あれれ?もう数時間も前に・・・いや数日前にLINEを送っているのに、まだ既読がついていない!それにLINE電話をかけても出やしない。

もしかして、倒れているのか?それとも自分のことがイヤになってしまってムシしているのだろうか・・・
そんな不安を感じたことはありませんか?もしかしたら、あなたの思っている通りで相手はあなたのことを無視しているのかもしれません。

しかし、ムシするっていったってなかなか電話にでないのは、ちょっと不思議ですよね。

だって、電話はなってしまうからです。

実は、LINEにはブロック機能というものがあります。

それは、ブロックすることによって相手のLINEだけではなく電話まで受け取れない状態になるんです。

この記事では、そもそもブロックとはどういうものなのか?また、どのようにしてブロックされていることに気づくことになるのか。

それにどんな人がブロックされやすいのか、ブロックされたとしたらどのように対処すればいいのかなどもお伝えしています。

今まさに「友達からブロックされているかもしれない!」と不安のあなた、まずは読んで確認してみませんか?

ブロックされた!同じ失敗を繰り返さないために

「ああ、これってブロックされてるわ」そんな風に感じたことはありますか?実は、そのように感じたことがあるのはあなただけではないんです。

ブロック機能というものの存在を知っていると、少しでも既読がつかなかったり連絡がつかなかったりするだけで「ブロックされている」と感じてしまうんですよね。

厄介なものですが、ブロックは時には悪質なアカウントからの連絡をたつことが出来るという、素晴らしい機能なんです。

でも、自分がブロックされてしまうということは、「まさか自分が悪質なアカウントとして認定されているなんて・・」と悲しくなってしまいますよね。

それに一度ブロックされてしまったとしても、会ったときに説明をしブロックを解除してくれることもあります。

しかし、ブロックされてしまうというのはそれなりの理由があるということなんですよね。

あなただって、誰かをブロックしたいなぁなんて感じたことがあるのではないでしょうか。

そのようにあなたも誰かから思われていたということなんです。

そのため、その場しのぎでブロックを解除してもらったとしても、ブロックされたその原因をなくさなくてはまた同じことの繰り返しになってしまいます。

そうなんです。

またブロックされてしまうという事態に陥ってしまうことになるんです。

ブロックされると思うと、それだけで悲しいというのに本当にブロックされていることが分かるともっとショックを受けることになってしまいますよね。

そのような気持ちにならないためにも、まずはブロック機能について詳しく理解しておきましょう。

ブロックされるとはどういうこと?


あなたは、誰かをブロックしたことがありますか?もしも誰かをブロックした経験があるのであれば、きっと説明しなくても分かることでしょう。

ブロック機能について理解している方は、この項目は飛ばしてもらってかまいません。

しかし、まだ初めてスマホを遣い始めた方にとっては「ブロック?なにそれおいしいの?」状態だと思いますから詳しくご紹介していきます!

1.もう一切連絡を見たくない時にされる

ブロックとは、その相手からの連絡を受け取らないようにしてくれるシステムです。

ボタンひとつで設定することができるので、誰でも簡単にだれかのことをブロックすることができてしまうんです。

LINEには、個人ラインにおいて通知設定があるのをご存知ですか?
その個人設定によって、通知をスマホの画面に表示させないようにすることができますよね。

しかし、ブロックというのは更にそのメッセージ自体を受け取らないようにしてくれるんです。

そのため、あなたが誰かにもしもブロックされてしまったら、あなたのメッセージはその相手に一生届くことはありません。

メッセージが届かないので、既読をつけることすらできないのです。

また、電話も受け取ることはありません。

あなたが電話をかけているかもしれませんが、その情報は相手には伝えられないのです。

いつもなら3コール目で出る相手が、その電話に出ないのであればブロックを疑ってみてもいいかもしれないですね。

ブロックを解除したとしても、ブロックしていた期間に送られてきたメッセージを見ることは出来ません。

要するに、通知オフにするどころではなく”相手のメッセージそのものを受け取りたくない”という究極の拒絶システムといえるのです。

ブロックされたことに気付くきっかけ


では、多くの人はどんなことで自分がブロックされていると気づくことになるのでしょうか。

これまでにブロック機能を使ったことがない方にとっては、ブロックされていることなんて絶対に気づくことはありませんよね。

でも自分がブロックをしたことがあると、「ああ、これはブロックのパターンだな」と理解することが出来るのです。

そのポイントとは、いったいどのようなことなのでしょうか?ブロック機能について、まだまだ何も知らないあなたは必見です!また、もしも、以下の2個のことがあてはまるのであれば、ほぼ9割でブロックされていると考えても悪くないでしょう。

1.いつまでも既読にならない

あなたが送ったメッセージには既読がついていますか?もしも、ついていないのであればブロックされているかもしれません。

しかし、その既読のつくスピードが数分以内であったり、数時間以内であれば相手は忙しくてラインそのものを開くことが出来ていないのかもしれないですよね。

しかし、1ヶ月たっても既読がつかなかったり、1年たっても既読がつかないのであればそれこそブロックされていると考えていいでしょう。

ブロック機能を設定すると、その特定の相手からのメッセージを受信しないようになります。

ずばり、相手にはあなたの懇親のメッセージが届いていないんです。

そりゃあ届いていないのですから、読むことが出来ず既読はつけられませんよね。

また、最近では既読をつけずに文章を読むことが出来るというアプリが誕生しています。

そのため、すぐに「ブロックされた」と考えるのは避けたほうがいいかもしれません。

でも既読をつけずに読もうとしているということは、あなたに既読したことを伝えたくないからなんですよね。

既読をつけたくないということは、それを相手に知らせずに返事をしたくないということ。

これをブロックされているのと同等と見るか見ないかはあなた次第ですが…。

2.相手のタイムラインが見れなくなる

これまでに相手のタイムラインを見ることが出来ていたのに、急に見れなくなってしまったのであればブロックされている可能性が高いです。

なぜならば、ブロック設定をするとその相手だけにその人のタイムラインが見えないようになってしまうからなんですね。

ポイントは「これまで見えていたのに見えなくなる」というところです。

しかし、タイムラインには公開範囲を設定することも出来るんです。

公開範囲とは、どの人にそのタイムラインを公開するか…になります。

それに非公開設定をすることもできるので、全ての場合においてブロックされているということにはなりません。

既読がなかなか付かないし、それにタイムラインまでも見れなくなったというのであればブロックを疑ってみてもいいでしょう。

人によっては、タイムラインの公開範囲設定が出来ることを知らないがために、見せたくない人がでてくると全てを非公開設定にしてしまうこともあるので相手のLINEの使いこなし度も思い浮かべてみるといいかもしれないですね。

LINEでブロックされがちな人やメッセージの15個の特徴

あなたは、これまでにブロックされたことがありますか?もしもあるのであれば、ブロックされる人なりの”何かしらの理由”があるのかもしれません。

これまでにブロックされた経験があるのであれば、どうして自分がブロックされてしまったのかその理由を考えてみたことはあるでしょうか。

気にする人であれば「あの時のあの言葉がよくなかったかな」なんて反省することができますが、そうではない人にとっては「意味分からん」で終了してしまうことでしょう。

どちらの場合でも、やはり誰かにブロックされるというのは気持ち的によろしくないはずです。

だって、誰かに「あなたのことが嫌いです」「連絡してこないでください」と面と向かって言われているのと同じものなのですから。

もう二度とLINEで誰かにブロックされないように、そしてブロックされるような振る舞いをしていしまわないようにしたくないでしょうか?したいですよね。

そんなあなたのために、ここではLINEでブロックされがちな人の特徴をご紹介します!
今のあなたにあてはまると思うのであれば、今すぐに改善するようにしてくださいね。

1.頻繁にLINEを送る

あなたは、友達・家族などあらゆる人に頻繁にラインを送っていませんか?通知オフにしていても、そのメッセージ数の多さにびっくりしてしまう方もいます。

そりゃあ連絡がこないよりは来た方が嬉しいかもしれません。

しかし、それも内容によるのです。

現代では、メールというものが全く使われないようになってきましたよね。

スマホが普及する前までには、人々の電子機器によるコミュニケーションはメールが主流だったんです。

でもラインというとても便利なものが現われてから、多くの人はラインを使うようになりました。

メールを現代のラインのように会話調に使う人ももちろんいたのですが、やはり「用件を伝える」ことを主な理由として使っていた方がとても多いんですよね。

しかし、ラインになってからはどうでしょうか。

どうでもいいようなことを短文で何個も送りつけるような人、イタズラか嫌がらせなのかそんな気持ちがないのか分からないけれどスタンプを大量に押してく人。

などなど、「それってラインで伝える必要ある?」なんて思われるようなことを伝える人が増えたんですね。

長文で書けばいいものを相手に知りたい欲望をかきたたせるためなのか分かりませんが、どうして短文で書くのでしょうね。

そのラインを送る人にとっては、唯一のラインの相手かもしれませんがその相手は、あなただけにかまっている場合ではないんです。

それに返事を少しでもしなかっただけで、返事を催促してくる人にも嫌気がさしてしまうんです。

頻繁にラインを送っているのであれば、まとめられる文章はまとめ、そして頻繁に送るのではなく間隔をもつようにしましょう。

それだけであなたの印象をずいぶんと変える事が出来ますよ。

2.いつも内容が薄い

一つ前の項目に関連するのですが、短文ばかりをラインする人というのはどこか内容が薄いことが多いんです。

現代に多い「誰かといつでも繋がっていないと不安になる人」が増えているために、そこまで影響しているのかもしれませんね。

もしかしたら、あなたがそのような人かもしれません。

例えば「今電車。目の前のカップルおかしい」と送るとしましょう。

相手は、そんな情報を欲しいと思っていると思いますか?相手は、そんなくだらない内容に付き合っている場合ではないのです。

相手が優しい人であればスタンプくらいは送ってくれるかもしれないですが…。

今ではチャット化しているラインですが、本来の目的は用件を伝えるためのもの。

それを忘れないようにしたいですね。

また、あなたにとっては濃い内容かもしれませんが相手にとっては本当にどうでもいいことかもしれないということも想像できるようになりましょう。

3.ネガティブな内容ばかり

ラインをしていて、いつでもネガティブな内容を送ってくるような人とはハッキリいってラインしたくありません。

自分は普通に平凡に生きているのに、どうして不幸な話をいつまでも聞いていなくちゃいけないのでしょうか?その話している人は、誰かに聞いてもらったり賛同してもらうことによって、安心感を得ているのかもしれません。

しかし、そのネガティブな内容を毎日のように聞かされる人の身にもなってください。

悩んでいないのにどうして一緒に悩まなければならないのでしょうか。

たまにならいいけれど、毎日の毎回のようにネガティブな内容だと「その人=ネガティブ=ラインするのに疲れる」とまで思われるようになってしまいます。

というか、ネガティブな話ばかりしている人にはほぼそのように思われていることを忘れないようにしてくださいね。

でも、ネガティブな内容ってどんなことだろう?と思われている方もいるのではないでしょうか。

ずばり、いつでもマイナス思考、人の悪口、自分の悪口などになります。

特に人の悪口こそ疲れる物はありません。