家族や仲のいい友達、特別可愛がっている後輩や部下にはついつい特別扱い、いわゆる「えこひいき」をしてあげたくなるときってありますよね。

自分が気に入っている相手にはよくしてあげたいと思う気持ちはとても自然なことなので、誰にだってあることです。

しかし、えこひいきしている自分とそのえこひいきされている相手は良くても、周囲はいいふうに思っていないことがあります。

「アイツだけえこひいきされてズルい」「周りも頑張っているのに不平等じゃないか!」と言われることもあるでしょう。

えこひいきと言われ、そんなつもりがなかったので心外に思うこともあるでしょうが、周りからはそう取られているのです。

自分の気持ちのままにすると周りとの亀裂を生む「えきひいき」、なんでしないほうがいいのかということをここではご紹介します。

えこひいきをしないほうがいい8個の理由

えこひいきと聞くと、特定の人だけ可愛がられて優遇されるというようなあまり良くないイメージがありますよね。

えこひいきをしている人は、「ほかの人に害を与えたい」「特定の相手にだけ利益を与えたい」と思っているのではなく、ごく自然に相手に対して親切にしてあげたいと思っているだけで決して黒い感情ではないのですが、周りは「その人ばっかり!」「ほかの人間はどうでもいいのか!」と思われがちです。

そんなえこひいき、しないほうがいい詳しい理由をここではお伝えします。

差別になる

集団生活で、特別な1人を優遇するとほかの人たちに不利益を生むことがあります。

例えば、会社で自分が手掛けているプロジェクトがあったとします。

そのプロジェクトはとても大きな規模なので補佐役が必要で、アナタは誰かを補佐に選ぶことができます。

その際に、自分が手塩にかけて育ててきた後輩うあ部下を選びたいとい気持ちはとても普通のことなのですが、周りからすれば「自分にだってチャンスがあってもいいはず」と思います。

しかし、そんな周りの気持ちを無視して自分のえこひいきしている相手を選ぶと、ほかの人は「差別された」と感じることでしょう。

同じように頑張ってきたのに「気に入られている」というだけで差別されてチャンスが失われるのは、ほかの人にとってはとても悲しいことですよね。

嫌われる

えこひきいという言葉があまりいいイメージがないように、えこひいきする人は周りから嫌われます。

愛情や評価が偏っている人を尊敬したり好きになったりすることはなかなかありませんよね。

もし、職場でアナタが誰かをえこひいきしたとして、ほかの同僚はいい気分ではありません。

職場で好かれる先輩や上司は「公平であること」が必須です。

職場で嫌われてしまうと人間関係が悪くなり、下手したら仕事に差し支えることがあるので注意しましょう。

また、自分が嫌われてるだけでなく自分がえこひいきしていた人も同時に嫌われるおそれがあります。

「自分だけいい思いをして」「どうやって取り入ったんだ?」など、周囲から黒い感情をも持たれることもあります。

気に入って可愛がっていた相手が自分のせいで周りから嫌われてしまうのは本望ではありませんよね。

もしかしたら、そのえこひいきをしていた人は周りの目を気にして本当はひいきをしてほしくなかったかもしれませんよ。

噂される

えこひいきをするときは、特定の相手に特別な感情があることがほとんどです。

それは同性間でも普通にあるものですし(師弟的な関係、友達の中でも親友に当たる人)、誰にだって「特別な相手は優遇してあげたい」という気持ちはあるはずです。

しかし、男女間でもえこひいきは、余計な誤解を招きやすく噂されることも多いです。

「あの人がやたら◯◯さんをえこひいきするのは、2人が付き合っているからだ」「◯◯さんが上司をたらしこんだから仕事で優遇されている」など、根も葉もない噂を立てられてしまうこともあります。

えこひいきしている人は「特定の人以外をどうでもいいと思っている人」として周りから信頼を失っているのでこうなってしまうと、いくら「噂は事実じゃない」と弁明をしても白々しく映ってしまうだけです。

噂は関係のある人以外にも全くの第三者にも知れ渡りますし、下手したら将来の出世などにも響くことがあります。

噂されるようなえこひいきっぷりはとても危険です。

不満が出る

大勢の中の1人を特別に目をかけたり、好待遇をとったりすると「なんでアイツだけ」「自分だってちゃんとしている」と遅かれ早かれ必ず不満が出るものです。

会社などの組織でえこひいきをしてしまうと、この不満がきっかけで「やってらんない」「どうせ頑張ってもあの人しか褒められないんでしょ」など周りのモチベーションが低下したり、「あの人に任せたらいいんじゃないですか?

自分はできません」「自分は期待されていないので、もう教えていただかなくても結構です」など、自分の指示や指導に反発してくるなど業務に支障をきたすことがあります。

特定の1人を可愛がり、育てることによって会社の利益にもつながる考える人もいるでしょうが、その1人のためにほかの社員たちの不満が溜まってやる気が失われてしまうことがあるので気を付けましょう。

文句を言われる


えこひいきによってほかの人の不満がたまると、自然と文句も言われるようになります。

「なんで◯◯ばかり優遇されるんですか?」「どうせ◯◯の評価ばかりするんでしょ」「スタートは一緒だったのに、何故あの人ばかりがいいように扱われるのか」とえこひいきをしている特定の相手やえこひいきをしてる人に対しての文句が続出します。

誰か1人が言葉にして文句を発すると、その周りの人たちも「自分もそう思っていた」「やってられない」と芋づるのように文句や不満が次々と出てきます。

文句が飛び交う環境は決していいものではありません。

フラットさがなくなる

えこひいきをすると、特定の相手にばかり目をかけてしまうものです。

えこひいきとはそういうもので、ほかの人に配慮がかけてしまうものなのです。

しかし、職場などで特定の誰かをえこひいきなどをしてしまうと、気を付けていても平等の精神が欠けてしまうことがあるでしょう。

また、自分がえこひいきをしているつもりがなくても無意識でえこひいきをしていることがあります。

そういう場合は自分はみんなに公平に接しているつもりでいるので周りから「あの人ばっかりえきひいきして、不平等だ!」と言われて、不本意さを感じる人もいるでしょう。

もし、自分が職場で人の上に立つ立場だったり学校でみんなをまとめる立場だったりする場合は、常にフラットさを意識していかないと周りから不満や反発が起きますよ。

均衡が崩れる

これまで自分は部下や後輩を平等に扱ってきたつもりでも、お気に入りの相手に対してえこひいきをしはじめると、自然と「平等」であったバランスがおかしくなってきます。

例えば仕事などだと、自分がえこひいきしている相手に成長してほしかったり特別に頑張ってほしかったりなどの思いで、いい仕事を回したりえこひいきしている相手発案のプロジェクトを優先的に通したりして優遇したりしてしまうことがあるかもしれません。

そうなるとこれまで我慢していた周囲の怒りや不満が爆発して、ギリギリ保っていた均衡が崩れていってしまいます。

そうなると、部下や後輩からの評価だけでなく、エライ人達からも上に立つものとしての資質を問われ、自分自身の評価を大きく落としてしまいますよ。

あとあとに問題が発生する

特定の人に対してえこひいきを続けることによって、最初は周りが我慢していてもいつかはその不平不満は形となって現れます。

えこひいきしていた人はその組織では「平等さに欠ける人」として信頼を失い、いざ誰かに何かを頼もうとしてもイヤな顔をされたり、ちょっとしたことでも反発にあったりすることもあるでしょう。

また、えこひいきをされていた人は、ひいきをしてくれていた人の管轄では活躍することができたとしても、いざ違う環境や職場に行ったときに思うように実力が発揮できずにつぶれてしまうことがあります。

すべてがえこひいきしてくれていた人がお膳立てしてくれていたことによってうまくいっていたパターンの人は、広い世界を目の当たりにして自信を喪失してしまうという問題が発生することがあります。

逆にえこひいきのメリットは?

ここまではえこひいきが及ぼす悪影響についてをご説明してきました。

特定の人にだけ優しくししたり、育てるためや絆を深めるために厳しくしたりするなどの特別扱いは、仲間内や組織の中では色んなこと嫉妬や違和感を引き起こすということがお分かりいただけたと思います。

しかし、えこひいきをされている側にとっては悪いことばかりではありません。

周りの嫉妬やブーイングがあることもありますが、ちゃんと立ち回ればそれを最小限で抑えることができますし、メリットもあります。

ここでは、えこひいきによるメリットをお伝えします。

個人の満足度が上がる


えこひいきをしてもらった人は「自分は評価されている、期待されている」「特に目をかけてもらってありがたい」という気持ちになることでしょう。

認められているということがわかることによって、満足度が上がり精神的にいい状態になります。

例えば、長い付き合いになりそうでこれからもっと仲良くしていきたい友達に対してえこひいきをすると「ほかにも仲のいい人はいるのに、あの人は自分と親密になりたいと思ってくれている」と、自分にそれなりの気持ちを返してくれます。

このように特定の相手と急速に、そして深く仲良くなりたい場合にえこひいきをするという人もいるでしょう。

モチベーションが上がる

えこひいきをしてもらった相手は「よくしてもらっている分、期待にこたえたい」をいう気持ちになり、モチベーションが高まります。

誰かに期待されているということは、ちゃんと成果を出したいという気持ちにもつながりますし、とても仕事にやりがいを感じることができます。

例えば、やればできるのに何故かイマイチ成績のあがらない部下などを特別目をかけてえこひいきすることによって「こんなに目をかけてくれるなんて…自分は思っていたより期待されている、このままじゃいけない。

頑張らないと」という気持ちになって、やる気をグンを出して、自分の殻を破り、真の実力を発揮してくれるようになることがあります。

個人の隠れた能力を引き出したり、もともと優秀な人をさらなる高みへ連れていくためにはモチベーションの向上が不可欠です。

「周りより期待されている」という特別感が、特定の個人の力を大幅にアップさせます。

成長させてあげられる

えこひいきによって特定の相手の教育や指導に時間をかけている分、そのえこひいきをしてもらっている人は成長が早いです。

目をかけて成長をサポートしてもらえるので、周りがまだ教わっていないことを教えてもらえたり、独特のノウハウなどを伝授してもらえることがあります。

そして、えこひいきをしている人からの計らいなどで仕事でチャンスが多く、色々な実践経験などを学ぶ機会も多いのでほかの人よりも成長することができます。

また、褒めて可愛がること、チャンスを優遇することだけがえこひいきというものではありません。

ほかの人より厳しく指導したり、その人だけあえて困難な試練を与えることもえこひいきの1つです。

いわゆる愛のムチというやつです。

「あの人だけやたら厳しく当たられてるな…」と思わず周囲が心配していまうようなことがあり一見えこひいきとは別ものに見えるのですが、愛情をもってその人のために厳しく接し、成長を促してあげるということができます。

その人と仲良くなれる

えこひいきすることによって、親密に話す機会がとても多くなるのでその相手ととても仲良くなることができます。

仕事上での関係だけだったのが、飲みに行ったり休日に一緒に出かけたりする仲にまでなったりすることも珍しくはありません。

そうしてプライベート的な部分でも仲良くなることによって、それがさらに仕事にいい影響を与えることがあります。

どんどんその相手を仲良くなれて、これからもこの相手をサポートしてあげたいなという気持ちになることでしょう。

その人自身のメリットばかり

えこひいきをしてもらっている人は、ひいきによって自分自身の成長をサポートしてもらえるし、優先的に仕事が回ってきたりとチャンスに恵まれるのでいいことばかりです。

周りの人よりも機会に恵まれているというは最大の強みなのです。

しかし、「えこひいきされている」という状況に甘えてはいけません。

「周りみたいに必死にならなくても、自分は上司や先輩に気に入られているから大丈夫」とえこひいきに胡坐をかいてたり、「こんなに良くしてくれのは、自分には実力があるから」と自分の力に驕っていたらいつか痛い目にあいます。

今の状況を自分自身が成長する大きなチャンスとしてとらえ、うまくいかせてこそえこひいきのメリットを最大に受けられているということになるでしょう。

えこひいきはしないほうがいい?

特定の人を可愛がったり優先したりする「えこひいき」。

えこひいきされる人はいいことがあったとしても、えこひいきされていない周りの人はたまったものではありませんよね。

ただ、誰かがひいきされるだけなら耐えられても、誰かがえこひいきされることによってそのしわ寄せが周囲の人や自分自身にのし掛かってくるのなら話は別でしょう。

例えば、ある偉い人がえこひいきにさしている人に「お前はこの雑務はしなくてもいいから、早く帰って明日のプロジェクトのために体を休めておけ」と、本来その人がやるべき仕事をほかの人に回したりなど、理不尽なツケが周囲に回ってくることもあります。

そうすることによって、周りの人が本来やらなくてもよかった仕事をしなくてはならなくなって、とにかく不満がたまることがあります。

こういうリスクを負ってまで特定の人を可愛がりたいものでしょうか??

しかし、えこひいきによってもたらさせる影響が悪いだけではないもの事実です。

えこひいきのメリットでもお伝えしたとおり、特定の誰かをモチベーションを向上させて成長させることができます。

えこひいきされている人にとってはいいことばかりなのです。

えこひいきすることによって大きな1つのものを得るか、平等をとって周囲の平和を得るかは人の考え方次第です。

えこひいきとは

「あの人は先輩からえこひいきされている」「えこひいきされていると、仕事に恵まれるよね」なんて、ちょっとした愚痴をこぼす会話の際に聞いたことってありませんか?

えこひいきとは「特定の人を目にかける、公平でないこと」を示す言葉です。

えこひいきは部下や上司などの仕事関係上、先輩や後輩などの学校での関係、ちょっと親しい人と特別仲のいい親友などの友達間や兄弟姉妹の家族の間でも行われるます。

えこひいきする理由は色々あり「自分の言うことをよく聞くから」「有望株で、将来自分の右腕にしたいから」というような自分自身の利益に繋がることを期待しているようなことから、「慕ってくれて可愛いから」「昔の自分に似ていて、ほっておけないから」など特別な感情でひいきしたいという気持ちを持っていうこともあります。

とにかくほかの人と区別して特定の相手を優遇したいという気持ちや行動がえこひいきを生み出しているのです。

こんなひとにえこひいきしたことありませんか?

えこひいきは、自分にとって特別な相手にすることが多いです。

しかし、ひとことで「特別な相手」といっても、どんな人にえこひいきしてしまうものなのでしょうか?
ここでは、えこひいきの相手になりやすい人についてまとめました。

アナタは身に覚えはありませんか?

お気に入りの人

「えこひいきといえば」の代表である、お気に入りの人。

人は生涯をとおして「あの人は気に入られているからひいきされているんだな」と何度も感じることがあるでしょう。

学生のころに先生に気に入られてやたら可愛がられている同級生や、部活の先輩に気に入られてレギュラー入りをしたチームメイトなど、たくさんのえこひいきをされている人を見てきたと思います。

何がどうあって気に入られているのかはそれぞれですが、目上の人に気に入られるとういうのは、よくあるえこひいきの1つです。

好意を持っている人

特別な相手というのは「好きな人」であるということはとても多いでしょう。

好意によるえこひいきは、誰だって1度は経験があるはずです。

好きな人には周りの人よりも優しくしたいし、特別扱いをしたいものですよね。

付き合っている人がいる場合はどの人との予定よりも恋人を優先したいと思いますよね。

ほかにも付き合ってはいないけど、今後そうなっていきたいと思っている相手なら誰よりも優先したいと思うものです。

そんな自分のえこひいき具合を相手に知らせて「キミは自分の中ではほかの人とは違うんだよ、ここまでするのはキミに対してだけだよ」というアピールに使っている人もいます。

特に関係がある人

「身内好き」「仲間うちが大好き」…そんな人っていますよね。

自分と関わりや関係が深い人をこよなく愛し、大切にしたがゆえに優遇するというのはそんな人たちにはよくあることです。

家族や昔からの付き合いがある人など自分の中では特別な関係がある人が困ったりしていたら周りを差し置いてでもえこひいきしてしまうのです。

例えば、就職が決まらない息子を親が自分の勤める会社に入社させて、大した能力がないのにトントン拍子で出世していく…なんて話をよく聞きますよね。

会社の実力者である親のえこひいき(コネ)によって優遇させるなんてことがあると、ほかの社員も怒り心頭です。

特別な関係(この場合は親子関係)だからといってえこひいきしてしまうなんて話はよく聞く話ですが、当事者になったらたまったものではありません。

辛い環境の人

幼いころに両親を亡くしたけどすれることなく一生懸命頑張っている人や難病と闘っている人など、普通の人より辛い環境に置かれている人を見ると「なんとか力になってあげたいな」という気持ちからえこひいきをしてしまうという人もいるでしょう。

このえこひいきには同情的な要素が強く、周りの人も「あの人は苦労しているから、えこひいきされるのも仕方ないかな…」と思われることもあります。

えこひいきを容認するちょっとしたボランティア精神なところやかわいそうと思う気持ちがあるので、もしかしたらえこひいきされている人からすると「自分はかわいそうじゃない。

余計なお世話」と思っているかもしれませんよ。

内情を知っている人

周りにはごく普通の人で通っている人でも、ちょっとした事情があって苦労している人っていますよね。

ほかの人が知らないその事情を自分が知っていると「ちょっと融通してあげたいな」と思うこともあるはず。

実は妻が倒れて看病しないといけないという部下を、優先的に有休を認めてあげたり、残業をさせずに定時で帰るように勧めてあげたりとちょっと特別扱いをすることもあるですしょう。

しかし、内情を知らない人からすると「あの人だけ気を遣われている」とえこひいきに見えてしまうことがあります。

優秀な人

会社などでは優秀な人がえこひいきされやすいです。

とても仕事ができるので上司または先輩である自分の指示がとおりやすいし、教えたことをどんどん吸収してくれる…とてもうれしいことですよね。

そのため、優秀な人に込める期待は大きく、ほかの人に比べてついつい指導が熱くなったり、成長につながるような仕事を優先的に回したりして肩入れしてしまうことものです。

そして多少の無理なら聞いてあげたくもなるものです。

それが周りから見たら「えこひいきされている」と映るのです。

頑張っている人

頑張っている人は誰でも応援したくなりますよね。

夢に向かって燃えている人、大変なことがあってもめげずに頑張っている人、母子家庭のシングルマザーなど色んな頑張っている人がいます。

その頑張る姿に心をうたれてついついえこひいきしてしまうことがあるでしょう。

しかし、そのえこひいきは果たしてその頑張っている人のためになることでしょうか?

成長につながったりするようなえこひいきであれば喜ばれるでしょうが、「余計なお世話」のようなことはしないようにしましょうね。

もったいない人

「東大卒の人が何故わが社のような小さな会社に…もったいない!」というように、超高学歴の人が中小企業に入社すると、先輩や上司は「すごいヤツが来た」とちょっと驚きますよね。

最近では大会社以外にも超高学歴の新入社員はたくさんいますが、ほかの一般的な大学を卒業している新入社員よりも高学歴な新入社員に一目を置いて接している人が多いでしょう。

そして、その学歴や能力に期待をして「自分の後継者に!」と教育に熱が入ってしまう管理職の人は多いはず。

もったいないくらいの学歴なのでついついえこひいきしてしまうこともあるでしょう。

地元や学校が同じ人

自分と地元や学校が一緒の人と会うとちょっとテンションが上がりますよね。

仕事や大学進学で上京してきて、何だか寂しい気持ちになっている中で同郷の人に会うとほかの人よりもちょっとだけ特別な気持ちになるはず。

特に田舎方面の人だと地元が被る確率が低いので特にそうでしょう。

そのため、同郷の人や同じ学校の人には目にかけてあげたくなるものです。

「地元の◯◯ってお店、まだあるの?」「◯◯先生っていたよね?」なんて周りの人がわからないような身内ネタや昔話、地元あるあるで盛り上がることもあるでしょう。

最初はなんとも思っていたなかった周りの人も、ずっとそんな感じだと不快感を覚えることがあるので、地元や学校ネタは2人のとき以外は控えるようにしましょうね。

恋人

友達でもない、家族でもないと特別な存在である恋人。

自分と相手しかいない特別な関係なので、特にえこひいきをしてしまう相手です。

友達と遊んでいても、恋人から連絡があったらそっちを優先してずっとスマホを触ったりしてい人っていますよね。

せっかく会話をしていてもそっちのけで恋人との連絡ばかり…周りはウンザリしていることでしょう。

誰よりも特別な恋人なので、ほかの人よりも最優先にひいきをする人も結構いることでしょう。

大学のゼミや職場の飲み会に参加しているときに恋人から「今すぐ会いたいから来て」なんて連絡がきて、どんなに盛り上がっていようが自分だけサッと脱出なんて姿はなかなかかっこ悪いものです。

仲の良い友人

友達は友達でも、特に仲のいい友達には親愛をこめてえこひいきしたい気持ちになりますよね。

小学校のころなどに、ほかの友達が先に「貸して」と約束をしていたものを、特に仲のいい友達があとから「貸して」と言って来たらこっそり優先して貸したりしていませんでしたか?

「キミだから、特別だよ」という気持ちは幼いことからあったはずです。

特別仲がいいわけではない友達よりも仲のいい友達を優先したい、優遇したいというのはいくつになっても誰にだってあるものです。

こうしてさらに仲を深めるということもあるので、ほかの友情に差し支えがない範囲ではまだ許容されるえこひいきでしょう。

えこひいきはしないほうがいいかも…?

いかがだったでしょうか?

えこひいきはされている人やしている人はいいかもしれませんが、それを見ている周りの人からすれば気持ちいいものではありません。

「自分も特別扱いしてほしい」という気持ちはないでしょうが、特定の1人を持ち上げることによって周囲の人を蔑ろにしているという状況に不満があったり腹を立てている人が結構いるのです。

もし自分の近くにえこひいきをしている人・されている人がいて、周囲の人間である自分が不利益を被ったり不遇な扱いを受けたらどう思いますか?

もし次にチャンスがあったのは自分だったのに、誰かのえこひいきによってそのチャンスが奪われ、えこひいきされている人ばかりにそんなチャンスばかりがあったらどう思いますか?

光があることによって影があるように、偏った待遇は何処かで必ずしわ寄せがあります。

えこひいきによっていい気分になるのは、えこひいきの当事者2人だけなのです。

周りはただその茶番のようなえこひいきに振り回されて、迷惑するばかりです。

一般的に、えこひいきは不平等だと感じている人がほとんどです。

ここでお話したようにいいイメージはほとんぼどないし、とにかく大勢の不満をあおって怒りを買うことになるので、職場や友達間でのえこひいきはやめておいたほうがいいかもしれません。