わってきます。

特にネガティブかポジティブかなどは含まれず、単純に「過去と現在が変わらない」という様子を伝える「相変わらず」なのです。

また、テレビの天気予報などでも梅雨時期や雨の天気が続いているときは「相変わらずの空模様(雨)です」と言っているところをよく耳にしますよね。

テレビは単純に様子や事実を伝えてるだけなのですが「雨=一般的に残念な天気」と思われているので、ここで使われている「相変わらず」はちょっとだけネガティブ要素を含んでいる感じになります。

「相変わらず」は、ホントにとらえ方次第で意味が変わりますよね。

例4

「私が好きな映画監督の新作映画は、相変わらず見事な出来だった。」

これは「相変わらず」の後ろに「見事な出来」という言葉が続いていることから、とてもポジティブな「相変わらず」になります。

過去の経験や主観から「これは優れている」「この人が携わった作品なら間違いない」という前提があり、やはり過去と変わらず(いい意味で)期待を裏切らない、優れているという状態です。

でももし、これが「あの監督の新作映画は、相変わらずだった」という表現だったらどう思いますか?文脈を見ると、良い意味でも悪い意味でもどちらとも受け取ることができますよね。

敢えて何も評価をつけずに「相変わらず」と言っているあたりがネガティブに感じるという人もいるでしょう。

ですが「見事な出来」がつくだけで一気に印象が変わりますよね。

いつも素晴らしい作品だけど、今回も素晴らしかったということがよくわかります。

この例題の「相変わらず」は、とても好感を持っているときの使い方でしょう。

例5

「○○さんの奥さんは、相変わらずキレイな人だ」

これは、褒め言葉として使う「相変わらず」です。

以前からキレイな人だったけど、今もその美しさが健在であるということを「相変わらず」を使って表現しています。

単純に「おキレイですね」と言われるよりも「相変わらずおキレイですね」と言われた方が、「昔も今もずっとキレイ」と言われているようで総合として嬉しいですよね。

過去のことを褒めつつ、現在の様子も上手に褒めているのでイヤミのない褒め方と言えるでしょう。

キレイと言われて嬉しくない女性はほぼいないと思われますので、女性を褒めるときには「キレイでさね」だけでなく、頭に「相変わらず」をつけて褒めてみてはとうでしょうか?

相変わらずを使う時の注意点

変わらない様子を伝えるときによく使ってしまう「相変わらず」ですが、使うときにはちょっと注意が必要なのってご存知でしょうか?ついつい無意識で使ってしまうのでこんなこと言われると「これまでも使ってしまっていたかも…」「相手にどう思われていたのかな…」とドキッとしますよね…。

これから気を付けるために、ここでは「相変わらず」を使うときの注意点をお伝えしたいと思います。

ビジネスの場では使用しないように

「相変わらず」という言葉を使うと、どうしても文の流れ的にフランクになってしまうことがあります。

ビジネスの場ではビジネスマンとしてちゃんと心得た言葉を使ってビシッと決めたいですよね。

親しい同僚や同期との休憩中の世間話ではそこまで気にしなくてもいいでしょうが、仕事上のつながりがあるくらいの同僚や先輩や上司など目上の人、社外の人などに対しては「相変わらず」の取り扱いが危ぶまれます。

また、会議中や商談中も気を付けないといけません。

ビジネスは「成長(進歩)し続けること」「(業績が良くても悪くても)過去と同じではいけない」という考えがあります。

「相変わらず」というような「過去と変わらず」のようなビジネスはよろしくないのです。

もし会議中や商談中で「相変わらず」という言葉を使うなら、「新製品になって新機能がとても増えましたが、旧製品のいいところも相変わらず健在です」など、「変わらない長所」などをアピールするときに使うといいでしょう。

ですが、基本的にはビジネスの場では「相変わらず」を多用しないのがベストです。

あえて「相変わらず」を使わなくてもほかの表現をした方がビジネスの場では無難です。

状況をしっかりと見極めておくようにしましょう。

ネガティブな表現にならないように

「相変わらず」とは、文脈などによっては「進歩がない様子」ととらえられることがあります。

「最近、うまくいっているの?」と聞かれたのに対して「いや~…相変わらずです」と答えると「あのころからあまり成長していないのかな?」と思いますよね。

ちょっとネガティブ要素があるのでそれを言われた相手方は「あ…そうなんだ…」と返しに困ってしまいます。

「相変わらず」を使った当事者としては、実は成績が上がっていたのだけど謙虚なつもりで言ったのかもしれませんが、ネガティブなもの言いは相手が困ってしまいますし、印象もあまりよくありません。

謙虚さをアピールするなら違う言葉で表現したほうが無難でしょう。

使う人をわきまえる

「相変わらず」という表現は、使う人によっては失礼に当たる場合があります。

友達や家族との会話や世間話でよく使う「相変わらず」はちょっと皮肉った感じや自分を下げるような言い方をするときに使うことが多いですよね。

それと同じようなノリで会社の上司や大切な取引先、お客様の前で「相変わらず」を使ってはいけません。

文脈を意識せずに「相変わらず」を使うと「失礼なヤツ」「距離感が読めないヤツ」を思われてしまうことがありますので気をつけないといけません。

「相変わらず」は、使う相手をしっかりと見極めておくようにしましょうね。

上司に対して

上司は身近にいる目上の存在です。

どれだけ職場や上司本人が砕けた雰囲気の人でも「目上の存在である」ということを忘れてはいけません。

そんな相手に「相変わらず」という言葉を使うときは注意が必要になります。

「相変わらず」を使うときはその言葉がというよりも、前後の文脈に気を付けるようにしましょう。

場合によっては皮肉のようになってしまうことがあるので注意したいところです。

また、仕事以外では飲み会などで上司を話すときも「相変わらず」の使い方にはちょっと注意が必要です。

仕事時間外は、多少のくだけた空気や話し方をすると親密さが増すこともありますが、やはり「相変わらず」の使い方は気を付けましょう。

「相変わらずお酒の席でも口うるさいですねぇ」「酒癖の悪さは相変わらずですね」なんて部下から言われたら「えっ、俺ってそんなふうに思われていたの?」「酒の席とはいえ、失礼すぎる」と上司もショックと怒りを覚えることでしょう。

逆に「部長と飲むお酒は、相変わらず話しが弾んで楽しいですね!」「部長と飲むと楽しくなるので、相変わらず飲みすぎちゃいます」というと上司も「可愛いやつめ!」「自分と飲むのを楽しんでくれている!」と喜んでくれることでしょう。

同じふうに「相変わらず」を使っているのに前後の言葉でここまで印象が変わってくる…ホントに使い方や文脈は大切ですよ。

上司が相手のときは文脈を意識して目上の人に対する「相変わらず」の使い方をしましょう。

使い方によっては可愛がられるようになりますよ。

取引先の商談

取引先は言わば大切なお客様です。

アナタが会社の窓口、代表者として大切な取引先とビジネスをするのですから、くれぐれも失礼のないよう慎重・丁重に会話をしたいところです。

例えば取引先に対して「以前と変わらず、とても順調そうですね」ということを言いたくて「相変わらずのご様子ですね」と言ったとします。

本人としてはいい意味をで言ったつもりだったのに、言葉を受けとる相手と感覚が違ったら「それは業績の伸びが悪いことを言っているのか?」と誤解して取られてしまうことがあります。

「何が相変わらずなのか」という部分が不明確だと相手を誤解させやすいですよ。

もし「相変わらず」を取引先に対して使う場合は「相変わらずご活躍なさってるようでスゴいですね!」など、「何が相変わらずなのか」を明確にした上で(今回の場合は、活躍を指している)、相手をあげるような使い方をするようにしましょう。

また、「相変わらず」を別の言い方にして「お変わりない」と表現するのもいいでしょう。

取引先の人との挨拶のときに「お変わりないようで(元気そうで)何よりです」と使うと問題ありませんよ。

「相変わらず」の使い方のミスで損ねる印象は小さいことかもしれませんが、こんな些細なことでも積み重ねれば商談に響くこともあるし、アナタ自身の評価にも関わってくることがあらはます。

ちゃんと使い方を意識すれば防げることなので、言葉を正しく使うように気を付けましょう。

相変わらずの悪い例

このように場面や話す人によって使い分ける「相変わらず」という言葉。

こんなにも奥が深いとは思いませんでしたよね。

普段何となく使っているという人も多いでしょうが、そのなかで実はあまり良くない使い方をしていたという事もあるでしょう。

ここでは、「相変わらず」の悪い例をちょっとだけご紹介していきます。

例1

「この店は、相変わらずお客さんが少ないね」

もしこれをお店の店員さんや店長さんに言ってしまったとしたらとても失礼にあたりますよね。

よく居酒屋で常連さんが「相変わらず寂しい(客入りが)な!」と言ってる場面を見かけまることがありますが、それはお店側と常連さんがそれなりの絆があってそこのものです。

常連さんがジョークとして使ってのもお店側は理解しています。

しかし、常連レベルに達していない人がこの例文のような「相変わらず」を使うと、「過去も今も変わらずに流行っていないとでも言いたいのか?」「相変わらず人気がない店ですいませんね」と怒らせてしまいますよ。

文脈もとても大切なのですが、「相変わらず」を使うときは相手との関係性もかなり大事なポイントになります。

もし、世間話として単純にお客が少ないということを言いたかったのであれば「相変わらず」を付けなくてもいいでしょう。

「今日はお客さん少ないね~」「今日はちょっと寂しい感じだね」と言われたら「そうなんですよ~、今日はちょっと入りが悪いかなぁ」と特に悪い印象を抱かずに答えを返してくれることでしょう。

「相変わらず」だと昔からの継続感が出てしまうので、ちょっとネガティブに取られそうな話題の時は「今日は」「今回は」など限定的に表現するのもアリですよ。

「相変わらず」は使いどころを誤るとただの無神経な言葉になってしまいます。

例2

「相変わらず、おせっかいが好きですね」
「おせっかいなのは相変わらずみたいだね」

「相変わらず」という言葉だけでも取り扱いの注意が必要なのに、「おせっかい」という人から言われたらイヤな言葉とつなげてしまっては悪い印象しか残りません。

「おせっかいだね~」とおせっかいの単品使いであれば多少は悪い印象を抑えられますがそれに「相変わらず」がつくことによって「前からそういうふうに思ってたんだ」と過去に遡って嫌悪されてしまいますよ。

「相変わらず」を使うときはホントに文脈に気をつけなければいけません。

同じような表現でも「相変わらず、面倒見がいいですね(または、親切ですね)」とするだけで相手に与える印象はかなり違うでしょう。

「相変わらず」の前後の言葉をできるだけマイルドにするように心がけましょう。

例3

「仕事の成績は相変わらずのようだね」
「相変わらずの成績だね」

仕事関係の人から言われたくない「相変わらず」の1つでしょう。

「昔と変わらない…成長していないな」と、とても見下されている感じがありますよね。

この文脈だと、とても褒められているように感じません。

もし、昔からずっと優秀な人への褒め言葉として使ったつもりだったのなら「相変わらずいい感じみたいだね」「優秀なのは昔から相変わらずだな」と直接褒めに直結している言葉を前後に入れるようにしましょう。

変に「相変わらず」とだけ濁しているとイヤミやネガティブな方に取られてしまいます。

相変わらずを使う時のポイント

「相変わらず」という言葉は、ちゃんと使いたいと思うのなら場面や人をちゃんと選んで使う必要があります。

しかし更にもう1歩上手に使うのなら「どういった使い方をすれば相手を不快にさせずに気持ちよく伝わるんだろう」ということを考えないといけません。

カンタンに人を不快にしてしまう恐れのある「相変わらず」をうまく使うためのポイントをしっかりと押さえておきましょうね。

文脈を意識する

「相変わらず」を使うときに1番気を付けたいことが「文脈」です。

ここまででも何度か「文脈が大切」ということをお伝えさせていただきましたが、この文脈次第では「相変わらず」の印象がものすごく変わります。

例えば「相変わらず」という言葉の前後にネガティブな言葉が入ったとします(「相変わらず人付き合いが悪いな」「口が悪いのは相変わらずだね」など)。

そうするだけで「失礼な人だな」「昔から自分のことをそういう風におもっていたのか」と相手を不快にさせたり、負の感情を抱かせることになってしまいます。

逆に、「相変わらず」の前後にポジティブな言葉や褒め言葉などを入れると(「相変わらず楽しくやっているよ」「仕事が早いのは相変わらずだね」など)、「いい状態が続いているうようでよかった」「昔から自分のことを好感的によく見てくれている」と相手にいい印象を与えます。

また、これまでの話しの流れで「相変わらずです」とだけ言う人もいますが、それは会話している人との間柄や価値観が近い人相手じゃないとポジティブにでもネガティブにでもとらえられます(「最近、どう?」という問いに対して「相変わらずです」というような返し)。

誤解のないように物事を伝えたいのであれば、文脈によく注意して気持ちのいい「相変わらず」を使えるようになりましょう。

間違った使い方、ネガティブな使い方に気をつけよう(まとめ)

いかがだったでしょうか?これからは「相変わらず」と表現しそうになったら、「失礼にあたらないものか」「もっと別の表現があるのでは」などちょっと考えてしまいますよね。

「相変わらず」という言葉が単純に悪いと言っているのではなく、使うときには前後の文脈がどうであるかで良し悪しが決まるので使用するときは注意が必要なのです。

ですが、文脈をよく読み「相変わらず」をうまく使えたら「昔から自分のことをよく思ってくれている」「自分のことをよく見て理解してくれている」と相手から好感を持ってもらえますよ。

「相変わらず」はホントに使い方次第なのです。

また、「相変わらず」を使うときは文脈以外にも相手との関係性も重要なポイントになります。

取引先の人や目上の人などには、どうしても謙遜して自分を下げるように「相変わらず」を使ってしまいがちですが、あまりやりすぎるとネガティブな印象になって「コイツ、大丈夫か?」と心配されてしまうこともあります。

誰かを不快にさせたり心配させるような「相変わらず」を使わないように、しっかりと頭のなかで文章を組み立てておくようにしましょうね。

「相変わらず」をうまく使いこなして、より良い人間を築いていけるといいですね!